『虐殺の惨劇を繰り返すな!「白紙運動」を第二の天安門事件にさせてはいけない ついに火がついたゼロコロナ政策への怒り、共産党と習近平の退陣要求へ』(12/1JBプレス 福島香織)について

11/30The Gateway Pundit<FINALLY, FINALLY, FINALLY – National Group Uncovers Real-Time Democrat Election Fraud – HERE’S HOW THEY DID IT>

民主党は如何に悪辣か。共和党は打つ手がないのか?

Here’s the fraud equation taking place across the country:

  • Count the in-person votes on election day.
  • Count the early, in-person votes.
  • Shut down the system (Atlanta water leak, Maricopa County everything).
  • Bring in undeliverable ballots gathered when you changed voters’ names, addresses, or zip codes, then changed them back.
  • Determine the votes you need to win. Press the “WIN” button.
  • Wait for the Republicans to file a lawsuit months later.

https://www.thegatewaypundit.com/2022/11/finally-finally-finally-election-group-uncovers-fraud/

11/30The Gateway Pundit<BREAKING RASMUSSEN POLL: A Majority of Americans and Even Democrats Believe the Arizona Election Mess Affected the Election Outcome>

マリコパ郡が選挙認証したのがおかしい。

After reports of Election Day problems with vote tabulation in Maricopa County, Lake called the election “botched” and declared: “This isn’t about Republicans or Democrats. This is about our sacred right to vote, a right that many voters were, sadly, deprived of on November 8th.” Seventy-two percent (72%) of Likely Voters agree with Lake’s statement, including 45% who Strongly Agree. Eighteen percent (18%) disagree, including 13% who Strongly Disagree, while another 10% are not sure.

https://www.thegatewaypundit.com/2022/11/breaking-even-majority-democrats-believe-arizona-election-mess-deprived-voters-sacred-right-vote/

11/30The Gateway Pundit<Elon Musk Admits Twitter Has “Interfered with Elections” – Agrees that Public Trust Must Be Restored>

メデイアもSNSも政治的中立であるべき。双方の言い分を自由に流通させるのが役割では。

https://www.thegatewaypundit.com/2022/11/elon-musk-admits-twitter-interfered-elections-agrees-public-trust-must-restored/

12/1阿波羅新聞網<马斯克:推特干预了美国选举 包括2020年总统大选=マスク:Twitterは 2020 年の大統領選挙を含む米国の選挙に干渉した>Twitterのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は11/30、自身が引き継ぐ前に、Twitterはコンテンツ制限ポリシーを通じて、2020年の大統領選挙を含む米国の選挙に「明らかに真摯に」干渉したと述べた。

マスクは、彼の管理下にある Twitter 2.0 が同じ過ちを繰り返さないことを約束した。

マスクの言葉は、Twitter の元 Trust and Safety のチーフである Yoel Roth の言葉と同じである。 11 /29、Rothは、2020 年の大統領選挙の重要な時期に、当時の民主党大統領候補ジョー・バイデンの息子であるハンター・バイデンのノートPCに関連するすべての情報を Twitter が完全にブロックしたことを公に認めた。

当時、ハンター・バイデンの流出したノートPCには、ハンター自身が外国の役人やビジネスマンとの共謀、飲酒、性的乱交などの疑いのあるスキャンダルが多数含まれていることに加えて、副大統領としてのバイデンが“ビッグ・ガイ”として外国の役人やビジネスマンと結託したハンターの不正行為に直接関与したという証拠がある。

Rothとフェイスブックの創設者ザッカーバーグは最近、2020年の大統領選挙の前に、FBI等の連邦機関から、Twitterやフェイスブックに投稿された特定のメッセージをブロックするよう指示されたことを認めたが、これらのメッセージがハンター・バイデンのノートPCを含むことは明確に述べていなかった。

「(当時)我々は何を信じていいのかわからなかったし、何が真実で何が煙幕弾なのかわからなかった。特に私にとっては、当時Twitterから(ハンターのノート)を削除したことは不適切と感じている」とRothは11/29に言った。Rothは、彼のリーダーシップの下で Twitter のセキュリティ・チームが誤った決定を下した理由については語らなかった。

https://www.aboluowang.com/2022/1201/1836521.html

12/1阿波羅新聞網<热传:上海人被捕释放后,详述全部经历=熱く伝わる:上海人の逮捕・釈放後、すべての経験を詳述>上海で逮捕者が出た後、彼らはその過程全体について詳しく話した!共産主義者の盗賊と智恵と策略で戦い、活力と熱量を維持し、一瞬の勇気を見せびらかさないようにしなければならない!

https://www.aboluowang.com/2022/1201/1836533.html

12/1阿波羅新聞網<火速跟进!继广州之后 上海24处疫情高风险区“12月1日零时起”解除管控=すぐに後に続く!広州の後、上海の疫病で24箇所の高リスク地域は、12/1の0時に封鎖解除される>最近、中国の多くの地で「白紙運動」が開始され、当局に防疫政策の緩和を訴えており、今日(11/30)広州は、多くの地域で防疫管理を一時的に解除する予定と発表した。夕方、上海もすぐにフォローし、12/1の0時から、24箇所の高リスク地域の封鎖が解除されると発表した。

https://www.aboluowang.com/2022/1201/1836448.html

12/1阿波羅新聞網<阴性也沦畜生关方舱 18岁女学生悲吼反抗“你以为我怕你吗”=陰性でも動物キャビン病院送り  18 歳の女子学生が「私があなたを怖がっていると思いますか?」と叫び、抗議した>中国人民の「白紙運動」はまずは成功し、上海、広州などは封鎖を解除したが、多くの地で過剰な防疫をめぐる論争が続いている。昨日、甘粛省楡中で18歳の女子学生が怒ってキャビン病院のスタッフを叱った。言い伝えによると、彼女は学生たちに隔離のためにキャビンに引きずり込まれるのは動物と同じとして、「あなた方は何をしている!」、「私があなたを恐れていると思うのか!」と直接呼びかけた。

https://www.aboluowang.com/2022/1201/1836443.html

12/1希望之声<纽约华人连日活动 声援大陆「白纸革命」=NY華人の連日の活動 中国の「白紙革命」に声援>新型コロナウイルスの流行から3年が経過し、世界各国では流行が落ち着きを取り戻し、ウイルスと共存しながら、すでに通常の生活や経済活動を再開している。しかし、中共政府はゼロコロナ政策で封鎖という極端な政策を用いて中国国民を支配し続けており、その結果、災害が頻繁に発生し、人災も継続的に発生し、国民の不満が高まっている。先週木曜日(11/24)、新疆のウルムチの住宅で火災が発生し、封鎖により逃げられず少なくとも19人が死亡し、上海、北京、南京、広州、成都等現地の人々が封鎖に抗議するために街頭に繰り出した。

海外華僑は中国内の抗議行動に続々連帯を表明した。月曜日(11/28)から、NY州フラッシングの中心部にあるメインストリート図書館の横で、キリスト教徒公益連盟と華人ボランティアが「共産党は退場せよ」というスローガンを広げ、中共の厳格な封鎖政策に反対する中国の人々を支持する多くのバナーがあった。バナーには、「人々が生きるには、共産党は退場しなければならない」、「中共ウイルスの発生源をゼロにする」、「デマは要らない、尊厳が欲しい。奴隷にならず、市民となれ」と書かれている。彼らは、現在の中国の抵抗運動は中国人民の自助運動であり、抵抗しなければ、新疆のような災害がいずれ自分の身に降りかかるだろうと指摘した。

https://twitter.com/i/status/1597797093405593600

https://www.soundofhope.org/post/675918

12/1希望之声<响应「白纸运动」 数百中国留学生宾大集会抗议中共=「白紙運動」へ呼応 中国人留学生数百人がペンシルベニア州に集まり、中共に抗議>11 / 29の夜、何百人もの中国人留学生と他の民族グループの学生が、ペンシルバニア大学 (フィラデルフィアのアイビー・リーグ校) のキャンパスに集まり、ろうそくの明かりでウルムチの火災の犠牲者を追悼し、中国で盛り上がっている「白紙運動」との連帯を表明した。

「共産党退陣」、「習近平退陣」、「報道の自由」、「言論の自由」、「自由を与えよ、さもなくば死を」、「国全体で封鎖を解除せよ」などのスローガンがキャンパスに繰り返し響き渡った。学生たちはまた、北京在住の彭立発が四通橋に掲げた抗議の横断幕のスローガンを唱えた:「PCR検査は要らない、メシがほしい。封鎖は要らない、自由が欲しい。デマは要らない、尊厳が欲しい。文革は要らない、改革したい。指導者は要らない、選挙が欲しい。奴隷にならず、市民となる」

https://www.soundofhope.org/post/675921

12/1希望之声<乌驻西大使馆惊传爆炸 美指普京无意谈判 北约考虑扩大援乌「爱国者」 俄邻国忧动荡=駐スペイン・ウクライナ大使館が爆撃されたと伝わる、米国はプーチン大統領に交渉の意思がないと非難、NATO はウクライナへ「パトリオット」の援助拡大を検討、ロシアの近隣諸国は混乱を懸念>ロシアとウクライナの戦争は 9か月以上続き、11 /30にスペインの首都マドリッドにあるウクライナ大使館が爆発し、ウクライナは強硬に対応した。 NATO外相会議が2日目に突入したとき、米国のブリンケン国務長官は、ウクライナの民間インフラに対するロシアの暴力的な攻撃を「野蛮な」行為であると批判し、ロシアのプーチン大統領が交渉に消極的であることを再び証明したと。 NATO 会議は、パトリオット対空ミサイルシステムを提供することを検討して、ウクライナへの援助の拡大について話し合った。

同時に、NATO はロシアの近隣諸国に対し、長期化する戦争が周囲を不安定にするので、NATOは彼らの自衛能力を強化することで安心させようとしている。欧州委員会のフオンデアライエン委員長は、ロシアの高官を裁くための「専門裁判所」を設置することを提案し、凍結されたロシアの資産を差し押さえて、ウクライナに損害を賠償することを提案した。

https://www.soundofhope.org/post/675930

何清漣 @HeQinglian  5h

胡錦濤時代の10年間、暴虐をほしいままにした数代の常務委員の家庭の「家と国の一体となった利益伝達メカニズム」は、江沢民時代に形成された。

江の息子である江綿恒は、新しい太子党の先駆者と見なすべきであり、《財経》の著名な記事「魯能は誰のものか?」(2007 年 1 月 8 日) は、曽慶紅の息子である曾偉が、山東省最大の企業である魯能を、リストラの名の下に 700億の資産を飲み込んだことを明らかにした。国内のウェブサイトにはまだこの記事がある。

何清漣 @HeQinglian  5h

「家と国の一体となった利益伝達メカニズム」に関する国内メディアの開示は当然ないが、英国の「FT」はかつて集中的に開示した。

中国:生まれたお金へ(2010 年 3 月 29 日、「金のために生まれてきた中共太子党」と翻訳)

「新世代の太子党」(2010年4月15日)

「中国プライベート・エクイティ業界の“赤い貴族”」(2010年4月15日)

「『赤い血』を問う」(2010年12月15日)

オンラインで調べられる。

何清漣 @HeQinglian  3h

1997 年 10 月、江沢民は 9 日間にわたって米国を公式訪問し、ハワイ、ワシントン、NYを含む 7つの都市を訪れた。ハワイでの昼食会で、江沢民はフラダンスを踊った:夜には「アロハオエ」を、ギターを自ら演奏して歌った。南カリフォルニアで京劇「捉放曹」を歌った。

当時の中国では保守派は「役者」と呼ばれていたが、五常務委員は「国を治める五人の息子」という言葉があった。胡・習の後、中国人は「ヒキガエル崇拝(=江沢民のこと)文化」を覚えるのはとても親切である。

引用ツイート

朱韵和 @zhu0588 7h

江沢民はスペイン国王の見守る中、髪を梳かしている。

1996 年に江沢民がスペインを訪問し、スペインのカルロス国王と共に近衛兵を閲兵した際、彼は突然櫛を取り出し、国王の前で髪を梳いた。歓迎晩餐会で、江沢民はまたカメラの前で髪を梳いた。スペイン最大の新聞エル・パイスは、1面に写真を掲載した。 「カルロス国王は江沢民が髪を梳くのを見る」.

何清漣 @HeQinglian  5h

江の時代の古い話に「五人の息子が国を治める」というのがある。意味は、江沢民は役者、李鵬は愚か者、朱鎔基は狂人、李瑞環はごろつき、胡錦濤は孫というものである。

それは悪く見ていて、朱は狂人ではなく、大胆に話すから:李はごろつきではなく、少しずる賢いだけである。

何清漣がリツイート

ビクトリア🌼 @VictoriaTC 5h

ツイッターの元セキュリティ責任者であるヨエル・ロスはついに、NYポスト紙の2020年10月版のハンター・バイデンのスクープを検閲したことは間違いだったと認めた。

昨年3月、検閲機関中にツイッターの最高経営責任者を務めたジャック・ドーシーは、偽情報とソーシャルメディアに関する議会公聴会で、NYポストの記事をブロックしたことは「完全に間違っていた」ことをすでに認めていた。

引用ツイート

NYポスト @nypost 10h

正式

ツイッターの元安全責任者、ヨエル・ロスがNYポストのハンター・バイデンのスクープを検閲した過ちをついに認める https://trib.al/9bsLnkN

何清漣 @HeQinglian  1h

中共の3つの独占:政治独占、経済独占、世論独占

毛沢東の時代は計画経済であり、計画はあるが市場がなく、官僚の権力は実現できず、より多く食べてより多く占有し、階級の特権を享受することしかできなかった。

鄧の改革後、市場化が始まり、各種代理人が市場を通じて権力を実現することができるようにした。

毛の革命は暴力を使って私を公に変えることであり、党は国内で唯一の資源独占者となった:鄧は改革の名を使って公を私に変え、権力と権力関係者はすべて均等に利益を受けた。

引用ツイート

明実:私には法眼・仏眼はないが、真眼はある @mingshi_chen  1h

返信先:@HeQinglian

バイデンの腐敗と中国の腐敗は、全く異なるものである。中国と米国の財産権は根本的に異なる!

中国におけるこれほど膨大な量の公有財産権は、厳密な意味での財産権と呼べるのだろうか?

米国の財産権はもともと私有であるが、政府の絶えざる権力拡大(本質的には腐敗)は、私的財産権を圧迫し、侵すことになる。

このトピックは話せば大きなものになる。私が話していることを理解してほしいと思う!

何清漣 @HeQinglian  2h

今日、江沢民に関するさまざまなコメントを読み、江沢民時代を懐かしく想い、中国人のヒキガエル崇拝文化の優しさと美しさに気づき、プーシキンの次の詩を思い出した。

「心はいつも未来を楽しみ、

でも今は憂鬱なことも多く、

すべては過ぎ去り、すべてはつかの間です。

そして、過ぎ去ったものは大切な思い出になります」

中国人が悲惨な生活を送っていることを証明しているので、中国人は将来、習時代に優しさと美しさを与えないことを願っている。

😅😅

福島氏の記事では、天安門事件のようにはならないと感じています。今回は天安門事件のように政治談議から発生したのでなく、自分たちの生活の不便さから出たもので、その不便を解消してしまえば、熱く政治要求することもないのでは。結局、中国人民は共産党の奴隷のまま。外部の圧力とか戦争とか起きないと変わるのはできないのでは。共産党は腐敗しているので、自浄能力はない。

記事

香港中文大学で行われたウルムチの死者への追悼式で、白紙の紙を掲げる学生たち(2022年11月28日、写真:AP/アフロ)

(福島 香織:ジャーナリスト)

中国全土で燎原の火のように「白紙運動」「白紙革命」が広がっている。おそらくすでに、天安門事件の原因となった民主化希求の学生運動以来の規模となっている。

原因は長期にわたるゼロコロナ政策への不満の蓄積であり、導火線は11月24日のウルムチ大火災だった。この運動の行く先に何が起きるのか、世界が緊張感をもって見つめている。

続々と集まる「白紙」を持った学生たち

運動の始まりとなる南京伝媒学院で撮影された11月26日の動画はもうご覧になっただろうか。

学院キャンパス内の鼓楼前で、白紙を掲げて無言で女子学生が立っていた。そこに指導員(教師)がやってきて、その白紙を取り上げたが、女子学生は白紙を持っているように手を構えたまま立ち続けていた。その様子を撮影していた別の女子学生が問う。「なぜ白紙を奪うの?」。指導の教師は「白紙に何の攻撃力があるというのか?」。

このシーンは旧ソ連のある諷刺的な笑い話を思い起こさせる。

モスクワの赤の広場で、男がチラシをまいている。官憲が男を逮捕したら、チラシは白紙だった。白紙をばらまいても逮捕されるのか? と男が問うと、官憲は言う。「お前が白紙に何を書こうとしていたか知っているぞ」──。

言論統制、思想統制が行きつく先では、人々はたとえ無言であっても逮捕される。無言であることが、すでに言論統制への抵抗の意味になってしまう。「白紙」は言葉として何の攻撃力もないはずなのに、独裁者は「白紙」を恐れるのだ。なぜなら、白紙の示す意味が自分たちへの攻撃だと知っているから。厳しい言論統制下で、沈黙自体が雄弁になってしまうという矛盾。そして、そんな社会では沈黙しようが発言しようが、結局人々は逮捕され虐げられてしまう。声を上げた方がましではないか?

やがて別の学生が彼女の周りに、次々と白紙を持って集まり始め、群衆となった。ついに一人の男子生徒が最初の女子学生の隣に立って突然演説を始める。

「ここに僕が立つのは、勇気があるからじゃない。僕よりも、ここにいる女子学生たちの方が勇気がある。彼女らの勇気が僕をここに立たせたのだ。これまでの僕は弱々しかった。新疆人として僕は声を上げる」

「あのウルムチ大火災で、親しい人、家族を亡くした同胞のための声を上げる」

「すべての犠牲者のために声を上げる」

周囲から拍手と「ハオ! ハオ!」(そうだ! いいぞ!)という歓声が沸き起こった。夜になって学生たちは続々と白い紙を持って集まった。

ウルムチ大火災とは11月24日夜、ゼロコロナ政策によるロックダウンが100日以上続く新彊ウイグル自治区ウルムチ市の集合住宅で発生した大火災だ。死者は公式発表は10人だが、地元病院の話を総合すると44人以上が死亡したとも伝えられている。

ここまでの大火災になり犠牲者が多くなったのは、地域がロックダウンで封鎖されていたので、消防車が近づけず消火が効率的に行われなかったこと。マンションの入り口が封鎖され針金で縛られていたので、中の住民が自力で逃げ出せなかったことなどがあったからだという“噂”が広がった。

この事件は、この3年間ゼロコロナ政策に苦しめられてきた人民の不満に火をつけた。各地で一斉にゼロコロナ政策反対の市民運動が広がった。その中で、最も洗練された、パフォーマンスアートといってもいいくらいの美しい抗議スタイルが、この南京伝媒学院で始まった「白紙運動」、あるいはカラー革命に対比させた「白紙革命」と呼ばれている活動だ。

門の前にずらりと並んでいた警察車両

南京伝媒学院の白紙を持った学生たちの抗議活動は、11月26日夜10時まで続いた。集会場所の鼓楼前は、普段なら煌々とライトアップされるが、その夜はなぜか灯がつけられなかった。暗闇の中で学生たちは白紙をもち、携帯電話のLEDライトを灯した。ウルムチ大火災への哀悼を叫ぶ声が響いた。

再び駆けつけた指導員教師が学生たちを諫める。「政府が君たちのためにどれだけ良くしてくれているか、考えなさい」。学生たちから笑い声がもれた。

学院長が駆けつけた。「君たちはいつか、この日の代償を支払うことになる!」。恫喝めいた発言で学生たちを解散させようとした。だが、学生たちも負けてはいない。「なぜ灯を消すのか?」「あなたも代償を支払うことになるよ!」と言い返していた。

結局、学院長が「今日は何も起きなかった。誰も責任を追及しないから」と説得を続け、学生たちは解散した。この動画はすべてのやり取りが撮影され中国国内のSNSを通じて拡散され、そしてツイッターでも拡散した。

一部でこの学院長の「代償を支払うことになる!」という恫喝発言が批判されていたが、この学院長の判断は正しかったかもしれない。この時、学院の門の前には、警察車両がずらりと並んで、何かあったら突入しようと構えていたのだ。灯を落としたのは、公安当局の監視カメラに内部の様子を見せないための学院側の配慮だったかもしれない。

共産党と習近平の退陣要求へ

この「白紙を掲げる」抗議スタイルは、このとき一気に中国全土に拡散された。

同じ11月26日午後、上海の名門大学、復旦大学付属病院や上海戯劇学院があるウルムチ中路で学生たちを中心にした市民の抗議活動が起きていた。この時も皆、白紙を掲げていた。南京伝媒学院の女子学生の白紙抗議と連動したのかは分からない。だが、やはりウルムチ大火災の犠牲者への哀悼運動だった。花束とろうそくをもって抗議活動に参加する人も大勢いた。

この抗議を制圧しようと警察がやってきたが、捕まえても捕まえてもウルムチ中路に献花しようとする人がやってくる。やがて「PCR検査はいらない、自由が欲しい」というスローガンが叫ばれ、それはやがて「自由が欲しい」の大合唱となった。そして27日未明には、「共産党下台(共産党は退陣しろ)」「習近平下台(習近平は退陣しろ)」のシュプレヒコールが起きた。

白紙を掲げて抗議活動を行うというスタイルは続々と各地でおきた。中心は大学だ。少なくとも11月29日の段階で香港を含めた全国162の大学・学院で白紙運動は起きていた。

北京の名門大学で習近平の母校でもある清華大学でも、1000人以上の学生たちがキャンパス内の紫荊園前に集まって白紙を掲げて抗議活動をした。

完全な白紙だけではなく、奇妙な数式が書かれていたりする紙もある。フリードマン方程式。アインシュタインの一般相対性理論を導く運動方程式、宇宙膨張(ビッグバン)を表すとされる方程式だ。フリードマンの「フリー」(自由)を示唆するのか、膨張しすぎた共産党をビッグバンに例えているのか。清華大学らしい高度な諷刺に加え、直截的な「こんな異常な中国はもうごめんだ!」「民主法治、表現の自由を求める!」といったスローガンが飛び交った。インターナショナルの合唱がおこった。

女子学生が叫ぶ。「逮捕されるのが怖かったら、発言しない! 人民に失望されたくない。清華の学生として、後悔はしない!」。

中国において知識人とは、科挙の時代から、天下国家のため、公のためにその知識、見識を役に立てることを期待されている。現代の中国エリート代表の自負がこの叫びに込められていた。

理不尽なゼロコロナ政策はなぜ続いているのか

中国はこの3年の間に、相次ぐロックダウンのせいで、新型コロナ感染による死者以上の死者が出ているといわれている。11月のウルムチ大火災、少なくとも27人の死者を出した9月の貴州の隔離者運搬の大型バス転落事故、ロックダウン中に自宅で飢え死にした新疆・イリ市のウイグル人たち、上海や鄭州など長期封鎖生活に絶望して自殺する人、封鎖アパートから脱出しようとして失敗して転落死した人、病院に治療を拒否され苦痛に耐えきれずに自殺した透析患者、陰性が確認されないとして入院できず病院の外で死産した妊婦・・・。それはもう数えきれないほどの悲劇が起きた。

なぜ、このような理不尽はゼロコロナ政策がまだ続いているのか?

11月11日に、国務院聯合防疫コントロール指揮部はゼロコロナ政策最適化20条を通達し、現状に合わせてゼロコロナ政策を調節するように指示している。だが、末端の組織ではゼロコロナ政策の手を緩めようとはしない。なぜか。一部で言われているのは、すでに地方末端政府にとってゼロコロナ政策は利権になっている、ということだ。

PCR検査企業と癒着したり、賄賂をもらってスマートフォンにダウンロードされた健康コードアプリの色を操作したりしているという話がある。河南省のある地方政府は、4万元を払えば個人の健康コードの色を変えることができる、と噂で聞いた。ライバルや嫌いな人間に対して、あいつは陽性だ、あいつは濃厚接触者だ、という密告により健康コードを赤に変えて隔離させることもできるらしい。まるで文化大革命のときの「反革命罪」の密告のように。

白紙革命と同時に発生している各地市街での群衆の抗議活動は、横暴で腐敗したこうした「大白」(白い防護服を着た防疫役人)への怒りの爆発だった。

出稼ぎ者の多い広州市や鄭州市などでは、PCR検査反対やロックダウン解除を求める民衆が、防護柵を壊して封鎖地域から外に出ようとして、白い防護服姿の警官隊ともみ合った。中には警察車両をひっくり返す姿も。

武漢の群衆デモでは、警官隊との衝突の際、警官による発砲があったと伝えられている。威嚇発砲であると言われているが、武漢は新型コロナが最初にアウトブレイクした都市というだけでなく、ゼロコロナ反対の運動に対して最初に発砲が行われた街となった。成都のデモでは「お前たちは寄生虫だ!」「俺たちの皮膚、血、肉を食らっている」と公安警察に向かって叫んでいた。

SNSには、北京、重慶、西安などで群衆デモと警察が激しく衝突している動画が流れている。こうした騒ぎは都市部だけでなく地方の農村地域でも起きているようだ。

天安門事件の元学生指導者らの訴え

こうしてだんだん収拾がつかなくなっていく「白紙革命」の行先が、天安門事件の轍を踏まないかと、私はやきもきしている。警官隊だけでは騒ぎを制圧できない状況になれば、あの習近平なら武装警察、軍によって治安維持を行おうとするのではないか。

軍部の車両の移動の目撃情報などをSNSで見かけるたびに肝が冷える。

11月29日、王丹ら天安門事件の元学生指導者ら十数人が海外のSNSを通じて、「解放軍官兵、武装警察、警察に告げる書」を発表し、天安門での虐殺の悲劇を繰り返してはならない、と強く訴えた。

在米民主化運動家の王軍濤ら知識人も、「中国人民に告げる書および栗戦書/全人代常務委員長、李克強首相、汪洋・政治協商会議主席への公開書簡」で、ゼロコロナ政策の即刻終了と習近平の辞任を求めている。

国際社会の多くの影響力を持つ人々が注目し、学生たちを擁護し、抗議の民衆を擁護している。読者の皆さんも、少なくとも一番恐ろしい結末を回避できるように、彼らをを支持し、関心を持ち続けてほしい。王丹の言うように、長江、黄河の川の流れを逆流しようとしても無理なのだ。ゼロコロナも個人独裁も今の世界では成立しえない。

良ければ下にあります

を応援クリックよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください