一関・三陸旅行-2

津波被害で、市を訴えた事件になった石巻市・大川小跡地。確かに裏山に逃げれば助かったかもしれないと思いましたが、平時の判断しかできなかったとしたら難しかったのではという思いも一方であります。

山の方でなく橋の方に逃げたと言われる橋

大川小跡地、右端中央部に映っているのは、中学生が研修に来ていましたので。訪問客は多いようです。簡易トイレも設置されていました。こちらだけでなく復旧のスピードは遅いのではと感じましたが、行きかうトラックの多さに景気は良いと思いました。犠牲の上での景気の良さですが。

この写真を見ますと裏山に逃げていれば・・・・との思いは残ります。教訓をどう生かすかです。

学校跡地

次はJTBに<大津波にも耐えた「神割崎」からみる希望の朝日>のように紹介されています神割崎。

http://kando.jtb.co.jp/detail.html?pcd=93

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です