『ボルトン暴露本が明かす日米韓関係の光と影 「神風特攻隊員の息子だから安倍が好きなんだ」』(6/27JBプレス 高濱賛)について

6/29希望之声<《纽时》再发假新闻攻击川普 总统要求其披露“匿名”消息源=NYTはトランプを攻撃するために再びフェイクニュースを発信 大統領は“匿名の”情報源を開示するよう要求>6/27(土)、トランプ大統領からずっとフェイクニュースメディアと呼ばれているNYT紙は、トランプ政権を攻撃するためのフェイクニュースを再び発表した。ロシアとタリバン関連の過激派はアフガニスタンで米軍殺害に懸賞金をかけていると報道した。トランプ大統領は6/28(日)これに強く反応し、彼はこの件について聞いたことがなく、いわゆる“匿名の”情報源を提供するように求めた。

NYTは、“匿名の”情報筋がメディアに伝えたところによると、トランプ大統領とWH国家安全保障委員会はロシアが3月末までに懸賞金をかけて米軍を殺害するという情報を知らされていたと。このニュースはすぐに他の2つの左派メディアであるWSJとWPに転載され、その結果、両党の議員の注目を集めた。

ニュースが発表された後、クレムリンの報道官であるドミトリーペスコフとタリバンの報道官のザビフラー・ムジャヒドの両氏は直ちにこの情報を否定した。ムジャヒドは、「我々とロシア情報局との間でこのような取引があると言うのは根拠がない。目標の殺害と暗殺を完了するためには、我々は自分たちのリソースに頼って実行する。我々と米国人と合意に達した後、状況は変化した。我々は彼らを攻撃せず、彼らの生命と安全を保障している」と。

トランプ大統領は日曜日の朝にツイートし、NYTがフェイクニュースを流したことを非難した。「ペンス副大統領やWH事務主任のマークメドーオフィスディレクターのマークメドウズを含め、誰も私にフェイクニュースのNYTが匿名の情報源から得たロシア人がアフガニスタンで我々の軍隊を攻撃したという報告を聞いたたことがない」と述べた。彼は、「すべての関係者がその件について否定し、アフガニスタンの米軍は攻撃を受けなかった」と述べた。 「トランプ政権よりもロシアに強い人はいない」と語った。

https://www.soundofhope.org/post/395212

6/28阿波羅新聞網<西雅图“革命苏区”被清场了?川普一句话 许多人离开了“自治区”= シアトルの「革命ソビエト区」は片付けられたか? トランプの話では多くの人は「自治区」を去った>トランプ大統領の昨日の怒りは、完全に「独立自治」のシアトルとトランプを冷笑し皮肉を言ったジェニー市長が原因ではなく、WHの入り口にあるアンドリュージャクソン大統領の像の破壊を目のあたりにしたためである・・・。「革命ソビエト区」は武力制圧されたのではなく、自分で帰っていったと。

https://www.aboluowang.com/2020/0628/1470543.html

6/29阿波羅新聞網<罕见!美军首公布战斗人员赴台操演画面=珍しい! 米軍が初めて戦闘員が台湾へ行って演習する場面を公表>何十年もの間、米軍は台湾に行き、国軍の戦闘訓練を支援してきたが、今まで情況を明らかにしてこず、国防部は機密扱いとしてきた。 しかし、米特殊部隊第1軍団は、“EXCELLENCE”(卓越)という映像を撮影し、米軍が台湾で台湾軍と共同訓練している大量の映像を撮り、部隊のイメージを上げる国際宣伝となった。この映画では、台湾の将校・兵士と米軍が台湾で共同編隊を組んで演習し、UH-60Mブラックホークヘリコプターのテールブームには、「陸軍」と「国章」という言葉が垣間見える。 台湾でコードネーム「Balance Tamper」と呼ばれる米軍特殊作戦部隊の双方向の訓練が初めて公開された。

米特殊部隊第1軍団は昨年、“EXCELLENCE”(卓越)部隊の映像を発表した。共同訓練を国際的に宣伝するため、多数の米軍の教官と中華民国の迷彩服を着た特戦兵士との組み合わせ(赤い矢印)は、ブラックホークヘリコプターの退避作戦を実行した。 (米国特殊部隊第1軍団の「EXCELLENCE」映画から取得)

https://www.aboluowang.com/2020/0629/1470672.html

6/29希望之声<大冰雹、龙卷风、13级大风! 极端天气触目惊心!(视频)=大きな雹、竜巻、13級の強風! 異常気象は衝撃的! (ビデオ)>歴史的に珍しい全国の大洪水に加えて、異常な天候が最近各地で発生した:河北省、北京、天津には巨大な雹が降り、屋根を打ち砕き、車の窓を破り、村人を傷つけた。湖北省荆門では竜巻が木をなぎ倒し、車を壊した。天津の13級の強風の後、木の幹しか残っていない。

6/25、河北省保定市で大きな雹が降った後、村民の屋根が壊され、外に駐車していた車の窓はほとんど打ち破られた。村民は泣きたくても涙も出ない。

https://twitter.com/i/status/1277108536053358594

6/25、雹を伴う嵐が13級の暴風が天津を襲った。災害後のシーンは衝撃的で、木々が腰で折れ、太い幹だけが残っている。

https://twitter.com/i/status/1277173426923298816

https://www.soundofhope.org/post/395227

高濱氏の記事で“2020年度予算に計上された「思いやり予算」は約1993億円”とありますが、思いやり予算以外にみ日本が負担しているのは総額7902億円と2019年12月23日のしんぶん赤旗が報じています。米側がこの数字を知ったうえで、思いやり予算だけ切り離して、4倍も増額を言い出したのかどうか。

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik19/2019-12-23/2019122301_01_1.html

こういうところも正確に伝えなければ、印象操作していると思われます。

韓国がボルトン本に外交上話し合われたことが暴露されたことで怒っていますが、自分たちは日本に対していつもやっていることでしょう。他人に文句付ける前に我が身を振り返ってみたら。

ボルトンはネオコンですから、言ってみればデイープステイトの一員では。デイープステイトもトランプのお陰で勢力が弱まっています。あまり相手にはされないのでは。

記事

満面の笑みを見せるトランプ大統領と安倍首相

米国内よりも世界に強烈なインパクト

ジョン・ボルトン前大統領補佐官の回顧録『The Room Where It Happened: A White House Memoir』(それが起きた部屋:ホワイトハウス回想録)は、米国内というよりも世界中のトップやメディアに強烈なインパクトを与えている。

理由は2つある。

一つは、ボルトンという頭脳明晰な学者兼外交官が身近で目撃したドナルド・トランプという稀有な大統領の実像・虚像が明かされているからだ。

もう一つは、ボルトンという共和党歴代政権で常に日の当たる場所に身を置き、超タカ派思想を各政権に植えつけてきた外交のエキスパートが、何を見聞きし、どう分析していたかへの関心だ。

メモ魔と言われるボルトン氏が機密情報漏洩スレスレに公開した中身も興味深い。

どの国の指導者たちも対外交渉の中身は自国民には明かさないからだ。

特に目につくのは韓国の文在寅大統領周辺と韓国世論の騒ぎようだ。今にも政権がぶっ倒れそうな感じすらする。

在韓米軍駐留費交渉や米朝首脳会談の経緯を巡ってボルトン氏が暴露した裏話は、事実なら、文在寅大統領の政治生命は危うい。

さらに言えば、ここまで書かれてしまった北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長や金与正党第一副部長はどんな顔をしているのだろう。

この本に書かれていることは真実であり、事実なのだろうか。

米テレビ局のインタビューで、「ホワイトハウス在任期間のノートはすべて破棄されたのに500ページもの本をどうして書けたのか」と聞かれたボルトン氏は、「私は生まれつき記憶力が良いからだ」と平然と答えている。

ボルトン氏はイエール大学首席卒業の秀才。在学中には州兵予備役として入隊、陸軍予備役としてベトナム戦争に従軍する寸前までいっていた。

(このへんは仕えた大統領がすべて兵役を忌避していたのは大違いだ)

その後、エール大学法科大学院で法務博士号を取得している。

根っからの共和党員*1で、ロナルド・レーガン第40代大統領の下で司法次官、国務次官補などを歴任するなど要職をこなした。

*1=2014年以降、共和党の現職上下両院議員に政治資金を提供、2020年の上下両院選に再出馬している現職議員数人に選挙資金を出している。

https://www.thedailybeast.com/john-bolton-is-a-pariah-but-will-republicans-still-take-his-cash

2003年のイラク侵攻では他のネオコン(新保守主義者)学者・官僚とともに旗振り役を演じた。

今ではイラク侵攻は「間違った戦争」という概念が米国では定着している。

ボルトン氏をよく知る主要シンクタンクの上級研究員K氏はこう指摘している。

「当時ブッシュ政権(子)で国務、国防両省の要職についていたネオコンはイラク戦争の『戦犯』として一掃されてしまった」

「そうした中でもボルトン氏はどっこい生き残った。トランプ大統領に拾われて最終的には国家安全保障担当補佐官にまで上り詰めた。それだけにリベラル派や主要メディアからは目の敵にされてきた」

「今回なぜ本を書いたのか。真意は分からない。トランプ大統領が違憲すれすれのことを外交でやっていたと批判しているが、それならなぜ2019年12月の下院司法委員会で証言しなかったのか」

米国内でトランプ大統領の「犯罪」を追及するリベラル派の面々もその点が引っかかっている。

軽いタッチで米政治社会を鋭くえぐるワシントン・ポストの女性コラムニスト、アレクサンドリア・ペトリ氏はこう辛辣にコメントしている。

「ボルトン氏の投げた手投げ弾は、言ってみれば飼っている子犬が大事にしているクッションに粗相をしたようなもの」

「もはや驚きもしない。しかしがっかりしている」

「見聞きしたすべての情報を下院で証言する代わりに本を書くためにとっておいたのだから」

https://www.washingtonpost.com/opinions/2020/06/18/heres-what-truly-shocking-revelation-would-sound-like-john-bolton/

ボルトン手投げ弾で一番ショックを受け、慌てふためいているのは韓国の文在寅大統領だろう。

文在寅大統領がこれまでやってきた対北朝鮮交渉が独りよがりで思い込みが激しく、文在寅大統領自身、お粗末な仲介者だったことを露呈しまったからだ。

韓国の有力紙、東亜日報は「北朝鮮の非核化詐欺、韓国のお粗末な朝鮮半島運転者論や仲介論が虚像であることが暴露された」と大上段から構えた社説を載せている。

https://www.donga.com/jp/List/article/all/20200623/2099449/1/%E5%8C%97%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E3%81%AE%E9%9D%9E%E6%A0%B8%E5%8C%96%E8%A9%90%E6%AC%BA%E3%80%81%E9%9F%93%E5%9B%BD%E3%81%AE%E3%81%8A%E7%B2%97%E6%9C%AB%E3%81%AA%E4%BB%B2%E8%A3%81%E8%80%85%E3%81%AE%E8%99%9A%E5%83%8F%E3%82%92%E6%9A%B4%E9%9C%B2%E3%81%97%E3%81%9F%E3%83%9C%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%B3%E5%9B%9E%E9%A1%A7%E9%8C%B2

日本について最も書かれた暴露本

日本や安倍晋三首相に関する記述もふんだんに出てくる。

米歴代大統領や閣僚経験者たちの回想録で、これほど日本の首相や日本関連の下りが出てくる本は稀有だ。

すでに既報済みだが、日米関連政策に関するものとしては、2021年以降の在日米軍駐留費の日本側負担「思いやり予算」を巡る情報がある。

これはボルトン氏の独断と偏見で書かれた「事実」だ。

ボルトン氏が昨年7月に訪日した際、日本側にトランプ大統領が年80億ドル(約8500億ドル)を望んでいることを伝えた。

2020年度予算に計上された「思いやり予算」は約1993億円だ。トランプ大統領の意向として日本にその4倍以上を望んでいるというわけだ。

この80億ドル要求説はこれまでにも米メディアでは報じられているが、実名で当時の政府高官が明かしているのは初めてだ。

ボルトン氏の日本政府への伝達が公式なのか、どうかは分からない。

菅義偉官房長官は「増額を要求された事実はない」と否定している。少なくとも日米外務・防衛事務レベルでこうした提案が米側から出されたものではないということだろう。

「思いやり予算」を定める日米特別協定更新に向けた交渉は年内にも本格化する。その場で米側は80億ドルを要求するということなのかもしれない。

ボルトン氏はさらにこう続けている。

「(私は80億ドルという数字を挙げたが)トランプ氏だけが彼の満足する数字を知っている。だから本当の数字を推測することは無意味だ」

「ただ(日本や韓国に対して)前もって数字を示し、警告することがトランプ氏の要求に対応する機会を(日本や韓国に)与えた」

「トランプ氏は(私に)駐留米軍を撤収するぞと脅すことで(日本や韓国との駐留経費の)交渉でこちらの立場を有利にできると語っていた」

トランプ大統領が頻繁に電話する外国首脳

トランプ大統領は安倍晋三首相に頻繁に電話をしてきた。なぜか。

米主要メディアのホワイトハウス詰め記者の一人、W氏はその理由についてこう指摘する。

「トランプ大統領は側近でも自分の言うことを黙って聞いてくれる人が好きだ。外国首脳でも同じ」

「安倍首相は聞き上手で、トランプ氏の話をよく聞いてくれるからだろう。トランプ氏は反論されるのが大嫌いだった。安倍氏は反論しないからだろう」

しかし、どうもそれだけではなさそうだ。

ボルトン氏は著書の中で安倍氏についてこう書いている。

「トランプ氏が世界中のリーダーで最も個人的に仲が良かったのはゴルフ仲間でもある安倍晋三首相だ」

「英国のボリス・ジョンソン氏が首相になり、(最も仲の良いリーダーは)安倍氏と肩を並べることになった」

「トランプ氏は、安倍氏の父親(安倍晋太郎氏)が旧日本軍のカミカゼ・パイロットだったことについて話をするのが好きだった」

「トランプ氏は日本人がいかにタフであるか、特に安倍氏はタフだと言っていた」

「安倍氏の父(安倍晋太郎氏)は特攻隊志願兵として天皇陛下のために命を捧げるつもりだったが、それを果たすことはできなかった*2。もし戦場に赴いていれば、今の晋三(1954年生まれ)はこの世には生まれていなかった」

*2=安倍晋太郎氏は1944年、東京大学入学後、学徒出陣として徴兵され、特攻隊に志願。45年、少尉任官直前に父親の安倍寛氏に「この戦争は負けるだろう。敗戦後の日本が心配だ。若い力が必要になる。無駄な死に方はするな」と止められて諦めた。

なおトランプ氏は安倍首相の父親が特攻隊志願だった話を2019年8月、ニューヨークで開かれた政治資金集めの会合の席上、明かしている。

https://nypost.com/2019/08/09/trump-cracks-jokes-about-rent-control-kamikaze-pilots-at-hamptons-fundraiser/

トランプ氏がこの話をどこから「仕入れた」のかは定かでない。安倍氏との初対面の時に国務省あたりが情報を入手し提供したのか。

いずれにせよ、沈思黙考するのは苦手。思いついたことは何でも口にするトランプ氏が安倍氏についての情報をこうした形で入手していたとは驚きだ。

と同時に、日本といえば、すぐ思い浮かべる「真珠湾奇襲」のトランプ氏がカミカゼ・パイロットに日本人の勇猛果敢さを見出し、それを安倍氏に投影させているというのも興味深い。

日米を往復しながら日米関係を時系列的に分析している日本人研究者のY氏はこう言う。

「平均的な日本人の『トランプ観』は、ハチャメチャな男で世界中が迷惑をしているが憎めない男。日本人はトランプ氏が好きなのか嫌いなのか分からない」

安倍氏は対北朝鮮非核化、拉致では不変

こうした安倍氏の父親譲りのタフネスぶりをボルトン氏は何度か、目撃している。

「安倍氏は金正恩氏を全く信用していなかった。日本は非核化と拉致問題について(金正恩氏から)具体的で明確なコミットメントを望んでいた」

「安倍氏はトランプ氏に『あなたはバラク・オバマ前大統領よりもタフだ』と強調した。今こそ、その点をトランプ氏に想起させる必要があると考えていたし、そのことを示した」

「シンガポールで行われた米朝首脳会談に先立ってワシントンでトランプ大統領と会談した安倍首相は北朝鮮について、『非常にタフでずる賢い』と言い切った」

安倍氏は、『北朝鮮にはまず具体的な措置をとるべきだ。(我々は)安易に北朝鮮に対する制裁を解除すべきではない。今解除すべき必要などない』と忠告した」

だが良いことばかりではない。

ボルトン氏は2019年6月、安倍首相がイランを訪問した際の裏話を明かしている。

「後になって知ったのだが、トランプ氏は安倍氏に米国と(日本とは友好関係にある)イランとを取り持つように依頼した」

「2019年5月、私が東京で安倍首相に会った際、同氏は『トランプ大統領からの要請なので、イランを訪問する』と明かした」

「その直後の5月27日、東京で行われた日米首脳会談で安倍首相はトランプ氏にイランを6月に訪問すると伝えた」

「トランプ氏は、それを聞いて椅子から滑り落ちはしなかったし、大事な点を聞き逃してはいないようだったが、深い眠りに落ち込んでいた(つまり安倍氏が話している最中に居眠りをしていた)」

「安倍氏がイランの最高指導者、アリー・ハメネイ師と会談している最中、イラン沖で日本などの海運会社が運航するタンカーが攻撃された」

「イランは安倍氏に平手打ちする形で、日イラン首脳会談は完全な失敗に終わった」

「安倍氏は帰国後、トランプ氏と電話会談した。トランプ氏は『協力には感謝する。だが個人的には日本に米国の農産物をもっと買ってもらう方が重要だ』と、(自らが安倍氏に依頼した米国とイランとの関係を取り持つことなどよりも)すでに自分の関心事は(再選に向けた)農産物の輸出の話題に移っていた」

朝令暮改、今朝言っていたことは夕方にはころりと忘れしまう。しかも最大関心事は常に2020年の大統領選でいかにしたら再選するか、そのために支持層に益となることを外交の主軸に据える。

トランプ氏の外交について、ボルトン氏がこう言い切っているゆえんだ。

「トランプ氏には個人的な利益と国家の利益、つまり国益との違いを分別することができないのだ」

文在寅大統領:
「自衛隊には絶対に韓国の土を踏ませない」

日韓関係のくだりでは、文在寅大統領の生の声が出てくる。

ハノイでの米朝首脳会談後の2019年4月11日、ワシントンで米韓首脳会談が行われた。

「トランプ大統領は、ワーキングランチで文在寅大統領にこう尋ねた。『韓国は同盟国として日本と共に戦うことができるか』」

これに対して文在寅氏はこう答えた。

「日韓で合同軍事演習はできる。しかし日本の兵力(自衛隊)が韓国の土を踏むことには韓国国民に(日韓併合時の)歴史を思い出されることになる」

トランプ氏はさらに質問した。

「万一我々が北朝鮮と戦わなければならない状況に立ち入ったら、どんなことが起きるか。韓国は日本の参加を受け入れることができるか」

文在寅氏は答えた。

「日本の兵力が韓国の地に足を踏み入れない限り、韓国は日本と一つになって戦う」

韓国の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長はボルトン暴露本に書かれた韓国関連部分についてこう指摘している。

「この本に書かれている相当部分は事実を大きく歪曲している」

「米韓両国政府間の相互信頼に基づいて(首脳会談をはじめとする政府間で行った)協議した内容に一方的に公開することは外交の基本原則に反する。今後の交渉に向けた国家間の信義を著しく殷損しかねない」

https://time.com/5856977/south-korea-john-bolton-book-kim-jong-un/

トランプ大統領の超側近、マイク・ポンペオ国務長官はボルトン氏の暴露本について刑事上の責任を負うべきだと、6月23日のフォックス・ニュースとのインタビューで主張している。

「(現在情報漏洩罪など数十件の容疑で米連邦捜査局=FBIが捜査している)エドワート・スノーデン元米国家安全保障局(NSA)元分析官のように国家機密情報を暴露すればどうなるか。ボルトン氏も同じ目に遭うだろう」

https://www.foxnews.com/media/pompeo-john-bolton-not-dissimilar-edward-snowden

日米同盟関係を壊されることだけは避けよ

話をトランプ大統領と安倍首相との関係に戻す。

おそらく歴代首相で米大統領とこれだけ親しくなった(つまり米大統領がこれほど日本の首相に親近感を感じて付き合ったという意味では)ドナルド・シンゾー関係は、レーガン大統領と中曽根康弘首相とが築き上げた「ロン・ヤス」関係の上をいっているかもしれない。

その親密な関係は日本にとって役立ってきたのか。

長年日米関係をジャーナリストしてフォローしてきたY氏はこう指摘している。

「安倍氏は一見、トランプ氏におもねっているようで環太平洋パートナーシップ協定(TPP)締結にしろ、地球温暖化防止のパリ協定残留にしろ、米国とは一線を画す形で日本としての主張は貫いてきた」

「貿易面でもトランプ氏は当初、対日貿易赤字700億ドルを何とかせよと言っていたが、今は引っ込めている」

「安倍氏はトランプ流外交、つまり言っていることとやっていることの間にある乖離をうまく見抜いている」

「日本にとっての対米政策の根幹とは、日米同盟を崩さぬこと。長い日米関係の中ではトランプ政権は、まさに片時で瞬間的なもの」

「中長期的はおろか短期的にも戦術も戦略もないトランプ大統領にその根幹をいじくってほしくない。そのためにトランプ氏がカミカゼ・パイロットの安倍氏の父が好きだ、ということで安倍首相が好きだと言うなら、それを利用すればいいことだ」

超タカ派で権力主義者を嫌い、人権尊重主義者、つまり中国の習近平国家主席や金正恩朝鮮労働党委員長が大嫌いなボルトン氏が渾身の力を絞って書き上げた暴露本。

百人百様の読み方がありそうだ。

良ければ下にあります

を応援クリックよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください