『2021年正月、米国を最大の危機が襲う 最大600万世帯に退去命令、ホームレス激増でコロナ大爆発の恐れ』(11/30JBプレス 堀田佳男)について

11/30阿波羅新聞網<川普说要用125%的精力去做这件事【阿波罗网编译】=トランプは、この件で彼のエネルギーの125%を使うと述べた[アポロネットワーク編集]>報道によると、ドナルドトランプ米大統領は、日曜日の朝の番組でマリア・バティロモとのインタビューを受け、トランプ大統領は2020年の選挙での法律チームの進捗状況について話した。

インタビューの中で、トランプ大統領は、2020年の選挙でジョー・バイデンの「記録を作った結果」を嘲笑した。

トランプ大統領「我々は7400万票を獲得した。彼は8000万に近い票を獲得していない。そしてこの7400万票という数字は彼らがそれらを捨てる前であった。あなたは彼らが票を捨てたのを知っている。彼らはたくさんのトランプ票を捨てた。これが最も簡単な不正のやり方である。7,400万の投票があり、8000万に近い投票はなかった」

マリア・バティロモは「あなたが数週間以内にそれを証明できると信じている」と言った。

トランプ大統領は、「これを行うために、私のエネルギーの125%を使用する。望んで審理する裁判官が必要、且つ本当に大きな決定を下す意思のある最高裁判所が必要である」

https://youtu.be/H0oNtzcKSAE
https://www.aboluowang.com/2020/1130/1528895.html

11/30阿波羅新聞網<川普抨击司法系统、大科技公司及传媒:这是什么法院系统 媒体压制言论 终止230条款=トランプは、司法制度、大手テクノロジー企業、メディアを批判:これはどのような裁判制度か?メディアは言論弾圧している セクション230(通信品法)を終わらせる>トランプは本日、フォックスニュースチャンネルの番組「日曜日の朝、未来について語る」の電話インタビューを受け、「この選挙は操作されている。この選挙は完全に不正である」と述べた。トランプは国内の司法制度とメディアを批判し、またバイデンの総得票数はオバマ前大統領のそれを超えることはありえず、彼は自分の勝利を繰り返し述べ、連邦最高裁判所に訴えることをほのめかした。 トランプは、「問題は、連邦最高裁判所まで到達するのが難しいことだ」と述べた。トランプはまた、「あなたが言う意味は、私は米国の大統領であるが、資格がないということか?これはどのような裁判制度だろうか」と述べた。 「メデイアと大テクノロジー会社は大きな権力を持ち、非常に腐敗している。230条は人間が彼らに与えた人工的な保護傘であるため、終わらせるべきである。これは大きな腐敗で、口を噤ませ、弾圧する」

https://www.aboluowang.com/2020/1130/1528727.html

11/30阿波羅新聞網<川普阵营大反攻开始 弗林将军首次披露8大要点 左派叫嚣开战宾州最新消息=トランプ陣営の大反攻が始まる フリン将軍が初めて8つの重要なポイントを明らかに 左翼は開戦を叫ぶ ペンシルベニアでの最新情報>

元トランプ選対顧問のページが司法省と元FBI長官のコミーを訴える・・・昨日既報。

左派は、トランプが権力を譲らなければ開戦するという非常にびくついた叫びを上げている

何清漣:米国での選挙詐欺の調査は、法律問題であるだけでなく、政治的な問題でもある。 大量の証拠に裏付けられたペンシルベニア公聴会は、トランプ支持者の護憲ためのターニングポイントであり、それ以前は、政治派閥の介入により、公聴会すら開催できなかった。

左派のびくついた反応:トランプが撤退する準備ができているという噂を広めて士気を挫こうとずっとしてきている。トランプの法律チームの核心メンバーにいろんな脅威が加わる。AOC(アレクサンドリアオカシオコルテス)は権力の譲渡をしなければ、戦争を引き起こすと言い放つ。

米国の国運はこの一戦にあり。

皆さん、心配しないで。

トランプチームは大きくはないが、この20日内で、全国からの支持者と良心的な米国人の助けを借りて、多くの証拠が収集され、速度は通常をはるかに超えて速い-人々が望むのは能力である。

私が言ったように、法律はタンクであり、潰す力は強いが速度は遅い。 ニュージャージー州の民主党議員は、なんと4つの州で、ジュリアーニの弁護士免許を取り消すように依頼した。これは、元検察官とギャングの市長が彼らをどれほど恐れているかを示している。

フリン将軍:バイデングループが権力を握れば米国は終わる

1)彼は、トランプチームには勝利への非常に明確な道があり、それは100%の勝利であると述べた。

2)この選挙は、コンピューターの不正行為と偽の投票の結果である。11/3にいくつかのスイング州がカウントを停止した理由は、コンピューターの不正行為をしてもトランプを超えることができないことに気付いたため、急いで偽の投票を作った。

3)現在大量の証拠が手元にあるので、法的手続きを経る。

4)SNSは米国人を検閲している。

5)将軍は、「how dare you America company censor American people(米国の会社はどのように米国人を検閲するのか)」と述べた。

6)Krakenの大規模なモンスターシステムの追跡は、中国とイランが総選挙に関与したことを示している。

7)将軍は、ドイツのサーバーの詳細について、今は話せないと言った。

8)バイデン達が権力を握れば、米国の終わりであり、次の世代のために、彼と米国の愛国者はこれ(選挙不正)が起こることを決して許さない。

また連邦最高裁判所に行くのか?ペンシルベニア州最高裁判所は選挙認証を支持した。

ペンシルベニア民主党が支配する州最高裁判所は、土曜日の夜、下級裁判所の決定を却下したと発表した。下級裁判所の共和党裁判官であるパトリシア・マッカロー(Patricia McCullough)は、25日にペンシルベニア選挙の認定を一時停止した。

これはトランプ選対によって起こされた訴訟ではなく、1週間前に8人のペンシルベニア共和党員によって起こした訴訟である。これらのペンシルベニア共和党員は、引き続き米国最高裁判所に訴えると見込まれている。もしそうなら、それは連邦最高裁判所で2番目に審議する選挙詐欺事件になる。

パウエルの訴状:ドミニオンは3つの州で150万以上の投票を操作した

https://www.aboluowang.com/2020/1130/1528701.html

11/30希望之声<俄亥俄州确认选举结果 宣布川普总统获胜=オハイオ州は選挙結果を確認し、トランプ大統領の勝利を発表>今週、オハイオ州は州の選挙結果の証明を発表し、トランプ米大統領が圧倒的な優勢でオハイオ州の選挙に勝利し、州で18の選挙人票を獲得したことを確認した。オハイオ州務長官は、州の選挙が完全に公正であり、すべての有権者が「自分達の声が届いた」と確信できることを誇りに思っていると述べた。

米国メディアOANNの11/28(土)の報道によると、オハイオ州のフランク・ラローズ(Frank LaRose)州務長官)は11/27(金)に州の選挙証明書に署名し、トランプ大統領が8%の優勢になると発表した。

ラローズは、オハイオ州が安全で正確な選挙結果を証明できたことを誇りに思っていると語った。

彼は次のように述べた。「公正な選挙が行われた。自分の好きな候補者が勝っても負けても、すべてのオハイオ人は自分の声が届いたと確信できる。実際、オハイオ州は歴史上最も障害のない選挙ができる」

ラローズはツイートで、「オハイオ州の2020年の選挙結果が正式に認定された。600万人近くのオハイオ州民の声が届いた。これは新記録だ。おめでとう、オハイオ州!」

オハイオ州の最終認証結果によると、トランプは州で315万4834票(53.2%)を獲得し、バイデンは267万9165票(45.2%)を獲得、トランプは8%リードした。州全体の投票率は過去最高の74%であった。

郵便投票の分野では、州は郵送された投票に関する情報を簡素化して、不在者投票の拒否率を減らした。オハイオ州議会は、12/14に18の選挙人投票でトランプ大統領に投票する。

オハイオ州は米国で34番目に大きく、総人口は米国で7番目にランクされている。この州の有権者は伝統的に共和党を支持してきた。

トランプチームは、2020年の大統領選挙で、バイデン陣営が全国で大規模な詐欺を準備し、ペンシルベニア、ミシガン、ウィスコンシン、ジョージア、ネバダ、アリゾナを含む6つのスイング州と他の地区での不公正な選挙をもたらしたと非難した。現在、トランプチームはスイング州で訴訟を起こし、これらの紛糾地域での選挙認証の停止を求めている。

https://www.soundofhope.org/post/448231

11/30希望之声<李毅放狂言后突“变脸” 外界聚焦疫情真相=李毅は狂ったことを言った後に突然「変臉=顔を変えた(川劇=四川省の京劇)」、外界は疫病流行の真実に焦点を合わせた>「武力統一」派の学者として知られる李毅は、最近、「中国での疫病の死者は4,000人だが、誰も亡くならなかったに等しい」と公言し、それは多くの悪評を齎すのと同時に、各界に中国での疫病流行の真実に注意を向けさせる原因にもなった。

李毅は「深圳湾論壇」で、中共ウイルスにより中国で4,000人が死亡したと笑顔で語った。「中国では4,000人が死亡した。しかし、死んだのは4,000人で、米国では22万人が死んだのと比べ、一人も死ななかったことに等しい。ハハハ、我々はほぼゼロの感染とほぼゼロの死に等しい。14億人中、4000人が死亡した。つまり、誰も病気でなく、誰も死んでいないということだ」

しかし、疫病流行の発生以来、中共は、疫病流行と死者数を隠蔽したとして国際社会から批判されてきた。

今年の8月、日本語のYahoo Newsは匿名の武漢の医師の指摘を引用し、「政府の圧力により、中共ウイルス(新型コロナウイルス)で死亡した人の死亡証明書を発行する際に、偽造を余儀なくされ、死因を記入する際には糖尿病や高血圧などの他の原因にして記入している。当局は現在中共ウイルスによる死者数を3,869名と発表しており、実際の数は後に少なくとも「0」を1つ付ける必要がある」と。 6月、ワシントン大学医学部とオハイオ州立大学は、中共の公式の数字について、中国の公式および非公式の報道、SNSのニュースの分析に基づいた共同報告書を出し、武漢一市だけでも死者数は公式発表の10倍以上と推定されていると述べた。 4月、米国の諜報機関がWHに提出した機密報告書は、中共が国内での中共ウイルスの重篤度を隠蔽し、感染した症例の総数と国内のウイルスで死亡した人の数を隠蔽したことを示していた。

李毅の発言は、当局の真実隠蔽やウイルスが中国人に与えたトラウマを完全に無視し、このパンデミックを経験し、愛する人を失った中国人にとって、それは特に冷血で反感を覚えるものであった。

大紀元とのインタビューで、武漢市民の張氏は、李毅を「ただの道化師」として厳しく批判した。「生命尊重や畏怖の念がなければ、破廉恥も極まる。実際、中国や華人圏で話せば、このように言う人はまだたくさんいる。それは悲しいことである」「(現在の)この(死者)数は、正直なところ、それを信じる人はほとんどいない。それはこんな数にとどまるはずがない」

米国の有名な中国系医師である楊景端は、李毅の言葉は国際的な反感を呼び起こすだけだと考えている。「まず、コロナウイルス(中共ウイルス)は武漢で始まった。世界には多くの先進国がある。医療条件、社会環境、他の側面いずれも中国よりはるかに優れている。それでも、死亡率と罹患率は比較的高いが、ウイルスの起源の場所は驚くほど低く、理解できないほど低い・・・では、李毅は人に何を伝えたいのか?李毅は他人に教える必要はない。この数字は、非常に間違っている。第二に、それは本当に人々が彼について疑問を感じ、中国が世界に対し生物戦を発動したとの疑いを与える」

楊景端は、4,000人の死者を誇ることは、特に不合理で非常に愚かなことであり、他の人々は中国のそのような誤った統計に絶えず焦点を合わせることを強調した。

李毅の発言は、中国でも批判の嵐となった。国営メディア「新京報」も声を挙げた。注目すべきは、李毅は「新京報」を傲慢に威嚇して叱った後、突然顔を変え、11/26の夜に音声マイクロブログをリリースして「新京報」の報道は良かったとした。

大陸中国人と朝鮮半島人に見られる「幸災楽禍」でしょう。本当に性格の悪い民族です。袁木は天安門事件のときに“没有一个人死”=一人も死んでいないと言ったように平気で嘘がつける民族です。大躍進や文革で国民を3000万~1億も国民を殺しているレベルからすれば十万単位の死者は何ともないのでしょうけど。

まあ、左翼の心根に通じるものもあります。徳性を失った米国民主党もそうでしょう。

https://www.soundofhope.org/post/448234

堀田氏の記事はバイデンが次期大統領になるという前提で書かれています。しかし上述の記事のように、まだ決着がついておらず、トランプも全精力を挙げて不正選挙の是正に取り組むと言っています。バイデンになるかどうか?憲法上の下院50州の選挙人で決まるのではと思っていますが。

また本ブログを読んでいればWHのメールで“eviction=立ち退き”はさせないという文言を何度か見ていると思います。1月に入っても継続するのではと思います。何故ならトランプは今回不正選挙で負けても2024年大統領選に出る確率が高いので、堀田氏の言うように立ち退き禁止を手当てしないことはないと思われます。どちらかというとバイデンの背後に控えるユダヤグローバリストは貧しい人のことなぞこれっぽっちも考えていません。バイデンで分かるように私腹を肥やすだけです。中共高官も左翼も皆同じ。

記事

政権交代の狭間に米国では大量のホームレスが発生する危険性がある

新型コロナウイルスの感染者と死亡者が世界一多い米国。医療分野だけでも多くの問題を抱えているが、コロナに関連した深刻な社会問題も浮上してきている。

その一つが、家賃を支払えない賃借人が数百万の単位で、年明け早々に住まいを追い出されかねない問題である。

投資銀行業務やコンサルティングを手がける米スタウト社がまとめた資料によると、最大で647万世帯が住まいを退去せざるを得なくなるという。

家族を考慮すると1000万人を超えるとも言われる。どういうことかご説明したい。

コロナの感染拡大により米経済が大きな打撃を受け、春から失業者が増え始めた。4月の米失業率は14.7%にまで跳ね上がった。

以後、少しずつ改善して10月には6.9%まで落ち着いてきたが、それでもコロナ前の3%台には至っていない。

失業率が高止まりすることで再就職は簡単ではなく、解雇された人たちは収入減に見舞われた。

失職したすべての人たちが失業手当を受けられるわけではない。

首都ワシントンにある経済政策研究所(EPI)の試算では、何らかの理由で失業手当を受けられない人が、夏の段階で最大1390万人にのぼったという。

仕事を失って給与が入らなくなり、貯蓄も不十分で失業手当も受けられないと、家賃の支払いが滞る。

手持ちの限られた資金はまず食費などに当てられるため、生活は困窮する。

米国ではこうした境遇から、コロナ禍で家賃を滞納する人たちが増えてきている。日本でも家賃の滞納者はいるが、米国では日本と比較すると冷酷なまでに強制的な退去が行われたりする。

それでも米政府は滞納者にまず、定められた期限内に自主的に引っ越すように促す。それでも立ち退かない場合、裁判所に強制撤去を求めて退去命令が出される。

日本では賃借人の権利が保護されているため、家賃の支払いが数カ月滞っても追い出されることはまずない。

だが日米で法の執行に対する意識の違いと、賃借人と賃貸人の立場が違うことから、米国では強制退去が執行されてしまう。

ドナルド・トランプ政権はコロナ禍という事情を考慮して、家賃滞納者に対する強制退去の執行停止を命じるなど、方策を講じてきた。

だがそれで賃借人を一時的には救済できたとても、今度は家賃が入ってこないことで家主側は減収となり、本質的な問題解決にはいたらないのだ。

それでも、家賃を支払えない人たちの救済がまず優先されるべきとの理由から、トランプ政権の保険福祉省(HHS)内の疾病予防管理センター(CDC)は9月4日、特例措置を出した。

それは今年12月末日まで、住まいからの強制退去が猶予・禁止される(立ち退きモラトリアム)というものだった。

ここで注目したいのは、同措置を発令したのがCDCという点だ。

CDCは感染症対策の総合研究所であり、医療機関である。国交省のような役所ではない。

つまり、強制退去によって住む所を失った市民たちが増えることで、コロナ感染リスクがこれまで以上に高まるということである。

強制退去させられた人たちは、現実的には親族や知人・友人のところに移るか、シェルターや福祉施設、最悪の場合はホームレスになることもあり得る。

医療関係者が憂慮するのは、強制退去させられた人たちが密集した場所で寝起きすることで、今以上にコロナウイルスの感染者・死亡者が増加することなので、CDCが分野違いとも言える措置を出したのだ。

幸い、年内は強制退去が執行されないので、支払いの滞った賃借人もいまの住居にいられるが、年明け早々、退去せざるを得なくなる人たちがでるのは間違いない。

11月末、米「ファスト・カンパニー」誌は「米600万世帯が1月1日に強制退去されるかもしれない」というタイトルの記事を出し、深刻な社会問題が待ち受けうけていると警鐘を鳴らした。

トランプ政権が1月1日以降にさらなるモラトリアムを出すことはありそうもない。いま米国では、バイデン新政権が別枠で温情を示せるかに焦点が移っている。

ただ新政権誕生は1月20日であり、年明けから20日間、バイデン政権は何もできない。その間に強制退去が施行されて、家を追われる人が出てしまう恐れがあるのだ。

強制退去を命じられた人たちを救うことはできるのか。同問題に詳しいウェイク・フォレスト大学法律大学院のエミリー・ベンファー教授はこう述べる。

「バイデン氏が退去を求められている人たちを救済することは十分に考えられます。年明けから3週間以内に滞納している賃貸者を追い出すかどうかは家主にかかっていますが、当面の解決策としては、政府が直接的な財政援助に動くかどうかです」

さらなる問題がある。

9月初旬にCDCが発令した強制退去の猶予・禁止は家賃の支払いを一時的に棚上げにしたが、それは逆に、過去から積み重なった滞納分を含めて、支払うべき金額が増えることにつながった。

強制退去の対象になっている数百万世帯の多くは低所得者層の人たちであるため、さらに支払いが難しくなる。

トランプ政権が今月中に新たな手立てを示さず、連邦議会も救済策の法案を通過できない場合、バイデン政権が誕生するまで州を含めた地方自治体が負担を背負うことになる可能性が高い。

米国勢調査局が11月初旬にまとめた報告書によると、約1160万人が来月の家賃・住宅ローンの支払いができない状況であるという数字がでている。

最初に示した647万世帯という数字は「最悪の場合」という設定ではあるが、バイデン政権が発足から荊の道を歩まざるを得ないことが明らかである。

米国の住宅事情とコロナ禍による感染状況は悪化の一途を辿ることになりそうだ。

良ければ下にあります

を応援クリックよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください