『今こそ中国の「社会帝国主義」に立ち向かうタイミング、機会逃せば手遅れに 中国が加速させる台湾統一、「台湾有事」は「日本有事」と心得よ』(11/10JBプレス 譚 璐美)について

11/10The Gateway Pundit<Pence’s New Memoir Throws Trump Under The Bus For Questioning 2020 Election — Forgets He Promised Trump Voters, “We’ll Hear The Objections, We’ll Hear The Evidence”>

何故ペンスが下のビデオの話から心変わりしたのか?エプスタインとの関係?

From the video:

“We all got our doubts about the last election. I want to ensure you I share the concerns of millions of Americans about voting irregularities. I promise you come this Wednesday we will have our day in Congress. We’ll hear the objections, we’ll hear the evidence.”

https://twitter.com/i/status/1359192202442911751

https://twitter.com/i/status/1590461970326511616

https://www.thegatewaypundit.com/2022/11/pences-new-memoir-throws-trump-bus-questioning-2020-election-forgets-promised-hear-objections-hear-evidence/

11/10The Gateway Pundit<Former Trump Cabinet Member Says: McCarthy “In Serious Trouble As A Candidate For Speaker>

一番問題なのは、米国が冷たい内戦時に、有事の指揮官でなく、平時の指揮官であること。

The Epoch Times reported:

House Minority Leader Kevin McCarthy (R-Calif.) has declared that Republicans will take back the House of Representatives.

A GOP takeover of the House would likely mean that McCarthy will become the speaker of the House for the 118th Congress.

“I want to thank the millions of supporters across this country,” McCarthy said on Nov. 9.

Russ Vought, who was the Director of The Office of Management and Budget under Trump, explained that Kevin McCarthy “is in serious trouble” in his race for Speaker of The House.

Twitter Thread from Russ Vought:

Kevin McCarthy is in serious trouble as a candidate for Speaker. Let me explain. 🧵 1/x

It starts with the fundamentals. The vote for Speaker is not behind closed doors. It is on the floor of the House of Representatives. There is no lying back home about how one voted. And all Dems vote against the GOP nominee, always. 2x

House conservatives will not need a majority to prevail. They merely need to block & veto until they get an acceptable candidate. Exactly how many depends on the final slim majority, but it will not be a lot. 3/x

Conservatives will have a difficult (I would say impossible) time explaining a vote for McCarthy back home for many reasons, but mainly for being a peace-time leader when we are in a cold civil war who will manage the GOP away from conflict instead of seizing it by the throat 4/x

In other words, the fundamentals present a cartel-busting vote, and all you need is a few members to go public. We already have that in
@mattgaetz, @bobgood, @chiproytx. That number will grow as members come off the trail. The trend lines are already in our direction. 5/x

Today is for thanking those already gone public. Build the numbers of members who want change & publicly say they are against McCarthy today. Talk of the replacement candidate comes next & at the moment, thwarts the momentum needed to build the fight 6/6

https://www.thegatewaypundit.com/2022/11/former-trump-cabinet-member-mccarthy-serious-trouble-candidate-speaker/

11/10The Gateway Pundit<EXCLUSIVE: Unexplained Ballot Drop in GA Senate Race Likely Prevented Herschel Walker from Winning Race Outright – ‘Drop and Roll’ Pushed Race to Runoff>

民主党が2020年で味を占めて何度も不正をするのは分かっていたはず。共和党は異議申し立て或いは訴訟しないと。共和党とその支持者は不正な結果が生む政策で苦しむことになる。

On Tuesday in the 2022 Midterms, the “Drop and Roll” occurred in the Michigan Governor race just like it happened in the 2020 Presidential Election.  It also occurred in the Minnesota Governor’s race.  We now have evidence that it also occurred in the Georgia Senate race stealing the win from Republican Herschel Walker. 

THIS NEEDS TO BE INVESTIGATED.

https://www.thegatewaypundit.com/2022/11/breaking-drop-roll-occurred-georgia-senate-race-may-prevented-herschel-walker-winning-race-outright/

11/10Rasmussen Reports<Media’s Midterm Coverage Was Bad, Most Voters Agree>

Less than half of voters think the news media did a good job covering the midterm campaign, and nearly half believe the coverage was biased in favor of Democrats.

The latest Rasmussen Reports national telephone and online survey finds that only 13% of Likely U.S. voters rate the media coverage of this year’s congressional campaign excellent and another 24% rate it good. Twenty-three percent (23%) give the media’s midterm coverage a fair rating and 33% rate it poor.

https://www.rasmussenreports.com/public_content/politics/biden_administration/media_s_midterm_coverage_was_bad_most_voters_agree

11/11看中国<亚利桑那州计票太慢 川普质疑舞弊重现(图)=アリゾナ州は票を数えるのが遅すぎる、トランプは詐欺の再発を疑う(写真)>米中間選挙の3日後、アリゾナ州は上院を決める重要な州の1つであるが、依然としてゆっくりと開票を行っている。

アリゾナ州での 2つの選挙戦は注目に値する。 1つは、トランプが支援する共和党候補のカリ・レイクと民主党の対抗馬であるケイティ・ホッブズ州務長官の間の知事選、2つ目は共和党のマスターズと民主党のケリーとの上院議員の決戦である。

アリゾナ州の選挙当局は水曜日の夜、マリコパ郡ではまだ 400,000 票以上の計票が行われていると述べた。他の郡では数万票がまだ集計されていない。これらの投票用紙のほとんどは、選挙日の最終日に配達された郵便投票用紙、または同じ日に直接運んだ投票用紙である。

フォックスの地方放送局は、州最大の郡であるマリコパで未集計の投票が多すぎたため遅延が発生したと考えており、遅れて着いた郵便投票の検証も集計プロセスを遅らせた。

Portal Expertsの報道によると、有名な元テレビ司会者のレイクは、州全体の選挙結果で大きな優勢を持っており、共和党知事の明確な勝者となっている。 「なぜマリコパ郡が投票用紙を数えるのにこれほど時間がかかっているのかはわからないが、郡が最終的に結果を発表するときに、我々のリードが続くことを期待している。他の郡では既に勝ち、そしてマリコパでも勝つことを願っている」とレイクの選対は語った。

ツイッターで保守派は、「投票所が閉鎖されてから数時間後に結果を発表したフロリダ州と比べれば、アリゾナ州の選挙当局は、集計を遅らせる言い訳ができない」と非難した.

保守派のコラムニストのティム・ヤングは次のようにツイートした。「フロリダ州は米国で 3 番目に人口が多いが、投票結果は数時間で集計される。アリゾナ州は人口で 14 番目だが、まだ 70% しか集計されていない・・・なぜ??」

「フロリダはアリゾナより何百万票も多く計票するだけでなく、州はハリケーンに備えて数時間以内に計票を終えた。アリゾナの言い訳とは何か?」

共和党のアリゾナ州司法長官に指名されたハマドは、州が票の集計に失敗したことを非難し、「アリゾナ州は選挙日に結果を出すべきだ。これは恥ずかしい。マリコパ郡は責任を問われる必要がある」と書いた。

詐欺の疑いが十分にある。

https://www.secretchina.com/news/gb/2022/11/11/1021399.html

11/10希望之声<麦卡锡宣布胜选将推三件事 非法移民问题亟待解决)=マッカーシーの勝利宣言は 3つのことを後押しする、不法移民の問題は早急に解決する必要がある>米国の中間選挙の結果はまだ出ていない。 “Fox News” は、11/ 9の早い時間に下院共和党の指導者ケビン マッカーシーが勝利を宣言したと報じた。マッカーシーは、共和党が下院で勝利した場合、米国にとって重要な 3 つのこと、すなわち国境の安全確保、政府支出の削減、バイデン政権への厳格な調査の開始を直ちに進めると述べた。

バイデンの腐敗を追及すべき。

https://www.soundofhope.org/post/670041

11/11阿波羅新聞網<夏林:中期选举没出现“红色浪潮”2个关键因素—略谈美国2022中期选举=夏林:中間選挙に「赤い波」がなかったことの 2つの重要な要因 – 2022 年の米国中間選挙に関する簡単な議論>今年、4,000 万人以上の米国人が郵便投票を使った。つまり、有権者の約 4割が直接投票せずに郵便投票を利用した。これは非常に見るべき値打ちがある。以前は、不在者投票とも呼ばれた郵便投票は、厳しい条件の下でのみ利用できた。直接投票するよりも簡単に不正ができるからである。 2020 年の 中共ウイルスのパンデミック以降、民主党はこれを口実としてその適用を精力的に推進してきた。 2020年の選挙で初めて大規模に使われたが、それがどのようになったかは誰もが知っている。今年は、2020 年よりも数百万件多い郵便投票があり、特に主要な激戦州で多い。

益々不正が行われるようになる。共和党は真剣に手を打つべき。

https://www.aboluowang.com/2022/1111/1828375.html

11/11阿波羅新聞網<美学者:习近平极端集权 未来5年局势恐不稳=米国の学者:習近平の極端な権力集中は、今後 5 年間の情勢を不安定にする恐れがある>中共総書記である習近平は、中共20大の後に連任され、新しい指導部は腹心たちで構成されている。米国の学者である謝淑麗は、それを「非常に中央集権化された」と表現し、中共の幹部層は権力の分配を失い、意思決定の質は低く、今後5年間の情勢は完全には安定しないだろうと述べた.

https://www.aboluowang.com/2022/1111/1828330.html

何清漣 @HeQinglian  12h

最近、フォン・デア・ライエンは習近平か習近平の代理人と電話をしたのか?電話で、EU が中国でのレアアース採掘権掌握を、習近平は承認したのだろうか?それとも協力することに同意したのか? ——協力に同意するということは、将来、株式の性格上、発言権をゆっくりと得られるということ。

引用ツイート

薛丁丁帰来 @xuedingding01  19h

EU委員長:中国のレアアースはEUにとって非常に重要であり、西側によって管理されなければならない。

EUのフォン・デア・ライエン委員長はEUサミットで、新エネルギーの開発に不可欠なリチウム鉱石やレアアースなどの資源のほとんどは中国の手中にあり、欧州の安全保障に脅威を与えており、EUは同盟国と団結して、これらの資源を西側の手に置き、西側によって開発されることを確保すると述べた。

いくつかの料理はこのように飲む🙄

何清漣 @HeQinglian  13h

米国民主党の州が開票時間を遅らせるのに苦労しているのを見て、米国左翼は哀れむべき、かつ笑える存在と感じる。

世界には米国に学びたい左翼政権がたくさんあるが、自分の能力を伸ばさなければ、ミャンマーみたいになり、面白くない。

ブラジルはかつて軍事政権であったが. 何年にもわたる左翼の文官政治を経て、この伝統は薄れてきている。

https://twitter.com/i/status/1590652479808864256https://twitter.com/i/status/1590652479808864256

何清漣 @HeQinglian  12h

ウクライナは米国民主党から学んでいる。

米国民主党とバイデン政権は、選挙でも大きな劇を演じた。教唆犯-金主-教師は輝かしい模範を示し、従者-被支援者-弟子は、教師を喜ばせるため、トリックを1つまたは2つ学んだ。どこか間違っているか?信じないなら、いつの日か教師は弟子から、「これはあなたから学んだことだ」と責任を問われるだろう。

引用ツイート

Ezio Mao ☢ @KELMAND1 16h

ウクライナは、ヘルソンの最前線にロシアが遺棄した装備を配置し、ヘルソンの大勝利に対する情報攻勢を準備する。

何清漣 @HeQinglian  7h

上院で最後の未決の1議席を争うため、ジョージアに多額の資金が注ぎ込まれた。

米上院の民主党陣営は 11 / 10、ジョージア州上院議員の決選投票に 700 万ドルを投入すると発表した。これは、上院の支配権をめぐる両党の戦いの最新の大きな投入である。

2020 年のジョージア州の選挙が混乱に満ちていたことを覚えているかどうか?交通事故、深夜の選挙不正、中国人の影?贈収賄問題を含む。

何清漣 @HeQinglian  12h

歴史的経験は、若者が導く社会は必ずや悲劇で終わることを教えてくれる。

20世紀以降、欧米(主に欧州)から世界に、左翼が本格的に広がり、欧州では二度の世界大戦と共産主義思想に導かれた議会がソビエト連邦を産み、中国では中共が台頭し、権力を掌握した。 1930 年代後半から 1940 年代にかけて、革命青年が相次いで延安に逃れ、何が起こったかは皆の知るところである。

引用ツイート

陶瑞 TaoRay @realTaoRay Nov 10

ペンシルバニア州の死亡した民主党議員が再選された。何年にもわたって、特に若者の間で、民主党の票田がますます強くなっていることを私は観察してきた。敵と自分との関係や、階級的な立場の問題と捉えて洗脳されているからである。大学では、数え切れないほどの学生が票を獲得し、民主党にチエックを入れるのを見てきた。保守派は政策志向であり、彼らの投票はしばしばそれほど鉄板ではない。

何清漣 @HeQinglian  1h

下院選挙では、7時直後の ロイターの更新では、共和党が 211 議席を獲得し、計票は90% を超えたが FLIP (Last Call) を達成していない選挙区がさらに 17 ある。

米国のすべての選挙マップは、これほど明確ではない。

URLをクリックして見てください。

https://reuters.com/graphics/USA-ELECTION/RESULTS/dwvkdgzdqpm/

何清漣 @HeQinglian  1h

訂正:計票90%が17選挙区前後で、3 選挙区が 99% を超えている。

何清漣 @HeQinglian  4h

冗談じゃない。

選挙前、胡錫進は、ジョージアの中国人コミュニティが地元の政治に大きな影響を与えていると述べた。 「楊千刀」もまた、決戦投票の50日前に多くの人々をジョージア州に住まわせた。来年1月(12/6の誤り)のジョージア州の決選投票で、北京が再びバイデングループを支援するかどうか予測してみて。

引用ツイート

何清漣 @HeQinglian  7h

上院で最後の未決の1議席を争うため、ジョージアに多額の資金が注ぎ込まれた。

米上院の民主党陣営は 11 / 10、ジョージア州上院議員の決選投票に 700 万ドルを投入すると発表した。これは、上院の支配権をめぐる両党の戦いの最新の大きな投入である。

2020 年のジョージア州の選挙が混乱に満ちていたことを覚えているかどうか?交通事故、深夜の選挙不正、中国人の影?贈収賄問題を含む。

何清漣がリツイート

L JM🇺🇸  @zhixiangziyou  2h

速報:テキサス州の連邦判事は、ジョー・バイデン大統領が数千億ドルの学生ローン債務を帳消しにする計画は違憲であり、覆さなければならないという判決を下した。

8日の前の判決、🐷党の得票数は?

引用ツイート

unusual_whales @unusual_whales n 5h

速報: テキサス州の連邦判事は、ジョー・バイデン大統領が数千億ドルの学生ローン債務を帳消しにする計画は違憲であり、撤回しなければならないという判決を下した。

このスレッドを表示

何清漣 @HeQinglian  2h

下院民主党選挙委員会の議長であるショーン・パトリック・マロニーは、今週、下院の再選で敗れた。11/ 10、彼は MSNBC の「モーニング・ジョー」で、今回のNY下院で民主党が下院の支配権を握るはずだった重要な選挙に敗れたと述べた。「私は人々をがっかりさせた.」

👏👏

何清漣 @HeQinglian  2h

このニュースは特に重要である。

ショーンはNY州下院の共和党候補マイケル・ローラーとの接戦に敗れた。

ローラーは、NYの第 17 議会選挙区で、米国下院議員を 10 年近く務めたマロニーを破った。共和党か民主党かを問わず、選挙委員会委員長が選挙で敗れたのは 1980 年以来のことである。

https://twitter.com/i/status/1590870496710885376

何清漣 @HeQinglian  2h

ロイターの選挙マップを仔細に見た後、気分が良くなり、ツイートした。

すべての普通の人が私と同じように気分が良くなりますように。

今回も民主党が引き続きバイデン・カーブが見られれば、米国は神の見捨てる地になるだろう。

何清漣がリツイート

萧生客SSK🇺🇸🇨🇦 🇦  @SSK2024  5時間

デサンティスの勝利演説:世界が狂っているとき、フロリダは正気の人の避難所である。: https://mp.weixin.qq.com/s/G6OtmouGcBiu3wzOPH1JXg

この国の他の多くの司法管轄区域は藤葛の上で枯れたが、フロリダはその地位を堅く守っている。我々は脅威よりも事実を選び、洗脳よりも教育を選び、暴動や無秩序よりも法と秩序を選んだ・・・。

譚氏の記事で、鄧小平の言ったことが最後に挙げられていますが、そう言った後、彼は平気で天安門事件を起こします。だから社会帝国主義打倒なんて言ったのは眉唾でしょう。所詮、嘘つき中国人の一人です。その点、習近平の方があけすけに公開するから良い。習の中共は世界が警戒しますが、鄧のやり方だと、世界で騙される人は多くいる。

記事

10月27日、習近平主席ら中国共産党の最高指導部7名は、「革命の聖地」である陝西省延安市を視察した(写真:新華社/アフロ)

(譚 璐美:作家)

10月26日、中国共産党第20回大会が終幕し、党の最高規則である「党規約」の内容が公表された。この中で、「『台湾独立』に断固として反対し、抑え込む」という表現が新たに盛り込まれ、「祖国統一の大業を完成する」という目標が示された。また、2035年までに社会主義の現代化をおおむね実現させ、今世紀半ばまでに「社会主義現代化強国」を築く戦略も明記された。

これを受けて、AFP(10月27日付)は、米国のアントニー・ブリンケン国務長官が26日、米通信社ブルームバーグ・ニュースのイベントに参加した際のコメントを報道。ブリンケン氏は、中国は台湾に対する長年の「現状維持」路線を放棄し、台湾統一計画を加速させていると述べた。

米国のブリンケン国務長官(写真:AP/アフロ)

台湾問題は自由主義vs全体主義の「天下分け目の戦い」

長年の「現状維持」路線とは、1972年2月にニクソン米大統領(当時)が中国を訪問し、米中共同声明(上海コミュニケ)を発表して、両国が国交正常化に向けて努力する一方、台湾は中国領の一部であるとする「一つの中国」原則を認知したことに続いて、1979年1月、米中両国が正式な外交関係を結び、直前に発表した第二次上海コミュニケでも「台湾は中国の一部である」と再確認したこと。さらに1982年8月、第三次米中コミュニケによって、米国が台湾への武器供与を削減する一方、中国は台湾を平和裏に維持していく方針を明示したことなどを指している。

その間、1980年に開始されたハイレベルな交流によって、米中対話は深化し、世界戦略や政治経済、軍事関係が親密になり、国連を中心とした多国間の武器の管理や麻薬取引の撲滅などで効果を上げてきた。まあ、この時代は「米中蜜月時代」だったといえるだろう。

今回のブリンケン氏のコメントは、こうした約40年にわたる現状維持路線が「台湾の危機回避に役立ってきた」とした上で、「それを変えたのは中国政府だ。中国は、現状維持はもはや容認できないと判断し、統一に向けたプロセスを早めることを望んでいる」と述べたのである。

だが、これは中国に対して単に「長年の約束を破った」と怒っているのではない。今後一世紀にわたる世界の方向性を決める重大な局面にあり、強い危機感を抱いているのである。これは全体主義と自由主義の戦いであり、台湾問題こそが「天下分け目の戦い」だからだ。

香港の運命を見て「中国とは絶対に融合できない」と身に染みた台湾の人々

振り返れば、台湾問題は根が深い。蒋介石総統率いる国民党と毛沢東率いる中国共産党が内戦に突入したのは1945年。「三大戦役」によって国民党が大敗を喫し、蒋介石は中華民国の政権中枢をそのまま率いて台湾へ避難した。そして今にいたるまで台湾を拠点として存続している。対する中国共産党は、1949年、国民党がいなくなった中国本土で中華人民共和国の樹立を宣言した。

以来73年間、中国と台湾はずっと対立しつづけてきた。要するに、中国共産党は政権を取ったものの、今にいたるまで完全に中国を制覇したと言えないのである。

台湾では、中国に融和的な馬英九政権の時代に中国本土との交流が進捗し、観光や合弁企業などが急増した。しかし、中国の国内事情を深く知るにつれ、未整備な法律、無法状態の社会、倫理観の欠如した国民性に嫌気がさし、全体主義に呑み込まれることの恐怖感から、独立を望む声が高まった。

「香港返還」以後、それまで維持されてきた「一国二制度」が、2021年の「国家安全維持法」によってあっけなく反故にされ、中国の全体主義に呑み込まれていく香港の姿を目にしてからは、「明日は我が身か」という切実な危機感から、台湾の人々は是が非でも「自由」を死守したいとの思いを強くした。もはや中国と台湾は絶対的と言ってよいほど融合できない関係なのだ。

経済失速が見え始めた習近平体制、「歴史的偉業」のために台湾統一に固執する可能性大

中国は、「2028年までにアメリカ追い抜き、世界最大の経済大国になる」と豪語している。それが予測可能なことは、これまでの経済成長の勢いをみれば、誰もが認めざるを得なかっただろう。

しかし、ここへきて先行き不安が生じている。中国国内では不動産バブルが弾け、コロナへの過度な規制で経済的ダメージを受けている。人口減少と急速な高齢化、失業率の増加と立ち遅れた社会福祉も、経済成長の足を引っ張る大きな要因だ。富裕層を法規制して資産を国有化し、共産党一極に経済的な権力を集中させる政治中心主義は、西側国にとっては「国家リスク」と映り、対中投資に二の足を踏む原因になっている。

習近平国家主席は三期目の続投が決まったものの、もし経済成長という成果を誇示できなければ、外へ目を向け、武力を行使してでも「台湾統一」を実現し、「歴史的偉業」を成し遂げたことをもって三期目の成果とするほかにない。さもなければ、中国の「歴史に名を残す」という願望も潰えてしまうからだ。

だが、「台湾統一」は中国の国内問題では済まされないことは周知の事実だ。

もし焦燥感に駆られた中国が武力を行使して台湾を侵攻すれば、米国ばかりか日本を含めた周辺国も否応なく巻き込まれ、あるいは積極的に参戦し、世界の平和維持は極めて困難になる。中国は武力行使の勢いに乗って、尖閣諸島や沖縄もとりに来るだろう。「台湾有事」はそのまま「日本有事」に直結している。

おまけに南シナ海の強硬な領有権主張や、「一帯一路」政策が招いたのは「債務の罠」ばかりではない。

南米の漁場や鉱物資源を荒らしまくる中国漁船や中国企業。漢方薬の原料としてアフリカのライオンやロバの骨・皮を密輸入し、絶滅寸前に追いこんでいる無慈悲で卑劣な暴挙も目に余る。

仮に中国が「台湾統一」を実現したとすれば、それは米国ばかりか世界中の国々が、中国の行為を容認したことになり、次の一世紀に中国の覇権が世界の隅々にまで及ぶことは間違いないだろう。今はその瀬戸際にある。さて、世界はどうするか。

鄧小平が残した戒め

1974年の国連総会第6回特別総会における鄧小平の演説の一節をご紹介しよう。

「もしも中国がいつの日か変節し、超大国となり、しかも世界の覇権を握り、至るところで他国をいじめ、侵略し、搾取するようになったなら、その時には、世界の人民は、中国のことを『社会帝国主義だ』と非難し、中国の悪事をあばき、中国に反対し、そして中国人民と協力して中国を打倒すべきです」

日本を含めた世界の国々は、未来の「自由」を守るために、「社会帝国主義」をばく進する中国に対して、今こそ総力を結集させて立ち向かう時ではないか。

良ければ下にあります

を応援クリックよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください