『米国で空前の山火事、駆り出される女性受刑者の悲惨な実態 事故頻発、意識不明の受刑者の手には手錠、重労働の報酬は5ドル』(7/31JBプレス 堀田 佳男)について

7/31看中国<进行时 连续3名美国国会议员被捕(图)=(デモ)実施中、米国議会議員3人が連続して逮捕された(写真)>シーラジャクソンリー(Sheila Jackson Lee)米国下院議員はテキサス州の民主党員で、7/29(木)ワシントンDCでの投票権の抗議デモ時に警察に逮捕された。

ジャクソン議員事務所が公開したビデオクリップによれば、議員らが米国上院のハートビルの入り口の前に立って大声で抗議していることを示していた。逮捕前に、キャピトルヒル警察はデモ隊にこれが彼らの「3番目で最後の警告」であると警告を出し、彼らがその地からすぐに解散することを要求した。警察の宣告の後、抗議の群衆はまだ動かずに集まったままでいた。すぐに、法執行部門はジャクソンに手枷を施し、他のデモ参加者は手錠をかけられ、警察のバスに連れて行かれた。

事件後、議員はいくつかの写真をアップロードした。そのうちの1つは、結束バンドの手錠をかけられ、警察に連れて行かれた写真である。もう1枚は、刑務所か拘置所のように見える場所から出てきた写真である。

ジャクソンリーは、拘禁を「良いトラブル」と表現し、米国議会に「ジョン・ルイス投票権法」と「H.R.1法」の承認を厳しく求めていると説明した。

これらの2つの法案は、米国の選挙制度に全面的革命を起こすことを目的とした法案である。核心は、米国の先賢たちが心を砕いた合法的有権者の識別を最大限に撤廃しようとしている。先賢たちは、曖昧な「米国市民」に投票権を与えようとするのに対して、正当な有権者を特定し、彼らの権利を保護するために投票権の資格制限をすることである。両法案が曖昧模糊と言われるのは、抜け穴が大きすぎて、多数の違法有権者につながる可能性があるためである。

本当に民主党と言う政党は、不正を堂々と主張する政党です。恥を知らない。

https://www.secretchina.com/news/gb/2021/07/31/979660.html

8/1阿波羅新聞網<梅克尔接班人卷入抄袭风暴被迫道歉 民调狂跌=メルケルの後継者は剽窃の嵐に巻き込まれ、謝罪を余儀なくされた 世論調査は急落>ドイツのメルケル首相は9月の選挙に出馬せず、党の後継者であるアルミンラシェットが洪水の調査中に笑いが止まらないのを映され、昨日再び剽窃事件に関与し、謝罪を余儀なくされ、世論調査の支持率は急激に下落した。

ラシェットは、2009年に移民がどのようにドイツ社会に同化したか書いた本の中で、一部の段落は引用先を示しておらず、将来改訂されると述べた。彼は当時、ノルトラインヴェストファーレン州の統合大臣であり、現在は州首相である。

緑の党のリーダーであるアンナレーナ・ベアボックは、剽窃の疑いで保守派に攻撃され、保守派のラシェットは、「二重基準」の問題に直面する可能性がある。

ドイツの公共テレビ局ZDFに対してPolitbarometerが実施した最新の世論調査によると、ラシェットの支持率は過去2週間で12パーセント急落し、首相にふさわしいと考える人は35%に過ぎない。社会民主党(SPD)のオラフ・ショルツは54%の支持を得ている。

川口マーン惠美の『メルケル仮面の裏側 ドイツは日本の反面教師である』を今読んでいますが、メルケルは野心家(自分を引き上げてくれたコールの腐敗事件に対して、糾弾した寄稿を出した)、ポピュリスト(原発推進から、大衆の反原発の気分が強いのを見て反原発に舵を切りなおす、大衆受けすると思えば、EUルールを無視して移民受け入れ)とありました。まだ途中なので、評価はできませんが、あれだけ嫌ったトランプと同じくポピュリストと言うのは面白い。

https://www.aboluowang.com/2021/0801/1626714.html

7/31阿波羅新聞網<中共核发射井接连曝光 动向危险至极—与中共对话不会有结果=中共の核サイロが次々と露見し、その動きは非常に危険-中共との対話は結果を生まない>章家敦は、中共がいかなる軍縮協定も受け入れる可能性は非常に低いため、米国は既存の協定に規定されている上限についてロシアと再協議することを検討すべきだと述べた。彼は、結局、米国は「中国(中共)が我々と戦う準備をしているので、中国(中共)と戦う準備をする必要がある」と述べた。

7/26(月)の米国科学者連盟(AFS)のレポートによると、衛星画像は、中共が新疆ウイグル自治区東部のハミ近くに110発の核ミサイルサイロを建設していることを示していた。先月中共は甘粛省玉門に120の新しい核ミサイルサイロを建設していることを外部が気づいた。これらはICBMを保管するのに使われる。

米国は核戦争になる前に、貿易と金融で締め上げないと、中共に時間の利益を与えることになる。

https://www.aboluowang.com/2021/0731/1626694.html

7/31阿波羅新聞網<资金疯狂外逃 北京这下慌了?=資金は狂ったように逃げ出す?北京は今パニックになっている?>今週、米国と香港に上場している中国のコンセプト株価が急落し、売りは教育訓練株から海外に上場している多くの中国のコンセプト株に広がった。同時に、この売却は上海と深センの株式市場にも影響を及ぼし、債券と外国為替市場にも影響を及ぼし、所謂「連続殺人」となった。このパニック売りはすでに中国の資本市場を危険にさらし、中共当局は市場をなだめ、救済するために前に出なければならなかった。そのため、香港と大陸の株式市場は7/29に急反発し、米国上場の中国のコンセプト株もまた、失地回復した。

中共が宥めた後、市場は反発したが、長期的な懸念は未解決のままである

中国証券監督管理委員会は28日、大手投資銀行の幹部を招集し、市場の懸念を緩和するために急いで電話会議を開催した。会議の参加者には、ゴールドマンサックスグループやUBSグループなどの多くの大手国際銀行が含まれていた。

ブルームバーグ・ニュースによると、中国証券監督管理委員会の副委員長である方星海は会議で、中国は世界市場、特に米国とデカップリングするつもりはないと述べた。北京では、将来的には上場企業への政策の影響を考慮し、急激な市場変動を回避するために、より慎重に新しい政策を導入する予定であると。方星海はまた、中共は民間企業と国際投資家の利益を保護することを望んでおり、中共政府は外国投資を誘致するためのより多くの政策を導入することを計画していると述べた。

同時に、公式メディアは一連の記事を発表し、業界の規制政策が中国の長期的な発展に役立っていることを強調し、中国の対外開放の決意は変わっていない。新華社通信も29日、中国の資本市場開放のペースが鈍化することはないと述べた記事を発表した。

中共によるこれらの宥和行動はいくらか効果があった。 29日には、中国と香港の株式市場が急反発し、ハンセン指数はこの1年で1日の最大上昇を記録し、上海総合指数も2か月で最大の1日での上昇を記録し、人民元為替レートと中国の債券市場も一緒に力強く動いた。しかし、ある分析では、これは単なる技術的な反発であると考えており、公式声明は、市場の各方面の懸念を和らげたが、関連セクターに対する投資家の慎重で悲観的な見方を覆すには十​​分ではない。

投資銀行のモルガン・スタンレーは最新のレポートで、最近のニュースは市場の一部の懸念を解決するかもしれないが、すべての懸念を鎮めることはありそうにないと述べた。ロイターの調査によると、中共政府による教育、テクノロジー、不動産業界の当局による規制見直しの高まりにより、市場は不安になっていて、投資家は6月以降、人民元への買いを減らしているが、今週人民元は好転した。

WSJが報じたように、透明性に欠ける権威主義システムは、中共政府が迅速かつ効果的な行動を取ることを可能にするが、それはまた、政策の風が投資家にとって不利な場合、投資家がより大きな不確実性に直面することを意味し、頼るべきものは殆どない。

多くの人が懸念している重要な問題は、監督の強化が拡大し、より多くの産業に影響を与えるかどうかである。業界の中には、中共政府が後に医療などの制御不能と思われる他の業界に焦点を移す可能性があると考える人もいる。さらに、インフラの独占で暴利を貪り、民衆の負担を増大させる分野は、将来投資制限される可能性がある。

では、習近平はこの一連の規制措置を通じて何を達成したいのか?教育、医療、住居など、人々が負担できないいわゆる「三山」と戦うのは本当なのだろうか?彼らは貧富の差を広げ、また人々がより多くの子供を持つことを妨げるからか?

しかし、河南省が壊滅的な洪水に見舞われたとき、中共高官が被災地を訪れて哀悼の意を表すことはなく、習近平はチベットに行って「トイレ革命」について指示することさえした。そのような政府が人々の福祉を考慮するだろうと想像することは難しい。

おそらくより根本的な理由は、習近平が自分の権力を維持し、独占禁止を通じてすべての民間資本を自分の手で管理し、国内外の困難な状況下で徐々に鎖国するため、内部循環経済に移行できるようにしたいということである。したがって、北京は政策面でも、半導体、新エネルギー、電気自動車、リチウム電池、農業、軍需産業など、経済成長と自立を促進する産業を積極的に支援していることがわかる。

方星海は外資を利用して、一時的に市場を持たせたのが見て取れます。でもウオールストリートも根性がない。方星海は嘘を言っているに決まっています。習以外に決定権はないのだから、投資者保護なんて習の一言で簡単にひっくり返ります。中共はこれまで大陸に入った金は、外に持ち出せないようにしてきたではないですか。

https://www.aboluowang.com/2021/0731/1626692.html

7/31希望之声<中国本土疫情持续扩散 郑州病例刚现先找人背锅=中国の疫病流行は広がり続けており、鄭州の病例は誰かに責任を押し付けていることが判明したばかりである>中国での中共ウイルス(新型コロナ)が再び発生し、南京で始まった感染の連鎖は拡大し続けている。洪水の後、河南省鄭州でも疫病が発生し、当局は直ちに衛生健康委員会委員長と病院党委員会書記を解任した。

中共国家衛生委員会の疾病管理予防局の一級検査官である賀青華は、31日の連合防疫システムの記者会見で、7/20の南京で病例が報告されてから、30日の24:00までに江蘇省南京ではこの関連病例で累計262例が報告されており、南京は依然として流行が広がるリスクがある。この流行には3つの特徴がある。1つは中共ウイルスのデルタ変異株の輸入が引き起こしている。2つ目は真夏と夏休みのため、人々が観光地に集まった。3つ目は、発生した場所は、人口密度が高く、人流が比較的多い国際空港であった。これらの3つの特徴により、現在、流行は省内他市から省外の他の都市に広がり、短期的には他の地域にも広がり続けるリスクがある。

南京でのこの疫病の広がりはまだ続いており、江蘇省、安徽省、四川省、遼寧省、広東省、湖南省、北京を含む少なくとも8つの省の20都市に少なくとも影響を及ぼしている。

さらに、国家衛生健康委員会が報告したデータによると、7/20の南京での疫病の発生以来、7/30現在、31の省(自治区、直轄市)と新疆生産建設兵団が11日間で245の新規症例を報告している。現在、江蘇省、湖南省、北京市、四川省、遼寧省、雲南省、安徽省、広東省、福建省、重慶市の10省で感染が報告されている。

中共の公式データは、隠蔽を伴う可能性があるとして常に非難されてきた。

まあ、中国の発表数字の100倍は患者がいるでしょう。

https://www.soundofhope.org/post/531017

何清漣さんがリツイート

李江琳 @ JianglinLi 2時間

この記事を読んで。このワクチン接種は基本的に天命を聞くことになる。

引用ツイート

Candice  @ rapandroses_ 22時間

私の母はJ&J💉を打って、今日亡くなった。

何清漣さんがリツイート

何清漣 @ HeQinglian  6時間

返信先:@ Swanlake1979さん

これは古い記事であるが、中国は「統制経済」の時代に戻ることができるのか?

統制経済は計画経済であり、4年前、習は計画経済の時代に戻ると噂されていた。この記事では、習が具えていない、毛時代に計画経済を実行した前提条件を分析する。中国の現在の主要な鉱物資源は国際市場に大きく依存しており、食料自給率は70%を超えるだけで、国を閉鎖することは不可能である。

これまで、そのときと状況は変わっていない。

何清漣 @ HeQinglian 1時間

日本での新たな確定症例数は、1日で10,000例を突破した。 まさか東京オリンピックを開催したからか?

https://rfi.my/7cMv.T from

@RFI_Cn

オリンピックを開催しない場合、日本は(戦わずして)負けるわけにいかないだけでなく、多くの年配のアスリートも待つ余裕がない。これがオリンピックを開催した理由である。

全世界が米国のワクチンを期待していたが、米国のワクチンの有効性は今疑問視されている。

日本での新たな確定症例数は、1日で10,000例を突破した。 まさか東京オリンピックを開催したからか?

日本放送協会のテレビ局の統計によると、29日18時30分現在、日本は当日、10,699件の新型コロナの新規確定症例があり、1日での新規確認症例数は初めて10,000件を超えた。累計確定症例は903・・・・・・に達した。

rfi.fr

堀田氏の記事では、余りに扱いが酷すぎる印象を持ちました。これが、民主党が治める州の事かと。結局民主党と言うのは綺麗事だけで、やるべきことをしない政党です。

日本ではとても受刑者に消火活動を任せることはないでしょう。山火事が少ないと言うのもある?受刑者に任せたとしても、倒れた人に手錠をかけることはないと思います。

記事

カリフォルニア州の山火事で消防作業に携わる隊員(7月28日、写真:ロイター/アフロ)

米西南部を悩ませている自然災害がいま、深刻さを増している。

今夏の熱波によってカリフォルニア州やオレゴン州を含む12州で発生した山火事は、すでに80カ所を超えており、いまも被害は拡大している。

その中でも特に、オレゴン州南部で7月6日に発生した「ブートレッグ火災」はいまだに燃え続けており、鎮火のめどは立っていない。

延焼面積は東京都の2倍にも

延焼面積はすでに東京23区の2倍に達している。

ちなみにブートレッグというのは、今回の山火事が同州のブートレッグ・スプリングズという場所から発生したことで名付けられた。

千人単位の消防士が消火活動にあたっているが、その中に女性受刑者で組織された消防隊がいることを知る人は少ない。

7月下旬に米国で出版された単行本『ブリージング・ファイア(火を噴く)』には、毎年多くの山火事消火に駆り出される女性受刑者たちの悲哀がつづられている。

受刑者たちの多くは「狭い監獄から抜けられるのであれば何でもする」といった意識から消防隊に志願するが、中には命を落とす者もいる。

服役中だったシャウナ・ジョーンズ受刑者(22)は2016年、カリフォルニア州の山火事現場で亡くなった。

危険な業務であるため、時に死傷事故が発生するが、ジョーンズ受刑者の場合は事故後、悲惨な実態が明らかになり、「あまりにも非人道的」との声が上がった。

それはバケツ大の岩がジョーンズ受刑者の頭部にあたって意識不明になり、タンカで運ばれる時のことだった。

ぐったりしている同受刑者に手錠がかけられたのだ。

同書の著者ジェイミー・ロウ氏は米雑誌とのインタビューで述べている。

臨機応変の対応ができない官僚組織

「カリフォルニア州は消防士として活動する受刑者の処遇にずっと当惑したままなのです。どう対応したらいいのか分かっていない」

こう述べた後、さらに州政府を批判する。

「同州のような巨大な官僚組織になると規則が先にくるため、臨機応変に対応できない。ですから意識不明の人に手錠をかけたりするのです」

「これは明らかに非人道的であり、悲劇です」

米国では受刑者が消防隊員として活動してきた歴史がある。

第2次世界大戦中、多くの男性が戦争に出向いたことで、様々な分野で人手不足になり、受刑者による消防隊が編成されたのだ。

活動中は監視されていることもあるが、逃走する受刑者はほとんどおらず、全米で「受刑消防士」が増えていく。

ただ消防士としての業務は過酷であり、技術が必要になる。

実際の現場に出る前に徹底的に訓練を受ける。

山間部に入るとチェーンソーで木を倒し、火事が拡大しないように「コンテインメント・ライン(封じ込め線)」というものを設定し、根を掘り起こして土をむき出しにして延焼を阻止する。

女性にとっては過酷な現場である。

それでも消防士に志願する受刑者たちには理由がある。ロウ氏が何人もの女性受刑者に話を聞いている。

塀の中にいるよりまし

最初は前述したように、「狭い監獄から抜け出られるのであれば何でもする」という物理的な開放感が挙げられる。

消防士になるための訓練も屋外であり、「塀の中でじっとしているよりはマシ」との判断だ。

さらに受刑者の家族が訓練中に面会に来た時は、ピクニックのような雰囲気の中で共に食事をすることもできる。

2つ目の理由は、消防士として社会貢献ができる機会を与えられれば、尽力したいとの思いだ。

罪を犯して逮捕され、そして有罪判決を受けて刑務所に入った受刑者たちの多くが更生を望んでいるのも事実だ。

消防士という立場を通じて社会貢献の意義を感じているという。

受刑消防士は州政府にとって、予算の削減になる。ロウ氏の指摘によると、受刑消防士の割合は意外なほど高く、カリフォルニア州では全体の30%に達することもあるという。

それだけで同州予算を年間約1億ドル(約110億円)も削減できることになる。

カリフォルニア州政府もその事実を認めており、受刑者を消防士として働かせることは予算の節約と社会更生の両面で意義があるとしている。

「受刑者であっても怠け者は多くないはず。働けばより良い時間を過ごすことができる。何かを学ぶことで、より更生した人間になることができる」

日給はわずか5ドル

こうした見解を出しているが、受刑消防士が消防士として得られる日給は5ドル(約550円)に過ぎない。

「報酬を得られるだけいい」との考え方もあるが、1日5ドルは少なすぎるとの声も強い。

ロウはこう自説を述べる。

「消火活動に必要だからとの理由で、女性受刑者が使われているのです。非人道的な処遇も見直さなくてはいけません」

「そして刑期中に消防士として活動しても、出所後にその経験を生かせないことが多い」

2020年9月、カリフォルニア州ギャビン・ニューサム知事はこうした状況を打破するための法案に署名した。

だが実際問題として、元受刑者が出所後、すぐに消防士として雇用されることは稀である。

法案が雇用を保証する内容でないため、受刑消防士には目に見えないハードルがあるのだ。

さらに過去40年間で、全米の女性受刑者数は700%以上も増加しており、女性の投獄率が世界で最も高い国になってしまった。

刑務所内はますます非人道的に

刑務所内での性的暴行や独房での処罰など、所内での不人道的な問題も増える傾向にある。

「受刑者であれば厳しく扱われて当然」との考え方がある一方で、本来であれば「受刑者であっても人間として扱われるべき」という考え方に置き換えられるべきだろう。

ロウ氏はこう見解を表す。

「受刑者として消防活動を行うことは、投獄されている状況からの逃避になるかもしれない。しかし刑務所が抱えるシステムの不正が糾されるようにはみえない」

「重傷を負った消防士が担架で手錠をかけられる場面がそれを物語っている」

良ければ下にあります

を応援クリックよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください