『隠蔽と嘘のばらまき、中国のコロナ情報統制の全貌 政府機関が工作員を総動員、米国調査機関が明らかに』(1/1JBプレス 日本戦略研究フォーラム)について

1/2阿波羅新聞網<彭斯要求联邦法官驳回诉讼 林伍德:彭斯不打算继续他的政治生涯=ペンスは連邦裁判官に訴訟を却下するよう要求 リンウッド:ペンスは政治キャリアを続けるつもりはない>米国議会は1/6に選挙人団の投票結果を確認する。テキサス州ゴーマート議員は以前訴訟を提起し、ペンス副大統領に一部の州の選挙人投票を無視する許可を与えるよう求めた。しかし、ペンスは12/31(木)連邦裁判官に、自分は適切な答弁者ではないとして、訴訟を却下するよう求めた。 リンウッド弁護士は次のように答えた。「うわー!マイク・ペンスは大晦日に彼の政治キャリアを続けるつもりはないと発表した!」

https://www.aboluowang.com/2021/0102/1540785.html

1/2阿波羅新聞網<川普总统当选《非洲世界》2020年度人物=トランプ大統領が「アフリカ世界」の2020年の人物に選出>トランプ大統領の人気はアフリカ系米国人の間で急上昇している。 12/29、トランプ大統領はアイルランド系のアフリカ系米国人メディア「Africaworld」によって2020年の年間最優秀人物に選出された。

https://www.aboluowang.com/2021/0102/1540824.html

1/2阿波羅新聞網<左媒:140议员挑战拜登胜选 | 川普新年前夕讲话:最好的一切会来=左派メディア:140人の議員がバイデン勝利に異議申し立て トランプの大晦日のスピーチ:最高のものが来る>

140人の下院議員はトランプを支持し、選挙人団の投票結果に反対する

驚くばかり! 「すべての投票には、肉眼では見えない記号がある」・・・2020年12月30日水曜日、ジョージア公聴会で最も目を引いた証人はピューリッツァー(Jovan Hutton Pulitzer)であった。ピューリッツァーは発明者であり、バーコードスキャン技術の発明者である。

彼は、投票用紙はどこで印刷されたのか?各印刷機は、印刷時に肉眼では見えない記号を残した。彼が使う技術であれば、これらの記号を識別し、したがって、これらの投票用紙が米国または他の国で印刷されたかどうかを知ることができる。

我々の投票がまだ数えられないのであれば、我々が今現れている混乱に対する非常に簡単で迅速な解決策がある。手作業による調査には数日から数週間かかるとのことだが、数十万票を貸してくれれば、2時間で客観的にチェックできる。私の提案を拒否する理由は何なのか?

ピューリッツァーはジョージア州の議員に、ジョージア州のある投票所でドミニオンの投票システムをハッキングしたばかりだと語った。

ピューリッツァーは、ジョージア州での第2ラウンドの選挙(上院選)がインターネットに接続されていることを確認した。

ジョージア州裁判所は来週の月曜日にフルトン郡の郵送投票用紙を徹底的に調査したことを聞く

米国の億万長者の調査官:フランクフルトのドミニオンサーバーを奪ったのは誰・・・大紀元の報道によると、1/1米国電子商取引大手オーバーストックの創設者であり、億万長者であり、調査記者であるパトリックバーン(Patrick Byrne)が、トークショー「ピートサンティリショー」で明らかにしたのは、米国の選挙データを保存しているドイツのフランクフルトのDominionサーバーは誰が持って行ったか現在疑わしいと述べた。

米国の総選挙のデータはすべて、(投票)マシンによってドイツのフランクフルトに送信された。データがそこに送られていることがわかったとき、我々のチームの1人が良好な関係にある議会議員に通知した」

「その結果、議員はオープンな電話回線を使ってトランプ大統領に電話をかけ、彼に必要なことを伝える写真を送った」

「これが間違いだった」

「12時間後、フランクフルトのサーバーは米陸軍の制服を着た男に持っていかれた。」

「私は誰がそれを取ったのかはわからない。まったくはっきりしていない」

陽動作戦であればよいですが。

トランプは国防総省が180日以内にUFO情報を明らかにするために法案に署名する

トランプの大晦日のスピーチ:最高のものが来る 中共ウイルスについて再度触れる・・・最後にトランプは言った:「神はあなたを祝福する!神はアメリカを祝福する!」

https://twitter.com/i/status/1344717975891402759

https://www.aboluowang.com/2021/0102/1540803.html

1/1阿波羅新聞網<奥巴马政治领路人是共产主义者 毕生目标是毁灭美国|怕提问 拜登视频会禁1功能=オバマの政治指導者は共産主義者であり、彼の人生の目標は米国を破壊することである 質問を恐れて、バイデンのビデオ会議は1つの機能を禁止する>

EUが中国との投資協定を締結、ポッティンジャー:両党の指導者と米国政府は困惑、驚き・・・ポッティンジャー:「米国の両党と米国政府のリーダー全体は、新たな米政府ができる前に、EUが新たな投資協定に着手するのは困惑と驚きを感じる」。「ブリュッセルや欧州の官僚は隠れる処はどこにもない。我々は、自分を欺き、他人をも欺いて、北京は労働者の権利を尊重しているとはもはや考えられない。彼らは新疆で強制労働のために数百万平方フィートの工場を作り続けている」。

ポッティンジャー:「EU委員会は、北京の醜い人権侵害を顧みず、北京との協力を急いでいる。これにより、イチジクの葉は既に取り除かれた。一部の欧州当局者や評論家は喜んで声を上げ、トランプ政権は大西洋を跨いで深く協力するのに障碍となっていると。これはトランプ大統領に関しての話でないことを誰もが知っている。それは重要なヨーロッパの官員に関して、である。鏡を見てください」。

王篤然はポッティンジャーの声明を分析し、米国における両党の動きを明らかにした・・・体制派は、グローバル化を支持し、同盟国を丸め込む必要があり、そうでなければ、どのようにしてグローバル化できるのか? しかし、EUと中国間の投資協定が成立したのは、米国の新政権が成立する前である。これは興味深いことである。

EUは、米国大統領が決まるまで待ちきれずにこの挙に出た。それは確かに両党体制派の意表を突いたもので、本来米国の新しい政府が出来るのを待たなければならないと思う。ドイツとフランスはとても待ちきれなかった。

中国とEUの投資協定は主にフランスとドイツの意向を意味する。言うまでもなく、ドイツは中国経済に大きく依存している。フランスも中共の恩恵を受けている。中国はオーストラリアのワインを購入しないが、代わりにフランスのワインを購入する。本来、米国の両党は、バイデンの政策がEUを引き戻すことを望んでいた。

イタリアの外務副大臣であるIvan Scalfarottoは、投資協定についてコメントして、「協定には“光と影”の2つの側面がある。現在、双方は政治的合意を発表しただけであり、まだ草案を文章化する必要がある。それは欧州議会と各国政府によって批准されなければならない。それは2022年に(完了する)可能性が高い。合意は現在拘束力がなく、最後には纏まらないかもしれない」と語った。

共和党上院の指導者マコーネルは、3度目の救済提案を阻止した・・・マコーネル:下院の救済金案件、通信品位法第230条の廃止、2020年選挙(調査)委員会の設立、を分けて処理するよう主張。

王篤然は、マコーネルと救済法の攻防を分析・・・マコーネルは今度の救済法案は「富者の社会主義」と呼んだ。王篤然は「民主党は1項目ずつ投票することを望んでいるが、第230条の廃止と選挙詐欺を調査することは望んでいない。2,000米ドルを支払う救済法案は最も簡単に通過するが、このお金を必要としない多くの人々が株式投資に向かい、普通の人々の手にある米ドルが下落するため、大きな資産バブルを惹起する」

ポンペオは中共を批判する声明を発表:嘘は専制政治体制の特徴である・・・武漢コロナを報道した公民記者の張展の裁判について。言論弾圧であり、無条件の即時釈放をと。

華人学者:オバマの政治指導者は共産主義者で、目標は米国を終わらせることである

何清漣 @HeQinglian 1月1日

オバマの政治指導者ウィリアム・チャールズ・エアーズ(William Charles Ayers)は、1944年に生まれ、アメリカの基礎教育理論家、シカゴのイリノイ大学の教育学教授、他の人との共同設立された「地下の天気予報士」であるが、これは自称共産主義革命団体で、帝国主義を打倒し、米帝国を終わらせることを目指している。彼は講演の中で、米国を終わらせることが彼の生涯の任務であると公に宣言することがよくあった。これは秘密ではない。

引用ツイート

丁一 @ZCnMQrJetskFQGO  1月1日

ソロスの公開している話には驚かされる。

アメリカを破壊することは私の生涯の仕事の最高峰

ソロスやオバマ達は昼も夜も陰謀を巡らしている。

それは米国を破壊すること。

彼らは最も危険な国家への裏切り者であるtwitter.com/naplesbay/stat・・・

記者が自由に質問することを恐れて、バイデンチームはZoomでのチャット機能を禁止する

12/30(水)、米国の政治ニュースWebサイト“Politico”の新しくWH担当になった編集者Sam Steinは、次のようにツイートした。「Biden移行チームは、チームのZoom電話(会議)の中で、公開チャット機能が無効になっている。私や他の人は、もっと質問をできることを期待して、彼らに不平を言った。」

だから、バイデンチーム、ズームをしているときにTwitterを使用している場合は、必ず多くの質問を受けてください。https://t.co/YTlz9VPDJ3

—サムスタイン(@samstein)2020年12月30日

現在、記者は会議で「挙手」機能を使用して、質問したいことを示す必要がある。

https://www.aboluowang.com/2021/0101/1540773.html

何清漣 @HeQinglian 3時間

私が転送した写真はとても面白い。

私が米国に来たとき、ブラックパンサー党の指導者は、ソビエト連邦も中国も真の社会主義者/共産主義者ではなく、トロツキーに戻らなければならないと言った。米国の労働者階級は快適に暮らし、革命の意志を失う。

過去20年間で、米国の左翼は新しい社会主義ユートピアを確立しようとしている。

毛沢東時代を生きてきた人々(わざと愚かなふりをしている人々を除く)は、次に何が起こるかを知っている。

軍が左翼の味方をするとは思えない。ならず者や洗脳された学生を動員して暴動を起こすつもりか?紅衛兵は出てこないと思いますが。

古森氏の記事は、如何に共産主義が人間性を歪める存在かよく分かると思います。武漢コロナだけでなく、自分達への批判は許さず、すぐに召喚や逮捕して、言うことを聞かせようとする。共産主義者は平気で嘘がつける、歴史的に嘘をつかないと生き延びてこられなかった民族だから嘘の2乗の効果があります。左翼はどの国でも性悪な存在ですが。

しかしEUのセンスの無さには驚くし、日本も政官財ともにまだ習近平の国賓待遇を留保していて、ESG経営を標榜するならおかしいと感じます。日本人の倫理観もここまで落ちたかと。ネットでは習近平が、脳動脈瘤で入院という話もありましたが、ガセ?

記事

(古森 義久:日本戦略研究フォーラム顧問、産経新聞ワシントン駐在客員特派員、麗澤大学特別教授)

中国の武漢で新型コロナウイルス発生が確認されて、ちょうど1年が過ぎた。邪悪なウイルスの大感染は全世界に広まった。無数の老若男女が犠牲となった。

中国政府は自国内で発生したこのコロナウイルス拡散にどう対応してきたのか。特にインターネット上ではどんな措置をとったのか。

アメリカの民間・独立調査機関「プロパブリカ」が中国政府の新型コロナウイルスに対するインターネットでの統制の実態を詳しく調査して、ニューヨーク・タイムズと共同でその結果をまとめてこの12月中旬、公表した。その概要は12月19日付の同紙の記事で報道された。

中国政府の内部文書数千点を入手して、その内容を点検するとともに、中国民間のインターネット関係者からの聴き取りをも加えたこの調査は、中国政府が新型コロナウイルスの発生をネット上でもいかに隠蔽し、虚偽の情報を拡散したかを詳しく明示していた。

大量の工作員を使って情報コントロール

この調査結果はまず、最大の焦点を今年(2020年)2月にコロナウイルスに感染して死亡した武漢市の医師の李文亮氏の動向についての中国内部のソーシャルメディアの政府統制に絞っていた。当時34歳の李医師は昨年12月はじめ、武漢市内の病院で勤務するうち、異様に感染性の高いウイルスの拡散と感染者の増大に気づき、インターネット上で警告を発した。

しかし李医師はその発信を中国政府当局に非難され、武漢市警察に召喚され、尋問を受けて、「不当な発信」を糾弾され、懲罰処分を受けた。だが李医師の発信は全中国に広がり、1月中旬には習近平政権も「人から人に感染する新型コロナウイルス」の拡散を公式に認め、対策措置を公表した。

結局、事態は李医師の警告どおりに動き、同医師は全中国のヒーローのように敬意を払われた。中国中央政府もその現実を認め、李医師の「功績」を消極的ながら賞賛するようになった。

そんな時期の2月はじめ、李文亮医師は死んだのである。

その際の中国政府のインターネット対策について「プロパブリカ」の調査報告は以下の骨子を伝えていた。

・中国政府は国内のインターネット統制のために新設した政府機関「国家インターネット情報弁公室」(CAC)を動員して、ソーシャルメディアでは「李医師の死の報知を最小限にする」「李医師を英雄扱いすることへの批判を述べる」ことなどを命令した。

・同弁公室は数千人の工作員を雇い、報酬を払って、李医師への賞賛を抑えるコメントを発信させた。またその際には「極端に愛国主義的な意見は自粛する」「李医師の個人への誹謗は避ける」などという詳細な指令を出した。

・同弁公室はソーシャルメディアに中国政府への非難や誹謗のメッセージがあれば、その発信源を探知して、発信者に懲罰を加える措置も頻繁にとっていた。そのためにも特別の要員を数千人単位で動員した。

・同弁公室は2020年3月12日に全国支部への特別指令を出して、各支部がその地域でのインターネットの内容を毎日、監視する作業を続け、政府の規範に違反する趣旨の書き込みがあれば、直ちにその「修正」と「矯正」の措置を取ることを命令した。

以上のように伝えるこの報告書は、この種の考察の根拠について中国の政府機関CACがこの1年ほどの期間に出した合計3200ほどの指令、同1800ほどの覚書を入手して、その内容を精査した結果を総括したと付記していた。

CACの目的は「インターネット統制」

なおCACは中国共産党政権の中央政府にあたる国務院の直轄機関としてインターネット統制を目的に2014年に開設された。本部は浙江省の杭州市にあり、全国各省に支部がある。

CACは今回のコロナウイルス発生直後から、ウイルス発生の事実自体を隠すこと、さらにこのウイルスが人間から人間にはうつらないこと、人間に感染しても深刻な病状は引き起こさないこと、という虚構の骨子に沿って、中国内部だけでなく国際的なインターネットの世界への介入、干渉を続けてきた。その詳細をも今回の「プロパブリカ」の報告書はその根拠となる中国語の原文の資料を提示しながら、伝えていた。

その報告書は中国共産党政権が自らの非人道的、非民主主義的な言動を隠し、歪める際にインターネットをどのように利用するかを示す指針として有益だと言える。

良ければ下にあります

を応援クリックよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください