スリランカ旅行-1

このエントリーをはてなブックマークに追加

2/16~20までスリランカに旅行に行ってきました。親日国だけあって、気分の良い旅行でした。

また仏教国でもあり(但し、仏教徒が7割、ヒンズー、キリスト、回教が各1割程度)、日本人にはインドより親しみしやすいかと。日本が敗戦後、国際社会に復帰するときに、スリランカのジュニウス・リチャード・ジャヤワルダナ蔵相(後の大統領)がサンフランシスコ講和会議にて日本への応援演説をして下さいました。感謝して感謝し過ぎることはありません。当然の恩返しとして日本は経済援助をスリランカにして来ました。ただ、中国の影が今や色濃く出てきています。スマホの看板にもHuaweiやOPPOが多くありました。コロンボ港湾には中国の港湾建設がしゃしゃり出てきています。軍港として、インドを牽制するためでしょう。前大統領が中国の金に転んだせいでしょう。でも、日本の外務省はやられ放しなのが良く分かります。(その写真は明日掲載予定)。日本人は中韓という反日国家に旅行に行くのではなく、親日国家に足を運んだ方が良いでしょう。襲われることや人質になる心配もありませんし。

スリランカはインドの一部のような誤解があるかもしれませんが、れっきとした独立国です。ムガル帝国の版図でもありませんでした。南インドの人間がセイロンに移って、国を作ったという意味では台湾と似た所があるような気がします。(正確さを欠くかもしれません。あくまでも個人の見解です)

スリランカ航空(成田発)

世界遺産・シギリヤロック入口

シギリヤロック

シギリヤロック

シギリヤロック

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です