『米大統領選:秘密兵器「メラニア」がついに始動 秘密のベールに隠されていたファーストレディの素顔と本音』(12/11JBプレス 高濱賛)について

12/11希望之声<民主党宣布弹劾指控 川普1小时后推特回应:猎巫=民主党は弾劾告発を発表 1時間後にトランプがツイッターで応戦:魔女狩り>12/10、連邦下院の民主党指導者は、トランプへの弾劾告発を正式に発表した。権力濫用、議会調査を妨害した廉で弾劾し、トランプは米国史上弾劾を受ける4番目の大統領となった。民主党の発表から1時間後、トランプは「腐敗!魔女狩り!」とツイートして応戦した。

トランプは、「告発した下院情報委員会の委員長であるアダム・シフは“徹底的に腐敗した政治家”である」とツイートし、「弾劾の調査が始まった後、シフは公の場で偽造された通話記録を読み上げ、悪い結果に直面するだろう」と述べた。 「(シフが読んだ)恐ろしい、詐欺の物言い」、「自分で作って言った」「彼は逮捕されるべきで、非常に恥ずかしい。彼は詐欺を犯したが、今のところまだ大丈夫である。しかし遅かれ早かれそうしなければならない!」とトランプは述べた。

トランプは、「弾劾調査中に、シフが下院聴聞会で、トランプとウクライナ大統領ヴォロディミール・ゼレンスキーとの“勝手に追加した”通話記録を読んだ」と言った。シフは後に、彼が読み上げた作品を、「寓話版」通話記録、「組織犯罪の典型的な脅迫」通話記録、「この大統領の(トランプ)の会話の本質」として説明した。

ツイートの中で、トランプはアメリカ人に「通話記録を読む」ように呼びかけた。トランプはウクライナ大統領にも呼びかけた。「我が国は多くのことを経験しており、またウクライナも多くのことを知っているので助けてほしい」 「私のことではなく、米国を助けてほしい」

民主党議員は、トランプに大統領の権力を濫用し、一時的にウクライナへの軍事援助を差し控えたと非難した。ホワイトハウスでの会議を交渉手段として使い、ウクライナ大統領ヴォロディミール・ゼレンスキーにジョー・バイデン元副大統領の調査を依頼し、トランプと多くのホワイトハウスの役人が民主党の召喚状に完全に協力しなかったことで、議会を妨害した。

トランプはまた、下院司法委員会の委員長であるジェロルド・ナドラーの発言を嘲笑した。ナドラーは、「トランプが2020年の選挙のため、ウクライナにバイデンを調査するように求めた」と述べた。 「それはばかげている、彼はそれが嘘であることも知っている。ウクライナ大統領と外相は何度もそれを言っている。“圧力はなかった”と」。「ナドラーと民主党はそれを知っているが、認めることを拒否した!」とトランプはツイートした。

まあ、左翼リベラルは嘘つきだから。日本の野党も一緒ですが。早く上院に行って、公平な弾劾裁判が行われてほしい。シフ、ナドラー、ペロシを喚問し、出てこなければ欠席裁判で、嘘の証拠を挙げて国民に訴えればよい。

https://m.soundofhope.org/post/320761

12/11希望之声<重磅:美国驻乌克兰前大使被曝对国会撒谎 涉川普弹劾案=重大:元駐ウクライナ米国大使はトランプの弾劾をめぐる議会で嘘をついたのが明らかに>元ウクライナ検事総長のユーリー・ラッチェンコは、One America News Networkの独占インタビューを受け、「元駐ウクライナ米国大使のマリー・ヨバノヴィッチは、ドナルド・トランプ大統領に対する弾劾調査の証言で米国議会に嘘をついた」と述べた。

ラッチェンコは、2016年5月から2019年8月までウクライナの検事総長であった。

ヨバノビッチは以前、自分は恥をかかされた被害者であり、ウクライナ当局が出した「不起訴」リストは汚職調査から特定の個人を保護するためであったと主張した。

トランプ大統領の弾劾調査の証言で、ヨバノビッチは、このような非難は「捏造された」と主張し、「非難したラッチェンコはかつてリストが存在しなかったことを認めた」と述べた。

彼女はまた、駐ウクライナ米国大使のポストから突然解任される前に、ラッチェンコや他のウクライナ当局に対し、誰を起訴し、誰を不起訴にすべきと言ったことはないと主張した。

しかし、今、One America News Networkでのインタビューで、ラッチェンコは、「ヨバノビッチが議会で述べた話は事実ではない」と述べた。

さらに、ラッチェンコはまた、「ヨバノビッチが、ウクライナの深刻な腐敗問題を解決するためウクライナの検察官と米国当局者の間の協力を“阻止”したこと」も指摘した。

ラッチェンコは、「ヨバノビッチが彼のオフィスに来て、彼と“小さな交渉”をし、その間、彼女は彼に“数名の検察官の仕事を替える”ように頼んだ」と言った。

ウクライナの元検事総長は、「ヨバノビッチが彼に一つの案件を終わらせるよう頼んだ」と言った。彼は、「調査せずに事件をクローズすることは“不可能”である」と答えた。

彼は次のように述べた。「私はテーブルの上に紙を置き、3つの文字を書いた。事案ではなく、3人の名前である。カスコ、レシチェンコ、シャブニンと」

ラッチェンコは、ヨバノビッチに語ったことを記憶している。「彼女は“捜査不可人名リスト”を出し、彼がなぜそんなに“読めた”のか質問した」

ラッチェンコはその後書いた紙を自分で破棄し、ヨバノビッチに次のように語った。「私が検事総長である限り、どんな大統領や大使であってもこのようなリストを私に与えることはできない」

ヨバノビッチのリストにある組織の1つは、米国の納税者と億万長者の投資家ジョージ・ソロスによって運営されている共同出資財団のAnti-Corruption Action Centerである。

ラッチェンコは、この後すぐヨバノビッチは彼のオフィスを去り、「刑事事件を開廷するかどうかの命令を受け入れることに同意しなかった」と言った。

「我々の通訳は小さな間違いを犯した。彼女はこれらの姓を私に口頭で発表したが、私の通訳は私が覚えている限り、彼女は私にリストをくれたと翻訳した。だから、「発表された」と「与えられた」は当然異なっているが、今では、ヨバノビッチは通訳が犯した間違いを使って、そうではないと言っている」

ラッチェンコは「リストはなかった。しかし、3人の姓が発表された」と結論付けた。

One America News Networkのインタビューに加えて、ラッチェンコはまた、証拠として書面を提供し、(米国と協力して)「ヨバノビッチの犯罪組織の共同調査を実施し、米国に拠点を置くマネーロンダリングのための共同ファンドや他のファンドへの共同調査」を要求した。

「彼女(ヨバノビッチを指す)は誓って、議会で私が情報を送ったことがないと述べた。しかし、私が米国で議論したいテーマに関する公式の文書を出そうとしたら、ヨバノビッチは私を止めた。私がこの要求をした後、彼女は私に決して答えず、議会に嘘をついた。これが証拠である」

トランプの弾劾調査は先月より始まり、民主党下院情報委員会委員長のアダム・シフが主導した。

トランプは、2020年の民主党大統領候補の1人であるジョー・バイデン前副大統領とその息子ハンターに関する情報を収集するようウクライナ政府に圧力をかけたとして、民主党に非難されている。トランプはまた、米国からウクライナへの軍事援助4億ドルを差し押さえたとして非難されている。

トランプ大統領は、これを彼に対する「魔女狩り」(政治的迫害を意味する)として強く非難している。

現在までに、バイデン家の腐敗調査の要請と軍事援助の停止との間に繋がる唯一の証拠は、噂と仮説である。

政権内に巣食うデイープステイトが結束して、トランプの追い落としを図ろうとしているのでは。官僚が民主党を使って、不正を暴かれないようにしているのか、その逆なのか?

ラッチェンコ

https://m.soundofhope.org/post/320686

12/11希望之声<川普抨击FBI局长:凭他这种态度,永远也无法修复FBI!=トランプはFBI長官を攻撃:彼のこんな態度では、FBIは決して修復できない!>12/ 9(月)、司法省の《外国情報監視法》調査報告書(IG報告)が発表された後、FBIのChristopher Wray長官は、権力を乱用した元FBI職員を一生懸命守ろうとした。 12/10(火)、トランプ大統領はWrayを非難し、「こんな態度ではFBIに存在する問題を決して解決できない」と述べた。

司法省総検察官のMichael Horowitzのチームは、昨年3月以来、何万もの資料を検討し、数百人の証人に問い合わせた後、このIG報告を出した。 2016年から2017年にかけて、元FBIの職員は「ロシアゲート」問題を調査するときに、《外国情報監視法》を違法に使い、裁判所に証拠を隠して、トランプの2016年選対チームの顧問のCarter Pageの監視許可を得た。司法省は、これらの職員のさまざまな違反を調査し、一部の元FBI職員、特務、司法省役人が、監視を申請する過程で少なくとも17の“重大な過失または不作為”を犯したことを見つけた。しかし、報告書は、調査中にそれらの職員が“政治的偏見”または“悪い動機”を持っていたことを確認しなかった。

Wrayは報告の中で、FBI職員が間違いを犯したことを認め、FBIの情報監視の申請手続を検討すると述べたが、権力を乱用した元FBI職員を守るために最善を尽くした。この点で、トランプ大統領はFBIの問題の深刻さを理解していないと考え、Wrayがまじめに報告書を読んだかどうかさえ疑問視した。大統領は火曜日にツイートした。「現在のFBI長官のChristopher Wrayがどの報告を読んだか分からないが、私が得た報告であってはならない。こんな態度では、FBIを修復することはできない。そこには多くの素晴らしい男性と女性が働いているが、FBIはひどく壊れている」

実際、メディアは、FBIの元職員がトランプ大統領に対して重大な政治的偏見を持っていて、トランプ選対チームに対して最大1年間不正な監視を行ったことを示す多くの証拠を明らかにした。司法長官Bill Barrは報告が出た後で、FBIのこのやり方を厳しく譴責した。

Barrは、IG報告書の結論の一部を拒否し、事件の詳細な調査を担当した連邦検察官John Durhamに授権した。 彼は、報告書の根拠は司法省とFBIの内部職員が規則に違反しているかどうかを調査することであると考えている。 Durhamは、彼の調査はまだ進行中であり、トランプの2016年の選対チームへのFBIの監視は“それが悪い動機によるものであったかどうか”であると言った。 最近、Durhamは調査を“刑事調査”にレベルを上げた。

やはり同じ身内ということで庇うのでしょう。調査は別組織にやらせないと。Durhamの結果が出てくるのを待ちたい。

https://m.soundofhope.org/post/320644

高濱氏の記事では、メラニア夫人がトランプ再選の秘密兵器になるのではとありますが、そうなってほしい。ブルームバーグではデイープステイトの言いなりになり、中共に対して厳しい姿勢を取ることはできないでしょう。

記事

今年のバレンタインデーに国立衛生研究所を訪問、子供たちと交流するメラニア夫人(写真:AP/アフロ)

NATOから帰った夫人の失望と苛立ち

ドナルド・トランプ米大統領(73)はロンドンで開かれた北大西洋条約機構(NATO)首脳会議では防衛費負担をめぐって対立。

その最中、英仏加3首脳に物笑いの種にされている映像がネットで流れるなどさんざんな目に遭い、会議後の記者会見をドタキャンして帰国してしまった。

日本とは辛うじて「束の間の良好な関係」(米シンクタンク上級研究員)を保っているが、米欧同盟の亀裂は避けられない状況になっている。

米韓関係に至っては下手をすると決裂する危険すらはらんでいる。

帰国したワシントンで待ち構えていたのは民主党による大統領弾劾最後通告。

民主党が多数を占める下院本会議がトランプ弾劾決議案を可決、成立されることが事実上決定してしまった。

採決の期限はクリスマスの12月25日。

一応キリスト教国家を建前にしている米国だから、さすがにキリストさまの誕生日の弾劾は避け、遅くて24日といった見方が広まっている。しかし、こればかりは最後の最後まで分からない。

いずれにせよ、トランプ氏は今年は大変なクリスマス・プレゼントをもらうことになる。その大統領を夫に持つ24歳年下のメラニア夫人(49)の心境はいかに?

「公の場ではほとんど無口な同夫人の心境を表わすカギはファッションにあり」という大胆な理論を打ち上げたのは、CNNのケイト・ベネット記者だ。

過去3年半、メラニア夫人の唯一の「番記者」として夫人を定点観測してきた。

同記者の大胆な論理の詳細についてはのちほどじっくりご説明申し上げるが、先走って冒頭のロンドンから逃げ帰った時のメラニア夫人のファッションから読み取れる同夫人の心境はどうだったのだろう。

中欧の中堅国家・旧ユーゴスラビア(スロベニア)出身のメラニア夫人にとってヨーロッパは特別な思いがあるはずだ。

旧ユーゴスラビアの貧しい農村に生まれ育った夫人は若い頃から欧米でモデルになることが夢だった。

努力の甲斐あってパリ、そしてニューヨークで花開き、億万長者のトランプ氏に見初められた。

米大統領夫人となった今、西欧主要国の首脳夫人と歓談し、英国のエリザベス女王とも会見できるとは・・・。

ところが夫・トランプ大統領の言動の結果、首脳夫人たちと親交を深めるような雰囲気とはならなかった。

今回の訪英では、エリザベス女王との会見の際にはイエローのロングドレス。NATO首脳の晩餐会には真っ白なワンピース。

ロンドンから帰国した際のトランプ夫妻

そして慌ただしく英国を後にし、ワシントン近郊のアンドルース空軍基地に降り立った時には黒いブラウスに黒の格子のジャケット。

公式行事時のファッションはともかくとして帰国時の黒ずくめのメラニア夫人の心境は、「疲労と失望と苛立ち」だったに違いない。

帰途の機中でトランプ大統領のどなりちらす声を黙って聞くメラニア夫人。そんな姿が目に浮かぶような気がする。

「夫人は大統領の目と耳」

ベネット記者は12月、『Free, Melania: The Unauthorized Biography』というタイトルの本を著した。

暴露本と思いきや、これは繊細な女性の目と耳とがとらえた人間メラニアの実像を描いた秀作だ。

題名の「Free, Melania」とは、一見、「暴君トランプ」に閉じ込められて自由を失われているメラニア夫人を解放する、といった意味にも受け取れる。

だが読み解くうちに明かされるメラニア夫人はホワイトハウスのイーストウィング(大統領ファミリーの居住区)でしなやかに自由なファーストレディの生活を満喫していることが分かってくる。

これまで米国民が抱いていたメラニア夫人といえば、控えめで大人しい、無口な外国生まれの美熟女といったイメージだ。

というのも彼女の肉声はほとんど聞こえてこないからだった。2016年の大統領選の最中もあらゆるメディアの出演もインタビューも断り続けた。

人前に出るのを極力嫌い、目立つことが苦手とされてきた。

Free, Melania: The Unauthorized Biography by Kate Bennett Flatiron Books, 2019

過激な発言で世間を騒がし続けてきたトランプ大統領とは大違い。そこから同情論すら出ていた。

中には「Melania is an enigma」(メラニアは神秘に満ちた女性)と決めつけるメディアもあった。ところが本書の著者はこう言い切っている。

「メラニア夫人は公の場で口数が少なく、何を考えているか分からないように見える。しかしプライベートな場ではよく喋るし、大声も出す」

「夫トランプ大統領とは1日に数回電話で話をしている。大統領も彼女の言うことには耳を傾けている」

「フォックス・ニュース(のお気に入りのコメンティター)を除けば、メラニア夫人は大統領には最も影響のある助言者だ」

「彼女は大統領の目となり耳となっている。大統領は彼女を通して米社会の本当の声をキャッチしている」

これは驚きである。

トランプ大統領夫妻のプライベート・ライフについてベネット記者はこう書いている。

「トランプ夫妻は別々の寝室に寝ている。大統領は2階のマスターベッドルーム」

「トランプ氏がホワイトハウス入りして以降、この部屋の警備は以前より厳しくなっている。大統領は就寝中はカギをかけている」

「メラニア夫人は3階の2人用のベッドルームで寝起きしている」

「バラク・オバマ大統領当時にはミシェル夫人の母親マリアン・ロビンソンさんが使っていた部屋だ。寝室の隣には化粧室があり、夫人専用のフィットネス室もある」

「大統領夫妻が別々の寝室で寝るようになったのは、トランプ氏がポルノ女優らとの不倫疑惑が表沙汰になってからのようだ」

億万長者のトランプ氏に見初められ、玉の輿に乗った元モデルのメラニアさんが旦那さんの相次ぐ女性関係にも文句ひとつ言わずに堪えていたと米国民の大半は受け止めていた。

欲しいものが何でも手に入るのであれば、女性としての自尊心を捨てて、夫の不倫にも目をつぶるスロベニア人だと即断していた。

だが、実際にはメラニア夫人はそんなに女々しい女性ではなかったようだ。そうベネット記者は強調している。

ZARAに書かれたメッセージ

話をメラニア夫人のファッションに戻す。

メラニア夫人が全米を驚かせたファッションが2018年6月、テキサス州のメキシコ国境沿いにある不法移民収容所に単身で出かけた時のZARAのアーミーグリーンのアノテック(時価39ドル)だった。

その背中の部分には「I really don’t care, do U?」(ほんとのこと言って私は全然かまわないけど、あなたはどうなの?)と書かれていたからだ。

「I really don’t care, do U?」と書かれたジャケットを着たメラニア夫人

いったい誰に宛てたメッセージだったのか。著者のベネット氏はこう説明している。

「いろいろな解釈が出たが、実はこれは大統領の長女、イバンカさんに直接ぶつけたメッセージだったと私は確信している」

「トランプ政権が実施している不法移民政策に批判的だったイバンカさんにふざけたジャブ(a facetious jab)を浴びせたのだ」

「メラニア夫人とイバンカさんとの関係は親しくはあったがそれほど親密であったことはない。これは2人をよく知る人から聞いたコメントだ」

「政権当初、マスメディアはメラニア夫人を『することがなくて退屈で仕方がないワイフ』(A vapid-model trophy wife)と呼んだ」

「その一方で大統領の長女イバンカさんを『ものごとに精通したキャリア・ウーマン兼母親』(A savvy career mom)と持ち上げた。メラニア夫人が面白いわけがない」

トランプ大統領の不倫疑惑、セクハラ、猥談にも実はメラニア夫人は敏感に反応している。

「2016年10月、トランプ氏がかってハリウッドで車を降りる際に知人(ジョージ・W・ブッシュ元大統領の従弟のビリー・ブッシュ氏)と女性の陰部を触る話をしているビデオをマスコミが暴露した日、メラニア夫人はブータイのついたピンクのブラウスにボーイッシュなスラクスを着てある会合に姿を見せた」

「2018年1月の大統領の年頭教書演説の時には白いパンツスーツで現れた」

「メラニア夫人はハッピーでない時は必ずと言っていいほど男物のようなウェアを着た」

「その理由は、夫トランプ氏が超セクシーで超ミニのボディコンが大好きだということに対する反発だったのだろう」

「ベネット記者は、大統領の年頭教書演説の日、メラニア夫人が何について反発したのかについては説明していない」

「トランプ大統領がホワイト入りする日からかなりの日数、メラニア夫人はニューヨークの自宅に留まっていた」

「当時言われていたのは、愛する長男バロン君(現在13歳)を学期途中でやめさせたくないという理由からだった」

ベネット記者によると、メラニア夫人が最大の仕事と考えているのは「息子バロンを守ること。自分の命に代えてもバロンを守ること」だという。

ノンポリだからこそ「政治的切り札」

こう見てくると、メラニア夫人はしっかりした「個」(しっかりとした独自性)を持った女性であることが分かってくる。

そうした中で再選を目指すトランプ大統領にとってメラニア夫人は強力な武器になるのではないのか、といった声が聞こえてくる。

プリンストン大学のローレン・ライト准教授はこう指摘する。

「メラニア夫人は、イバンカ(大統領補佐官)やジャレッド・クッシュナー(上級顧問)のようにトランプ政権で正式な肩書を持っていない。従って政策や政治スタンスで敵・味方を作るような存在ではない」

「メラニア夫人はノンポリであることがトランプ大統領にとっては『政治的なアセット(資産)』になってきたのだ」

「そのことでメラニア夫人はトランプ・ファミリーの他の一員とは一線を画しているし、それだけに彼女はトランプ大統領にとっては『政治的切り札』になりうる」

https://www.washingtonpost.com/lifestyle/melania-trump-is-busier-than-you-think-but-as-quiet-as-ever/2019/09/24/2eb2f5a2-de44-11e9-8dc8-498eabc129a0_story.html

メディアではあまり大々的に報じられていないのだが、メラニア夫人はすでにトランプ再選に向けて今年春から発信し始めている。

4月中旬にはノースカロライナ州のフォート・ブラグのアルブリントン中学校をカレン・ペンス副大統領夫人と一緒に訪れた時、生徒の質問に答えてこう述べている。

「私の夫はファンタスティックな仕事をしています。もし2020年大統領選に再出馬することを決めたら私は夫を応援します」

「そうです、皆さん、私は(ファーストレディとして)お国のために働けることを感謝していますし、誇りに思っています。夫が大統領として再選された時、私も夫とともにいます」

ただ、メラニア夫人にとっては夫の再選よりももっと重要なことがある。息子バロン君のことだ。

息子を守るためには何でもする覚悟のようなものがある。メラニア夫人は12月4日、息子のバロン君を守るためにツイッターで抗議文を発信している。

下院司法委員会で証言したスタンフォード大学のパメラ・カーラン教授がバロン君の名前を出してこう発言したことに対してだった。

「トランプ大統領は自分の息子に『Barron』(バロン)という名前を付けているが、大統領は彼を『Baron』(男爵)することは米国憲法上できない。米国憲法には『貴族』の称号は存在しないからだ」

メラニア夫人はツイッターで非難した。

「未成年の子供のプライバシーは守られる権利があり、子供を政治の世界に巻き込むべきではない。カーラン教授、偏った世論におもねた発言がいかに恥知らずなことかを知るべきだ」

(カーラン教授はこのツイッターを受けて謝罪している)

ヒラリー・クリントン氏やミシェル・オバマ氏は、ファーストレディとして自らの専属スタッフを20人から30人も雇い、特定のテーマを掲げて夫の大統領とは別個の活動を行った。

ヒラリー氏は国民健康保険制度改革で本格的な活動を行ったし、ビル・クリントン大統領再選のために全国各地を飛び回った。

ミシェル氏も小学校児童のランチ対策見直しを積極的に動いた。オバマ大統領の再選でも積極的に動いた。

それに比べると、メラニア夫人は数人のスタッフしか置いていない。これといった政治課題を掲げて動いているわけでもない。

唯一のスローガンといえば、時折訪れる学校などで生徒を前にして言う「Be Best」(ベストを尽くせ)だ。

「Follow your dreams, and be best at what you do」(あなたの夢を追いかけなさい、今やっていることに最善を尽くしなさい)

メラニア夫人の容姿ばかりに気を取られず、彼女がトランプ再選のためにいつ、いかに「秘密兵器」となるのか、についても要注目だ。

良ければ下にあります

を応援クリックよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください