『南極という「時限爆弾」』(5/26日経Global Foresight 高坂哲郎)について

5/27阿波羅新聞網<美X37B携核弹当太空轰炸机?25倍音速超难挡=米国のX37Bは核爆弾を搭載した宇宙爆撃機か?音速の25倍を止めるのは非常に難しい>ボーイング製のX-37Bは、米国で最も機密扱いの軍事装備であり、無人の宇宙船で、宇宙から戻って滑空し、軌道を走る。 X-37Bは現在、米国宇宙軍の一部であり、2010年以来6回宇宙に滞在しており、780日の軌道上にあった記録を打ち立てている。しかし、米軍はその機能を一度も言ったことがない。ロシア国防科学技術会社は、X-37Bは一度に6発の核爆弾を搭載できる宇宙核爆撃機であるかもしれないと言った。台湾の元空軍副司令官の張延廷は、ライブ番組「94 VIP」で、X-37Bは世界的な核攻撃を達成でき、音速の25倍で地球の軌道から落下したミサイルを迎撃するのは非常に難しいと述べた。

中共の核攻撃をこれで抑止できれば良いが・・・。

https://www.aboluowang.com/2021/0527/1598052.html

5/27阿波羅新聞網<拜登下令美国情报机构 90天内报告冠状病毒起源=バイデンは、米国の情報機関に90日以内にコロナウイルスの起源を報告するよう命じた>米国メディアは、バイデンが情報機関に、中国で最初に出現した新型コロナウイルスが動物に由来するのか、それとも誤って実験室から出たのかを報告するように指示したと報じた。

WHが発表した声明の中で、バイデンは、情報機関は「情報を収集して分析するための努力を倍加すべきであり、それは我々を最終的な結論に近づける可能性があり、90日以内に私に報告すべきである」と指摘した。

彼は次のように述べた。「米国はまた、世界中の志を同じくするパートナーと協力し続け、中国に完全で透明性のある証拠に基づく国際調査に協力し、すべての関連情報と証拠へのアクセスを提供するよう圧力をかける」と述べた。

バイデンは、情報機関が2つの可能なシナリオを出したが、まだ最終的な結論に達していない、と述べた。

下のツイッター記事にあるように、CNNはバイデンが調査を妨げたと報道したから慌てて指示をだしたのでしょう。単なるアリバイ作りで、蝙蝠起源説に落ち着かせるのでは。

https://www.aboluowang.com/2021/0527/1597928.html

https://edition.cnn.com/2021/05/25/politics/biden-shut-down-trump-effort-coronavirus-chinese-lab/index.html

https://this.kiji.is/770389929538846720?c=39546741839462401

5/27阿波羅新聞網<加州圣荷西发生大规模枪击案 至少9死 枪手为交通局员工=カリフォルニア州サンノゼでの銃乱射事件、少なくとも9人が死亡。銃撃者は交通局の従業員だった>26日の朝、カリフォルニア州サンノゼ北西部にあるサンタクララバレー交通局(VTA)のライトレールトラム停留所での銃乱射事件で少なくとも9人が死亡した。銃撃者も亡くなった。

San Jose Mercury Newsは、銃撃者は57歳のVTA保守従業員のサミュエルキャシディ(Samuel Cassidy)であると報道した。

銃撃は午前6時30分頃に行われた。サンタクララ郡警察のRussel Daivs報道官は、男性がVTAライトレールの停車場で多くの人を射殺したと述べた。銃撃者の殺害の動機は調査中である。

カリフォルニアは民主党の地盤だから犯罪が起きるのも多いのでは。

https://www.aboluowang.com/2021/0527/1597926.html

5/26阿波羅新聞網<川普谈亚利桑那州审计:”我没有参与 但看起来发现了巨大的问题”【阿波罗网编译】=トランプがアリゾナの選挙監査について語る:「私は関与していないが、大きな問題(詐欺)を発見したようだ」[アポロネット編集]>トランプ大統領は「ニュースマックス」の司会者に、彼らは大きな問題を発見したようだと語った。

トランプは、「アリゾナ州共和党上院議員が行ったこと、そして行っていることは素晴らしい。彼らは、210万票が投じられた最大の郡で法的研究を行っている。そして、カレンファン(Karen Fann)州上院議員が書いた初期の書簡によると問題は大きいように思う。私は関与していないが、彼らは大きな問題を見つけたようである。4週間以内に問題が見つかるだろう。しばらく時間がかかる。それはコンベンションセンターで監査しているので、彼らはすべてのものを動かさなければならなかったから」と。

期待して結果を待ちたい。

https://www.aboluowang.com/2021/0526/1597829.html

5/26阿波羅新聞網<川普前顾问班农遭指控的罪 传撤销了=トランプの元顧問であるバノンに対する犯罪容疑は取り下げられた>米国とメキシコの国境の壁のための寄付を横領したとして告発された元WH戦略家バノンは起訴を取り下げされた。今日のオーストラリアメディアの報道によると、NY地方裁判所のトーレス裁判官は火曜日に書面による判決を下し、バノンがトランプの恩赦を受けたので、彼に対する起訴を取り下げることが適切であると述べた。バノンは彼の弁護士カーター・ティロを通して、法廷が彼の容疑を取り下げたのに「感動した」と答えた。カーター・ティロによれば、「彼女(裁判官)は正しいことをしたに間違いない。恩赦は歴史を書き換えなかった…しかしこの事件で、関係者は合衆国憲法の下で潔白であると想定された人であった。この期間歴史も変わっていない」と語った。

検察はバノンを除く3人について起訴は有効と考えているが、裁判官の決定が3人にどのような影響を与えるかは不明であると。

https://www.aboluowang.com/2021/0527/1597922.html

5/26阿波羅新聞網<二十大内斗:新华社重重打脸习近平!曝光中共最高机密 江系为权斗豁出去了=20大に向けての内部闘争:新華社通信が重ねて習近平にビンタ!中共の最高機密を暴露 江派は権力闘争のため割って出ていく>アポロネットの秦瑞記者は25日、中国の公式メディア「新華社通信」は「WeChat公式アカウントで半月ごとに話す」シリーズで、標題が「給与遅延とボーナスは削減:一部の郷鎮は運営を保っているが、正常な待遇を実現することは困難」、中共の地方財政は惨憺たるものであることを暴露したと報じた。中共の喉と舌である新華社通信は、来たる第20回中国共産党全国大会と、各派閥間のますます白熱化する内部闘争の中で、この記事の内容は特に目を引く。

嘘つき中共にあって、この記事は本当の姿を報道したものでしょう。早く中共が分裂したほうが良い。

https://www.aboluowang.com/2021/0526/1597818.html

5/26看中国<浙江高发 宁波医院1天收15例 致死率近100%(图)=浙江で高い発生率 寧波病院は1日に15例を受け入れ、致死率はほぼ100%である(図)>最近、大陸メデイアは、浙江省寧波で犬に咬まれた患者が急増しているのを報道した。5/15だけで、浙江大学の明州病院は、成人と子供を含む15人の患者を入院させた。ある医師は、人間が狂犬病ウイルスに感染すれば、致死率はほぼ100%であると警告した。

明州病院の臨床医である王勇によると、通常の引っかき傷やかみ傷の場合は、最初に石鹸水または流水で傷口を洗い、その間に傷口を絞って唾液をできるだけ取り除き、洗う時間は最も良いのは15分以上必要である。ひどく噛まれた場合、例えば頭、首、その他の重要な部分を何度も噛まれ、深い傷を負っていれば、狂犬病ワクチンの接種と同時に、狂犬病血清または狂犬病免疫グロブリンも注射する必要があり、保護性の抗体を作る。

王勇によると、狂犬病は狂犬病ウイルスによる感染症であり、主に皮膚や粘膜の損傷を介して人体に侵入する。臨床的には、風に対する特定の恐怖、水への恐怖、咽頭の筋肉のけいれん、進行性の麻痺などの症状が出現する。同時に、「狂犬病の死亡率は100%」であり、警戒を緩めることはできないとのことである。

中国だから何でもありです。

https://www.secretchina.com/news/gb/2021/05/26/972969.html

何清漣 @ HeQinglian 2時間

《故事》上に立つ人の好みにあわせようと下の人たちがむりをする。▽中国の戦国時代、楚の霊王が腰の細い美人を好んだので、宮女は腰を細くしようと食事をへらしたため多くの者が餓死した故事による。

BBC:米国の教授は、何年もの間黒人のふりをしたことを認めた:「いつも嘘をついている」

2020年9月4日

https://bbc.com/zhongwen/simp/world-54027108

引用ツイート

VOA中国語ネットワーク @ VOAChinese 2時間

レズを告白した黒人女性が初めてWHの記者会見を主催したhttp://dlvr.it/S0TmcT

何清漣 @ HeQinglian 3時間

ニュースによると、「ハリー王子は世界最大の敗者である」と。

次に、彼は注目を集めるために何に頼っているのか?王女のBLMと王室の反人種差別、米国は英国にブーイングを浴びせた。

米国の左派が喝采したいのは3つだけ。麻薬吸引、LGBT、獣姦。ハリウッドの「シェイプ・オブ・ウォーター」のファンだけである。

引用

アダムギャリー @ adamgarriereal 3時間

ハリーは世界最大の敗者である

https://dailymail.co.uk/news/article-9616989/Palace-insider-reveals-Queen-signed-Harry-doing-Apple-TV-series-misled.html

高坂氏の記事では、「環境保護のための南極条約議定書」は2048年に改定時期を迎えるとのこと、延長できれば良いが。自国の領土にしようと戦争するのはばかげている。どこの国にも属さないようにしておいたほうが良いと思う。

記事

北極海周辺8カ国でつくる北極評議会の閣僚会合がアイスランドで5月20日に開催されたこともあり、世界の関心が北極方面に集まりました。海底資源が豊富な北極海は、ロシア軍が動きを活発にするなど潜在的な紛争発火点となりつつあります。それと比べると注目度は今は低いのですが、地球の反対側に位置する南極大陸も、今後の展開次第では各国の利害が激突する場と化す可能性があります。

南極大陸は、太古の昔にはアフリカやオーストラリアとつながっていました。両大陸とも地下資源が豊かですが、地続きだった南極大陸も豊富な資源の存在が既に確認されています。現時点では、多国間条約の「南極条約」とその関連議定書で、各国の領有権や地下資源開発が凍結されているため、産業規模での資源開発は起きていません。それでも、凍結中とはいえ大陸の一部の領有を主張する国は、豪州、ノルウェーなど7カ国もあります。うちアルゼンチンとチリは、領有の「実績づくり」の一環として、出産を間近に控えた女性をわざわざ南極にある基地に運び、そこで赤ちゃんを産んでもらうということまでしています。

南極での資源開発を凍結するうえで最も肝心な文書「環境保護のための南極条約議定書」は、締約国が延長で合意しない限り2048年に失効してしまいます。そうなると、南極の資源に関心のある各国が開発に一斉に動き出し、展開次第では武力衝突する可能性さえ否定できません。

米国は領有権の主張を留保するとしながらも、南極点のすぐそばに大規模な基地を設けているほか、空軍の長距離輸送機から補給物資を投下するという名目で軍用機を送っています。中国は科学調査を名目に既に5つ目の基地設置に動き、年間を通じて利用可能な滑走路も作っています。オーストラリアは、自らが領有権を主張する領域内に中国が相次いで基地を設置していることに神経をとがらせ、軍の強化をめぐる議論が続いています。

「環境保護のための南極条約議定書」が効力を有するのは2048年までです。あと27年ということになります。ちなみに今から27年前の1994年といえば、長年対立していた自由民主党と日本社会党がまさかの連立政権を組んだ年でした。一定の年代以上であれば「27年後なんて意外にあっという間だ」と感じる方もおられるのではないでしょうか。

追加議定書の効力が延長され、現在の秩序がそのまま維持されるのか。はたまた議定書が失効し、気候変動の影響で今よりは温かくなっているかもしれない南極大陸で「豪軍対中国軍」、あるいはかつてフォークランド戦争も戦った「英軍対アルゼンチン軍」といった構図で武力衝突が起きてしまうのか。北極海同様に、紛争含みの南極大陸の動きにも目配りが必要なようです。

良ければ下にあります

を応援クリックよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください