ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

『中国との合弁事業なのに、習近平が試乗辞退したインドネシア高速鉄道に暗雲 完成予定は遅れ予想外の国費投入、しかも「利益でるまで40年」の大誤算』(11/25JBプレス 大塚 智彦)について

11/24The Gateway Pundit<MORE WINNING: Pro-Censorship, Never-Trump Leftist Sam Harris Rage Quits Twitter>

犯罪行為を平気で見逃しできるのが左翼の特徴。

The Twitter world became slightly less toxic on Thursday when one of the platform’s foremost advocates for censorship nuked his account. Leftist philosopher Sam Harris decided he had enough of Elon Musk’s pro-free speech policies.

Harris is the latest left-wing clown to abruptly quit Twitter. Celebrities from the likes of Whoopi Goldberg, Gigi Hadid, and Jack White all left the platform since Musk took over the platform. But Harris’s departure marks the biggest addition by subtraction yet.

https://twitter.com/i/status/1560257247422189570

https://www.thegatewaypundit.com/2022/11/winning-pro-censorship-never-trump-leftist-sam-harris-rage-quits-twitter/

11/25The Gateway Pundit<After Raging a War Against MAGA, Kevin McCarthy Now Wants MAGA Votes for Speakership>

マッカーシーはすんなり下院議長になれるのか?

GOP House leader Kevin McCarthy worked to crush the MAGA movement in Congress but now he wants their votes for speakership.

McCarthy—like McConnell—cares more about being surrounded by Republican colleagues aligned with the establishment than winning elections for Republicans. His actions show he would rather his side lose than reflect the popular will by letting in new-right Republicans who think differently than he does about immigration, trade, war, and the managerial state.

McCarthy has emerged as worse than a mere establishment stooge: he has effectively declared war on the America First movement and has proven willing to use party resources to fight against new candidates. But he may have overplayed his hand. With the House Speaker vote just around the corner in January, McCarthy is in a precarious position as a backlash to his leadership mounts.

Sabatini is right.  McCarthy currently doesn’t have enough votes to be Speaker so he is making bold promises about what he would do as the next Speaker.

Unfortunately, McCarthy is a pawn of corrupt former Speaker Paul Ryan.  McCarthy is about party before America just like Ryan.

https://www.thegatewaypundit.com/2022/11/raging-war-maga-kevin-mccarthy-now-wants-maga-votes-speaker/

11/25看中国<共和党多数众议院将对中共更强硬(图)=共和党は下院で多数派を占め、中共に対してより強硬である(写真)>米国議会の新しい議長になることが期待されている共和党リーダーのマッカーシー下院議員、(共和党-カリフォルニア州) は最近、彼が議長に就任した場合、中共の挑戦に対応して中国特設委員会を立ち上げて対処すると述べた。多くの共和党員もまた、北京に対してより強硬になると述べた。

11/ 25現在、連邦下院議員の 3 議席の中間選挙の未決を除いて、共和党は 220 議席を獲得しており、来年 1 月から始まる新しい下院を支配することが決定している。その時点に、下院の 435 人の議員が新しい議長を選出する (218 票が必要)。通常、議長は多数党の党首が担当する。

マッカーシーはここ数日、共和党は中共の知財窃盗、バイデンの息子ハンターの海外取引、新型コロナのトレーサビリティを調査する計画であると繰り返し述べてきた。マッカーシーはまた、新しい下院は中共の「警察ステーション」が米国で活動するのを「止める」と述べた。

インタビューの中で、マッカーシーはまた、バイデン政権が中共に弱腰と批判した。 「彼らは、ウイルスの起源について多数党として公聴会を行ったことはなく、中国問題についてはまったく立ち上がっていなかった」と彼は言った。

政治リスク企業ユーラシア・グループのアシュトンはVOAに対し、共和党が下院の支配権を取り戻すことに成功すれば、台湾への支援にもっと注力するだろうと語った。

https://www.secretchina.com/news/gb/2022/11/25/1022592.html

11/26希望之声<美物理学家:海底采矿或打破中共对关键矿产的控制=米国物理学者:海底採掘は重要な鉱物に対する中共の支配を破る可能性がある>米国シンクタンクのRANDコーポレーションの上級物理学者でコミュニティの健康・環境政策プロジェクトのディレクター代理であるトム・ラトゥレット(Tom LaTourrette)は、木曜日(11/24)に英語版の「エポックタイムズ」に掲載された記事で、次のように述べた:電池などのクリーンエネルギー技術が急速に発展する中、希土類金属の需要が急増している。間もなく商業化される可能性のある海底採掘は、重要な鉱物に対する中共の現在の支配力を壊すだろう。

中共はこれらの資源の採掘と供給の大部分を管理しており、一部は中国国内 (特にレアアース) にあり、中共が所有する重要な外国の鉱物資源 (コンゴ民主共和国のコバルトなど) も含まれる。また、鉱物処理も支配しており、世界の事業の大部分を支配している。 S&P Global Inc による最近の調査によると、世界中で硫酸ニッケルを生産している 16 社のうち、11 社が中国にあることがわかった。この研究では、2030 年までに、中国では年間 8,240 億トンの硫酸ニッケルが生産されるのに対し、北米欧州では 1,460 億トンしか生産されないと予測されている。

深海底の多金属結節は、海底の約 4000 ~ 5500 メートルにある。これらのジャガイモ大の結節は、コバルト、ニッケル、銅、マンガンが豊富であり、それらの抽出は、予想されるバッテリー需要を満たすためにますます魅力的になっている。

ほとんどの多金属結節資源はどこの国の排他的経済水域外の公海に位置し、1994 年に国連によって作成された国際海底機関によって管理されている。約 20 カ国による海底採掘の探査契約を結んでいる。これらの請負業者の運営が探鉱から商業採掘に移行するにつれて、(早ければ 2024 年)、重要な鉱物資源の世界的な供給量が急速に増加するだろう。

間もなく来る深海底採掘は、重要な鉱物の供給と処理を多様化するための政策提言に基づいて行動するまたとない機会を提供する可能性がある。これらの提案の中心にあるのは、中国以外の鉱物処理能力の奨励と支援である。これらには、処理施設の建設資金を調達するための寄付、融資、および融資保証の提供が含まれる。処理施設の環境要件の改訂、国内で生産された重要な材料や製品の使用の奨励、不公正な取引慣行の禁止も含まれる。

日本も海底資源がある。<海底資源の宝庫? 新しい島を産んだ小笠原諸島の可能性 古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」> https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2108/20/news040.html

https://www.soundofhope.org/post/674517

11/26希望之声<战争日烧9亿美元 多地爆抗议 俄还能撑多久?军事专家点出关键=戦争で1日9億ドルを費やし、多くの地で抗議活動が勃発、ロシアはいつまで持つのか?軍事専門家が重要な点を指摘>ロシア・ウクライナ戦争は 9か月以上続いており、各国は停戦を強く求めているが、ロシアのプーチン大統領は、現段階で冬に勝利する決定的なチャンスがあると考えており、まだ手を緩めたいとは思わない。米国の軍事専門家は、プーチン個人の問題よりも、ロシアの戦争タカ派がテロを主張し続ける問題の方が深刻であると指摘した。しかし、ロシア軍は戦場で次々と敗北しているが、専門家は重要要因を指摘した。ロシアはこの戦争のために 1 日に少なくとも 9 億ドルを費やしており、ロシア経済がこの戦争を支え続けられるかどうかは大きな疑問がついている。

さらに、ロシアでは 50,000 人以上の新兵が死亡または負傷したという噂があり、ますます多くの母親と妻が抗議のために街頭に出ている。プーチン大統領はまた、国民の不満が手に負えなくなっていることに気づき、怒りを鎮めようとして、初めて徴兵された母親たちとの面談をアレンジした。ウクライナは、クリミアで殺害されたイランの軍事顧問を確認した。国際機関は控えめに見積もっても、少なくとも 15,000 人のウクライナ人が行方不明になっており、進行中の調査には何年もかかるだろうと。

https://www.soundofhope.org/post/674478

11/26阿波羅新聞網<半夜割喉人!每晚至少10名俄军被杀乌克兰游击队敌后夜猎“半兽人”= 真夜中に喉を切られた! 毎晩少なくとも 10 人のロシア兵が殺されている ウクライナのパルチザンは夜、敵陣の背後で「半獣人」を狩っている>CNN は現地時間 24 日、ウクライナの民間戦士の闘争の話を報じた。 20 歳のウクライナの抵抗戦士であるアーチーは、夜にロシアの兵士を一人で暗殺した。アーチーはロシアの兵士を半獣人( orcs)と呼び、ロシア人を見たとき、彼は恐れなく、彼らは自分たちの家を奪った敵であることを知っていた。アーチーは、ロシア人と戦っているのは彼だけではなく、ヘルソンには多くの賢いパルチザンがいて、毎晩少なくとも10人のロシア人が殺されていると語った。

https://www.aboluowang.com/2022/1126/1834499.html

11/26阿波羅新聞網<习近平幕后外交:派团暗访美 秘密做了这2大让步! —G20前夕中国秘密做了这2大让步!专家:习派团暗访美用这交换台湾问题=習近平の裏の外交:代表団を秘密裏に訪米させ、2つの大きな譲歩を行った! ——G20の前夜、中国はこれらの2つの大きな譲歩を秘密裏に行った! 専門家:習近平、台湾問題と引き換えに代表団を訪米させる>米国のバイデン大統領と中国の習近平国家主席は最近、G20サミットの前に「バイデン・習会談」を開催した。米「WSJ」の22日付報道によると、中共は今や「舞台裏外交」に転じており、首脳会談の前夜、習近平国家主席はNYにハイレベルの政策・経済代表団を派遣して米側と面談した。 「大紀元」の政治評論家である李沐陽は、中共代表団が米国を訪問した際、2つの譲歩をしたと指摘し、ロシア・ウクライナ戦争と北朝鮮問題で協力するので、米国の台湾問題とハイテク輸出制限の緩和を引き換えしたと指摘した。

李沐陽は、台湾問題やハイテク問題は米国の国家安全保障に関わる問題であり、中国が上級代表団を米国に派遣しても、米国の立場が変わる可能性は低いと指摘した。国家と国家安全保障を放棄することはできないため。

https://www.aboluowang.com/2022/1126/1834485.html

11/26阿波羅新聞網<中共外交部和新华社双双示弱,担忧共和党追责?=中共外交部と新華社通信は両方とも弱腰、共和党の追及を懸念?>習近平が外国訪問を終えた後、党メディアのプロパガンダは大幅に低下した。 3 日間の沈黙の後、11/ 24、中共外交部と新華社通信はいずれも米国に対する弱気を示した。米国共和党は下院の支配権を握ろうとしており、中共に責任を負わせることを提案しているので、おそらく中共は懸念している恐れがあり、WHに弱さを示して反応することはめったにない。

https://www.aboluowang.com/2022/1126/1834353.html

11/26阿波羅新聞網<中美芯片战升温 欧洲也参战 英、德纷对中企祭出限制=米中チップ戦争激化、欧州も参戦、英独が中国企業に制限>最近、欧州では半導体産業への政府介入をめぐって論争が起きており、英国とドイツがそれぞれ半導体産業における中国資本の企業に制限を課しており、米中のチップ紛争が欧州に波及していることがうかがえる。 

https://www.aboluowang.com/2022/1126/1834508.html

何清漣がリツイート

北米保守評論 🇺🇸🇨🇦 @NAConservative9  6h

「マリコパ選挙の完全失敗、愛国者が再選挙を要求、大規模な抗議が今日始まる」

https://nacr.info/WordPress/index.php/2022/11/25/mass-protests-began-today-as-patriots-demanded-new-elections-in-maricopa-after-a-resounding-defeat/

アリゾナ州の選挙は、有権者が投票用紙を盗まれたり、集計されなかったり、投票が完全に阻止されたため、認証不可能な混乱であった。草の根活動の人達は金曜日、アリゾナ州の腐敗した選挙の奪回を要求する抗議活動を組織した。

「アジアの時」がどうして中国のハイライトのときになるのか?

https://sbs.com.au/language/chinese/zh-hans/article/comment-on-summit-season/qgevimwmg

アジアでの 3 回の首脳会談は、現在の国際社会の認知の特徴を示している。英米メディアと米英は依然として一極世界を唯一の適切なモデルと見なしているが、ほとんどの国は多極世界が来ていることを知っている。西側はこれを認識したのは、バイデン・習会談からである。

米国は同盟国に対中政策を通知せず、英国とカナダは G20 でついていかず、フランスとドイツは APEC 会またはその後に理解を表明した。

sbs.com.au

【観点】「「アジアの時」がどうして中国のハイライトのときになるのか?」

アジアでの 3 回の首脳会談は、現在の国際社会の認知の特徴を示している。英米メディアと米英は依然として一極世界を唯一の適切なモデルと見なしているが、ほとんどの国は多極世界が来ていることを知っている。

何清漣 @HeQinglian  4h

👇記事の要点:

* 中国が支持するという錯覚が、プーチンが戦争を発動した多くの誤判断の 1 つであった。

* 「無限の友情」の機密付属文書で、北京とモスクワは、外国が自国の領土を侵略した場合に、相互に軍事援助を提供することを約束した。

*北京にとって重要な優先事項は、ロシアとNATOとの対決において「核のエスカレーションを回避し、停戦の達成を助ける」ことである。

*中国はモスクワに外交と情報支援を提供しているが、重要な軍事協力は除外している。

引用ツイート

ソフィア @les_politiques  6h

バイデンと習近平のウクライナについての秘密の討議が明らかになった。

https://spectator.co.uk/article/the-red-line-biden-and-xis-secret-ukraine-talks-revealed/

このスレッドを表示

何清漣 @HeQinglian  4h

この記事の内容が本当なら、中国はすでに外交において非常に成熟しているとしか考えられない。これは、習近平の判断能力と完全に矛盾している。国内の知識人と反対派は、習近平の能力は極端に低く、外交の場面では未熟でぎごちなく、動揺していると考えている。

ミリーの評価、3つのアジア会議での中国のハイライトのとき、およびこの記事を組み合わせると、ロシア・ウクライナ戦争を通じて、中国はほとんど神になった。

あなた方はそれを信じるかどうか?私は相手が悪すぎると思う。

何清漣 @HeQinglian  3h

ロシア・ウクライナ戦争で、中国が山に座って両虎の争いを見る賢いサルとして行動し、戦争がエスカレートするのを防ぐためにいわゆる北京がどのように狡猾に「仲介」したかについての最近の話のブームは、バイデン政権の愚かさのせ​​いだといつも感じている。(自国の国力とドルの覇権を弱め、中国を新たな極にさせるなど) 一段下がってしまった。

その話はどうしてそうなったか:本人の能力がないのではなく、相手が狡猾すぎるという意味で使われている。

https://twitter.com/i/status/1596257535345860608

何清漣がリツイート

方偉|We Fang @sohfangwei  6h

マスクは、NYポストの「ハンター・バイデンのコンピューターゲート」報道記事を封鎖したことについての社内での議論を「ツイート」すると発表し、「これは大衆の信頼を勝ち取るために必要なことだ」と述べた。

わお!

何清漣がリツイート

桃花島の主 (Lucky) @Mydoglucky2  7h

象の親の母性愛は、人間の母性愛と同じである。

大塚氏の記事では、インドネシアは「ムルデカ17805」を忘れてしまったらしい。こともあろうに賄賂を貰うために日本の情報を中共に手渡すのは裏切り行為ではないか。

嘘つき中国人の言うことを聞いて、当てにしたのがインドネシアの間違い。ジョコ大統領の面子なんぞ、日本に違約したのと同じなのだから、潰れても仕方がない。

記事

インドネシアの高速鉄道(写真:AP/アフロ)

インドネシアの首都ジャカルタから西ジャワ州の州都バンドンまでの143キロを結ぶ高速鉄道。受注を日本と競り合った中国が落札し着工したが、2019年に予定されていた完成時期は遅れに遅れ、現在もなお建設途上。現時点の工事進捗率は80.4%に止まり、営業開始予定は2023年6月に変更されている。

日本が確実と見られた発注先を急遽、中国に変更したジョコ・ウィドド大統領としては、可能な限りスムーズに完成させ、業績としてアピールしたいところ。そこで主要20カ国・地域首脳会議(G20首脳会議)出席のためバリ島を訪問中だった中国の習近平国家主席とともに、一部完成区間を利用し高速鉄道に実際に試乗するというプランが浮上していた。

ところがこれが直前で中止され、「オンラインでの現場視察」にスケールダウンしてしまった。ジョコ大統領の思惑は外れてしまったのだ。

最高時速80キロの試運転を「オンライン視察」

とにもかくにも、11月16日夕、G20会議を終えた習近平国家主席とジョコ・ウィドド大統領はバリ島から共にオンラインで試運転走行する高速鉄道を視察した。

地元メディアによると試運転走行はバンドン近くの高速鉄道の終点となるトゥガルウラル駅から約15キロまでの区間を走行、最高時速は約80キロだったという。

11月16日、インドネシアのジャカルタで高速鉄道の試運転の様子をオンライン視察するジョコ・ウィドド大統領と習近平主席(写真:新華社/アフロ)

インドネシア、「国費投入ゼロ」から「4.3兆ルピア投入」に

工事完成がこのように大幅に遅れた背景には中国人労働者らによる技術不足、インドネシア側の用地買収の遅れ、コロナ禍による休業などが挙げられているが、最大の問題は財政問題で工事の裏付けとなる経費が当初予算を大きく上回ってしまったことだ。

当初の総工費は60.7億ドルだったが最終的には79億ドルまでに膨れ上がっている。

このため当初の中国との受注契約では「インドネシア政府による国庫支出はゼロ」という条件だったが、2021年11月、資金不足から政府は国庫支出を決断せざるを得なくなり、結局、4.3兆ルピア(約380億円)を投入するという「誤算」が生じた。

建設工事が遅れる中、資金不足に陥るのはある程度予想されたとはいえ、国庫を投入せざるを得ないまで逼迫しているとはインドネシア政府も予想外だっただろう。しかし「乗りかかった舟」だけに、いまさら計画そのものを放棄するわけにもいかず、やむを得ない支出となった。

それだけの巨額投資となり、何かと否定的に報道されることの多い高速鉄道だが、ジョコ・ウィドド大統領としては習近平国家主席との“試乗会”によって、その成果をアピールする絶好の機会となるはずだった。

ところが日程の調整が不調だったためか、10月下旬に中国側から「試乗不参加」が伝えられた。インドネシア側がそこで粘ってオンライン視察に持ち込み、なんとか面目を保つことができたというわけだ。

一方、中国側にしてみれば、確約もしていない試乗でインドネシア側が勝手に盛り上がっただけのこと、という構え。試乗中止の影響もダメージもほとんどない。

安全性と収益性にも課題が

中国側にとっては、高速鉄道試乗の安全性の問題も懸念材料になっていた可能性がある。試運転済みではあるが、限定された区間で、それも最高速度を抑えた状態で走るだけでも安全性が100%担保できるわけではない。

そんな試乗に国家・党の最高指導者を同乗させるにはリスクがある、との判断が中国共産党上層部から指摘された可能性もあるという。

というのも洪水や土砂崩れも発生、さらに周辺建物のひび割れ、高架を支える支柱の不具合も見つかったばかりか、「中国から運ばれた車両が中古ではないか」との疑惑も浮上するなど、高速鉄道建設の安全性に影響する問題が多数指摘されてきていた。

「40年は利益が出ない」との予測

さらに言えば来年6月に完成・開業してからも、大きな課題が残りそうだ。

その筆頭は深刻なのが収益性の問題だ。ジャカルタ~バンドンの運賃は15万~35万ルピア(約1300~3100円)が予定されているが、これは現在の在来線同区間(ジャカルタ市内のターミナル駅ガンビール~バンドン)の12万ルピア(約1100円)と比較すると、わずかながら割高である程度。

一方で当初1日の乗降者を6万1100人前後と想定していたのだが、これが現在は3万1200人に下方修正されている。中国とインドネシアのコンソーシアムであるKCCIは、インドネシア政府が計画しているカリマンタン島への首都移転の影響で利用者が減少すると下方修正の理由を説明している。

この運賃と乗降者予測に基づき、費用を回収して利益がでる損益分岐点を計算し直すと、当初は「開業から20年以内」とされていたのに「40年後」と大幅に後退する結果になった。

つまりこの高速鉄道は営業開始から40年間は、利益が出ない赤字経営に耐えなければならないというのだ。

新駅周辺は一面の田園地帯

新設される駅にも問題がある。

ジャカルタからバンドンに向かう高速鉄道の終点は、在来線が通るバンドン駅ではなく、トゥガルウラル新駅。その周辺はのどかな田園地帯となっている。

トゥガルウラル新駅から在来線のバンドン駅までは公共交通はバスやタクシーしかなく車で約1時間もかかる。在来線への乗り換えが極めて不便なのだ。これは途中の経由駅の立地もほぼ同じ条件である。

なぜこのような場所に新駅を設置するのかというと、在来線の駅周辺には商店や住宅が密集していて用地買収などが難しいこと、さらに中国側から新駅は周辺に何もない所に建設し、同時に周囲に商業施設などを建設するという「駅との一体開発セット」を提案されたことがあるようだ。

しかし肝心の高速鉄道そのものの建設が大幅に遅れており、新駅周辺の開発には全く手が付けられていない。これも「中国に踊らされて夢を見た結果」と地元メディアから揶揄されている。

このような課題だらけの状況に、インドネシア政府は「話が違う」との思いを強めている。

開業時になら習近平は乗車するか

話を蒸し返すようだが、そもそも日本が優勢と見られていた受注競争で、最終的に中国に軍配が上がった経緯も不可解なものだった。

現在は、受注競争が展開されていた段階で、日本が提出したフィージビリティスタディ(実現可能性調査)の書類が中国側にわたっており、中国はそれを基にした資料を提出したとの疑惑も報じられている。疑惑の人物(閣僚)もほぼ特定された。

このように、インドネシアの高速鉄道計画は受注段階から多くの疑問と疑惑に包まれたものだった。インドネシア政府は「自分の懐が痛まない」「早期着工、完工」を選択し、総工費では大差なく安全性を前面に出した日本の応札を実質的に却下したのだった。

しかし現実には、工事費も大幅に上昇、インドネシア政府も国費投入を決断せざるを得ず、そして完成時期も予定からだいぶ遅れている。自らの選択による「自業自得」である。

スラウェシ島では2014年に建設が決まった「トランス・スラウェシ鉄道」の一部区間が完成し、南スラウェシ州知事が試乗、2022年末までは一般市民の無料体験乗車も始まるなど、高速鉄道は先を越されている。こうした事態も、日本を憤慨させてでも、中国にすり寄って国家の重要インフラを手軽に手に入れようとしたジョコ大統領の面目は丸潰れである。

インドネシア政府としては、来年6月ごろと見込まれる開通式にこそ、再び中国の習近平国家主席を招待し、ジョコ大統領とともに乗車してもらうことを待望しているはずだが果たして結果は……。

良ければ下にあります

を応援クリックよろしくお願いします。

『ロシアより先に戦争を始めたのは米国とウクライナの可能性 「ロシアの正義」を全否定せず、日本は停戦協議の場を用意せよ』(11/23JBプレス 大崎 巌)について

11/24The Gateway Pundit<Elon Musk Says He’ll Make Public Internal Twitter Discussions About Decision To Censor Hunter Biden Laptop Story>

ツイッター社のハンターラップトップ事件の検閲の経緯の社内議論を公開すれば、他のSNSでの検閲を牽制することにもなる。

https://www.thegatewaypundit.com/2022/11/elon-musk-says-make-public-internal-twitter-discussions-decision-censor-hunter-biden-laptop-story/

11/25阿波羅新聞網<习近平感受西方阵阵寒意=習近平、西側の寒気を感じる>米国が中国を「最大の脅威」と見なすにつれ、米国と英国等の西側諸国は、中共の影響力と浸透を封じ込めるための取り組みを強化している。

日本は例外?愚かすぎ。

https://www.aboluowang.com/2022/1125/1833928.html

11/25阿波羅新聞網<两人场外对话放慢格数 看习对特鲁多敌意有多强=2 人の場外での会話のスピードを遅くしてみる 習はトルドーに対してどれほど敵対的であるか見て取れる>トルドーと習の発言内容は完全な翻訳のやりとりではなく、お互いの言い放しに陥っただけでなく、良いことを言うときは自分の立場を表明し、悪いことを言うときは失礼で衝動的であった。更には意思疎通する気がなく、プラスとなる交流もなく、トルドー首相は相手方の非難を十分に把握できなかったし、習近平も相手の主張を十分に理解できておらず、お互いに直感で反応して話している。

傲慢な習が何を言っても。独裁者ですよ。

https://www.aboluowang.com/2022/1125/1833929.html

11/25阿波羅新聞網<华日:中国在巴基斯坦投资百亿 但务工人员却频频遇袭=WSJ:中国はパキスタンに数百億ドルを投資するが、出稼ぎ労働者は頻繁に攻撃される>4 月には、パキスタン人の 2 人の子供の母親が、カラチ大学の中国言語文化研究所の外で自爆し、ミニバスを焼き尽くし、中国人教師 3 人とパキスタン人の運転手 1 人が死亡した。WSJは本日、アジアやアフリカで働く中国人を標的とした攻撃が益々増えており、この攻撃はその1 つだと報じた。この事件は、影響力を拡大するために発展途上国に資金を投資する中国が直面する課題の増大を浮き彫りにした。

現地人からすれば侵略の手先と思われているのでしょう。

https://www.aboluowang.com/2022/1125/1833930.html

11/25阿波羅新聞網<中共总理李克强再提狠抓经济 为何回避防疫?—李克强主持会议抓经济 未提防疫=中共の李克強首相は再び経済を強化すべきだと述べたが、なぜ防疫を避けるのか? ――李克強は会議を主宰し、経済に焦点を当てたが、防疫には言及しなかった>中共の李克強首相は22日、国務院常務会で景気安定化政策を打ち出した。会議は、消費の安定と拡大、プラットフォーム経済の持続可能で健全な発展の支援、電子商取引と宅配ネットワークの円滑な流れの確保を提案した。しかし、防疫に関連する措置については言及していない。学者は、李克強は総理の過渡期にあり、彼の経済政策は実行が難しいと考えている。

まあ、次の政権運営が見もの。

https://www.aboluowang.com/2022/1125/1833927.html

11/25阿波羅新聞網<新疆也传徒步大逃亡 民众连怼警察:开枪啊=新疆ウイグル自治区でも徒歩で逃げたと伝わる 人々は警察を憎む:撃て>鄭州のFoxconnの後、3か月以上も封鎖されていた新疆でも徒歩で帰郷する大軍が現れた。集まった人々が強行突破を求めて警察に向かって「撃てよ!」と叫び、武装警察が車の後ろに隠れた映像もある。

警察が撃たなかっただけマシ。

https://twitter.com/i/status/1595825870098386948

https://www.aboluowang.com/2022/1125/1833956.html

11/24阿波羅新聞網<俄侵乌克兰 德曾希望乌迅速垮台向俄认输 强生爆料:法国直到最后一刻都不信会开战=ロシアがウクライナに侵攻、ドイツはウクライナがすぐに崩壊してロシアに降伏することを望んでいた ジョンソンが明らかにした:フランスは最後の瞬間まで開戦を信じていなかった>イギリスのボリス・ジョンソン元首相は現地時間23日、CNNとの独占インタビューで、ロシアが2/24にウクライナに侵攻する前は、この件に対する西側諸国の態度が全く異なっていたことを明らかにした。ドイツは衝突が発生した場合、ウクライナがすぐに打ち負かされることを望んでいた。そしてフランスは最後の瞬間まで戦争を信じていなかった。

独仏はもっとウクライナへの負担を増やすべき。

https://www.aboluowang.com/2022/1124/1833842.html

何清漣がリツイート

ブラウン @Brown28060111 23h

返信先:@HeQinglian

将来、古い中国は劇的にジェットコースターのような認知の変化の過程を経るかもしれない。多くの努力の末、古い中国はついに独裁と中央集権の災難を理解し、古い共産党に歯向かうことを心から喜び、再生を祝い、満杯の希望を持って、自由や民主主義. 法の支配を受け入れる準備をする。布巾と灯台の国が世界を、自分が捨てた過去に導いていることを突然発見した。誰がこの転換を引き継ぐのかわからない。

何清漣 @HeQinglian  9h

誰もが経験したばかりであるが、必ずしも完全には認識できていない事実をレビューしてください。

2019年、中国の武漢でウイルスが世界に拡散し、ファウチの電子メールは、米国がcovid-19の機能獲得研究に資金を提供し、フランス等の国が武漢ウイルス研究所に資金を提供したことを示した。

2020 年 6 月初旬、シュワブ はグレートリセットの時期が来たことを発表し、ウイルスがグレートリセットする千載一遇の機会をもたらしたと公に述べた。

中国はDSの指導権の問題を除き、LGBTQIはグレートリセットに反しており、他のすべては一致している。

引用ツイート

何清漣 @HeQinglian  Nov 24

【中国国営テレビのインタビューで、クラウス・シュワブは中国を「多くの国にとってのロールモデル」と呼び、「世界はシステムの変化が起きるだろう」と宣言した】

——念のために言っておくが、これはシュワブが変化を起こすのではない。2020年6月初旬のグレートリセットの宣言では、彼らは明確に宣言した:経済と資源に対する政府の管理を強化し、ワクチン証明を通じて社会の管理を強化するために、北京はグレートリセットで重要な役割を果たすと。

twitter.com/disclosetv/sta…

何清漣 @HeQinglian  14分

2022-2024──米国政治のバランス・メカニズムの回復 https://upmedia.mg/news_info.php?Type=2&SerialNo=159994

米国の中間選挙の結果は次のとおり:民主党が上院をわずかに多数支配し、共和党が下院をわずかに多数支配している。三権が民主党によって支配されることを心から望んでいる米国左翼メディアは、もちろん遺憾の意を表明したが、実際には、米国政治が我が道を行く極左勢力から脱し、権力を制約する政治に直面している。

upmedia.mg

何清漣のコラム:2022-2024──米国政治のバランス・メカニズムの回復──上報

米国の中間選挙の結果は次のとおり:民主党が上院をわずかに多数支配し、共和党が下院をわずかに多数支配している。三権が民主党によって支配されることを心から望んでいる・・・。

何清漣 @HeQinglian  5h

今や最後になって本当のことが現れ、制度上から、特に T (トランスジェンダー) の価値の根源から LGBTQI を奨励し、擁護することに熱心である。

残念なことに、この考え方と当時のローマクラブの「成長の限界」との関係を誰も整理できず、途中で何度か変更された。

私は、最も早く絶滅するのは西洋の白人であると固く信じている。アフリカ人とイスラム世界は、LGBTQIの呼びかけに耳を傾けない。

引用ツイート

NYT 中国語ウェブ @nytchinese  20h

75 歳のナイトは、「自発的人類絶滅」運動の創始者である。それは運動というよりはむしろ、信念を共有する人々の緩やかな連合といった方が良い。

これらの人々は、人口過剰が気候危機の主要な要因であり、生育を止めることが、人間が地球にできる最善の貢献であると主張している。彼の座右の銘は、「我々が長く生きるのを願うなら、その後は存在しなくなる」である。

http://bit.ly/3gtd5Dt

このスレッドを表示

何清漣 @HeQinglian  5h

惜しむらくは、世界の 3 大人口増加地域は、アフリカ、アジア、中東・北アフリカである。

白人が集中する北米や欧州では、ラテン系を除いて白人の人口増加はマイナスであり、自己犠牲の精神を計算に入れても、人口減少阻止は困難である。

何清漣 @HeQinglian  1h

「中国はロシア・ウクライナ戦争の最大の勝者である」(ミリー将軍インタビュー)という記事を読んだ後、その記事は「山に座って虎の戦いを見ている」という言葉を使って、抜け目のないサルである中国を描写し、ロシアと米国の両虎の争いを見守り、漁夫の利を得ると。

疑問があるのは、いつ、どこで中国が米国やロシアにこの戦争をするように唆したのか?これまでのところ、私が見た西側の批判はすべて、中国が西側の側に立っておらず、秘密裏にロシアを支援していることを指摘している。

foxnews.com

中国は、巨額の米露の戦争費用負担の中でロシア・ウクライナ戦争に勝利している。

中国は、主な戦略的敵対国である米国とロシアに対して、より大きな戦闘力を持って台頭しつつあり、両国ともウクライナでの武器備蓄を侵食している。

何清漣 @HeQinglian  7h

今や最後になって本当のことが現れ、制度上から、特に T (トランスジェンダー) の価値の根源から LGBTQI を奨励し、擁護することに熱心である。

残念なことに、この考え方と当時のローマクラブの「成長の限界」との関係を誰も整理できず、途中で何度か変更された。

私は、最も早く絶滅するのは西洋の白人であると固く信じている。アフリカ人とイスラム世界は、LGBTQIの呼びかけに耳を傾けない。

引用ツイート

NYT 中国語ウェブ @nytchinese  20h

75 歳のナイトは、「自発的人類絶滅」運動の創始者である。それは運動というよりはむしろ、信念を共有する人々の緩やかな連合といった方が良い。

これらの人々は、人口過剰が気候危機の主要な要因であり、生育を止めることが、人間が地球にできる最善の貢献であると主張している。彼の座右の銘は、「我々が長く生きるのを願うなら、その後は存在しなくなる」である。

http://bit.ly/3gtd5Dt

このスレッドを表示

何清漣 @HeQinglian  1h

「The Green New Deal」というタイトルの風刺小説のあらすじは次のとおり:

街には、人々をうっとりさせて自殺させる小屋がある。 1 人が死亡するたびに、N トンの炭素排出量を節約できる。

私はまだそれを理解できていない:西側の白人左翼はそれを限りなく愛する一方、多産な黒人の出産を支持して受け入れている;他方では、彼らは自国民を憎み、自国民に性別を変えさせたり、自殺を助長したりしている。

そんな自己嫌悪、左翼の脳みそはどこが悪いのか?

zerohplovecraft.substack.com

グリーンニューディール

著者注: 自殺願望や自殺感情がある場合は、これを読まないでください。助けを求めてください。私は完全に真剣です。代わりにこちらにアクセスしてください: https://suicidepreventionlifeline.org/ また、この話は・・・。

大崎氏の記事では、開戦責任をウクライナに求めているようですが、日本のパールハーバーと同じく米国に嵌められたわけで、日本の当時は情報を取るのが難しかったですが、今のプーチンだったら米国が考えていることだって織り込み済みで進行したと思います。プーチンには驕りがあって簡単にウクライナを粉砕できると思っていたのでしょう。後でいろんな人を使って説明しても遅い。

大崎氏の意見は、ロシア側の見方だけで、ウクライナのホロドモールのことには触れないのは公平ではない。ウクライナにはロシアに辛酸をなめた歴史があるのに。中共が台湾を自分のものと言って、侵攻するのと何ら変わらない。台湾は事実上の独立国家です。

記事

東京でもロシアの軍事行動を非難するデモが行われた(3月6日、写真:ロイター/アフロ)

一歩間違えれば、ロシアと西側の核戦争が勃発し、人類は滅亡するかもしれない。

ウクライナ危機は地球の存続を左右する大惨事であるにもかかわらず、日本を含む西側諸国は停戦の努力を放棄し、戦争の一方の当事者であるウクライナを絶対正義とみなして全面支援し、徹底的にロシアを敗北させようとしている。

この戦争は、ロシア・ベラルーシ対ウクライナ・NATO(北大西洋条約機構)の軍事紛争であり、ロシア対西側連合の経済・イデオロギー戦争だ。

岸田文雄政権はウクライナに攻撃兵器となるドローンを供与し、ヒステリックな対ロ制裁を実施し、ロシアの世界観を全否定している。

米国の正義を狂信するジョー・バイデン政権が極東でも事態をエスカレートさせれば、既に戦争の当事国となった日本は第3次世界大戦の戦場となる可能性がある。

一刻も早く停戦を実現させるために私たちができることは何か。

市民一人ひとりがロシア側の主張についても冷静かつ客観的に議論を深め、無責任な日本政府に戦争当事者であることをやめさせ、中立国として停戦協議の場を提供させることだ。

私は一人の人間として、あらゆる戦争に反対だ。ロシアでは部分動員が完了し、極東連邦大学(ウラジオストク)の教え子や元同僚が前線に派遣される可能性が高まっている。

「祖国を守るため」と戦う者もいれば、反戦の意志を貫く者もいるだろう。立場がどうであれ、彼らには何があっても生き残ってほしい。これ以上、ウクライナ人、ロシア人、外国人義勇兵の尊い命が奪われないよう、祈るしかない。

ただ、一政治学者として、中立・客観的な立場から、この戦争の本質を冷徹に分析する義務がある。

この間、日米欧の政治家・メディア・専門家の多くが「西側のリベラルな理想」と「国際社会の現実」を混同して議論していることに強い危機感を覚える。

彼らは集団催眠状態に陥ったかのように、「ウラジーミル・プーチン大統領は領土拡大のために一方的な侵略戦争を始め、無実のウクライナ人は祖国を守るために戦っているだけだ」というマントラを唱え続けている。

だが、これは「プーチンの戦争」ではない。

ロシア国民の大多数は「祖国防衛とロシア人解放のための軍事作戦」だと考えている。なぜか?

日本では「ウクライナと西側の正義」は語り尽くされてきたので、「ロシアの正義」についても真剣に議論する必要があるだろう。

戦争の根源とミンスク合意

誰がどうやってこの戦争を始めたのかを正確に理解することは重要だ。

なぜなら、西側の主要メディアの多くは、「2・24に大義もなく突然ウクライナを侵攻したロシアは処罰すべき悪い国だ」という確信に基づいて戦争報道を続けており、その大前提が崩れた時、彼らの報道の客観性が大いに疑われることになるからだ。

実は、ロシアが「特別軍事作戦」を開始する前から戦争は既に始まっていたという議論がある。

例えば、国連平和維持活動の政策責任者を務め、NATOではウクライナ支援プログラムにも参加したジャック・ボー(Jacques Baud)氏は、今年2月16日にウクライナが戦争を始めたと主張している。

以下、ボー氏がフランス情報研究センター(Centre Français de Recherche sur le Renseignement)『文献速報』第27号に寄稿した論文「ウクライナの軍事情勢:https://cf2r.org/documentation/la-situation-militaire-en-ukraine/」の内容を整理した上で、「2・16開戦説」について検証したい。

ボー氏はまず、ミンスク合意に至る過程について次のように指摘している。

・この紛争の根源は、2014年2月にヤヌコヴィッチ政権を転覆させた直後、新政府がロシア語を公用語から外し、ウクライナ東・南部のロシア語話者地域に対して激しい弾圧を実行し、オデッサやマリウポリなど各地で虐殺事件が発生したことにある。

・2014年5月に東部のドンバス地域で自称ドネツク・ルガンスク両共和国が行った住民投票は、プーチン大統領の助言に反して行われた。

「親露派」という言い方はロシアが紛争の当事者だったことを示唆するが、それは事実ではなく、「ロシア語話者」と言った方が適切だろう。

・2014年、NATOで小型武器の拡散との戦いを担当していた時、ロシアから反政府勢力に兵器や軍装備品が渡されたことはなかった。

ロシア語を話すウクライナ軍部隊が味方につき、反政府勢力の武装化が進んだ。ドンバスに対する大規模な反テロ作戦を開始したウクライナ政府がデバルツェボで完敗を喫し、2015年2月に「ミンスク2」協定が結ばれた。

・東部紛争をめぐる停戦協定である「ミンスク合意」は、ドネツク・ルガンスク両共和国の分離や独立ではなく、ウクライナ国内での自治を規定していた。

両共和国の地位は政府と両共和国の代表との間で交渉されると書かれており、ウクライナの国内問題なので、2014年以降、ロシアは交渉の当事者になることを拒否し、合意の履行を求め続けていた。

2022年2月23~24日より前にOSCE(欧州安全保障協力機構)の監視員がドンバスで活動するロシア軍部隊の痕跡を観測したことは一度もなかった。

極右民兵の創設と2・16以降の集中砲撃

ボー氏は、ウクライナ政府が弱体化した軍の兵力不足を補うために準軍事組織の民兵に頼り、基本的に外国人傭兵から成る民兵の多くは極右過激派だと指摘する。

(ウクライナの軍事力をまとめたロイター通信によると、2020年、全兵力31万1000人の内、民兵は10万2000人)。

彼はウクライナの民兵の特徴について、次の点を明らかにしている。

・19カ国から集まった民兵は、米英仏・カナダによって武装化され、資金提供を受け、訓練された。西側は、2014年から民間人に対するレイプ・拷問・虐殺などの数多くの犯罪を犯してきた彼らに武器を与え続けた。

・西側諸国によって支えられた極右民兵は、2014年からドンバスで活動し続けた。彼らは暴力的で吐き気を催させるイデオロギーを伝え、猛烈な反ユダヤ主義者だ。

アゾフ連隊などの狂信的で残忍な過激派民兵は、ユーロマイダン革命を活気づけた極右集団から創設された。ロシアだけでなく、ユダヤ人団体、西側メディア、米陸軍士官学校の反テロセンターなどもウクライナの民兵を「ナチ」や「ネオナチ」と特徴付けている。

その上で、今年2月24日にロシアが軍事介入するまでのドンバスの状況について、次のように分析している。

・2021年3月24日、ウォロディミル・ゼレンスキー大統領はクリミア奪還命令を出し、南部に軍を配備し始めた。

同時に黒海とバルト海の間でNATOの軍事演習が何度か行われ、ロシア国境沿いの偵察飛行が大幅に増加した。

その後、ロシアは軍事演習を実施した。同年10月、ウクライナはミンスク合意に違反し、ドンバスでドローン攻撃を行った。

・2022年2月11日、独仏露ウの補佐官級会合は具体的な成果が出ずに終わり、明らかに米国からの圧力の下で、ウクライナはミンスク合意の適用を拒否した。

プーチン大統領は、西側は空約束をするだけで合意を遵守させるつもりはないと言及した。ドンバスの両軍接触地帯での政府側の軍事的準備が進み、15日、ロシア議会は両共和国の独立を承認するようプーチン氏に求めたが、彼は承認を拒絶した。

・2月16日以降、OSCE監視団の日報が示す通り、ドンバスの住民に対する砲撃が激増した。当然のことながら、西側のメディアと政府、EU、NATOは何も反応せず、介入しなかった。

EUや一部の国々は、ドンバス住民の虐殺がロシアの介入を引き起こすことを知りながら、虐殺について故意に沈黙を保ったようだ。

・早ければ2月16日にバイデン大統領は、ウクライナ軍がドンバスの民間人を砲撃し始めたことを知っていた。

プーチン大統領は、ドンバスを軍事的に助けて国際問題を引き起こすか、ロシア語話者の住民が粉砕されるのを傍観するか、難しい選択を迫られた。

・プーチン氏は、介入すれば、「保護する責任」(R2P)の国際義務を呼び起こせること、介入の性質や規模にかかわらず制裁の嵐を引き起こすことを知っていた。

ロシアの介入がドンバスに限定されようが、ウクライナの地位について西側に圧力をかけるためにさらに突き進もうが、支払う代償は同じだろう。

2月21日、彼は演説でこのことを説明し、下院の要請に応じて2共和国の独立を承認し、彼らとの友好・援助条約に署名した。

・ドンバスの住民に対するウクライナ軍の砲撃は続き、2月23日、両共和国はロシアに軍事援助を求めた。24日、プーチン氏は、防衛同盟の枠組みの中での相互軍事援助を規定する国連憲章第51条を発動した。

・国民の目から見てロシアの介入を完全に違法なものとするために、西側諸国は戦争が実際には2月16日に始まったという事実を意図的に隠した。

一部のロシアと欧州の情報機関が十分認識していたように、ウクライナ軍は早ければ21年にドンバスを攻撃する準備をしていた。

「2・16開戦説」を検証

米英の情報機関で訓練を受け、スイス戦略情報局員だったジャック・ボー氏は、主に西側の公開情報や国連・OSCE(欧州安全保障協力機構)の客観的なデータを提示しながらこの戦争を緻密に分析している。

ロシアの介入が始まる前の軍事情勢も踏まえつつ、中立機関のデータなどを基に2・16開戦説を検証してみよう。

「今年2月16日からウクライナ軍がドンバスの住民を集中砲撃し始めた」とボー氏が主張する根拠となっているのは、OSCEが作成した「ウクライナ特別監視団の日報・現地報告(Daily and spot reports from the Special Monitoring Mission to Ukraine):https://www.osce.org/ukraine-smm/reports/」だ。

日報では、ドネツク・ルガンスク地域における停戦違反と砲撃の回数・場所が報告されている。

実際にデータを確認してみたが、1日平均の停戦違反・砲撃数は、昨年は257回・約70発、今年は2月14日までは200回余り・約50発だった。

2月15日は153回・76発だったが、16日になると591回・316発と急増している。

その後は17日に870回・654発、18日に1566回・1413発、19~20日は3231回・2026発だった。プーチン大統領がドンバスの2共和国の独立を承認した21日には1927回・1481発、22日は1710回・1420発だった。

また、日報の停戦違反・砲撃地が示された地図を見ると、16日からドネツク・ルガンスクにおける政府管理地域と両人民共和国の境界線上で激しい戦闘が始まったことが分かる。

17日以降の地図からは、ロシアが介入するまで、ウクライナ軍が日を追うごとに両共和国内に攻め込んで激しく砲撃している状況が読み取れる。

1日の砲撃数が300発を超えた16日からドンバスでは戦争状態になったというボー氏の主張には説得力がある。

だが、OSCEの日報だけでは、戦争を始めたのがウクライナ軍だったのか共和国側だったのかは分からない。

米国・NATOの動き、ドンバスの軍事情勢、民間人死傷者に関するデータなどから、どのようにこの戦争が始まったのか分析を試みる。

ウクライナが独仏露ウ会合でミンスク合意の適用を拒否した2月11日、バイデン大統領はNATO・EUの指導者に「プーチン氏がウクライナの侵攻を決定し、16日にも攻撃する」と伝えた。

13日、OSCEウクライナ特別監視団が「最近、特定の参加国が、自国の監視員は数日以内にウクライナから退去すべきだという決定を下した」というプレス声明を出す。

同日、ロシア外務省のザハロワ報道官は「この決定には深刻な懸念を抱かざるを得ない。監視団は米国によって故意に軍事的ヒステリー状態に引きずり込まれ、今後起こりうる挑発の道具として利用されている」と反応した。

13日にはルガンスク人民共和国の幹部も「米英・EUの監視員の撤退はウクライナと西側が大規模な挑発を始めることを意味する」と発言し、ドネツク人民共和国の幹部は「米英・デンマークの監視員が共和国を去った」と話していた。

17日、米英などに拠点がある「戦争・平和報道研究所(IWPR)」も、「情報筋によると、2月16日時点で米英・カナダ・デンマーク・アルバニアがウクライナから監視員を撤退させ、オランダは政府管理地域へ団員を移動させた」と報じている。

実際に集中砲撃が始まる16日の前に米国と一部のNATO加盟国は自国監視員をウクライナあるいは共和国側から退去させ、バイデン氏の「予言」は西側メディアでも機能し続けていた。

一方、ロシアは監視活動の継続を訴え、国連安保理でもウクライナを侵攻する計画はなく、軍事的緊張を高めているのは米国率いる西側だと非難し続けていた。

このような状況下、まだ多くのOSCE監視員がミンスク合意の遵守を監視する中、まさに予言された日から共和国側が政府管理地域との境界線上で全面戦争を始めたとは考えにくい。

2月16日にはロシアのペスコフ大統領報道官が「全世界は既にウクライナ政府がドンバスで軍事作戦を始めたことを目撃した」と発言している。

また、昨年12月1日にロイター通信は、紛争地のドンバスに12万5000人の部隊を配備したウクライナをロシアが非難したと報じていた。

今年2月21日には国連安保理でロシアのネベンジャ国連大使が、ウクライナがドンバスの境界線に12万の部隊を配備していたと指摘した。

2・24前に西側メディアの多くは、10~15万のロシア軍がウクライナとの国境周辺にいると報道し続けたが、2・16から約12万のウクライナ軍と4万~4.5万と言われる2共和国の武装勢力が激しい戦闘状態に入ったという構図は伝えなかった。

プーチン氏が両共和国の独立を承認するか不明だった16日の段階で、共和国側が米国などの最新兵器を有するウクライナ軍12万に対して全面戦争を始めるだろうか?

ロシアが軍事介入した24日時点でも、総兵力31万以上のNATO化されたウクライナ軍と計約20万のロシア軍・共和国武装勢力が戦うという軍事情勢だったとも言える。

さらに、国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)が今年1月27日に公表した「ウクライナにおける紛争関連の民間人死傷者(Conflict-related civilian casualties in Ukraine)」によると、2018年から21年までのドンバスでの激しい戦闘による民間人死傷者の81.4%は両共和国の管理地域内で発生しており、ウクライナ軍の攻撃の結果だと分かる(政府管理地域の民間人死傷者は、16.3%)。

少なくとも2018年から、事実上のNATO軍になりつつあったウクライナ軍がロシア語話者の民間人も激しく攻撃し続けていたと言える。

以上の状況から、断言はできないが、米国・NATOと一体化し、軍事力で反政府勢力を圧倒していたウクライナ政府が2月16日に戦争を始めた可能性が高いと言えるだろう。

なぜプーチン大統領は全面介入したのか

2・24にロシアがウクライナに軍事介入した理由は、ゼレンスキー政権がロシア語話者の住民を猛烈に砲撃し続けるのを傍観できなかったからだと思われる。

1日の砲撃数が1481発まで激増した2月21日にプーチン大統領は2共和国の独立を承認したが、ウクライナ政府はロシアが集団的自衛権を行使することを知りながら、22日もロシア語話者の住民を集中砲撃し、米国・西側諸国はそれを黙認していた。

プーチン氏が全面的な介入を選択した理由としては、以下の点が挙げられよう。

・マイダン革命後の8年間、米国・NATOに支えられたポロシェンコ・ゼレンスキー両政権は、ロシア系ウクライナ人のロシア語を使用する権利を奪い続け、自治の拡大と生存権を求めて闘っていたロシア語話者の自国民をテロリストと呼んで弾圧・攻撃・虐殺し続けた。

・2008年以降、米国はウクライナのNATO加盟だけは絶対に許容できないと訴えてきたロシアを無視し、14年からNATOと共に毎年約1万人のウクライナ兵を訓練し、2・24前までにウクライナ軍は最新兵器を備えた事実上のNATO軍になっていた。

・ネオナチとされる極右民兵などはロシア系ウクライナ人に対する拷問・虐殺などの犯罪を犯し続けたが、政府と裁判所だけでなくウクライナ社会全体に「ドンバスにいるロシア語話者のテロリストたち」に対する暴力を黙認するような「文化」が出現していた。

・ゼレンスキー大統領はミンスク合意で交渉当事者として認められた共和国側の代表との交渉を拒否し、両共和国の存在そのものを否定し、ロシアからクリミアを奪還すると公言し続けてきた。

西側メディアは「2014年にロシアはクリミアを一方的に併合した」と報道してきたが、18世紀から1991年までロシア・ソ連領であり続けたクリミアでは91年と94年にも住民投票が実施され、クリミアの住民の多くは一貫してウクライナから分離してロシアへ編入されることを望んでいた。

プーチン大統領は、NATOと一体化して年々強大化するウクライナ軍がドンバスのロシア語話者を全面攻撃し、ロシアにとって死活的に重要なクリミアにもいつ攻め込んでくるか分からない状況を「国家存続を脅かす事態」とみなし、「特別軍事作戦」を開始したと思われる。

そもそも、ウクライナ語話者とロシア語話者が共存する多民族国家ウクライナに米国が介入しなければ、この戦争は起こらなかった。

ロシアとも欧州とも協力し合わなければ、ウクライナが発展する道はなかった。にもかかわらず、2014年に米国は、ロシアを弱体化させて自らの絶対正義を世界に拡散させるために親欧米派を支援し、暴力的な政権転覆を成功させた。

また、「革命」後に新政府がロシア語話者を弾圧・虐殺し続けなければ、クリミア編入もドンバス紛争もロシアの軍事介入もなかっただろう。

2・24後に西側でロシアに対するヒステリー状態が生まれたのはなぜか。

西側の指導者とメディアの多くが、客観的な情報やデータを無視し、別の世界観を持つロシアに対して恐怖感を抱き、「侵略国家ロシア」という思い込みから抜け出せないからではないか。

ジャック・ボー氏や私の分析が絶対に正しいと主張するつもりはない。

ただ、日本を戦争当事国から停戦の仲介国に変えるためには、中立機関の客観的データなどを基に冷静に議論を深めることが重要ではないだろうか。

これからも一研究者として、常識や事実と宣伝される仮説について、一つひとつ丁寧に検証していきたい。

良ければ下にあります

を応援クリックよろしくお願いします。

『民主党善戦と報じられる米中間選挙、現実は下院掌握の共和党が「勝利」 下院は反バイデンに、大きく後退する民主党の政権運営』(11/23JBプレス 古森義久)について

11/23 The Gateway Pundit<Emerson Poll Released – President Trump Is Crushing Competition – Demographics Say It All>

下のグラフではトランプはデサンテスの倍以上の支持。

A new Emerson poll was released on Tuesday (yesterday) showing President Trump way in the lead over other GOP Presidential hopefuls.  It also shows some very telling information on the Trump voters

https://www.thegatewaypundit.com/2022/11/emerson-poll-released-president-trump-crushing-competition-demographics-say/

11/23 The Gateway Pundit<Klaus Schwab says Communist China is a “Role Model for Many Countries” in Creating the “New World of Tomorrow” (VIDEO)>

グローバリストはコミュニストと世界統一政府を目指すので、親和性があるとずっと言ってきたことを証明するもの。人権弾圧、ジェノサイドをする国が世界のロールモデルですって!!

“I respect China’s achievements which are tremendous over the last over 40 years. I think it’s a role model for many countries. But I think also we should leave it to each country to make its own decision about what system it wants to adopt. And I think we should be very careful in imposing systems. But the Chinese model is certainly a very attractive model for quite a number of countries,” Schwab said.

“I look very much forward to have a strong Chinese voice in Davos to explain even better to the world what it means to see the Party Congress which lay down the principles of the policy, what it really means for global collaboration and for global development,” he continued.

https://twitter.com/i/status/1595123005969268738

https://www.thegatewaypundit.com/2022/11/klaus-schwab-says-communist-china-role-model-many-countries-creating-new-world-tomorrow-video/

11/23 The Gateway Pundit<Elon Musk Publishes Poll on Twitter to “Offer General Amnesty to Suspended Accounts” After TGP’s Letter>

左翼に言論封殺された保守派が息を吹き返せば良い。

If you are still a survivor on this platform, make sure you vote and share it out!  The poll is set to expire tomorrow at 12pm.

While it is shameful that “free speech” has come down to polls that seemingly decide the fate of a particular user or users, it’s still the best shot at exposing the narrative control that has for so long skewed against conservatives in the mainstream.  Musk said as much in a recent tweet, as reported by The Gateway Pundit.

https://www.thegatewaypundit.com/2022/11/elon-musk-publishes-poll-twitter-offer-general-amnesty-suspended-accounts-tgps-letter/

11/23 The Gateway Pundit<BREAKING: Kari Lake Files First Complaint Against Maricopa County, Says She Has Whistleblowers And Smoking Gun Evidence Of Uncertified Printers And Dominion Employees With “Unfettered Access” (VIDEO)>

被告に問題があれば、厳罰に処すべき。

Today, Kari Lake filed the following application for an order to show cause and special action complaint against County Recorder Stephen Richer, the Maricopa County Supervisors, and Election Directors Scott Jarrett and Rey Valenzuela.

Lake appeared on Bannon’s War Room this morning to give this major update. She then indicated that they will drop a major lawsuit if this corrupt election is certified.

https://www.thegatewaypundit.com/2022/11/breaking-kari-lake-files-first-complaint-maricopa-county-says-whistleblowers-smoking-gun-evidence-uncertified-printers-dominion-employees-unfettered-access-video/

ラスムセンの調査では、好意的に見る人はトランプ:デサンテス=76:78、好意的に見ない人はトランプ:デサンテス=23:14でデサンテスがリード。マコーネルの不人気ぶりは激しい。

11/24希望之声<迫在眉睫的危机?河南正爆「十分罕见」抗议活动 专家忧「数位暴政」即将到来=危機迫る? 「非常にまれな」抗議行動が河南省で爆発、専門家は「デジタル専制政治」の到来を懸念>ここ数日、中国での疫病流行状況は再び上昇しており、Win.d のデータによると、1 日あたりの新規感染者数は 30,000 人近くに達している。専門家は、このウイルス感染の波が今後数週間で上海でのピークを超えると予想しており、差し迫った危機である。中共のゼロコロナ政策はより多くの抵抗を引き起こし、外国メディアはフォックスコンの工場で起きた抗議行動を「非常にまれ」と呼び、中国の若者は中共政権をあえて公然と批判するようになった。

ある学者は、中共20大の後、中共はダイナミック・ゼロコロナの堅持を続けるだけでなく、「健康/医療」の名の下に、全人民のための大規模な医療データベースの確立にさらに踏み込んだと指摘した。中国で「パノプティコン」のデジタル専制政治を実施することを意図している。

中共は「取り返しのつかない一歩を踏み出した」可能性がある・・・疫病流行で上海並みの都市封鎖を全国的にしないといけない。

迫り来る危機・・・北京にも疫病蔓延が。

中国の多くの企業は封鎖解除まで耐えられない

鄭州のフォックスコンでの「非常にまれな」抗議

中国の若者は、あえて中共政権をより公然と批判し始めている

中国の第 3 の危機: デジタル専制政治

https://www.soundofhope.org/post/673926

11/23阿波羅新聞網<富士康再爆抗暴 武警发射催泪弹工人用灭火筒反击 场面火爆—富士康再爆骚乱 武警发射催泪弹工人用灭火筒反击=Foxconn で再び暴動、武装警察が催涙弾を発射し、労働者が消火器を使って反撃>最近、中国の生放送プラットフォーム「快手」にビデオが登場し、Foxconn の従業員と防護服を着た警察とが対峙し、鄭州政府は鎮圧のために多数の武装警察を派遣し、催涙弾を発射し、さらには従業員を殴打した。従業員は消火器で反撃し、ある人は石を投げ、門に火が放たれ、爆発シーンとなった。

https://www.aboluowang.com/2022/1123/1833473.html

11/23阿波羅新聞網<河南安阳大火38死 习近平震怒 楼阳生危矣?=河南省安陽火災で38人が死亡、習近平は激怒、楼陽生は危機?>数日前、河南省安陽市で大規模な火災が発生し、38 人が死亡して、同日、習近平国家主席は「厳重」な指示を出した。ある分析では、近年、河南省は自然災害と人災にずっと見舞われ続けていると考えている。河南省党委員会の書記である楼陽生は、責任逃れは難しい。この火事が楼陽生の将来のキャリアに影響を与えるかどうかが注目されている。

楼陽生は「習家軍」の一人で中央委員会委員。

https://www.aboluowang.com/2022/1123/1833363.html

11/243阿波羅新聞網<5万新兵“非死即伤” 惊传普京将再征70万俄兵=50,000 人の新兵が「死亡または負傷」 プーチン大統領がさらに 700,000 人のロシア兵を徴兵するという噂>ロシアのプーチン大統領は、つい最近、徴兵の停止を発表した。しかし、ウクライナの情報機関は、ロシアが募集した50,000人の新兵が死亡または負傷したことを示した。現在、来年、徴兵の第2波を開始することが計画されており、その数は700,000人に達する可能性がある。これらの徴兵された新兵は訓練が終わる前に戦場に送られ、装備が著しく不足しているため、ロシア兵の家族は心配している。

https://www.aboluowang.com/2022/1124/1833555.html

何清漣 @HeQinglian  8h

マクロンは、多極化には同調せず、世界のリーダーは 1 人であるべきだと述べた後、フランス語圏の世界フォーラムを主催した。

引用ツイート

綾波 @dinglili7  19h

11 /21、ドイツのショルツ首相は、経済フォーラムでアジア訪問での収穫を共有した。彼は、世界はますます多極化しており、根本的な構造改革が進行中であり、欧州と北米の国々が世界で最高の経済を享受できた良い時代、つまり安定した成長、低インフレ、高い雇用率は永遠に失われたと述べた。

プロモツイート

何清漣 @HeQinglian  9h

ソロスは、共和党に対するラテン系の支持を打破するため、スペイン語のラジオ局を購入するのに6000万ドルを費やした。これは、2022 年のフロリダ州の選挙情勢を分析した後の方向性のある投資である。

引用ツイート

フォックスニュース @FoxNews Nov 23

正式

ソロスの買収:FCC はリベラル・グループがスペイン語の保守派のトーク・ラジオ局を買収する道を切り開く https://fxn.ws/3ES1as8

何清漣 @HeQinglian  7h

【中国国営テレビのインタビューで、クラウス・シュワブは中国を「多くの国にとってのロールモデル」と呼び、「世界はシステムの変化が起きるだろう」と宣言した】

——念のために言っておくが、これはシュワブが変化を起こすのではない。2020年6月初旬のグレートリセットの宣言では、彼らは明確に宣言した:経済と資源に対する政府の管理を強化し、ワクチン証明を通じて社会の管理を強化するために、北京はグレートリセットで重要な役割を果たすと。

引用ツイート

Disclose.tv @disclosetv 9h

NEW – クラウス・シュワブは、中国の国営テレビで、中国は「多くの国のロールモデル」であり、「世界のシステム的な変革」を宣言していると述べた。

何清蓮 @HeQinglian 14m

シュワブはCGTN の田薇とのインタビューで、中国モデルを称賛し、多くの国で模倣する価値があると述べたが、中国語に翻訳されて広く放送されるのか?もちろん、それを見た広く世に知られている中国左派がどう思うかはわからない?

バイデンの米国を承認拒絶し続けるのがグレートリセットの主な手がかりであり、シュワブの同盟国であるので、彼らはファンタジーの世界に喜んで住んでいるとしか言えない。

引用ツイート

文婕文婕放送 @wenjiebc  5h

WEF の シュワブは、「中国モデル」を多くの国のモデルとして称賛したばかりであり、中国は国家社会信用法の草案を発表し、金融信用と社会信用の観点から 14 億のニラ(=カモネギ)をしっかりと管理する。

中国中央銀行は 11 億人以上 (多いか?) の財務データを確立しており、これはまさに現代の奴隷制のモデルである。 https://expose-news.com/2022/11/23/china-has-released-draft-national-social-credit-law/

何清漣がリツイート

北米保守評論 🇺🇸🇨🇦 @NAConservative9  6h

《マット・ゲーツ下院議員::「共和党支配の初日に、J6 委員会を引き継ぎ、愛国者を赦免する必要がある》

https://nacr.info/WordPress/index.php/2022/11/23/matt-gaetz-on-first-day-of-republican-control-we-should-take-over-j6-committee-exonerate-our-patriots/

そうしてこそ、あの日に起きたすべての真実が復元でき、1/6の不正選挙結果の棄却を求める抗議集会が平和的な集会だったのか反乱だったのかを証明し、こうすることで、トランプ大統領とMAGA共和党員へのバイデン政権の迫害を完全に打ち破ることができる。

何清漣 @HeQinglian  54m

資料を調べていたら、ショルツがプーチンの宿題を剽窃したことがわかった😅:

2022 年 9 月 15 日、上海協力機構のサミットでプーチンは、「国際関係において不可逆的かつ構造的な変化さえも起こっている。世界でダイナミック且つ有望な国と地域は主にアジア太平洋地域に集中しており、その役割も大幅に強化されている」と指摘した。E5%A7%BF%E6%80%81%E6%99%AE%E4%BA%AC%E8%87%AA%E4%B9%8C%E5%85%8B%E5%85%B0%E6 % 88%98%E4%BA%89%E4%BB%A5%E6%9D%A5%E9%A6%96%E6%AC%A1%E4%BC%9A%E8%A7%81%E4%B8% AD%E6%96%B9%E9%A2%86

引用ツイート

綾波 @dinglili7 20h

11 /21、ドイツのショルツ首相は、経済フォーラムでアジア訪問での収穫を共有した。彼は、世界はますます多極化しており、根本的な構造改革が進行中であり、欧州と北米の国々が世界で最高の経済を享受できた良い時代、つまり安定・・・

古森氏の記事で、「赤い波が起こらなかった」のは世論調査の誤りとありますが、もっと大きいのは民主党の不正選挙のせいでしょう。現実にアリゾナではカリ・レイク州知事候補が訴訟を提起している。民主党は2024年大統領選挙をにらんで、スイング州で不正をして、自分の党員を当選させた疑いがある。

メデイアの言う共和党の負けとかトランプの負けとかいうのは当たらない。本記事にありますように、バイデンの不正や疫病の起源の問題にもメスが入って、流石に左翼主流メデイアも報道せざるをえなくなるのでは。ツイッターの自由な言論も保証されているし、大きく広まっていくと思います。

記事

米下院議長に選出された共和党のケビン・マッカーシー議員(2022年11月15日、写真:ロイター/アフロ)

(古森 義久:産経新聞ワシントン駐在客員特派員、麗澤大学特別教授)

今回の米国の中間選挙は日本でも異例なほど高い関心を集めた。その選挙の結果はどうだったのか。

最大のポイントは、共和党の下院での多数派制覇である。その結果、民主党のバイデン政権はこれまでの議会上下両院での円滑な支持を失った。しかもバイデン大統領は、次男のハンター氏にかかる不正疑惑に関して、共和党主導の下院で正面から追及を受けることともなりそうだ。

これまで私が米国で取材し、報道してきた十数回の中間選挙で、今回ほど日本側の関心が高くなったことはない。

その背景には、日本が国家安全保障上、米国に頼らねばならない状況がますます強くなっているという現実がある。中国の尖閣諸島への軍事攻勢、北朝鮮による頻繁なミサイル発射、日本への恫喝など、今の日本はまさに国難である。その苦境においては日米同盟での米国の軍事力の抑止が大きな支えとなる。その米国が有事にも公約どおり日本を防衛するかどうか。米国内の政治動向の変遷によるところが大である。だからこそ米国の今回の中間選挙に向ける日本側の視線も、異例なほど熱くなったのだろう。

ナンシー・ペロシ下院議長を解任

「今夜、ついに公式となった。私はいま民主党の一党支配の時代が終わったことを誇りをもって宣言する」

米国連邦議会下院の共和党院内総務ケビン・マッカ―シー議員が高らかに述べた。中間選挙の投開票日から10日後、11月17日のワシントンでの記者会見だった(得票数の集計に時間がかかったのは膨大な数の郵便投票のためである)。最も注視された下院選挙の開票で、野党の共和党がそれまでの多数派の与党の民主党を破り、過半数の218議席を獲得したことが決まった直後だった。下院のこれまでの議席構成は民主党222、共和党213だった。与党の民主党が多数を占め下院全体の運営を主導してきたが、民主党はその多数派の座を失った。

「私たちは下院議長のナンシー・ペロシ氏を解任した」

マッカーシー議員は、下院の次期議長就任を確実視される共和党代表として、民主党側の指導者ペロシ議長への勝利を宣言した。

マッカーシー議員は政治的には堅固な保守派で、ドナルド・トランプ氏を2016年の同氏の大統領選初出馬から熱心に支持してきた。2020年の大統領選挙後もトランプ氏の「不正選挙である」との主張に同調し、FBI(連邦捜査局)によるトランプ氏の別邸への家宅捜索にも「不当捜査」として反対してきた。

そんなトランプ支持の議員が、下院での共和党の勝利を宣言し、反トランプを叫んできたペロシ下院議長を敗者と断じたのだ。この現実は日本の主要メディアが描く「民主党の善戦」「トランプ氏の敗北」という構図とは異なっていた。

バイデン政権の国政運営は大きく後退

ここで強調しておかねばならないのは、アメリカの連邦議会では上院でも下院でも過半数を1議席でも越えて多数派の地位を得た政党の側が議事運営のほぼ全権を手中に握ることである。

2023年1月3日からの第118会期の新議会の下院では、議長がまず共和党となる。そして下院に存在する外交、軍事など広範囲の議案や決議案を審議する合計20の委員会、インテリジェンスや気候変動などと取り組む合計5つの特別委員会の委員長も、すべて共和党議員が占める。要するに下院全体の運営の主導権が多数派の共和党の手に入るのだ。下院全体としてどんな課題を審議するかも、共和党が決定できるようになる。さらに、連邦議会の聴聞会などにどんな人物に召喚状を出して喚問するかを決められるのも共和党となる。

上院はなお民主党が主導権を握るから、下院共和党の権限は絶対ではない。だが、下院が共和党主導となる変化はバイデン政権にとって大きい。バイデン大統領は就任以来の1年10カ月ほど、与党の民主党が多数を占める議会上下両院からの支援を受けてきた。しかし2023年1月から、その両院の1つは正面からバイデン政権に対峙し、政策にも断固たる反対を表明してくるのだ。バイデン大統領にとっては国政運営での大幅な後退だといえる。

上院は今回の中間選挙では現状保持だった。これまで合計100議席は民主、共和それぞれが50ずつの議席だった。上院議長は副大統領が兼ねるから、民主党が議長の1議席分だけ上回り51対50となっていた。今回の中間選挙では上院全体の約3分の1が改選され、その結果は民主党が50、共和党が49と、民主が僅差の多数である状態は変わらなかった。

100番目となる議席は、いずれの候補も得票が50%に達しなかったジョージア州で州法の規定により実施される再選挙にかかっている。民主党ラファエル・ウォーノック候補と共和党ハーシェル・ウォーカー候補が12月6日の決戦投票に臨むのだ。ウォーノック候補が勝てば、民主党は明確に上院での多数派の立場を保つことになる。逆にウォーカー候補が勝てば、50対50の元の状態へ戻るというわけだ。

選挙結果の事実は「共和党の勝利」

今回の中間選挙の意味を突き詰めると、具体的な変化をもたらす最大の結果は下院での多数派の交替だったといえる。下院の運営の主導役が与党の民主党から野党の共和党へと替わったことである。つまり、中間選挙の事実としての結果は、民主党の敗北、共和党の勝利と評するのが正確である。

だがアメリカの民主党寄りメディアや日本の主要メディアの多く、さらには日本のアメリカ通とされる人たちは「バイデン大統領も民主党も予想以上に善戦した」「共和党の党カラーの赤い波は全土に広がらなかった」と総括し、バイデン大統領が今後、議会下院からの挑戦を正面から受けることになる大きな変化には言及が少ない。

そうした総括の大前提は、すべて「予想」である。事前の世論調査による予想が共和党側の大勝を示していたから、その予想を下回るのは敗北に等しいという奇妙な理屈が先行しているのだ。繰り返しになるが、上院ではほぼ現状が保たれ、下院では共和党が逆転勝利を収めたのである。

ちなみに一連の世論調査の不正確さは、2016年の大統領選でも2020年の大統領選でも顕著だった。当時は「この選挙での最大の敗者は世論調査だった」とも評された。そして今回も、世論調査を基にした予想は間違っていた。

バイデン政権への攻撃開始を宣言

下院で共和党側はこの勝利を踏まえて新たな民主党攻撃の構えを固め始めた。マッカーシー議員はじめ共和党の有力議員たちがすでにバイデン政権への批判、攻撃を開始すると宣言している。

マッカーシー議員ら下院共和党議員の有志は中間選挙に備えて公約を発表していた。「アメリカへの誓約」と題したこの公約は、共和党が下院で多数派となった際には、連邦議会の第1日目から経済を強化し安全で自由な社会を復活・発展させることに努めるとも誓っていた。

またマッカーシー議員は投票日の2日前のテレビインタビューで、共和党が多数派となった場合の新政策や新戦略をより具体的に語っていた。具体的には、インフレ対策、犯罪防止策、国境治安強化策などを挙げて、とくに今のアメリカがバイデン政権による「大きな政府」政策の結果、異様に高いインフレに悩まされているとして、政府支出の削減を訴えた。

さらにマッカーシー議員は、共和党主導の下院において、証人喚問や宣誓証言という手段で民主党陣営の不正疑惑を追及する方針も強調した。

同時に、トランプ前大統領支持者たちの議事堂乱入事件に関してトランプ氏の責任を追及するために、下院に民主党陣営が設置した特別調査委員会を、新議会では閉鎖するという意向も表明した。

こうした対応は、民主、共和両党の対立の激しさの反映だといえる。同時に、どの政党が多数派を占めるかによって議会全体の運営がいかに異なるかの例証でもあろう。

バイデン大統領に対する弾劾提訴も視野に

下院の監察・政府改革委員会や司法委員会の有力メンバーである共和党のジム・ジョーダン議員、ジェームズ・カマ―議員らは、マッカーシー議員とともに臨んだワシントンの記者会見で バイデン大統領の次男のハンター氏をめぐる不正疑惑を議会として追及する方針を明示した。

ハンター氏は父のバイデン氏が副大統領だったオバマ政権時代に中国やウクライナの腐敗企業と接触し、不透明なコンサルタント契約を結んで巨額の報酬を得た。この行動が父親の影響力の不正利用など刑法違反となる疑惑が深まり、実際に刑事事件の捜査対象となっていた。

ジョーダン議員らは、このハンター事件にはバイデン氏が絡む疑いもあるとして下院の関連委員会で徹底調査して、バイデン大統領に対する弾劾提訴も視野に入れて進むことも強調した。

さらにジョーダン、カマ―両議員は、バイデン政権の責任を追及する調査として、アフガニスタンからの米軍撤退の際の混乱、中南米からの大量な不法入国者による国境警備の空洞化、新型コロナウイルスの大感染での中国の責任追及、さらにはトランプ前大統領に対するバイデン政権の司法当局利用の妥当性なども取り上げることを言明した。

これまでトランプ氏や共和党への攻撃の舞台となってきた連邦議会の下院が、一転してバイデン大統領や民主党側に攻撃の矢を放つ舞台になる。今回の中間選挙はこんな結果をもたらしたのである。

良ければ下にあります

を応援クリックよろしくお願いします。

『成績だけならハーバード大の過半数はアジア系、米国で見直される人種優遇策 境界が曖昧になる人種という概念、貧しい白人もいれば裕福な黒人もいる』(11/21JBプレス 山中 俊之)について

11/22The Gateway Pundit<“We May Never Know” If China Has Blackmail Material on Joe Biden – Gordon Chang>

ゴードン・チャンはハンターの金を追跡すれば証拠として残ると。

Speaking to Steve Malzberg on his TNT Radio show, Chang weighed in on a claim by former Hunter Biden business partner Tony Bobulinski that, “Our national security was compromised by the Biden family. The Biden family was doing business with the Chinese Communist Party.”

Chang explained:

“When we talk about money, money always leaves a trail, so eventually competent investigators will be able to get to the bottom of that. The more important issue is one which we may never know about. We know that Hunter Biden is a troubled individual, that’s by his own admission. We know he was on Chinese soil. If he did something compromising there, the Ministry of State Security will have evidence of it and they can use that to blackmail Joe Biden. And that we may never know, because that’s the type of thing that is either in Biden’s mind…where he’s trying to soft-pedal things, (going easy on China) because he knows what could come out if they disclosed it, or the Chinese have actually said it to him in a private conversation. So these are things that I have no confidence that we will find the answer to. But on the money, money leaves evidence, we’ll find that.”

https://www.thegatewaypundit.com/2022/11/may-never-know-china-blackmail-material-joe-biden-gordan-chang/

11/22The Gateway Pundit<Expected New House Oversight Chair Says Mar-A-Lago Case Won’t Be Priority>

左翼のWPですらマールアラーゴでの文書保管について、トランプに悪意はないと。

Rep. James Comer, R-Ky., who is on track to become chairman of the House Oversight and Reform Committee next year, said the committee would not prioritize its efforts into the classified documents seized by the FBI at former President Trump’s Mar-a-Lago estate.

“That will not be a priority,” Comer told CNN in an interview, adding that the committee is “just waiting to see what comes out of that.”

The House Oversight and Reform Committee chaired by outgoing Rep. Carolyn Maloney, D-N.Y., has been investigating Trump’s mishandling of presidential records for several months. The probe is separate from the Department of Justice’s investigation, which had the nation’s attention in August after the FBI raided Mar-a-Lago.

The Washington Post is now reporting (after the midterms) that the DOJ believes Trump took his White House records to Mar-a-Lago as ‘mementos.’

WaPo is reporting that Trump never intended to sell or use the documents as leverage.

“A review by agents and prosecutors found no discernible business interest in the Mar-a-Lago documents, people familiar with the matter said,” The Post explains. “Federal agents and prosecutors have come to believe former president Donald Trump’s motive for allegedly taking and keeping classified documents was largely his ego and a desire to hold on to the materials as trophies or mementos, according to people familiar with the matter.”

“FBI interviews with witnesses so far,” The Post adds, citing their sources, “also do not point to any nefarious effort by Trump to leverage, sell, or use the government secrets. Instead, the former president seemed motivated by a more basic desire not to give up what he believed was his property, these people said.”

https://www.thegatewaypundit.com/2022/11/expected-new-house-oversight-chair-says-mar-lago-case-wont-priority/

ラスムセンによればナンシー・ペロシに対し好印象:悪印象=40:54、下院民主党リーダーを下りたのは良かったという人は民主党支持者でも59%いる。昨日の本ブログで、高濱賛氏はペロシを持ち上げていたが。

11/23阿波羅新聞網<邮寄选票数比登记选民多420万 宾州公民要求重新计票=登録有権者よりも 420 万票多い郵便投票、ペンシルベニア州市民は再集計を要求>ペンシルベニア州では、一部の郡の市民が再集計を求めている。

選挙の夜に投票が締め切られてからわずか 37 分後に、ペンシルバニア州政府の選挙ウェブサイトが、州知事選の登録有権者よりも 420 万票多い郵送投票があったと報道したのを解明したいと思う人もいた。

一部の人たちは、投票に関する問題に基づいて再集計を求め、投票が集計されたかどうかの確認を求めた。

今こそ、再集計の請求を出する時である。郡の選挙管理委員会が投票用紙を集計すると (選挙認証の前に必要)、市民が再集計の請願を提出するため、 5 日間窓口が開く。

再集計を申請する条件として、1つの選挙区に居住する少なくとも 3 人の有権者が 50 ドルの申請手数料を 1 回払い、その選挙区の再集計を要求し、普通訴訟として郡裁判所に提出する。

州法では、有権者が再集計の費用を負担する。しかし、再集計によって重大な誤りや詐欺が見つかった場合、要求した有権者は補償される。

州全体の選挙当局によると、ペンシルベニア州では、再集計を求める請願が少なくとも 47 件ある。

こういうインチキをした人間は捜査の上、逮捕して厳罰に処すべき。

https://www.aboluowang.com/2022/1123/1833112.html

11/23阿波羅新聞網<日本首次向美澳军舰同时提供“武器等防护”= 日本は初めて、米豪の軍艦に同時に「武器・防護具」を提供>防衛省は11/21、海上自衛隊のフリゲート艦「せとぎり」が19日から20日にかけて米海軍、豪海軍との三者合同訓練を実施した際、米豪の要求に基づき安保関係法令の「武器・防護具」.供与を実施したと発表した。対象は米海軍の空母「レーガン」、巡洋艦、駆逐艦の計3隻、豪海軍の補給艦である。

台湾にも供与すべき。

https://www.aboluowang.com/2022/1123/1833171.html

11/23阿波羅新聞網<签署效忠中共誓约 台陆军上校被以“受贿罪”起诉—台湾陆军上校向德恩被以“受贿罪”起诉 曾签署效忠中共誓约=中共への忠誠の誓約書に署名、台湾軍大佐が「収賄罪」で起訴 — 台湾の向德恩陸軍大佐が「収賄罪」で起訴、中共への忠誠誓約書に署名>高雄地検の起訴状によると、現在、向德恩は陸軍歩兵訓練司令部作戦研究開発室大佐で主任研究教官であり、1998 年に陸軍大佐で第 564 機甲旅団副旅団長のときに、退役将校の邵維強に買収され、総額 56 万台湾ドルの賄賂を受け取り、中共に忠誠を誓う誓約書に署名し、軍服姿で撮影した疑いとのこと。

日本にも内通している自衛官がいるのでは?

https://www.aboluowang.com/2022/1123/1833134.html

11/23阿波羅新聞網<吓阻习近平 美智库报告开列详尽“清单”=習近平を抑止、米シンクタンクの報告書が詳細な「リスト」を掲載>CSIS中国研究部門のディレクターであるジュード・ブランシェットと古参研究員のジェラルド・ディピッポが共著したこの報告書は、武力統一以前、武力統一時代、武力統一以降の段階に分かれている。中国政府は動き出す前に外国政府や投資家に警告を発するかもしれないが、恐らく明確なシグナルは送らないだろうと指摘した。ワシントンは中国に警告を発すると同時に、同盟国を集めて北京を抑止することを望んでいる。オーストラリア、日本、英国など、米国の一部の同盟国やパートナーは中国に警告を発し、他の一部の国は対応が遅く、一部の国は北京がブラフをかけていると考え、一部の国はためらって決めず. ある人達は紛争になった際に、どちらかの側に約束することを避けようとする。

報告書によると、中国が台湾への侵略を開始すれば、それは災難を招くと考えている。習近平の賭けは危険に満ちており、勝利には大きな代償がつきものである。台湾とその周辺地域での紛争は、北京の経済、外交、名声に直接的・間接的に影響を与える。たとえ北京が望むように台湾を手に入れ、より多くの地域の軍事的利益が得られたとしても、中国の経済・外交の地位は大幅に低下する可能性があり、総合的な超大国になることはできないだろう。一言でいえば、台湾の武力統一は、中国にとって「得たもので損失を償えない」。

まあ、キチガイだから損得勘定は考えないのかも。でも今のプーチンみたいにトップの座は危うくなるのでは。

https://www.aboluowang.com/2022/1123/1833083.html

11/22阿波羅新聞網<习有解决台湾问题“慎重的”时间表=習主席は台湾問題の解決に向けて「慎重な」タイムテーブルを持つ>米国ワシントンのシンクタンクであるハドソン研究所は、G20首脳会議で、米国のジョー・バイデン大統領と中国の習近平国家主席が国家指導者として初めて顔を合わせた後、中国と台湾の関係、南シナ海や東アジアで起こりうる影響や情勢の変化について分析し、「習近平の発言には注意を払うべきだ」と率直に述べた。インド太平洋の安全保障の最大且つ重要な変数として「習近平」を直接名指ししたのは、「習近平は台湾問題の解決に『非常に慎重なタイムテーブル』を持っている」と言っているのに等しい。

慎重であってほしい。

https://www.aboluowang.com/2022/1122/1832978.html

11/22阿波羅新聞網<美制抗雷装甲车MaxxPro果然强悍 乌克兰士兵幸存…=米国製耐地雷装甲車MaxxProは本当に強力、ウクライナ兵は生き残った…>ロシアとウクライナの戦争は、さまざまな新しい武器や装備の実験場である。米国がウクライナに提供した MaxxPro 装甲車両は、地雷の試練に耐えた。車両は深刻な損傷を受けたが、車両に乗っていたウクライナの兵士は奇跡的に生還した。けがをしたが、まだ歩いて車から降りられた。

素晴らしい。

https://www.aboluowang.com/2022/1122/1833000.html

何清漣がリツイート

北米保守評論 🇺🇸🇨🇦 @NAConservative9  4h

「『あなたは完全な嘘つきだ』:CME(シカゴ商品取引所) の CEO であるテリー・ダフィーは、初めてバンクマン・フライドに会ったことを思い出す」

https://nacr.info/WordPress/index.php/2022/11/22/cme-ceo-terry-duffy-recalls-first-meeting-sam-bankman-fried/

FTX の CEO バンクマン・フリードのような嘘つきが豊かな生活を送り、「フォーブス・マガジン」の表紙を飾ることさえできる重要な要因の 1 つは、彼を支持する政治的ボスがいるということで、これらの政治的ボスはすべて、彼の巨額の政治献金の受益者である。 .

何清漣がリツイート

北米保守評論 🇺🇸🇨🇦 @NAConservative9  9h

「中間選挙後、共和党はどんな教訓を汲み取ったか?」

https://nacr.info/WordPress/index.php/2022/11/22/has-the-gop-learned-anything-after-the-midterms/

要するに、選挙プロセスが修復されてなくとも、公正で誠実な「選挙」が米国にもたらされ、支配階級の「選択」でなければ、どんな候補者や情報、トランプまたはデサンティスが大統領候補として議論するのは重要でなくなる。 .

山中氏の記事で、人種による大学入学枠があるのは人種差別に相当するのでは。アファーマテイブ・アクションで黒人優遇の一種のクオータ制では。それでは優秀な人材を落とすことになる。人種とか関係なく選抜すべき。そういう意味では東大に女性教授や准教授300人を27年度までに入れるというのも反対。割当ではなく目標数字として、実力があれば登用すべき。問題は教授等登用の仕組みにあるのでは。

記事

大統領選への出馬を表明したトランプ氏(写真:AP/アフロ)

(山中 俊之:著述家/芸術文化観光専門職大学教授)

 トランプ劇場の第二幕が始まってしまった。

 11月15日、トランプ氏はフロリダの豪華な邸宅「マー・ア・ラゴ」で、星条旗で飾られた壁を背景に2024年の大統領選挙への出馬を表明した。

 米国の中間選挙では、下院では共和党が過半数を奪還したが、上院では民主党が多数派を維持した。

 特に、インフレが進行して人々の生活が脅かされている中での選挙であることを考えれば、バイデン政権は国民の支持をなんとかつなぎとめたと言えるのではないだろうか。

 にもかかわらず、トランプ氏は大統領選挙に出馬表明した。

 共和党内からは、中間選挙におけるトランプ氏の責任論が聞こえている。今後、フロリダ州のデサンティス知事など共和党の他の可能性のある候補者の動向に目が離せない状況だ。

 向かい風を受けながらも強いリーダーを演出するトランプ氏。機密文書の持ち出し疑惑等がある同氏にとって、司法からの捜査から目をそらさせるためにも、大統領選挙への出馬表明をせざるをえなかったという方が正確かもしれない。

 いずれにしてもトランプ劇場の第二幕の緞帳が上がってしまった。

 トランプ氏は、民主党への政治的な攻撃だけでなく、人種差別を助長しかねない発言を何度も繰り返してきた。

 例えば、メキシコから国境を越える人々に対して、「犯罪者、レイピスト」と発言している。

 また、ハイチやエルサルバドル、アフリカの国々を「肥だめ」や「屋外の便所」といった「不潔な場所」を意味する「shithole」と呼び、米国はノルウェーのような国からの移民をもっと受け入れるべきだと発言した。

 大統領就任前の経営者としては、黒人従業員を差別してきたとも言われる。

 現在は、ソーシャルメディアで人種差別的発言をしただけで解雇されうる時代だ。にもかかわらず、大統領がこのような発言をしてきているのだ。

 国家元首にして人種差別的発言の百貨店と呼ぶにふさわしい。

優秀すぎるアジア系にどう対処するかが新たな問題

 もっとも、トランプ氏の発言を基に、米国は白人vs有色人種によって分断されていると理解することは早計である。人種問題は、学力や経済格差と必ずしもリンクせず、複雑性を増しているからだ。

 有色人種といっても、黒人、中南米出身のラティーノ、アジア系と多岐にわたる。アジア系は優秀と言われ、学業などでは白人の成績を上回ることが多い。

 優秀なのに、多様性確保の観点から、黒人やラティーノに大学入学の優先枠が与えられるために、トップ校への入学が制限されることにかねてから不満が強かった。

 Students for Fair Admissionsという団体の調査では、もし学業のみで合格を決めるのであれば、ハーバード大学の入学者の51%がアジア系になるが、実際には24%しかアジア系が入学していない(『Economist』2022年11月5日号)。

 その理由は、黒人やラティーノへの優遇策であるという。実際にアジア系学生の抗議デモは断続的に起きている。

 単に学業だけを考慮すれば、ハーバード大学の過半数の入学者がアジア系になるというのは驚きである。人口が少ないアジア系が米国の最高峰の大学で、白人をはるかに超える入学者を出すということになるのであるから、「そこまで優秀なアジア系が生まれているのだ」ということになる。

ハーバード大を卒業して歓喜する学生。人種による優遇策には批判もある(写真:ロイター/アフロ)

 米国のビジネスや政治の世界では、そこまでのアジア系の活躍は見られない。しかし、学業においては、受験勉強に熱心である中国や韓国のアジア系の半ば独壇場なのだ。

 10月31日に、連邦最高裁で人種を考慮した優遇策について5時間にわたり審理された。来春にはこれまで連邦最高裁が容認してきた特定人種優遇策が見直される可能性が高まっている。

液状化し始めた人種という概念

 私は、この方向性は、複雑化した人種問題への対応として、一定程度の妥当性があるのではないかと考える。

 第一に、人種という概念やその境界が曖昧になっているからだ。

 これは、通婚を通じた中間的な混血の人が多数存在する。また、ラティーノの中には血統的にも、生活習慣的にも、ヨーロッパ系の白人の人もいる。

 黒人のように見えても、白人の血が混じっている人も多い。そもそも初の黒人大統領として歴史に名を刻んだオバマ元大統領の母親は白人だ。

 第二に、黒人でも裕福な人がいる一方で、貧しい白人も多数存在するためだ。

 会社をいくつも所有する富裕なナイジェリア人の子弟が、貧しい白人のタクシー運転手の子弟よりも優遇を受けることが公平とは言えないだろう。

 確かに、平均すれば、黒人の方が所得は低く、その点に配慮は必要であろう。黒人をターゲットにした奨学金などは今後とも必要だと思う。しかし同時に、人種の違いと所得階層がねじれる場合に対する配慮も必要だ。

 第三に、まさに今回の連邦最高裁の審理に関連する理由だが、優秀な有色人種をかえって排除することがあるからだ。

 アジア系学生の多くは、移民2世かせいぜい3世である。有色人種として不利な立場にありながらも、刻苦勉励して社会的地位を上げていこうとしている人々だ。これらの人々の努力を否定することになる。

 人種問題といっても、単に白人vs有色人種ではなく、液状化していることを踏まえるべきなのだ。

多様性確保を人材戦略の一丁目一番地に

 これら米国の動きを、日本企業は、いかに参考にしていくべきであろうか。

 社員の多様性の確保を、人材戦略の一丁目一番地として今後とも推進していくことで世界から優秀な人材を集めるべきだと思う。

 日本ではそもそも人種の多様性を確保するという発想自体が脆弱だ。しかし、多様な専門分野の外国人が参画しないと創造性が生まれず、イノベーションが起きにくい。

 日本企業の場合、LGBTQについての取り組みが遅れていることが多い。同性婚を社内的に配偶者として認めるなどの取り組みを進めないと世界から優秀な人材を集めることはできないと肝に銘じるべきである。

 社会の分断で揺れる米国は、多様性確保の先進国でもある。分断にばかりに目を向けずに、多様性のモデルとして参考にすべきである。

良ければ下にあります

を応援クリックよろしくお願いします。

『女帝の次は若手黒人リーダー、米民主党が進める世代交代の効果は 「ねじれ議会」でペロシ勇退の影響は、今後2年間の米政治を占う』(11/21JBプレス 高濱賛)について

11/21The Gateway Pundit<Rep James Comer: Jim Jordan Wants to Interview All 51 Intel Officials Who Signed Bogus Hunter Biden Laptop Letter>

ハンターのPC事件はロシアの偽情報とした情報界の51人は何と答えるのか楽しみ。

In October of 2020 – just days before the presidential election – 51 former intelligence officials signed and published a letter that baselessly decried the contents of Hunter’s ‘laptop from hell’ had “all the classic earmarks of a Russian information operation.”

This was a lie.  They all knew it was a lie.

Rep. James Comer (R-KY) told Newsmax on Monday Rep. Jim Jordan and the Judiciary Committee want to interview all 51 of the intelligence officials that signed the letter prior to the 2020 Election stating the Hunter Biden laptop was Russian disinformation.

Rep. James Comer: There has been no apology and that’s something Jim Jordan and the Judiciary want to focus on. They want to interview all 51 of those intelligence officials who signed that letter saying this looked like Russian disinformation.

https://www.thegatewaypundit.com/2022/11/rep-james-comer-jim-jordan-wants-interview-51-intel-officials-signed-bogus-hunter-biden-laptop-letter/

11/21The Gateway Pundit<Donald Trump Performs Better Than Ron DeSantis Against Joe Biden, According to Harvard Poll>

公正選挙をすればトランプが誰を相手にしても勝つということ。

“If DeSantis does decide to run for president, Trump would handily defeat the Florida governor, according to Harvard’s poll. The survey of 2,212 registered voters, conducted from November 16 to November 17, found that Trump is the clear favorite in a potential GOP primary field, leading DeSantis by 18 points at 46 to 28 percent,” the report added

 

https://www.thegatewaypundit.com/2022/11/donald-trump-performs-better-ron-desantis-joe-biden-according-harvard-poll/

11/21The Gateway Pundit<BREAKING: Kari Lake Delivers Message To Arizona And All Americans On “Botched And Broken” November 8 Election + Eyewitnesses Account Their Story Of Disenfranchisement (VIDEO)>

選挙のやり直しが必要。

Kari Lake previously spoke out less than a week after the rigged midterm election, saying, “Arizonans know BS when they see it.”

She came out again over the weekend, saying, “I will become Governor.”

Kari Lake released the following statement as Maricopa County is still counting ballots, promising that “the curtain is being lifted” on this rigged election.

https://twitter.com/i/status/1594770831069937666

https://www.thegatewaypundit.com/2022/11/breaking-kari-lake-delivers-message-arizona-americans-botched-broken-november-8-election-eyewitnesses-account-story-disenfranchisement-video/

Among voters who say it’s good for America that Republicans won a majority in the House, 42% blame Republican Party leadership for the GOP not doing as well as expected in this year’s elections. Among those who say it’s good for the country that Democrats kept their Senate majority, 55% blame Trump for Republicans falling short of expectations in the midterms.

Former President Donald Trump announced last week he will seek the White House again in 2024, but most voters don’t think he should and have a more favorable view of Florida Gov. Ron DeSantis.

Most voters believe cheating may have influenced this year’s elections, and think voting by mail makes it easier to cheat.

11/14Rasmussen Reports<Voters Worry About Election Cheating, Don’t Trust Mail-In Voting>

Most voters believe cheating may have influenced this year’s elections, and think voting by mail makes it easier to cheat.

The latest Rasmussen Reports national telephone and online survey finds that 57% of Likely U.S. voters believe it is likely that the outcome of some elections this year will be affected by cheating, including 30% who say it’s Very Likely. Forty percent don’t think election outcomes this year are likely to be affected by cheating, including 18% who say it’s Not At All Likely. (To see survey question wording, click here.)

https://www.rasmussenreports.com/public_content/politics/biden_administration/voters_worry_about_election_cheating_don_t_trust_mail_in_voting

11/22阿波羅新聞網<可能存在违法行为!亚利桑那最大县选票处理将遭调查—亚利桑那最大县选票处理惹疑虑 总检察长调查=違法行為の可能性あり!アリゾナ州最大の郡での投票処理が調査される — アリゾナ州最大の郡での投票処理に疑念が生じ、司法長官が調査>アリゾナ州司法長官の選挙公正部門は、マリコパ郡の中間選挙を調査しており、「発生した無数の問題の全面的な報告と説明」を要求し、「法律違反」の可能性があると非難した。

選挙違反者は逮捕・収監すべき。

https://www.aboluowang.com/2022/1122/1832828.html

11/22阿波羅新聞網<民主党惨了!纽约23亚裔选区全倒戈…. —民主党警钟响起 纽约23亚裔选区全倒戈….=民主党は惨め!NYのアジア系23選挙区全部が離反… —— 民主党に警鐘を鳴らし、NYのアジア系23選挙区全部が離反…>共和党はNY州知事の座を獲得できなかったが、選挙のデータによると、民主党の有権者率は4年前に比べて大幅に低下した:過去に民主党を支持したアジア系米国人有権者は犯罪、差別、教育問題について、民主党の政策に不満を持っており、共和党を支持するようになった。

NY州の民主党の登録有権者数は共和党の 2 倍以上であるが、今回の総得票数は Lee Zeldin がKathy Hochulより 6%少なかったにすぎない。 彼女はアフリカ系米国人有権者の 90% を獲得したが、正統派ユダヤ人、ヒスパニック、アジア系が敵対した。

https://www.aboluowang.com/2022/1122/1832751.html

11/22阿波羅新聞網<马斯克恶搞《断背山》梗图 讥笑美国哥伦比亚广播公司没骨气=マスクの「ブロークバック・マウンテン」ミームの悪ふざけは、CBS を骨のない奴として嘲笑する>CBS は週末に、マスクの Twitter の管理に関する「不確実さ」により、Twitter の活動を一時停止することを決定したと発表したが、2 日も経たずに再開することを発表した。マスクは喜んで Twitter にミームを投稿し、映画「ブロークバック・マウンテン」のポスターを取り上げ、Twitter をやめられない CBS を嘲笑した。

https://www.aboluowang.com/2022/1122/1832736.html

11/22阿波羅新聞網<侵乌俄军节节败退!俄前线换装伊斯坎德尔导弹 加速量产3千枚 来得及吗?=ウクライナに侵攻しているロシア軍、次々敗退!ロシアが最前線にイスカンダルミサイルを再設置するため、3,000個生産は間に合うのか?>この数ヶ月、ウクライナの戦場で連続して敗北を喫しているロシアは最近、ロシアの最前線のミサイル部隊を近代化されたイスカンデル-Mミサイル・システムに全数置き換える主な戦術調整計画を発表した。さらに、最前線のロケットランチャーと砲兵編成も、この特別軍事作戦で優れた性能を発揮した高度なモデルとする。イスカンデル・ミサイルは、ロシアのこれまでのウクライナへのミサイル攻撃で何度か登場しているが、なぜ数ヶ月連続で敗北した後、この高度なミサイルとロケット砲の大量配備を発表したのだろうかと疑問に思っている。

https://www.aboluowang.com/2022/1122/1832845.html

11/22阿波羅新聞網<中国一片混乱的象征:中共党员增援服务美国苹果的台湾富士康!=中国の混沌の象徴:中共党員は、米国Apple社 にサービスを提供している台湾 Foxconn を強化する!>Le Monde の上海特派員である Le Platte は、中共党員が台湾企業に手を差し伸べ、この台湾企業も世界最高の市場価値を持つ米国の多国籍企業にサービスを提供していると述べた。この話が滑稽なのは、2022 年の中国の状況を明らかにしているから。 Foxconn の状況は、中国の混乱を象徴するものでもある。数週間前、Foxconn の従業員が金属フェンスをよじ登り、荷物を背負って、封鎖された工場から逃げ出し、何十キロも歩いて故郷に戻る写真やビデオが世界中に広まった。

https://www.aboluowang.com/2022/1122/1832857.html

11/22阿波羅新聞網<阴性民众拉去方舱!重庆疑核酸造假 爆发群体抗议=陰性の市民がキャビン病院に送り込まれた!重慶は核酸詐欺の疑いで大規模な抗議行動が勃発>11 / 21の夜、重慶市民の生放送ビデオは、隔離のためにキャビン病院に連れて行かれるはずだったコミュニティのすべての住民が陰性であることを明らかにした。民衆は地方自治体の核酸詐欺に疑問を呈し、グループの抗議が勃発した。この事件は世論の激しい議論を巻き起こし、当局はそのニュースを厳しく遮断した。

https://www.aboluowang.com/2022/1122/1832879.html

何清漣がリツイート

方偉|Wei Fang @sohfangwei 11月21日

CBS ニュースが Twitter を一時停止すると発表してから 24 時間後、他の左派メディアは付き随わず、取消しただけであることがわかり、こっそり戻ってきて、「我々は戻ってきて状況を監視している」と言った。現在、Twitter 界での最高の笑いもの、😂😂😂😂、「CBS の復帰を歓迎する。信頼できるフェイク・ニュースの源」

ツイッターが好きな人も嫌いな人も、今はツイッターにとどまらなければならない。マスクが費やした440億ドルはそれだけの価値があるかどうか?

何清漣 @HeQinglian  14h

11 / 18 のロサンゼルス・タイムズの報道によると、サンフランシスコ市は最近、トランスジェンダー グループ向けの試験的な補助金プログラムを開始し、55 人の適格なトランスジェンダーの申請者に 18か月間、月額 1,200 ドルの補助金を保証する準備をしている。プログラムの申し込みフォームには、性別の欄に 97 の選択肢があり・・・。

英語リンク: https://latimes.com/california/story/2022-11-18/san-francisco-launches-guaranteed-income-program-for-transgender-residents

中国語リンク: https://observersnews.com/internation/2022_11_19_667551.shtml

latimes.com

サンフランシスコはトランスジェンダー居住者向けの収入保証プログラムを開始

トランスジェンダーの人々の収入保証試験プログラムでは、55 人の適格な居住者に 18か月間月額 1,200 ドルを提供し、ヘルスケアと金融のコーチングも提供する。

何清漣 @HeQinglian  14h

目測:ハリウッドは今年、性別多様なエデンの園を計画しており、この映画は来年、複数のオスカーを受賞しないわけがない。 😅

何清漣 @HeQinglian  13h

英国首相は国際政治の舞台でショーを演じるのに忙しいことの結果:

英国予算責任局 (OBR) は、英国の家計収入はインフレを考慮した後で 2013 年の水準に戻り、7% 減少し、記録を取り始めた1956 年以降最大の減少と予測している。さらに、英国企業は最終的に約 500,000 人の雇用を削減することになる。 https://bbc.com/news/business-60649217

10 月の英国のインフレデータ:CPI は 11.1% に上昇する。

bbc.com

生活費:英国はほぼ 50 年間で最大の収入減少に直面すると警告

シンクタンクによると、ウクライナでの戦争により、この春の生活水準はさらに厳しくなるという。

何清漣 @HeQinglian  14h

うさぎの死を嘆き悲しむ「NYT」の記事を読んで、マスクが何としてもツイッターを買収した目的を理解した。

ブルームバーグはNY市長であったが、彼の政治操作術はあまりにも時代遅れであり、民主党が大統領候補として彼を支援できるように、彼は献金して民主党のために20議席以上を買うことしかできないが、結果は落ちた。

マスクは彼とは別の時代の人物である。

引用ツイート

NYT 中国語ウェブ @nytchinese  19h

#観点 マスクはツイッターを滅亡させ、ベゾスの慈善活動は偽善なのを暴露し、サム・バンクマン・フリードは彼が設立した FTX とともに崩壊し、トランプは再び自負を見せて立候補を発表する。

過ぎ去ったばかりの尋常ならざる一週に、最も有名な億万長者の 4 人が次々と、富裕階層が慎重に培ってきた慈悲ある救世主のイメージを粉々に打ち砕いた。 http://bit.ly/3i0jrdR

何清漣 @HeQinglian  8h

「彼は高学歴で、多くの社会活動をしており、エキサイティングなキャリアを持っている」 – 1つ目は利点ではない、牛毛ほどに高学歴の人は多い。2つ目を外交活動というと、偉大さは多くなる。 3つ目は希少である。

——この意味は、バイデンの認知症を予防するために、大統領職継続を認めるべきだということである。バイデンは米国の「国宝」となった。

引用ツイート

NYT中国語ウェブ @nytchinese  21h

日曜日に 80 歳になったバイデンは、公の場で数字を引用するのを避けるのに尽力した。

NYTは、多くの高齢者の専門家にインタビューした。彼らは、バイデンにはまだ多くの優れた点があることに同意した。彼は高度な教育を受けており、社会的な活動に熱心で、エキサイティングなキャリアを持っている。これらの要因はすべて、認知症を防ぎ、健康的な老齢化に貢献する。

http://bit.ly/3AwtAVZ

このスレッドを表示

何清漣がリツイート

萧生客 SSK🇺🇸🇨🇦  @SSK2024  12h

Twitter はここ 2 日間燃え上がったが、マスクはどのようにしてトランプのアカウントを復活させたのか? 命がけで仕事をする他の億万長者をあなたは思い出せるか! https://mp.weixin.qq.com/s/ORWzPrnDmK6CVLHF3fPBDw

ワシントンで過去 40 年間にほとんどの共和党員が行ったよりも、イーロンがこの40 日間、言論の自由のために多くのことを行った。

左翼の狂人はマスクの世論調査の結果に狂った。

マスクは 1 億 3400 万人が投票を見たとツイートした。 ⋯

何清漣がリツイート

L JM 🇺🇸  @zhixiangziyou  4h

速報:アリゾナ州モハーベ郡は、2022 年の中間選挙の認証を拒否する 2 番目の郡として、コチース郡に加わった…。

引用ツイート

チャック・カレスト @ChuckCallesto 4h

速報: アリゾナ州モハーベ郡はコチース郡に加わり、2022 年の中間選挙の認証を拒否する 2 番目の郡になった・・・。

このスレッドを表示

何清漣 @HeQinglian  7h

WSJ: 「共和党員が下院をかろうじて支配し、ワシントンは来年ねじれ議会に戻る準備を整えた・・・」

米国メディアの政治理念は本当に変わった。私が初めて米国に来たとき、何十もの大学で使われている教科書「American Politics」には三権分立について書かれていた:米国の有権者は、1つの政党の手に権力を集中させないように非常に注意している。大統領が民主党であれば、下院は共和党に投票する。

高濱氏の記事では、ペロシは1/6事件もDC市長と組んでデモ参加者をわざと議会議事堂に入れた陰謀の首謀者の可能性があり、夫とのインサイダー取引疑惑も上がっている。また夫のペロシの殴打事件は、夫が男娼を買って家に連れ込んだため。警備の厳重な邸宅に簡単に入れるはずがなく、トランプとは無関係。民主党の古株だけあって腐敗している。

「ペロシと夫のポールは「内部情報を利用したようだ」と元FRB議長が指摘」

http://totalnewsjp.com/2022/07/29/pelosi-28/

共和党下院がいろいろ調査に乗り出していくでしょう。

記事

一般教書演説するトランプ大統領(当時)の後ろで渡された教書原稿のコピーを破るペロシ下院議長(2020年2月5日、写真:ロイター/アフロ)

「民主党の顔」だった10年間

米民主党は上院では半数を取ったものの下院を共和党が小差で制したことで、ジョー・バイデン大統領の政権運営は一段と厳しくなる。

元々下院は負けるとされていたからむしろ善戦したというべきだが、負けは負け。来年1月からの米議会は「ねじれ議会」となる。

「米議会が『ねじれ議会』になることは中間選挙前から予想されていた。民主党にとっては、上院を制覇したことだけでもよしとすべきだ」(米主要紙の議会担当記者)

だがバイデン氏が大統領就任後、新型コロナウイルス感染症対策、インフラ再建など数々の難題をクリアできたのは、予算関連法案の審議では先議権を持つ下院で過半数を堅持してきたからだ。

その要としてバイデン氏を支えてきたナンシー・ペロシ下院議長(82)が表舞台から去る。

2002年以降、民主党が野党の時は少数派院内総務として、与党の時は史上初の女性下院議長として10年間、ワシントン政界に君臨してきた。

11月15日、2024年大統領選に再出馬を表明したドナルド・トランプ前大統領に対する弾劾決議案上程を事実上指揮し、2021年の米議会乱入事件の「1月6日事件真相究明特別委員会」設置を実現させたのはペロシ氏だった。

https://thehill.com/homenews/house/3739693-pelosi-steps-down-as-house-democratic-leader/

https://rollcall.com/2022/11/17/pelosi-opts-to-step-down-as-democratic-leader/

今年8月には台湾を電撃訪問し、蔡英文総統と会談、「台湾防衛」を約束し、中国の習近平国家主席を怒らせたのもペロシ氏だ。

中国は39機の戦闘機・13隻の軍艦(延べ数)を台湾周辺に出動させて軍事挑発に出た。

米第7艦隊も台湾周辺に出動して一時は一触即発の事態を招いた。

「中間選挙を控え、中国に対しては弱腰と見られてきたバイデン氏にハッパをかけ、返す刀で反中ムードの共和党支持層、無党派層の票をかっさらうのが狙いだった」

「人権抑圧糾弾はペロシ氏の政治理念。それだけに中国のチベットや新疆ウイグル地区での人権弾圧には1987年に下院議員になって以来言い続けてきた。台湾問題はその延長線上にあった」(米議会ウォッチャー)

釈迦に説法だが、米国の下院(英国の庶民院、日本の衆議院に相当)議長は、大統領権限継承順位では副大統領兼務上院議長に次ぐ第2位。

日英の下院議長とは異なり、議事の主宰・進行は自党の他の議員に委託、自党の「党首」として政策全般に関わる管理・手続き上の絶対権限を持っている。

(日本の衆議院議長が、日本政治が過渡期を過ぎてからは長老格の政治家が最後に就任する「上がりポスト」にされてきたのとは大きく異なる)

勇退の引き金引いた自宅襲撃事件

ペロシ氏の場合は、気性も激しく、まさに男勝り。口八丁手八丁。口先だけではない。選挙ともなれば、全米各地の自党候補の応援に駆けつけた。

父親はボルチモア市長として活躍したイタリア系のトーマス・ダレサンドロ氏だ。その血を継いだのだろう。

(10月28日未明、「トランプ・カルト」の暴漢がペロシ邸を襲い、夫君のポール・ペロシ氏に危害を加えた際にもペロシ氏は遊説中で留守だった。勇退を決意させたのは夫君ポール氏殴打事件だともいわれている)

これまでに集めた選挙資金は12億ドルにも上る。いってみれば、カネ集め、票集めでは「民主党のトランプ的存在」だった。

他方、下院議長として共和党実力者たちとの駆け引きでは他の議員の追随を許さぬ交渉術を発揮した。

来年1月からの米議会は「ねじれ議会」となることは中間選挙前から予想されてきたが、いざそれが現実となると、バイデン氏もおちおちしてはいられない。

民主主義の根幹である政治理念(米メディアは「Political cultural war」と呼んでいる)をめぐって民主、共和両党の対立が激化する中、「ねじれ議会」での法案可決は困難になってくる。

バイデン氏としては、議会の承認を必要としない大統領令に政策実現を頼らざるを得なくなってくる。

ちょうど大統領令を乱発したトランプ氏と同じような状況になってくる。ちなみにトランプ氏が4年間に出した大統領令は220件。バラク・オバマ氏は8年間で276件。バイデン氏はこれまでの2年間に104本だ。

米政治は2024年までの2年間、長期停滞局面に入る。そんなときに「下院の女帝」が去るのである。

さらば、80代三羽烏

ペロシ氏とともに下院民主党首脳陣は総入れ替えする。

1980年代の3人組から50代、40代への若返り世代交代だ。11月30日に開かれる下院議員総会で正式決定する。

〇ナンシー・ペロシ下院議長(82歳=カリフォルニア州選出)→ハキ―ム・ジェフリーズ少数党院内総務(52歳=ニューヨーク州選出)

〇ステニ―・ホイヤー多数党院内総務(83歳=メリーランド州選出)→キャサリン・クラーク少数党院内幹事(59歳=マサチューセッツ州選出)

〇ジェームズ・クライボーン多数党院内幹事(82歳=サウスカロライナ州選出)→ピート・アギラー少数党院内幹事(43歳=カリフォルニア州選出)

ペロシ氏から重責を受け継ぐジェフリーズ氏の場合、黒人が同ポストに就くのは史上初めてとなる。

民主党ニューヨーク・ブルックリン育ち。ニューヨーク州立大学ビンガムトン校を経て、ジョージタウン大学、ニューヨーク大学のロースクールを卒業。

2006年にニューヨーク州議会議員に当選し、10年前からはニューヨーク州第8選挙区の連邦下院議員を務めている。

トランプ政権時代には超党派の刑事司法改革法案の通過やトランプ氏弾劾に賛成する議論で重要な役割を担った。

2016年、2018年とペロシ氏の院内総務続投をめぐって党内がごたついた際には所属する黒人議員連盟をペロシ支持一本にまとめた手腕が買われ、ペロシ体制で頭角を現してきた。

ジェフリーズ執行部が立ち向かう多数党・共和党は、どうやらケビン・マッカーシー院内総務が留任する方向で固まりそうだ。

中間選挙後、共和党にとっては「疫病神」になってきた(?)トランプ氏に当初はべったり。その後つかず離れずの「風見鶏」を演じてきたマッカーシー氏は、民主党に是々非々で臨むと発言していたが、党内の親トランプ派がどう出るか。

マッカーシー氏としては、手始めに2021年1月6日の米議会乱入事件を調査する特別委員会を解散させ、トランプ氏への責任追及は幕を下ろす。

攻守逆転でバイデン長男の疑惑追及本格化

さらにバイデン氏の次男ハンター氏をめぐる疑惑調査に着手する。

共和党は、

①ハンター氏が薬物依存症を隠して銃を購入していた②中国企業からの報酬を適切に税務処理しなかった――といった疑惑を取り上げ、特に②は「国家安全保障への脅威」と位置付け、最終的には父親であるバイデン氏の責任問題に結び付けるのが狙いだ。

また機密文書持ち出し疑惑に絡むトランプ氏邸宅への連邦捜査局(FBI)の捜索について、司法省の判断が適切だったか調査する考えも示している。

さらにはアフガニスタンからの米軍撤収や、バイデン政権の移民政策や犯罪対策も検証する方針だ。

今後2年にわたり「レイムダック」化が加速するバイデン氏を徹底的に叩くだろう。

これに対しジェフリーズ氏率いる民主党若手指導部がどう対応するか。

バイデン氏にとっては「女帝」が第一線から退いてぽっかりできた空白、しかも「少数党」に成り下がった下院民主党の若手執行部は、心もとないに違いない。

「世代交代とは、響きはいいが、実態は常に不安と隣合わせなのだ」(前出の米議会ウォッチャー)

https://www.npr.org/2022/11/17/1137197668/republicans-have-won-the-house-now-theyre-promising-to-investigate-the-bidens

良ければ下にあります

を応援クリックよろしくお願いします。