『トランプの選挙ボランディアに潜入、出会った中国系米国人「陰謀論者」の意外な正体』(11/7ダイヤモンドオンライン 横田増生)について

11/7The Gateway Pundit<“I Recommend Voting for a Republican Congress” – Elon Musk Urges Independent Voters to Vote for Republicans this Midterm Election>

マスクに言われなくとも、良識を持っている人は共和党に投票するでしょう。

Earlier this year, Elon Musk announced that he was done voting for Democrats. Thanks to the party’s embrace of destructive policies and authoritarian ideologies, the long-time registered Independent announced his intentions to vote Republican for the first time.

In an interview on the “All-In Podcast,” Musk explained that he views himself as “neither a Republican nor a Democrat,” and would describe himself as more “moderate,” however, he has always pulled the lever for the left, which won’t be the case this time around.

https://www.thegatewaypundit.com/2022/11/recommend-voting-republican-congress-elon-musk-urges-independent-voters-vote-republican-midterm-election/

11/7Fox News<Sabato makes final calls for control of US House, Senate, gubernatorial races Republicans have capitalized on issues like rising crime and tackling inflation to gain support>

サバトの予想では上下両院、知事選とも共和党が勝つと。

With a day to go before the midterm election, political scientist and analyst Larry Sabato has made his final prediction for which party will win in the U.S. House, U.S. Senate, and gubernatorial races.

Sabato’s analysis, “Final Ratings for the 2022 Election, was published Monday in his newsletter, “Sabato’s Crystal Ball.”

In short, Sabato predicts that Republicans will win the Senate, 51-49, with a net gain of one seat. His final House pick is for Republicans, 237-198, netting a gain of 24 seats. In the gubernatorial race, Sabato predicts that Republicans will win 29-21, gaining one governorship.

https://www.foxnews.com/politics/sabato-makes-final-calls-control-us-house-senate-gubernatorial-races

11/7看中国<川普呼吁支持者周二去投票粉碎共产主义(图)=トランプは火曜日に共産主義をつぶすため投票するよう支持者に呼びかける (写真)>米中間選挙の投票日、11/8(火)を目前に控えたトランプ前大統領は6日(日)、フロリダ州マイアミで「投票に行こう集会Get Out the Vote Rally」を開催し、極左の民主党員が米国で推進している共産主義のアジェンダを粉砕し、米国が「共産主義」の国になるのを防ぐために、支持者は、火曜日に投票に行き、共和党に投票するよう呼びかけた。

自由の国アメリカで左翼が跋扈するのは狂っているとしか思えない。

https://www.secretchina.com/news/gb/2022/11/07/1021122.html

11/8看中国<麦卡锡筹得5亿 中期选举或取代佩洛西(图)=マッカーシーは中間選挙で5億$を調達、選挙後ペロシに取って代わるかも (写真)>明日(11/8)に中間選挙が行われる。新しい世論調査では、ナンシー・ペロシ下院議長は、今回の中間選挙で自分と共和党のために5億$の資金を調達した下院共和党のリーダー、ケビン・マッカーシーに交代することを示している。

火曜日の中間選挙では、上院の 100 議席のうち 35 議席が今回の選挙となり、下院の 435 議席すべてが改選され、36 州が知事を選出する。

多くの世論調査では、共和党が下院で勝利することがほぼ確実であるのに対し、上院は比較的膠着状態にあると。

11 /6、世論調査ウェブサイト FiveThirtyEight は、共和党が上院で 54 議席を獲得し、民主党が現在の 50 議席から 46 議席に減る可能性があると予測した。共和党は下院で 213 ~ 247 議席を獲得する確率は 80% で、民主党は過半数を失うことになる。

これは、米国史上唯一の女性下院議長であるペロシの政治的キャリアが終わりを迎える可能性が高いことを意味する。 82歳のペロシが再選されることはほぼ確実であるが、一部のメディアは以前、彼女が議長として再選されない場合、イタリア系のペロシがイタリアの米国大使を務める可能性があることを明らかにした。

謀略の得意なペロシはイタリアでマフィアと仲良くすれば。

https://www.secretchina.com/news/gb/2022/11/08/1021137.html

11/8阿波羅新聞網<蓬佩奥最新致中国人民视频: 自由与民主是普世价值,对中国人民也适用=ポンペオの中国国民向け最新動画:自由と民主主義は中国国民にも当てはまる普遍的な価値>ワシントンに本拠を置くシンクタンクのハドソン研究所中国センターは、月曜日(11/ 7)に、マイク・ポンペオ元国務長官による最新のビデオ「自由と民主主義は中国国民にも当てはまる普遍的な価値」と題して公開した。これは、センターの「ハドソン・ナイト・トーク – ポンペオから中国人へ」というタイトルのシリーズの第 4 話でもある。

ポンペオが言った自由と民主主義は普遍的価値である。

https://www.aboluowang.com/2022/1108/1826665.html

11/8阿波羅新聞網<俄罗斯海陆队员上书告“无能”指挥官 4天大屠杀折损300员、半数军备=ロシア海兵隊は4 日間の大虐殺で300 名と半分の装備を失う、「無能な」司令官と報告>ロシア海兵隊は、無能な司令官を「大砲の餌食」にしたとして告発し、4 日間にわたって 300 人の死傷者を出したと非難した。同時に、兵士たちが訓練所で「反乱」を起こし、視察に来た将軍たちが「恥ずべきこと」で「出て行け」と言ったビデオ映像もある。

ロシア兵の無様さが世界に知れ渡った。

https://www.aboluowang.com/2022/1108/1826671.html

11/8阿波羅新聞網<习近平声言反对核武是警告普京?大逆转=核使用反対の習近平発言はプーチンへの警告?大逆転>先週、ドイツのショルツ首相が北京を訪問した際、習近平中共国家主席は「核兵器の使用または使用の威嚇に反対する」と述べたが、これは多くの西側メディアによって「中国はプーチン大統領に警告している」と解釈された。外界からの批判を受けたショルツも、これを成果として、自己弁護した。しかしアナリストは、習近平の発言は「ロシアに対するというよりも、ショルツに対するジェスチャーのようなもの」だと述べた。

まあ、中国人は嘘つきですから。

https://www.aboluowang.com/2022/1108/1826715.html

何清漣がリツイート

綾波 @dinglili7  11月 6日

WSJ:

ウクライナの紛争は、世界の舞台で軍事力で敵を抑止する米国の能力が低下していることを示している。

この見方は、米国武装部隊戦略司令官のチャールズ・リチャード将軍によって表明された。彼は、米国が中国を抑止できる力は事実上ないと考えている。彼は米国を沈みゆく船になぞらえた。

何清漣がリツイート

北米保守評論 🇺🇸🇨🇦  @NAConservative9  11月6日

《今回の中間選挙はなぜ治安を問う選挙なのか? 》

民主党は、治安問題で情報が混乱している。彼らは、犯罪問題は共和党の脅迫キャンペーンに過ぎないとまず言った。ますます多くの民主党員がこの問題を認めているのに、犯罪率は赤い州で実際は高いという滑稽な主張をしている。彼らはこの問題を解決する約束をしなかった。

左翼の責任転嫁は常套手段。

何清漣 @HeQinglian  11月7日

WPの報道:

米国は、ウクライナに対し、ロシアと交渉する意思を示すよう非公式に要求

しかし、鼓舞の目的は、ウクライナを交渉のテーブルにつけることではなく、キーウ政府が他の国の支持を維持することを確実にすることである。戦争の破壊は、欧州、アフリカ、ラテンアメリカの一部で食糧と燃料の供給に影響を与えており、米国の世論調査は、ウクライナ軍への資金提供を継続することに対する共和党員の支持が弱まっていることを示している。

washingtonpost.com

米国はウクライナに、ロシアとの交渉の余地があることを示すよう非公式に要求している

この鼓舞は、ウクライナを交渉のテーブルにつけることを目的としているのではなく、支持者の目から見た道徳的な高みを維持することを目的としている。

何清漣 @HeQinglian  11月7日

ニューヨークポストは、バイデンが米国経済を不況から守るために散弾銃を使う準備ができていると述べたことを特集した。多くの人は、WHのトップの精神状態では責任ある地位に就くのはできないと感じている。

例えば:

8100万人…忘れることはできない、かかしが一つだけいる。

次期大統領は従うべきかどうか。

@ElonMusk

トップと連邦官僚の半分は解雇?

引用ツイート

ニューヨーク・ポスト @nypost 11月5日

バイデンは「私のショットガン」は不況を防ぐ準備ができていると言い、アフガニスタンを「神に見捨てられた場所」と呼んだ https://trib.al/umXcJSy

何清漣 @HeQinglian  41m

「習近平思想」は中国をどこへ導くのか?

https://rfa.org/mandarin/pinglun/heqinglian/hql-11072022132732.html

人民経済、人類運命共同体、グリーン経済は、「世界のリーダー」を目指して努力するための理論的道具で、習は毛沢東の衣鉢を継ぐ。

経済活動に対する党の指導の強化、公有制主体の堅持、サプライサイドの改革は所謂「術」と呼ばれ、習主席は鄧小平の理論を継承し、「術」はいつでも調整可能で、「石を撫でながら川を渡る」、ように試行錯誤が可能となる。

引用ツイート

ラジオ・フリー・アジア @RFA_Chinese  2h

評論 | #何清漣 @HeQinglian: 「#習近平思想」は中国をどこへ導くのか? https://rfa.org/mandarin/pinglun/heqinglian/hql-11072022132732.html#.Y2lW91lNxYY.twitter

何清漣 @HeQinglian  3h

米国の運命を決定するのは、笑えるが、青い州でも赤い州でもない;当然、両党の筋金入りの有権者ではなく、15%-20 %の中間層の有権者とスイングステートによってである。 .

民主党は今やテキサスを青い州に変えている。

引用ツイート

方偉|Wei Fang @sohfangwei  4h

マスクは今日、独立派有権者に向けてツイートした:「権力を分配することで、両党の最悪の行き過ぎを抑えることができるように、大統領は民主党なので、共和党が議会を押さえられるよう投票することをお勧めする」

彼は次のように付け加えた:「筋金入りの民主党員または共和党員は決して他の党に投票しないので、独立有権者が、誰が担当するかを本当に決める人である!」

あなたの見方はどうか?

何清漣がリツイート

何仙姑  @winterbeauty888  10h

2021年の左派:「Twitterはブロックしたいと思えば、誰でもブロックできる民間企業である」

2022年の左派:「Twitterは一部の人にとって役立たず、一部の人に使用料を取るので、ファシスト政権である!」

引用ツイート

アリス・スミス @TheAliceSmith  11h

2021年の左派:「Twitterは民間企業なので、欲すれば誰でも禁止できる」

2022 年の左派: 「Twitter はファシスト政権である。なぜなら、Twitter は一部の人にサービスを提供せず、他の人に課金するからである!」

He Qinglian Retweeted

何清漣がリツイート

北米保守評論 🇺🇸🇨🇦  @NAConservative9 4h

《イーロン・マスク:共和党の議会になるよう投票する》

「権力の分立は、両党の最悪の行き過ぎを制限することができ、大統領が民主党員であることを考えると、共和党の議会になるよう投票することをお勧めする」

我々は、共和党候補に貴重な一票を投じることをためらうべきではない。民主党が3権を継続的に持てば、米国と国民に災難を齎すことを十分に認識する必要がある。

何清漣 @HeQinglian  8h

小児性愛の正当化を含む、各種の性変態を主張する人々は、民主党員や左翼である。

共和党にもいるが、リンカーン・プロジェクトの参加者のように、民主党が資金提供する RINOで、MAGAにはいない。

この人は、誰かがリツイートしたために私のタイムラインに落ちただけである。 私はカットする準備ができている。 https://twitter.com/LJardine93/status/1589082331436154880

このアカウントの所有者はツイートを表示できるユーザーを制限しているため、このツイートを表示できない。詳細

https://twitter.com/i/status/1589604127973249024

何清漣がリツイート

文婕文婕放送 @wenjiebc 17h

🇺🇸 昨日、フロリダ州マイアミで第 45 代米国大統領ドナルド J. トランプは、大雨の中、集会で 1 時間 49 分以上にわたってスピーチした。 誰も彼のために傘をささなかったが、誰も立ち去らなかった・・・これは、生放送では捉えられなかった大雨である。 マイクにも何か問題があったが、トランプは機知に富み、ユーモラスにコメントした:マイクを握ることさえできないが、我々はできる。

我々はできる! 明日、赤い波が米国のすべての投票所を席巻する!

横田氏の記事では、露骨に民主党が善で、共和党が悪と刷り込んでいる感じがした。大紀元は法輪功という気功と仏教を合わせた宗教団体が発行している新聞ですが、殆ど出鱈目と。対するNYTは持ちあげるが、NYTが正しいとは分からないでしょう。左翼アジ新聞なのに。

また日本で、聖教新聞は殆ど出鱈目と言ったら商売できなくなるのでは。出鱈目というのであれば、証拠を示さなくては。少なくとも不正選挙があったという証拠は“2000mules”をはじめとしてたくさんある。ジャーナリストを標榜するなら、一方の言い分だけを聞くのではなく、もう一方の意見も聞かないと。潜入スパイみたいなことをして、売れれば良いというスタンスだけなのでは。

記事

ミシガン共和党でのボランティアを行う中国系アメリカ人のグレース・ノリス(55)と筆者 Photo by Masuo Yokota

私は戸別訪問を再開した初日、再びトランプの赤い帽子を被り、選挙用アプリが入ったスマートフォンを片手に歩き始めた。1人で歩き回っていたボランティア活動に、助っ人が現れたのは6月下旬のこと。一緒に戸別訪問をやろう、と言ってくれたのは、中国系アメリカ人のグレース・ノリス(55)だった。共和党を支持するアジア人は珍しいな、と思いながら、彼女の話に耳を傾けていた。
※本稿は、横田増生『「トランプ信者」潜入一年』(小学館)の一部を抜粋・再編集したものです。敬称略、年齢や肩書は、取材当時のまま。参考文献については、書籍の最後に一覧で表記してあります。

>>連載初回『米国の民主主義は私の目の前で死んだ…議会襲撃事件を潜入ジャーナリストが渾身ルポ』から読む

共和党の選挙ボランティアに潜入

ミシガン共和党での戸別訪問が再開されるのは6月中旬のことだった。私は戸別訪問を再開した初日、再びトランプの赤い帽子を被り、選挙用アプリが入ったスマートフォンを片手に歩き始めた。

国家非常事態宣言が出てから3カ月近くたつと、戸別訪問で聞く有権者の声に変化が表れ始めた。一定数の熱狂的なトランプ支持者は依然として残っている。しかし、共和党支持者だがトランプには投票しない、という声が目立つようになってきた。

1人で歩き回っていたボランティア活動に、助っ人が現れたのは6月下旬のこと。一緒に戸別訪問をやろう、と言ってくれたのは、中国系アメリカ人のグレース・ノリス(55)だった。ボランティアを取りまとめているコビー・トンプソンに私のことを聞いて連絡をくれた。

うちの近くのショッピングモールの駐車場で落ち合ってから、戸別訪問の場所まで移動した。

私と同じような年格好の女性で、オレンジ色の帽子を被り、白地に赤で「トランプのためのアジア系アメリカ人」と書かれたTシャツを着ていた。初めて見るTシャツだったので、どうして手に入れたのか、と訊けば、前回16年の選挙の際に作ったのだ、と言う。これまでに約70人をボランティア活動に勧誘し、選挙運動のため、朝から晩まで州内を飛び回っている。

共和党を支持するアジア人は珍しいな、と思いながら、彼女の話に耳を傾けていた。

助っ人の中国系アメリカ人の正体とは

中国で生まれ北京の大学を卒業してから、アメリカに渡り、結婚後に国籍を取った。ミシガン共和党では16年の選挙からボランティアを始めた。なんと、今回は、彼女自身も、ミシガン州議会の下院議員選挙に立候補しているのだ。

トランプ支持の看板を掲げる家 Photo by M.Y.

彼女のプロフィール以上に、彼女が話す選挙情報の方が興味深かった。

「中国政府は今回の選挙のため、バイデンに1900万ドルを資金援助しているの。どうしてかって?バイデンが20年前、中国に最恵国待遇の立場を与える法案に賛成したのが大きな理由の1つ。今度の選挙で、そのバイデンを当選させようと、在米の中国大使館や領事館が極秘に動いているの。“CCP”は、中国に対して強硬な立場をとるトランプが再選されるのを何よりも恐れているのよ」

──えぇ、CCPって何のこと?

「チャイニーズ・コミュニスト・パーティーのことよ」

──あっ、中国共産党のことか。

「それに中国の企業から、ハンター(バイデンの息子)に15億ドルが手渡されているわ。ロシア経由でウクライナからも、ハンターにお金が渡っているのよ。中国共産党はなんとしても、バイデンを大統領に当選させて、陰からアメリカを操るつもりなのよ」

ウッソー、と思ったけれど、納得しているふりをして訊いてみた、どこでそんな情報を手に入れたのか、と。

「中国の内部に詳しい人が情報源なの」

そう真顔で話す彼女の顔をまじまじと見た。

トランプやその信者とは違った匂いがする陰謀論者が目の前にいるのだ。事実確認しておくと、バイデンが以前に、中国に最恵国待遇を与える法案に賛成票を投じたという部分以外は全部ウソ。

ミシガン州の州議員選挙に自身も出馬しているとのことだったが、アジア系の候補者なら共和党ではなく、民主党から出馬した方が有利なのではないか、とも訊いた。

「たとえ当選する確率が高くなったとしても、民主党から出馬することは私の信念に反するの。民主党は共産主義に近いし、中国共産党に対して甘いでしょう。私は、中国は好きだけれど、中国共産党は受け付けないの」

グレース・ノリスは、私と一緒に回った戸別訪問先でも、彼女の“マル秘情報”を使ってトランプに投票するように熱心に説得していた。中国出身の彼女が、中国共産党に注意せよ、と言うのだ。

彼女と戸別訪問したのは、この日1日だけだったが、その後、ミシガンで開かれるトランプの支援者集会やイベントにボランティアとして参加しないか、と何度も連絡をくれた。中国共産党に関するウソを除けば、どこの国にでもいる世話好きの女性という感じだ。

結局、ミシガン州議員の選挙では民主党の候補者に大差で敗れたが、グレース・ノリスとは、いったい何者だったのか。

反中国共産党と結びつく

彼女の正体に気づいたのは、選挙が終わった12月のこと。

ボランティア活動に「潜入」中の筆者 Photo by M.Y.

トランプがジョージア州南部で支援者集会を開くというので見に行った。すると20人以上のアジア人が、トランプ支持者に新聞を配っていた。トランプの支援者集会でアジア人に出会うのは珍しい。しかもこんなにたくさん。私も新聞をもらうと《エポック・タイムズ》紙とあった。

1面トップは、「デトロイトの選挙の集計機はネットにつながっていた」というデタラメの記事が飾っていた。前文には、「ドミニオン(集計機のシステム会社)の社員や選挙の監視係によれば、集計システムはネットにつながっており、ハッキングできる状態だった」と書いてある(同紙 20年12月3日付)。

先に書いた通り、集計機がネットに接続されることはない。それがアメリカの選挙の大原則。よって集計機がネット経由でハッキングされることもない。

それまで私はトランプ支持者を取材してきたが、こんな大嘘を堂々と活字にする新聞を配るアジア人を見るのは初めてだった。彼らは一体何者だ、という興味が俄然わいた。
彼らが運転していた車には、「CCPがウソをつき、人びとが死ぬ。中国共産党には近づくな」と書いてある。

私は、新聞を配っている男性に名刺を渡し、話を聞かせてほしい、とお願いした。

中国系のアメリカ人であるエイブラハム・フー(37)という男性は、「車を交代で運転して、ニューヨークから15時間かけてやってきた」と話し始めた。その途端、妻だという女性が血相を変えて、私たちの間に割って入ってきた。

「彼はただのボランティアで、私が正社員なの。私は会社からマスコミに話していいって許可をもらっていないから、彼もしゃべれない」と、えらい剣幕でまくし立てた。

新聞を発行している人たちが、マスコミの取材は受けられないというのは、奇妙な話だな、と思ったが、まぁいいか、と気を取り直してトランプ支持者の取材を続けていた。

すると、その私のもとに、エイブラハム・フーを連れた妻がやってきた。今度は、猫なで声で話しかけてきた。

「私たちの新聞が最近、ニューヨーク・タイムズ紙に叩かれたんで、経営陣は取材を受けるのに神経質になっているの。エポック・タイムズ紙は、トランプ支持の立場に立って、本流のメディアと比べ、より事実に近いニュースを提供しているの。同時に、中国共産党には反対しているわ。なぜなら共産主義は、もうとっくに死んだからよ」

「より事実に近いニュース」という時、英語で「truer news」と言った。形容詞trueの比較級であるtruer。文法通りなら、比較級はあり得るのだろうが、生まれて初めて「truer」なんて話す人に会ったよ。しかも真顔で。その叩かれたニューヨーク・タイムズ紙より事実に近いニュースを提供しているって、いったいあんたら何者なんだよ。

エポック・タイムズ紙とは

調べてみると、エポック・タイムズ紙とは、漢字表記では《大紀元》となり、中国共産党に弾圧されている宗教団体・法輪功がアメリカで発行している新聞だった。反中国共産党という点でトランプと結びつき、トランプは同紙を「最も信頼できる新聞」と語っている(ロイター通信 18年4月26日付)。

一方、ニューヨーク・タイムズ紙は20年10月24日、エポック・タイムズ紙がフェイスブック上に大量の広告を打つことで、右派のウソを広める媒体となった、と伝えている。これが「ニューヨーク・タイムズに叩かれた」と話していた記事だろう。

法輪功=エポック・タイムズ紙。

横田増生氏の『「トランプ信者」潜入一年』(小学館)が好評発売中です

エポック・タイムズ紙=トランプ支持=反中国共産党ねぇ……。

もしや、と思って、私はエポック・タイムズ紙のネット版を開いた。

グレース・ノリスという名前を検索してみた。すると、11月の選挙後にミシガン州議会議事堂前で「選挙を盗むな」と書かれたプラカードを持った彼女の写真が載った記事を見つけた(同紙 20年11月23日付)。検索していくと、これを含む複数の記事が現れた。

どうやら私は、知らず知らずのうちに法輪功信者とトランプの選挙活動をしていたようだった。

良ければ下にあります

を応援クリックよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください