『習近平と会談、バイデンが「台湾侵攻はすぐにはない」と判断した危ない根拠 中国の主張「台湾問題は中国の内政」に米国は妥協したのか?』(11/17JBプレス 福島香織)について

11/16The Gateway Pundit<Trump Vows To “Dismantle Deep State” By Making Term Limits For Members of Congress>

DSの解体、汚れた沼の清浄化、ヤクの売人の死刑は進めてほしい。

https://twitter.com/i/status/1592713179263819777

https://www.thegatewaypundit.com/2022/11/trump-vows-dismantle-deep-state-making-term-limits-members-congress/

11/16The Gateway Pundit<BREAKING: Slimy Mitch McConnell Elected Senate GOP Leader – Because These Guys Really, Really Hate You>

腐敗したマコーネルが共和党上院トップでは失望しかない。

Republican Senators went ahead and voted for leadership on Wednesday despite the run-off election planned next month in the Georgia Senate race between American icon Herschel Walker and radical Marxist Raphael Warnock.

Republican senators voted in Mitch McConnell to leadership.

https://www.thegatewaypundit.com/2022/11/breaking-republican-senators-elect-slimy-mitch-mcconnell-leader-hate/

11/16The Gateway Pundit<Arizona’s Election Must Be Redone: Here Are At Least Three Provable Constitutional Violations That Render the Results Uncertifiable>

結局、民主党の不正選挙にやられてしまう。

Article two, section twenty one of the Arizona Constitution states, “All elections shall be free and equal, and no power, civil or military, shall at any time interfere to prevent the free exercise of the right of suffrage.” It is a fact that over seventy voting locations in Maricopa County had issues with ballot tabulator machines not being able to read voters ballots.

In addition, there were also reports of printers having configuration issues, and even ink settings being improperly set rendering ballots unreadable. All of these issues, whether purposeful or not violate Article two, Section twenty one’s first sentence which states, “all elections shall be free and equal.” Having over seventy locations, which is roughly thirty percent of all of Maricopa Counties voting centers compromised, not working, or inoperable violates the Arizona Constitution. This election was not “fair or equal” in access to voting rights and these damages were indeed outcome determinative

What happened on Election Day in Maricopa County was a violation of voters Equal Protection rights, their First Amendment rights, and their voting rights.

Moreover, Maricopa County Election Officials lied to voters when they instructed them to “check out” and “check back in” at another polling location to vote. Nowhere in the Arizona Elections manual does it say this is an option or a solution. In fact, once someone “checks in” whether they voted or not they can’t leave and go to another polling location because it would be considered “double voting” as there is no way to determine if the voter didn’t vote at two different polling locations. For this reason alone, this Election should be annulled and redone.

https://www.thegatewaypundit.com/2022/11/arizonas-election-must-redone-least-three-provable-constitutional-violations-render-results-uncertifiable/

11/16The Gateway Pundit<Xi Jinping Scolds Justin Trudeau Like a School Boy – Calls Him Out in Front of Cameras for Leaking Their Convo to Reporters (VIDEO)>

トルドーの会談後の歩き方のぎこちなさ。下放時代を生き抜いた習近平との度胸の差。

CCP leader Xi Jinping’s latest interaction with Justin Trudeau shows just how much Communist China respects the West.

Towards the end of the G20 Summit, China’s President Xi Jinping boldly approached Prime Minister Justin Trudeau and stated: “Everything we discussed has been leaked to the paper, that’s not appropriate”

Trudeau who looked frozen would respond “In Canada, we believe in free, open, and frank dialogue.”

https://twitter.com/i/status/1592856413675876353

https://www.thegatewaypundit.com/2022/11/xi-jinping-scolds-justin-trudeau-like-school-boy-calls-front-cameras-leaking-convo-reporters-video/

今のところは、デサンテイスの方がトランプより大統領候補として好まれていると。

ここでLVsはlikely voters 全体を指します。

11/17阿波羅新聞網<中共犯台后果“战略崩溃” 美军事首长:将重蹈普丁覆辙=中共の台湾侵攻は「戦略の崩壊」を齎す、米軍最高責任者:プーチンの過ちを繰り返す>米国統合参謀本部議長のマーク・ミリーと米国国防長官ロイド・オースチンは本日共同で記者会見を開き、ウクライナにおける最新の情勢を説明し、中共の台湾侵略の結果について言及した。ミリーは、台湾の地形は複雑であり、軍事目標を達成するのが非常に困難であり、軍事作戦を実行するのは困難であり、中共が軍事能力を持つには、まだしばらく時間がかかるだろうと述べた。中共のリスクは高く、賢明ではなく、政治的誤りであり、戦略的誤りであるとも。

習は合理的判断ができる人物でないところが心配。

https://www.aboluowang.com/2022/1117/1830828.html

11/17阿波羅新聞網<夸张 潮州女子带娃上街陌生男硬上欲性侵 路人围观=誇張 潮州の女性が赤ちゃんを連れて歩いていると、見知らぬ男がレイプしようとしたが、通行人は見てるだけ>アポロネット編集:共産党は中国を無神論の国に変えた。大陸の公式メディアでさえ、信仰の欠如が最も深刻な社会問題であることを認めている。現在、中国では 10 億を超える人々が信仰を持っておらず、江沢民の「淫乱で国を統治する」という指導の下、人々は原則なしで快楽を追求し、道徳の衰退は制御不能になっている。広東省潮州市で今朝、セクハラ事件が発生した。母親が2人の幼い子供を家から連れ出したが、路上で男に襲われ、男はズボンを脱いでレイプしようとした。

通行人は知らんぷりしていたが、車を運転していた男性2人が気が付き、男を止めたと。その後、この男は精神病院送りに。

日本の池袋でも、路上で中国人がレイプしようとした事件がありました。破廉恥としか言いようがない。

https://breaking-news.jp/2017/08/28/034894

https://www.aboluowang.com/2022/1117/1830913.html

何清漣 @HeQinglian  11h

私はこの 2 日間で世論調査に基づく 2つの調査レポートを読み、この2 つが楽観的なメッセージを出しているのに気づいた:米国の社会主義信奉者の数は 2 年前と比較して 9 パーセント減少した; Z 世代の間では、MAGA を選択する若者は 30% 以上に達しているが、社会主義者の若者は 20% 近くで低い。

これは、近年のバイデン政権と極左の道理に逆らった行動の結果である。私が読み終えた後、概要を知らせる。

引用ツイート

何清漣 @HeQinglian  14h

返信先:@fading_you1 、 @sohfangwei

数発撃っても元には戻らないかもしれない。 1976(1776?) 年は貴族の革命であり、地主が国王に反抗し、フランス人が助けたことを知っておく必要がある。政治家でも革命家でもなく、お金もそれほどあるわけでないトランプか、あるいは彼の承継人が、東海岸と西海岸を征服するために赤い十字軍を組織するのを当てにするのか?頑張れ。何千万人もの死傷者を出さずに、米国を 2 つか 3つに分割できれば、上出来である。

何清漣 @HeQinglian  11h

もう1つ指摘したのは、おそらく誰もが同じように感じているということである。

2020年の選挙では、左翼メディアは民主党に関するマイナス情報をほとんど報道しなかった。メディアの目標と仕事の95%は、トランプを敵として扱い、トランプの信用を落とすことである。

今年は少し違い、NYTやCNNなど5~6社を除いて、多くはないが民主党の選挙の恥ずべき出来事が暴露された。しかし、死人票を数えることは民主主義の輝かしい成果ではない。

何清漣 @HeQinglian  9h

米国における「社会主義」と「資本主義」に対する肯定的な見方はわずかに減少している: https://pewresearch.org/politics/2022/09/19/modest-declines-in-positive-views-of-socialism-and-capitalism-in-u-s/

2019 年には民主党員の 65% が社会主義に対して肯定的な態度を示していたが、今日では 57% だけが肯定的な見方をしていると答えた。

共和党員と共和党寄りの無党派層で、社会主義について肯定的な見方をしていると答えたのはわずか 14% で、社会主義について非常に否定的な見方をしていると答えたのは約 56% であった。

pewresearch.org

米国における「社会主義」と「資本主義」に対する肯定的な見方のわずかな減少

米国人は、資本主義が社会主義よりも多くの機会と自由を人々に与えると考えている一方で、社会主義は人々の基本的なニーズを満たす可能性が高いと考えているが、これらの認識は異なり・・・。

このスレッドを表示

何清漣 @HeQinglian  9h

  1. 女性は男性より社会主義を好む。女性の半数以上が社会主義を好むが、男性の68%が資本主義に肯定的な印象を持っているのに対し、女性は48%だけが好意的である。資本主義に対して非常に好意的な印象を持っていると回答した男性は、女性の約 2 倍であった (28% 対 15%)。

社会主義を否定的に見る民主党員は、社会主義が人々の基本的なニーズを確実に満たすことができるかどうか疑問に思っている。

何清漣 @HeQinglian  9h

民主党員と共和党員はまた、自称民主社会主義者に対して非常に異なる見方をしている。

7 月のピュー調査では、民主党員の 33% が民主社会主義者と認定される政治指導者を好きだと答え、18% がそのような指導者を嫌い、共和党員は大部分が、自らを民主社会主義者と考える指導者に対して否定的な見方をし、78% がそれを嫌うと述べた。

何清漣がリツイート

北米保守評論 🇺🇸🇨🇦  @NAConservative9  6h

《“投票支援の申し出”、現代の選挙プロセスが脚光を浴びる》

共和党エスタブリッシュメントは、トランプのMAGAは極端すぎて、獲得するはずだった多くの議席を失ったという非常に悪質な議論を持ち出すのを待ちきれなかった。その意味するところは、建国の父たちの建国思想と「米国を再び偉大にする」という理念を放棄し、民主党に仲間入りして悪事を働くということである。

https://twitter.com/i/status/1592967092172513280

何清漣がリツイート

文婕文婕放送 @wenjiebc  6h

🇺🇸🔥炎上中!これこそ私が米国に希望を持つ理由である。我々には常に無数の情熱的な愛国者がいる!

怒ったアリゾナ人がマリコパ郡監督委員会をひっくり返した:投票と金とどちらが重要?ロビイスト、選対マネージャー、マーク・ザッカーバーグに聞いてみたい。あなたのお金、票、国、世界はこの国のすべての郡を腐敗させるのか?鏡を見て自分の魂を苦しめよ、あなたはこの国を引き裂く癌である!

https://twitter.com/i/status/1592959406173720576

何清漣がリツイート

李江琳 @JianglinLi  5h

これを見て。これが悪でないなら、悪とは何ぞや?そうは言っても、親は子供の世話をしなければならない。

引用ツイート

Libs of TikTok  @libsoftiktok  6h

@SASDinfo 役員会での、この母親の悲痛な証言をご覧ください。

教師は彼女の娘をトランスジェンダーになるよう説得した。彼らは彼女の頭を剃り、両親に通知せずに彼女の名前を変更した。彼女の娘は現在テストステロンと両乳房切除術を受けている。

何清漣 @HeQinglian  3h

興味のある人はこの文盲を一掃して、私はもはや時間を費やしたくない。

引用ツイート

王軍 @ttt9942320  3h

返信先:@HeQinglian、@NAConservative9

もし、これらの人々が不正な選挙に参加したら、なぜ彼らは捕まらないのか?米国の司法制度は独立していないのか?

何清漣 @HeQinglian  4h

下院選挙のほこりが落ち着く:

民主党 210: 共和党 218

まだ確定していない議席が 7 議席あるが、過半数は共和党が獲得した。 https://google.com/search?q=2022+election+results&sxsrf=ALiCzsZRVt-kW9N9rPK537z3l5R25FAEeQ%3A1668647319905&source=hp&ei=l4l1Y4-qNPPi5NoPt_ujgAk&iflsig=AJiK0e8AAAAAY3WXp-VF07K5euXjXnet3NzlrC8wNVGb&oq=&gs_lcp=Cgdnd3Mtd2l6EAEYADIHCCMQ6gIQJzIHCCMQ6gIQJzIHCCMQ6gIQJzIHCCMQ6gIQJzIHCCMQ6gIQJzIHCCMQ6gIQJzIHCCMQ6gIQJzIHCCMQ6gIQJzIHCCMQ6gIQJzIHCCMQ6gIQJ1AAWABg3gloAXAAeACAAQCIAQCSAQCYAQCwAQo&sclient=gws-wiz

ペロシ女史を家に送って老後を生きさせよう。

何清漣 @HeQinglian  4h

ロイターの図を見ると、7つのうち4つが青、3つが赤。事故がなければ、共和党は最終的に下院で 221 議席を獲得する。

福島氏の記事では、嘘つき中国人の典型の習近平と腐敗した民主党のトップのバイデンの会談は狐と狸の化かし合いでは。中国から息子のハンター経由で金を貰っているバイデンが本気で台湾を守るとは思えない。やはり共和党が大統領になるべきと思っていますが、今の上下院共和党リーダーでは民主党の不正選挙を止めさすことはできない。結局民主党が大統領を出すか、共和党で意のままにできる人物が大統領になることになる。時間がない。

記事

G20サミットで会談した中国の習近平国家主席と米国のバイデン大統領(2022年11月14日、写真:ロイター/アフロ)

(福島 香織:ジャーナリスト)

中国の習近平国家主席と米国のバイデン大統領は11月14日、インドネシア・バリ島において、双方が国家首脳の立場になってから初めて対面で会談を行った。

習近平にとって米国首脳との対面での会談は3年5カ月ぶり。バイデンとの対面も5年ぶりという。そして第20回党大会で総書記の3期目連任が決まってから初めて臨む国際社会における外交デビューの舞台でもあった。

習近平は会談冒頭でバイデンと握手したとき、珍しくとびっきりの笑顔を国内外カメラに向けた。新華社は両首脳ががっちり握手して破顔する写真を配信した。これは一部の間で、習近平が第3期目は微笑外交に転じるのではないか、という期待を生んだのだった。

だが、新華社の報じる会談における習近平の発言、バイデンの発言を見ると、私は不安しか感じない。

習近平はこの会談で台湾問題について、これまで使わなかったような強い表現で、米国に越えてはならないレッドラインという一線を引いて示してみせた。一方、会談後にはバイデンが、「中国にはすぐには台湾に侵攻する意図がない」という見方を発信した。これにもし根拠があるとしたら、バイデンが台湾問題に関して中国に何かしらの譲歩をした、ということではないか?

「新型大国関係」を改めて提言

新華社報道を参考にすると、会談における習近平の発言は以下のようなものだった。

「目下、両国が直面している局面は、両国および両国人民の根本利益に合致しておらず、国際社会の期待にも合致していない」

「双方は歴史に対しても、世界に対しても、人民に対しても、責任ある態度をもち、新しい時代に両国が双方にとって正しい道を模索し、中米関係を健全で安定的な発展軌道に戻し、両国を幸せにし、世界に恩恵をもたらそう」

「中国政府の国内外政策は透明で公開されている。戦略意図はごまかしがなく明快で高度な連続性と安定性を維持している」「中国は平和発展、開放発展、ウィンウィン発展を堅持し、グローバル発展に参与し、推進する者であり、各国と一緒に共同発展を推進していく」

「世界はまさに重大な歴史的転換点にある。各国はすでに未曾有の挑戦に直面し、未曾有のチャンスをつかまねばならない。我々はこうした高度な観点から、中米関係を処理せねばならない。・・・中米関係は、勝った負けたの関係でも、こっちが隆盛で、そっちが衰退するのだというゼロサムゲームでもない。中米はどちらかが勝利を得て挑戦し合うものではない」

「広い地球では中米ともに発展し、共同繁栄することができる。双方は相手の外交内政の戦略意図に正しく対応し、対話を確立し、対抗せず、ウィンウィンになってゼロサムとならないことを交流の基調としていこう」

「中米は相互尊重を堅持し、平和共存、ウィンウィン発展に沿った関係を正確にナビゲートし、偏らず、失速せず、衝突しないようにすべきである」

これは習近平がかねてから米国に提言してきた「新型大国関係」、つまり米中両雄が並び立って世界を分けて支配していこうという考えに基づく発言とみていいだろう。

米国が越えてはならないレッドライン

だが、台湾問題に関する部分は、これまでにないきつい表現で米国に対して牽制をかけてきた。

「台湾は中国の核心利益中の核心である。中米政治の基礎中の基礎である。中米関係の越える

ことのできないレッドラインである。台湾問題の解決は中国人自身が行うことであり、中国内政問題である。祖国統一を保ち領土の完全性を維持することは中国人民と中華民族の共同の願いである。いかなる者も、台湾を中国から分裂させようと思えば、それは中華民族の大義に背くことであり、中国人民は絶対に受け入れられない!」

「我々は終始、台湾海峡の平和安定を望み、そのために力を入れる。しかし台独(台湾独立派)と台湾海峡の平和安定は、火と水のように相いれない」

「自由、民主、人権は世界共同の追求であり、中国共産党も一貫して追求してきた」「米国には米国式民主があり、中国には中国式民主があり、それぞれの国情に合致している。中国の人民民主は中国の国情、歴史、文化を基礎にしており、人民の願いを体現し、我々も同様に誇りに思っている」

「いわゆる民主(主義)と権威(主義)の対抗というのは、現在の世界の特徴ではないし、時代の発展の潮流にも合致していない」「米国は資本主義で、中国は社会主義だ。双方が異なる道をゆく。この種の違いは今だけ存在するものではなく、今後も続く」「中米にとって互いに重要なのは、この違いを受け入れ、尊重することだ。一律を強制せず、相手側の制度を改変したり、ましてや転覆させようとしたりしないことだ」

「中米は歴史文化、社会制度、発展の道が異なる2つの大国であり、過去も現在も差違と対立がある。今後もあるだろう。しかし、それば中米関係の発展の障害にならない」「いかなる時代も世界には競争があるが、競争は相互を鑑とし、追いつ追われつ、ともに発展していくものだ。勝ち負け、生死を決めるものではない」

「中国は自強不息の栄光の伝統がある。すべての弾圧、抑制は、中国人民の意志と熱情を刺激するだけである」

台湾問題を核心利益と中国が呼ぶのは2001年からだが、「核心利益中の核心」「米中政治の基本中の基本」として越えることのできないレッドラインを米国に認めさせ、言質をとろうとしたのは、私の知る限り、公の外交の場では初めてだろう。そしてこのレッドラインは、「台湾を中国から切り離そうとすること」「『台独』(台湾独立派)を支持すること」と具体的に定義してきた。

バイデンが習近平に約束したこと

バイデンは台湾問題について、「台湾海峡のいかなる一方的な現状の変化にも反対し、中国が台湾に対して威嚇し、行動を迫らせるような行動をとることに反対する。こうした行動は、台湾海峡と地域の平和、安定を破壊する行為であり、グローバルな繁栄を危うくする」(ホワイトハウス側発表)と発言したという。

つまり台湾海峡の最近の不安定化は、中国が台湾に対して武力統一をチラつかせて脅していることが原因である、中国のせいだ、と非難したのだ。

これに対する習近平の主張は「『台独』と台湾海峡の平和安定は、火と水のように相いれない」であり、台湾問題の中国内政化を認めるようにバイデンに迫った。

習近平としては、台独が台湾海峡の不安定化の原因であり、中国はみだりに戦争を仕掛けようとしているのではなく、台独を排除するのが台湾海峡安定のために必要な自らの責任である、と考えている、というわけだ。

そうして新華社の報道によれば、バイデンはこう返答している。

「米国は中国の体制を尊重し、中国の体制の改変を求めず、新冷戦も求めず、盟友国との関係強化を通じて中国に反対することも求めないし、台湾独立も支持しない。『二つの中国』『一つの中国、一つの台湾』も支持しないし、中国と衝突するつもりもない」

「米国は中国とのデカップリングを求めるつもりもないし、中国の経済発展を阻害するつもりも、中国を包囲するつもりもない」

「米国政府は『一つの中国』政策を掲げ、台湾問題を中国に対する牽制の道具に利用しようとしておらず、台湾海峡の平和安定を望んでいる」

バイデンは、習近平にこれだけ約束したのだから「中国はすぐに台湾進攻する意図はない」と考えたのだろうか。

新華社報道にウソがないという前提で考えると、この会談において、習近平はレッドライン(台湾独立支持)を越えないようにバイデンに求め、レッドラインを越えない限り、現状を変更するアクションは当面とらない、とした。そしてバイデンからレッドラインを越えないという言質を得て、中国はバイデンに、台湾問題の内政化を認めさせることに成功した、と考えた。

さらに、米国は普遍的な人権問題の視点で台湾問題に介入しないように、と中国式民主を主張し、中国の国情、歴史、文化に沿った中国式民主を中華民国・台湾にも当てはめるようなロジックを延々と説明するのだ。

むしろ不確実性が強まった?

だが問題は、習近平の言う「台独」と、バイデンが支持しないという「台湾独立」の定義のすり合わせができているか、ということだ。

中国の事情通の意見をまとめると、中国の考える「台独不支持」には、台湾の民進党政権を支持しない、民進党政権が率いる台湾に武器供与・国防支援をしない、ということも含まれていると思われる。習近平の言う台独派とは、「92コンセンサス」(中台が「一つの中国」原則を確認したとする合意)を認めない民進党政権そのものだからだ。

だが、米国は民進党政権の台湾への武器供与や国防支援を止めるつもりがあるのだろうか?

米議会の超党派諮問機関「米中経済安全保障調査委員会」は11月15日、異例の3期目任期に入った習近平政権への強い懸念を示し、「台湾海峡における危険な不確実性を助長している」と警告する年次報告書を公表。台湾有事を想定した体制整備を行うよう米政府に初めて提言している。

バイデンが習近平にどのように答えようと、議会を無視して米国政治は決められない。では、米国が議会の方針に沿ってレッドラインを越えてくれば、習近平の立場としては米国との武力衝突も辞さず、ということにはならないか。バイデンに約束を破られたということになるのだから、人民の手前、習近平は米国に弱腰、妥協姿勢をますます見せられなくなろう。

3時間以上も会談したのだから、おそらくはもっと突っ込んだやり取りがあっただろう。バイデンが「習近平はすぐには台湾に攻めてくるつもりはなさそうだ」と判断したとしたら、その「すぐ」とはどれほどの時間を想定しているのかも不明だ。2024年の台湾総統選までは大丈夫、という意味で「すぐではない」なのか。次の総統選で民進党政権が変われば、台湾有事はさらに遠のくと考えているのか。

新華社が、習近平とバイデンがいかにも旧知を温めたような笑顔写真を配信したとか、バイデンが台湾問題の内政化を認めたふうな発言をしたと報じたとか、いかにも米中対立緩和のサインが出されたように受け取られているが、私はむしろ、バイデン政権の出方、習近平の出方により不確実性が強まり、緊張感がより張りつめられていく気がしたのだが、皆さんはどう感じただろう。

良ければ下にあります

を応援クリックよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください