『もはや“泥船”だ…ここにきて、米バイデンの「対中強硬政策」が大きく揺らいでいる 兆しはあった』(6/25現代ビジネス 歳川隆雄)について

6/23The Gateway Pundit<UNBELIEVABLE! Look At This Piece Of Paper Biden Is Holding With Instructions Reminding Him To Do The Most Basic Things>

耄碌爺さんに世界平和を委ねてよいのか?

As Joe Biden met with wind industry executives at the White House on Thursday, the gaffe-prone illegitimate commander-in-chief obliviously held his cheat sheet backward.

The notecard showcased to the world step-by-step guidance prepared by Biden’s staff instructing the feeble crook to do the most basic things.

https://www.thegatewaypundit.com/2022/06/unbelievable-look-piece-paper-biden-holding-instructions-reminding-basic-things/

6/23The Gateway Pundit<President Trump Asks Jan 6 Committee to Look into Why Bill Barr’s Justice Department Wouldn’t Act in PA?>

President Trump asked the sham Jan 6 Committee whether they had seen the letter from the DOJ that identified numerous issues in Pennsylvania that Bill Barr refused to look into.

In July 2021, long after the 2020 Election President Trump received a letter from a top individual at the DOJ who claimed that Bill Barr asked him not to investigate the numerous 2020 Election issues in Pennsylvania.

Of course, the Jan 6 committee hasn’t looked at this letter and won’t look at this letter.  All of America knows it.  This Jan 6 committee is only in place to damage President Trump.  He and America are their enemies.

https://www.thegatewaypundit.com/2022/06/president-trump-asks-jan-6-committee-look-bill-barrs-justice-department-wouldnt-act-pa/

6/24希望之声<首个总统初选州民调:德桑蒂斯超川普2个百分点=大統領予備選を一番早くする州の世論調査:デサンテイスがトランプを2パーセント上回る>11/8の中間選挙は、共和党の2024年大統領選の前哨戦になる。現在、トランプ大統領に加え、競争する可能性のある多くの共和党員も現れており、その中で最も注目すべきはフロリダ州知事のロナルド・デサンティスで、最近全米初の予備選が開かれる州のニューハンプシャーの世論調査で、デサンティスとトランプの差はわずか2パーセントである。

トランプは最近、2024年に再戦するのを止めることはできないと述べたが、まだ多くの不確定要因があり、たとえば、民主党は彼が再び戦うことを恐れており、1/6議会事件を利用して、彼を倒そうとしている。共和党内には多くの潜在的な候補者もいる。

「フォックス」ニュースによると、デサンティスはニューハンプシャー共和党大統領予備選の世論調査で39%の支持を得ており、トランプの支持率は37%、元副大統領マイクペンスは9%で3位、元国連大使のヘイリーは6%であった。他の潜在的な候補者の支持率は1%以下である。

この調査は、デサンティスへの支持がニューハンプシャー共和党員の間で急上昇していることを示している。 去年10月の世論調査では、トランプとデサンティスは43%:18%であった。

世論調査はまた、自称共和党員の62パーセントはトランプが2024年に再び立候補することを望んでいることを示した。これは「少し低い」とCNNの寄稿編集者であるChris Cillizzaは述べた。しかし、彼は「それはフロリダだけの世論調査である」と言った。 「より広範な共和党のレースのすべての世論調査を見ると、トランプはまだリードしている。彼は共和党が指名する人気のある大統領として、彼の3回目の大統領候補になる予定である」と彼は言った。

デサンティスの人気は、過去2年間で、フロリダと全国の共和党の有権者の間で爆発的に増加した。長らくニューハンプシャーで全国共和党顧問として働いているデビッド・カーニーは、テレビに出演することが重要であると述べ、トランプがテレビに出演することはあまりないのに対し、デサンティスのメディア報道は過去1年半で増加したと付け加えた。 「この1年で支持率は18%から39%になった。確かに、フロリダの人達だけではない」

では、デサンティスは2024年の共和党大統領選挙に出馬するのだろうか。 デサンティスはこれまで何度もこの質問を避けてきた。レーガン大統領の再選キャンペーンを支援したストラテジストのロリンズはエポックタイムズに、2024年にトランプ大統領が立候補する以前であれば、デサンティスの共和党の指名を支援するため「政治行動委員会」を設立すると語った。

ロリンズは言った:「我々はトランプに対して何も反対していない・・・。トランプが候補になることを知れば、私はデサンティスがトランプに対して対抗馬にならないことを明らかにした」と。「トランプは資金がたくさんあり、政治的基盤はまだ残っている。彼にはあらゆる種類のスタッフがいて、良い人もいればそれほど良くない人もいるが、彼は選挙の準備ができている」、「誰もがトランプと競争するのは難しい。そう感じている」

トランプに近い情報筋は「フォックスニュース」に、トランプは8/23フロリダの予備選が近づくにつれ、デサンティスの知事選を支持することを排除できないと語った。

https://www.soundofhope.org/post/631736

6/25阿波羅新聞網<“北约直逼家门”,中国的主要邻居也都悄悄“抄家伙”,为什么?=「NATOが直接門に近づいている」、中国の主要な隣人も密かに「武器を持て」と、なぜか?>NATOの招待により、日本、韓国、ニュージーランド、オーストラリアの指導者が月末にスペインのマドリッドで開催されるNATOサミットに出席する。同時に、日本は軍備を大幅に拡充し、韓国新政権はTHAAD対ミサイルシステムの展開を積極的に推進し、ベトナムとインドは共同で防衛パートナーシップを結び、日米インド、オーストラリアの四ケ国対話メカニズムはさらに強化され、米国-英国-オーストラリアの三国間パートナーシップ関係も深まっている。中国は周りを見回し、北部を除いて所謂「一人ぼっちで頼るものがない」ことに気づいた。なぜこのような局面になったのか?

一対一路のペテンや戦狼外交のせいでしょう。

https://www.aboluowang.com/2022/0625/1766911.html

6/24阿波羅新聞網<又一国“爆雷”!经济崩溃,全民愤怒:滚出去…=また別の国が「雷を爆発」!経済崩壊、全国民の怒り:出て行け・・>今月、Radio Free AsiaのFacebookページに「ラオスの経済崩壊」というタイトルのラオス語の記事が掲載された直後に、一党国家の指導者に対する国民の怒りが火山のように爆発・噴出した。 1,100件以上のコメントを受け取った投稿には、ラオス人の憤怒と咆哮が含まれていた。コメントは簡単に追跡できたが、怒りが出てくるのは止められなかった。 「政府が経済を管理できないなら、出て行け!」とある女性は怒って言った。これは、ラオス人民革命党によって長い間脅かされてきた国民にあって、珍しく勇気のある表現である。

https://www.aboluowang.com/2022/0624/1766700.html

6/24阿波羅新聞網<痛骂普京后,俄罗斯嫩模陈尸行李箱,他伴尸3天=プーチンを痛罵後、若いロシア人モデルが死んでスーツケースに入れられ、彼(彼女のボーイフレンド)は3日間死体と共にいた>23歳のロシア人モデルであるグレッタ・ヴェドラーは、ウラジミール・プーチン大統領によるウクライナ人への弾圧に不満を持っていたため、ネット上でプーチンを精神病者として批判した。その結果、数日前に残酷に殺害され、遺体はスーツケースに詰め込まれ、ロシアの諜報員が「粛清」したのではないかと疑われている。

https://www.aboluowang.com/2022/0624/1766621.html

6/24阿波羅新聞網<和尚化缘近身1分钟 下迷药?杭州女店员脚麻头晕急逃倒在店门口=坊主が布施を願って1分後、昏睡薬をかがされだ?杭州の女性店員は店のドアで足のしびれとめまいで急に倒れた>中国浙江省杭州市の女性店員が数日前一人で店番していたところ、坊主が施しを求めて店に入り、仏像や数珠を取り出して彼女に渡したが、彼女は突然異常を感じて店の外に飛び出した。彼女は店のドアのところで地面に倒れ、ひきつけを起こした。女性の通行人がたまたま通りかかって助け、坊主が逃げるのを防ぐためにドアを閉めた。坊主はまったく偽物であることがわかった。悪意を持って女性店員に昏睡薬をかがした疑いがある。

https://www.aboluowang.com/2022/0624/1766877.html

6/24阿波羅新聞網<一架直升飞机降落上海一家医院 疑运送人体器官 杀了谁来救谁?【阿波罗网报道】=上海の病院に着陸したヘリコプターで、人間の臓器を輸送している疑いがあり、誰かを救うために誰かが殺されたのか? 【アポロネット報道】>アポロネット李雨菡記者の報道:6/22、ヘリコプターが上海の病院に緊急着陸し、箱を運んできた。多くの医療スタッフがヘリを迎え、専門要員が写真を撮っていた。専用機が人間の臓器を運んだのではないかと疑われている。ネチズンは叱責のメッセージを残した:「これはまた、誰かを救うために誰かが殺されたのか?」、「それは間違いなく「ニラ(=大衆)」を救うことではない」

6/23、ネチズンの「オールドドライバー」は、6/22、上海でヘリコプターから新鮮な臓器が届けられ、臓器移植手術が緊急であるとツイートした。リーダー用かどうかわからない。

https://www.aboluowang.com/2022/0624/1766841.html

6/24阿波羅新聞網<中国经济崩盘会让习近平倒台吗?=中国の経済崩壊は、習近平をダウンさせるか?>私は関係ないと思う。・・・たとえば、江沢民と比べ、・・・当時、彼が集団と見なされていたとしたら、誰が江に反対する勇気があるのか?江沢民、あなたの方針は間違っていると言えるか。 1997年、朱鎔基は国有企業に3,000万人以上の従業員を解雇するように働きかけた。数年以内に、彼らは全員「解雇」され、全国民が持つ従業員としての地位を失った。医療保険や社会保障もなく、非常に困難な生活を送っていた。江沢民はこれに自責の念を覚えたか?いいえ。それは彼の2期目の再選に影響を及ぼしたか?いいえ。彼は再選された。

https://www.aboluowang.com/2022/0624/1766803.html

何清漣 @HeQinglian 9h

おすすめの韓国ドラマ「第五共和国」:

1.軍事クーデターがどんなものであるかを鮮明に示す(兵を率いる鍵となる人物は死を覚悟している)。

2.権威主義国の社会的統制は、中共の全体主義体制に如かず、軍には同期と盟を結ぶ「一心会」があり、全斗煥の支援ネットワークとなっている。

3.真実の米韓関係。

韓国人は紙の上でクーデターを演習しないが、クーデターは古くから現在まで常に起きる。

何清漣 @HeQinglian 9h

全斗煥が計画した1212クーデターの実況中継から判断すると、中国の歴史ドラマのクーデターシーンは幼稚すぎる。

第1空輸隊(旅団)が国防部と陸軍本部を占領したとき、首都警備司令と張泰玩少将が生死を決したとき、上官は沈黙し、誰も応答しなかった。本部の兵士たちに動員命令を出した後、本部が反乱軍に対して彼を殺すとスピーカーから放送したとき、彼は一瞬で心が灰に変わるのを感じた。

何清漣 @HeQinglian 7h

ギャラップは、米国の中間選挙の結果を予想する3つの指標を調査指標として使い、バイデンが史上最低であることがわかった。

現大統領の支持率は約41%である。

議会の支持率は現在18%で、1974年以降で最低である。

国内の現状に対する満足度は現在16%で、2010年以降で最低レベルである。

結論:民主党はこの秋の中間選挙に負けるだろう。

news.gallup.com

普通の中間選挙の指標は民主党にとって非常に不利。

今年の中間選挙の環境は民主党にとって非常に不利であり、重要な国民心理指標は過去の平均をはるかに下回っている。

何清漣 @HeQinglian 2h

2019年1月の全米選挙委員会の公聴会で、専門家はドミニオンシステムに問題があると指摘したのを覚えておいてください:有権者の身分を確認せず、外部に公開してから0.1秒以内にハッキングされ、間に合わないと言った; 2020年1月同じ公聴会でも、同じ理由が述べられた。

現在、米国は数億ドルが出せない。

大権を握っているので、投票を盗む機械を更新しないでいる。あなたは私に何ができるのか?

引用ツイート

何清漣 @HeQinglian 2h

米国の投票機には問題があるが、それらを交換する資金がなく、米国には資金が不足している。

ブレナンセンターと投票の検証による共同分析では、老朽化した投票機の交換には数億ドルの費用がかかることがわかった。

近年、これらのモデルの一部は投票を「反転」させており、ハードウェアの老朽化に伴う設定エラーが原因で、タッチスクリーンが投票者の選択を誤って記録する。この反転は、ウイルスのビデオと機械が“投票を盗む”「陰謀論」につながった。

https://brennancenter.org/our-work/research-reports/voting-machines-risk-2022

何清漣 @HeQinglian 2h

米国の投票機には問題があるが、それらを交換する資金がなく、米国には資金が不足している。

ブレナンセンターと投票の検証による共同分析では、老朽化した投票機の交換には数億ドルの費用がかかることがわかった。

近年、これらのモデルの一部は投票を「反転」させており、ハードウェアの老朽化に伴う設定エラーが原因で、タッチスクリーンが投票者の選択を誤って記録する。この反転は、ウイルスのビデオと機械が“投票を盗む”「陰謀論」につながった。

brennancenter.org

2022年に危険にさらされている投票機

ブレナンセンターとVerified Votingの共同分析によると、老朽化し​​た投票機器の交換には数億ドルの費用がかかることがわかっている。

数億$くらい米国で出せない金額ではないでしょう。ザッカーバーグは投票箱の設置に3億2800万$出した。イーロンマスクが機械の更新費用を出せばとも思いましたが、機械はハッキングされるから、身元確認して投票、衆人環視で開票する方が良い。民主党が不正をするために更新しないでいるのでは。

歳川氏の記事では、民主党が如何に口先だけで、中共と対峙しているかがわかる。それでいて1/6委員会を開いて、彼らが恐れるトランプの再登場を阻止しようとしている。反論の場がない委員会はとても公正とは言えない。民主党は権力亡者で、金に汚い。

日本も民主党に利用されるようになってはダメで、今のうちに共和党とも人脈を作っておかないと。

記事

ホワイトハウス高官の発言から

ここに来てバイデン米政権のこれまでの対中強硬政策に揺らぎが見え始めたようだ。筆者がその兆しを感知したのは、首都ワシントンで行われたホワイトハウス(WH)高官の発言内容を吟味するなかでのことだった。

カート・キャンベル大統領副補佐官兼インド太平洋調整官は6月16日、古巣の民主党系シンクタンク「新アメリカ安全保障センター(CNAS)」設立15周年のイベントに招かれて講演した。

このキャンベル講演を伝えたのは読売新聞(同17日付夕刊)のみである。同紙は一面トップに「太平洋新たな協力枠組み―米主導、日豪英仏など参加」の見出しを掲げて、次のように報じた。

《キャンベル氏は16日の講演で、太平洋諸国との関係を強化するため、日豪などと新たな協力枠組みを来週、創設する方針を明らかにした。多国間で連携し、南太平洋で軍事関与を強める中国をけん制する狙いがある》(同記事のリード)。

中国はこの間、王毅外相兼国務委員がソロモン諸島、キリバス、フィジーなど南太平洋の島嶼国を歴訪し、港湾施設や空港などインフラ開発への巨額融資を通じて南太平洋地域への影響力を強めてきた。

危機感を抱いた米・豪・英・仏・ニュージーランドは結束し、対抗措置を講じるべく水面下で新たな協力枠組み結成に向けて協議していたのは事実である。だが、「来週、創設する」と報じられたものの、その後、今に至るまで具体策が表面化していない。

何と中国と…

そこで筆者はキャンベル講演のテキスト(英文の起こし)を取り寄せ、発言内容をチェックしてみた。

確かに、キャンベル氏は「バイデン政権発足後16、18カ月を経た今、言えることは日本、韓国、オーストラリアなどとのイニシアティブが強化され、伝統的な同盟構築問題だけでなく、気候変動など21世紀の最先端の重要な分野についても、前例のないレベルの関与が行われるようになりました」と指摘した上で、AUKUS(英語圏の米英豪3加国の軍事同盟)、IPEF(インド太平洋経済枠組み)、Quad(日米豪印4カ国の協力関係)を具体例として挙げている。

photo by gettyimages

ところが読み進めると、以下のような件があった《国家安全保障担当大統領補佐官(ジェイク・サリバン)は2日前、(中国外交トップの)楊潔篪(共産党政治局員)と会談しました。私も同席しました。ウクライナ、北朝鮮、東南アジア、インド太平洋戦略について、交渉の窓口をオープンに保ち、誤算(miscalculation)の可能性のある領域を除き、不注意や誤算あった場合にコミュニケーションリンクがあることを確認するために、詳細かつ非常に率直な議論を行いました。これは、紛れもなく競争関係でありながら、できれば平和的な関係を築き、双方の競争の良い面を引き出せるようにするための第一の目標です(but hopefully a peaceful relationship in which the best aspects of competition on both sides can be brought out.)》。

何と中国と「平和的な関係」を築きたいと言っていたのである。13日にルクセンブルクで行われたサリバン・楊潔篪会談は台湾を巡り、米側は懸念を示し、中国側が警告を繰り返すなど米中の激しい応酬は4時間半に及んだと報じられたのだが、キャンベル氏はサリバン氏が楊氏に平和的な関係を築きたいと述べたと明かしているのだ。

他にも兆しはあった。物価急騰対応に奔走するジャネット・イエレン財務長官は6月初旬から米議会の反対に抗して“虎の子”の対中関税引き下げを主張するようになっていたのだ。

仮に「米中全面衝突」だけは何としてでも回避したいという思いが強いとされるジョー・バイデン大統領の胸中を忖度しての発言であったとすれば、「台湾有事」を前提として国家安全保障戦略関連3文書を年末までに改定するべく準備している日本は梯子を外されることはないのか。

中国共産党政治局員の楊氏は党大会後に退任するが、キャンベル氏が11月8日の米中間選挙前にバイデン政権を離れるとの見方が米議会関係者の間で絶えない。それだけではない。実は当のサリバン氏も、夫人の才媛マーガレット・グッドランダー氏(35歳)がニューハンプシャー州下院選に出馬するため退任するとの噂がワシントン政界で流布されている。バイデン“泥舟”政権から逃げ出すのはWHスタッフだけではなく高官にも波及しそうだ。

岸田文雄政権の先行きは、取り敢えず7月10日投開票の参院選の勝ち方次第である。

良ければ下にあります

を応援クリックよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください