『民主党善戦と報じられる米中間選挙、現実は下院掌握の共和党が「勝利」 下院は反バイデンに、大きく後退する民主党の政権運営』(11/23JBプレス 古森義久)について

11/23 The Gateway Pundit<Emerson Poll Released – President Trump Is Crushing Competition – Demographics Say It All>

下のグラフではトランプはデサンテスの倍以上の支持。

A new Emerson poll was released on Tuesday (yesterday) showing President Trump way in the lead over other GOP Presidential hopefuls.  It also shows some very telling information on the Trump voters

https://www.thegatewaypundit.com/2022/11/emerson-poll-released-president-trump-crushing-competition-demographics-say/

11/23 The Gateway Pundit<Klaus Schwab says Communist China is a “Role Model for Many Countries” in Creating the “New World of Tomorrow” (VIDEO)>

グローバリストはコミュニストと世界統一政府を目指すので、親和性があるとずっと言ってきたことを証明するもの。人権弾圧、ジェノサイドをする国が世界のロールモデルですって!!

“I respect China’s achievements which are tremendous over the last over 40 years. I think it’s a role model for many countries. But I think also we should leave it to each country to make its own decision about what system it wants to adopt. And I think we should be very careful in imposing systems. But the Chinese model is certainly a very attractive model for quite a number of countries,” Schwab said.

“I look very much forward to have a strong Chinese voice in Davos to explain even better to the world what it means to see the Party Congress which lay down the principles of the policy, what it really means for global collaboration and for global development,” he continued.

https://twitter.com/i/status/1595123005969268738

https://www.thegatewaypundit.com/2022/11/klaus-schwab-says-communist-china-role-model-many-countries-creating-new-world-tomorrow-video/

11/23 The Gateway Pundit<Elon Musk Publishes Poll on Twitter to “Offer General Amnesty to Suspended Accounts” After TGP’s Letter>

左翼に言論封殺された保守派が息を吹き返せば良い。

If you are still a survivor on this platform, make sure you vote and share it out!  The poll is set to expire tomorrow at 12pm.

While it is shameful that “free speech” has come down to polls that seemingly decide the fate of a particular user or users, it’s still the best shot at exposing the narrative control that has for so long skewed against conservatives in the mainstream.  Musk said as much in a recent tweet, as reported by The Gateway Pundit.

https://www.thegatewaypundit.com/2022/11/elon-musk-publishes-poll-twitter-offer-general-amnesty-suspended-accounts-tgps-letter/

11/23 The Gateway Pundit<BREAKING: Kari Lake Files First Complaint Against Maricopa County, Says She Has Whistleblowers And Smoking Gun Evidence Of Uncertified Printers And Dominion Employees With “Unfettered Access” (VIDEO)>

被告に問題があれば、厳罰に処すべき。

Today, Kari Lake filed the following application for an order to show cause and special action complaint against County Recorder Stephen Richer, the Maricopa County Supervisors, and Election Directors Scott Jarrett and Rey Valenzuela.

Lake appeared on Bannon’s War Room this morning to give this major update. She then indicated that they will drop a major lawsuit if this corrupt election is certified.

https://www.thegatewaypundit.com/2022/11/breaking-kari-lake-files-first-complaint-maricopa-county-says-whistleblowers-smoking-gun-evidence-uncertified-printers-dominion-employees-unfettered-access-video/

ラスムセンの調査では、好意的に見る人はトランプ:デサンテス=76:78、好意的に見ない人はトランプ:デサンテス=23:14でデサンテスがリード。マコーネルの不人気ぶりは激しい。

11/24希望之声<迫在眉睫的危机?河南正爆「十分罕见」抗议活动 专家忧「数位暴政」即将到来=危機迫る? 「非常にまれな」抗議行動が河南省で爆発、専門家は「デジタル専制政治」の到来を懸念>ここ数日、中国での疫病流行状況は再び上昇しており、Win.d のデータによると、1 日あたりの新規感染者数は 30,000 人近くに達している。専門家は、このウイルス感染の波が今後数週間で上海でのピークを超えると予想しており、差し迫った危機である。中共のゼロコロナ政策はより多くの抵抗を引き起こし、外国メディアはフォックスコンの工場で起きた抗議行動を「非常にまれ」と呼び、中国の若者は中共政権をあえて公然と批判するようになった。

ある学者は、中共20大の後、中共はダイナミック・ゼロコロナの堅持を続けるだけでなく、「健康/医療」の名の下に、全人民のための大規模な医療データベースの確立にさらに踏み込んだと指摘した。中国で「パノプティコン」のデジタル専制政治を実施することを意図している。

中共は「取り返しのつかない一歩を踏み出した」可能性がある・・・疫病流行で上海並みの都市封鎖を全国的にしないといけない。

迫り来る危機・・・北京にも疫病蔓延が。

中国の多くの企業は封鎖解除まで耐えられない

鄭州のフォックスコンでの「非常にまれな」抗議

中国の若者は、あえて中共政権をより公然と批判し始めている

中国の第 3 の危機: デジタル専制政治

https://www.soundofhope.org/post/673926

11/23阿波羅新聞網<富士康再爆抗暴 武警发射催泪弹工人用灭火筒反击 场面火爆—富士康再爆骚乱 武警发射催泪弹工人用灭火筒反击=Foxconn で再び暴動、武装警察が催涙弾を発射し、労働者が消火器を使って反撃>最近、中国の生放送プラットフォーム「快手」にビデオが登場し、Foxconn の従業員と防護服を着た警察とが対峙し、鄭州政府は鎮圧のために多数の武装警察を派遣し、催涙弾を発射し、さらには従業員を殴打した。従業員は消火器で反撃し、ある人は石を投げ、門に火が放たれ、爆発シーンとなった。

https://www.aboluowang.com/2022/1123/1833473.html

11/23阿波羅新聞網<河南安阳大火38死 习近平震怒 楼阳生危矣?=河南省安陽火災で38人が死亡、習近平は激怒、楼陽生は危機?>数日前、河南省安陽市で大規模な火災が発生し、38 人が死亡して、同日、習近平国家主席は「厳重」な指示を出した。ある分析では、近年、河南省は自然災害と人災にずっと見舞われ続けていると考えている。河南省党委員会の書記である楼陽生は、責任逃れは難しい。この火事が楼陽生の将来のキャリアに影響を与えるかどうかが注目されている。

楼陽生は「習家軍」の一人で中央委員会委員。

https://www.aboluowang.com/2022/1123/1833363.html

11/243阿波羅新聞網<5万新兵“非死即伤” 惊传普京将再征70万俄兵=50,000 人の新兵が「死亡または負傷」 プーチン大統領がさらに 700,000 人のロシア兵を徴兵するという噂>ロシアのプーチン大統領は、つい最近、徴兵の停止を発表した。しかし、ウクライナの情報機関は、ロシアが募集した50,000人の新兵が死亡または負傷したことを示した。現在、来年、徴兵の第2波を開始することが計画されており、その数は700,000人に達する可能性がある。これらの徴兵された新兵は訓練が終わる前に戦場に送られ、装備が著しく不足しているため、ロシア兵の家族は心配している。

https://www.aboluowang.com/2022/1124/1833555.html

何清漣 @HeQinglian  8h

マクロンは、多極化には同調せず、世界のリーダーは 1 人であるべきだと述べた後、フランス語圏の世界フォーラムを主催した。

引用ツイート

綾波 @dinglili7  19h

11 /21、ドイツのショルツ首相は、経済フォーラムでアジア訪問での収穫を共有した。彼は、世界はますます多極化しており、根本的な構造改革が進行中であり、欧州と北米の国々が世界で最高の経済を享受できた良い時代、つまり安定した成長、低インフレ、高い雇用率は永遠に失われたと述べた。

プロモツイート

何清漣 @HeQinglian  9h

ソロスは、共和党に対するラテン系の支持を打破するため、スペイン語のラジオ局を購入するのに6000万ドルを費やした。これは、2022 年のフロリダ州の選挙情勢を分析した後の方向性のある投資である。

引用ツイート

フォックスニュース @FoxNews Nov 23

正式

ソロスの買収:FCC はリベラル・グループがスペイン語の保守派のトーク・ラジオ局を買収する道を切り開く https://fxn.ws/3ES1as8

何清漣 @HeQinglian  7h

【中国国営テレビのインタビューで、クラウス・シュワブは中国を「多くの国にとってのロールモデル」と呼び、「世界はシステムの変化が起きるだろう」と宣言した】

——念のために言っておくが、これはシュワブが変化を起こすのではない。2020年6月初旬のグレートリセットの宣言では、彼らは明確に宣言した:経済と資源に対する政府の管理を強化し、ワクチン証明を通じて社会の管理を強化するために、北京はグレートリセットで重要な役割を果たすと。

引用ツイート

Disclose.tv @disclosetv 9h

NEW – クラウス・シュワブは、中国の国営テレビで、中国は「多くの国のロールモデル」であり、「世界のシステム的な変革」を宣言していると述べた。

何清蓮 @HeQinglian 14m

シュワブはCGTN の田薇とのインタビューで、中国モデルを称賛し、多くの国で模倣する価値があると述べたが、中国語に翻訳されて広く放送されるのか?もちろん、それを見た広く世に知られている中国左派がどう思うかはわからない?

バイデンの米国を承認拒絶し続けるのがグレートリセットの主な手がかりであり、シュワブの同盟国であるので、彼らはファンタジーの世界に喜んで住んでいるとしか言えない。

引用ツイート

文婕文婕放送 @wenjiebc  5h

WEF の シュワブは、「中国モデル」を多くの国のモデルとして称賛したばかりであり、中国は国家社会信用法の草案を発表し、金融信用と社会信用の観点から 14 億のニラ(=カモネギ)をしっかりと管理する。

中国中央銀行は 11 億人以上 (多いか?) の財務データを確立しており、これはまさに現代の奴隷制のモデルである。 https://expose-news.com/2022/11/23/china-has-released-draft-national-social-credit-law/

何清漣がリツイート

北米保守評論 🇺🇸🇨🇦 @NAConservative9  6h

《マット・ゲーツ下院議員::「共和党支配の初日に、J6 委員会を引き継ぎ、愛国者を赦免する必要がある》

https://nacr.info/WordPress/index.php/2022/11/23/matt-gaetz-on-first-day-of-republican-control-we-should-take-over-j6-committee-exonerate-our-patriots/

そうしてこそ、あの日に起きたすべての真実が復元でき、1/6の不正選挙結果の棄却を求める抗議集会が平和的な集会だったのか反乱だったのかを証明し、こうすることで、トランプ大統領とMAGA共和党員へのバイデン政権の迫害を完全に打ち破ることができる。

何清漣 @HeQinglian  54m

資料を調べていたら、ショルツがプーチンの宿題を剽窃したことがわかった😅:

2022 年 9 月 15 日、上海協力機構のサミットでプーチンは、「国際関係において不可逆的かつ構造的な変化さえも起こっている。世界でダイナミック且つ有望な国と地域は主にアジア太平洋地域に集中しており、その役割も大幅に強化されている」と指摘した。E5%A7%BF%E6%80%81%E6%99%AE%E4%BA%AC%E8%87%AA%E4%B9%8C%E5%85%8B%E5%85%B0%E6 % 88%98%E4%BA%89%E4%BB%A5%E6%9D%A5%E9%A6%96%E6%AC%A1%E4%BC%9A%E8%A7%81%E4%B8% AD%E6%96%B9%E9%A2%86

引用ツイート

綾波 @dinglili7 20h

11 /21、ドイツのショルツ首相は、経済フォーラムでアジア訪問での収穫を共有した。彼は、世界はますます多極化しており、根本的な構造改革が進行中であり、欧州と北米の国々が世界で最高の経済を享受できた良い時代、つまり安定・・・

古森氏の記事で、「赤い波が起こらなかった」のは世論調査の誤りとありますが、もっと大きいのは民主党の不正選挙のせいでしょう。現実にアリゾナではカリ・レイク州知事候補が訴訟を提起している。民主党は2024年大統領選挙をにらんで、スイング州で不正をして、自分の党員を当選させた疑いがある。

メデイアの言う共和党の負けとかトランプの負けとかいうのは当たらない。本記事にありますように、バイデンの不正や疫病の起源の問題にもメスが入って、流石に左翼主流メデイアも報道せざるをえなくなるのでは。ツイッターの自由な言論も保証されているし、大きく広まっていくと思います。

記事

米下院議長に選出された共和党のケビン・マッカーシー議員(2022年11月15日、写真:ロイター/アフロ)

(古森 義久:産経新聞ワシントン駐在客員特派員、麗澤大学特別教授)

今回の米国の中間選挙は日本でも異例なほど高い関心を集めた。その選挙の結果はどうだったのか。

最大のポイントは、共和党の下院での多数派制覇である。その結果、民主党のバイデン政権はこれまでの議会上下両院での円滑な支持を失った。しかもバイデン大統領は、次男のハンター氏にかかる不正疑惑に関して、共和党主導の下院で正面から追及を受けることともなりそうだ。

これまで私が米国で取材し、報道してきた十数回の中間選挙で、今回ほど日本側の関心が高くなったことはない。

その背景には、日本が国家安全保障上、米国に頼らねばならない状況がますます強くなっているという現実がある。中国の尖閣諸島への軍事攻勢、北朝鮮による頻繁なミサイル発射、日本への恫喝など、今の日本はまさに国難である。その苦境においては日米同盟での米国の軍事力の抑止が大きな支えとなる。その米国が有事にも公約どおり日本を防衛するかどうか。米国内の政治動向の変遷によるところが大である。だからこそ米国の今回の中間選挙に向ける日本側の視線も、異例なほど熱くなったのだろう。

ナンシー・ペロシ下院議長を解任

「今夜、ついに公式となった。私はいま民主党の一党支配の時代が終わったことを誇りをもって宣言する」

米国連邦議会下院の共和党院内総務ケビン・マッカ―シー議員が高らかに述べた。中間選挙の投開票日から10日後、11月17日のワシントンでの記者会見だった(得票数の集計に時間がかかったのは膨大な数の郵便投票のためである)。最も注視された下院選挙の開票で、野党の共和党がそれまでの多数派の与党の民主党を破り、過半数の218議席を獲得したことが決まった直後だった。下院のこれまでの議席構成は民主党222、共和党213だった。与党の民主党が多数を占め下院全体の運営を主導してきたが、民主党はその多数派の座を失った。

「私たちは下院議長のナンシー・ペロシ氏を解任した」

マッカーシー議員は、下院の次期議長就任を確実視される共和党代表として、民主党側の指導者ペロシ議長への勝利を宣言した。

マッカーシー議員は政治的には堅固な保守派で、ドナルド・トランプ氏を2016年の同氏の大統領選初出馬から熱心に支持してきた。2020年の大統領選挙後もトランプ氏の「不正選挙である」との主張に同調し、FBI(連邦捜査局)によるトランプ氏の別邸への家宅捜索にも「不当捜査」として反対してきた。

そんなトランプ支持の議員が、下院での共和党の勝利を宣言し、反トランプを叫んできたペロシ下院議長を敗者と断じたのだ。この現実は日本の主要メディアが描く「民主党の善戦」「トランプ氏の敗北」という構図とは異なっていた。

バイデン政権の国政運営は大きく後退

ここで強調しておかねばならないのは、アメリカの連邦議会では上院でも下院でも過半数を1議席でも越えて多数派の地位を得た政党の側が議事運営のほぼ全権を手中に握ることである。

2023年1月3日からの第118会期の新議会の下院では、議長がまず共和党となる。そして下院に存在する外交、軍事など広範囲の議案や決議案を審議する合計20の委員会、インテリジェンスや気候変動などと取り組む合計5つの特別委員会の委員長も、すべて共和党議員が占める。要するに下院全体の運営の主導権が多数派の共和党の手に入るのだ。下院全体としてどんな課題を審議するかも、共和党が決定できるようになる。さらに、連邦議会の聴聞会などにどんな人物に召喚状を出して喚問するかを決められるのも共和党となる。

上院はなお民主党が主導権を握るから、下院共和党の権限は絶対ではない。だが、下院が共和党主導となる変化はバイデン政権にとって大きい。バイデン大統領は就任以来の1年10カ月ほど、与党の民主党が多数を占める議会上下両院からの支援を受けてきた。しかし2023年1月から、その両院の1つは正面からバイデン政権に対峙し、政策にも断固たる反対を表明してくるのだ。バイデン大統領にとっては国政運営での大幅な後退だといえる。

上院は今回の中間選挙では現状保持だった。これまで合計100議席は民主、共和それぞれが50ずつの議席だった。上院議長は副大統領が兼ねるから、民主党が議長の1議席分だけ上回り51対50となっていた。今回の中間選挙では上院全体の約3分の1が改選され、その結果は民主党が50、共和党が49と、民主が僅差の多数である状態は変わらなかった。

100番目となる議席は、いずれの候補も得票が50%に達しなかったジョージア州で州法の規定により実施される再選挙にかかっている。民主党ラファエル・ウォーノック候補と共和党ハーシェル・ウォーカー候補が12月6日の決戦投票に臨むのだ。ウォーノック候補が勝てば、民主党は明確に上院での多数派の立場を保つことになる。逆にウォーカー候補が勝てば、50対50の元の状態へ戻るというわけだ。

選挙結果の事実は「共和党の勝利」

今回の中間選挙の意味を突き詰めると、具体的な変化をもたらす最大の結果は下院での多数派の交替だったといえる。下院の運営の主導役が与党の民主党から野党の共和党へと替わったことである。つまり、中間選挙の事実としての結果は、民主党の敗北、共和党の勝利と評するのが正確である。

だがアメリカの民主党寄りメディアや日本の主要メディアの多く、さらには日本のアメリカ通とされる人たちは「バイデン大統領も民主党も予想以上に善戦した」「共和党の党カラーの赤い波は全土に広がらなかった」と総括し、バイデン大統領が今後、議会下院からの挑戦を正面から受けることになる大きな変化には言及が少ない。

そうした総括の大前提は、すべて「予想」である。事前の世論調査による予想が共和党側の大勝を示していたから、その予想を下回るのは敗北に等しいという奇妙な理屈が先行しているのだ。繰り返しになるが、上院ではほぼ現状が保たれ、下院では共和党が逆転勝利を収めたのである。

ちなみに一連の世論調査の不正確さは、2016年の大統領選でも2020年の大統領選でも顕著だった。当時は「この選挙での最大の敗者は世論調査だった」とも評された。そして今回も、世論調査を基にした予想は間違っていた。

バイデン政権への攻撃開始を宣言

下院で共和党側はこの勝利を踏まえて新たな民主党攻撃の構えを固め始めた。マッカーシー議員はじめ共和党の有力議員たちがすでにバイデン政権への批判、攻撃を開始すると宣言している。

マッカーシー議員ら下院共和党議員の有志は中間選挙に備えて公約を発表していた。「アメリカへの誓約」と題したこの公約は、共和党が下院で多数派となった際には、連邦議会の第1日目から経済を強化し安全で自由な社会を復活・発展させることに努めるとも誓っていた。

またマッカーシー議員は投票日の2日前のテレビインタビューで、共和党が多数派となった場合の新政策や新戦略をより具体的に語っていた。具体的には、インフレ対策、犯罪防止策、国境治安強化策などを挙げて、とくに今のアメリカがバイデン政権による「大きな政府」政策の結果、異様に高いインフレに悩まされているとして、政府支出の削減を訴えた。

さらにマッカーシー議員は、共和党主導の下院において、証人喚問や宣誓証言という手段で民主党陣営の不正疑惑を追及する方針も強調した。

同時に、トランプ前大統領支持者たちの議事堂乱入事件に関してトランプ氏の責任を追及するために、下院に民主党陣営が設置した特別調査委員会を、新議会では閉鎖するという意向も表明した。

こうした対応は、民主、共和両党の対立の激しさの反映だといえる。同時に、どの政党が多数派を占めるかによって議会全体の運営がいかに異なるかの例証でもあろう。

バイデン大統領に対する弾劾提訴も視野に

下院の監察・政府改革委員会や司法委員会の有力メンバーである共和党のジム・ジョーダン議員、ジェームズ・カマ―議員らは、マッカーシー議員とともに臨んだワシントンの記者会見で バイデン大統領の次男のハンター氏をめぐる不正疑惑を議会として追及する方針を明示した。

ハンター氏は父のバイデン氏が副大統領だったオバマ政権時代に中国やウクライナの腐敗企業と接触し、不透明なコンサルタント契約を結んで巨額の報酬を得た。この行動が父親の影響力の不正利用など刑法違反となる疑惑が深まり、実際に刑事事件の捜査対象となっていた。

ジョーダン議員らは、このハンター事件にはバイデン氏が絡む疑いもあるとして下院の関連委員会で徹底調査して、バイデン大統領に対する弾劾提訴も視野に入れて進むことも強調した。

さらにジョーダン、カマ―両議員は、バイデン政権の責任を追及する調査として、アフガニスタンからの米軍撤退の際の混乱、中南米からの大量な不法入国者による国境警備の空洞化、新型コロナウイルスの大感染での中国の責任追及、さらにはトランプ前大統領に対するバイデン政権の司法当局利用の妥当性なども取り上げることを言明した。

これまでトランプ氏や共和党への攻撃の舞台となってきた連邦議会の下院が、一転してバイデン大統領や民主党側に攻撃の矢を放つ舞台になる。今回の中間選挙はこんな結果をもたらしたのである。

良ければ下にあります

を応援クリックよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください