『韓国文政権の「親北暴走」が止まらない、理性なきGSOMIA破棄を元駐韓大使が解説』(8/26ダイヤモンドオンライン 武藤正敏)について

8/28希望之声<《大纪元》在《华尔街日报》发声:NBC诽谤竞争者=《大紀元》は《WSJ》で声を上げる:NBCは競争相手を誹謗>NBCニュースが大紀元への歪曲報道したことに対して、WSJは8/27(火)に大紀元英文版発行人であるスStephen Gregoryの評論文を載せ、NBCは同業の競争相手を誹謗したと指摘した。

大紀元も中共の攻撃の主な目標である。 過去19年間、大紀元は人権迫害を含む中共の悪の記録に関する多くの画期的な報道をしてきた。 中国の大紀元社の従業員は2000年の秋に逮捕され拘留された。

NBCが何故大紀元を攻撃するのか? NBCは、大紀元がトランプ大統領再選の主要な構成要素であると主張している。 「これは間違い!大紀元は独立しており、無党派である」。

大紀元は、Facebookのいわゆる政治広告に対する不透明かつ恣意的な規範に対応するためにずっと懸命に取り組んでいる。 大紀元の広告にはその報道について意見を述べており、各広告は発行前にFacebookによって承認されている。 しかし先週、FacebookのWebサイトは大紀元の広告を禁止した。 NBCは、「Facebookの決定は、NBC Newsが提起した審査問題を受けたものである」と述べた。

Facebookのアカウント停止や広告掲載停止の基準はいい加減なのでは。ザッカーバーグの嫁は中国系米国人だから共産主義に大甘な気がします。

8/27WSJ<NBC News Smears a Competitor Its attack on the Epoch Times is in line with Beijing’s propaganda demonizing Falun Gong.>By Stephen Gregory

https://www.wsj.com/articles/nbc-news-smears-a-competitor-11566947297?mod=searchresults&page=1&pos=1

https://www.soundofhope.org/gb/2019/08/28/n3139091.html

8/28看中国<丹麦前外交官揭北京招间谍手段 在LinkedIn最活耀(图)=デンマークの元外交官は北京がスパイをリクルートする手段としてLinkedInを最も活用と(図)>ある西側の防諜担当官によると、「外国人エージェントはSNSを利用してスパイを募集し、LinkedInが主なターゲット捜しに使われている」と。 米国、英国、フランス、ドイツの情報機関は、LinkedInの何千人ものユーザーに、外国人エージェントに警戒せよと警告している。当局は、中国のスパイはLinkedInで最も活発に活動していることを強調した。

小生も友人の誘いに乗り、リンクトインに加入していますが使ったことがありません。中共は何でも利用しますから、便利さの裏には危険が潜むことに気を付けておかないと。

 https://www.secretchina.com/news/gb/2019/08/28/905277.html

8/28阿波羅新聞網<中美貿易戰勝負初露跡象?中國工業凋零北京不得不…? 美巨頭執行長:將供應鏈移出不難=米中貿易戦の勝負は初めてその兆候を見せる?中国工業が落ちこぼれている時に北京は・・・せざるを得ない?米国の巨大企業CEO:サプライチェーンを移すのは難しくない>ウォール街のトップアナリストであるシーリンは、商品とサービスを充たす世界では買方が優位であるため、米中貿易戦争でアメリカが必ず勝つと考えている。 エコノミストの程暁農は、米中貿易戦争の成功と失敗が初めてその兆候を見せ始めているという分析も書いている。 米中貿易戦争が全面展開してわずか3日後、中共は交渉意欲を表明した。香港メディアは、北京が突然顔を変えたと分析した。それには3つの主な理由がある。

(①米国の強硬な反撃は北京には予想されており、トランプ米大統領は、同日、すべての中国製品5500億$分に5%の上乗せ関税を賦課すると発表しただけでなく、米中の経済・貿易を切り離すため、米国企業の撤退を命じるために「国際緊急経済法」が発動されるかもしれないと警告した。

②フランスで開催されたG7サミットで、すべての国が中共の抑制のために米国を支持し、中国が前例のない孤立に陥ったことである。 ③貿易戦争の突然のエスカレーションは中国の資本市場に大きな混乱を引き起こしたことであり、米ドルに対する人民元のオフショア為替レートは月曜日に7.2近くまで低下し、中国の金融システムを危うくした )。 さらに、中国本土の産業は衰退しており、中国は貿易戦争の拡大による全面的な負の影響に直面している。 さらに、有名なアメリカの玩具会社HasbroのBrian Goldner CEOは、サプライチェーンを中国外に移動することは難しくないと述べた。

ドンドン工場を中国から移転してほしい。日本企業はどうなっているのでしょう?

http://hk.aboluowang.com/2019/0828/1335408.html

8/28阿波羅新聞網<中共金融官員嗅到致命氣息 巨壓逼近死穴中美談判沒交集 人民幣破新低企業百姓都心慌=中共の財務担当官は致命的な匂いを嗅いだ 大きな圧力は死の穴に近づけさせ、米中交渉は起きなかった。人民元は新安値を記録し、企業や大衆は動揺した>数日前、中共のシンクタンクは「中国金融40人フォーラム」を開き、中共の元金融高官は、「米中貿易摩擦は恐らく長期的になるだろう」と述べ、「グローバルな市場システムはいくつかの非常に大きな歪みを見せ始めた」と述べた。 専門家は、「中共の職員は致命的な臭いを嗅ぐべきである。このような状況下での対策について、世界は警戒する必要がある。」と詳細に分析した。中共の9つの方向性は、国際社会のすべてのレベルを歪め、人民元の国際化は広がらない。 中共は、大きな圧力が死の穴に近づけさせているのを理解すべき。米中交渉は起きなかった。中共は反対意見を認めることはできず、25年に亘る自由主義シンクタンクを無理に閉めさせた。 アメリカの投資銀行バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチのレポート:米ドルに対する人民元の年末までの為替レートを7.5に予測し、来年末までには7.6を予想している。 人民元の為替レートの変動が激化しており、中国の企業や大衆は動揺している。

希望之声とのインタビューで、謝田教授は、中共が少なくとも9つの方向で国際社会のすべての側面を歪めていると分析した。

第一に、中共がWTOへ加盟し、市場の地位に関して攪乱しているが、本来は国際分業を目的としている。

第二に、中共の、市場の技術を変え、外国の技術を盗むことを考えるという原則は、国際的な知財市場に歪みを与える。

第三に、中共は強制的に$を吸い上げ、為替レートを操作し、巨額の貿易黒字をとる方法は、国際金融市場の歪みを齎す。

第四に、中共が国際通貨および金融システムを脅かす武器として購入した米ドル債は、国際資本・金融市場を歪ませている。

第五に、中共の偽物や剽窃が産業のレベルアップを果たし、他国のメーカーに脅威となり、国際的なサプライチェーンを歪めている。

第六に、中共の鉄鉱石、レアアース、資源回収製品への要求は、国際的な原材料市場を歪ませる。

第七に、中共は「一帯一路」を使い、国営企業がアフリカ、東南アジア市場を掌握するのを助け、中国自身の設備と労働力を輸出し、失業を輸出するのは国際労働市場を歪ませる。

第八に米中貿易戦争が始まり、中共は何も言わず、引延し戦術は無用の極みであり、国際社会の信用と外交礼節を捻じ曲げるものである。

第九に中共は、共産主義の邪悪な価値観を輸出し、孔子の名の下に世界を欺き、文明を破壊し、伝統を弱体化し、信仰団体を迫害するのは、国際人権と普遍的価値を捻じ曲げるものである。

如何に中共は悪いことをしているかです。今まで見て見ぬふりをして来たのが悪い。やっとトランプになって、それが是正されようとしています。

謝田教授

http://hk.aboluowang.com/2019/0828/1335409.html

8/29 2:48トランプのツイッターです。国境の壁がどんどんできています。日本も共産主義者の侵入を防ぐ心理的な壁が必要です。

Donald J. Trump

@realDonaldTrump

The Wall is going up very fast despite total Obstruction by Democrats in Congress, and elsewhere! https://instagram.com/p/B1t2uUeBXdU/?igshid=b6tjibw3fnws

https://twitter.com/i/status/1166769660450226177

8/28聯合ニュース<韓国次官 米大使に韓日軍事協定破棄への失望表明の自粛要請>

https://jp.yna.co.kr/view/AJP20190828004700882?input=fb&fbclid=IwAR0Ywa4x4uxeNHolEBNs_ksrrIWkeJy9g4ZTT3ckqrq44ob2pJS5Mi9ASJ8

8/29NHKニュース 5:22<米高官、韓国にGSOMIA更新要求>

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190829/k10012054121000.html?utm_int=nsearch_contents_search-items_001

武藤氏の記事では、韓国政府は理性的な判断ができなかったとありますが、いつものことでしょう。駄々をこね、主張が通らなければ通るまでヤクザのように脅したりすかしたり、国力がある程度ついてからは世界に嘘をばら撒いて貶めるやり方を続けてきました。今まで日米が甘い対応をして来たので増長したのです。やはり、痛みを体験させないと分からないので、日本は徹底的に韓国経済を干上がらせたらよい。金融制裁までやれば良いでしょう。

まあ、文在寅は習近平と同じく日本のノンポリ層に嫌韓・嫌中にさせる役割を果たしていますから、ずっとリーダーを続けてほしい。保守派がいくら主張しても大衆は気が付かないので、彼らの嫌がらせや反応を見せれば非常に効果があります。ただ、日本のメデイアは左翼で、彼らを支援して曲がった解説をします。自分の頭で考えれば分かる話ですが。

記事

GSOMIA破棄を決めた韓国・文在寅大統領(中央) Photo:Handout/gettyimages

GSOMIA破棄は予想外の決定か

 8月22日、韓国の文在寅政権は日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄を決定した。理性的に考えれば、韓国のGSOMIA破棄は韓国の安全保障にとって大きな損失であり、韓国国民を含め、多くの人がそれはないと考えていた。

 しかし筆者からすれば、韓国はこれまでも感情の高ぶりにまかせえて理性的ではない決断を下してきた国だったので、一抹の不安は抱いていた。振り返れば、2012年6月にGSOMIA協定の署名の1時間前に、突如取り消しをして一方的に署名延期をしたり、同年8月には李明博大統領が竹島に上陸をしたりしてきた。そんな理性的ではない決断の延長として、GSOMIA破棄が現実のものとなってしまった。

破棄理由は一方的で意味不明

 GSOMIA破棄について、文政権高官は、文大統領が日本の植民地支配からの解放を記念する「光復節」の演説で、日本側が対話と協力に出てくれば手を握るとのメッセージを送っていたにもかかわらず、日本がこれを無視したからだと述べた。

 これは前日、日韓外相会談において、日本が韓国側の求める対話に応じなかったのを指しているのだろう。実際、会談に臨む康京和外交部長官の表情は前回と比べ多少穏やかであったが、会談後同長官は記者団の問いかけにも応じず、硬い表情で立ち去った。

しかし、韓国側の求める対話はあくまでも輸出管理をめぐる対話であるはずで、日本の植民地支配の時代に関連する「元徴用工」の問題に関する対話ではない。

 韓国の言う融和姿勢はあくまでも韓国にとって都合のいいものであり、日本が求めるものではない。これに日本が応じることはあり得ないことを韓国だけが理解していない。文政権高官の発言は自分勝手な言い分を通そうとしているだけである。

 また、日本が輸出管理の運用変更を行った際、安全保障上の理由を挙げたことについて、日本が韓国を安全保障上の友好国とはみなしていないから、GSOMIAも破棄すると述べた。しかし、日本の輸出管理の見直しは、軍事転用可能な物品が韓国から流出していることを懸念するものであり、これは本来韓国が取り締まるべきものである。日韓の安保協力に疑念を差し挟むものではなく、韓国の言い分は全くの筋違いである。

国防部と外交部は破棄反対 青瓦台の過激派が強行した

 GSOMIA破棄は青瓦台における会合で決定された。そこに文大統領の意向が強く反映されていたことは言うまでもない。会合では、国防部と外交部が破棄に反対したといわれている。しかし、今の青瓦台を牛耳っているのは政治闘争ばかりしてきた高官で、その一部によって押し切られたといわれている。韓国政府を支えてきた官僚の理性的な判断を覆す青瓦台の高官たちが、今の日韓関係を崩壊させているのだ。

 韓国では、日本とは違い閣僚も単独で大統領に会う機会は少なく、多くの場合、青瓦台の国家安保室や首席秘書官などを通じ大統領の指示を得ているようである。これでは大統領が的確な判断を下すのに必要な情報が集まらず、大統領の考えに沿っていたり、称賛するような情報しか集まらなくなってしまう。非常に危険な状態である。

情報収集能力は自衛隊が上 破棄の悪影響は韓国に

 GSOMIA破棄は韓国の安保に大きな影響を与えかねない。GSOMIAに基づく情報の交換は16年の署名以来29回行われているが、その多くは北朝鮮が発射するミサイルに関するものである。北朝鮮のミサイル発射に関する情報収集能力は日本の方が進んでおり、破棄に伴うマイナスは韓国の方が大きいというのが、軍事専門家の共通する見解である。

実際、24日に北朝鮮は飛翔体を発射した。これを日本のメディアが報じてから、26分後に韓国国防部が発表した。これまでは韓国国防部が発表してから、日本の防衛省が発表してきた。この点につき自衛隊OBは、日本の安保に危険が及ぶ状況ではなかったので、韓国国防部の発表の後にしたと述べている。しかし、今回は日本の情報力が韓国に勝っていることを日本国民に示し、安心してもらう目的で即時の発表となったようだ。

 思えば7月25日、北朝鮮が発射した飛翔体の飛行距離について、韓国国防部は日本からの情報を基に訂正したことがあった。これがGSOMIAに基づく日本からの情報であったことを韓国が認めたのは、国防部が日本とのGSOMIAが重要であることを国民に示すため、敢えて認めたのだと言われている。この時すでに、韓国の左翼系の人々の間ではGSOMIA破棄が議論されていた。

 韓国は自国と地域の安全保障を犠牲にしてまで、日本への反発を強めている。これからも理性的な判断などとても期待できない。

米国の意向を完全無視 日韓対立は米韓対立に発展か

 米国は、ボルトン大統領補佐官やエスパー国防長官がわざわざ韓国を訪問して、文大統領に会い、GSOMIA破棄を思いとどまるよう説得した。それでも、文政権がGSOMIA破棄を決定したため、米国との信頼関係を損なったことは言うまでもない。韓国は日韓関係の対立を、米韓関係の対立へと拡大してしまったのである。

 破棄を伝える会見で、韓国の国家安保室第1次長は、米国の理解を得ていると述べたが、米国はこの発言を直ちに否定し、エスパー国防長官とポンぺオ国務長官が強い失望を表明した。

 韓国は、相手方の考えを理解しようとはせず、思い込みによって判断する。今回も米国の判断を見誤ったようだ。しかも米国は、韓国政府でなく「文在寅政権」と名指しで批判している。これは青瓦台の過激派グループが韓国政府内の良識派の意見や米韓の同盟を無視し、安保協力を弱体化させかねない決定行ったことへの強い不満の表明である。

 トランプ大統領はフランスで行われるG7会合に出発する直前の会見で、今後の韓国の出方を見守ると述べた。だが気になるのは、いつもの得意のツイートを日本時間25日朝の時点で、未だ出していない点だ。米中の貿易問題がさらに悪化している事情もあるだろうが、韓国に強い怒りを覚えていることも考えられるだろう。日韓関係について米国がどうみているかは、フランス到着後行われる安倍総理との会談でのやり取りに注目するべきだ。

トランプ大統領はこれまで、米韓合同演習の費用が掛かりすぎる、在韓米軍の駐留経費が膨大だということを述べ米韓同盟を見直す可能性にも言及したことがある。今回の韓国の対応がこうした問題に発展してくると、日本の安保にも直結するだけに、日本国民としてもよく注視しておく問題である。

北朝鮮は“祝砲”を打ち上げ 文政権の親北朝鮮政策が全開に

 一方の文大統領は、北朝鮮への傾斜にはますます拍車がかかっていくだろう。

 そもそも、今回のGSOMIAの破棄は北朝鮮が求めていたことでもある。その北朝鮮は、GSOMIA破棄決定後の24日に、祝砲のごとく飛翔体を発射している。これが北朝鮮の答えだが、文政権は第4回の米朝首脳会談において進展が見られれば、北朝鮮の挑発行動も収まるとみているのだろう。

 なぜ文政権の北朝鮮政策が理解不能な状況となるのか。それは文政権が韓国に対する北朝鮮の感情をも見誤っているからである。

 北朝鮮の住民は食うや食わずの生活をしているが、韓国の国民は優雅な生活を送っており、北朝鮮の人々は韓国を羨んでいる。それは北朝鮮の政情不安定化の潜在的要因になっている。

 韓国は北朝鮮を支援したいと言う。だがそれは上から目線の支援であり、本当に支援したいのであれば、米国主導の北朝鮮に対する経済制裁に加わるのをやめるのが筋であると言っている。

 北朝鮮には核とミサイルがあり、韓国が北朝鮮に対し経済制裁に加わるなどの敵対的行動を取るのであれば、北朝鮮は見せしめにミサイルを撃ち込む。これが北朝鮮の挑発の現状であり、北朝鮮の発射しているミサイルは、明らかに韓国に向けたものである。

南北統一にも言及 経済への影響は無視?

 そうした北朝鮮に対し、光復節の演説では「45年までに統一朝鮮を実現する」「南北の平和経済を実現すれば日本に追いつき追い越すことができる」と述べた。まさに夢物語である。

 北朝鮮は多くの鉱産物を埋蔵しており、北朝鮮経済と一緒になることで相乗効果が期待できるという。しかし、北朝鮮の鉱物の推定埋蔵量は日本統治時代の調査によるもので、現実にはその何分の一しかないであろうといわれている。しかも、北朝鮮はインフラが整っていないため、その開発費用は莫大だ。また、北朝鮮は生産した鉱物を独占しようとするだろうし、韓国企業が持ち去ることには大反対するだろう。

ドイツでは東西の所得格差が2対1程度であったが、統合には多くの困難が伴った。南北朝鮮の格差は20対1といわれており、北朝鮮と一体となることに伴う韓国の経済的負担は膨大だ。

 韓国企業は多くの優秀な労働者を低賃金で得られるともいう。しかし、統一に伴うコスト負担、低賃金労働者の受け入れを、失業にあえぐ韓国の若者が認めるとは思えない。

 文政権は国民の気持ちをどう考えているのか。45年であれば、文大統領は、自分は関係ないとでも思っているのだろうか。

文政権は米韓を離れ北朝鮮にすり寄っていく

 文政権の北朝鮮政策は現実を全く無視したものである。しかし、文政権は今後ますます日米との関係に距離を置き、北朝鮮やその背後にいる中国に寄り添っていくことになりかねない。

 日本では、対話で問題を解決していれば、こうした事態は避けられたと言う人もいる。しかし文政権は、北朝鮮に対する現実を無視した経済的歩み寄りを見せている。また昨年9月には、韓国の安全保障を重大な危険にさらす、38度線沿いの偵察飛行中止などの軍事合意を締結している。これを見れば、文政権とは対北朝鮮政策について理性的な話し合いなどできないことが理解されよう。

 今後、日本は韓国との関係をいかに修復していくのか。文大統領の任期が3年弱残っており、日韓関係を今のまま放置することはできない。何とか修復の糸口を探すべきだと言う人はいる。しかし、実際には韓国が北朝鮮にすり寄って一体化しかねない動きと、日米の意向を無視した北朝鮮支援を防いでいくことに、より多くのエネルギーを消費せざるを得ないのではないだろうか。

 韓国の国民には、一刻も早く文政権の危険な体質を見抜き、こうした動きの防波堤となってもらいたい。

(元・在韓国特命全権大使 武藤正敏)

良ければ下にあります

を応援クリックよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください