『すっぱ抜かれた悪行、新疆と香港を踏みにじる中国 NYTが内部文書をスクープ、徹底的な新疆弾圧を指示した習近平』(11/21JBプレス 福島香織)について

11/23希望之声<《联邦党人》:总统弹劾调查第一阶段 共和党人大胜=《The Federalist》:大統領弾劾調査の第一段階は共和党の大勝利>11/22(金)に、《The Federalist》は評論を発表し、下院民主党によるごり押しの大統領弾劾調査の第一段階で8つの側面から共和党が大勝利した理由を分析した。

記事は、エマーソンの最新の世論調査では、弾劾調査に対する民衆の態度が最近大きく逆転したことを示したと:弾劾調査に反対した人々の数は賛成者の数を超えた。中でも、民主・共和どちらでもない独立派の見方が変わったのがより鮮明にでて、弾劾賛成は先月の48%から今月34%に下がり、弾劾反対は先月39%だったのが今月は49%に増えた。一部のスイングステイトでは、弾劾に賛成する有権者の割合も急激に低下している。

ギャラップによる最新の世論調査では、「ドタバタ」劇が始まってから、トランプ大統領の支持率が2パーセント上がったことが示されている。分析によれば、ギャラップの調査は登録された有権者ではなく、すべてのアメリカの成人を対象としているため、トランプ大統領に対する実際の有権者の支持率はさらに高くなるはずである。

この記事を書いた記者は、弾劾調査聴聞会が始まっての1週間に共和党が大勝利を収めたことを証明する8つの理由を列挙した。

①大統領が弾劾に値するどんな大罪を犯したかは依然として不明。

②弾劾の聴聞会は面白みに欠け煩わしい。

③弾劾調査の推進者シフへの信頼性の欠如

④民主党が連れてきた証人は、却って大統領が間違っていないことを証明した。

⑤共和党員は声を出し続け、弾劾手続は大統領にとって「不公正」であると考えている。

⑥左派メディアは弾劾調査に大きな影響を与えたが、効果はほとんどなかった。

⑦民主党の左派は証人を激しく攻撃し、却って彼らの脆弱性を強調した。

⑧民主党はトランプが大統領に就任したときすぐに彼を弾劾したかったが、彼の弱点を見つけることができなかった。

元記事はこちら。11/22The Federalist<How Republicans Won Phase One Of Impeachment

The first phase of impeachment did not go well for Democrats. It needed to be a time when support for the inquiry and impeachment grew. Instead, it shrank.>

https://thefederalist.com/2019/11/22/how-republicans-won-phase-one-of-impeachment/

https://www.soundofhope.org/post/315866

11/23アンデイ・チャン氏メルマガ<Quid-Pro-Quo からQuo-Vadisへ>

http://melma.com/backnumber_53999_6882037/

まあ、弾劾で騒げば騒ぐほど選挙で民主党が不利になることを分かっていないようです。

11/23阿波羅新聞網<鼠疫闹大 传来源是实验室泄露 普通患者只隔离不治疗 北京恐慌建三道“防火墙”= ペストで大騒動 発生源は実験室からの漏れ 患者は隔離されるだけで、治療されない 北京は大慌てで3つの「ファイアウォール」(伝染病防止警察、医療機関、省境交通警察)を造る>内モンゴル保健衛生委員会は21日(木)、肺ペスト患者と密接に接触していた46人は観察期間が終了し、感染していないと発表した。 別の腺ペスト患者と密接な接触をもった28人の観察期間も今日(23日)に期限が来た。当局は頻りに安全と言っているが、内モンゴルのペストの予防・管理は急速に厳重化しており、当局は蒙古から出るときのファイアウォール(防壁)を定めた。 現地の役人は、ペストが再び北京に入らないように要求された。 石家荘では医療センターから「ペストの通知」を出したというニュースもある。

北京のペストはある生物研究所から漏れたと噂 中共は既に市民に市外に出るのを禁じる

中共中央科学院のTは、ペストは自然発生したのでなく、北京生物研究所等の組織から漏れて拡散したと。多くの北京の病院のフィードバックによればペスト患者は急速に広まり、コントロールできない状況とのこと。

日本に持ち込まないでほしい。生物兵器の研究をしていたのが漏れたと上のスマホ画面は言っているのでは?中共が如何に非人道的か分かろうというもの。

https://www.aboluowang.com/2019/1123/1373388.html

11/23阿波羅新聞網<中共港台情报系统副官起义 惊爆中共操控台湾大选内幕 中共计划接管澳洲政治泄露=中共の香港・台湾情報機関の副官は立ち上がる 中共の台湾総統選挙介入の内幕を晒す 中共は、オーストラリアの政治を管理する計画>中共特務の王立強は、生命の危険を冒してまで、オーストラリア政府に中共の大量の内部情報を提供した。彼はメディアとの独占インタビューで、中共の台湾選挙介入の具体的操作の詳細を明らかにした。王立強はまた、香港の「中国創新」と「中国趨勢」(両方とも会社名)が実際には中共の情報基地であることを明らかにした。さらに、元オーストラリア情報トップは、中共のスパイがオーストラリアの政治に深く入り込んでいることを明らかにした。

台湾の三立News、オーストラリアのThe Age、Sydney Morning Herald、60 Minutesが、中国福建省出身の27歳のエージェントである王立強が、主に香港、台湾、およびオーストラリアでスパイ活動してきたと報道した。かつて多くの任務に就き、銅鑼湾書店の株主と従業員の失踪事件にも関与し、偽の韓国のパスポートで台湾に入って、ハッキングを指揮し、2018年の台湾の統一地方選挙に介入した。

王立強は、「自分は中国創新投資有限公司を隠れ蓑にして情報活動を行っており、香港のすべての大学に浸透、北京の現在の焦点は香港の反“犯罪人引渡条例”運動から台湾の2020年総統選挙に移行し、2018年にはメディア、IT企業、地元の寺社などに投資して、中共身内の市長候補・韓国瑜を当選させ、大成功を収めた」と明らかにした。また。最近、彼は蔡英文の再選を妨害する新しいタスクを受けたが、これが彼のオーストラリア逃亡の理由の一つでもある。

現在、王立強はオーストラリアの安保情報機関(ASIO)に関連する証拠を提出し、政治亡命も申請している。彼はオーストラリアで妻子と共に暮らすことを望んでいる。彼は「中共は決して信頼できないことをよく理解している。戻ったら必ず処刑される」と強調した。中共の歴史の中で、特務が中共の悪行を喜んで明らかにしたのはこれが初めてである。

2018年の地方統一選挙は運営に直接関係しており、民進党を攻撃するために3か所に200,000を超えるネットアカウントを開設しただけでなく、サイバーハッキングループも多数設立した。 また、海、陸、空の「三軍」による台湾の選挙に対する全面的な攻撃もした。 空軍は台湾のネット企業とメディアに資金を提供しており、メディア企業だけでも15億元を費やした。 陸軍はこの資金を使って、本土の学生、香港の学生、観光グループなどを使って台湾の学校・寺社に統一戦線を仕掛け、中共に靡く候補者を当選するようにした。 海軍は候補者に直接お金を寄付しているが、最も典型的なものは、台湾の候補者の韓国瑜にいわゆる海外寄付を通すやり方で、香港から海外の名義で2000万元以上を寄付した。

彼は、「中共は総裁選挙のために台北101のXXレストランを含む多くの情報局を設置し、台湾にはすでに50以上のインターネット企業とライブチャンネルがある。 我々はすべてのメディア分野に全面的に浸透しており、非常に成功している。多くの責任者はお金を受け取り、我々のために働くことを約束した。特定の新聞(中国時報?)の責任者や、大学の学長、ある文化センター社長など、私と直接つながっているのは30人くらいいる。また多くの政治家とヤクザのリーダーもいる。 我々は各人に毎年年間200万から500万元を支払う。 これらの人々の仕事は、我々のスパイ活動の発展と浸透のためあらゆる面で支援することである」と述べた。

台湾の世論の動向を変えるために、中天、中視、東森、TVBなど、台湾のさまざまなメディアに多額の投資を行ってきた。 我々は、台湾のメディアを利用して目標を宣伝し、台湾のメディアとメディアの間の対立を呼び起こして政治的な目標を達成する。

王立強は、米国選挙におけるロシアのネットワーク介入と同様、「ネットワーク水軍」と協調して、政治問題に関する「視線をずらす役割」も担当していた。

日本にも中共の金で転んだ政治家やメデイアや大学のトップにも多くいるのでは。でもこれが明るみに出て、台湾総統選は益々蔡英文有利となったと思います。NYTの暴露記事と言い、今回のリークと言い、いよいよ中共内部の瓦解が始まったのでは?後に続くのが望まれます。

https://www.aboluowang.com/2019/1123/1373368.html

11/24宮崎正弘氏メルマガ<中国のスパイ、豪政府に政治亡命を求める。これは世界的な「大事件」だ 米国に亡命したソ連KGBレフチェンコ事件を想起させる>

http://melma.com/backnumber_45206_6882254/

11/23阿波羅新聞網<联合国要职竞逐 中共力撑的“秃鹰”落选=国連要職の競争 中共支持の「ハゲタカ」は落選>「ハゲタカ」と呼ばれる香港警察の元署長が国連麻薬・犯罪問題事務所のトップに落選した。 以前、中共は国連に対し、曽偉雄がその役職に就くよう推薦した。グテレス事務総長がエジプトのGhada Fathi Waly女史につけたため彼は落選した。

悪い奴に取り締まりを任せることほど怖いものはない。中共の国際舞台での神通力に陰りが見えてきたということです。

https://www.aboluowang.com/2019/1123/1373353.html

福島氏の記事では、やはりNYTの記事は本物とみているということです。誰が出したのか今中共では必死になって犯人捜ししているのでしょうけど。上述の王立強の例もあります。“天滅中共”です。非人間的組織で道徳心のない共産主義政党は滅ぶべきです。

記事

新疆ウイグル自治区・カシュガルの「職業教育訓練センター」で、中国政府団の訪問期間中に訪問者にダンスを見せるウイグル人の入居者(2019年1月4日、写真:ロイター/アフロ)

(福島 香織:ジャーナリスト)

ニューヨーク・タイムズが、中国・新疆(しんきょう)ウイグル自治区に関する内部文書24件403ページをすっぱ抜いたスクープは、これが本物なら、天安門事件の真相に迫った張良が持ち出した天安門文書に匹敵するジャーナリズムの快挙と言えるかもしれない。

「これが本物なら」とあえて言うのは、今のところ新疆ウイグル自治区当局および中国サイドは、この文書が捏造文書であると主張しているからだ。その可能性はゼロではない。というのも、これだけの大量の文書を手に入れるには、共産党中央のハイレベル関係者によるリークが考えられるのだが、特ダネを連発する記者ないしはメディアの信用を落とすために、わざとニセ文書をつかませる罠である、ということも考えられるからだ。

こういう中国のニセリークには多くのメディアが苦い経験を持っている。産経新聞が2011年7月に報じた「江沢民死去」の誤報は、中国当局がメディアを陥れるための偽情報に騙された1つの典型例だろう。

だが、私はこの内部文書を全文読んだわけではないが、一部公開されているものを読む限りでは、本物ではないか、と見ている。

「ラジオ・フリー・アジア」(米国の政府系ラジオ放送局)などの在米ウイグル人記者たちが共産党関係筋に取材して報道した内容と符合するし、私自身が体制内学者たちに聞いた習近平の新疆政策の背景なども、こうした新疆文書の内容と一致している(詳しくは拙著『ウイグル人に何が起きているのか』をお読みいただきたい)。

北海道大学教授が中国の古本屋で買い求めた国民党に関する歴史史料のような、カビの生えた文書ですら機密文書扱いされてスパイ容疑で逮捕されるのだから、新疆における現在進行形の政策に関する秘密文書の入手は非常に危険を伴う仕事であったはずだ。まずは命がけのスクープをものにしたニューヨーク・タイムズを讃えたい。そして、このスクープの意義と影響を考えたいと思う。

「一切の情けをかけるな」と習近平

まずニューヨーク・タイムズのスクープの内容を簡単におさらいしたい。

入手した24の文書は一部内容が重複するが、およそ200ページ分が習近平や指導者の内部演説、150ページ分がウイグル人に対する管理コントロールに関する指示と報告。さらに地方のイスラム教制限に関する言及がある。

これらの文書がどのように集められたのかは不明ながら、中国政府のこうしたウイグル弾圧に対して、内部ではかなりの不満があることがうかがえる。

中国最高指導部の政策制定プロセスは秘密とされ、とくに新疆のような資源が豊富で、パキスタンやアフガニスタンなど中央アジアと隣接する敏感な地域に対する政策決定プロセスは厳密に秘匿されてきた。この地域はムスリムの最大集中居住地域であり、言語体系から文化、価値観に至るまで中国共産党や漢族の価値観とは異なり、そういったことから差別され、また制限も課せられていた地域だ。

中国当局は国際社会に向けて、ウイグル人の強制収容施設について「職業教育訓練センターである」といういかにも慈善や福祉目的の施設のように説明しているが、文書の中では、現場の鎮圧を示す言葉や命令形表現が使われており、強制的な弾圧命令として現場官僚に通達されている。

例えば、ウイグル人留学生が夏休みに新疆の実家に帰ってきたとき、家に父母がおらず親戚も失踪、隣人たちも姿がない。みんな強制収容されていて、学生が当局の官僚に「家族はどこにいますか」と問い合わせてきたとする。そのとき、どう答えるべきか? といった模範解答も指示されている。「彼らは政府が建てた研修学校にいる」と答えるのが模範解答例だ。もし学生がさらに説明を求めたら「彼らは罪を犯したのではないが、学校から離れることはできない」と答える。さらに「もしもあなたが彼らを支持するのならば、それは彼らのためにも、あなたのためにも良いことだ」という言い方で、学生の答え方次第で家族の拘禁時間が短くなったり延長したりすることを伝えるよう指示されている。つまり恫喝だ。

父母の強制連行を学生に見られた場合、父母の学費を誰に支払ってもらえるのか学生が知りたがった場合、労働力を奪われ畑を耕す人間がいなくなったといわれた場合の模範解答もある。そして官僚に恨みを抱きそうな人間に対しては、恫喝を交えて、共産党の助けに感謝し、沈黙するように求めよと指示している。

また、習近平が官僚たちに向けて行ったとされる内部演説では、鎮圧を基本とすることを訴えていた。

2014年4月の習近平の新疆視察前の3月1日に、雲南省昆明駅などで「ウイグル人テロリスト」による大襲撃事件があり、150人以上が負傷、30人以上が死亡した。これを受けて習近平は「反テロ、反浸透、反分裂の闘争」は、専制機関を使い「一切の情けをかけるな」と指示していた。

さらに、2016年8月に陳全国が新疆ウイグル自治区の新書記に就任した後は、新疆における収容施設が急速に拡大した。陳全国は習近平の演説を官僚たちに伝えながら、その内容を徹底的に遂行するよう指示していた。

こうした徹底鎮圧指示が現地の数千人に及ぶ官僚幹部らの懐疑と抵抗にあったことも、文書から判明した。現地幹部たちは民族間の緊張を過激化させ、経済成長が扼殺されることを懸念したという。

これに対し陳全国は、こうした抵抗感を示す幹部を粛正し、その中には県レベルの指導幹部も含まれていたという。莎車県の指導幹部の王勇知に関する報告書が11ページおよび15ページ分あるが、彼は民族間対立を解消するために経済発展に力を入れる政策をとっており、それまでの評価は高かった。だが、陳全国時代以降は、全県で強制収容された2万人のムスリムのうち7000人をひそかに釈放していたことがばれ、「党中央の新疆政策に対する深刻な違反」で拘留、起訴され、権力剥奪ほか懲罰を受けたという。

けっして善意ではない新疆政策の根本

また今の習近平政権の極めて過激なウイグル弾圧が政策として打ち出された背景に、2009年7月5日の「7.5ウルムチ騒乱」や2014年5月22日のウルムチ市の朝市襲撃事件が指摘されている。

「新疆独立派によるテロ」とされる朝市襲撃事件では、襲撃者が車2台で朝市に突っ込み、爆発物を投げつけ、襲撃者4人を含めて39人の死者が出た。この事件の前の4月30日にはウルムチ駅で爆発事件が起き、自爆した2人を含む3人が死亡、79人が負傷する事件が起きている。これは習近平が新疆を視察したタイミングであり、習近平暗殺の噂も囁かれた事件だ。この新彊視察旅行前の3月1日には雲南省昆明駅で、警官5人を含む34人が死亡した「ウイグル族過激派による暴力テロ事件」が発生していた。

こうした新疆における暴力事件を受けて、習近平は新疆政策に関する4つの秘密演説を展開する。その中で習近平はウイグル人の大規模拘束を直接命令はしていないが、「専制」を手段として、新疆からイスラム過激派分子を徹底排除することを呼び掛けている。

また習近平は、経済発展を通じて新疆の不安定さを抑制していくという以前の中国指導者のやり方について、「それでは不十分だ」「イデオロギー上の問題を解決して、新疆地域のムスリム少数民族の思想を作り変える努力を展開せよ」と指示。これは2009年の7.5ウルムチ騒乱以降、胡錦濤政権が展開した経済優先の新疆融和政策を批判している内容といえる。

胡錦濤政権は、7.5ウルムチ騒乱の原因は当時の自治区書記の王楽泉の腐敗政治によるウイグル人搾取に対する不満と恨みがあると見た。そこで、ウルムチ騒乱を鎮圧したのち、経済発展によって民族間の格差と不満を解消する比較的融和的な政策を打ち出した。だが、習近平はこれを生ぬるいと批判したのである。

自分の前の指導者の政治が失敗だったことを証明することで自分の政策の正しさをアピールするやり方は、中国に限らず政治家の常套手段だが、習近平の場合、胡錦濤の新疆政策を否定するために必要以上に強硬政策に転じたともいえそうだ。

ニューヨーク・タイムズによると、2014年ごろから登場した再教育施設と称する強制収容施設は、当初は数十人から数百人のウイグル人を収容する小型施設が多かった。施設の目的は、イスラム教への忠誠を捨てさせ、共産党への感謝の情を植え付けることだった。だが、2016年8月に陳全国が書記になると、数週間後に地方官僚に召集をかけて、習近平の秘密講話を引用しながら、新たな安全コントロール措置と強制収容所の拡大を命じたのだという。

このスクープは、共産党が現在行っている新疆政策がけっして、国際社会に対し説明しているようなウイグル人の再就職支援といった「善意」の目的ではなく、また建前で謳う多民族国家や人類運命共同体といった理想とは程遠い、「専制」による民族・宗教・イデオロギー弾圧であり、支配管理強化であることの明確な証拠となるものと言えるだろう。今、新疆で起きている問題は、間違いなく人道の問題なのだということを証明する内部資料という意味で、このスクープの意義と影響は大きい。

つながっているウイグル問題と香港問題

このスクープ記事を書いたニューヨーク・タイムズの記者は香港駐在で、このニュースも「香港発」となっているのは、なんとも言えない気分だ。というのも、今、香港はまさに“新疆化”している状況だからだ。

若者の中国専制に対する命がけの抵抗を中国は「テロ」と表現し、その弾圧を正当化しようとし、さらには、数千人の若者を「暴動」に関与したとして手当たり次第に拘束し、どこに収容されているのか、ケガの手当てがされているのか、弁護士にも家族にもわからないという人が多々存在する。

香港の人権団体・本土研究社によれば、深圳に近い山間部に、「反テロ訓練センター」の建設予定があり、19億香港ドルの予算が計上されているという。この施設は新疆ウイグル自治区のテロ対策施設を参考にしており、実際に香港警察は2011年から毎年エリート警官を7人ずつ新疆ウイグル自治区のテロ対策施設での研修に派遣しているそうだ。訓練センターには新疆と同じく反テロ再教育施設のような洗脳施設も併設されるのではないかとの話も出ている。

ウイグル人の中にISのテロに参与する人間がおり、香港のデモ参加者の中にも破壊活動や血生臭い暴力を振るう人はいる、というのは事実だ。だが、それを理由に、ウイグル人全員、香港人全員が無差別に捕まえられ、拷問や虐待が行われていることを国際社会は座視してはいけないだろう。また、どのような犯罪者にも最低限の人権があり、公正な司法プロセスに従って裁かれるのが現代文明国家を名乗る最低の条件だ。中国がその最低限の条件・法治を備えない限り、中国のテロ対策、暴徒鎮圧という建前での暴力的権力の行使に、一分の説得力もない。

ウイグル問題、香港問題はつながっている。それが台湾や南シナ海周辺国家や、あるいは日本に波及する可能性が、絶対ないとは言い切れない。だからこそ、私はウイグルや香港の問題に関心を持ち続けてほしいと繰り返し訴えるのである。

良ければ下にあります

を応援クリックよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください