『ロシアより先に戦争を始めたのは米国とウクライナの可能性 「ロシアの正義」を全否定せず、日本は停戦協議の場を用意せよ』(11/23JBプレス 大崎 巌)について

11/24The Gateway Pundit<Elon Musk Says He’ll Make Public Internal Twitter Discussions About Decision To Censor Hunter Biden Laptop Story>

ツイッター社のハンターラップトップ事件の検閲の経緯の社内議論を公開すれば、他のSNSでの検閲を牽制することにもなる。

https://www.thegatewaypundit.com/2022/11/elon-musk-says-make-public-internal-twitter-discussions-decision-censor-hunter-biden-laptop-story/

11/25阿波羅新聞網<习近平感受西方阵阵寒意=習近平、西側の寒気を感じる>米国が中国を「最大の脅威」と見なすにつれ、米国と英国等の西側諸国は、中共の影響力と浸透を封じ込めるための取り組みを強化している。

日本は例外?愚かすぎ。

https://www.aboluowang.com/2022/1125/1833928.html

11/25阿波羅新聞網<两人场外对话放慢格数 看习对特鲁多敌意有多强=2 人の場外での会話のスピードを遅くしてみる 習はトルドーに対してどれほど敵対的であるか見て取れる>トルドーと習の発言内容は完全な翻訳のやりとりではなく、お互いの言い放しに陥っただけでなく、良いことを言うときは自分の立場を表明し、悪いことを言うときは失礼で衝動的であった。更には意思疎通する気がなく、プラスとなる交流もなく、トルドー首相は相手方の非難を十分に把握できなかったし、習近平も相手の主張を十分に理解できておらず、お互いに直感で反応して話している。

傲慢な習が何を言っても。独裁者ですよ。

https://www.aboluowang.com/2022/1125/1833929.html

11/25阿波羅新聞網<华日:中国在巴基斯坦投资百亿 但务工人员却频频遇袭=WSJ:中国はパキスタンに数百億ドルを投資するが、出稼ぎ労働者は頻繁に攻撃される>4 月には、パキスタン人の 2 人の子供の母親が、カラチ大学の中国言語文化研究所の外で自爆し、ミニバスを焼き尽くし、中国人教師 3 人とパキスタン人の運転手 1 人が死亡した。WSJは本日、アジアやアフリカで働く中国人を標的とした攻撃が益々増えており、この攻撃はその1 つだと報じた。この事件は、影響力を拡大するために発展途上国に資金を投資する中国が直面する課題の増大を浮き彫りにした。

現地人からすれば侵略の手先と思われているのでしょう。

https://www.aboluowang.com/2022/1125/1833930.html

11/25阿波羅新聞網<中共总理李克强再提狠抓经济 为何回避防疫?—李克强主持会议抓经济 未提防疫=中共の李克強首相は再び経済を強化すべきだと述べたが、なぜ防疫を避けるのか? ――李克強は会議を主宰し、経済に焦点を当てたが、防疫には言及しなかった>中共の李克強首相は22日、国務院常務会で景気安定化政策を打ち出した。会議は、消費の安定と拡大、プラットフォーム経済の持続可能で健全な発展の支援、電子商取引と宅配ネットワークの円滑な流れの確保を提案した。しかし、防疫に関連する措置については言及していない。学者は、李克強は総理の過渡期にあり、彼の経済政策は実行が難しいと考えている。

まあ、次の政権運営が見もの。

https://www.aboluowang.com/2022/1125/1833927.html

11/25阿波羅新聞網<新疆也传徒步大逃亡 民众连怼警察:开枪啊=新疆ウイグル自治区でも徒歩で逃げたと伝わる 人々は警察を憎む:撃て>鄭州のFoxconnの後、3か月以上も封鎖されていた新疆でも徒歩で帰郷する大軍が現れた。集まった人々が強行突破を求めて警察に向かって「撃てよ!」と叫び、武装警察が車の後ろに隠れた映像もある。

警察が撃たなかっただけマシ。

https://twitter.com/i/status/1595825870098386948

https://www.aboluowang.com/2022/1125/1833956.html

11/24阿波羅新聞網<俄侵乌克兰 德曾希望乌迅速垮台向俄认输 强生爆料:法国直到最后一刻都不信会开战=ロシアがウクライナに侵攻、ドイツはウクライナがすぐに崩壊してロシアに降伏することを望んでいた ジョンソンが明らかにした:フランスは最後の瞬間まで開戦を信じていなかった>イギリスのボリス・ジョンソン元首相は現地時間23日、CNNとの独占インタビューで、ロシアが2/24にウクライナに侵攻する前は、この件に対する西側諸国の態度が全く異なっていたことを明らかにした。ドイツは衝突が発生した場合、ウクライナがすぐに打ち負かされることを望んでいた。そしてフランスは最後の瞬間まで戦争を信じていなかった。

独仏はもっとウクライナへの負担を増やすべき。

https://www.aboluowang.com/2022/1124/1833842.html

何清漣がリツイート

ブラウン @Brown28060111 23h

返信先:@HeQinglian

将来、古い中国は劇的にジェットコースターのような認知の変化の過程を経るかもしれない。多くの努力の末、古い中国はついに独裁と中央集権の災難を理解し、古い共産党に歯向かうことを心から喜び、再生を祝い、満杯の希望を持って、自由や民主主義. 法の支配を受け入れる準備をする。布巾と灯台の国が世界を、自分が捨てた過去に導いていることを突然発見した。誰がこの転換を引き継ぐのかわからない。

何清漣 @HeQinglian  9h

誰もが経験したばかりであるが、必ずしも完全には認識できていない事実をレビューしてください。

2019年、中国の武漢でウイルスが世界に拡散し、ファウチの電子メールは、米国がcovid-19の機能獲得研究に資金を提供し、フランス等の国が武漢ウイルス研究所に資金を提供したことを示した。

2020 年 6 月初旬、シュワブ はグレートリセットの時期が来たことを発表し、ウイルスがグレートリセットする千載一遇の機会をもたらしたと公に述べた。

中国はDSの指導権の問題を除き、LGBTQIはグレートリセットに反しており、他のすべては一致している。

引用ツイート

何清漣 @HeQinglian  Nov 24

【中国国営テレビのインタビューで、クラウス・シュワブは中国を「多くの国にとってのロールモデル」と呼び、「世界はシステムの変化が起きるだろう」と宣言した】

——念のために言っておくが、これはシュワブが変化を起こすのではない。2020年6月初旬のグレートリセットの宣言では、彼らは明確に宣言した:経済と資源に対する政府の管理を強化し、ワクチン証明を通じて社会の管理を強化するために、北京はグレートリセットで重要な役割を果たすと。

twitter.com/disclosetv/sta…

何清漣 @HeQinglian  14分

2022-2024──米国政治のバランス・メカニズムの回復 https://upmedia.mg/news_info.php?Type=2&SerialNo=159994

米国の中間選挙の結果は次のとおり:民主党が上院をわずかに多数支配し、共和党が下院をわずかに多数支配している。三権が民主党によって支配されることを心から望んでいる米国左翼メディアは、もちろん遺憾の意を表明したが、実際には、米国政治が我が道を行く極左勢力から脱し、権力を制約する政治に直面している。

upmedia.mg

何清漣のコラム:2022-2024──米国政治のバランス・メカニズムの回復──上報

米国の中間選挙の結果は次のとおり:民主党が上院をわずかに多数支配し、共和党が下院をわずかに多数支配している。三権が民主党によって支配されることを心から望んでいる・・・。

何清漣 @HeQinglian  5h

今や最後になって本当のことが現れ、制度上から、特に T (トランスジェンダー) の価値の根源から LGBTQI を奨励し、擁護することに熱心である。

残念なことに、この考え方と当時のローマクラブの「成長の限界」との関係を誰も整理できず、途中で何度か変更された。

私は、最も早く絶滅するのは西洋の白人であると固く信じている。アフリカ人とイスラム世界は、LGBTQIの呼びかけに耳を傾けない。

引用ツイート

NYT 中国語ウェブ @nytchinese  20h

75 歳のナイトは、「自発的人類絶滅」運動の創始者である。それは運動というよりはむしろ、信念を共有する人々の緩やかな連合といった方が良い。

これらの人々は、人口過剰が気候危機の主要な要因であり、生育を止めることが、人間が地球にできる最善の貢献であると主張している。彼の座右の銘は、「我々が長く生きるのを願うなら、その後は存在しなくなる」である。

http://bit.ly/3gtd5Dt

このスレッドを表示

何清漣 @HeQinglian  5h

惜しむらくは、世界の 3 大人口増加地域は、アフリカ、アジア、中東・北アフリカである。

白人が集中する北米や欧州では、ラテン系を除いて白人の人口増加はマイナスであり、自己犠牲の精神を計算に入れても、人口減少阻止は困難である。

何清漣 @HeQinglian  1h

「中国はロシア・ウクライナ戦争の最大の勝者である」(ミリー将軍インタビュー)という記事を読んだ後、その記事は「山に座って虎の戦いを見ている」という言葉を使って、抜け目のないサルである中国を描写し、ロシアと米国の両虎の争いを見守り、漁夫の利を得ると。

疑問があるのは、いつ、どこで中国が米国やロシアにこの戦争をするように唆したのか?これまでのところ、私が見た西側の批判はすべて、中国が西側の側に立っておらず、秘密裏にロシアを支援していることを指摘している。

foxnews.com

中国は、巨額の米露の戦争費用負担の中でロシア・ウクライナ戦争に勝利している。

中国は、主な戦略的敵対国である米国とロシアに対して、より大きな戦闘力を持って台頭しつつあり、両国ともウクライナでの武器備蓄を侵食している。

何清漣 @HeQinglian  7h

今や最後になって本当のことが現れ、制度上から、特に T (トランスジェンダー) の価値の根源から LGBTQI を奨励し、擁護することに熱心である。

残念なことに、この考え方と当時のローマクラブの「成長の限界」との関係を誰も整理できず、途中で何度か変更された。

私は、最も早く絶滅するのは西洋の白人であると固く信じている。アフリカ人とイスラム世界は、LGBTQIの呼びかけに耳を傾けない。

引用ツイート

NYT 中国語ウェブ @nytchinese  20h

75 歳のナイトは、「自発的人類絶滅」運動の創始者である。それは運動というよりはむしろ、信念を共有する人々の緩やかな連合といった方が良い。

これらの人々は、人口過剰が気候危機の主要な要因であり、生育を止めることが、人間が地球にできる最善の貢献であると主張している。彼の座右の銘は、「我々が長く生きるのを願うなら、その後は存在しなくなる」である。

http://bit.ly/3gtd5Dt

このスレッドを表示

何清漣 @HeQinglian  1h

「The Green New Deal」というタイトルの風刺小説のあらすじは次のとおり:

街には、人々をうっとりさせて自殺させる小屋がある。 1 人が死亡するたびに、N トンの炭素排出量を節約できる。

私はまだそれを理解できていない:西側の白人左翼はそれを限りなく愛する一方、多産な黒人の出産を支持して受け入れている;他方では、彼らは自国民を憎み、自国民に性別を変えさせたり、自殺を助長したりしている。

そんな自己嫌悪、左翼の脳みそはどこが悪いのか?

zerohplovecraft.substack.com

グリーンニューディール

著者注: 自殺願望や自殺感情がある場合は、これを読まないでください。助けを求めてください。私は完全に真剣です。代わりにこちらにアクセスしてください: https://suicidepreventionlifeline.org/ また、この話は・・・。

大崎氏の記事では、開戦責任をウクライナに求めているようですが、日本のパールハーバーと同じく米国に嵌められたわけで、日本の当時は情報を取るのが難しかったですが、今のプーチンだったら米国が考えていることだって織り込み済みで進行したと思います。プーチンには驕りがあって簡単にウクライナを粉砕できると思っていたのでしょう。後でいろんな人を使って説明しても遅い。

大崎氏の意見は、ロシア側の見方だけで、ウクライナのホロドモールのことには触れないのは公平ではない。ウクライナにはロシアに辛酸をなめた歴史があるのに。中共が台湾を自分のものと言って、侵攻するのと何ら変わらない。台湾は事実上の独立国家です。

記事

東京でもロシアの軍事行動を非難するデモが行われた(3月6日、写真:ロイター/アフロ)

一歩間違えれば、ロシアと西側の核戦争が勃発し、人類は滅亡するかもしれない。

ウクライナ危機は地球の存続を左右する大惨事であるにもかかわらず、日本を含む西側諸国は停戦の努力を放棄し、戦争の一方の当事者であるウクライナを絶対正義とみなして全面支援し、徹底的にロシアを敗北させようとしている。

この戦争は、ロシア・ベラルーシ対ウクライナ・NATO(北大西洋条約機構)の軍事紛争であり、ロシア対西側連合の経済・イデオロギー戦争だ。

岸田文雄政権はウクライナに攻撃兵器となるドローンを供与し、ヒステリックな対ロ制裁を実施し、ロシアの世界観を全否定している。

米国の正義を狂信するジョー・バイデン政権が極東でも事態をエスカレートさせれば、既に戦争の当事国となった日本は第3次世界大戦の戦場となる可能性がある。

一刻も早く停戦を実現させるために私たちができることは何か。

市民一人ひとりがロシア側の主張についても冷静かつ客観的に議論を深め、無責任な日本政府に戦争当事者であることをやめさせ、中立国として停戦協議の場を提供させることだ。

私は一人の人間として、あらゆる戦争に反対だ。ロシアでは部分動員が完了し、極東連邦大学(ウラジオストク)の教え子や元同僚が前線に派遣される可能性が高まっている。

「祖国を守るため」と戦う者もいれば、反戦の意志を貫く者もいるだろう。立場がどうであれ、彼らには何があっても生き残ってほしい。これ以上、ウクライナ人、ロシア人、外国人義勇兵の尊い命が奪われないよう、祈るしかない。

ただ、一政治学者として、中立・客観的な立場から、この戦争の本質を冷徹に分析する義務がある。

この間、日米欧の政治家・メディア・専門家の多くが「西側のリベラルな理想」と「国際社会の現実」を混同して議論していることに強い危機感を覚える。

彼らは集団催眠状態に陥ったかのように、「ウラジーミル・プーチン大統領は領土拡大のために一方的な侵略戦争を始め、無実のウクライナ人は祖国を守るために戦っているだけだ」というマントラを唱え続けている。

だが、これは「プーチンの戦争」ではない。

ロシア国民の大多数は「祖国防衛とロシア人解放のための軍事作戦」だと考えている。なぜか?

日本では「ウクライナと西側の正義」は語り尽くされてきたので、「ロシアの正義」についても真剣に議論する必要があるだろう。

戦争の根源とミンスク合意

誰がどうやってこの戦争を始めたのかを正確に理解することは重要だ。

なぜなら、西側の主要メディアの多くは、「2・24に大義もなく突然ウクライナを侵攻したロシアは処罰すべき悪い国だ」という確信に基づいて戦争報道を続けており、その大前提が崩れた時、彼らの報道の客観性が大いに疑われることになるからだ。

実は、ロシアが「特別軍事作戦」を開始する前から戦争は既に始まっていたという議論がある。

例えば、国連平和維持活動の政策責任者を務め、NATOではウクライナ支援プログラムにも参加したジャック・ボー(Jacques Baud)氏は、今年2月16日にウクライナが戦争を始めたと主張している。

以下、ボー氏がフランス情報研究センター(Centre Français de Recherche sur le Renseignement)『文献速報』第27号に寄稿した論文「ウクライナの軍事情勢:https://cf2r.org/documentation/la-situation-militaire-en-ukraine/」の内容を整理した上で、「2・16開戦説」について検証したい。

ボー氏はまず、ミンスク合意に至る過程について次のように指摘している。

・この紛争の根源は、2014年2月にヤヌコヴィッチ政権を転覆させた直後、新政府がロシア語を公用語から外し、ウクライナ東・南部のロシア語話者地域に対して激しい弾圧を実行し、オデッサやマリウポリなど各地で虐殺事件が発生したことにある。

・2014年5月に東部のドンバス地域で自称ドネツク・ルガンスク両共和国が行った住民投票は、プーチン大統領の助言に反して行われた。

「親露派」という言い方はロシアが紛争の当事者だったことを示唆するが、それは事実ではなく、「ロシア語話者」と言った方が適切だろう。

・2014年、NATOで小型武器の拡散との戦いを担当していた時、ロシアから反政府勢力に兵器や軍装備品が渡されたことはなかった。

ロシア語を話すウクライナ軍部隊が味方につき、反政府勢力の武装化が進んだ。ドンバスに対する大規模な反テロ作戦を開始したウクライナ政府がデバルツェボで完敗を喫し、2015年2月に「ミンスク2」協定が結ばれた。

・東部紛争をめぐる停戦協定である「ミンスク合意」は、ドネツク・ルガンスク両共和国の分離や独立ではなく、ウクライナ国内での自治を規定していた。

両共和国の地位は政府と両共和国の代表との間で交渉されると書かれており、ウクライナの国内問題なので、2014年以降、ロシアは交渉の当事者になることを拒否し、合意の履行を求め続けていた。

2022年2月23~24日より前にOSCE(欧州安全保障協力機構)の監視員がドンバスで活動するロシア軍部隊の痕跡を観測したことは一度もなかった。

極右民兵の創設と2・16以降の集中砲撃

ボー氏は、ウクライナ政府が弱体化した軍の兵力不足を補うために準軍事組織の民兵に頼り、基本的に外国人傭兵から成る民兵の多くは極右過激派だと指摘する。

(ウクライナの軍事力をまとめたロイター通信によると、2020年、全兵力31万1000人の内、民兵は10万2000人)。

彼はウクライナの民兵の特徴について、次の点を明らかにしている。

・19カ国から集まった民兵は、米英仏・カナダによって武装化され、資金提供を受け、訓練された。西側は、2014年から民間人に対するレイプ・拷問・虐殺などの数多くの犯罪を犯してきた彼らに武器を与え続けた。

・西側諸国によって支えられた極右民兵は、2014年からドンバスで活動し続けた。彼らは暴力的で吐き気を催させるイデオロギーを伝え、猛烈な反ユダヤ主義者だ。

アゾフ連隊などの狂信的で残忍な過激派民兵は、ユーロマイダン革命を活気づけた極右集団から創設された。ロシアだけでなく、ユダヤ人団体、西側メディア、米陸軍士官学校の反テロセンターなどもウクライナの民兵を「ナチ」や「ネオナチ」と特徴付けている。

その上で、今年2月24日にロシアが軍事介入するまでのドンバスの状況について、次のように分析している。

・2021年3月24日、ウォロディミル・ゼレンスキー大統領はクリミア奪還命令を出し、南部に軍を配備し始めた。

同時に黒海とバルト海の間でNATOの軍事演習が何度か行われ、ロシア国境沿いの偵察飛行が大幅に増加した。

その後、ロシアは軍事演習を実施した。同年10月、ウクライナはミンスク合意に違反し、ドンバスでドローン攻撃を行った。

・2022年2月11日、独仏露ウの補佐官級会合は具体的な成果が出ずに終わり、明らかに米国からの圧力の下で、ウクライナはミンスク合意の適用を拒否した。

プーチン大統領は、西側は空約束をするだけで合意を遵守させるつもりはないと言及した。ドンバスの両軍接触地帯での政府側の軍事的準備が進み、15日、ロシア議会は両共和国の独立を承認するようプーチン氏に求めたが、彼は承認を拒絶した。

・2月16日以降、OSCE監視団の日報が示す通り、ドンバスの住民に対する砲撃が激増した。当然のことながら、西側のメディアと政府、EU、NATOは何も反応せず、介入しなかった。

EUや一部の国々は、ドンバス住民の虐殺がロシアの介入を引き起こすことを知りながら、虐殺について故意に沈黙を保ったようだ。

・早ければ2月16日にバイデン大統領は、ウクライナ軍がドンバスの民間人を砲撃し始めたことを知っていた。

プーチン大統領は、ドンバスを軍事的に助けて国際問題を引き起こすか、ロシア語話者の住民が粉砕されるのを傍観するか、難しい選択を迫られた。

・プーチン氏は、介入すれば、「保護する責任」(R2P)の国際義務を呼び起こせること、介入の性質や規模にかかわらず制裁の嵐を引き起こすことを知っていた。

ロシアの介入がドンバスに限定されようが、ウクライナの地位について西側に圧力をかけるためにさらに突き進もうが、支払う代償は同じだろう。

2月21日、彼は演説でこのことを説明し、下院の要請に応じて2共和国の独立を承認し、彼らとの友好・援助条約に署名した。

・ドンバスの住民に対するウクライナ軍の砲撃は続き、2月23日、両共和国はロシアに軍事援助を求めた。24日、プーチン氏は、防衛同盟の枠組みの中での相互軍事援助を規定する国連憲章第51条を発動した。

・国民の目から見てロシアの介入を完全に違法なものとするために、西側諸国は戦争が実際には2月16日に始まったという事実を意図的に隠した。

一部のロシアと欧州の情報機関が十分認識していたように、ウクライナ軍は早ければ21年にドンバスを攻撃する準備をしていた。

「2・16開戦説」を検証

米英の情報機関で訓練を受け、スイス戦略情報局員だったジャック・ボー氏は、主に西側の公開情報や国連・OSCE(欧州安全保障協力機構)の客観的なデータを提示しながらこの戦争を緻密に分析している。

ロシアの介入が始まる前の軍事情勢も踏まえつつ、中立機関のデータなどを基に2・16開戦説を検証してみよう。

「今年2月16日からウクライナ軍がドンバスの住民を集中砲撃し始めた」とボー氏が主張する根拠となっているのは、OSCEが作成した「ウクライナ特別監視団の日報・現地報告(Daily and spot reports from the Special Monitoring Mission to Ukraine):https://www.osce.org/ukraine-smm/reports/」だ。

日報では、ドネツク・ルガンスク地域における停戦違反と砲撃の回数・場所が報告されている。

実際にデータを確認してみたが、1日平均の停戦違反・砲撃数は、昨年は257回・約70発、今年は2月14日までは200回余り・約50発だった。

2月15日は153回・76発だったが、16日になると591回・316発と急増している。

その後は17日に870回・654発、18日に1566回・1413発、19~20日は3231回・2026発だった。プーチン大統領がドンバスの2共和国の独立を承認した21日には1927回・1481発、22日は1710回・1420発だった。

また、日報の停戦違反・砲撃地が示された地図を見ると、16日からドネツク・ルガンスクにおける政府管理地域と両人民共和国の境界線上で激しい戦闘が始まったことが分かる。

17日以降の地図からは、ロシアが介入するまで、ウクライナ軍が日を追うごとに両共和国内に攻め込んで激しく砲撃している状況が読み取れる。

1日の砲撃数が300発を超えた16日からドンバスでは戦争状態になったというボー氏の主張には説得力がある。

だが、OSCEの日報だけでは、戦争を始めたのがウクライナ軍だったのか共和国側だったのかは分からない。

米国・NATOの動き、ドンバスの軍事情勢、民間人死傷者に関するデータなどから、どのようにこの戦争が始まったのか分析を試みる。

ウクライナが独仏露ウ会合でミンスク合意の適用を拒否した2月11日、バイデン大統領はNATO・EUの指導者に「プーチン氏がウクライナの侵攻を決定し、16日にも攻撃する」と伝えた。

13日、OSCEウクライナ特別監視団が「最近、特定の参加国が、自国の監視員は数日以内にウクライナから退去すべきだという決定を下した」というプレス声明を出す。

同日、ロシア外務省のザハロワ報道官は「この決定には深刻な懸念を抱かざるを得ない。監視団は米国によって故意に軍事的ヒステリー状態に引きずり込まれ、今後起こりうる挑発の道具として利用されている」と反応した。

13日にはルガンスク人民共和国の幹部も「米英・EUの監視員の撤退はウクライナと西側が大規模な挑発を始めることを意味する」と発言し、ドネツク人民共和国の幹部は「米英・デンマークの監視員が共和国を去った」と話していた。

17日、米英などに拠点がある「戦争・平和報道研究所(IWPR)」も、「情報筋によると、2月16日時点で米英・カナダ・デンマーク・アルバニアがウクライナから監視員を撤退させ、オランダは政府管理地域へ団員を移動させた」と報じている。

実際に集中砲撃が始まる16日の前に米国と一部のNATO加盟国は自国監視員をウクライナあるいは共和国側から退去させ、バイデン氏の「予言」は西側メディアでも機能し続けていた。

一方、ロシアは監視活動の継続を訴え、国連安保理でもウクライナを侵攻する計画はなく、軍事的緊張を高めているのは米国率いる西側だと非難し続けていた。

このような状況下、まだ多くのOSCE監視員がミンスク合意の遵守を監視する中、まさに予言された日から共和国側が政府管理地域との境界線上で全面戦争を始めたとは考えにくい。

2月16日にはロシアのペスコフ大統領報道官が「全世界は既にウクライナ政府がドンバスで軍事作戦を始めたことを目撃した」と発言している。

また、昨年12月1日にロイター通信は、紛争地のドンバスに12万5000人の部隊を配備したウクライナをロシアが非難したと報じていた。

今年2月21日には国連安保理でロシアのネベンジャ国連大使が、ウクライナがドンバスの境界線に12万の部隊を配備していたと指摘した。

2・24前に西側メディアの多くは、10~15万のロシア軍がウクライナとの国境周辺にいると報道し続けたが、2・16から約12万のウクライナ軍と4万~4.5万と言われる2共和国の武装勢力が激しい戦闘状態に入ったという構図は伝えなかった。

プーチン氏が両共和国の独立を承認するか不明だった16日の段階で、共和国側が米国などの最新兵器を有するウクライナ軍12万に対して全面戦争を始めるだろうか?

ロシアが軍事介入した24日時点でも、総兵力31万以上のNATO化されたウクライナ軍と計約20万のロシア軍・共和国武装勢力が戦うという軍事情勢だったとも言える。

さらに、国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)が今年1月27日に公表した「ウクライナにおける紛争関連の民間人死傷者(Conflict-related civilian casualties in Ukraine)」によると、2018年から21年までのドンバスでの激しい戦闘による民間人死傷者の81.4%は両共和国の管理地域内で発生しており、ウクライナ軍の攻撃の結果だと分かる(政府管理地域の民間人死傷者は、16.3%)。

少なくとも2018年から、事実上のNATO軍になりつつあったウクライナ軍がロシア語話者の民間人も激しく攻撃し続けていたと言える。

以上の状況から、断言はできないが、米国・NATOと一体化し、軍事力で反政府勢力を圧倒していたウクライナ政府が2月16日に戦争を始めた可能性が高いと言えるだろう。

なぜプーチン大統領は全面介入したのか

2・24にロシアがウクライナに軍事介入した理由は、ゼレンスキー政権がロシア語話者の住民を猛烈に砲撃し続けるのを傍観できなかったからだと思われる。

1日の砲撃数が1481発まで激増した2月21日にプーチン大統領は2共和国の独立を承認したが、ウクライナ政府はロシアが集団的自衛権を行使することを知りながら、22日もロシア語話者の住民を集中砲撃し、米国・西側諸国はそれを黙認していた。

プーチン氏が全面的な介入を選択した理由としては、以下の点が挙げられよう。

・マイダン革命後の8年間、米国・NATOに支えられたポロシェンコ・ゼレンスキー両政権は、ロシア系ウクライナ人のロシア語を使用する権利を奪い続け、自治の拡大と生存権を求めて闘っていたロシア語話者の自国民をテロリストと呼んで弾圧・攻撃・虐殺し続けた。

・2008年以降、米国はウクライナのNATO加盟だけは絶対に許容できないと訴えてきたロシアを無視し、14年からNATOと共に毎年約1万人のウクライナ兵を訓練し、2・24前までにウクライナ軍は最新兵器を備えた事実上のNATO軍になっていた。

・ネオナチとされる極右民兵などはロシア系ウクライナ人に対する拷問・虐殺などの犯罪を犯し続けたが、政府と裁判所だけでなくウクライナ社会全体に「ドンバスにいるロシア語話者のテロリストたち」に対する暴力を黙認するような「文化」が出現していた。

・ゼレンスキー大統領はミンスク合意で交渉当事者として認められた共和国側の代表との交渉を拒否し、両共和国の存在そのものを否定し、ロシアからクリミアを奪還すると公言し続けてきた。

西側メディアは「2014年にロシアはクリミアを一方的に併合した」と報道してきたが、18世紀から1991年までロシア・ソ連領であり続けたクリミアでは91年と94年にも住民投票が実施され、クリミアの住民の多くは一貫してウクライナから分離してロシアへ編入されることを望んでいた。

プーチン大統領は、NATOと一体化して年々強大化するウクライナ軍がドンバスのロシア語話者を全面攻撃し、ロシアにとって死活的に重要なクリミアにもいつ攻め込んでくるか分からない状況を「国家存続を脅かす事態」とみなし、「特別軍事作戦」を開始したと思われる。

そもそも、ウクライナ語話者とロシア語話者が共存する多民族国家ウクライナに米国が介入しなければ、この戦争は起こらなかった。

ロシアとも欧州とも協力し合わなければ、ウクライナが発展する道はなかった。にもかかわらず、2014年に米国は、ロシアを弱体化させて自らの絶対正義を世界に拡散させるために親欧米派を支援し、暴力的な政権転覆を成功させた。

また、「革命」後に新政府がロシア語話者を弾圧・虐殺し続けなければ、クリミア編入もドンバス紛争もロシアの軍事介入もなかっただろう。

2・24後に西側でロシアに対するヒステリー状態が生まれたのはなぜか。

西側の指導者とメディアの多くが、客観的な情報やデータを無視し、別の世界観を持つロシアに対して恐怖感を抱き、「侵略国家ロシア」という思い込みから抜け出せないからではないか。

ジャック・ボー氏や私の分析が絶対に正しいと主張するつもりはない。

ただ、日本を戦争当事国から停戦の仲介国に変えるためには、中立機関の客観的データなどを基に冷静に議論を深めることが重要ではないだろうか。

これからも一研究者として、常識や事実と宣伝される仮説について、一つひとつ丁寧に検証していきたい。

良ければ下にあります

を応援クリックよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください