『「脱原発」の見直しを進める欧州と孤立する環境原理主義のドイツ 安定のメルケル政権後、欧州内外で迷走する新政権の“構造問題”』(1/22JBプレス 土田陽介)について

1/21The Gateway Pundit<CASE CLOSED: President Trump on Jan. 6: “I Authorized National Guard on Jan. 6 – Pelosi Turned It Down” (Video)>

やはりペロシとDC市長が仕掛けた罠だったか。

https://www.thegatewaypundit.com/2022/01/case-closed-president-trump-jan-6-authorized-national-guard-jan-6-pelosi-turned/

1/22阿波羅新聞網<拜登就职1年 56%民众不满施政表现 仅28%支持连任=バイデンが就任して1年 56%の人が政権の業績に不満を持っており、28%だけが再選を支持している>バイデン大統領が就任宣誓して1周年の1/20にAP通信と全国世論調査センター(NORC全国世論調査センター)が発表した最新の世論調査では、バイデンは疫病流行やインフレと効果的に戦うことができないため、在任期間中に初めて、国民の半数が不満を持った。56%の人がバイデン政権の業績に不満を持っており、2024年にバイデンが大統領に立候補することを望んでいるのはわずか28%で、民主党員でも半分未満(48%)である。

バイデンは昨年7月の世論調査で59%が満足していたが、アフガニスタンからの米軍の撤退が混乱を引き起こしたため、9月末に彼の満足度は50%に低下した。13日~18日にかけて実施した成人への世論調査によると、56%の人が不満を持ち、43%の人が彼の業績に満足している。

バイデンは19日、世論調査の低さについて尋ねられたとき、「私は世論調査を信じていない」と答えた。

28%の人がバイデンの再選を支持している方が驚き。

https://www.aboluowang.com/2022/0122/1698949.html

1/22阿波羅新聞網<《柳叶刀》重磅:全球新冠“大流行”即将结束=「The Lancet」の重大ニュース:世界的な新型コロナ「パンデミック」は終わりに近づいている>1/19、権威ある医学雑誌であるThe Lancetは、新型コロナウイルス(中共Pウイルス)は引き続き存在するかもしれないが、世界的な新型コロナの「パンデミック」は終わりに近づいているとの重大な解説記事を発表した。

日本の厚労省や専門家会議の人達はこの記事を読んでいないのか?

https://www.aboluowang.com/2022/0122/1699026.html

1/22阿波羅新聞網<中共渗透中亚撒币数千亿 智库:五国需要中共对抗俄罗斯=中共は中央アジアに浸透するため、数千億元をばら撒く シンクタンク:ロシアと対抗するために5カ国は中共を必要としている>カザフスタンの混乱は世界的な注目を集めているだけでなく、中央アジアにおける中共の影響力をさらに顕著にしている。近年、中共は中央アジアの5か国に数千億元を注ぎ込み、これらの国々との関係をしっかり引っぱろうとしている。

カザフのトカエフを見ていると金だけで動かないのが分かる。ロシアは中共を利用するだけで信頼はしていない。

https://www.aboluowang.com/2022/0122/1699160.html

1/22阿波羅新聞網<习近平突晋7上将 为二十大连任保驾护航?(图)【阿波罗网报导】=習近平は突如7将軍を大将に昇進させる、20大での再選を堅固にするため? (写真)【アポロネット報道】>CCTVのニュース報道によると、1/21、中共中央軍事委員会は、北京の「八一」ビルで将軍の大将昇進式典を開催した。中共北部戦区の政治将校である劉青松を含む7人が昇進し、7人の新しい職務が初めて公開された。

江沢民の時代から軍人へのご機嫌取りでしょう。

https://www.aboluowang.com/2022/0122/1699113.html

1/22阿波羅新聞網<逾2千万人行程码带星!北京疫情升级 当局懒政百姓崩溃(图/视频)【阿波罗网报导】=2000万人を越えて旅程コードに“*”がつく!北京の疫病流行はエスカレートし、当局は政治に溺れ、大衆は崩壊する(写真/ビデオ)[アポロネット報道]>昨日20日、北京の2,000万を超える居住者、農民工、観光客の旅程コードにはすべて“*”が付けられた。つまり、過去14日間の生活で、中リスク地域と高リスク地域の都市が含まれ、出かけることはできない。北京にいて影響を受けた人達は崩壊し始め、Weiboに当局の政治に溺れた一刀両断の政策について不平を言った。

オリパラが終わるまで、北京は全市で都市封鎖するかもしれない。そうすれば餓死者が出るかも。

https://www.aboluowang.com/2022/0122/1699006.html

何清漣はリツイート

李進進 @li_jinjin  4h

週刊「タイム」は、バイデンがWH入りして1年経った「成績表」をリストした:

1月:バイデンの過激な第一週、男女同一トイレ、キーストーンXL石油パイプラインプロジェクトの取消などを含む一連の法令に署名した。

2月:バイデンのCDCは強制的に学校閉鎖をしようとした。

このスレッドを表示

何清漣 @ HeQinglian 11h

ザ・ヒルは1/16に、CBSニュースが16日に発表した新しい世論調査で、回答者の半数が、「不満」と「失望」を感じたと述べ、40%の人は大統領職が彼らを「緊張」させたと述べ、25%だけが「普通」で「満足」したと述べたと報道した。

–質問したいのだが、満足している人は略奪者か性転換者か?このタイプの人だけが、この1年間にやりたいことを何でもした。

土田氏の記事で、ドイツは他の欧州諸国と折り合えなければ、電力不足に陥るのでは。米国の圧力でノルドストリーム2がストップされていますが、ベーアボックが天然ガスはグリーンでないと思っているのであれば、ニ進も三進もいかなくなり、選挙をやりなお押すしかなくなるのでは。それでは手遅れでしょうけど。左翼メデイアの口車に乗せられて投票すると痛い目に遭うという好例。日本は早く原発を動かさないと。

記事

欧州内外で迷走し始めたショルツ政権(写真:代表撮影/ロイター/アフロ)

(土田 陽介:三菱UFJリサーチ&コンサルティング・副主任研究員)

2021年12月にスタートしたドイツのショルツ新政権が、欧州内外で迷走している。

年明けの1月17日、ショルツ首相はスペインの首都マドリードを訪問し、サンチェス首相と会談した。欧州連合(EU)の財政規律や移民問題などの重要課題について話し合うとともに、両国で首脳会議を開くことでも合意。関係の強化を図った模様だ。

ショルツ首相を擁するドイツの与党、社会民主党(SPD)は中道左派政党だ。4期16年のメルケル前政権の下では、中道右派の保守連合(Union)のパートナー政党としての位置付けに留まり、党勢の地盤沈下に歯止めがかからなかった。しかし、昨年9月の総選挙では、ショルツ首相の国民的な人気もあって第一党の座に返り咲いた。

他方で、サンチェス首相を擁するスペインの与党、社会労働党(PSOE)も中道左派政党で、SPDとPSOEは欧州議会で中道左派の政治会派である「社会民主進歩同盟」に属している。中道左派政党の退潮は汎欧州的な現象だが、そうした中で、両党は中道左派政党の復権を目指し、協力関係を強めているという見方ができる。

もっとも、脱原発を目指すショルツ政権とサンチェス政権がEU内で孤立していることも、SPDとPSOEの接近を生んだと言える。

EUの執行部局である欧州委員会は年が開けた1月1日、原子力と天然ガスを脱炭素に貢献するエネルギーに位置付ける方針を示した。これにドイツとスペインは反発しているが、フランス発のこの流れが止まることはまずありえない。

反露・反中の環境政党と組むという劇薬

ドイツで脱原発に強いこだわりを見せているのが、SPDと連立を組む環境政党、同盟90/緑の党(B90/Grünen)だ。脱原発を公約に支持を広げた経緯がある同党にとって、その撤回は受け入れ難い。共同代表の一人であるハーベック副首相兼経済相が気候政策を担当していることもあり、同党は今年末に定めた脱原発目標の実現に執着する。

電力価格の高騰に伴い、ドイツでも脱原発の在り方を見直そうという世論が高まっている。ただ、そうした声に耳を傾けてしまうと、B90/Grünenは環境政党としての「レゾンデートル」を失うことになる。一方、クリーンな化石燃料である天然ガスをロシアから「ノルドストリーム2」を通じて購入することも、B90/Grünenには受け入れ難い。

B90/Grünenのもう一人の共同代表であるベーアボック外相は、ロシアと中国に対する強硬論者として知られる。EUとロシア・中国との関係悪化は今に始まったことではないが、メルケル前政権期までのドイツは実利的な観点から中国やロシアとの関係を重視していた。しかしベーアボック外相は、そうした過去の外交方針との決別を図る。

そのベーアボック外相は、膠着するウクライナ情勢の緊張緩和を目指し、1月17日にウクライナのゼレンスキー大統領らと、翌18日にロシアのラブロフ外相と続けて会談した。事務方の間では、フランスを含めた4カ国会合(ノルマンディーフォーマット)の常設化に向けた期待も高まるが、果たしてベーアボック外相が妥協に応じるだろうか。

理想主義に燃えるB90/Grünenの存在は、ドイツにとって「劇薬」そのものだ。それを理解してSPDはB90/Grünenと連立を組んだわけだが、新政権が発足して1カ月足らずで当初から想定されていた「劇薬」の悪影響が徐々に出始めている。プラスの効果が出るとして、ドイツがそれまでの時間を耐えることができるかは大いに疑問だ。

環境でも外交でも孤立するドイツ

冒頭で述べたように、SPDはスペインのPSOEとの協力関係を深化させようとしている。脱原発を重視するPSOEは、国内の発電の100%を再エネで実現する方針を掲げているため、B90/Grünenとも親和性が高い。とはいえ、スペインの国内事情に鑑みると、総選挙が行われた場合に、PSOEが政権を維持できるかどうかは微妙だという点に留意する必要がある。

スペインのサンチェス政権はPSOEと極左政党ウニダス・ポデモス(UP)の連立政権だ。両者の足元の支持率を足し合わせると40%を下回るが、中道右派の国民党(PP)と極右政党であるVOXの両党の支持率を合わせると40%を上回る。議会の任期は2023年12月だが、解散総選挙が行われれば、PPとVOXが政権を奪取する展開が見えてくる。

仮にPPとVOXによる新政権が成立すれば、国際エネルギー機関(IEA)から見直しが提言されていることもあり、脱原発が見直されることになるだろう。脱原発路線を堅持するショルツ政権にとって、この展開は痛手となる。イタリアはさておき、エネルギー政策を巡り、主要国はドイツだけがEU全体の方針と相反することになるためだ。

外交に関しても、ドイツが孤立感を強めるシナリオが懸念される。確かに、EUはロシアや中国と対立しているが、一方で緊張緩和に向けた動きも模索している。特に、実利的な観点に立つ欧州委員会にはそうした向きが強い。外交交渉の経験がないベーアボック外相の立ち回りが、かえってロシアや中国との関係改善を阻む可能性は否めない。

B90/Grünenだけではない。連立を組むもう一つのパートナー、自由民主党(FDP)の財政タカ派的なスタンスもEUに波紋を呼んでいる。1月17日に開催されたユーロ圏財務相会合では安定成長協定(SGP)として知られる財政ルールの運営方針について協議が行われたが、その際にドイツのリントナー財務相は早期の財政健全化を主張した。

財政赤字をGDPの3%以内に、公的債務残高を同60%以内に抑えるという財政ルールは、コロナ以前からその妥当性について議論がなされていた。コロナ禍でこのルールは一時的に棚上げとなっているが、リントナー財務相はいち早い健全財政路線への転換を主張。財政運営の弾力化を主張するフランスのルメール財務相らとの対立姿勢が浮き彫りになっている。

欧州内外で孤立しつつあるドイツ

EU自体、フランスを中心とする西欧諸国が、第二次大戦後のドイツをどう管理していくかという発想から生まれている。そうした経緯がある以上、ドイツがEUで孤立するのはある意味では宿命だ。しかしながら、本来ならば埋められるはずの他の欧州諸国との溝をドイツ自身が深めてきた点は否めず、メルケル政権期はそうした傾向が顕著だった。

そもそもB90/GrünenとFDPの関係は「水と油」であり、最大勢力であるSPDもまた安定多数に程遠い。発足以前から「烏合の衆」と目されていたショルツ政権だが、そうした懸念は当たってしまったように見られる。政党間の様々な思惑が交錯する中で、メルケル前政権期以上に欧州内外で「孤立」する展開が、現実味を帯びている。

良ければ下にあります

を応援クリックよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください