『ドイツで「コロナ」とからかわれた日本人の“反撃” 欧州で蔓延する「アジア人は出ていけ」という空気』(3/30JBプレス 姫田小夏)について

3/31WHよりのメール

「President Trump extends Coronavirus Guidelines through April 30

Speaking from the Rose Garden last night, President Trump thanked Americans for their selflessness in helping contain the spread of Coronavirus over the past few weeks. These efforts have saved—and will continue to save—countless American lives.
“You’re making the difference,” he said.
The President also shared news from the public health experts on his White House Coronavirus Task Force. Modeling put together by Dr. Deborah Birx and Dr. Anthony Fauci suggest that the nationwide mitigation measures put in place may be significantly reducing the number of new infections and the number of fatalities from Coronavirus.
As a result, “the modeling estimates that the peak in death rate is likely to hit in two weeks,” President Trump said. “Nothing would be worse than declaring victory before the victory is won. That would be the greatest loss of all.”
To keep this momentum going in slowing the spread of Coronavirus, the President is extending his nationwide Coronavirus Guidelines through April 30.
“I want every citizen in our country to take heart and confidence in the fact that we have the best medical minds in the world tackling this disease. We have the best science, the best researchers, and the best talent anywhere working night and day to protect your family and loved ones and to overcome this pandemic.”
On Friday, President Trump signed bipartisan legislation to provide emergency relief to American families and workers during the global Coronavirus outbreak.
The unprecedented relief package totals more than $2 trillion, including $100 billion for healthcare providers, tax-free direct payments to qualifying American families, and $350 billion in partially forgivable loans for small businesses and nonprofits.
https://twitter.com/realDonaldTrump/status/1244673740866191362     」

3/30阿波羅新聞網<突发!湖南郴州重大火车事故 官方称零死亡 网民:又在撒谎!=突発! 湖南省郴州での重大列車事故 公式発表は死者ゼロ また嘘をばら撒いている>3/30の正午12時に、山東省済南から広東省広州までのT179旅客列車が、湖南省郴州市永興県高崗司鎮近くで転覆事故に遭った。 事件の約1時間後、公式メディアは「誰も現場で死んでいない」と高らかに発表した。 しかし、市民が撮影した現場の映像は真実を暴露し、「中共に見事なビンタを食らわした」と形容された。

下の映像で遺体を運んでいるのが分かります。今回は、生き埋めはしなかったのかな?

中共はすぐに箝口令を敷き、中共の許可のない情報の発信を禁じています。

https://www.aboluowang.com/2020/0330/1429915.html

3/30阿波羅新聞網<中共的恐怖!小粉红放鞭炮庆祝美国染疫超10万=中共の恐ろしさ! アカを応援するピンク組は、米国の疫病感染が10万超になったので爆竹を鳴らして祝う>ネチズンがTwitterにビデオを投稿し、米国で“中共肺炎”が10万病例以上になり、中国の村人が花火と爆竹を鳴らして、それを祝ったことを示した。 (ビデオのスクリーンショット)

米国では14万超の“中共肺炎”の症例が確認され、2,000を超える死者が出ている。 これはどうしたら祝うのに値するのか? しかし、中共の反米の洗脳宣伝と闘争文化の影響を絶えず受けてきた中国大陸では、このようなことが起こる。

原稿を出した時点で、米国では“中共肺炎”患者が14万件を超えたのが確認されており、死者数は2,000人を超えた。

ネチズンはTwitterにビデオを投稿し、米国で10万件以上の症例が確認されたときに、中国の村人が花火と爆竹を鳴らして、米国の10万件以上の感染者が出たことを祝ったと。

ネチズンは「それはお粥を売っている店と全く同じ。中国ではそのように考える人は50%に止まらない!これは中共が敢えて米国に挑戦するための大衆の基盤である!」と言った。

https://twitter.com/i/status/1244354439630041093

中国人はバカではないが、目を曇らせられている。目がずっと塞がれているので、心も曇ってしまった。写真は、日本では「がんばれ武漢」と看板が立ち、中国では「米国と小日本の疫病蔓延を熱烈に祝う」バルーンが立てられたのを表示。

中国人と言うのは魯迅の阿Qから何も変わっていないということでしょう。今後も変わらないのでは。為政者だけのせいではない。しかし、他人の不幸を喜ぶというのは、朝鮮半島人もそうですが、下種としか言いようがない。

https://www.aboluowang.com/2020/0330/1429928.html

3/30希望之声<中共继续甩锅!日本喜剧演员志村健死于「台湾肺炎」?=中共は引き続き責任転嫁!日本のコメディアン志村けんが「台湾肺炎」で亡くなった?>中国報道官の趙立堅は中共ウイルスの起源を米国に擦り付け、「米軍が武漢に疫病を持ち込んだ可能性がある」と述べた後で、あるネチズンが本日厳しく批判したことは、中共サイバー軍がウィキペディアを改竄し、日本のコメデイアンの志村けんの死因は「台湾肺炎」としたのを、早くも「2019コロナウイルス病」に戻したことだが、そのニュースはネットで激しい議論を巻き起こした。

メディア報道を総合すると、日本のコメディアン志村けんは昨夜、中共ウイルス(武漢肺炎)のために突然亡くなった。多くの日本人ネチズンは、志村けんの死に対し、当初疫病を隠蔽して世界に拡散させた中共に矛先を向け、中共と中国人の態度を敵視するのが増幅している。しかし、多くのファンが悲しんでいたとき、あるネチズンは本日、「中共サイバー軍が資料を改竄し、ウィキペディアのページで、志村けんの死を中国の武漢肺炎から台湾肺炎に書き換えした」と書いた。別のネチズンは「台湾肺炎と書き換えたことは明らかに責任転嫁だろう」と批判した。

更に日本のネチズンは「中共はすべての責任を負うべきであり、戦争は不可避で、台湾、チベット、新疆を独立させるべきである!」「中共が適時に発表していれば、志村けんは死ぬことはなかったかもしれない。情報を隠蔽した中共とWHOは嫌いだ」「 中共政府よ!志村けんはあなたが情報を隠したために死亡した」と。

中共ウイルス(武漢肺炎)は、昨年末の中国武漢での発生からわずか数か月で世界中に広まった。多くの国が最悪の被害地域になった。このため、各国は責任追及を開始し、中共に疫病隠蔽による損失に対して、責任を求めている。

相変わらず姑息ですが、これが中共の真骨頂で、「嘘も百回言えば真実となる」ことを信じていますので、諦めず、しつこく反撃することが肝要です。ヤクザを相手にすると思った方が良い。

https://www.soundofhope.org/post/360679

3/31希望之声<美媒解读习近平G20讲话:趁人之危垄断国际医疗市场 口罩机变印钞机=米国メディアは習近平のG20のスピーチを解釈:人が危険にさらされている時に国際医療市場を独占する マスク製造機は紙幣のプリンターになる(金儲けになるの意)>3/26に開催されたG20サミットのTV会議での習近平演説について、保守派ニュースサイトのブライトバートの3/27号は、「中共は“中共ウイルス”(武漢肺炎)の危機を金儲けのチャンスとし、国際的な医薬品と医療用品市場を独占しようとしている。米国の政界もこの問題の深刻さを認識しており、経済や医療システム面で中共とデカップリングするよう呼びかけた。

「ブライトバート」の記事によると、習近平はG20サミットで、中共が医薬品と医療用品の生産を増やして「世界の金融市場の安定を維持する」と述べたが、実際には国際的な医薬品と医療用品市場を独占しようと企図している。

習近平はこの会議で、「現在中共が世界市場を独占していることが、世界の他地域の「安定化」に役立つはずだ」と要求した。医薬品の世界的な需要が大幅に伸びた今、多くの国が、独裁政権下の中国から、ほとんどすべての医薬品を輸入するリスクを再考している。

武漢からの大量の証拠が示しているのは、中共の監視・審査システムと国民の基本的な健康情報に対する理解への抑圧により、“中共ウイルス”(武漢肺炎)の伝染が大幅に拡大した。イギリスの調査によると、中共が3週間前に対策を講じれば、中共ウイルスの世界的な拡散は最大95%まで減少した可能性があると。

中共党メデイアの《環球時報》が発表したG20サミットでの習近平演説の全文によると、疫病を抑制するために各国は「協力」するよう呼びかけたが、同時に中共がすべての協調行動を主導する必要があると強調したとも。

習近平は、「各国が金融政策でより協調行動を取れば、世界の金融市場の安定が維持でき、世界の産業とサプライチェーンの安定性を維持できる。中共は、医薬品の原料、日用品、抗伝染病薬、その他の医薬品の国際市場への供給を増やしていく」と述べた。

更に「中共は積極的な財政・金融政策を実施し、改革と開放を継続し、市場アクセスを拡大し、ビジネス環境を改善し、輸出と外国投資を拡大する」と述べた。

習近平が鼓吹した中共の「慈善」政策を実施するために、“G20加盟国すべてに、関税引き下げ、障壁の撤廃、無制限の貿易の促進など”中国経済を支援するよう要請した。

習近平はまた、中共主導の「グローバルな統制と治療ネットワーク」の設立を提案した。彼は、「中共はすべての国のために開かれた“中共ウイルス”ナレッジネットワークセンターを設立し、早期にブレークスルーするため、各国が医薬品、ワクチン、検査能力の研究開発の促進に努力を集中することが急務である」と述べた。中共がこうすることの真の目的は、“中共ウイルス”を口実に、医療技術、生産開発に関連する知的財産権を含むすべての国際医療データにアクセスし、世界中の医療用品の製造と供給を管理することである。

今年2月現在、米国で必要な抗生物質の97%、医薬品の原料の80%が中国からのものである。マスク、ビタミンC等の栄養剤など、米国および世界の医療用品のほとんどは、すべて中国製である。

中共は、5Gの監視システムで世界を支配(不倫等すぐ脅せる)するのが頓挫し、医療用品市場を押さえることで、世界を支配する手に変えてきたと思われます。「危」を「機」に転じるのは、流石中国人、狡猾、悪辣なのはどうしようもないですが。

しかし、習の奇麗事は誰も信じていないでしょうし、今まで約束を反故にしてきた実績がありますから。国際金融のトリレンマについても無知なのでは。

G20

https://www.soundofhope.org/post/360853

3/31阿波羅新聞網<还敢笑话美国?中国失业人口或达两亿!—前两月中国失业人数推算——从500万到两亿=まだ米国を笑いものにできるのか? 中国の失業者は2億人に達するかもしれない! —前2か月間の中国の失業者数の推定— 500万から2億>ここで強調する必要があるのは、米国は2週間の非強制休暇政策が採られ、実行されて10日未満で、約300万人の失業であった。一方、中国経済はこの疫病流行に対応して少なくとも2か月の強制封鎖をしたのに、中国は本当に国家統計局が言うように、都市・郷村調査の失業率は5.3%から6.2%に増加しただけで、わずかな影響しか受けていないのか?

本当に中国の数字は嘘ばかり。今度の中共ウイルスの件で日本人も中国人の嘘つきに目覚めてくれれば良いですが。共産主義者兼中国人というのは最悪です。

https://www.aboluowang.com/2020/0331/1430170.html

姫田氏の記事を読んで思うことは、今度のコロナの件で、日本人に落ち度はないし、中国人と同じように扱われるのはたまったものではないと。もっと言えば、中国人と言うより、中共のミスで疫病拡大したという面があるので、中国人全体に罪が被るのはかわいそうな気もしますが、でも中共政権を生き延びさせている限り、中共の取る行動はイコール中国人の行動と思われるのは仕方がない。世界に向けて恥ずかしいと思うなら、早く中共を打倒しないと。

記事

新型コロナウイルスの感染が広がり人が消えたドイツ・フランクフルト。3月第4週にメルケル首相が「戦後最大の試練だ」と発言してから出歩く人が一気にいなくなった(永山さん撮影、以下同)

(姫田 小夏:ジャーナリスト)

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が世界で猛威を振るうなか、欧米の国々で中国人に対する差別、攻撃が強まっている。

 最近、トランプ大統領が「チャイナウイルス」という言葉を使ったが、これが拍車をかけた。英国では中国人留学生が10代の少年から「チャイナウイルス、帰れ」などの罵声を浴びせられた。

「お前はこれを食べるんだろ?」

 ドイツでもこうした差別は存在する。ケルンで暮らす中国人留学生はドイツ人の子どもたちに「コロナだ、気持ち悪い!」と騒がれたことがあるという。

 その場では耐えるしかなかった。「言い返したり、やり返したりしたら強制送還されてしまうかもしれません。悔しいけれど無言で通り過ぎるしかありませんでした」と語る。

 彼が不快な思いをしたのは、それだけではない。熱帯魚の販売店を訪れていたときのことだ。生餌コーナーに、ウヨウヨとうごめくミルワームやケースに入れられた無数のコオロギがいた。すると後ろから「お前はこれを食べるんだろ?」とドイツ人の子どもからからかわれたのだ。

「僕は食べないけど、君は食べるのかな?」と中国人留学生が聞き返すと、ドイツ人の子どもはバツの悪そうな顔をして去っていったという。

 ドイツの一部のマスコミは、「新型コロナウイルスの発生は、コウモリなど野生動物を食べる中国の習慣が原因」と報道している。ドイツ人の子どもはそうした話を聞きかじって、中国人の食習慣をからかってきたのだろう。

「アジア人は出ていけ」という空気

 十数年にわたりミュンヘンに在住する日本人女性は、最近、アジア人に対する排斥がますます露骨になっていると感じている。

「ミュンヘンでは、新型コロナの流行で当初は中国人が『コロナ』呼ばわりされていましたが、今ではアジア人全体がターゲットにされるようになってきました。『アジア人は出ていけ』、そんな空気が強まっています」

 夫の仕事で数年前にフランクフルトでの生活を始めた日本人女性の永山明日香さん(仮名)も、今年に入ってから「あなた、どこから来たの」という質問を頻繁に受けるようになった。永山さんは「そんなときは満面の笑みで『日本からですよ』と答えるようにしています」と言う。たいてい、相手は拍子抜けした顔で去って行くらしい。

 永山さんは、まだフランクフルトで露骨な差別を受けたことがない。金融関係の企業が多いフランクフルトは、日本で言うなら丸の内のようなイメージとも聞く。永山さんは繁華街から離れた住宅街に住んでいることもあり、「むしろ日本人は珍しがられることの方が多い」と話している。

フランクフルトの街並み。3月上旬はまだ人通りが多かった

「コロナ」呼ばわりするいじめっ子と対峙

 3月中旬、外出中の永山さんにLINEの通話機能で現地事情についてインタビューをしていたときのことだ。通話中、こともあろうに彼女がドイツ人の子どもたちに囲まれてしまったのである。

「コロナァァ! 中国人~!」と子どもたちが叫んでいるのが、スマホを通して筆者にも聞こえてくる。大丈夫か? 危害が及ぶのではないか? スマホの向こうで何が起きるのか筆者は気が気ではなかった。

 永山さんはスマホの通話をオンにしたままだったので、一部始終がこちらにも聞こえてくる。すると意外な展開が始まった。彼女は子どもたちを相手に英語でこう切り出したのだ。

永山さん「『中国人、コロナ』だって? 私は中国人じゃないよ」

ドイツ人の少年「じゃあ、どこから来たの」

永山さん「日本の東京から来たんだよ」

ドイツ人の少年「同じじゃないか」

永山さん「同じじゃないよ、東京は日本の首都だよ。あなたたち、もっと勉強しなさい」

ドイツ人の少年「冗談だよ! 学校で女の子をからかってるのと同じだよ」

永山さん「冗談でも人に向かってコロナなんて言うのは失礼だし、言われた方は傷つくよ」

 永山さんは毅然とした態度を貫いていた。そして彼女は、他愛もない会話を続けて子どもたちとの空気を柔らかいものに変えていった。

ドイツ人の少年「ところで僕の英語どう? 上手?」

永山さん「上手だと思うよ、学校で習ったんだね」

ドイツ人の少年「東京か、行ってみたいな、うん、東京に絶対行くよ」

筆者のスマホの画面に突然10歳ぐらいのドイツ人の少年の顔が大きく映し出された。永山さんが「東京につながっているよ」と言って、スマホの画面を子どもたちに見せたのだ。筆者もつたない英語で「こんにちは~、ここは東京だよ! 今度遊びに来てね」と言って手を振った。

 子どもたちは3人だった。彼らはしばらくすると自転車をこいでどこかに走り去っていった。最後に永山さんに残したのは、「いい1日を!」という言葉だった。

小さな出来事が世界を変える

 国や都市によっても違いはあるだろうが、欧米の子どもがアジア人を「コロナ」呼ばわりするのは、確かに“ちょっとしたいたずら”からなのかもしれない。

 一方で、ドイツ人の3人の少年は、永山さんから「相手が傷つく」ことを教えられた。また、アジアには「日本の東京」という街があることも知った。おそらく、子どもたちは折に触れ永山さんとの対話を思い出し、いつか東京を訪れるだろう。

 政府の対外アナウンスでもなければ、大金を投入した広告宣伝でもない。結局のところ、世界の人々の心を変えるのは、こうしたほんの小さな出来事や出会いなのかもしれない。

良ければ下にあります

を応援クリックよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください