『中国との合弁事業なのに、習近平が試乗辞退したインドネシア高速鉄道に暗雲 完成予定は遅れ予想外の国費投入、しかも「利益でるまで40年」の大誤算』(11/25JBプレス 大塚 智彦)について

11/24The Gateway Pundit<MORE WINNING: Pro-Censorship, Never-Trump Leftist Sam Harris Rage Quits Twitter>

犯罪行為を平気で見逃しできるのが左翼の特徴。

The Twitter world became slightly less toxic on Thursday when one of the platform’s foremost advocates for censorship nuked his account. Leftist philosopher Sam Harris decided he had enough of Elon Musk’s pro-free speech policies.

Harris is the latest left-wing clown to abruptly quit Twitter. Celebrities from the likes of Whoopi Goldberg, Gigi Hadid, and Jack White all left the platform since Musk took over the platform. But Harris’s departure marks the biggest addition by subtraction yet.

https://twitter.com/i/status/1560257247422189570

https://www.thegatewaypundit.com/2022/11/winning-pro-censorship-never-trump-leftist-sam-harris-rage-quits-twitter/

11/25The Gateway Pundit<After Raging a War Against MAGA, Kevin McCarthy Now Wants MAGA Votes for Speakership>

マッカーシーはすんなり下院議長になれるのか?

GOP House leader Kevin McCarthy worked to crush the MAGA movement in Congress but now he wants their votes for speakership.

McCarthy—like McConnell—cares more about being surrounded by Republican colleagues aligned with the establishment than winning elections for Republicans. His actions show he would rather his side lose than reflect the popular will by letting in new-right Republicans who think differently than he does about immigration, trade, war, and the managerial state.

McCarthy has emerged as worse than a mere establishment stooge: he has effectively declared war on the America First movement and has proven willing to use party resources to fight against new candidates. But he may have overplayed his hand. With the House Speaker vote just around the corner in January, McCarthy is in a precarious position as a backlash to his leadership mounts.

Sabatini is right.  McCarthy currently doesn’t have enough votes to be Speaker so he is making bold promises about what he would do as the next Speaker.

Unfortunately, McCarthy is a pawn of corrupt former Speaker Paul Ryan.  McCarthy is about party before America just like Ryan.

https://www.thegatewaypundit.com/2022/11/raging-war-maga-kevin-mccarthy-now-wants-maga-votes-speaker/

11/25看中国<共和党多数众议院将对中共更强硬(图)=共和党は下院で多数派を占め、中共に対してより強硬である(写真)>米国議会の新しい議長になることが期待されている共和党リーダーのマッカーシー下院議員、(共和党-カリフォルニア州) は最近、彼が議長に就任した場合、中共の挑戦に対応して中国特設委員会を立ち上げて対処すると述べた。多くの共和党員もまた、北京に対してより強硬になると述べた。

11/ 25現在、連邦下院議員の 3 議席の中間選挙の未決を除いて、共和党は 220 議席を獲得しており、来年 1 月から始まる新しい下院を支配することが決定している。その時点に、下院の 435 人の議員が新しい議長を選出する (218 票が必要)。通常、議長は多数党の党首が担当する。

マッカーシーはここ数日、共和党は中共の知財窃盗、バイデンの息子ハンターの海外取引、新型コロナのトレーサビリティを調査する計画であると繰り返し述べてきた。マッカーシーはまた、新しい下院は中共の「警察ステーション」が米国で活動するのを「止める」と述べた。

インタビューの中で、マッカーシーはまた、バイデン政権が中共に弱腰と批判した。 「彼らは、ウイルスの起源について多数党として公聴会を行ったことはなく、中国問題についてはまったく立ち上がっていなかった」と彼は言った。

政治リスク企業ユーラシア・グループのアシュトンはVOAに対し、共和党が下院の支配権を取り戻すことに成功すれば、台湾への支援にもっと注力するだろうと語った。

https://www.secretchina.com/news/gb/2022/11/25/1022592.html

11/26希望之声<美物理学家:海底采矿或打破中共对关键矿产的控制=米国物理学者:海底採掘は重要な鉱物に対する中共の支配を破る可能性がある>米国シンクタンクのRANDコーポレーションの上級物理学者でコミュニティの健康・環境政策プロジェクトのディレクター代理であるトム・ラトゥレット(Tom LaTourrette)は、木曜日(11/24)に英語版の「エポックタイムズ」に掲載された記事で、次のように述べた:電池などのクリーンエネルギー技術が急速に発展する中、希土類金属の需要が急増している。間もなく商業化される可能性のある海底採掘は、重要な鉱物に対する中共の現在の支配力を壊すだろう。

中共はこれらの資源の採掘と供給の大部分を管理しており、一部は中国国内 (特にレアアース) にあり、中共が所有する重要な外国の鉱物資源 (コンゴ民主共和国のコバルトなど) も含まれる。また、鉱物処理も支配しており、世界の事業の大部分を支配している。 S&P Global Inc による最近の調査によると、世界中で硫酸ニッケルを生産している 16 社のうち、11 社が中国にあることがわかった。この研究では、2030 年までに、中国では年間 8,240 億トンの硫酸ニッケルが生産されるのに対し、北米欧州では 1,460 億トンしか生産されないと予測されている。

深海底の多金属結節は、海底の約 4000 ~ 5500 メートルにある。これらのジャガイモ大の結節は、コバルト、ニッケル、銅、マンガンが豊富であり、それらの抽出は、予想されるバッテリー需要を満たすためにますます魅力的になっている。

ほとんどの多金属結節資源はどこの国の排他的経済水域外の公海に位置し、1994 年に国連によって作成された国際海底機関によって管理されている。約 20 カ国による海底採掘の探査契約を結んでいる。これらの請負業者の運営が探鉱から商業採掘に移行するにつれて、(早ければ 2024 年)、重要な鉱物資源の世界的な供給量が急速に増加するだろう。

間もなく来る深海底採掘は、重要な鉱物の供給と処理を多様化するための政策提言に基づいて行動するまたとない機会を提供する可能性がある。これらの提案の中心にあるのは、中国以外の鉱物処理能力の奨励と支援である。これらには、処理施設の建設資金を調達するための寄付、融資、および融資保証の提供が含まれる。処理施設の環境要件の改訂、国内で生産された重要な材料や製品の使用の奨励、不公正な取引慣行の禁止も含まれる。

日本も海底資源がある。<海底資源の宝庫? 新しい島を産んだ小笠原諸島の可能性 古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」> https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2108/20/news040.html

https://www.soundofhope.org/post/674517

11/26希望之声<战争日烧9亿美元 多地爆抗议 俄还能撑多久?军事专家点出关键=戦争で1日9億ドルを費やし、多くの地で抗議活動が勃発、ロシアはいつまで持つのか?軍事専門家が重要な点を指摘>ロシア・ウクライナ戦争は 9か月以上続いており、各国は停戦を強く求めているが、ロシアのプーチン大統領は、現段階で冬に勝利する決定的なチャンスがあると考えており、まだ手を緩めたいとは思わない。米国の軍事専門家は、プーチン個人の問題よりも、ロシアの戦争タカ派がテロを主張し続ける問題の方が深刻であると指摘した。しかし、ロシア軍は戦場で次々と敗北しているが、専門家は重要要因を指摘した。ロシアはこの戦争のために 1 日に少なくとも 9 億ドルを費やしており、ロシア経済がこの戦争を支え続けられるかどうかは大きな疑問がついている。

さらに、ロシアでは 50,000 人以上の新兵が死亡または負傷したという噂があり、ますます多くの母親と妻が抗議のために街頭に出ている。プーチン大統領はまた、国民の不満が手に負えなくなっていることに気づき、怒りを鎮めようとして、初めて徴兵された母親たちとの面談をアレンジした。ウクライナは、クリミアで殺害されたイランの軍事顧問を確認した。国際機関は控えめに見積もっても、少なくとも 15,000 人のウクライナ人が行方不明になっており、進行中の調査には何年もかかるだろうと。

https://www.soundofhope.org/post/674478

11/26阿波羅新聞網<半夜割喉人!每晚至少10名俄军被杀乌克兰游击队敌后夜猎“半兽人”= 真夜中に喉を切られた! 毎晩少なくとも 10 人のロシア兵が殺されている ウクライナのパルチザンは夜、敵陣の背後で「半獣人」を狩っている>CNN は現地時間 24 日、ウクライナの民間戦士の闘争の話を報じた。 20 歳のウクライナの抵抗戦士であるアーチーは、夜にロシアの兵士を一人で暗殺した。アーチーはロシアの兵士を半獣人( orcs)と呼び、ロシア人を見たとき、彼は恐れなく、彼らは自分たちの家を奪った敵であることを知っていた。アーチーは、ロシア人と戦っているのは彼だけではなく、ヘルソンには多くの賢いパルチザンがいて、毎晩少なくとも10人のロシア人が殺されていると語った。

https://www.aboluowang.com/2022/1126/1834499.html

11/26阿波羅新聞網<习近平幕后外交:派团暗访美 秘密做了这2大让步! —G20前夕中国秘密做了这2大让步!专家:习派团暗访美用这交换台湾问题=習近平の裏の外交:代表団を秘密裏に訪米させ、2つの大きな譲歩を行った! ——G20の前夜、中国はこれらの2つの大きな譲歩を秘密裏に行った! 専門家:習近平、台湾問題と引き換えに代表団を訪米させる>米国のバイデン大統領と中国の習近平国家主席は最近、G20サミットの前に「バイデン・習会談」を開催した。米「WSJ」の22日付報道によると、中共は今や「舞台裏外交」に転じており、首脳会談の前夜、習近平国家主席はNYにハイレベルの政策・経済代表団を派遣して米側と面談した。 「大紀元」の政治評論家である李沐陽は、中共代表団が米国を訪問した際、2つの譲歩をしたと指摘し、ロシア・ウクライナ戦争と北朝鮮問題で協力するので、米国の台湾問題とハイテク輸出制限の緩和を引き換えしたと指摘した。

李沐陽は、台湾問題やハイテク問題は米国の国家安全保障に関わる問題であり、中国が上級代表団を米国に派遣しても、米国の立場が変わる可能性は低いと指摘した。国家と国家安全保障を放棄することはできないため。

https://www.aboluowang.com/2022/1126/1834485.html

11/26阿波羅新聞網<中共外交部和新华社双双示弱,担忧共和党追责?=中共外交部と新華社通信は両方とも弱腰、共和党の追及を懸念?>習近平が外国訪問を終えた後、党メディアのプロパガンダは大幅に低下した。 3 日間の沈黙の後、11/ 24、中共外交部と新華社通信はいずれも米国に対する弱気を示した。米国共和党は下院の支配権を握ろうとしており、中共に責任を負わせることを提案しているので、おそらく中共は懸念している恐れがあり、WHに弱さを示して反応することはめったにない。

https://www.aboluowang.com/2022/1126/1834353.html

11/26阿波羅新聞網<中美芯片战升温 欧洲也参战 英、德纷对中企祭出限制=米中チップ戦争激化、欧州も参戦、英独が中国企業に制限>最近、欧州では半導体産業への政府介入をめぐって論争が起きており、英国とドイツがそれぞれ半導体産業における中国資本の企業に制限を課しており、米中のチップ紛争が欧州に波及していることがうかがえる。 

https://www.aboluowang.com/2022/1126/1834508.html

何清漣がリツイート

北米保守評論 🇺🇸🇨🇦 @NAConservative9  6h

「マリコパ選挙の完全失敗、愛国者が再選挙を要求、大規模な抗議が今日始まる」

https://nacr.info/WordPress/index.php/2022/11/25/mass-protests-began-today-as-patriots-demanded-new-elections-in-maricopa-after-a-resounding-defeat/

アリゾナ州の選挙は、有権者が投票用紙を盗まれたり、集計されなかったり、投票が完全に阻止されたため、認証不可能な混乱であった。草の根活動の人達は金曜日、アリゾナ州の腐敗した選挙の奪回を要求する抗議活動を組織した。

「アジアの時」がどうして中国のハイライトのときになるのか?

https://sbs.com.au/language/chinese/zh-hans/article/comment-on-summit-season/qgevimwmg

アジアでの 3 回の首脳会談は、現在の国際社会の認知の特徴を示している。英米メディアと米英は依然として一極世界を唯一の適切なモデルと見なしているが、ほとんどの国は多極世界が来ていることを知っている。西側はこれを認識したのは、バイデン・習会談からである。

米国は同盟国に対中政策を通知せず、英国とカナダは G20 でついていかず、フランスとドイツは APEC 会またはその後に理解を表明した。

sbs.com.au

【観点】「「アジアの時」がどうして中国のハイライトのときになるのか?」

アジアでの 3 回の首脳会談は、現在の国際社会の認知の特徴を示している。英米メディアと米英は依然として一極世界を唯一の適切なモデルと見なしているが、ほとんどの国は多極世界が来ていることを知っている。

何清漣 @HeQinglian  4h

👇記事の要点:

* 中国が支持するという錯覚が、プーチンが戦争を発動した多くの誤判断の 1 つであった。

* 「無限の友情」の機密付属文書で、北京とモスクワは、外国が自国の領土を侵略した場合に、相互に軍事援助を提供することを約束した。

*北京にとって重要な優先事項は、ロシアとNATOとの対決において「核のエスカレーションを回避し、停戦の達成を助ける」ことである。

*中国はモスクワに外交と情報支援を提供しているが、重要な軍事協力は除外している。

引用ツイート

ソフィア @les_politiques  6h

バイデンと習近平のウクライナについての秘密の討議が明らかになった。

https://spectator.co.uk/article/the-red-line-biden-and-xis-secret-ukraine-talks-revealed/

このスレッドを表示

何清漣 @HeQinglian  4h

この記事の内容が本当なら、中国はすでに外交において非常に成熟しているとしか考えられない。これは、習近平の判断能力と完全に矛盾している。国内の知識人と反対派は、習近平の能力は極端に低く、外交の場面では未熟でぎごちなく、動揺していると考えている。

ミリーの評価、3つのアジア会議での中国のハイライトのとき、およびこの記事を組み合わせると、ロシア・ウクライナ戦争を通じて、中国はほとんど神になった。

あなた方はそれを信じるかどうか?私は相手が悪すぎると思う。

何清漣 @HeQinglian  3h

ロシア・ウクライナ戦争で、中国が山に座って両虎の争いを見る賢いサルとして行動し、戦争がエスカレートするのを防ぐためにいわゆる北京がどのように狡猾に「仲介」したかについての最近の話のブームは、バイデン政権の愚かさのせ​​いだといつも感じている。(自国の国力とドルの覇権を弱め、中国を新たな極にさせるなど) 一段下がってしまった。

その話はどうしてそうなったか:本人の能力がないのではなく、相手が狡猾すぎるという意味で使われている。

https://twitter.com/i/status/1596257535345860608

何清漣がリツイート

方偉|We Fang @sohfangwei  6h

マスクは、NYポストの「ハンター・バイデンのコンピューターゲート」報道記事を封鎖したことについての社内での議論を「ツイート」すると発表し、「これは大衆の信頼を勝ち取るために必要なことだ」と述べた。

わお!

何清漣がリツイート

桃花島の主 (Lucky) @Mydoglucky2  7h

象の親の母性愛は、人間の母性愛と同じである。

大塚氏の記事では、インドネシアは「ムルデカ17805」を忘れてしまったらしい。こともあろうに賄賂を貰うために日本の情報を中共に手渡すのは裏切り行為ではないか。

嘘つき中国人の言うことを聞いて、当てにしたのがインドネシアの間違い。ジョコ大統領の面子なんぞ、日本に違約したのと同じなのだから、潰れても仕方がない。

記事

インドネシアの高速鉄道(写真:AP/アフロ)

インドネシアの首都ジャカルタから西ジャワ州の州都バンドンまでの143キロを結ぶ高速鉄道。受注を日本と競り合った中国が落札し着工したが、2019年に予定されていた完成時期は遅れに遅れ、現在もなお建設途上。現時点の工事進捗率は80.4%に止まり、営業開始予定は2023年6月に変更されている。

日本が確実と見られた発注先を急遽、中国に変更したジョコ・ウィドド大統領としては、可能な限りスムーズに完成させ、業績としてアピールしたいところ。そこで主要20カ国・地域首脳会議(G20首脳会議)出席のためバリ島を訪問中だった中国の習近平国家主席とともに、一部完成区間を利用し高速鉄道に実際に試乗するというプランが浮上していた。

ところがこれが直前で中止され、「オンラインでの現場視察」にスケールダウンしてしまった。ジョコ大統領の思惑は外れてしまったのだ。

最高時速80キロの試運転を「オンライン視察」

とにもかくにも、11月16日夕、G20会議を終えた習近平国家主席とジョコ・ウィドド大統領はバリ島から共にオンラインで試運転走行する高速鉄道を視察した。

地元メディアによると試運転走行はバンドン近くの高速鉄道の終点となるトゥガルウラル駅から約15キロまでの区間を走行、最高時速は約80キロだったという。

11月16日、インドネシアのジャカルタで高速鉄道の試運転の様子をオンライン視察するジョコ・ウィドド大統領と習近平主席(写真:新華社/アフロ)

インドネシア、「国費投入ゼロ」から「4.3兆ルピア投入」に

工事完成がこのように大幅に遅れた背景には中国人労働者らによる技術不足、インドネシア側の用地買収の遅れ、コロナ禍による休業などが挙げられているが、最大の問題は財政問題で工事の裏付けとなる経費が当初予算を大きく上回ってしまったことだ。

当初の総工費は60.7億ドルだったが最終的には79億ドルまでに膨れ上がっている。

このため当初の中国との受注契約では「インドネシア政府による国庫支出はゼロ」という条件だったが、2021年11月、資金不足から政府は国庫支出を決断せざるを得なくなり、結局、4.3兆ルピア(約380億円)を投入するという「誤算」が生じた。

建設工事が遅れる中、資金不足に陥るのはある程度予想されたとはいえ、国庫を投入せざるを得ないまで逼迫しているとはインドネシア政府も予想外だっただろう。しかし「乗りかかった舟」だけに、いまさら計画そのものを放棄するわけにもいかず、やむを得ない支出となった。

それだけの巨額投資となり、何かと否定的に報道されることの多い高速鉄道だが、ジョコ・ウィドド大統領としては習近平国家主席との“試乗会”によって、その成果をアピールする絶好の機会となるはずだった。

ところが日程の調整が不調だったためか、10月下旬に中国側から「試乗不参加」が伝えられた。インドネシア側がそこで粘ってオンライン視察に持ち込み、なんとか面目を保つことができたというわけだ。

一方、中国側にしてみれば、確約もしていない試乗でインドネシア側が勝手に盛り上がっただけのこと、という構え。試乗中止の影響もダメージもほとんどない。

安全性と収益性にも課題が

中国側にとっては、高速鉄道試乗の安全性の問題も懸念材料になっていた可能性がある。試運転済みではあるが、限定された区間で、それも最高速度を抑えた状態で走るだけでも安全性が100%担保できるわけではない。

そんな試乗に国家・党の最高指導者を同乗させるにはリスクがある、との判断が中国共産党上層部から指摘された可能性もあるという。

というのも洪水や土砂崩れも発生、さらに周辺建物のひび割れ、高架を支える支柱の不具合も見つかったばかりか、「中国から運ばれた車両が中古ではないか」との疑惑も浮上するなど、高速鉄道建設の安全性に影響する問題が多数指摘されてきていた。

「40年は利益が出ない」との予測

さらに言えば来年6月に完成・開業してからも、大きな課題が残りそうだ。

その筆頭は深刻なのが収益性の問題だ。ジャカルタ~バンドンの運賃は15万~35万ルピア(約1300~3100円)が予定されているが、これは現在の在来線同区間(ジャカルタ市内のターミナル駅ガンビール~バンドン)の12万ルピア(約1100円)と比較すると、わずかながら割高である程度。

一方で当初1日の乗降者を6万1100人前後と想定していたのだが、これが現在は3万1200人に下方修正されている。中国とインドネシアのコンソーシアムであるKCCIは、インドネシア政府が計画しているカリマンタン島への首都移転の影響で利用者が減少すると下方修正の理由を説明している。

この運賃と乗降者予測に基づき、費用を回収して利益がでる損益分岐点を計算し直すと、当初は「開業から20年以内」とされていたのに「40年後」と大幅に後退する結果になった。

つまりこの高速鉄道は営業開始から40年間は、利益が出ない赤字経営に耐えなければならないというのだ。

新駅周辺は一面の田園地帯

新設される駅にも問題がある。

ジャカルタからバンドンに向かう高速鉄道の終点は、在来線が通るバンドン駅ではなく、トゥガルウラル新駅。その周辺はのどかな田園地帯となっている。

トゥガルウラル新駅から在来線のバンドン駅までは公共交通はバスやタクシーしかなく車で約1時間もかかる。在来線への乗り換えが極めて不便なのだ。これは途中の経由駅の立地もほぼ同じ条件である。

なぜこのような場所に新駅を設置するのかというと、在来線の駅周辺には商店や住宅が密集していて用地買収などが難しいこと、さらに中国側から新駅は周辺に何もない所に建設し、同時に周囲に商業施設などを建設するという「駅との一体開発セット」を提案されたことがあるようだ。

しかし肝心の高速鉄道そのものの建設が大幅に遅れており、新駅周辺の開発には全く手が付けられていない。これも「中国に踊らされて夢を見た結果」と地元メディアから揶揄されている。

このような課題だらけの状況に、インドネシア政府は「話が違う」との思いを強めている。

開業時になら習近平は乗車するか

話を蒸し返すようだが、そもそも日本が優勢と見られていた受注競争で、最終的に中国に軍配が上がった経緯も不可解なものだった。

現在は、受注競争が展開されていた段階で、日本が提出したフィージビリティスタディ(実現可能性調査)の書類が中国側にわたっており、中国はそれを基にした資料を提出したとの疑惑も報じられている。疑惑の人物(閣僚)もほぼ特定された。

このように、インドネシアの高速鉄道計画は受注段階から多くの疑問と疑惑に包まれたものだった。インドネシア政府は「自分の懐が痛まない」「早期着工、完工」を選択し、総工費では大差なく安全性を前面に出した日本の応札を実質的に却下したのだった。

しかし現実には、工事費も大幅に上昇、インドネシア政府も国費投入を決断せざるを得ず、そして完成時期も予定からだいぶ遅れている。自らの選択による「自業自得」である。

スラウェシ島では2014年に建設が決まった「トランス・スラウェシ鉄道」の一部区間が完成し、南スラウェシ州知事が試乗、2022年末までは一般市民の無料体験乗車も始まるなど、高速鉄道は先を越されている。こうした事態も、日本を憤慨させてでも、中国にすり寄って国家の重要インフラを手軽に手に入れようとしたジョコ大統領の面目は丸潰れである。

インドネシア政府としては、来年6月ごろと見込まれる開通式にこそ、再び中国の習近平国家主席を招待し、ジョコ大統領とともに乗車してもらうことを待望しているはずだが果たして結果は……。

良ければ下にあります

を応援クリックよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください