『暴力反対の声に反し、拡散始めたブラック・ライブズ・マターの本質』(9/10日経ビジネス 酒井吉廣)について

9/11希望之声<选情分析:在佛州 投票给川普是因他做实事 拒绝社会主义=選挙分析:フロリダで、トランプに投票するのは彼が実行するから 社会主義を拒否>現在、米国では2020年大統領選挙まで50日以上あり、選挙状況の分析が絶えず続いている。数日前、政治ウェブサイト「Townhall」と「Politico」は、「多くの有権者は共和党の大統領候補でトランプ現大統領の政策と実行力を見て彼に投票しようとしている。フロリダが最も鍵となる戦場州になる可能性があり、トランプと民主党の大統領候補ジョー・バイデンが合計29人の選挙人票を得るために激しく競争しているが、フロリダのキューバの末裔はトランプの“鉄板のフアン”になりつつある」との分析記事を公開した。

木曜日に、トランプの固い盟友である元連邦議会議長ニュートギングリッチの娘、ジャッキーギングリッチクッシュマンは「Townhall」に、「トランプの発言は必ずしも有権者の好みではないが、彼らはトランプの政策を好み、“対話はするが、間違ったことをする”政治家よりも、“間違ったことを話すが、正しいことをする”人をより喜んで選択する」と寄稿した。ギングリッチは娘の分析記事を再掲した。

クッシュマンはまた、「投票時間が近づくにつれ、スウィング州の世論調査の差が縮まっている」と述べた。

米国憲法によると、大統領が選出されるかどうかを決定するのは選挙人団の暫定組織であり、この組織の構成は各州の連邦上院議員と下院議員の総数によって決定される。フロリダ州には27名の下院議員と2人の上院議員がいるため、29人の選挙人票がある。選挙人団は合計538票で、当選には少なくとも270票を獲得しなければならない。

「Politico」:フロリダは最も鍵となる戦場の州になる

「Politico」のウェブサイトでは、現在の世論調査から13の戦場州があり、そのうち4州が共和党支持、5州が民主党支持になりそうで、他の4州は勝敗を見通すのは難しいと考えている。この4州で最も鍵となるのはフロリダ州である。この州での29人の選挙人票の争奪は非常に重要であり、競争は激しくなる。

「Politico」は、共和党支持の4つの州はテキサス(38票)、ジョージア(16票)、アイオワ(6票)、オハイオ(18票)で、合計78票であると考えている。民主党支持の5つの州は、ネバダ(6票)、ミネソタ(10票)、ニューハンプシャー(4票)、ペンシルベニア(20票)、ミシガン(16票)で、合計56票である。勝敗が見通せない4つの州は、フロリダ(29票)、ノースカロライナ(15票)、アリゾナ(11票)、ウィスコンシン(10票)で、合計65票である。

「Politico」は、「フロリダが大統領の選挙において常に極めて重要な役割を果たしてきた。フロリダでの勝利なしで大統領に選出された例はない」と分析した。 「Politico」は、フロリダの民主党が主に大都市の有権者に依存しているのに対し、共和党の有権者はほとんど人口の少ない郊外にいると考えている。

しかし、フロリダ州最大の都市であるマイアミは亡命キューバ人の本拠地で、キューバ人の大多数はカストロの社会主義から逃れるために米国にやって来た。

主流メディアは意図的にトランプの政策実行の成果について報道しないが、多くの有権者はさまざまなチャネルを通じてトランプの成果について学んだ。経済や外交の成果など。

トランプは2016年の選挙で、フロリダで民主党大統領候補のヒラリークリントンを破ったが、クリントンはいくつかの郡でトランプを大幅にリードした。たとえば、マイアミ市をカバーするマイアミデイド郡では、クリントンがトランプを30%リードした。

Bendixen&Amandi Internationalによる今週の世論調査では、バイデンの支持率はヒラリーに及んでいないことが示された。マイアミデイド郡では、バイデンがトランプを17%だけリードしているが、キューバ人末裔の有権者の間では、トランプの支持はバイデンを38%も超えている。トランプはキューバ人末裔以外でバイデンより26%低いので17%リードされている。

フロリダでのトランプ選対責任者であるスージーウィルズは、「Politico」のウェブサイトで、彼らはたゆまぬ努力をし、どんな郡でもあきらめることはないと語った。

有権者は社会主義を嫌う

最も重要なことは、バイデンを選択することは米国を社会主義に変えることを意味するかもしれないことを多くの有権者が認識していることである。 YouTubeの有名人アレクサンダーオタオラはかつてオバマをしっかりと支持していたが、現在彼はトランプを積極的に支持している。彼の影響を受けて、影響力のある多くのキューバ人もトランプを支持するようになった。

「我々は米国が共産主義や社会主義になることを望んでいない」。オタオラはまた、彼らは、大統領は言葉ではなく行動を重視すべきだということも知っていたと語った。

「我々は正しいことを言うが間違ったことをする政治家にうんざりしている。間違ったことを言っても正しいことをする人を選ばなければならない」。そしてトランプは「繁栄と成功の代名詞」であるとオタオラは言った。

8/24、キューバ人末裔の実業家、フロリダサンシャインガソリンリテールカンパニーのマキシモ・アルバレス社長は、共和党全国大会でのスピーチで、社会主義は内容のない偽物であると述べた。彼はキューバにいたときに同じような運動をし、同じような約束を聞いたが、どちらも実現されていない。米国は最後の自由の地である。 「米国なしでは、我々にはどこにも隠れる処がない」とアルバレスは言った。

クッシュマンの記事は、多くの有権者が真剣に検討し、誰に投票するかを慎重に決定すると感じたと述べている。彼らはトランプが言ったすべての言葉を好きではないかもしれない、しかし彼らがトランプの政策を好きなら、彼らはトランプに投票する。

口のうまい人間は得てして信用されません。特に甘い言葉で騙そうとする人間は左翼に多い。自由を認めない共産主義国になったら大変。取り返しがつかない。議会制民主主義も当然なくなります。

https://www.soundofhope.org/post/420637

9/12看中国<川普宣布以色列与巴林达成和平协议(图)=トランプ、イスラエルとバーレーンが和平合意に達したと発表(写真)>イスラエルとアラブ首長国連邦(UAE)の関係が正常化した後、トランプ大統領はイスラエルが別のアラブ国バーレーンと和平合意に達したと発表した。

9/11、トランプ大統領はツイートした。「今日、もう1つの歴史的なブレークスルーがある。我々の2人の偉大な友人であるイスラエルとバーレーン王国は和平合意に達し、30日以内にイスラエルとの和平を達成した2番目のアラブ国になるだろう」

これは、8月にイスラエルとUAEの間の和平合意と1週間前にセルビアとコソボの間の経済関係正常化に関する合意に署名した後、トランプ大統領が中東で推進した平和政策に対するもう1つの外交勝利である。

確かにノーベル平和賞を受賞するかも。

https://www.secretchina.com/news/gb/2020/09/12/945853.html

9/11阿波羅新聞網<拜登演讲到一半懵了:单子去哪了?我放口袋了呀=バイデンはスピーチの途中で愚昧になる:リストはどこに行った?私はそれをポケットに入れたのに>9/9、バイデンはミシガンでスピーチを行った。彼は、アフガニスタンとイラクでの戦争で亡くなったすべての兵士に感謝したいと思い、さまざまな時点での犠牲者の数を記したリストを持ってきたと述べ、ポケットに触れたところ、リストがなかった。 「おい、持ってきたはずだが…見つからない…スタッフに渡したか、周りに誰かいるか…私のスタッフはどこ?」と。

これではまともな判断ができるとは思えない。9/29の選挙討論が楽しみ。

https://www.aboluowang.com/2020/0911/1499783.html

9/11阿波羅新聞網<不给王毅面子!印度外长故意 川普放出核弹级猛料 欧洲风向变中共四面楚歌=王毅に面子を与えず!インドの外務大臣はわざと トランプの核爆弾クラスの材料を暴露 ヨーロッパの風向きは変わり、中共は四面楚歌>

王毅の顔を潰す! インドの外相はわざと3人並んで写真をアップ、ネットでは交渉しなくてよいと。

ヨーロッパの風向は劇的に変化、シーメンス総裁は中共を批判・・・香港とウイグルについて

イギリスはそれを我慢できない:CCTVの「テレビ自白」は英国で免許を取り消され、移動する計画かも・・・CCTVの国際部(Global Television Network、CGTN)はロンドンに欧州本部を置いているが正式逮捕前、独房で拷問し、自白させるのを映像にとって流すのは英国放送法違反と命じられた。ベルギーのブリュッセルに移転予定。

米国作家:トランプは、米国には秘密の核兵器があると言ったが、習近平はこれを聞いたことがない。・・・今話題のボブ・ウッドワードの本に書いてあり、習もプーチンも知らないとのこと。W76-2核弾頭かもしれないし他にあるかもと。

中国市場に合わせたのに、なぜムーランは中共によって禁止されたのか?・・・映画のエンドロールに新疆自治政府の治安機関に謝意を表明していることと、主演女優の劉亦菲と男優の甄子丹は反「犯罪人引渡条例」運動中、香港警察支持したため、香港と台湾でボイコットの動きが出ている。

ショック! 「ムーラン」は新疆ウイグル自治区の10の拘置所と5つの刑務所の近くで実際に撮影された

再教育キャンプ第87号。 (Google Earth画像)

赤い再教育キャンプ76、77、78号と黄色の刑務所(Google Earth画像)

https://www.aboluowang.com/2020/0911/1499805.html

酒井氏の記事では、民主党の極左は暴力肯定、国家権力=悪と捉えているのでは。これでは民主党への支持は広がらないでしょう。

記事

(写真:ロイター/アフロ)

2020年5月のフロイド事件(ミネソタ州ミネアポリスでジョージ・フロイド氏が白人警官に殺された事件)に始まった複数の大都市での暴動は、8月のブレーク事件(ウィスコンシン州ケノーシャでジェイコブ・ブレーク氏が白人警官に撃たれた事件)を機に、平和なデモと暴動に分かれるという動きを見せた。黒人アスリートが試合のボイコットや競技場での黙とうなどを始めたことで、黒人の学者や民主党支援者、差別撤廃主義者なども暴力には反対だと声を上げ始めた。CNNなどのリベラルメディアも、バイデン氏とハリス氏による暴力反対のコメントを繰り返し報道していた。

ところが、レーバーデーの週末(学校など米国が本格的に夏休み明けとなる前の週末)にかけて、「ブラック・ライブズ・マター(BLM)」を主張する人たちは沈静化とは正反対に暴動の拡散を試みている。これに合わせて、一部の民主党の議員らは「全米が燃えている」と叫び始めた。

7月までのバイデン楽勝ムードを一変させた主因がBLMの暴動であることは間違いない。では、BLMの行動は何を狙っているのだろうか。

現在起きている暴動は、6月3日公開の拙稿「警官による黒人殺害へのデモが示す米国の『もう1つの分断』」の頃のデモとは、全く様相が変わってしまった。

米国における暴動の報道は、リベラルメディアと保守メディアで全く異なる。黒人に対して横暴な警察権力に立ち向かうヒーロー的なイメージを伝えるリベラルメディアに対し、保守メディアは一般市民に危害を加える暴徒の面を強く打ち出している。

つまり視聴者が米国人であれ、外国人であれ、見ているテレビ局によって受けるイメージがまるで違う。そして、暴動を正当化する側の批判の矛先は、全てがトランプ大統領になる。ある意味でお決まりのパターンだ。

また3カ月を超えた暴動の報道でカメラマンたちも慣れてきたのだと思うが、各地の暴動の首謀者らしき人物が映像に出てくるようになった。その多くは白人であった。

例えば、9月6日にニューヨーク州ロチェスターで起こったBLMの暴動では、暴徒がレストランに侵入し、若い白人女性8人が囲むテーブルを台無しにした。そのほか多くの黒人が破壊行為をした。しかし、店外に置かれた椅子の上に立って指揮をしていたのは白人だ。同市では、6人が裸で座り込む(逮捕された黒人が、警官によりほとんど裸同然の姿にされたことへの抗議)、米国では典型的な抗議運動を展開したが、そのうちの5人も白人だった。

一方、同じニューヨーク州バッファローでは、6月に75歳の白人男性が白人警官に倒されて重傷を負ったが、BLMの組織は彼の件には怒っていないようだ。一部の白人が「Stop Police Violence」のプラカードを持ってデモをしていただけである。差別らしき行為という意味では、トランプ大統領の不法移民対策のあおりを受けて、ヒスパニックが被害に遭っているが、これについてもBLMは反応しない。貧困の部類に入るオーソドックスなユダヤ人と黒人とのもめ事も減ってはいない様子だ。表層的な黒人差別問題に隠された、黒人同様に差別されている人々は、BLMからは忘れ去られているらしい。

BLMは日本語では「黒人の命も大切だ」と訳されている。だが実際は、「黒人の命『が』大切だ」なのだろうといった声は米国でも日本でも意外に多い。黒人の間でもこの話題は出ており、BLMによる道路への落書きが続くニュージャージー州アトランティックシティのスモール市長(黒人)も9月4日に、「我々が考えるべきはAll Lives Matterだ」と述べている。

BLMのルーツと目的を探ると

BLMは全米で蜂起しているとの報道もあるが、ほとんどの暴動は北部で起こっている。南部ではジョージア州アトランタでたまに起こるのと、9月5日、6日の週末にケンタッキー州ルイビルで起きている程度である。そもそもBLMは北部中心の組織である。

フロイド事件を機に突然、世界の注目を得たBLMは誰がリーダーで、何を目的とした集団なのだろうか。いま一つ明確ではない。以下はリベラルメディアなどの報道を簡単にまとめたものだ。なお、BLMのウェブサイトは、以下に記すようにBlack Visionから1900万ドル(約20億円)を受け取った後、非常に整備されて歴史なども掲載されるようになったが、内容が筆者の聞いたものとやや異なるので、こちらは参考程度にとどめた。

BLMは7年前にロサンゼルス、サンフランシスコ、ニューヨークの3都市で生まれ、黒人の人権を守るための行動を開始した。一時は全米で40の組織ができ、Black Lives Matter Global Networkという組織も設立された。しかし、行動が過激だったこともあり、黒人の中高年層や白人の差別撤廃主義者からの理解を得られず、2017年にMe Too運動が始まると、徐々に注目度が下がっていったという。

この間、2014年7月にはニューヨークでエリック・ガーナー氏が、同8月にはミズーリ州ファーガソンでマイケル・ブラウン氏が警官に殺された。その際にBLMの運動もそれなりに盛り上がったが長続きはしなかった。

ちなみに、「I can’t breathe」という言葉が有名になったのは、ガーナー氏が窒息死させられたときに発した言葉だからであり、これを契機にニューヨーク警察はカメラの携帯が義務付けられた。なお、全く批判は出なかったが、当時のオバマ大統領はほとんどこれらの問題に触れていない。

また、この頃のBLMは正当な行動として全米黒人地位向上協会にも訴えて、「From Black Lives Matter to Black Liberation」と主張していた。なお、ピーク時のBLMは、その傘下に150以上の黒人組織を持っていた。

以前のBLMは、フロイド事件以降のような過激な活動に特化していたわけではないようだ。黒人問題研究者の話を聞くと、「BLMは、かつてのBlack Pantherや現在のANTIFAとは異なる、黒人の人権獲得を実現する可能性のある組織だった」とのことだ。

ただし、今回の問題発生の前に筆者がウォール・ストリート・ジャーナルの記者から聞いた話では、BLMを始めた3人はマルクス主義者で、目的の達成のための破壊活動を正当化するという発想があったという。何が真実かの判断は難しいが、ポートランドのリーダーである黒人女性、ニューヨークでインタビューに答えた黒人男性は、話している内容からすると、どちらも共産主義的な考えが背景にある雰囲気だったのは事実である。

フロイド事件が盛り上がったもう1つの理由:Black Visions

一方、フロイド事件が起きたミネアポリスには、主に警官による黒人差別の撤廃を目的に、3年前にBlack Visions(BV)という組織がつくられた。フロイド事件で注目を浴び、LGBTなど他のマイノリティーの組織と連携しつつ、市議会に電話をし続けて、これまでの差別廃止行動は失敗だと主張した。

他の組織と同様に注目を浴びることが運動を強化するとの位置付けだったが、フロイド事件をきっかけにクラウドファンディングにおいて約1週間で3000万ドル(約32億円)が集まったため、1900万ドル(約20億円)をBLMに送り、残りを自分たちで使っている。通常のクラウドファンディングでも、1週間で3000万ドル集まれば驚くほど多額といわれているので、いかに多くの資金が集まったかが分かる。

現在のBLMの活動資金はここから出ているのであり、フロイド事件が起きてから間髪を入れずにミネアポリスで暴動が始まったのは、その基盤が既にあったからなのだ。ちなみに、テニスの大坂なおみ選手もフロイド事件の数日後にミネアポリスで抗議運動に参加している。

なおBVは、2018年にアメリカンフットボールのスーパーボウルがミネアポリスで行われた際、その収益金の一部を都市活動向上のためのライトレール(路面電車)建設などに使うことを、他のロビー組織などとともに約束させたが、結局それは実現しなかった。

前述の黒人問題研究者は、愚直で真面目な活動をやっても、まともに受け入れられなかったと指摘する。そうした中で起こったフロイド事件で、BLMもBVも一気に怒りを爆発させたのだろう。

BLMはなぜDefund Police(警察の予算を削れ)と叫ぶのか

現在まで暴動が続いているオレゴン州ポートランド、イリノイ州シカゴ、ワシントン州シアトル、ニューヨークは、いずれも民主党が市長を務めている。また、ミネソタ州ミネアポリスやウィスコンシン州ケノーシャも同様だが、これらの都市の警察は、ニューヨークを除き、予算削減もあってカメラの常時携行が行われていなかった。繰り返すが、全て北部の州である。

トランプ大統領がケノーシャの警察に100万ドル(約1億円)を出したのは、2021年にカメラ携行を実施予定だとする同市警察が前倒しの実施を可能にするためだ。BLMやBVが主張する警察の黒人差別をなくすためには、警察に予算を付けて全警官にカメラを携帯させる必要がある。警察の予算を削れば、彼らの主張とは反対の結果を招きかねない。ではなぜ彼らは「Defund Police」と叫ぶのだろうか。

2018年のスーパーボウルの収益金によるライトレールの実現を約束させたと考えたBLMは同じ年、ミネアポリスで2時間の平和的な運動を行った。「You Can’t Play with Black Lives」と書かれたシャツを着て有頂天になっていたらしい。というのも、当時は地域の公共安全のための「暴力撤廃オフィス」設置の予算、100万ドルも市議会に約束させた直後だったからだ。

当時の考え方は、警察の予算を減らすことで警察官の数を減らし、武力となる装備を減らすというものだった。これにより警官の圧倒的に優位な状況を変えれば、黒人への暴力も減少すると考えたのである。まだ携行カメラの威力が注目される前であった。

ところが、この予算も反故(ほご)にされ、結果的にはミネアポリス警察に800万ドル(約8億円)の予算増が決定された。この年の当初の警察予算は1億8500万ドル(約196億円)であった。

BLMが執拗なまでに警察の予算削減にこだわるのは、それが当初からの目的であり、それが実現しなかったことが、今回のフロイド事件の遠因になったと考えているからである。BLM自身の失敗のつけが出た、との反省もあるのだろう。

つまり、BLMのターゲットは警察そのものなのだが、それは数多くある黒人差別の典型が警官によるものであり、逮捕後の検察による過剰なペナルティーである、との考え方が背景にあるのだ。

結局、BLMは目立つための戦術を取ったこともあって、白人社会からその活動そのものを無視されてきた歴史がある。それが活動資金を得て一段と過激化したのが現状だ。しかし、普通の黒人(特に真面目に働いてきた中高年層)からの批判も出て、バイデン候補ほかからも「暴動と抵抗活動は違う」と指摘されている。

一方、政策面でバイデン候補と対立を続ける超リベラルのコルテス下院議員は、ワシントン州シアトルで起きた、白人から家を取り返そうとスローガンを掲げたの暴動への理解を示している。またバイデン候補がDefund Policeではなく改革が重要と発言すると、コルテス氏はDefund Policeは全米の優先課題だと反論。他の超リベラル議員もこの考え方を支持している。またウォーレン上院議員は現在のBLMに理解を示している。民主党内には、BLM支持か否か、支持の場合でもどの程度するかで大きな違いがあるのだ。BLMは、これからどう活動を続けていくのか、大統領選挙にも影響するだけに、気になるところである。

良ければ下にあります

を応援クリックよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください