『大統領の座はカネで買う、余裕のブルームバーグ 政策より打倒トランプを最優先に掲げ、全米屈指の大金持ち参戦』(11/29JBプレス 堀田佳男)について

12/1希望之声<不实报导川普感恩节活动 《新闻周刊》记者被炒鱿鱼=トランプの感謝祭活動にフェイクニュース 「ニューズウィーク」記者はクビに>最近、ニューズウィークの記者・邝(Jessica Kwong)は、トランプ大統領の感謝祭計画に関するフェイク記事を書いたため、上司から解雇された。

「トランプはどのように感謝祭を過ごすか?」というタイトルの記事は、トランプ大統領の感謝祭の日程を「ツイートやゴルフが多い」とした。 この記事は、トランプ大統領がアフガニスタンの米軍基地を秘密裡に訪問して慰問し、彼らと感謝祭の夕食を楽しむ前に公開された。

邝は中国系米国人です。中共の息がかかっているのかどうかは分かりませんが。

https://www.soundofhope.org/post/318118

12/2希望之声<波兰前总统:亨特是因为姓拜登才获得了乌克兰的董事职位=ポーランド元大統領:ハントは、バイデンの姓だからウクライナの取締役になれた>米国大統領弾劾調査の中心であるウクライナの石油・ガス会社のブリスマホールディングスの著名な取締役は、11/25(金)にジョーバイデンの政治影響力を認め、彼の息子のハンター・バイデンは、それでやっと会社へ入ることができたと。

この著名な人物というのはポーランド元大統領のAleksander Kwasniewskiで、ハンター・バイデンとほぼ同時にブリスマの取締役会に加わった。 KwasniewskiはAP通信に、企業が顧問として有力者を探すのは普通だと語った。元大統領は、彼とハンター・バイデンの両方ともブリズマで職を得たことを認め、彼らの名前は影響力があるため、ブレズマはあるときは月額最高83,000ドルを支払ってくれた。

「誰かが私にプロジェクトに参加するように頼んだら、それは私が素晴らしいからというだけでなく、私がポーランドの元大統領であるKwasniewskiだからである。すべては互いに関係している。有名でなければ、そうはならない。バイデン姓であることは良いことである。良い名前である。」

民主党はトランプ弾劾調査をするのであればバイデンの腐敗調査も行うべき。こちらの方が筋が悪い。既に金を受け取っているので。

https://www.soundofhope.org/post/318274

12/1阿波羅新聞網<邀黄之锋演说遭北京斥骂 意大利朝野炮口一致怒轰中共=招待された黄之鋒の演説は北京の痛罵に遭う イタリアで朝野とも一致して中共に怒りの砲撃>11/28、イタリア議会は、香港現地党の「香港衆志」書記長黄之鋒とビデオチャットを通じて聴聞会に参加するよう招待した。中国大使館はイタリア議会に「責任は負わないぞ」とツイートした。 中国のツイートはすぐにイタリアの朝野を激怒させた。首相、両議院議長から主要な政党まで、イタリア人の思想の自由を踏みにじった中国を一致して非難することはめったになかった。

流石に欧州人も中国人の傲慢さと嘘に気づき始めたところでしょうか。今までは見せ金に騙されてきたというところでしょう。

https://www.aboluowang.com/2019/1201/1376885.html

12/1阿波羅新聞網<中南海暗示显再误判川普?动力电池巨头等20家破产 法国雪铁龙撤资=中南海は、トランプを再び誤解したことをほのめかした? パワーバッテリーの巨人等20社が破産 フランスのシトロエンは撤退>トランプ米大統領が11/27(水)に香港人権法案に署名した後、中共はすぐには報復せず、米中貿易協定が合意されることを希望していることを示唆した。 中国の経済状況の継続的な悪化は、習近平当局が合意に達するための核となる推進力である。 かつては中国のパワーバッテリーの3大企業の1つであったワトマは、既に破産清算手続きに入った。 年内には20社のバッテリー会社が消滅する。 巨額の損失が続いているため、フランスのプジョーシトロエングループは、長安シトロエン自動車の株式の50%を売却する準備をしている。 トランプの影響で、マレーシアへの米国の投資は今年から7倍に増加し、59億ドルになったが、中国への米国の投資は昨年に比べて半分になった。

日本企業もいい加減目を覚まして中国から撤退せねば。人権弾圧国家に手を貸していることに気づかないのか?劣化としか言いようがない。

https://www.aboluowang.com/2019/1201/1376883.html

12/1阿波羅新聞網<王立强引爆澳洲 民众方醒愤怒要求卫国 中共彻底暴露了 向心夫妇成弃子?=王立強はオーストラリアを揺るがす 国民は怒りに目覚め国を守ることを要求 中共は 徹底的に暴露 向心夫婦は捨て駒かも?>中共特務トップの向心夫婦は、王立強が秘密を暴露した後、台湾で拘束された。 台湾メディアは、蔡英文総統が王立強の英語版投降レポートを入手したことを明らかにし、その中には台湾の中共連絡担当者がおり、既に特定された。 向心は数日前、党メディアによって「準詐欺師」の仲間とされ、中共は引き続き責任転嫁する可能性があるとコメントした。 オーストラリアの大型メディア調査の多くは、「王立強のスパイ事件が世界を揺るがし、台湾検察は、向心夫婦の調査の助けが要り、オーストラリアに司法互助の要請を出しただけでなく、多くのオーストラリア人は、突然の真実にショックを受け、中共の政治的野心を感じ、議会に向けて怒りを表し、行動を要求している。

多くの日本人にとって王立強事件について関心がないのでは。日経には1回載っただけで、TVで解説しているのは見たことがありません。(TVはほとんど見ないせいかも)。メデイアが中共のサイレントインベージョンに協力しているわけです。メデイアを信頼している人はずっと洗脳されっ放しなのに気づいていません。どうしようもない。

https://www.aboluowang.com/2019/1201/1376882.html

堀田氏の記事を読んで、ブルームバーグという男は傲慢としか思えません。民主主義が金で買えると思ったら大間違い。衆愚政治を煽るようなもの。また最初から討論会に出て激論を戦わしてきた候補者を愚弄するものでは。

ブルームバーグの立候補の狙いが良く分かりません。金持ちの道楽なのか、トランプ阻止のためなのか。どちらにしても本人出馬せず、民主党に献金すればよいだけです。

小生は中共を解体させてくれそうなトランプを2016年から支持してきました。2020年も再選することを望んでいます。

記事

2020年大統領選への参戦を表明した元ニューヨーク市長のマイケル・ブルームバーグ氏(バージニア州ニューフォークで11月25日、写真:ロイター/アフロ)

「より多くのカネをつぎ込んだ方が勝つ」

米大統領選でよく語られてきた話である。2016年の選挙でドナルド・トランプ氏(以下トランプ)が当選するまでは、この話が30年以上も大統領選で生きてきた。

候補が集金した資金を比較するだけで、選挙前に当選者が予想できもした。

クリントン、ブッシュ、オバマの各大統領は2度ずつ大統領選で勝ち、いずれもライバル候補より多額の選挙資金を集めた。

カネで直接、票が買えるわけではないが、テレビやラジオ、インターネットを使った政治広告は制限がないため(ツイッターの政治広告は2019年11月22日で禁止)、カネをつぎ込むほど多くの票を期待できた。

選挙には莫大な資金が必要になる。大統領選はなおさらだ。

50州で選挙事務所を開設し、運動員を雇用し、プラカードを印刷し、テレビCMを流すといくら資金があっても足りないくらいである。

だが2016年選挙でそれまでのカネの神話が消えた。

トランプが集金した選挙資金はヒラリー・クリントン氏(以下ヒラリー)が集めた額のほぼ半分だったが、それでも勝ったのだ。

「それまでのルール」に従うとトランプに勝てるチャンスはなかった。

ヒラリーの選対は6億2300万ドル(約680億円)を集めたのに対し、トランプ側は3億3500万ドル(約365億円)で、比較にならなかった。

実は総得票数でもヒラリーはトランプより286万票も多く獲得したが、選挙人制度のカラクリによってヒラリーは負ける。

それまでの「カネで大統領は買える」というルールを、奇しくも億万長者のトランプが覆したことになる。

だが今また、一人の億万長者がそのルールを復活させるべく、大統領選に参戦してきた。マイケル・ブルームバーグ氏(77・以下ブルームバーグ)だ。

すでに多くの記事が書かれ、世界的に名前が知られている人物なので経歴は省く。大統領候補として注目したいのは2点。

ニューヨーク市長という行政のトップ(2002年から2013年)にいた政治経験と、1981年に創業した通信企業ブルームバーグの成功により資産58億ドル(約6兆3200億円)を築いた経済経験である。

これだけの資産があると有権者から選挙資金を集めなくても戦える。

市長選の時も有権者から献金を募ったことがないのがブルームバーグであり、今回の大統領選でも献金は受け取らない。

前述したように、「より多くのカネをつぎ込んだ方が勝つ」という従来のルールはトランプによって壊されたが、いまでもより多くの資金がある方が有利であることに変わりはない。

文字通り「巨億の富」をふんだんに使える立場は他候補を圧倒する。

すでにブルームバーグは3700万ドル(約40億円)をテレビCMに使い、一気に大統領候補としての認知度と政策を広めるつもりだ。

他候補はすぐにブルームバーグへの抗戦を始めた。真っ先に反抗の狼煙をあげたのはエリザベス・ウォーレン氏(以下ウォーレン)である。

「マイケル・ブルームバーグは2020年、民主主義に挑んできます。彼にとって市民は必要ないのです」

「必要なのはおカネの詰まった袋だからです。ブルームバークは『間違っている』」

ウォーレンの「間違っている」発言は、羨望と脅威の入り混じった反応と受け取れるが、ウォーレンだけでなく他候補が今後、反ブルームバーグで団結するような流れをつくることは十分に考えられる。

11月24日に出馬宣言したばかりなので、26日のキニピアック大学の世論調査では全米での支持率はまだ3%。

バイデン24%、ブタジャッジ16%、ウォーレン14%、サンダーズ13%の「民主4強」の中にどこまで入っていけるのか、先は読めない。

しかもブルームバーグは来年2月3日のアイオワ州党員集会、同11日のニューハンプシャー州予備選、同22日のネバダ州党員集会、同29日のサウスカロライナ州予備選の4州をスキップする。

これまでの選挙を眺める限り、初期の重要州を戦わない選択はマイナス以外の何ものでもない。

なぜ11月下旬まで出馬を待ったのか。いま参戦するというのはフルマラソンで言えば自分だけ5分遅れてスタートするようなものである。

しかも多くの有権者に推され、他候補を圧倒する支持を背に出馬してきたわけではない。

ブルームバーグの選対部長であるケビン・シーキー氏は25日、CNNに出演してこう語った。

「民主党の最大目標はトランプに勝つことです。しかも全米で本当の闘いになるは6州(ミシガン、ペンシルバニア、ウィスコンシン、アリゾナ、サウスカロライナ、フロリダ)で、そこではいまトランプが勝っているのです」

「(ブルームバーグは)ずっとサイドラインに下がっていましたが、自分が出て行かないとダメだと気づいたのです」

民主党の中ではバイデンが穏健派で、ウォーレンもサンダーズも急進左派の政策を推し進めている。

トランプに勝つには中道派を取り込める現実的な穏健派でないとの判断だ。そうなるとバイデンとの勝負ということになる。

今週発表された公約を眺める限り、どうしてもブルームバーグでなくてはいけないという理由が見当たらない。トランプを本当に打ち負かせるだけの斬新性と説得力のある公約になっていない。

高所得の雇用創出
全市民に良質な健康保険を提供

銃犯罪をなくす
気候変動に向き合う

機能不全に陥っている移民システムの再建
富裕層への増税

女性と性的マイノリティーの権利保護
退役軍人の支援

世界の平和と安定を実現させる米国の立場を再構築する

今後ブルームバーグは4強に入って5強になれるのか。討論会には参加せず、草の根運動に重点をおくわけでもない。全米の労組と連携を深めるわけでもないという。

となると、やはり頼るのはカネということなのか。

「カネがなくても大統領になれる」ではなく、むしろ彼の本音は「票はカネで買うものです」なのかもしれない。

良ければ下にあります

を応援クリックよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください