『ブルームバーグ参戦が火をつける民主党の社会主義化』(2/21日経ビジネス 酒井 吉廣)について

2/23希望之声<美议员:中共掩盖武汉疫情信息 世卫:防扩散的“机会窗口“正在缩小=米国議員:中共は武漢疫病の情報を隠す WHO:拡散防止の「機会の窓」は狭くなっていく>2/21(金)の夕方、トムコットン上院議員は中国の新型コロナウイルスの流行について再度発言した。彼は、中共が疫病に関する情報の流れを意図的にコントロールし、新たに発見された病例は、実際には「新たに発見された」ではなく、「新たに開示された」というべきものであると強調した。 WHOは、世界的な流行防止を求めている。できなければ、拡散防止の「機会の窓」は狭くなっていく。

新型コロナウイルスの起源は最近注目を集めている。コットンは以前、新型コロナウイルスが武漢生物兵器研究所(武漢ウイルス研究所またはP4ウイルス研究所としても知られている)によって漏洩したのを疑っていた。このコメントは世論を刺激した。金曜日の夜に行われたフォックスニュースの番組“イングラハムアングル”でのインタビューで、彼は「武漢ウイルス研究所は華南海鮮市場からそれほど遠くないことを考えると、疑うのは妥当である」と強調した。

コツトンは次のように述べている。「新型コロナウイルスは武漢の食品市場(華南海鮮市場を指す)が起源でないことを我々は知っている。それは中共が作ったストーリーである。このため、ウイルスの由来を尋ねることは責任ある態度である」と。

彼は、「最も可能性の高い仮説は自然発生だと思う。しかし、研究所(武漢ウイルス研究所)がこの食品市場に近いことを考えると、中共に実験室で何の研究をしているかを尋ねる理由がある。彼らが定めたセキュリティ行動の標準と実践は、オープンで透明性を維持すべき」と述べた。

中共は、疫病のデータを意図的にコントロールする

新型コロナウイルス肺炎(武漢肺炎とも呼ばれる)は中国の武漢で最初に爆発的に発生し、当局は当初この疫病を隠蔽し、ウイルスを急速に拡散させた。今までに多くの人が感染し、亡くなった。そして、海外27か国にも広がり、但し中国大陸が最悪である。

一部の専門家は、中国の科学者や医師から提供されたデータを信頼できると考えている。しかし、コットンは、中国の科学者と医師が世界レベルの専門家になることができることを否定しないが、彼らは常に中共によって監視されていると述べた。 「これらの党から派遣された者が中国の科学者や医師、海外の労働者に、特に米国政府の役人と自由に話をすることを許可するかについて、私は少しも自信を持たない。」

コットンは、中共当局はまだ新型コロナウイルス疫病について世界に「嘘をついている」と述べた。

彼は、中共が疫病情報の流れを厳しく管理しており、報道するときに新病例数やタイミングをコントロールしていると考えている。 「これが、このコロナウイルスの数が奇妙なパターンで増え続けている理由である」と彼は言った。

彼は、「中国の科学者の研究によれば、ウイルスが武漢の食品市場(華南海鮮市場)に由来するものではないことを我々は知っている。その起源はわからない。中共が国際的な専門家に情報開示しないので。」

彼は、ウイルスが生物化学兵器であるとは言わなかったが、武漢ウイルス研究所はコロナウイルスを研究していたのは事実であったと強調した。人間の過失の可能性は排除されない。

まあ、以前紹介しました武漢ウイルス研究所のウイルス・サンプル運搬時のミスで感染が広がっていった辺りが正解なのでは。中共は断固として認めないでしょうけど。ありもしない南京・慰安婦・731・九段線をでっち上げる連中ですから。詐術が総てです。日本人で中共の言うことを信じている人は「おれおれ詐欺」にかかっていると思った方が良い。

https://www.soundofhope.org/post/346426

2/23看中国<武汉痊愈患者崩溃:康复后竟又被关进方舱医院(图)=武漢は快癒患者をダメにする:回復後、なんと彼女はキャビン病院に入れられた(写真)>武漢肺炎が発生した後、武漢の深刻な地域は“人間地獄”になった。無数の患者が病院に入院できず、自宅で死亡した。一部の者は病院に入院できたが、病院内部も“人間地獄”がある。ある者はウイルスと戦い、回復できた幸運があったが、非人道的な規則によって、自宅に戻ることを許されず、キャビン病院に入院することを余儀なくされた。

《CNN》の報道によると、中国武漢に住む30歳の女性弁護士は、1/28に高熱が出て、検査のために病院に行き、胸部コンピューター断層撮影スキャンを受けた後、医師は彼女の肺に感染の徴候があることを確認した。病院にはベッドがなく、彼女は入院できず、女性弁護士は最終的に自宅隔離となり、薬を服用するだけであった。

幸いなことに、女性弁護士はウイルスと闘った後、2/16にもう1回コンピューター断層撮影スキャンを受け、その結果、彼女の肺感染症はすべて消失し、医師は彼女が回復したことを確認した。

女性弁護士が思いもしなかったのは、「“鬼門”を逃れられ喜んだが、2日めの18日にすべてが変わった。住民委員会は、女性弁護士に退院証明書を提供できなければ、彼女は家に帰れず、キャビン病院に入院しなければならないと」。

女性弁護士は泣き崩れ、「入院したことがないため、退院証明書を取得できない」と述べた。しかし、彼女がキャビン病院に行くことを拒否した場合、警察は彼女をそこに強制連行する。助けを求める術のない女性弁護士は、その夜、武漢光谷ハイテクエキシビションセンターに一時的に建設されたキャビン病院に行くしかなかった。

今の厚労省もこうなっていないか?「法匪」ばかりで、法の裏にある本質部分には目もくれない。「条文がないからダメ」と。なければ作ればよいではないか。いつも「閣法」を作り、政治家に追認して貰っているのでは。法の恣意的運用を防ぐにはそうすればよい。そもそも法律で総てがんじがらめにすれば息苦しくなるのは当り前。秦から漢に移ったときには「法三章」に直したのは有名な話。

何のために法があるのかをよく考え、時代や緊急時に合わせて、解釈し直していくことが必要では。間違っても、人権弾圧する中共を忖度して解釈することのないように。

https://www.secretchina.com/news/gb/2020/02/23/924050.html

2/23看中国<疫情是否真的带给习近平危机?(图)=疫病は本当に習近平に危機をもたらしたか? (写真)>昨日(22日)VOAが発表した報道で、政治評論家の陳破空は、「役人異動により、習近平にとって有利と考えていたが、他の派閥との壁を造ったと解釈することもできる。習近平は現在誰も使えずにいる可能性があり、党内の彼の声望と地位も影響を受けている」と考えている。

カリフォルニア州立大学ロサンゼルス分校図書館の宋永毅教授も、「習近平は権力を強化したという外部のコメントに反対する。なぜなら、現在の執政危機は間違いなく彼の力を弱め、彼の影響力を弱めているからである」と。

宋永毅は、「習が力を強化したいなら、成果を上げ、新しい方向を見つけなければならない。そして、現在の危機は、中共の国内改革派と改革を要求する民間勢力にとっての機会であり、言論の自由を促進し、歴史に逆行する試みを打ち破ることができる。しかし、歴史的な観点からは、危機の瞬間を決定的な変化の瞬間として説明するのは時期尚早である。中国の民主主義にはまだ忍耐と絶え間ないゲームが必要だ」と考えている。

香港で最も売れているコラムニストの陶傑は、《求是》誌に掲載された習近平の最近のスピーチの論調と語気は、最終決定の命令ではなく、自己防衛の語気と考えている。彼は政治局常任委員会で鋭い非難に直面したに違いない。そうでなければ、政治局常任委員での話を漏らしたり、開示したりしてはならないはず。現在、大乱に直面して、誇大広告はステロールのようなものである。このシステムに癌または脳腫瘍があると仮定すると、標的薬物とガンマナイフでも治療できない場合、危機はステロールによってのみ遅らせることができる。

陶傑の言う意味は、誇大広告で庶民を騙し続け、共産党の延命を図るということか。でも、中共の命運も尽きているように見えるが。どうして日本が邪悪な中共を助けようとするのか分からない。

https://www.secretchina.com/news/gb/2020/02/23/924016.html

2/24阿波羅新聞網<疫情冲击 银行若不快行动 百万中企恐将倒闭=疫病の衝撃 銀行が迅速に行動しないと、100万の中国企業は倒産の恐れ>新型コロナウイルス危機は中国の産業に深刻な影響を与えており、多くの中小企業は生死の境を彷徨っている。 Brigitaは、中国の大手自動車ディーラーのディレクターである。彼女にとって企業の生存を維持するために利用可能な手は使い果たした。

ブルームバーグニュースによると、Brigitaの100の営業所は、新型コロナウイルスの危機により約1か月間閉鎖を余儀なくされた。現在、同社の現金備蓄は枯渇している。さらに悪いことに、多くの銀行は数ヶ月以内に来る会社の数十億元の債務返済期限を延長することは望んでいない。さらに、債権者は考慮すべきことがある。

「債券償還ができない場合、それは非常に悪いことになるだろう」とBrigitaは言った。彼女の会社には10,000人の従業員がおり、BMWなどの中高級車ブランドを販売している。

彼女はメディアにコメントする権限を授権されていないため、彼女の姓と会社名の開示を拒否した。

中国乗用車市場情報合同会議(乗用車協会)は最近、最新のデータを発表し、2月の最初の2週間の中国での乗用車の売上は、前年同期と比較して92%も減少した。売り上げは悲惨だった。

このまま中国経済は破綻してほしい。日本企業も影響を受けるでしょうが、悪魔を育てるよりよほど良い。日本企業の中国進出は合成の誤謬としか思えない。

https://www.aboluowang.com/2020/0224/1413395.html

酒井氏の記事を読んで、超リベラルとか極左というのは日本のメデイアの刷り込みにかかっていたのかと感じました。ネバダでもサンダースが勝ち、“大きな政府”派が勝つかもしれないという気がしてきました。でもトランプも米国勤労者家庭を大事にしています。大事なのは日本の民主党がやったような「コンクリートから人へ」のようなバラマキ政策をしないことでしょう。大学生のローン残の問題も大きいでしょう。解決には知恵を絞ってほしい。

リベラルは“liberate”から派生し、黒人奴隷解放を認めた人達と本で読んだような気がします。それで、“liberal”には寛大の意味があるのかと思いました。今は法的には差別はなくなり、逆差別的なPC等が目立ってきていますが。

民主党もサンダースorウオーレンが勝って、デイープステイト支配やグローバリスト支配から脱却し、“drain the swamp”しないと、ずっと政権を取るのは難しいのでは。今まで騙してきたのがトランプの登場で米国民に気づかれてしまったから。弾劾で逆に米国民に知らせてしまったのでは。

トランプは両院とも共和党が多数党を占めるよう頑張って運動してほしい。

記事

2月19日、第9回民主党大統領候補討論会にブルームバーグ前ニューヨーク市長が初登場した。だが、結果は惨憺(さんたん)たるものだった。もともと共和党員だった彼が、本命を絞り切れない民主党の弱体化を見て、2019年11月に打倒トランプを掲げて出馬表明してから約3カ月。満を持しての登場だったものの、他候補の攻撃を受けてディベート慣れしていない現実を露呈した。20日にはウォーレン氏がブルームバーグ氏の会社での女性軽視の雇用契約を解除するよう求めた。

民主党の大統領候補指名争いに名乗りを上げているマイケル・ブルームバーグ前ニューヨーク市長(AP/アフロ)

 民主党の大統領候補者にとっては、この後も2月22日にネバダ(NV)州党員集会、25日は第10回討論会、29日はサウスカロライナ(SC)州予備選と小刻みにイベントが続く。3月3日のスーパーチューズデーまでは足の引っ張り合いのような現状が継続する感じになるだろう。

 一方、トランプ大統領に対しては、同大統領が弾劾裁判を切り抜けた後も上院で内部告発者のヒアリングをしようとの動きが出ている。そのほか、米下院の召喚状を受け入れたバー司法長官に対して、下院議員の署名による辞任要求の手紙が出され、また国防総省の次官補も辞任するなど、リベラルメディアが喜ぶ話題を振りまいている。しかも、20日にはロシア疑惑がまた浮上した。

 しかし、トランプ大統領は2月21日に議会選挙を迎えるイランに対して平和を呼びかけたほか、19日には民主党の第9回討論会に対抗してアリゾナ州で演説を行い、再び大喝采を浴びた。この間、18日にはジャンク債の帝王ミルケン氏など複数の著名な経済犯に恩赦を出したが、民主党からの一部批判を除けば全米が注目するほどでもなく、結局、トランプ大統領の勢いの強さを見せつけた形となった。

事実を直視できないリベラルメディア

 CNNや政治評論家を名乗る人々などは、超リベラルは民主党の主流派ではないと言う。19日の第9回討論会前には、「2016年の亡霊」という見出しを付けるなど反サンダース色が強い番組が増え、当日の司会者も民主党の3分の2がDemocratic Socialismに反対だとする意見をサンダース候補にぶつけた。

 しかし、2月11日のニューハンプシャー(NH)州での勝利で勢いに乗ったサンダース候補は、2月19日の全米投票(ABCニュース、ワシントン・ポスト主催)で32%の支持を獲得し、2位のバイデン氏(15%)の2倍以上となっている。ウォーレン候補の11%を加えると43%で、超リベラルは半分弱に及んでいる。その事実が見落とされているのだ。

 討論会自体も、「ブルームバーグたたき」が一段落した後の話題の中心は、「全国民にメディケアを」や「気候変動へどう対応するか」といったもので、メディアが評価するプラスの注目を浴びた順位は、ウォーレン氏、サンダース氏、クロブシャー氏、ブティジェッジ氏の順だった。クロブシャー氏とブティジェッジ氏の2人は切り口の鋭い話術が人気だが、民主党内では中道と位置付けられているものの、この日の討論会を聞く限り、超リベラルも許容できることを感じさせた。

 結局、サンダース氏の政策を「共産主義」と呼んで非難されたブルームバーグ氏と、「オバマケア」修正案などで副大統領だったことを際立たせようとしたバイデン氏が、マイナスの注目という結果となった。特に、バイデン氏は、最後に1人ずつアピールする時間に女性傍聴者の長い批判を浴びるなど(たまりかねた司会者は一度マイクを切った)、本来であれば首位争いをするはずの2人の低迷ぶりは、今の民主党の状況を表す典型例だったといえよう。

 しかし、リベラルメディアは翌朝の20日も軌道修正できない(またはしたくない)という感じの報道に終始していた。

民主・共和で割れたブルームバーグ参戦への評価

 4億ドル以上の自己資金を選挙活動に注いだブルームバーグ氏は、討論会直前の人気投票では、先ほど触れた全米版で14%、州別にみると最大票田のカリフォルニア(CA)州で16.5%、2番目のテキサス(TX)州で11.7%、3番目のノースカロライナ(NC)州で17.3%と、予想通りの高い支持率で参戦した。

 これを受けて、民主党もリベラルメディアも「強いブルームバーグ」という雰囲気になったが、共和党はこの3州での順位が巨額の資金投入にもかかわらず2位、4位、3位だったことに注目し、「ブルームバーグは恐れるに足らず」と評価した。結果は他の全候補から敵として攻撃された討論会の通りである。

 民主党内のポリティクスを見ると、これまでは、重鎮のリード元上院議員がサンダース氏を危険視し、バイデン氏を支援していた。ところが、クロブシャー氏の討論術を評価するなど、ここへきて揺らぎが出ている。このため、NV、SC両州で黒人などマイノリティー票を獲得して勝利を目指すバイデン候補は、NV州唯一の黒人下院議員であるホースフォード氏とマーシャル副知事から受けた支持を次に生かせるかどうかが鍵となっている。一方、リード前上院議員は、ブルームバーグ氏について「良き市長だった」と、世界的な大都市とはいえ一都市の代表以上ではないとするコメントをしており、彼を支援しない態度を見せている。

 ブルームバーグ氏に関しては、これまでのところ共和党の評価が正しいという印象である。

さらなる混乱もあり得るスーパーチューズデー

 14州の予備選が集中し(海外有権者の予備選も行う)、それまでに決まったものも含めて全体の4割の選挙人が決まる3月3日のスーパーチューズデーだが、ここで注目すべきは中道に位置する投票者の動きだろう。

 日本ではあまり理解されていないと思うが、この日が民主党の大統領候補者にとって大切なのは、前回のNH州でも、第9回討論会でも話題になった「トランプに勝てるかどうか」という視点での結果が出てくることである。

 TX州を含む8つの州とアメリカン・サモアでは、前回(16年)に共和党に登録していた人もインディペンデント(民主・共和どちらでもない)の人も民主党の予備選で投票できる。また、CA州、NC州を含む5つの州では、インディペンデントの人が民主党員とともに投票できる。民主党員だけが投票できるのはメーン州だけだ。

 つまり、スーパーチューズデーは予備選の初期段階において、トランプに勝てる民主党候補者を選ぶ最初のコンテスト日となる。仲間内で足を引っ張っている候補者が、トランプ大統領との本選さながらの戦いを行うのだ。もちろん、ここでの民主党員以外の投票者が「民主党中道」を支持する人になるという意味ではないので、本選の際にどうなるかは別だ。元共和党員のブルームバーグ氏がスーパーチューズデーに賭ける一因はこの点にある。

 ちなみに、全体で約1万3000人のNH州における投票者のうち43%がインディペンデントだった。リベラルメディアは報じないが、このNH州でサンダース氏が勝ち、ウォーレン氏も善戦したという事実は、超リベラルが今の米国で受け入れられていないということを否定する。

超リベラルを「社会主義」と批判することの愚

 サンダース氏やウォーレン氏の政策については、米メディアだけでなく、日本を含む外国のメディアや専門家の間でも「社会主義」だとして否定的である。傍観者程度の人さえ批判している。

 しかし、彼の言うDemocratic Socialismはこの1~2週間で批判されてきたほど愚かな政策ではない。2月19日の第9回討論会では、ブティジェッジ候補がサンダース氏の政策を実現するための予算(25兆ドル)をどう捻出するかと質問したが、逆に言えば、彼もこの予算さえ賄えれば反対しないとの口調だった。

 サンダース氏の政策の実行可能性については、次回に詳しく説明するつもりだが、日本では1億人以上を対象にした国民皆保険が浸透していること、北大西洋条約機構(NATO)を含む多くの国際機関への支援額が大きいことなどを考えれば、もしかすると機能する政策になるかもしれない。MMT(現代貨幣理論)を使わなくても、である。トランプ大統領が、ミニ・マイクとばかにするブルームバーグ氏よりもサンダース氏を警戒する理由がここにある。

 公立高校まで無料の米国には、メディケア(高齢者向け公的医療保険)、メディケイド(公的扶助対象者向け公的医療保険)向けの医療サービスもあり、鉄道は基本的に国有である。サンダース氏は、そんな現状を富裕層のための社会主義(富裕層でもこの利益を受けられるため)として、国家予算をどのように国民のために使うかを決めるのがDemocratic Socialismだと言っている。

 なお、トランプ大統領は、イランへの平和メッセージを送ったが、これは16年に勝ったアイオワ(IA)州と負けたイリノイ(IL)州にいる700万人のイスラム教徒を意識したものでもある。16年の大統領選を、接戦で制した州の選挙人の数で勝利した同大統領は、細やかなところに気配りすると同時に、強力化しかねない敵を徹底的に潰そうとしているのだ。

 その大統領は、まだ本格的ではないものの、Democratic Socialismは全米の潮流をつくりかねないリスクと感じ始めている。「社会主義は米国の主流になれない」と安易に切って捨てるほど、大統領選挙は簡単ではない。

良ければ下にあります

を応援クリックよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください