トップページ

"拡散"は自由です。ただ「柏の住人」からの引用と明記ください。
有本香女史によれば「広報の要諦は3Fにある」とのこと。Friendly,First,Frequentlyの3つです。Friendlyかどうかは見る人の立場によって変わると思いますが、First,Frequentlyについては心がけていきたいと思っております。小生の立場は「強い日本を作ろう」です。侮蔑を受けても何も反撃しない、歴史の改竄・捏造に唯唯諾諾として従うだけの事なかれ主義を憎みます。「強い日本を作る」ためには
国民一人ひとりの覚醒が必要です。その一助になればということで本ブログを書いております。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞告知欄∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

防人と歩む会1月例会のご案内
(1)日時:令和2年1月25日(土)15:00~17:00
(2)場所:高田馬場駅前FI(エフアイ)ビル8階多目的ホール
      JR山手線/地下鉄東西線高田馬場駅早稲田口
      早大行バスロータリ正面
(3)講師:川村 秀氏(ご略歴は下記ご参照方)
(4)演題:「日露関係史の実態と問題点、今後の課題」
       お話は盛り沢山、多岐に亘り興味津々の内容です。
(5)参加費:会員1500円 非会員2000円 学生無料 ご夫婦一人分
       35歳以下の方及びその同伴者は無料
(6)懇親会:フォーラム後講師を囲んでフォーラムで聞けなかった事
       や参加者相互の意見交換を図ります。
       猶、正月明けですのでお年玉抽選会を行う予定です。
       参加費3500円 未成年者無料 ご夫婦一人分
(7)申込み:フォーラム・懇親会の別を明記の上事務局宛て申込み下さい。
       事務局 山口(info@sakimori-japan.org) 090-4539-3117

(川村 秀先生略歴)
27年モスクワに駐在。1992年3月ロシア科学アカデミー東洋学研究所と共
同で日露文化センタ―設立、センター代表として現在に至る。日露関係史や
シベリヤ抑留問題に取り組んできた。商社駐在時代の上司は杉原千畝氏で
結婚に際しては仲人(立会人)を務めた。ロック歌手故川村カオリは先生の
長女、長男は俳優の川村 忠、先生の兄君は芥川作家の川村 晃である。
(著書ほか)
司馬遼太郎、吉村昭、石橋湛山等の著作のロシア語翻訳、日露・日ソ外交
秘史公刊に取組み「KGBファイル『ラストボロフ秘史』」など発表。
雑誌正論にキリチェンコ論文「東京裁判へクレムリン秘密司令」等の邦訳掲載。
アレクセイ・キリチェンコ著「知られざる日露の百年」の翻訳編集。
その他多数。

活動

2019年3月16日
活動名