『コロナ陽性判明のトランプ氏、大統領選はどうなる? 専門家が斬る、大統領選、経済、外交安全保障への影響はいかに』(10/3JBプレス 酒井吉廣)について

10/5看中国<更新:川普短暂离开医院看望支持者 再发视频(图)=更新:トランプは支持者に顔見せのために一時的に病院を出る ビデオを再投稿(写真)>10/4午後2時16分、トランプ大統領は再びツイッターに元気なビデオを投稿し、リード病院のすべての医療スタッフと支持者に感謝し、後で病院外の支持者にサプライズがあるだろうと言った。

トランプはビデオで、「医療チームは良いニュースをもたらしてくれた。このリード病院は信じがたいほど優れていて、彼らは素晴らしい仕事をした。すべての医師と看護師のおかげで・・・支持者は病院の外に長い間いる。私は彼らに会って少し驚きを与えたい。私に対する市民の熱情を見ると、この熱情は他の人々がこれまでに楽しんだことのないものであって、市民が我々の成果を気に入っているから、このようにとても熱情を示してくれている。今回リード病院に来て、私はCOVID19について多くを学んだ、これは本当の学校である。私が学んだことをみんなに伝える・・・」

午後2時27分、トランプチームは、トランプ大統領が一時的に病院を離れ、SUVに乗って、病院の外の支持者に手を振ったビデオツイートを送信した。支持者はトランプの旗を振って、「我々はあなたを愛している!」と興奮して叫んだ。

https://twitter.com/i/status/1312864232711520257

金曜日の夕方(10/3)、トランプがリード国立軍事医療センターに移った後、ある人達は自発的に病院の外で待ち、彼らの多くはトランプの名前が書かれた旗を振ったり、時々支持のスローガンを唱えたりした。徹夜で警備し、夜は車の中で寝ると言う人もいた。大統領からの最新のニュースを待って、多くのメディアも病院の入り口にいる。

早く退院してほしい。

https://twitter.com/i/status/1312866900305686528

https://twitter.com/i/status/1312865717612675074

https://www.secretchina.com/news/gb/2020/10/05/948215.html

10/5阿波羅新聞網<前纽约市长朱利安尼:中共需对川普染疫担责=元NY市長ジュリアーニ:中共はトランプの感染に対して責任を負う必要がある>元NY市長でトランプ大統領の個人弁護士であるルディ・ジュリアーニは10/4(日)に、中共はトランプ大統領の中共ウイルス(コロナウイルス)感染の責任を負わなければならないと述べた。 ジュリアーニは日曜日、フォックスの「フォックス&フレンズウィークエンド」のインタビューで上記の発言をした。 彼は土曜日にトランプ大統領と大統領の健康と選挙活動について35分から40分の会話をしたと言った。

世界各国を巻き込んで、中共を被告とした集団訴訟を米国が米国で訴訟提起してほしい。日本人も武漢肺炎で亡くなった人の遺族は当然訴訟に参加すべきです。中国人が中共を打倒したら債務は半分にまけるという条件を付けても良い。

https://www.aboluowang.com/2020/1005/1508426.html

10/5希望之声<美禁中共党员拿绿卡 胡锡进说溜嘴?曝许多中国人想移民=米国は中共党員がグリーンカードを取得することを禁止 胡錫進は口を滑らす?多くの中国人が移民したいと思っていることを暴露した>米国市民権・移民局(USCIS)は最近、かつて共産党に加入していた人のグリーンカードや移民の申請を禁じると発表した。中共の喉と舌である環球時報の編集長である胡錫進は、Twitterでこの事件について英語でコメントしたとき、意外にも多くの優れた中国人が移住したいと思っているのが分かってしまった。

米国市民権・移民局は2日、公式ウェブサイトで、共産党や他の中央集権的な政党の会員、または関係する傘下組織の会員は、米国が移民申請を受け入れることができない理由になると発表した。

通知には、共産党と他の全体主義政党の会員の身分は、米国帰化の誓いと矛盾しており、相容れず、「米国の憲法や法律への支持と擁護」を保証できないと述べている。

通知は、別段の免除がない限り、米国への移住を意図する共産党員は許可されないと指摘した。USCISの政策マニュアルの新しい内容は、当局が連邦法に基づく不許可の理由を決定するのに役立つ。

関連する法案により、中共党員は米国でグリーンカードまたは移民ステータスを取得できなくなる。

これに対し、中共党メデイアの人民日報の子会社である環球時報の編集長である胡錫進は、次のようにツイートした。「中国の優れた才能の持ち主の多くは共産党員で、米国のこの決定が彼らの移民の幻想を打ち消すのに役立ち、中国がより多くの才能を留め置くことは悪くない」と。

胡錫進はまた、「非共産党員は現在、米国への移住にあまり関心がない」と述べた。

胡錫進は常に五毛党の元締めと「主人の投げた皿を咥えて戻る犬」として知られている。もちろん、彼の話は中共の立場のものだが、多くのネチズンは、胡錫進の発言は多くの優れた中国人は米国に移住したいと認めていることと同等であると感じている。

ネチズンのメッセージ:

「あなたが中国を愛しているなら、永遠に中国にとどまれば!」

「役人たちは皆グリーンカードを持っている。彼らは党を辞めないので安全になるとは思うな」、「素晴らしい。これを聞けばみんなが喜ぶ」

あるネチズンはまた、「多くの優れた中国人は全部共産党員か?それは、中共が常に優れた才能を丸め込み、外面を取り繕うためである」と述べた。

「死者は人間世界から極楽に上ったことで喜ぶべきこと、これは伝統である。胡錫進は再び皿を咥えた」

過去にグリーンカード取得した中国人の権利は取消できないでしょうが、立法措置で「反米活動(主にスパイ活動)に勤しむ」中国人はグリーンカードの効力を撤廃できるようにすれば良い。

https://www.soundofhope.org/post/428812

10/5希望之声<再现“泼墨女”!何方美怒向河南辉县政府招牌泼墨(视频)=「墨掛け女」を再現!何方美の怒りは、河南輝県政府の看板に墨をかけた(ビデオ)>河南省新郷市輝県の市民であり、「侠女十三妹」というアカウントを持ち、「ワクチンベビーの家」という権利保護団体の創設者である何方美は、子供たちを河南省輝県政府の門まで連れて行き、市政府の看板に向かい、怒って墨をかけた。その後、彼女は警察に10日間拘留された。

民生観察の報道によると、彼女は3歳の障害のある娘と6歳の息子を、10/2午後2時に輝県政府の門の前に連れて行き、怒って数々の政府の悪行を述べ、手で墨を開けて、上面に「輝県政府」と書かれたステンレスの看板にかけた。かけ終わったところで、当直職員が出てきて止めたと報道した。

2年前、何方美の1歳の娘は有毒なワクチンによって全身麻痺した。その後、彼女は、北京へ請願する方法がないので、全国のワクチンで被害を受けた子供たちの保護者との集団での権利保護活動を開始し、ワクチン問題を解決するため中共に法制化するよう絶えず求めた。

何方美は2019年に北京に行き、「ワクチンベビーの家」権利保護団体を立ち上げた。また、輝県政府が治療費の支払いを拒否したため、北京の王府井通りで、医療費を請求する看板を掲げた。輝県政府の治安維持要員は強制的に輝県に連れ戻し、拘留した。彼女は10か月間拘留されても、罪を認めることを拒否し、当局は裁判まで彼女を保釈しなければならなかった。

輝県政府は後に積極的に和解しようとし、ワクチンで障害が残った何方美の娘の問題を解決することを約束し、同時に何方美の10か月の刑事拘留を補償するとした。しかし、脅迫、説得、その他の手段を使って延期し、多くの人が何方美の家族を見守って、彼女が治療のために娘を北京に連れて行くのを阻止した。

何方美は7月に北戴河を旅行して帰ってきてから今まで自宅軟禁となった。彼女は8/17に電話でNTDTVの記者に、医者に診てもらうために子供を北京に連れて行くと言った。当局はそれを許さず、現在、子供の父親の李新もまた、行方不明である。

輝県政府の不作為に直面して、それは障害児の複数回の入院費用を解決せず、将来長きに亙る予測できない医療や生活上の問題に対処しなかったので、墨をかけることによって不満と抗議を表明することにした。

墨をかけた後、彼女は6歳の息子が撮ったライブビデオとツイートをTwitterに投稿した。

10/2午後4時29分、ツイッターアカウント「何方美(侠女十三妹)」が墨をかけたビデオを投稿し、「何方美は墨を持ち、怒りで河南輝県政府の看板に墨をかけた。政府は病気を予防するためのワクチン接種と病気になった場合の隠蔽の是正を求める!地方政府は娘のワクチン接種の問題を解決せず、却って逮捕や投獄した。刑務所から釈放された後も、公安は私が娘を北京に連れて行って医者に診てもらうのを防ぐために自宅で監視している。このような政府の存在価値の意味は何か????? !!!」

本当に左翼政権の人権侵害は酷い。日本の左翼リベラルは嘘の南京や慰安婦で人権侵害している政府の味方をしています。座標軸がずれていないか?本来、何方美のような人を応援すべきでは。

https://twitter.com/i/status/1311946295704203264

https://www.soundofhope.org/post/428803

酒井氏の記事で、彼の読み通りトランプは早期に回復して武漢肺炎に打ち勝ったとアピールして選挙戦に臨むでしょう。却って有利になったのでは。最初は、コロナにかかったフリをして、強い大統領を演出しようとしたのではと思いましたが、流石に大勢の人に箝口令を敷くのはできないでしょう。ただ、感染を上手に選挙戦に利用しようとしているのでは。メドウズが、大統領は一時深刻な状態にあったとわざと漏らしたのも、強い大統領を演出するための作戦でしょう。それぞれ役割を演じていると思っています。早く退院して選挙戦に臨んでほしい。

記事

新型コロナの感染が明らかになったトランプ大統領とメラニア夫人(写真:ロイター/アフロ)

──トランプ大統領のコロナ陽性が判明しました。自主隔離に入ったとのことです。現在の病状はどうなのでしょうか。

酒井吉廣氏(以下、酒井):本人は多少の疲れを感じる程度と言っているようです。第1回討論会の翌日の選挙集会では疲れた雰囲気を感じたと周囲が漏らしていたようなので、免疫力が落ちていたのかもしれませんね。ただ、基本的には元気で、大統領としての執務もこなしているようです。

金曜夕方には大事を取ってメリーランド州のウォルター・リード・メディカルセンターに入院しました。この直前に、自分が大丈夫だというビデオメッセージを出しました。移動の時にヘリコプターに乗る映像も、病人のような雰囲気は感じさせませんでした。

この病院には執務が可能な病室があります。トランプ大統領はレーガン大統領以来の専用室に入りました。

ホワイトハウスに広がった衝撃

──職務不能ということではないようです。このまま大統領として大統領選に臨むのでしょうか。

酒井:エネルギッシュなトランプ大統領とはいえ、74歳と高齢であるのは確か。今後、体調が激変する可能性は否定しきれないので、今回の入院になったとのことです。もちろん、大統領選挙を考えた対応でしょう。

──ホワイトハウスの内部では、かなりの驚きだったと聞きましたが・・・。

酒井:トランプ大統領は、この10日間でPCR検査を3回受けており、いずれも陰性でした。それでも陽性となったというのは、正直、政権にとって驚きだったと言えます。

議員にも陽性となった人が出ていますので、ワシントンDCは10月7日までとしている緊急事態宣言を延期するかもしれませんね。

──全米の受け止め方はどうなのでしょうか。

酒井:朝方はダウ平均が600ポイントほど急落しましたが、その後は戻して130ポイントの下げでした。2016年の大統領選挙に勝利した直後の乱高下からすれば、市場は比較的落ち着いて受け止めたと言えるでしょう。

また、当初は米CNNがマスクの装着を馬鹿にしたからだ、などと厳しい口調で報道していましたが、バイデン候補やペロシ下院議長が回復を祈るとの声明を出した後は、全体として大統領の早期回復を願うという感じになったと思います。

一方、元政府関係者を含め、反トランプの人々が、大統領がコロナ陽性だったことを祝うというコメントなどを出したようで、非難を受けています。

オンライン討論会はバイデン候補に有利

──今は11月の大統領の佳境です。討論会も2回残っています。討論会はどうなるのでしょうか。そもそも選挙運動はできるのでしょうか。

酒井:コロナ陽性となった場合、米疾病予防管理センター(CDC)の規制では10日間の隔離、その後に24時間の経過観察となっています。一般的には14日間の隔離ですが、2回目の討論会は10月15日なので、微妙なところです。バーチャルで実施するということもあり得ます。

次の週末あたりに両陣営が交渉して決定すると思います。その前の副大統領候補テレビ討論会がどうなるかを見ておくと、参考になると思います。

──と言いますと・・・。

酒井:バイデン候補は10月2日(金)午後の演説で、トランプ大統領夫妻の早期の回復を祈ると述べた一方、コロナ対策をしっかりすると全米に訴えました。暗に大統領を批判しているとのコメントも流れています。

こうした中で、バイデン陣営はトランプ陣営に、副大統領候補のテレビ討論会では、6フィート(約1.8m)のソーシャル・ディスタンスを12フィート(約3.6m)にすることなどを求めています。

──2回目や3回目が中止になることもあるでしょうか。

酒井:同時に、このバイデン候補の先のコメントは、「(トランプ大統領は)自己管理のできない人間なのだから、もう大丈夫だと言っても簡単には信じないぞ」という意味で解釈する人もいるようです。もしかすると、バイデン陣営は、今後公表される大統領の容体によっては、討論会の中止を提案するかもしれませんね。

一方、トランプ陣営はトランプ大統領が元気な限り、討論会の中止を受け入れることはないでしょう。バーチャルにオンラインでやるということはあり得ます。ただそうなると、バイデン陣営としてはトランプ大統領からの鋭い指摘をかわしやすくなりますから、有利になると言えるでしょう。

金正恩委員長もお見舞いのメッセージ

──米中対立が激化しています。中国はトランプ大統領のコロナ罹患をどう見ているでしょうか。これを機に、何かアクションを起こすでしょうか。

酒井:中国は建国71周年を祝っているところです。日本で言うところのゴールデン・ウィーク期間なので、この時期にどれほどの旅行者が戻るかという点の方が中国の注目度は高いです。

中国国営のメディアは、1回目の大統領候補テレビ討論会を「これが民主主義国のディベートか」と酷評していましたが、トランプ大統領のコロナ罹患に対しては、報道官が早期の回復を祈るの言葉を送るなど丁重な対応です。

そもそも、さすがにここで米国人の感情を逆なでするようなことはないでしょう、

──米国の外交・安全保障にどのような影響を与えると思いますか。

酒井:世界の首脳からお見舞いが寄せられています。注目されるのは、北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長からもトランプ夫妻の早期の回復を祈るとのメッセージが届いていることです。

トランプ大統領にお見舞いのメッセージを送った北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長。トランプ大統領が回復したところでサプライズがあるかもしれない(写真:AP/アフロ)

米国の朝鮮半島問題専門家は、トランプ大統領が約束を守らず交渉を進めないので米朝関係は再び悪化していると分析していましたが、このお見舞いのメッセージを見ると、金正恩委員長は平和的解決をあきらめていないという印象です。

もしかすると、トランプ大統領が回復したところでサプライズがあるかもしれません。

──マーケットに与える影響はどう見ますか。

酒井:来週後半頃までにトランプ大統領の体調が悪化しない限り、落ち着くのではないでしょうか。ただ、コンピュータの分析を見ると、トランプ大統領へのネガティブ・コメントがむしろ株価が戻るきっかけになっているのは興味深いところです。

体調が悪化すれば敗色濃厚だが・・・

──結論として、今回のコロナ陽性は選挙戦にどういう影響を与えるでしょうか。

酒井:体調が悪化してしまえば、大統領選挙どころではなくなり、敗戦の色が濃くなります。しかし、今のところそうはなりそうにありません。

一方、ホワイトハウスは、ビタミンCをたくさん摂取していること、コロナ向けに使われている医薬品をカクテルにして(混ぜ合わせて)飲んでいるということを発表しています。

ウォルター・リード・メディカルセンターでも、コロナの薬を米食品医薬品局(FDA)の承認前のものであっても使うようですので、回復した暁には、「私はこの薬で回復した」と宣言して、米国民を鼓舞するかもしれません。そうすると、形勢はトランプ大統領に傾くでしょう。

※本記事の著者である酒井吉廣氏が『NEW RULES 米中新冷戦と日本をめぐる10の予測』(ダイヤモンド)という新刊を出します。米中新冷戦に落としどころはあるのか? 米国の覇権は終焉に向かうのか? コロナ禍は米国経済にどんな影響を与えるのか? 韓国と北朝鮮は統一に向かうのか? 米国の政治経済を第一線で見続ける著者による新しい世界秩序の解説します。

良ければ下にあります

を応援クリックよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください