『中国人の旅行再開でリセットされる中国のイメージ 世界のビジネスに影響、地政学に微妙な変化も』(1/11JBプレス FT)について

1/10The Gateway Pundit<Trump On The China Connection To Classified Documents Found At Biden’s Private Office – “How Much More Information Has China Been Given?”>

Joe Biden’s ties to China is a major conflict of interest.

Donald Trump took to Truth Social to tie the story of the classified document found at the Penn Biden center to China.

Truth Social:

The amount was 54 Million Dollars that the Biden Think Tank received from China. That’s a lot of money. They saw the Classified Documents!

He then asked, “How much more information has China been given?”

Truth Social:

Wow! The Biden Think Tank is funded by CHINA!!! Also, a V.P. cannot Declassify documents, which are covered by the Federal Records Act, which is Criminal and MUCH TOUGHER than the Presidential Records Act, which is NOT Criminal. A President, me, can Declassify. How much more information has China been given?

https://www.thegatewaypundit.com/2023/01/trump-china-connection-classified-documents-found-bidens-private-office-much-information-china-given/

1/9The Gateway Pundit<“When is the FBI Going to Raid the Many Homes of Joe Biden?” Trump Responds to Reports of Classified Documents Found at Penn Biden Center>

The Justice Department is looking into classified documents from Joe Biden’s time as Vice President discovered at the Penn Biden Center for Diplomacy and Global Engagement in DC.

According to CNN, Joe Biden’s attorneys discovered the classified documents in the private office which included top-secret files with the “sensitive compartmented information” (SCIF) designation LAST FALL just days before the midterm elections.

https://www.thegatewaypundit.com/2023/01/fbi-going-raid-many-homes-joe-biden-trump-responds-reports-classified-documents-found-penn-biden-center/

1/10The Gateway Pundit<EXCLUSIVE: China Upped Its Donations to the Biden Center 400% with $50M in Donations After Biden Announced his Campaign>

The complaint [from the NLCP] charges that in 2017, out of a total of $7.7 million in donations from China, $500,000 came from anonymous donors. After Biden launched his campaign in 2018, the total jumped to $27.1 million, with anonymous donors giving $15.8 million. And in 2019, Chinese donors gave $26.9 million to the center, $6 million anonymously.

https://www.thegatewaypundit.com/2023/01/exclusive-china-upped-donations-biden-center-400-50m-donations-biden-announced-campaign/

1/10The Gateway Pundit<HUGE: Matt Gaetz Reveals Republicans Will Release the 14,000 Hours of J6 Tapes That Have Been Hidden (VIDEO)>

https://twitter.com/i/status/1612909918088044544

https://www.thegatewaypundit.com/2023/01/huge-matt-gaetz-reveals-republicans-will-release-14000-hours-j6-tapes-hidden-video/

1/10The Gateway Pundit<Speaker McCarthy Moves to Remove Eric Swalwell, Adam Schiff and Ilhan Omar from Congressional Committees>

https://www.thegatewaypundit.com/2023/01/speaker-mccarthy-moves-remove-eric-swalwell-adam-schiff-ilhan-omar-congressional-committees/

下院「政府機関の兵器化」委員会(“weaponization of government” committee)が稼働しだしたので、司法省・FBIが慌てて公平を装ったのでは。DSはバイデンを切るように動くのか?

ゲートウエイパンデットの記事が出た後であれば、結果は変わったはず。

1/11阿波羅新聞網<习近平诡异站姿再引讨论!跟“他”也有87像=習近平の奇妙な立ち姿が再び議論になる! 「彼」と似た点は 87 件ある>昨年の習近平の視察のビデオは、最近Twitterネチズンによって再び議論されたが、当時、習近平は両足を広げ、八の字を書くように立って、通常の立ち姿と同じではない。 ネチズンはくまのプーさんの連想に加えて、これは北朝鮮の金正恩委員長の立ち姿に似ていると考えており、習近平が金正恩の真似をしているのではないかとさえ疑っている。

https://www.aboluowang.com/2023/0111/1853553.html

1/10阿波羅新聞網<澳工党政府给中共的投名状?中共间谍王立强诈骗证据全来自中共—澳法院驳回“中国间谍”王立强政庇申请 评论:工党政府以此向北京表态=豪州労働党政府は中共へ忠誠を示す? 中共のスパイ、王立強の詐欺の証拠はすべて中共に由来する — 豪州の裁判所は「中国のスパイ」王立強の亡命申請を却下した>シドニーの元中国政治領事である陳用林は、経済詐欺の王立強のケースは亡命裁決とは切り離されるべきであり、中共の詐欺の証拠は信用できないと述べた。王立強が以前に開示した情報の一部は、豪州情報機関と台湾によって確認された。 彼が中国に送還されると、特にスパイ活動が含まれる場合、彼は終身刑または処刑される可能性がある:その場合、中国は祝うだろう。実際、彼が本当に送還された場合、それは中共の勝利になる。

中共から金を貰っていた議員が多い労働政権だから、さもありなん。裁判所は労働党に忖度?

https://www.aboluowang.com/2023/0110/1853510.html

1/10阿波羅新聞網<副总统无解密权 拜登陷“机密文件门” 麦卡锡:民主党玩过火了=副大統領には機密解除の権利がなく、バイデンは「秘密文書ゲート」に陥る マッカーシー:民主党はやりすぎた>米司法長官メリック・ガーランド (Merrick Garland) は昨年 11 月 18 日に、マールアラーゴでのトランプ前大統領の機密文書の保持を調査する特別検察官の任命を発表し、当局は一つの秘密を隠した:バイデンには同様の問題がある。 マッカーシーは、バイデンの新たな機密文書は「2つ」の司法システムがあることを示しており、民主党員は「トランプに対して政治手段を使おうとしている。彼らは今、それらをやっと発見したのだろうか?何年も経っているのに?」と述べた。

トランプの保管文書は機密解除されたもの。バイデンと比べて罪があると思われるのはどっち?

https://www.aboluowang.com/2023/0110/1853509.html

1/10阿波羅新聞網<华尔街日报:中国政府决策愈趋不透明 外国政府企业如雾里看花=WSJ:中国政府の意思決定はますます不透明になり、外国政府・企業は霧の中で花が咲くのを見ている>中国のダイナミックゼロコロナ政策の急激な転換により、外国政府、企業、学界は、ブラックボックスの政治システムの中で、より大きな不確実性を生み出している。 外国メディアは、西側のアナリストを引用し、中共の習近平国家主席がより多くの権力を支配しており、このシステムはますますとらえどころのないものになっていると述べたと伝えた。

https://www.aboluowang.com/2023/0110/1853488.html

1/10阿波羅新聞網<中国31省市财政崩溃!山田摩衣:经济火车头变三轮车=中国の 31 の省と市の財政破綻! 山田摩衣:経済の牽引は機関車から三輪車になった>中国の経済は赤信号が灯り、現在、中国の 31 の省と市が 2022 年にすべての財政赤字になると報告されている。中央政府は「誰の家族の子供たちを誰が抱くのか」と必死である。 この点について、新北市議会議員の山田摩衣は、「94要客訴」番組で、中央政府が地方を救えなかったこと、人々の人気のある検索、海外逃亡から、中国政府の財政は非常に深刻で、「中央・地方両方ともお金がない」という問題があると。

https://www.aboluowang.com/2023/0110/1853471.html

何清漣がリツイート

北米保守評論 🇺🇸🇨🇦  @NAConservative9  10h

「『ツイッターファイル』第13部:ファイザーが密かにワクチン論争を抑圧」

https://nacr.info/WordPress/index.php/2023/01/10/twitter-files-part-13-pfizer-secretly-suppresse-debate-on-coved-vaccines-on-twitte/

ファイザーの最高責任者で元FDAコミッショナーのゴットリーブは、WHの連絡先で、ワシントンDCでのTwitterの上級ロビイストであるO’Boyleを通じてTwitterに圧力をかけ、ファイザーのmRNAの新型コロナワクチンに疑問を投げかけるツイートを検閲し、ブロックするよう求めた。 そして、O’Boyle の Twitter 本社への苦情には、ゴットリーブの ファイザーの身分が隠されていた。

何清漣 @HeQinglian  7h

姜尚栄のテレグラム情報を転送する。

中国の社会信用システムの広告:社会的格付けが低い人は、航空券を購入したり、ホテルを借りたり、銀行サービスを利用できない。 人が犯罪や軽罪を為すたびに、評価が下がる。人々の行動は、「スマート」カメラ、警察の報告、銀行のデータなどから情報を受け取る単一のデータベースを通じて追跡される。

WEF のクラウス・シュワブ会長は、中国の社会信用システムを「モデル」と呼んでいる。実際には 「1984 年」である。

何清漣 @HeQinglian  8h

Tom Trottier、米国:LGBT 運動と平等のための闘争 https://marxist.com/usa-lgbt-movement-and-fight-for-equality.htm

Alessio Marconi、LGBT: 解放と革命 https://marxist.com/lgbt-liberation-and-revolution.htm

ME O’Brien、家庭は消滅するのか? 資本主義の発展における労働者階級の家庭観の変化

3人とも家庭の破壊を主張し、ME O’BrienはQueer家庭を主張し、異性愛者としての共産主義家庭に対するマルクス・エンゲルスの構想を批判している。

引用ツイート

方志杰 @pandazipper2  10時間

返信先:@mingshi_chen、@Nobody197575

1984年を読み終わったばかりだが、その中に古典的な一文がある。「私たちは、子供とその親の間、人々の間、男性と女性の間のつながりを断ち切った。 雌鶏の卵のように、子供が生まれるとすぐに母親の元から連れ去られるなど、妻、子供、友人を信頼する人はもう誰もいない。我々の世界には、恐怖、怒り、勝利、劣等感以外の感情はない!」

ここから遠くない、とても近い。

何清漣 @HeQinglian  8h

Family Abolition: Capitalism and the Communiizing of Care ペーパーバック、M. E. O’Brien 著、ドイツ、英国、米国に拠点を置くディスカッショングループの出版物である Endnotes に最初に掲載された。 このタイトルの本は現在、2023 年 6 月 20 日に出版される予定で、Amazon で入手できる。

研究のために、私は気分が悪くなりながら、左派の家庭根絶に関するこれらの重要な記事を読み終えた。

何清漣 @HeQinglian  8h

米国左翼は欧州左翼とは違っている。欧州はボーヴォワールの「第二の性」とフーコーの理論を借用するのが好きだ。 米国左翼はマルクス主義を好み、結婚と家族について語っている。エンゲルスの著書「家族、私有財産、国家の起源」はこれらの著者の宝物である。

トロツキーとスターリンについて、トロツキーは尊敬され、スターリンは嫌われていた。スターリンは反同性愛者であり、反革命的であり、ある人達は毛沢東が同性愛を崇めないことで嫌っていた。

何清漣がリツイート

L JM🇺🇸 @zhixiangziyou  26m

軍の即応性に影響を与える最悪の政策決定の 1 つがついに終わった。

@SecDef

議会は、軍の COVID ワクチン命令の廃止を命令する。 HR3860 を共同支援し、これを実現させてくれたすべての同僚に感謝する。

http://media.defense.gov/2023/Jan/10/20…

引用ツイート

トーマス・マッシー  @RepThomasMassie  37m

「軍の即応性に影響を与える最悪の政策決定の 1 つがついに終わった。@SecDef は、議会によって軍の COVID ワクチン義務付けの廃止を強制された。HR3860 を共同支援することによってこれを達成するのを助けてくれたすべての同僚に感謝する」

https://media.defense.gov/2023/Jan/10/2003143118/-1/-1/1/SECRETARY-OF-DEFENSE-MEMO-ON-RESCISSION-OF-CORONAVIRUS-DISEASE-2019-VACCINATION-REQUIREMENTS- FOR-MEMBERS-OF-THE-ARMED-FORCES.PDF

何清漣がリツイート

L JM 🇺🇸 @zhixiangziyou  3h

速報:米国中間選挙の 6 日前にバイデンの元のオフィスで見つかったウクライナへのリンクを含む機密文書…

企業メディアはそれを隠蔽したのか?

引用ツイート

チャック・カレスト @ChuckCallesto 4h

速報:バイデンの旧オフィスで発見された、ウクライナへのリンクを含む機密文書は、米国中間選挙の 6 日前に発見された・・・。

企業メディアはそれを隠蔽したのか?

何清漣 @HeQinglian  3h

米国の K-12 教育(幼稚園年長から高校卒業まで)は、子供を性的対象化する (Grooming) という深刻な左翼的傾向があるため、子供を自宅で勉強させることを選択する家庭がますます増えており、過去数年間の推定年間成長率は 8% である。

国立家庭教育研究所によると、2020 年から 2021 年にかけて、米国には約 370 万人の家庭内生徒がおり、これは学齢期の子供の 6% から 7% に相当する。

人種の割合は、黒人 16.1%、ヒスパニック系 12.1%、白人 9.7%、アジア系 8.8% である。

スペイン語アカデミー

ホームスクールと公立学校の統計の比較

ホームスクールと公立学校の統計の詳細:学生の成功、学業成績、卒業率、標準化されたテストの平均など!

何清漣 @HeQinglian  3h

比率に関しては、アジア人は米国で K-12 教育を最も信頼しており、黒人は左翼によって米国の新貴族と奉られているが、ホームスクーリングを選択する割合が最も高いのは黒人である。 報告書には具体的な理由は記載されていない。

プロモツイート

何清漣がリツイート

何清漣 @HeQinglian  4h

返信先:@lianghuiwang2、@jojowheel

お二人が言及していたので、米国の過去についてお話させてください。

米国の著名な社会学者であるジェームズ・サミュエル・コールマン(James Samuel Coleman)が1966年に書いた「コールマン・レポート」は、アメリカの教育史におけるマイルストーンではあるものの、社会の公共政策に大きな影響を与えたという点では、左翼のポリティカル・コレクトネスにはかなわない。

FTの記事では、何故中国での感染死者の数の多さについて触れないのか、世界にウイルスをばら撒き、亜種を作って、死者を増やすリスクを高めることについても触れないのだろうか?

所詮FTは日経子会社で日経の想いを忖度しているとしか思えない。主流メデイアの言うことを鵜呑みにするのは危険。

記事

(英フィナンシャル・タイムズ紙 2023年1月5日付)

早くも旧正月の飾りでいっぱいの商店街を歩く買い物客(1月7日北京で、写真:ロイター/アフロ)

新型コロナウイルス発生前の最盛期には、中国人が世界各地を旅行するのに使ったお金の総額はポルトガルの国内総生産(GDP)とだいたい同じ規模で、2500億ドルを少し超えていた。

2019年に中国本土から外国旅行に出た国民の数はおよそ1億5500万人で、ロシアの人口を少し上回っていた。

同じ年に中国人が外国で高級品の購入に費やしたお金は、米ゼネラル・エレクトリック(GE)の現在の株式時価総額900億ドルを上回っていた。

3年ぶりに戻ってくる巨人

このように足し合わせるとすさまじく大きくなる「世界旅行の巨人」が帰ってくるとなれば、その強さを維持していようと若干弱くなっていようと、経済に及ぶ影響は甚大だ。

ただ、それ以上に重要なのは、彼らの姿が見えない間に形成された一定の中国観をリセットする力を秘めていることだ。

人々の行動に数々の制限を課すパンデミック対策を事前の見通しより早く放棄することが12月に明らかになって以降、市場は当然ながら、これからどんな影響がもたらされるのかという難問に取り組んでいる。

数々の国内ルールが蒸発した――そして著しい効果がすぐに現れた――のに加え、中国に到着したときにPCR検査と隔離を受ける義務も撤廃されたことは、外国旅行を計画している中国人にとっては大きな障害が取り除かれたことになる。

中国人の外国旅行が大々的に再開されれば、出張が急増すると見られる(それに伴い、投資や各種の取引の可能性も高まる)。

これと並ぶ最もはっきりした効果になるのは、意に反して世捨て人のような生活を強いられていた巨大な中間層に鬱積していた観光需要が解き放たれることだろう。

爆買いの標的だった東京などに再び脚光

この階層――かつてはこの階層の海外旅行支出が世界全体の観光支出の17%を占めていた――はもう3年間、休暇を外国で過ごしていない。

お金を使いたいモノやサービスのリストは長くなる一方だ。

最初の訪問先としては香港やマカオに加えて日本、韓国、そしてタイなどが最も好まれているようだ。

長らく中国人旅行者による壮観な「爆買い」の標的だった東京のドラッグストアでは、中国本土からの旅行者が先月以降ぼちぼち戻り始めたばかりなのに、特定のブランドの風邪薬が早くも売り切れになっている。

証券会社は、中国人観光客の以前の購買パターンが復活すると業績が伸びそうな企業を多数リストアップしている。

テーマパークから鉄道、百貨店、目薬メーカーへと至る多彩な顔ぶれだ。

世界観光機関(WTO)の調査によれば、コロナ前の中国人旅行者による支出の57%はショッピングと食事で占められていた。

東京のような都市が魅力的に見えるのは、まさにこのためだ。

観光ブームに重要な「但し書き」

即席観光ブームの予測には重要な但し書きが付いている。

中国は恐ろしいコロナ禍に苦しんでいる。航空料金(燃料サーチャージを含む)は懲罰的な高値になっており、中間層はかつての好況期のような幸福感に包まれているわけでもない。

さらに一部の国――英国、イタリア、米国、日本などが目立つ――は、ほかの国からの渡航者については撤廃した検査を中国からの渡航者に対して再度義務づけることを決めている。

だが、金融大手シティグループのアナリストたちのように、2023年第1四半期には富裕層が、そして同第2四半期には一般の旅行者が揺るぎない回復を遂げると想定する向きもある。

シティグループのシャンロン・ユー氏は、本物の旅行ラッシュは5月の労働節(メーデー)の5連休あたりに訪れるかもしれないと指摘する。

国民の外国旅行支出が一気にパンデミック前の水準に戻れば、中国の経常収支への圧力が増大する恐れがある。

「観光やショッピングに加え、外国出張や外国投資、隠れた資本流出などの鬱積した需要も一気に表面化するかもしれない」とユー氏は言う。

だが、中国人旅行者の再来は直接的な金銭的インパクトのみならず、ビジネスに意味のある影響を及ぼし、地政学に微妙な刺激を加えるかもしれない。

諸外国の中国観が多様さを取り戻すよう促す可能性があるのだ。

中国の対外イメージが変わるか

過去3年間の自主隔離中に、中国の対外イメージは「鬼」の方向に急激に傾いていった。

コロナ禍がなかったら、ここまで急激に進むこともなかったかもしれない。ワシントンでは特にそうだ。

台湾への軍事的脅威の増大、習近平氏による慣例破りの終身支配の要求、地政学の将来についてウラジーミル・プーチン大統領と考えが近いように見えることなどを引き合いに出し、鬼のイメージには十分な妥当性があると主張する人も多いだろう。

ひょっとしたら、中国と西側のデカップリングをめぐる言説が、中国企業の経営幹部や中間管理職、買い物依存症気味の中間層が数千万人単位で世界中を飛び回っていた2019年当時よりはるかに妥当に聞こえるのは、偶然ではないのかもしれない。

中国人旅行者のいない局面が生じたことで、ある程度において、世界中の事業者――中国で事業を展開し、中国の成長に依存している事業者、中国企業と提携している世界各地の事業者、あるいは旅行中の中国人の支出に直接関係のある事業者など――の声を抑圧する中国観が形成された。

中国人の外国旅行再開はデカップリングと脱グローバル化の初期症状に効く万能薬ではないが、その減速を願う人々の声を再度活気づけるのに寄与するかもしれない。

By Leo Lewis

© The Financial Times Limited 2023. All Rights Reserved. Please do not cut and

paste FT articles and redistribute by email or post to the web.

良ければ下にあります

を応援クリックよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください