『バイデン勝利、真の立役者は部下とカネ 格言となった「米大統領選の得票数は集金力に比例する」』(11/16JBプレス 堀田佳男)について

11/17阿波羅新聞網<川普胜18个风向标县碾压拜登 投票机发明者忘形狂笑变大哭 拜登中共勾兑江系曝闭门会议=トランプは18の風向きを示す郡でバイデンを圧倒 投票機の発明者は大笑いの後、大泣きする バイデンと中共の関係復活(非公式会議)を江派が明らかにする>

ドミニオンの発明者は大笑い:選挙結果はトランプが勝つことを防ぐためにセットされた・・・Eric CoomerはDominionの副社長で、開発前にこのシステムは他人の操縦は回避できないと。権限さえあれば選挙結果は変えられる。彼はアンテイファの支持者。誰かが彼に聞いた。「トランプが選挙に勝ったら、どうするか?」と言った。クーマーはこう言った。「選挙について心配する必要はない。トランプは勝たない。私は彼が勝てないようにいくつかのトリックをした」と。それから彼は笑い続けた。

何清漣:ドミニオンシステムを使えば、その人が中国を支配する・・・習近平が米国の選挙データ改変クーデターを見て、最終的に中国で1人1票の選挙制度を実現できると感じただろう。シンクタンクはシミュレーション計画を策定した。①世界の多くの国で使用されているDominion選挙機システムと米国の郵便投票システムを導入する②8大民主党派と海外民主運動家とで選挙委員会を組織する③全国の10万人以上の政党が選挙に立候補することができる。

結果はドミニオンシステムを使えば、その人が中国を支配する。

誰がWHに入るかの合図?トランプはBellwether Countiesで圧倒的な支持を受けている・・・レーガン以来、全米で19郡が、誰がWHに入るかの指標になっている。トランプは18郡でバイデンに16%の差で大勝。ワシントン州のClallam郡はバイデンに負けたが差はわずか3%であった。

バイデンの陣営と中共が関係復活・・・バイデンと中共の関係復活(非公式会議)をサウスチャイナモーニングポストが明らかにする。

トランプの陣営はペンシルベニアで提訴、ペンシルベニア州知事が選挙結果を認証することを阻止

トランプ支持者は激しく暴力に遭い、メディアは沈黙し、トランプは砲撃

不公平 イヴァンカは非難:恥知らず トランプの息子:主流のメディアは暴力の共犯者である

選挙により、「米国には中央宣伝部がある」ことが明らかに・・・主流メデイアはトランプを支持した7000万人以上の人の声を無視し、トランプの法廷闘争をすら阻止しようとしている。中共宣伝部とグレイトファイアーウオールのようなものになり下がっている。

トランプ支持者:私は沈黙できない、静かに消えることもできない

11/ 14、トランプ支持者はパレード中に次のように述べた。「2020年11月に、世界で偉大な国が腐敗した政治家に盗まれたとき、あなたはどこにいたか?言いたくないが、私は家に座ってTVを見ていた。言いたいのは、私は再び国に奉仕するためにここ(DC)にいる。私は海兵隊に5年間勤め、イラクとアフガニスタンに行ってきた。私は社会主義の邪悪な触手が世界で最も偉大な国を包み込むのを座視できない。私は沈黙せず、静かに消えることはない」と。

https://twitter.com/i/status/1328082644702150656

トランプは中共とイランの恐怖政治を並べているが、どんな合図を送ったか?・・・ポンペオのビデオ。自由への抑圧。

中共軍は非常に物議を醸す武器を使用 インド軍はマイクロ波武器によって攻撃される

米国は情報を提供し、イスラエルはイランの首都でのアルカイダNo2を殺す

https://www.aboluowang.com/2020/1117/1523909.html

11/17阿波羅新聞網<川普大手笔证明选举违宪 投票机公司是他的人运作 左媒真狠!挺川人数压百倍=トランプの腕扱きは選挙が違憲であることを証明 投票機会社は彼らによって運営されている 左派メディアは本当に酷い!トランプ支持者を数百倍も虐める>

彼女はどんな証拠を持っている? トランプの弁護士のパウエル:我々はいくつかの州での選挙の結果を覆す・・・彼女は、「証拠なしに結論を出すことはない。いくつかの州での選挙結果を覆すつもり」と。パウエルはまた、多くの州当局が投票機を購入する過程で賄賂を受け取ったことを明らかにした。彼女は、ずっとCIA長官を解雇すべきだと指摘してきた。CIAとFBIは、投票ソフトウェアの失敗と脆弱性の報告を繰り返し受け、ソフトの説明書にでさえ、不誠実な人達がこのシステムを使う可能性があると述べていたのに。しかし、両部門はこれらのソフトウェアの使用を妨げなかった。

ジュリアーニの暴露:投票システムがベネズエラの会社で、中共の盟友と・・・ジュリアーニは、この投票システムは、2人のベネズエラ人とチャベス(ベネズエラのチャベス前大統領)が共同で設立したものと明らかにした。それはアルゼンチンとベネズエラの選挙を操作し、非常に恥ずべき歴史である。下院は2008年にこれらに言及した。怪しすぎてテキサス州からは除外された。それはまだマドーロに近い2人のベネズエラ人(ニコラスマドーロ、ベネズエラの現在の大統領)によって運営されている。

ジュリアーニは、ドミニオンは基本的に米国の会社ではないことを指摘し、「我々の選挙が米国国外で集計され、この会社はベネズエラと中共の盟友である。これはやりすぎだろう」

米国の選挙:トランプは、選挙が違憲であることを証明するために大規模な訴訟を起こす

バイデンの癌財団(長男は癌で死亡)は、寄付はオバマの高官とファイザーの幹部にのみ高額の給与を支払ったことを明らかにする

ワクチンは政治に左右され、ファイザーは成功を隠し、まずバイデンに知らせる!

トランプ支持者パレードの数は減らす? 王丹:米国の左派メデイアは中共のやり方を学ぶ・・・ワシントンDCでのトランプ支持者のパレードの数は数十万から百万に上るのに、左派メデイアは千名としか報道しない。ワシントンの警察は20万と見積もる。

デブラシオ市長の乱政:郵便局のデータによると、30万人以上がNY市から移動

https://www.aboluowang.com/2020/1117/1523902.html

11/17阿波羅新聞網<形势逆转!关键时刻黑石苏世民力挺川普=形勢逆転!ブラックロックのシュワルツマンは決定的な瞬間にトランプを支持>Financial Timesを含む多くのメディアは本日、Wal-Mart、Goldman Sachs、Johnson&JohnsonなどのFortune 500企業の24人以上のCEOが、11/6の午前7時に非公開で緊急会議を開催したと報じた。トランプ大統領がWHを離れることを拒否したらどうするか、ウォールストリートは集団行動を取る必要があるかもしれないと考えた。現在の米国大統領選挙は憲政主義と共産主義の論争であると明らかにする人がますます増えており、ブラックストーン・シュワルツマンの発言により、ウォールストリートに自らの利益となる選択をさせることも非常に重要である。

この金融界の大物は、大統領は法的手続きを開始する権利を持っていると主張し、米国が(トランプの)クーデターの危機に瀕している可能性があるという他の参加者の主張に疑問を呈した。

シュワルツマンはまた、当時ペンシルベニアが発表した集計結果に疑問を呈し、トランプ大統領が支配的な立場にあったのが、時間が経ち、多数の郵便投票が殺到すると、投票数は突然バイデンに変わったと述べた。

https://www.aboluowang.com/2020/1116/1523899.html

11/17希望之声<揭选举欺诈推文被标“有争议” 前UN大使黑利抨击科技巨头=選挙詐欺のツイートを「物議を醸す」とマークされた元国連大使ヘイリーはテクノロジーの巨人を批判>最近、元米国国連大使のニッキ・ヘイリー((Nikki Haley)は、「票を集めると選挙詐欺が容易になる」とツイートした。 Twitterはすぐに彼女のツイートを「物議を醸す」とラベル付けした。このため、ヘイリーはツイッターを非難し、保守派がもはやハイテク企業を信用しなくなったのも当然であると述べた。

ヘイリーは、「イラン(最高指導者)のアヤトラが(ユダヤ人に対する)虐殺はなかったとツイートしたとき、Twitterはそれを放っておいた」と言った。しかし、「票を集めることで選挙詐欺が容易になったと言ったとき、Twitterは物議を醸したと言った。保守派がハイテクノロジーを信じないのはこのためだろうか」と彼女は自問した。

https://www.soundofhope.org/post/443518

堀田氏の記事で選挙資金獲得の差が大統領選の結果を分けたというのは、余りにピントはずれでは。彼は民主党支持だから、情報源が民主党からしかないのでしょう。一番の問題は法律違反してまで不正選挙をやってきた民主党というのかデイープステイト、ユダヤグローバリストに連なる連中の共同謀議ではないのか?そこに触れないのでは説得力がありません。この記事を情弱日本人が見ればそのまま納得するでしょう。

記事

選挙資金の集金力で分かっていたトランプ大統領の負け

米大統領選は日本時間14日現在、いまだにトランプ大統領が「敗北」を認めていないが、バイデン氏が次期大統領になることは確実となった。

いまだに再集計が行われているジョージア州でもバイデン氏の勝利は揺るがず、米メディアは同州での当確を出した。

それによりバイデン氏の獲得選挙人は過半数の270を超える306人となり、トランプ再選の可能性は絶望的となった。

仮にドナルド・トランプ大統領がジョージア州をものにしても選挙人の過半数である270には到達せず、トランプ再選の可能性は絶望的と述べて差し支えない。

選挙資金と大統領選

ここで改めて、バイデン氏が勝つことができた理由を選挙資金の角度から検証してみたい。

筆者は1992年から米国で大統領選の取材を始め、これまでの経緯から「より多くの選挙資金を集めた候補が勝つ」という暗黙のルールに注目してきた。

ただ前回の2016年選挙では、このルールが破られた。

ヒラリー・クリントン候補の方がトランプ氏よりも300億円以上も多くの資金を集めたが、敗北したのだ。

それでもヒラリー氏は一般得票数においてはトランプ氏よりも約286万票も多く獲得しており、総得票数に着目した場合、「多額のカネが勝利をもたらす」という格言は生かされていたともいえる。

そして今年の大統領選では、再びカネと得票数が連動した結果が見られた。

選挙戦における集金という点で、当初は億万長者のトランプ氏の方が優っているかに思えたが、結果として、バイデン陣営の方がはるかに多くの資金を集めた事実を指摘したい。

政治献金の動きを監視する非営利団体「センター・フォー・レスポンシブ・ポリティクス」によると、選挙直前までにバイデン陣営が集めた選挙資金は約9億3700万ドル(約983億円)。

それに対しトランプ陣営は5億9500万ドル(約624億円)で、300億円以上の開きがある。

4年前の選挙でのヒラリー氏とトランプ氏の差額とほぼ同額である。さらに今回はバイデン氏の総得票数がトランプ氏よりも500万票以上も多かった。

歴史が語るトランプ敗退

過去の大統領選と比較して、これほどの差がある中でトランプ氏が勝てるチャンスはほとんどないというのが実態である。

資金のほぼ8割は21世紀のいまでもテレビ広告に使われる。

ネガティブ・キャンペーン(批判広告)に制限はほとんどなく、候補たちは批判広告を打ち合って消耗戦を繰り広げる。

フロリダ州やペンシルベニア州などの激戦州では特に激しく、両州を含めた全米でのCM本数は4月初旬から10月中旬までで、バイデン氏が約35万本、トランプ氏が26万本となっている(ウェズリアン・メディア・プロジェクト調べ)。

相手に批判広告を打たれたまま対抗措置をとらないと、これまでの経緯から、その地域での支持率は確実に下降してしまう。

それが米選挙の現実である。

もちろん選挙資金はテレビCMだけでなく、全米に設置された選挙事務所の経費から戦略を練るスタッフの給与、交通費、ポスター代、相手候補を調べるリサーチ代、人工衛星サービス利用料などにも必要で、選挙資金はいくらあっても足りないのが実情だ。

ただバイデン氏は出馬当初から資金面で優位に立っていたわけではない。

思い出していただきたい。バイデン氏は今年2月、予備選最初のアイオワ州では4位、次のニューハンプシャー州では5位に沈み、ほとんど撤退の間際にあったということだ。

選挙資金も集まっておらず、年齢問題もあり、当初は「勝てる候補」との期待は薄かった。

勝てる候補にのし上げた立役者

転機は4月、選挙対策本部長にジェニファー・オマリー・ディロン氏を迎えてからである。

ディロン氏は学生時代から政治活動を始め、2000年にはアルバート・ゴア氏の大統領の選挙にかかわった。

さらにバラク・オバマ大統領時代も選対本部で勝利に尽力している。そして選挙には「カネこそが重要」との認識を持つようになったという。

マーケティング企業の共同経営者であるディロン氏は、選挙を政治活動としてよりマーケティング戦略を駆使することで効果的な結果が得られると踏んでいるようだ。

実はバイデン氏の世論調査結果は選挙の始めからトランプ氏を上回ってきたが、選挙資金では8月までトランプ氏に追いついていなかった。

だが8月から一気に集金額が増え、投票日までトランプ氏を上回ることになる。

集金手法の中には支持者から幅広く低額を募るやり方と、有権者の献金上限である2800ドル(約29万円)を多くの富裕層から集めるやり方がある。

どちらも重要だが、大口献金者に焦点を絞ったピラミッド構造による集金術は、億円単位を集めるためには有効で、バイデン氏がトランプ氏を凌駕した。

さらに正規ルートとは違う、選対外部のファンドへの献金額や「スーパーパック」と呼ばれる政治集金団体が集めた資金額もバイデン氏が上回った。

賛否両論のスーパーパック

このスーパーパックは米政界で長年論じられている存在で、無制限の政治献金を受けつける点で問題視されている。

無制限で資金が集められる理由は、バイデン・トランプ選対と直接、政治的な関係がないことが前提だ。

さらに国民が特定政治家を支持するために政治献金が制限されるべきではないとの考え方が根底にある。

トランプ氏を支持するスーパーパックも複数あるが、バイデン氏の当選を後押しするスーパーパックの集金額の方が、現職大統領よりも上回った。

現職大統領のトランプ氏の支持は中部から南部諸州にかけて広範におよび、現在でも根強いサポートがある。

だが、選対本部と外部団体が集金した選挙資金の総額で、バイデン氏に負けたことはトランプ氏にとっては痛手になった。

選挙は複合的な要素によって勝敗が決まるが、選挙資金に着目しても今年はバイデン氏が優ったことは事実である。

良ければ下にあります

を応援クリックよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください