『武漢の操業継続企業で起きたこと – 中国再起動への苦闘(4)』(3/6日経ビジネス 財新)、『再開遅れる中小零細、詰まる毛細血管 – 中国再起動への苦闘(3)』(3/4日経ビジネス 財新)について

3/5阿波羅新聞網<石破天惊!孙春兰到武汉视察 小区业主们齐声高呼都是假的!—孙春兰到武汉青山区视察 小区业主们齐声高呼都是假的!=驚き! 孫春蘭は武漢の青山区を視察する コミュニティのマンション居住者は一斉に叫んだ 全部ペテンと!>

孫春蘭は武漢のあるコミュニテイを訪れ、マンションの上から住民は「すべてがペテンだ!」と叫んだ。「偽りのキャビン病院でのダンス、安い食材という嘘、偽りの死亡者数、「問題なし!」も嘘。今回、真実を大声で伝えられたのは大きな進歩だ!👍」

https://twitter.com/i/status/1235460759716429824

https://twitter.com/i/status/1235474514353336320

https://www.aboluowang.com/2020/0305/1418361.html

3/6阿波羅新聞網<武汉市民求救:封城40天只收到4次蔬菜 快饿死了=武漢市民は助けを求める:封鎖後、武漢市民は40日間で4回、しかも野菜しか受け取っておらず、間もなく餓死するだろう>張さんは、「武漢は1/23に都市封鎖してから、政府は必要な物資を配送すると言ったが、40日経っても、わずか4回、しかも少しの野菜を受け取っただけで十分ではない。今皆が腹をすかしている」と述べた。

張さんはまた、「自分の家族は2か月間収入がなく、武漢が都市封鎖する前に中国の旧正月のために確保していた食べ物とお金は既に全部使い切った。コミュニティには購買サービスがあるが、価格は高く、政府が支援するなら、我々は外部に助けを求める必要はない」と述べた。

張さんは、武漢の人は「中国全土での仕事の再開について心配している」という情報を聞いたが、湖北省のこの地域は最も打撃を受けた場所であり、これは政府によって明確に述べられた。 見込みでは、4月中旬になってマスクをしなくて良いとされ、その後、湖北省全体で5月にマスクを外すことができると言われた。もし、一例でも疫病が発生すれば、全員が再度封鎖され続けることを意味する。

やはり中共は嘘をつくのが得意。武漢人を見殺しにするつもりです。中共高官は賄賂で蓄えた金があるのだから、それで物資を買って送ればよいと思うのですが、そうすると横流しして物資を隠匿する奴が必ず出ます。中国人の性でしょう。

https://www.aboluowang.com/2020/0306/1418445.html

3/6阿波羅新聞網<路透特别报告:中共应对新冠病毒和非洲猪瘟手法惊人相似=ロイター特別報告:ニューコロナウイルスとアフリカ豚コレラに対する中共の対応は驚くほど似ている>ロイターが実施した調査では、実際、武漢肺炎はすべて、2018年から2019年にかけて中国で発生したアフリカ豚コレラの流行の繰り返しであり、2つの重大疫病への中共のアプローチは著しく類似していることがわかった。

一つは、疫病を報告する仕組みがどこかで詰まってしまうこと、それと隠蔽すること(これは①役人が上に報告すると、出世の妨げになる②豚コレラの豚の処分につき、一頭当たり800~1200元払われることになっているが、払われたためしがない。それで農民は報告しない。症状が明らかになってやっと報告する)で病原菌が蔓延する時間を与えてしまう。

これも出世やカネのことしか考えない、道徳を持たない民族の宿痾でしょう

https://www.aboluowang.com/2020/0306/1418397.html

3/6阿波羅新聞網<YouTube黄标风暴:「高层的压力」疑跟世卫有关=YouTube黄色マーク(広告未表示=広告主がつかない)が吹き荒れる:「GAFAトップへのプレッシャー」はWHOに関連ありと疑われる>YouTubeは最近「黄色マークの嵐」に陥った。武漢肺炎の流行に言及しているほとんどすべてのビデオに「黄色マーク」が付けられ、YouTuber(ビデオクリエイター)の広告収入に大きな影響を与えた。 この事件は言論の自由の抑圧に関係していると疑われ、80,000人のインターネットユーザーはWHに請願して、YouTubeは中共が事件に関与したかどうかを説明するように要求した。 YouTube Asia-Pacificの代表は香港の有名なユーチューバーと出会い、「トップへのプレッシャー」を明らかにした。

CNBCは、世界保健機関(WHO)がFacebook、Amazon、YouTubeの親会社であるGoogleなどのトップIT企業と会い、流行に関する誤ったニュースの拡散を防ぐための支援を求めたと報道した。

WHOは中共の手先ですから。でもそれが分かっているのにGoogleトップが受け入れるというのは、言論の自由をどう考えるのか?それより金儲け大事か?

ネット名「于非」としても知られる香港のYouTuber 王陽翎も、黄色マークの嵐の影響を受けた。 (ネットビデオのスクリーンショット)

https://www.aboluowang.com/2020/0306/1418416.html

3/6阿波羅新聞網<广东安徽企业爆集体感染 商铺开业三天卖不出一件衣服=広東省・安徽省企業の集団感染発生 店舗は開けても3日で服1枚も売れず>

3/1から、各地で全面的な操業再開されたが、まだ多くの店舗が閉じている。 (写真はボランティアによる提供)

中央政府は全国に仕事を再開するよう命じたが、その後問題が次々表面化し、職場での集団感染の事例が各地で発生し、工場は再び生産を停止しなければならなくなった。小売業は仕事を再開したが、商売は悲惨であった。

中国の新型コロナ肺炎の流行は続いている。 3/1に各地で操業を再開した後、また新型コロナウイルスによる集団感染が発生した。多くの中国メディアの報道によると、クラスター感染が発生した事業は広東省東莞の建設現場にあり、事業管理スタッフの徐某は1/25、26に出かけ、車で広州南駅に向かい、広西省桂林まで電車に乗って一泊し、また電車に乗って東莞に戻った。

報道によると、患者の徐某は1/31から発熱、咳等の症状があり、病院に行かず、発熱を抑えるために薬を服用した。 2/11以降、徐は数回病院を訪れ、4回目の核酸検査の後、結果は陰性であったが 17日の早朝の5回目の核酸検査で、結果は陽性であり、診断は新型コロナ肺炎であった。これまでのところ、この工事現場で3人のマネージャーが感染を確認された。現在、現場は再び閉鎖された。

湖北省黄岡で疫病の「内部告発者」として知られる高飛は、ラジオフリーアジア(RFA)に、「事業の再開は大きな危険をもたらす」と語った。彼自身は今の段階で仕事に戻ることに賛成しない:「私にはいとこがいて、東莞と台山に働きに行くと言ったので、私は彼に今仕事に出るのは危険が大きすぎる。外出しない方が良い」と。「そう言った翌日、彼に地方政府より通知が来て、現在来ることはできないし、操業再開もできない」とも。

東莞警察は、クラスター感染が発生した事業は生産停止状態にあることを通報した。事業には303人がいた(279人の労働者と24人の管理人員)。疫病発生後、東莞市住宅建設局の文書《流行の予防制御期間の建設作業の再開と安全な生産作業についての通知》で、170人が動員解除され、残りの133人がそのままとされた。

広東省東莞市の住民の陳中漢は、政府は「なんでも同じように処理」し、「都市封鎖する」のも簡単に実施して粗暴である。彼はRFAに次のように語った。「今のようにどこでも都市を全面的に封鎖するのは正しくない。例えば、他の病気を見て貰おうと思っても、病院は診察を停止している。長い間病気にかかっている人も医者に診てもらう必要がある。これは大きな問題である」

安徽省の企業が生産を停止した

新型コロナ肺炎は中国経済をひどく停滞させたが、経済を救うために、当局はコミュニティでの疫病発生を厳しく管理していながら、一方で企業に仕事を再開させることを強制している。その結果、各地で感染した人が多く発生し、職場で倒れた人もいた。最新のニュースは、安徽合肥国風プラスチック工業株式会社が突然「生産停止通知」を出し、その後、感染症の症状のない従業員が疫病と正式に確認され、職場内で現在、177人の密接接触者が隔離され、当局は生産の停止を命じた。

https://www.facebook.com/RFAChinese/videos/550208098959457/

ビデオ[安徽省企業の「疫病予防がレベルに達せず、生産停止して立て直し」「従業員に提供されたマスクは「屈辱的」であると非難される」

このように無症状の患者がいるわけだから、中国人の入国禁止は3月末まででなく、中国の流行が本当に収まったかどうかを見て決めてほしい。中共の発表を信じてはダメです。我々は言論の自由を認めない中共の言うことと、中共に反対する人たちの言論どちらを信じますかということです。本当は本ブログで上げている中国語の記事を、中国語で、政治家なり、官僚が読めればよいのでしょうけど。読めなければ、本ブログを参考にしてほしい。武漢肺炎について追っていくつもりですので。どなたか回して戴ければ有難い。勿論多くの日本人に中国の武漢肺炎の実情を知ってほしい気持ちが沢山あります。大きな誤訳はないと思いますので。

https://www.aboluowang.com/2020/0306/1418422.html

3/6WHよりのメール

「At least 328 Chinese nationals trying to enter the United States illegally have been intercepted by U.S. Customs and Border Protection officials since January. The apprehensions come as part of heightened awareness at our borders to prevent further spread of the Coronavirus in America, Paul Bedard reports in the Washington Examiner. 」

328人以上の中国人が米国密航を企図したとのこと。日本も入口塞いでも非合法で入り、ウイルスを故意にばら撒く輩が出てこないとも限りません。拉致同様、港や海岸線が危ない。海上保安庁のパトロールや国民が異常に気付いたらすぐ警察に通報すべき。

Coronavirus update: Vice President Pence in Minnesota and Washington state today

The Trump Administration’s whole-of-government response to the Coronavirus continues today as Vice President Mike Pence visited a Minnesota company leading in healthcare innovation before he holds a briefing with Gov. Jay Inslee of Washington.

“I’ll be traveling with many members of the task force to Minnesota,” the Vice President announced yesterday. “We’ll be visiting 3M, which is poised to literally begin manufacturing millions more masks for our healthcare workers.”

In Washington state, Vice President Pence and members of the White House Coronavirus Task Force are meeting with teams on the ground to make sure they are fully supported in their response to the outbreak.

“Our hearts go out to those that have been infected with the disease in the Seattle area,” Vice President Pence said. “Also we understand the anxiety this has created in the full community, and we’re going to be going out just to make sure—and sitting down with the Governor and with his team—that they have everything they need and all the support they need to see to the health of their people.”

Thanks to early and decisive action from President Trump—as well as the professionalism of federal, state, and local health officials across the United States—the risk to the average American of contracting the Coronavirus remains low.」

財新記事で「武漢鋼鉄で確定した感染者は69人に上る。」とありますが、感染を広めたと言われる“万家宴”には4万世帯以上が参加したとのことで、武漢鋼鉄の6000人の従業員で69人というのは信じがたい。殆ど死亡したのか?

サプライチエーンは広東省の一部では復活したとしても、中国全体で見ればまだまだなのでは。工場を日本に戻すいいチャンスなのだから、経営者はカントリーリスクとも併せて回帰することを考えてほしい。

3/6記事

生産を止められない業種もある(写真はイメージ。写真:新華社/アフロ)

感染リスクがあっても生産は止められない

 感染地域の中心に位置する武漢市。そこでも、なんとしても生産を継続しなければならない企業は少なくなかった。

 医療用酸素やその他の重要物資を供給する武漢鋼鉄。この会社の生産を止めることはできないというのが、湖北省に暮らす全員に共通の思いだ。問題は、どのように従業員6000人の安全を守るかである。

 武漢鋼鉄が社屋を構える青山区は、武漢市が所轄する13区の中でも感染者数と死亡率がトップレベルの地域である。本誌(編集部注:財新)の記者が入手した「中国宝武武漢本部新型コロナウイルス感染防止対策報告」という資料によると、2月13日午後3時現在、武漢鋼鉄で確定した感染者は69人に上る。

 「青山区は深刻な感染地域だ。これは避けて通れないことであり、企業として踏ん張りどころだ」。武漢鋼鉄は取材にこう答えた。

 中国国有企業で製鉄最大手である宝武鋼鉄集団。武漢鋼鉄は宝武鋼鉄傘下の上場企業、宝鋼の重要拠点の1つだ。年間生産高は1400万トン、主力製品は自動車用や家電用鋼板、ケイ素鋼などである。

 同社は武漢市全域で使用する医療用酸素の50%超を供給する。供給先には金銀潭病院、武漢協和医院など20~30軒の指定病院を含む。新型コロナウイルス対策で急きょ建設された雷神山医院や火神山医院などウイルス感染専門医療機関向けには塗装ボード、青山区にあるコロナウイルス指定病院や発熱外来などの医療機関には電力を供給している。さらに工場周辺に住む数万人規模の地域住民に電力や水を供給している。

 これだけではない。武漢鋼鉄のような超大型製鉄企業には、稼働継続が必須である特有の理由がある。コークス炉や高炉など高温高圧密閉炉は一度生産を停止すると、炉壁に穴が開いたり炉自体が爆発したりして重大な安全事故を引き起こしかねない。

危険と隣り合わせの操業

 ウイルスが猛威を振るう中、第一線で働く6000人の従業員たちは毎日、通勤バスで住宅街と工場を往復する。そして仕事を終えると社員用の浴場でシャワーを浴び、一緒に着替える。

 武漢市の大手病院の医師への取材で、次のような話を聞いた。企業の通勤車両と浴場は感染を起こしやすい空間だ。社員が通勤に利用する大型バスは、運転席の横にしか開口部がない。それに十数人が同時にシャワーを使うと、微粒子に混じったウイルスを吸引することによる「エアロゾル感染」が起きやすい。

 武漢鋼鉄のある従業員の話によると、会社手配の通勤車両は座席数46席の大型バスで窓は開かない。青山区の住宅街と工場を常時ピストン運行しており、片道の所要時間は30分以上だ。会社側は乗客数を10人以下に抑えると口頭では言っているが、現実は、毎回30人以上で、ほぼ満席だ。

 工場で着替える時は十数人が更衣室を共有し、中には無造作にマスクを外す人もいる。仕事が終われば、通常はシャワーを浴びて着替えてから帰宅する。シャワーも十数人が一斉に利用している。

 住宅街の感染リスクも無視できない。この従業員は「自分が住んでいるアパートはすでに感染者を3人出した」と話してくれた。

 青山区にある鋼都花園と近隣の鋼花新村は、武漢鋼鉄が社宅として構える団地がある。社員やその家族、定年退職者たちが入居している。2017年時点で、この2つのマンモス団地には10万人超の住民がいる。

 青山区は昔ながらの工業地域であると同時に人口密集地で、その上、高齢者が多い。この年齢層の特徴は感染しやすい一方で、予防意識が薄いことだ。「両親は春節の間ほとんど外出せず、ゴミでさえ数日おきに出すようにしていた。一体どうして感染してしまったのか」。定年退職した元社員の親族がこう話して首をかしげた。

 住民たちに取材したところ、青山区の感染者数はすでに武漢市の中でもトップレベルである。2月14日現在、鋼都花園、鋼花新村はコミュニティー単位で、軒並み25人以上の感染者が確定した。

 武漢鋼鉄新型コロナウイルス感染予防管理チームの担当者に聞いた。今のところ、通勤車両で集団感染はまだ発生していないという。会社はマスクや体温計、消毒液など予防対策用の備品をできる限り提供している。また現場の管理職には、体の不調や発熱、咳(せき)など社員の症状のチェックを徹底させている。乗車時やオフィス、作業場に入る前には都度、検温を義務付ける。通勤車両や工場内の消毒は1日に2回以上実施するとともに、消毒液を各作業現場に配布している。テレビ会議を励行するとともに、テレワークを推奨する。さらに、対策本部を立ち上げて、日々の進捗を青山区の対策本部や本社と関連企業に報告する。加えて、社員を対象に、春節期間中の出勤者に特別ボーナスを支給したり、給与を倍増したりするなど非常事態に対応した努力をねぎらった。

 苦境を打開すべく武漢鋼鉄が取るべき策として、とある病院の感染対策責任者は次のようにアドバイスした。まず、勤務する社員に対して、肺炎を見つけるコンピューター断層撮影装置(CT)と、新型コロナウイルスを検出するPCRの全数検査を実施する。マスクは呼吸によって内側に湿気がこもり細菌が増殖しやすくなるため、4時間ごとの交換が必須だ。バスや作業場の消毒を1日に2回実施し、その上できれば速乾性手指消毒薬を用意する。また、バスや共同浴場はリスクが極めて高いので、感染予防の原則として中止するのがベストという。

 一方で製鉄業界では多くの人からこんな声が寄せられた。武漢鋼鉄は一部減産体制を取れば現場作業員を削減できるのではないか。目下のところ、関連企業にも稼働に大幅な遅延が起きて鉄鋼の需要が滞っている。在庫にまだ十分ゆとりがある以上、減産しても企業にとって実質損失にならないのではないかという。

 だが、取材によると、武漢鋼鉄は工場の通常運転を維持し、今のところ点検運休や減産はしていないどころか1月の生産高は計画を上回った。

 会社は受注生産の体制を取っている。今の生産はすでに受注している分であり、今後も受注を見ながら調整していく。武漢鋼鉄の取引先は自動車や家電、エネルギー、交通、航空宇宙などその分野が多岐にわたるため、むやみに生産を停止することはできない。受注に変更がない限り、これまでと同じペースを維持する見通しだ。武漢鉄鋼の責任者は「一番苦しい時期はもう乗り越えたかもしれない」と答えた。

集団感染で操業停止の悪夢

 2月19日、重慶市宣伝部の公式微信(ウィーチャット)アカウント「重慶発表」は、ある集団感染を明らかにした。重慶市巴南区にある400~500人規模の製造会社が、集団感染により操業停止を余儀なくされたという。この会社では少なくとも3人の感染が確定し、100人ほどの社員がホテルで隔離された。

 記者が巴南区にあるホテルに問い合わせたところ、確かに重慶鈦業の従業員がこのホテルで隔離装置を受けており、ホテル側はシングルルームを割り当てて、消毒作業とクリーニングを日常的に実施しているという。

 重慶鈦業は、攀鋼集団釩鈦資源股份の孫会社で、重慶市巴南区麻柳沿江開発区に社屋を構える。主力製品である二酸化チタンは塗料やプラスチック、製紙などの分野に利用される。年間総生産は14万トンで、国内二酸化チタンの大手として認められている。

 重慶市大足産業パーク管理委員会が2月13日に公表した緊急通達がその翌日ネットにアップされ、「重慶鈦業感染事件」が初めて明るみにでた。パークの入居企業は、そこから深刻な教訓をくみ取るよう求められた。

 重慶市新型コロナウイルス感染対策部門は記者会見を開き、より詳細な報告を公表した。重慶鈦業で保守検査を担当する李さんが同窓会に出席するため火鍋店を訪れ、湖北省荆州市から来た同級生の彭さんと同席した。この日に、重慶市内で感染者が5人確定し、感染経路が確認された。

 パーティーに出席した後、李さんはシフト制で勤務した。普通の会社員と同様、李さんの日常の行動範囲は重慶市の複数の地域に及ぶ。重慶鈦業は以前、巴南区近辺に社屋を構えていたが、環境保護対策で80キロ先の巴南区麻柳沿江開発区に移転し、新工場の操業を2016年に開始した。新工場の所在地はちょうど巴南区と長寿区の区境に差し掛かるためか、多くの社員は新工場にほど近い長寿区近辺にある賃貸住宅に入居している。住宅街の近くには重慶製鉄所があり、通勤用のシャトルバスが長寿区と巴南区を結ぶ片道30~40分の距離を1日に何往復もしている。

 1月26日、同級生の彭さんの感染が確定した。27日、李さんは隔離され、その翌日に感染が確定した。関係者によると、李さんが勤務する作業場と利用した通勤バスの運転手を含む47人の濃厚接触者が隔離され、その後の2月9日、うち1人の感染確定が明らかになった。

 この頃、重慶鈦業は通常通り操業していた。重慶鈦業の公式サイトによると、春節の間、感染対策として会社は、全社員にマスクを配布し、作業室や休憩室、食堂、浴室、トイレ、通勤バスなどの定時消毒を徹底し、工場入場時の検温を制度化した。

 しかし、それでも3人目の感染者が2月10日に確定した。長寿区の公式発表によると、3人目の感染者は2月6~9日の間、普段通り会社の通勤バスを利用して長寿区と巴南区を往復していた。

 猛威を振るうウイルスには、もはや為すすべもなかった。重慶鈦業の事情通によると、3人目の感染者はそれまでの2人との濃厚接触は認められなかった。ただ、3人目は感染者が立ち入ったことのある休憩室を訪れていたことが分かっている。

 2人の感染者が確認されたにもかかわらず、その後なぜ感染拡大防止のための効果的な対策が取れなかったのか。記者は重慶鈦業の責任者にこう質問したが、回答は得られなかった。

集団感染がもたらした計り知れない損失

 二酸化チタンを加工するには、硫酸法と塩素化という2つの製造工程がある。重慶鈦業の生産ラインはほとんど硫酸法を採用している。卓創資訊でチタン業界アナリストをしている王娟氏によると、科学生産装置通常、連続運転が望ましい。特に硫酸法の場合は特別な事情がない限り運転停止は許されないという。

 2018年、重慶鈦業は12億8700万元(約206億円)を売り上げ、純利益は8895万7200元(約14億円)だった。チタン業界に詳しい専門家によると操業停止になれば、人件費や固定費支出、再開に必要な経費など様々なコストが日々積み重なっていく。減産によって収入も減少する。また設備の稼働中止が長引けば、設備の保守点検も必要になる。

 さらに、重慶のある企業の責任者は記者にこう話した。感染の可能性が排除できない社員をホテルで隔離する14日間の費用は企業が負担するほかない。政府が引き受けるのは調整役のみだ。他にウイルス感染を理由に操業停止になっても、従業員に給与や生活費を支給する必要がある。さらに受注分が納入できなければ不可抗力の認定を受けてもなお違約金を支払うリスクが存在する。

 重慶鈦業の操業停止は周辺企業にも飛び火した。重慶市によると、重慶鈦業は周辺企業にエネルギーを供給していた。同じ産業パークにある重慶南松凱博バイオ製薬は、再開に備えて労働力、設備、原材料などすべての体制を整え、重慶鈦業が蒸気エネルギーを供給してくれることだけを待っている。よりによって、この製薬会社の目玉商品は新型コロナウイルスに有効とされる抗マラリア薬・リン酸クロロキンの原料だ。

 操業と停止の繰り返しは莫大なエネルギーを消耗し企業の体力を奪う。これを理由に、多くの企業は再開を検討するに当たって、さらに熟慮せざるを得ない。再開と感染防止対策の両立が必要だ。ただのスローガンではなく、感染予防に自信の持てる確実な前提がなければ再開は到底できない。これが当分の間、企業にとって唯一の現実である。

3/4記事

多くの店舗や中小企業が停止状態になった中国(写真:新華社/アフロ)

 華東、華南という2大産業拠点の操業再開は急ピッチで進んでいる。2月19日、国家発展改革委員会は広東省、江蘇省、上海などの経済発展地域における製造業大手の再開率は50%を超えたと発表した。

 一方、浙江省の統計によると、製造業大手の5割、サービス業の2割以上の企業は再開したが、省内企業全体の生産率がまだ昨年同期の3分の1程度までしか回復していないという。企業の操業再開は、大手だけが再開しても本格的な回復にならない。まだ数多くの中小企業は再開の要件を満たしていないからだ。サプライチェーンの1カ所でも切れていれば、そこにはダメージが残る。

 「川上、川下のサプライチェーンをぴったりと合わせることは難しい。今日はどこも取引先に依存しているので、一つでも部品が欠けると操業は再開できない」。江蘇省鎮江市政府副主任の閔佳氏は鎮江市の回復を巡り、サプライチェーンの重要性を指摘した。

 浙江省義烏市にある双童日用品公司の楼仲平社長は「大手企業は中小企業に支えられている。中小企業は零細企業に支えてもらっている」とし、主力商品であるストローを例にとって説明してくれた。段ボールやビニール袋、箱などの原材料は大手や中堅企業の再開に伴って、次第に出回るだろう。しかし、どの製品一つとっても数千種類という細かい原材料で作られており、その材料はさらに小さな企業に依存している。それらの零細企業は、大手のように操業を再開できるほど恵まれていないのだ。

 経済の毛細血管は詰まったままだ。「浙江省では行政が協力的だが、全国どこでも同じとは限らない。現実に原材料は全国の津々浦々から調達している。江蘇省は無錫や常州、昆山、鎮江などからも買い付けている」(楼仲平社長)

 義烏のあるアパレルメーカーも、同じ難局に立ち向かっている。広州などにある生地メーカーの操業再開のめどが立たず、川下の染色工場の再開に待ったがかかった。従業員が戻ってきても、稼働の見通しは立たない。この企業の責任者は歯に衣(きぬ)着せず、こう言い放った。「政府が再開を呼びかけた対象は、あくまでも要件を満たした企業だけだ。しかし7~8割を占める中小企業への支援はまだ追い付かない。再開に当たって求められる感染対策チームの立ち上げや薬品と備品の用意などは、一部の中小企業にとっては、とても無理な相談だ

 一部都市では再開審査手続きを見直し、規制緩和に踏み切った。2月16日、杭州の感染防止指揮部は「企業と建設工事の再開加速化に関する通知」を公表した。飲食業などネガティブリストに載っている企業を除いて審査手続きの必要をなくし、申告のみで操業を再開できるようにしたのだ。省、市レベルの重要プロジェクトは2月17日までに全面的に再開すると宣言した。

遅れる再開と出荷

 双童の目玉製品であるストローは、食品安全法に従う必要がある。そのため新型コロナウイルスの感染が発生して程なく、EU(欧州連合)内の企業から解約注文が飛び込んできた。最近、双童の受注の半分は日本や欧米の取引先で、半分弱は国内の高級品を扱う取引先だ。日本企業と比べてEU企業はサプライヤーの選択肢が多いようだ、と楼仲平社長はみる。「彼らにはインドネシア、インドとベトナムがあるからだ」

 仮に双童の製品品質が唯一無二のものであったとしても、サプライチェーンは日々ダイナミックに変わり、規制も日々変化する。「我々がかつて韓国や日本からビジネスを奪ったように、ベトナムやタイはまさに今、我々の手から受注を奪い取ろうとしているのだ」(楼仲平社長)

 多くの企業の輸出品で納期遅れが生じている。「1~2月の出荷は春夏シーズンの洋服であり急ぎの仕事だ。それなのに受注がたまる一方で発送ができない。ひとまず顧客と相談するしかない」。義烏地元のアパレルメーカー関係者はこう打ち明けた。

 福建省でウェットティッシュや紙おむつなどを生産する新億発グループの沈盛元氏によると、2020年1月の同グループの生産総額は6000万元(約9億6000万円)で、60カ国に輸出している。現在、ウェットティッシュ生産ラインに立つ中堅社員十数人は湖北省出身で操業は不可能だ。春節前に受けた注文書の前払い金を返金しなければならない上に、新規受注も断念せざるを得なかった。

 復帰した従業員はまだ少なく、紙おむつの受注にも影響が出た。沈盛元氏によると、現に受注した600万ドル(約6億5000万円)分の商品の納期を延ばす交渉が必要だ。「小売り畑を渡り歩いた人間として、顧客が注文した商品を切らしてはいけないことは分かっている。納品に遅れれば、売り場から商品が消える。大変な問題になる」

 沈盛元氏は、原材料の問題に最も頭を抱えている。紙おむつとマスクを製造するにはいずれも不織布が必要だ。だが、当分の間、不織布は感染予防物資であるマスクの生産に充てねばならない。沈盛元氏は紙おむつの原材料を求めて方々に頭を下げた。長年の取引先に原材料2トンを分けてもらうよう依頼した。「この業界に入って随分長いことやってきた。自分が客なのにこんなに頭を下げないとものが買えないとは初めての経験だ」とため息をつく。「それでも現状を理解するしかない」

 この状況を打開すべく、莆田市政府は操業再開した企業がサプライチェーンを立て直すための支援方針を明らかにした。2月いっぱいで回復した一定規模の製造業企業を対象に、最大30万元(約480万円)の電気料金補助金の支給に踏み切った。

 全国またはグローバルに資源を調達しなければならない業界と比べると、照明産業が集積する広東省中山市古鎮の謝偉氏は楽観的だ。「古鎮の照明業界において、この街で手に入らない部品は1つもない。完璧なサプライチェーンだ。その上、古鎮周辺では500社以上の物流企業が輸送を請け負ってくれる」

 工場の再開に伴い、古鎮当局は部品専門市場に営業の再開を促し、物流企業の全面回復は2月21日と決まった。謝偉氏は海外の取引先に出荷の延期を説明して理解を求めた。コロナウイルスの感染に向き合いながら、彼はすでに市場規模のさらなる拡大に胸を膨らませている。「最近はみんな家に閉じこもっている。毎日、部屋の内装をじっと眺めていると、きっともっと良質のものが欲しくなるでしょう。感染が収束すれば照明器具は爆発的に売れるに違いない」

サプライチェーンの中核に位置する大手メーカーは、川上や川下の企業と持ちつ持たれつの関係だ。江西省の自動車メーカー、江鈴汽車の生産ラインの稼働率は現時点で、わずか50%にとどまっている。李小軍副総裁はこのように考えている。「稼働率はあくまでも受注と需要次第だ。新型コロナウイルスの影響で自動車市場は大きな打撃を受けた」

 李小軍副総裁は「我々の生産は受注と連動している。お客様の需要がなければやみくもに生産するわけにはいかない」と説明する。江鈴汽車の主力商品は商用車、SUV(多目的スポーツ車)、トラックと軽乗用車である。

 春節の間も、江鈴汽車は操業を止めなかった。規模を絞り込みながら生産を維持し、ラインには1300人の従業員が立ち続けた。1月22日から2月5日までの間は、国務院(政府)の要請を受けて、新型コロナウイルス感染防止のため受注した陰圧救急車の製造に専念し、2月5日に53台を納めた。

 李小軍副総裁の話では、2月10日から従業員達は次々と戻ってきている。合計1万4000人が在籍するこの会社において、10日に2500人だった復帰者は17日には5000人に増えた。

 自宅隔離が長引いていることもあり、自動車の購入に踏み切ったり近郊の販売店を訪れたりする顧客はかなり減っている。李小軍副総裁は「この状況が逆に生産台数を抑制したのではないか」と分析している。

 全国乗用車市場情報連合会の調査によると、春節休暇と新型コロナウイルス感染拡大の影響で、2月第1週(1~9日)における全国乗用車小売市場の動きは鈍かった。第1週の販売台数は1日当たり平均811台で、前年同期比96%減となった。2月第2週(10~16日)は同4098台で、前年同期比89%減だった。

 中国自動車流通協会によると、2月19日時点で自動車販売業者の再開率はわずか11.65%にすぎなかった。販売店がいまだに営業再開できない理由を聞いたところ、「再開しても売り上げにつながらないので、諸費用を賄うことができない」が28.9%を占めた。

 江鈴汽車には生産と販売の両面で重圧がのしかかっているが、自動車メーカーとしては自社の経営コストを下げるだけでは十分ではない。600社を数えるサプライヤーや500社余りの販売業者を支え、サプライチェーンの川上、川下が円滑な連携を維持する必要がある。

 李小軍副総裁によると、同社は自社人の件費や社屋などの家賃を削減する以外に、代理店や販売店への資金援助もしている。顧客が激減しても生き残ってもらうためだ。一方でサプライヤーの資金リスクを低減するために、期日通りに決済する必要がある。

 「キャッシュフローが急激に減少しており、我が社のような大手ですら、すでに大きなプレッシャーを受けている」(李小軍副総裁)。江鈴汽車は運転資金として、金利が10%低い特別融資を受けられないかと地元の銀行と交渉している。

 操業再開のために、江西省も優遇政策を打ち出した。2月17日から感染防止対策を講じた省内企業に対して、操業再開の審査手続きを廃止し申告制のみに切り替えた。同時に復帰した従業員に義務付けられた健康診断の提出も不要とした。しかし江西省工業情報庁によると、それでも2月18日時点で再開した製造業は全省で6297社にとどまり、復旧率は49.5%にすぎない。つまり依然として半数以上の企業は、再開できていない状況なのだ。(第4回に続く)

良ければ下にあります

を応援クリックよろしくお願いします。