トップページ

"拡散"は自由です。ただ「柏の住人」からの引用と明記ください。
有本香女史によれば「広報の要諦は3Fにある」とのこと。Friendly,First,Frequentlyの3つです。Friendlyかどうかは見る人の立場によって変わると思いますが、First,Frequentlyについては心がけていきたいと思っております。小生の立場は「強い日本を作ろう」です。侮蔑を受けても何も反撃しない、歴史の改竄・捏造に唯唯諾諾として従うだけの事なかれ主義を憎みます。「強い日本を作る」ためには
国民一人ひとりの覚醒が必要です。その一助になればということで本ブログを書いております。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞告知欄∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

【講演会のお知らせ】≪日本よ、情報戦はこうやって戦え!≫ ~我が国の名誉を守り、繁栄の礎とするために~

戦後、我が国は被告席に立たされ続け、慰安婦に続き徴用工問題と新たに冤罪が登場しています。その背景には、世界への間接侵略を企む中国の工作と、歩調を合わせる韓国の敵意だけでなく、第三者である諸外国の日本への誤解、そして日本国内の内なる敵の存在、そして政府官僚の無作為や怠惰が見えてきます。

 これらは敵の工作だけではなく、国際情報戦における日本人固有の弱点、戦略の欠如、勘違いや相手への無知等、私達自身に内在する問題が影を落としています。

 今回はビジネス現場で多くの国々を見聞し、また、オーストラリアにおける慰安婦像設置の動きを阻止し、そして今新たな情報戦に挑んでいる山岡鉄秀先生にお越しいただき、国際情報戦の戦い方について語っていただくことになりました。

 近日中に上梓を予定されている新刊の内容を踏まえ、優位戦、立論、フレームワークの再設定など戦略の要点とともに、日本が国際社会を生き抜くための心構えをお話しいただきます。


★プロフィール(山岡鉄秀先生)

Australia-Japan Community Network(AJCN)代表。昭和40年、東京都生まれ。中央大卒、シドニー大大学院、ニューサウスウエールズ大大学院修士課程卒。平成26年、豪州ストラスフィールド市において慰安婦像設置計画に遭遇。現地日系人を率いて平成278月、設置阻止に成功した。


★著作

「日本よ、もう謝るな!」飛鳥新社、平成29年                          

「日本よ、情報戦はこう戦え!」扶桑社、平成30


【日 時】平成30年12月1日(土)

   開 場:18時15分 

             講 演:18時30分~20時30分 

            懇親会:21時00分~23時00分            

   

【会 場】文京シビックセンター内 区民会議室AB(5階)

  〒112-0003  東京都文京区春日1-16-21

  電話番号:03-5803-1100

    交通:東京メトロ南北線・丸の内線「後楽園駅」徒歩1分、都営地下鉄三田線・大江戸

   線「春日駅」徒歩1分、都営バス「春日駅前」徒歩1分、JR総武線「水道橋駅」徒歩8分

http://www.city.bunkyo.lg.jp/shisetsu/civiccenter/civic.html

 

【参加費】

     講演会のみ

     一般事前申込: 1,500円

     学生事前申込:1,000円

     高校生以下:無料

     当日申込:2,000円

     講演会と懇親会

     一般事前申込:5,000円

     学生事前申込:4,500円

     高校生以下 :不可

     当日申込  :6,000円

 

【申込先】

11月29日21時までに下記Googleフォームにてお申し込みください(当日受付も可)

 https://goo.gl/forms/Byx99Kpz0q75RpZx1


★当日は混雑が予想される為 事前申込の無い方の入場は講演5分前とさせて頂きます★


 【主催】

士気の集い



























活動

2018年2月14日
活動名