『ウクライナで残虐非道を働くロシアの歴史的背景 「タタールのくびき」倍返しに始まる犯罪体質いまでも』(5/10JBプレス 伊東乾)について

5/9The Gateway Pundit<Wisconsin Election Commission Takes Down Voter Roll List and Voting History of 7.2 Million Voters After Release of “2000 Mules” Documentary>

選挙委員会が腐敗している証左。

They claim it was a maintenance issue that they are fixing this morning.

https://www.thegatewaypundit.com/2022/05/wisconsin-election-commission-takes-voter-roll-list-voting-history-7-2-million-voters-release-2000-mules-documentary/

5/8The Gateway Pundit<President Trump Issues Statement About “Weak and Totally Ineffective” Former Secretary of Defense Mark Esper>

エスパーはレイセオンでロビー活動の責任者の仕事をしていましたから、共和党エスタブリッシュメントと関係が深かったのでは。トランプは政界に自前の人物を持たないとダメで、今度の中間選挙は人物を見る上で良い機会。

https://www.thegatewaypundit.com/2022/05/president-trump-issues-statement-weak-totally-ineffective-former-secretary-defense-mark-esper/

5/8The Gateway Pundit<“If I Die Under Mysterious Circumstances, It’s Been Nice Knowing Ya” – Elon Musk Posts Response After Russia Threatens Starlink Founder for Assisting Ukraine>

ロシアはどうしてもウクライナをファシスト扱いしたいらしい。マスクは脅しには屈しない。

On Sunday, the Former Deputy prime minister of Russia, Dmitry Rogozin, threatened the Starlink founder for assisting Ukraine.

“Elon Musk, thus, is involved in supplying the fascist forces in Ukraine with military communication equipment. And for this, Elon, you will be held accountable like an adult – no matter how much you’ll play the fool,” Rogozin said.

https://www.thegatewaypundit.com/2022/05/die-mysterious-circumstances-nice-knowing-ya-elon-musk-posts-response-russia-threatens-starlink-founder-assisting-ukraine/

5/10希望之声<美两党初选开始 川普实力将受考验 130年前历史或再现=米国の両党の予備選が始まり、トランプの力が試され、130年前の歴史が再現するかも>米国の2022年中間選挙予備選挙は、5月に正式に開始され、その前に、トランプ前大統領は、テキサス、オハイオ、インディアナで55対0と裏書きした候補の完全成功を示した。次のいくつかの州はどうか?トランプの力は引き続き試される。別の分析によると、トランプは130年前の歴史を繰り返し、2024年に再びバイデンと戦う可能性がある。

POLITICOは、バイデンとトランプの両方とも2024年に出馬する可能性が高まっており、対戦相手が2020年と同じであれば、彼らは選挙に勝つと信じていることを腹心に伝えたと報じた。

これは、米国歴史上130年前に一度だけ起こった。 1888年、当時のクリーブランド大統領(民主党)は再選に失敗し、ハリソン(共和党)が最終的に選出されたが、4年後の1892年、クリーブランドとハリソンは再び戦って、クリーブランドが復讐に成功し、ハリソンを破り、連続した任期ではなく再任された唯一の米国大統領になった。

バイデンは出ないと思いますが。民主党は余程人材不足なのか?また不正をやるにしても、監視の目はずっと厳しくなるはず。共和党が民主党とグルにならなければ。

https://www.soundofhope.org/post/619228

5/10阿波羅新聞網<美国务院更新文件 删“台湾是中国一部分”纳六项保证=米国国務省は文書を更新し、「台湾は中国の一部である」を削除し、6つの保証を入れた>今月5日、米国務省は米台関係の現状を説明するためにウェブサイトのファクトシートを大幅に更新し、「台湾は中国の一部である」、「台湾の独立を支持しない」などの言葉を削除した。新しく「台湾関係法、3つの米中コミュニケ、6つの保証の長期の「一つの中国」政策を追加した。それに応じて、国務省報道官は、米国の一つの中国の政策は変更されていないと述べた。

米国の対台湾曖昧戦略の少しずつの軌道修正か?

https://www.aboluowang.com/2022/0510/1746403.html

5/10阿波羅新聞網<普京怎么了?走路一拐一拐 看阅兵还盖毯子=プーチンはどうしたのか?つまずいて歩き、パレードを見るときには、毛布で覆う>ロシアは本日「戦勝記念日」を祝ったが、外部は拡大鏡を使ってロシアのプーチン大統領の言動を調べた。メディアは彼の演説の内容を説明することに加えて、彼がつまずいて歩いているのを捕らえ、彼が軍のパレードを見るために座ったとき、彼は太ももと膝を暖かい毛布で覆った。これは彼の健康について再び疑問を投げかけた。

https://www.aboluowang.com/2022/0510/1746404.html

5/10阿波羅新聞網<中共大外宣对俄突然“华丽转身”? 专家 : 习近平看到普丁必败 不想跟着陪葬!=中共の対外プロパガンダは、ロシアに関して突然「華麗なる転身」をしたか?専門家:習近平はプーチンの必敗を見てとる 彼と一緒に埋葬されたくない!>最近、中共のプロパガンダのトーンが劇的に変化した。公式メディアは以前の態度を覆し、ロシアのウクライナへの攻撃は「侵略」行為であると認め、ウクライナのゼレンスキー大統領も初めて報道した。外交部の趙立堅報道官や秦剛駐米大使も米国に好意を示した。中国の民主主義運動に焦点を当てた月刊誌『北京の春』の編集長である陳維健は、中共の「華麗なる転身」は自身の利益のためだけであると述べた。

新華社傘下の「参考消息」(日刊新聞。発行部数は300万部に及び中国大陸で最多を誇る)が初めてロシアのウクライナ侵攻と言う表現を使ったと言うことだから、習の了解なしと言うのは考えにくい。趙立堅や秦剛の好意と言うのも、陳維健は米議会がAxis法を可決したせいだろうと。

プーチンは裏切りが当たり前の中国人を信じて、ウクライナ侵攻に踏み切ったとしたら、大甘でしょう。人間の見方から学ぶ必要があるのでは。

https://www.aboluowang.com/2022/0510/1746359.html

5/9阿波羅新聞網<中媒公开酸俄罗斯:“胜利日不见胜利”阅兵给谁看!=中国メディアはロシアを公然と辛辣批評:「勝利の日は勝利を見ない」、誰に軍事パレードを見せるのか!>中国の軍事コラム「陶短房」は本日、中国の「グローバリゼーションシンクタンク」の研究者によって書かれた評論を発表し、プーチンにとって耐え難い今年の「勝利のない勝利の日」を風刺した。プーチンがすでに廃墟となっているマリウポリでの勝利パレードは、せいぜい勝利の雰囲気をその日に加えるための救済策であった。ウクライナ側はまた、ロシアがマリウポリで開催することを計画していた軍事パレードがキャンセルされたと本日述べた。

10日のTVではマリウポリで勝利パレードが行われる様子を映していましたが・・・。

https://www.aboluowang.com/2022/0509/1746237.html

5/9阿波羅新聞網<躲过下面躲不过上面…俄军Mi-8直升机掠海飞行避雷达 遭TB2由上而下击毁=下はかわしたが上はかわしきれず・・・。ロシアのMi-8ヘリコプターがレーダーを避けるために海を掃くように飛び、しかし無人機TB2によって上から下へ撃墜された>本日(9日)ソーシャルメディアにビデオが登場し、ロシアのMi-8ヘリコプターが、ウクライナ守備軍のFIM-92「スティンガー」携帯型防空ミサイルによる攻撃を回避するため、わざと海面に近い超低空高度で飛行した。しかしTB2ドローンによって空中からロックされて撃墜された。

https://twitter.com/i/status/1523195416820568065

https://www.aboluowang.com/2022/0509/1746232.html

何清漣はリツイート

Ezio Mao ☢ @ KELMAND1 16h

「ウクライナ戦争の責任は誰が負うのか?」-欧州諸国の調査。

青-NATO、赤-ロシア、黄色-NATOとロシアが半分ずつ

何清漣はリツイート

ラスムセンレポート @Rasmussen_Poll 12h

「・・・ジョージア州上院の決選投票中にNRSC(National Republican Senatorial Committee)と契約した選挙監視員は、票の収集が起きているように見えたので、NRSCに報告した。彼はNRSCがその報告について何もしなかったと主張した。」

redstate.com

“2000 Mules”の初上映の後、“True the Vote”は「(パラシュートを開く)紐を引っ張り」、すべてのデータを解放することを約束する。

「すべてを解放する。ビデオ、データ、すべてを公開する。世界はこれを見る必要がある」

何清漣 @HeQinglian 12h

英国メディア:プーチンが突然死んだら、誰がプーチンを引き継ぐのか? https://rfi.my/8Oxd.T

@RFI_Cn経由

言い換えれば、プーチンの突然の死を願うそのようなメッセージが多ければ多いほど、それはプーチンに対する西側諸国の恐れと無力さを反映している。

これは、欧州の魔女の呪いと古代中国宮廷の藁人形の呪いの変形である。

西側の政界と世論は遍くロシアが今最も弱いと考えているので、米国主導のNATOの力で以て、プーチンと正々堂々と決戦するだろう。

rfi.fr

英国メディア:プーチンが突然死んだら、誰がプーチンを引き継ぐのか?

プーチンはロシアの法律を改正し、彼がさらに15年間国を率いることができるようにした。しかし、彼はそんなに長く続けられるか?ロシアの政治の複雑さと秘匿さは、プーチンが死んだ場合に、誰がロシアの指導者を引き継ぐかの予測を困難にする。しかし、最も可能性の高い候補は西側に対してより敵対的である可能性がある、と専門家は警告している。

何清漣 @HeQinglian 11h

1点思い出して補充する:

トランプはウェストポイント陸軍士官学校の階段を下りるとき、少しゆっくりになった。米国メディアによると、トランプが足もとが定まらないのは、体調が悪いとのこと:バイデンが映像に登場するたびに、歩くのは軽快でとても垢抜けしていた。

CNNのディレクターが真実を語ったのは、それは意図的なものであり、ビデオの撮影と公開の間に技術的な処理が行われ、宣伝目的に適した写真とクリップが選択された。

伊東氏の記事では、人類は21世紀には縄張り拡張の戦争は止めるべきと言う意見に賛成です。領土問題は今より権威のある国際組織の仲裁や裁判に委ねて解決するのが望ましい。だからと言って軍の存在を否定するつもりは毛頭ないし、核も保有すべきと思っていますが。

記事

赤の広場で行われた軍事パレードの予行演習(5月7日撮影、写真:ロイター/アフロ)

5月9日、全世界の注目を集めたプーチン「戦勝記念日」演説でしたが、ロイター電(https://jp.reuters.com/article/russia-putin-idJPKCN2MV0H2)によると、「勝利宣言」などは影を潜め、「ウクライナ」という固有名詞すら出て来ず、「ドンバス」などで自分が始めた戦争を「唯一の正しい選択」と頭ごなしの正統性を主張するものの、全体として控え目なものだったようです。

予定されていた「航空パレード」もキャンセル(https://www.fnn.jp/articles/-/357648)、「天候が理由」などとしていますが、衆人環視の中でドローン撃墜など生中継された日にはエライことですので、理由があってやめた可能性もあるでしょう。

さて、この「戦勝記念日」、実はなかなか噴飯もので、日本の報道の大半が「ロシア最大の祝日」と既成事実のような口調で伝えているのは、あまり良い傾向ではありません。

こうした軍事パレード(https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220509/k10013616821000.html)類は最近になって取って付けた、派手な喧伝の側面が強いものです。

本稿校正時点の情報として極東からサンクトペテルブルクまでロシア全土28拠点で軍事パレードなど「祝賀行事」が計画、実行されているとのことですが、ウクライナでのパレードなどは確認できませんでした。

5月9日を機に「全面戦争宣言」なども懸念されましたが、そもそもパレードに割ける無傷の兵器は年代物だけだったようで、小規模で地味なものに終わったようです。

それでも「ロシアの勝利~」という怒号に「ウラ~」と大群衆がトキの声をあげる時代錯誤な見世物(https://www.asahi.com/articles/ASQ560CXLQ55UHBI03X.html)は、十二分にこの体制が「ファシズム」であることを全世界に伝えて余りあるものでした。

しかし、これは21世紀に入ってからのこと。2005年以降の出来事で、疑似伝統の挿げ替えに過ぎないことはすでに報道されているので、ご存じの方も多いかと思います。

従来は11月7日、1917年のロシア革命を記念する「革命記念日」が、ソ連最大の祝日でした。

それを廃止したのは、現在も権力を掌握しているウラジーミル・プーチン大統領本人で、また5月1日に致命的なユダヤ人失言を漏らしたセルゲイ・ラブロフ外相もこの年から現在のポジションに就いている。

つまり、今現在の政権を正当化するために大衆を動員してのお祭りなのです。

なぜ「革命記念日」は廃止されたか。それは今後もう「革命」が起きては困るから。

ロマノフ朝ロシア帝国以前から続く、特権支配階層の農奴大衆支配というロシアの専制体制を、政治的には「シロヴィキ」、経済的には「オリガルヒ」といった現在の「貴族」有利に維持することが重要で、体制転覆の「革命」など、もってのほかだからです。

実際にはロンドン時間の5月8日、ベルリンでは日付が変わるタイミングで、デーニッツ・ドイツ海軍司令官が降伏文書に署名しただけの、政治的な日に過ぎない「モスクワ時間5月9日」。

これを「ロシア最大の国民の祝日」に祭り上げたのは、いってみれば、20世紀初頭、ヤクザの人々が「天照大御神」などと書き上げを並べた祭壇を祀り、仰々しい「サカズキ儀式」を創始したのと同じようなものでしょう。

そこにはみかけ上の「伝統イメージ」と「事大主義」があるだけで、真の歴史も伝統も関係ない。

ポピュリズムの「イメージ」をなぞるお祭りで、大衆の溜飲を下げ、間違っても反乱などが起きぬよう反対意見を圧殺するマスメディア的揺動政策、それが「5月9日」ショーアップの真の動機。国民の伝統などに根差すものではありません。

しかし、ロシア国民の多くは残念ながらこうした「流れ」に身を任せている。

第2次世界大戦中の日本人大衆が「帝国の拡張戦争」を「アジアの解放」と歓迎したのと同様、ロシアの拡大を素朴に喜ぶ心理がある。

今回は私の大学での仕事、東アジア術数学とAI駆動のユーラシア共生倫理の観点から「ロシアの正義」を平易に解説してみましょう。

チンギス・ハーンは「英雄」か?

ロシアだけに注目すると、個別の事情によって構造的な問題が分らなくなる可能性がありますので、モンゴルの事例で考えてみます。

チンギス・ハーン(1162?-1227?)という人物が存在しました。

モンゴルでは現在も神聖視される英雄ですが、彼とその一族が行ったことは「侵略」「略奪」「土地強奪」「大量殺人」など、今日の国際刑事司法の観点から見れば、ろくでもない事が大半です。

ちなみに「源義経チンギス・ハーン説」という日本国内専門の風聞がありますが、両者は同世代、つまり平安末期に生まれ鎌倉初期までに「モンゴル世界帝国の基礎を確立した」。

そんなチンギス・ハーンをモンゴルでは「英雄」だという。

数人殺せば犯罪者だが、数万人殺せば英雄などという皮肉な表現があります。実際、歴史上の英雄とされる人間の大半はシリアルキラー、平時であればまともに畳の上で生涯を閉じられないような連中ばかりが並びます。

マケドニアのアレクサンダー、フン族のアッティラ大王、キリスト教やイスラムについては微妙なので明言を避けますが宗教戦争で命を失う人が後を絶たないのは21世紀の今日も同じこと。

チンギス・ハーンの息子たち、とりわけ最も西まで侵出した長男バトゥなども、どれだけ多くの殺戮を行ったか、数知れません。

ここでチンギス・ハーンや、その息子バトゥを挙げたのは、ウクライナ戦争に直結するからにほかなりません。

13世紀のマリウポリ「カルカ河畔の戦い」

1206年、モンゴル高原を統一したチンギス・ハーンは、内部の矛盾そらしには対外侵略が有効という手法を熟知していたようです。

豊臣秀吉が国内統一した後、朝鮮出兵したのと同じです。

チンギス・ハーンの配下や息子たち、モンゴル勢は西へ、西へと軍勢を進め、1219年からは中央アジア、ホラズムを討って現在のキルギス、ウズベキスタンやカザフスタンなどに進出。ホラズムのシャー・ムハンマドはカスピ海に浮かぶ島に逃れ現地で死没。

モンゴル軍勢はカスピ海を迂回して西に進み1221年にはグルジア(現在の表記ではジョージア)を占領、グルジア西部は黒海東岸に接しますので、東ローマ帝国の文化圏に到達したことになります。

モンゴルの「侵出」は分かりやすい「破壊」「皆殺し」「略奪」を基調とするものだったと思われます。

何分、史料も破壊し尽くされ「当時5000万人はいた中国の人口が30年で900万人まで激減したと思われる」といった傍証から推定するしかありません。

和平成立後、モンゴルは現地首長の娘を娶り婚姻関係で支配を確立し拡大していきます。

カザフスタンから現在のウクライナに至るステップ地帯は「キプチャク草原」と呼ばれ、キプチャク、あるいはポロヴェツと呼ばれるトゥルク系遊牧民族が住んでいました。

間違ってもロシア人などではありません。

しかし、モンゴルの来襲を受けたキプチャクの首領コチャン・ハンは、娘を嫁がせていたノヴゴロド・ルーシの実力者ムスティスラフ・ムスティスラヴィッチに援助を求めます。

こうしてトルコ系のキプチャク+ロシア加勢の「西軍」とチンギス・ハーン率いるモンゴル「東軍」が1223年ぶつかり合ったのが、黒海の湾アゾフ海に注ぐカルカ河・・・現在のカリチク河・カルミウス河エリアでした。

世界史上に知られる東西激突「カルカ河畔の戦い」。

そしてこの「カルカ河畔の戦い」で、ロシア+キプチャク連合軍は、モンゴルに敗退。

チンギス・ハーンはクリミアまで軍を進めたのち、モンゴル平原に帰還して行き、ウクライナは長男バトゥの治める「ジョチ・ウルス」キプチャク・ハン国として300年来、タタールが支配するエリアとなります。

ちなみに、現在このカルミウス河の河口に位置するのがアゾフスタリ製鉄所、ここに地下6階に及ぶ巨大なシェルターが備えられたのは、昨日今日の由来ではありません。

チンギス・ハーン自身によるモンゴル襲来以来、東西が必ずぶつかる「カルカ河畔」だから、というユーラシア史の基本を確認しておきましょう。

18世紀に「マリウポリ」と名付けられた土地は、東と西が1000年来ぶつかり続けてきた歴史的古戦場で、2022年もまた、悲惨な歴史を繰り返そうとしている。

そういう愚行を本質的にやめさせるのが、賢慮ある外交指導の倫理であると、私たちは専門の観点から考えます。

なぜ「侵略」は歓迎されるか?

日本は「平和ボケ」などと言われます。

ここ2000年来の歴史を見ても、飛鳥時代の「白村江の戦い」(663) キプチャク草原同様モンゴル軍の来襲を受けた「文永・弘安の役」(1274/81)、対馬を舞台とする「応永の外寇」(1419)や豊臣秀吉の朝鮮出兵「文禄・慶長の役」(1593/97)など、ごく少数を例外として、異民族との交戦を経験していない、世界的にも極めて希少な民族であります。

しかもこれらの戦場は、ほぼ100%“国外”であり、日本列島の中では「国と国の争い」といえば「美濃の斎藤道三」「信濃の上杉謙信」といった具合で、領民を殺し尽す戦争は起きていません。

領主が変わるだけで、領民は農業生産。向こうの野原で侍が斬り合いしていても、農民は田植えや稲刈りという、まことに長閑な2000年を生きてきた、世界的にも稀な「伝統」を有しています。

私は、こうした平和認識が、21世紀以降のグローバル社会、日本列島ならぬ宇宙船地球号(古い表現ですが)の「島国根性」ならぬ「惑星コスモポリタン意識」として、国際的に有効なのではないか、と考えています。

そうした戦略外交の話題にも折があれば触れたいと思います。

ここでは、なぜチンギス・ハーンの「対外侵略」が「民族の英雄」となるか、その核心部だけを記したいと思います。

遊牧民の生活は「移動」が基本です。限定的に農業生産する場合でも、金肥を与えるといった土質改良の知恵、感慨農法のようなノウハウを半定住の遊牧騎馬民族は持たなかった。

つまり、土地がやせ細ると、あるいは草原が砂漠化してくると、遊牧民たちは「新しい土地」を求めて「移動」するのが、本来の「民族性」だったわけです。

狩猟・漁労民も獲物を取り尽して絶滅しかけると猟場・漁場を移動、古代都市も塩害などで砂漠化が進むと廃墟を後にしました。

いまヨーロッパに定住する多くの「ゲルマン人」は、アーリア民族と言われ「インド・ヨーロッパ語族」の表現もあったように、歴史時代初期にはイラン北部からグルジア、ヴォルガ川からバルト海あたりに分布していた。

元来の「欧州人」ではありません。

それが、古代ローマ帝国末期、やはり遊牧民であった「フン族」の首長アッティラの軍勢に追われるようにして「移動」したもので、ローマ領内に平和的、あるいは軍事的に漸進、定着したものとされます。

ちなみに「フィンランド」「ハンガリー」などはみな「フン」の末裔をもって自任する21世紀の国家になります。

フンは中国史では「匈奴」と呼ばれ、遊牧騎馬民族の文化は東シベリアの点と線を通じて朝鮮半島、日本にもつながる面があると考えられます。

遊牧民にとっては、新たな草原、そして新たに肥沃な土地を求めて拡大し続けなければ、一族は飢え、滅亡してしまう。死活問題が懸かっている。

だから命がけで外に出て行き、その場にいる人間は皆殺しにしてでも領土を奪う。

敵は残酷に殺害しても、自宅に戻ると子煩悩な父親というのは、古代フン族も、中世モンゴルでも、20世紀の世界大戦各国軍でも見られる、ごく当たり前の風景にほかなりません。

極悪非道な武闘派ヤクザだって、自分の娘は溺愛したりする。プーチンも2人の娘を案じている様子、核のボタンなど押しても子供たちのためにはならないのは分かっているはずです。

ロシアにしても同様です。元来はウクライナ、つまり黒海北岸に広がる「キプチャク草原」とは縁もゆかりもない、金髪碧眼の多い北極圏バイキングは、チンギス・ハーンの長男バトゥ―の子孫が支配するジョチ・ウルス、日本では「キプチャク・ハン国」あるいは「金張汗国」と呼ばれるアジア人の支配を、日本でいう鎌倉室町期、300年近く受けていました。

この時期をソ連=ロシアでは「タタールのくびき」と呼んでいます。

この時代にモンゴルからロシア・ノヴゴロド領主に封じられていた、先ほどのムスティスラヴィッチの孫アレクサドル・ネフスキーは西から攻めてきたドイツ軍を撃退、第2次世界大戦中は英雄としてプロパガンダに用いられ、エイゼンシュタインの撮った映画にはプロコフィエフが音楽をつけ、戦後も広く演奏されている。

そのプロコフィエフの故郷はカルカ河畔つまり現在のドネツク州、ドンバスのど真ん中といった経緯があります。

16世紀以降、やられたらやり返せとばかりに、キプチャクハン国=タタールの支配を脱したノヴゴロド「モスクワ大公国」では、17歳の少年イヴァン4世は初めて「ツァーリ」を自称して戴冠(イワン雷帝)。

このイワン「雷帝」はスターリンに暴政のヒントを与え、あの「スターリン大粛清」もイワンの模倣、日本史で言えば「信長の真似」みたいなものに過ぎません。

いまプーチンがスターリンの真似をしているのは、21世紀に「信長の野望」を振り回しているのと同じことで、ロシアの伝統でもなければ民族の悲願でもない。そんなものを英雄視するのが、間違っています。

エイゼンシュタインはスターリン大粛清の時期、大河長編の連作映画「イワン雷帝」を作らされますが、第2部以降は同時代の粛清を批判的に描いて抵抗の姿勢を示したため実質未完に終わります。

この音楽もやはり、ドンバス出身のプロコフィエフが担当しました。

ドンバスと背中合わせのすぐ東側、カスピ海北西辺ヴォルガ川沿いにあったキプチャク・ハン国の首都「サライ」は、現在形を変え近郊の「ヴォルゴグラード」が工業都市になっています。

こここそ、対ナチス戦争で莫大な死者を出し、しかし1942~43年にかけて「ナチスを撃退した」スターリングラード、ヒトラーとソ連が直接対決した激戦地は、元来ロシアともドイツともアーリア系ゲルマン諸民族と関係のない、色素の濃いタタール遊牧民の放牧地「キプチャク草原」ヴォルガ河口の拠点都市だったわけです。

プーチンは「ナチスに勝った」を強調して見せますが、ソ連もナチスも元来はこの草原の民ではない。原住民を蹴散らかし、略奪破壊する同レベルの「土地泥棒」で変わりがない。

ご丁寧にスターリンはそこに自分の名を冠し、領有を正当化して見せた。

元来はトゥルク系の土地であったカザン、ドンバスなどの「ウクライナ」そこにヴァイキングの末裔が関わるようになったのは、ほんのここ数百年の出来事に過ぎません。

やくざの練り歩きと大差ない5月9日示威行動

かつてのヴァイキングは家族を養うために魚や海獣を殺し、弱い商船があればこれも殺し尽し奪い尽して生活していたと思われます。

しかし、家に帰れば家族を愛し子供を愛でる、原始的な社会習俗があった・・・らしい。

こんなもの、21世紀国際法の観点から見れば、単に悪質な犯罪で、民族伝統でも何でもありません。

こうした強弁のダブルスタンダード、言いくるめる二枚舌を、もうやめようというのが国連を中心とする21世紀の良識あるディプロマットに共通する基本見解です。

そのような観点からラヴロフは外交官として完全に「終了」とは前回稿(https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/70003)に記した通りです。

敵には外道、味方には慈父・・・そういう愚かな社会の在り方から、そろそろ21世紀の人類は卒業しなければなりません。

AI倫理などと言いつつ、こうした生命と戦争をめぐるモラルの核心は、専門の観点でもそんなに難しい話ではありません。

国際法はすでにそのようなダブルスタンダードを厳密に禁止、家族にだけ良さげな顔を見せ、外では殺戮を繰り返す、18世紀以前の原始的、狩猟略奪民族的な政策や、それを受け入れる大衆感情にも、強い警鐘を鳴らしています。

まさにその「内向きの英雄ポーズ」を自作自演して見せるのが、2022年5月9日のプーチン大本営ショーアップ「軍事パレード」の正体です。

かつて日本各地で見られた、夜の繁華街を地元やくざが「練り歩く」示威行為と、本質的に同じものと考えて外れない水準の低劣さを指摘せねばなりません。

国内向けには「ナチス掃討」その実は住民皆殺しを厭わない、タタールにやられ、そこで学んで倍返し真っ最中の「ロシア伝統戦術」。

こういう野蛮は、もう二度と繰り返させるべきではありません。

良ければ下にあります

を応援クリックよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください