『「レッド・ウェーブ」空振りで、中間選挙後の米国政治はこう変わる 民主・共和両党が協調路線を模索、トランプ氏は訴追で窮地に』(11/11JBプレス 高濱賛)について

11/12阿波羅新聞網<众院共和党3号人物重磅表态!“很骄傲支持川普角逐2024年大选” —共和党3号人物史提法尼克挺川普选2024第一个表态领袖=下院共和党No3が重大発言! 「2024 年の選挙でトランプを支持することを誇りに思う」 — 共和党No.3のステファニクは、2024 年の選挙でトランプ支持することをリーダーの中で初めて表明>エリス・ステファニク下院共和党会議議長(NY選出)は11日、「トランプは共和党のリーダー」と表明し、選挙後議会議員団の指導層の中で、2024年の大統領選でトランプを支持する初めての幹部となった。ステファニク共和党会議議長は、下院幹部会で No.3 であり、11 日に声明を発表し、「トランプが共和党のリーダーであることは非常に明白で」、「共和党員は、米国で最も人気のある共和党員の周りに結集すべきである」と述べた。トランプが保守主義の価値観に基づいて執政することは「明らか」であり、彼女は「トランプの2024年の選挙を支持することを誇りに思っている」.と。

https://www.aboluowang.com/2022/1112/1828887.html

何清漣 @HeQinglian  8h

丁度今、ツイートを見たら、MSNBC である人が、共和党はトランプなしでは勝てなかった、有権者がいないので、しかし誰もトランプと一緒にいたくないと言ったと。

なかなかこの記事が見つからないので、ツイ友で見つけた人は送ってください、確認したい。 まず🙏。

この記事は、左翼メディアの普遍的な希望を表しているはず:民主党の勝利への希望は、まだ数えていない郵便投票の中にある。引き延ばしている限り、共和党の監察員が居眠りする時間は常にあり、その後、2020年の奇跡が起こる。計票する民主党選挙員はどこかからボックスを出してきて、中はすべて民主党員の投票である。

washingtonpost.com

分析 | 民主党は依然として下院の過半数を獲得できるか?

共和党は依然支持されているが、共和党にとって不確実性が増している。

何清漣 @HeQinglian  16h

2019 年の米中貿易戦争では、北京は引き延ばしで変化を待ち、とうとう2020 年の選挙の結果を得た。

郵便投票と引き延ばされた集計は、バイデンが選挙に「勝つ」のに役立った(バイデン曲線で証明されているように)。民主党のすべてのメディアは口を噤んでいる。引き延ばしさえすれば、票が出てきて、正義が必ず勝つ。

何清漣 @HeQinglian  8h

中間選挙の結果:

下院: 民主党 215:共和党 220

上院: 民主党 48 : 共和党 49、2 議席が未決。

https://msnbc.com/opinion/msnbc-opinion/midterm-election-results-prove-republican-abortion-bans-are-fails-rcna56842

現在、左派メディアの共通言語は、共和党が負けたのは、赤い波がなく、勝利が少なすぎたためである。民主党は大した負けではないと歓声を上げた😅

msnbc.com

意見 | 中間選挙での中絶問題の結果は文字通り誰も驚かないはず

有権者が自分自身の生殖に関する権利について発言できるなら、ほとんどの人はそれを維持したいと考える。

何清漣 @HeQinglian  8h

上部のリンクを参照してください。これは左派メディアであり、彼ら自身が不愉快とは言いたくないから。

何清漣 @HeQinglian  8h

全体像を見てください: 下院: 民主党 215:共和党 220

https://nbcnews.com/politics/2022-elections/house-results?icid=election_marquee

今まだ疑問がある:亡くなった 2 人の民主党議員の再選である。

職務中に死亡した場合、党に継承される。しかし、これは選挙前の死亡であり、米国では前例がない。

これは、新しい議会によって決定されるべき。

引用ツイート

何清漣 @HeQinglian  8h

中間選挙の結果:

下院: 民主党 215:共和党 220

上院: 民主党 48 : 共和党 49、2 議席が未決。

https://msnbc.com/opinion/msnbc-opinion/midterm-election-results-prove-republican-abortion-bans-are-fails-rcna56842

現在、左派メディアの共通言語は、共和党が負けたのは、赤い波がなく、勝利が少なすぎたためである。民主党は大した負けではないと歓声を上げた😅

このスレッドを表示

何清漣 @HeQinglian  7h

説明すると、NBCのマップの下に「FLIPPED 19」の小さな文字の列があり、これは基本的に既に結果が決まっており、民主党がひっくり返すことが不可能であるが、まだ確定していないことを意味する。

民主党側には 6 名の 未確定者がいる。

何清漣がリツイート

北米保守評論 🇺🇸🇨🇦 @NAConservative9 6h

フロリダの選挙公正法が 6 月に可決されなかった場合、今の結果がどうなっていたかわからない。この選挙公正法の可決は、フロリダの努力の結果で、この 5 票を持った姉妹とDefend Floridaの草の根組織が絨毯爆撃のように多くの情報を収集し、州都に行き、70ページ以上の文書を知事に渡してやっと可決できたのは、草の根の努力の結果である。

youtube.com

愛国者の行動の共有:defend Florida フロリダ州を守る 英語と中国語での共有

Defend Florida — フロリダ州を守る は草の根組織で、5b を防ぎ、公正な選挙を保証したいと考えている組織である。彼らの仕事には、ボランティアによる多数の戸別訪問、選挙の異常の証拠、知事と議会への解決策が含まれ、議会が今週閉会する前に法案を通過させるための努力を最終的に完了した。創設者ラージとメインボランティアの 5 票の女性の共有は非常にエキサイティングである[募金の啓示] 《北米保守評論》・・・。

このスレッドを表示

何清漣 @HeQinglian  7h

米国にとって本当に悲しいことである:トランプがいなければ、共和党が勝利する見込みはない: トランプは保守陣営の選挙を支援するため奔走した:知事と両院は一院だけを制したばかりで(まだ最終確定ではない)、再び内戦が始まった。

戦え、闘争の中で立ち上がらなければ、闘争の中で滅びる。

引用ツイート

萧生客SSK🇺🇸🇨🇦 SSK🇺🇸🇨🇦 @SSK2024 7時間

トランプ大統領は、彼らが「デサンテイスを支持し、トランプを打倒する」というのは、MAGA運動の指導者を破壊しようとしているという話なのを暴露する。: https://mp.weixin.qq.com/s/iAvsVfdVKB0ljzV8abS0QQ

11/8の中間選挙でトランプが支持した254人の候補者の勝率は78%!

多くのMAGA共和党員が新しい議会に参加し、米国の政治環境は正しい方向に進んでいるが、民主党と共和党のエスタブリッシュメントが必死に阻止している・・・。

両党エスタブリッシュメントというのは、DSの談合政治屋です。

トランプが裏書きした候補者の勝率は人によってバラバラですが、大きく勝っていることは間違いない。

高濱氏の記事で、彼は民主党や日共支持のガリガリの左翼ですから、愛国者のトランプを貶めようとするのは分かります。日本の情報界で、左翼の論調しか聞けないのは、世界的な潮流だから仕方ないのかもしれませんが、洗脳されて考えない人間が世界的にいかに多いか。

NYTがデサンテイスを応援するのは、DSが彼を与しやすし、いかようにでも操れると思っているからでしょう。共和党エスタブリッシュメントに近いからか、談合政治ができると思っているのか、単に共和党を分断したいと思っているのか?上述のステファニクの言うようにトランプでまとまった方が大統領選では勝てます。民主党の不正とそれに対する共和党エスタブリッシュメントの協力がなければ。

記事

中間選挙から一夜明けて記者会見したバイデン大統領(11月9日、写真:ロイター/アフロ)

勝つには勝った共和党だが・・・

 米中間選挙で共和党は勝つには勝った。下院を奪回する公算大だからだ。

 上院選ではジョージア、アリゾナ、ネバダ3州が開票日9日中には決着がつかず、ジョージア州は12月6日に決選投票が行われることになった。

 またアリゾナ、ネバダ2州は10日夜(東部時間)現在も開票作業が続いている。

 ホワイトハウスから無理やり追い出された日から今まで、ドナルド・トランプ前大統領に搔き回されてきた共和党は、頼みの綱にしていた「Trump Tsunami」(トランプ・ツナミ)を期待していた。

 共和党支持が「レッド・ウェーブ」(赤い波=共和党の地滑り的勝利)となって米全土に巻き起こることを望んだ。

 ところが「レッド・ウェーブ」は起きなかった。確かにフロリダ州では起こったが、他の州には広がらなかった。

 選挙予想・分析では定評のあるバージニア大学政治研究所のラリー・サバト博士は、11月7日、こう予想した

    共和党 民主党

上院   51   49
下院    237   198

https://centerforpolitics.org/crystalball/articles/final-ratings-for-the-2022-election/

 ところが9日現在の選挙結果はこうだ。

    共和党 民主党

上院   49   48
下院   203    187

https://edition.cnn.com/

 共和党はあと15議席とれば下院の過半数218議席をとれるから、下院奪回はほぼ間違いない。これはジョー・バイデン政権を揺さぶるには十分なパワーになる。

上院選激戦区では1勝1敗3引き分け

 トランプ氏は、予備選段階から党内の「2020年大統領選挙結果を否定する」ことを「踏み絵」にして上下両院、知事ら各州政府要職候補を「推薦・支持」してきた。

 予備選を勝ち抜き本選挙に勝ち進んだ候補者は219人(330人という説もある)。そのうち11月9日段階で当選した候補は164人。「トランプ主戦投手」の勝率は56%だ。

 上院選激戦区のアリゾナ、ジョージア、ペンシルベニア、オハイオ、ネバダ5州の共和党候補は全員、トランプ氏の息のかかった「トランプ派」だった。

  • アリゾナ州:ブレイク・マスターズ
  • ジョージア州:ハーシェル・ウォーカー
  • ペンシルベニア州:メーメット・オズ
  • オハイオ州:J・ D・バンス
  • ネバダ州:アダム・ラクソルト

 このうち、オハイオ州のバンス氏(53.2%)は、現職下院議員の民主党候補トム・ライアン氏(46.7%)に6.5ポイントつけて辛勝。

 一方、ペンシルベニア州のオズ氏(47.1%)は、民主党候補のジョン・フェターマン氏(50.5%)に3.4ポイントをつけられて惜敗。

 決選投票に持ち込んだネバダ州のラクソルト氏は得票率49.9%と民主党のコルテス・マスト氏(47.2%)をリードしている。

 ただ、ジョージア州のウォーカー氏(48.7%)は民主党のラファエル・ウォーノック氏(49.2%)に後れを取っている。

 つまり激戦区の「トランプ派」候補の勝敗は、1勝1敗3引き分け。

「辛勝」の責任で党内ではサンドバッグ

 党内には、「トランプ色がなければもっと楽勝していたはずだ」といった声が出始めている。

 保守系ワシントン・タイムズは「トランプ氏、政治的サンドバッグになり始めた」と報じている。

https://www.washingtontimes.com/news/2022/nov/9/trump-becomes-political-punching-bag-underwhelming/

 リベラル中道派のロサンゼルス・タイムズのベテラン政治記者、デイビッド・ラウター氏などは、「中間選挙の最大の敗者(Big Loser)はトランプ氏だ」と言い切っている。

「2016年以降今まで、選挙で勝って公職についていたほとんどの共和党政治家はトランプ氏を恐れ、彼の持っているとされた票田欲しさに一切口答えすらしてこなかった」

「だが今回の選挙結果で明らかになったのは同氏がいかに脆いかということだった」

「トランプ氏に距離を置くフロリダ州のロン・デサンテス知事は、得票数の6割を集めて当選した。今や、共和党のビッグ・スターの一人として躍り出た。彼に続く州知事も数人いる」

「特に同州では民主党の牙城であるマイアミ・デイド郡で55.3%の票を集めるなど圧倒的な支持を集めた」

「共和党もそろそろ宗旨替えする時期に来たのかもしれない」

https://www.latimes.com/politics/newsletter/2022-11-09/the-midterms-big-loser-trump-suffers-multiple-defeats-essential-politics

「ジ・アトランティック」の政治コラムニスト、デイビッド・フラム氏は「デサンテス氏がトランプ氏から共和党を奪い取るなら今だ」と書いた。

https://www.theatlantic.com/ideas/archive/2022/11/now-ron-desantis-has-wrest-gop-off-donald-trump/672046/

またニューヨーク・タイムズのコラムニスト、ロス・ドウザット氏はこう指摘した。

「デサンテス氏は共和党保守の根底にあるキリスト教理念を大切にし、現実の諸問題の解決に取り組もうとしている」

「これがトランプ氏とは大きく異なる点だ。90秒の選挙コマーシャルに神(God)という言葉が10回も出てくる」

「同氏のセオリーではノーマルな状態に戻るということは、何も感傷的になれということではなく、自ら保守的文化の化身になるということだ」

「過激なリベラル・メディアや(新型コロナ対策でマスク着用を強制した)アントニー・ファウチ博士、(フロリダ州の初等教育方針に反して営業を続ける)ディズニーワールドと戦う戦士になるということだ」

「こうした保守主義の理念を貫く政治姿勢は、同州では民主党の金城湯池であるマイアミ・デイド郡で55.3%もの票を集める結果を生んでいる。同氏への圧倒的な支持は党派を超えて広がりを見せている」

「トランプ氏にはない精神的安定感と地に足のついた政治スタンスは、全米レベルで評価され始めている」

「まともな社会のノーマルな政党なら、デサンテス氏は今回、2024年の大統領選挙に向けてフロントランナーとして躍り出たことになる」

「トランプ氏が2015年登場して以来、共和党がノーマルであったことは一度もない」

https://www.nytimes.com/2022/11/09/opinion/ron-desantis-midterms.html

https://www.nytimes.com/2022/11/09/opinion/ron-desantis-god-complex.html

圧勝オハイオ州知事もトランプ氏とは一線

 トランプ氏とは一線を画し、大勝した共和党州知事には、オハイオ州のマイク・デワイン知事(75)がいる。

 上下両院議員を歴任し、州知事2期を目指した。予備選では親トランプ派候補が挑んだが、実績とクリーンなイメージで一蹴した。

 本選挙では民主党新人のナン・ウェーリー・デイトン前市長(45=37.2%)が挑戦したが得票総数の62.5%を獲得しての楽勝だった。

https://edition.cnn.com/election/2022/results/governor?admin1=39&election-data-id=2022-GG&selected-election-data-id=2022-GG-OH&election-painting-mode=projection&filter-key-races=false&filter-flipped=false

 共和党のトランプ離れは、デサンテス氏を中心とした地方から出てきそうな気配がする。

トランプ氏を待ち構える訴追・召喚

 一方、民主党の善戦に胸を撫で下ろしたバイデン大統領は11月9日、ホワイトハウスで記者会見し、こう述べた。

「民主主義と米国にとって良い日だ。われわれの民主主義を守りたいという(有権者の)明確なメッセージだ。巨大な『レッド・ウェーブ』は起きなかった」

「(2024年の大統領選に)出馬するつもりだ。最終的には家族と協議した上で決める。来年の早い時期に決断するだろう」

 またバイデン氏はこうも述べた。

「(下院で共和党が多数を制しても)共和党と妥協する用意がある」」

「(今月中旬のインドネシアでの)20カ国・地域首脳会議(G20サミット)から帰国後、ホワイトハウスに民主、共和両党の幹部を招き、政策の優先課題について協議する」

https://www.whitehouse.gov/briefing-room/speeches-remarks/2022/11/09/remarks-by-president-biden-in-press-conference-8/

 次期下院議長が有力視されているケビン・マッカ―シー共和党下院院内総務も選挙中、民主党との妥協路線を模索すると述べている。

 中間選挙直後だけに、有権者の手前、インフレ、物価高騰といった至上命題解決で与野党が協力する下地はありそうだ。

 場外では、トランプ氏の訴追問題が始まる。

 米議会乱入事件を追及してきた下院特別委員会はトランプ氏に召喚状を突きつけている。

 同委員会も会期末に向けて最後のトランプ追及に拍車をかける。

良ければ下にあります

を応援クリックよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください