『ハルキウとイジュームで歴史的敗北、なぜロシアはこれほど弱いのか 常識では考えられないミス連発、戦術なき軍隊は烏合の衆と化す』(9/24JBプレス 西村金一)について

9/23The Gateway Pundit<China’s Friend in the White House, Joe Biden, Cancelled Trump’s Program to Prevent Chinese Spying>

バイデンでは米国は弱体化するばかり。それはそうで、バイデンは息子ハンターを通じて賄賂を受け取っているのだから。

Fox News recently reported that five months after a federal jury convicted him, a judge has thrown out three of the four convictions against a University of Kansas researcher, Feng Tao, who carried out work for Fuzhou University in China while he was employed at the University of Kansas and received research funding from the U.S. Department of Energy and the National Science Foundation.

Tao was convicted as part of the Department of Justice’s “China Initiative” started in 2018 by President Donald Trump to protect U.S. national security from Chinese spying on U.S. intellectual property and in academia.

The Biden regime cancelled the program.

https://www.thegatewaypundit.com/2022/09/chinas-friend-white-house-joe-biden-canceled-trumps-program-prevent-chinese-spying/

9/23The Rasmussen Reports<Generic Congressional Ballot

Republicans Lead By 2 on Congressional Ballot: Sponsored by Miranda Devine’s LAPTOP FROM HELL: Hunter Biden, Big Tech, and the Dirty Secrets the President Tried to Hide>

共和党が両院を押さえてほしい。

if the elections for Congress were held today, 44% of Likely U.S. Voters would vote for the Republican candidate, while 42% would vote for the Democrat.

https://www.rasmussenreports.com/public_content/politics/mood_of_america/generic_congressional_ballot_sep23?utm_campaign=RR09232022DN&utm_source=criticalimpact&utm_medium=email

9/24看中国<民调机构:川普MAGA选民再被严重低估(图)=世論調査機関::トランプ MAGA 有権者は再び深刻に過小評価されている (写真)>政治問題に関して比較的正確で有名な世論調査機関であるトラファルガー・グループは最近、まったく驚くべきことを認めた。今、世論調査は2022年の米国中間選挙でトランプ前大統領のMAGA共和党有権者の支持を再び大幅に過小評価しており、11月の投票に大きな影響を与えるだろうと。

トラファルガー・グループの創設者で上級戦略家のRobert C.Cahalyは 9 / 17の一連のツイートで、世論調査は2022 年の中間選挙のトランプ有権者を再度大幅に過小評価していることを明らかにした。トランプの有権者は、トランプの「米国を再び偉大にする」選挙綱領を支持する共和党員で、「MAGA共和党員」として俗に知られている。Cahalyは、これらの MAGA 共和党員が 11 月の投票で大きな影響力を持つと考えている。

バイデンの「MAGA共和党員」攻撃の演説は、2016年の大統領選以上に、隠れトランプ派を多くし、世論調査をやりにくくし、正確に評価するのも難しくなったと。

まあ、いくら世論調査が正確でも、不正選挙ありでは意味をなしませんが。

https://www.secretchina.com/news/gb/2022/09/24/1017416.html

9/24阿波羅新聞網<习回国后已隐身一周 预示更大风暴来临?=習は中国に戻ってから 1 週間姿が見えず、より大きな嵐が来ることを示している?>習近平が奪権されたという噂について、時事・政治評論家であり、《政論天下》の司会である章天亮は、そのような発言は基本的な政治的常識に適合しないと考えている。もし、習近平が権力を失っていれば、孫立軍の政治ギャングのメンバーに厳しい判決(孫立軍は執行猶予付き死刑)を下すことができただろうか?章天亮は、「肯定できるのは、習近平が再選されるために、20大まで各派閥と妥協する可能性があるが、これは便宜的な策にすぎない。20大の後、習近平は間違いなく自分の権威を確立するために強く反撃する」と。

https://www.aboluowang.com/2022/0924/1806997.html

9/23阿波羅新聞網<中国国安部智库副局级学者重磅发文 东升西降趋缓 西强东弱短期难改变—要拨乱反正?中国国安部智库副局级学者重磅发文=中国国家安全部のシンクタンクの次官級の学者が重大な論文を出した:“東は上昇し、西は衰退”は緩やかになり、“西は強く、東は弱い”を変えるのは、短期的には難しい。– 誤りを直して本来の正しいやり方に戻す?中国国家安全部シンクタンクの次官級学者が重大な論文を出した>昨年、中国指導者の習近平は、まず「東は上昇し、西は衰退」という大趨勢を打ち出し、次に「中国は世界を直視できる」と述べた。それから2 年足らずで、中国国家安全部傘下のシンクタンクである中国現代国際関係研究所の副所長である傅夢孜は、9 月初旬に風に逆らって次のように書いた。「“東は上昇し、西は衰退”は緩やかになり、“西は強く、東は弱い”という現在の状況を短期的に完全に変えることはできない」と。ある分析は、この文は20大で地位が確立することを見据え、未来の中国と米国、中国と世界の関係の重要な指針となると。

中間選挙で共和党が勝てば、バイデンの対中政策も少しは変わるのでは。

https://www.aboluowang.com/2022/0923/1806915.html

9/24阿波羅新聞網<景气太差 李强顶不住了谋上位?上海突解禁地摊经济=景気が悪すぎる、李強はそれに耐えられず、より高い地位を求めるか?上海が突然露店商法を解禁>国際的な大都会のイメージ作りのため、上海は過去にずっと屋台を厳しく禁止してきた。しかし、上海市立法院は22日、「上海市景観及び環境衛生管理条例」を改正・可決し、路上での露店を全面禁止するのはもはやできないと発表した。 新「規則」は、今年 12 / 1に施行される。あるネチズンは、経済がダメになり、失業者が多すぎるためだと言っている。別のネチズンは、店舗の家賃は依然として高く、多くの中小企業は家賃で倒れ掛かっていると。 「景気が良い時は汚くて街の見栄えを左右する小商い、景気が悪い時は路上経済と呼ばれるのは市井の百態である」

憶では、2000年くらいには上海南京路に露店が出ていた気がします。でも北京の王府井の食べ物の屋台がずらりと並んでいたのが有名。子供が平気で道でおしっこしていました(股割れズボン)。個人の店でも営業免許は必要。

https://www.aboluowang.com/2022/0924/1806955.html

9/24阿波羅新聞網<被删文:撒马尔罕峰会现端倪 普京的失败是好事=削除記事:サマルカンドサミットは兆しを見せている、プーチンの失敗は良いこと>トルコの秘密の支援を受けて、アゼルバイジャンはロシアの同盟国であるアルメニアを攻撃し、ジョージアも南オセチアに軍隊を派遣して、ロシアからこの失われた領土を取り戻そうとした。これから見て取れるのは、周辺諸国はロシアが泥沼に陥っていることを見て取り、今こそ長年の不遇をはらす良いタイミングであると。プーチン大統領はパートナーを見つけるためにサマルカンドに行くかもしれないが、現実は彼のパートナー達は、そのロシアの失敗は勝利ではなく、自分たちのチャンスと気づいたことを示している。

後ろから牽制するのも大事。この記事が本当ならトルコは良い仕事をしている。

https://www.aboluowang.com/2022/0924/1807035.html

9/23阿波羅新聞網<普丁令局部动员 具中共官方背景的“牛弹琴”分析俄国大势不妙—普丁令局部动员 中国媒体人“牛弹琴”分析俄国大势不妙=プーチン大統領が部分動員を命じる:中共の官の背景を持つ「牛弾琴」がロシアの一般的な情勢を分析する – プーチン大統領が部分的な動員を命じる 中国のメディア人「牛弾琴」はロシアの一般的な情勢を分析する>ロシア・ウクライナ戦争の最近の情勢の急激な変化により、ロシアのプーチン大統領は一部の軍事動員を発表せざるを得なくなった。中共の官の背景を持つ公式WeChatアカウント「牛弾琴」は、プーチンの戦争動員はロシアが最も危険な時期にあることを意味すると投稿した。

https://www.aboluowang.com/2022/0923/1806929.html

何清漣 @HeQinglian  10h

NATOのストルテンベルグ事務総長は、中国に対し、ロシアに対する影響力を行使してウクライナ戦争を終結させるよう呼びかける。

https://ckhq.net/arc/hqck/jsck/2022/0923/570812.html

ゼレンスキー大統領の国連での方案は和平交渉の可能性を否定し、英国のトラス首相は、「我々は国連の理想を守り、これらの理想を実現するために戦わなければならない」と述べた。フォンデイアライエンは先日話したより厳しい制裁計画と同時に、石炭と肥料に対する制裁は緩和されると。

ウクライナ・欧米はまず意見を統一しなければならない。

何清漣 @HeQinglian  10h

NATO 事務総長の言った「影響力」は精査する価値がある。

  1. 政治的には、全中国人は知っているが、中国はロシアに対して支配的な影響力を持っていない。お互い必要なときに利用するだけである。
  2. 経済的には、中国にはエネルギーが必要であり、ロシアには資金が必要である。中国がこの影響力を利用してロシアに言うことを聞かせれば、国内備蓄の石油とガスは 1 年間支えられるようになり、確実にロシアに困難をもたらす。しかし、インドやその他の国々はこの機会を利用して仲介斡旋業者となり、中国の損は 2 重(①安く買えない②仲介斡旋できない?)になる。

何清漣 @HeQinglian  2h

8 月、クレデイスイスの Zoltan Polzsar は極めて重要な記事を発表した。

戦争と産業政策で、戦争は産業を意味する。

https://interest.co.nz/sites/default/files/2022-09/War%20%26%20industrial%20policy.pdf?utm_source=substack&utm_medium=email

それは、既存の世界秩序の崩壊の本質と、欧米が採用する対応戦略を深く分析している。これは、Zoltan Polzsarが打ち立て、書き続けているブレトンウッズ 3の一部である。

中国語訳:

https://posts.careerengine.us/p/632330c92e41a8309427bdef?from=latest-posts-panel&type=title

このスレッドを表示

何清漣 @HeQinglian  2h

前述の「貿易期待論」は、米中露の対立の根本原因や、西側諸国が直面するインフレの本質を理解する上で非常に参考になる。

貿易の安定効果は、信頼が存在する場合にのみ機能する。米中間の信頼は失われ、ロシアと欧州の間でも同じことが起こっている。代わりに、ロシアと中国が接近しており、この強力な新しい同盟は、「中国と米国」と「ロシアと欧州大陸」の 2つのシステムの崩壊から生まれている。

何清漣 @HeQinglian  2h

この記事を本当に理解し、英国の植民地の歴史と米国の建国史に精通しているなら、現在世界が大きな変化の前夜にあることを理解するだろう。

ピンクは美しい女性に与えられ、剣は烈士に与えられる。良い記事は理解力のある人に読まれれば、思考の深さと幅が増す。

何清漣がリツイート

正念さん – 東ヨーロッパの視角 @FightForJiuCai  4h

対戦相手を重視するのは、自分のためで、他人に責任を負わせることである。

現在の情勢は、キューバのミサイル危機よりも緊張が多い。

メディア界は、危機の緩和は米国の強硬さのおかげであると考えていたが、実際には、ケネディ大統領はキューバ爆撃の提案を拒否し、フルシチョフとの間で私的な合意を達成して初めて、ソビエト連邦は核兵器を撤去した。

口の攻撃は人を惑わすだけ。

西村氏の記事では、ウクライナ戦線でのロシア兵の犠牲が大きく、特に優秀な将官が戦死して、うまく作戦指揮ができない状況がよく理解できました。プーチンが部分動員令を発しても訓練なしでは、すぐには使えないでしょう。他の方面の兵を回せば、上述の記事のようにアゼルバイジャンやジョージアが反旗を翻したようになる。核を使わない限り、ロシアは敗色濃厚で、核を使った時の世界のリアクションは読めません。

中共が台湾侵攻したら、インドの背後からの牽制、ETI(東トルキスタン・イスラム運動)やチベットの蜂起の支援も考えられるのでは。

記事

ウクライナ軍はハルキウ州のほぼ全域を奪還した(写真は9月21日イジューム近郊で放置されたロシア軍の戦車を調査するウクライナ兵、写真:AP/アフロ)

1.ハルキウ~イジューム正面8~9月の戦い

ウクライナの東部(イジューム~リシチャンスク~ドネツク)正面で、ロシア軍は、7月までは積極果敢に攻勢に出ていた。

8月に入り、リシチャンスクを基点として東部一帯の西側と南側とでは、戦況に変化が生じてきた。

リシチャンスクから西側のイジュームまではロシア軍の攻撃進展はなくなり、逆に小規模ではあるがウクライナ軍の領土の奪還が始まった。

この正面では、ロシア軍はもう攻勢から防勢に転移せざるを得なくなっていた。

リシチャンスクから南側のドネツクまでは、小規模ながら攻勢を継続しているが、この攻撃は欧米の研究所から無意味な攻撃だと評価されている。

9月に入り、ハルキウおよびイジューム正面の戦況が大きく変わった。

ウクライナ軍の攻勢は予想を超えて進展した。その推移は、以下(図1参照)のとおりである。

①9月6日、ウクライナ軍は、まずイジュームの南部を攻撃した。

②9月7日、ウクライナ軍は、ハルキウ方面から包囲攻撃(敵の正面から攻撃するのではなく、敵の側背から攻撃して退路の遮断を狙うもの)を行った。

③9月9日、ウクライナ軍は、ハルキウ正面から戦果を拡張し、ロシア軍が重要拠点としていたイジュームの背後に回り込んだ。

④9月10日、ウクライナ軍は戦果を拡張し、イジュームへの後方連絡線を遮断した。

⑤9月11日、ロシア軍イジューム守備部隊は、背後と後方連絡線に脅威を感じたために後方に逃走した。ウクライナ軍はイジュームとロシアとの国境線まで進出した。

ウクライナ軍は9月13日以降、攻撃を継続して部隊を前進させたが、南北に流れるオスキル川で一時停止した。渡河のための準備が必要だからだ。

とはいえ、軍の一部は渡河を成功させ、次のルハンスク州方面への攻勢の糸口を作った。

(* 本記事は多数の図表を掲載しています。配信先のサイトで図表が表示されていない場合はこちらでご覧ください。
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/71959

図1 9月6日以降のハルキウからイジューム正面の戦い

出典:THE KYIV INDEPENDENT「Ukraine’s counteroffensive in Kharkiv Oblast」に筆者が攻撃の順番とイジューム守備部隊の離脱を加筆したもの

2.ウクライナ軍攻勢の戦術的成功の要因

ウクライナ軍が極めて短期間に、ハルキウ~イジュームの正面を奪還できたのは、以下の理由による。

(1)戦争全域を見た場合のウクライナ軍の陽動作戦(戦略的陽動作戦)

ロシア軍がキーウ正面から撤退後、ハルキウ正面がウクライナ軍の攻勢を受け、ロシア軍は局地的に撤退した。

そして、この正面の攻防は6月から3か月間、膠着状態にあった。その後、戦闘の焦点は、南西部のへルソン州に移った。

ウクライナ軍はへルソンに向け攻勢をかけて、特にドニエプル川にかかる橋を砲弾で破壊して、補給と退路遮断をしてきた。

そのため、ロシア軍は東部の戦力を南部に兵力転用を行った。東部の戦力は縮小されたのである。

ロシア軍は、ウクライナ軍による戦略的陽動作戦にまんまと引っかかったのである。

(2)ハルキウ~イジューム正面の陽動作戦(戦術的陽動作戦)

ウクライナ軍は、主攻撃をイジューム南方からなのか、あるいはハルキウ方面からなのかを分からなくした。

その方法は当初、イジュームの南部からの攻撃を頻繁に行い、そこを主攻撃と思わせた。現実は、ハルキウ正面からの包囲が主攻撃であった。

ロシア軍にウクライナ軍の主攻撃方向の判断を見誤らせたのだ。

図2 イジューム正面からハルキウ包囲攻撃する要領(イメージ)

出典:同上

(3)ロシア軍の配備の弱点を見つけ、そこに楔を入れた

監視用無人機を使って情報収集し、米軍からの情報を合わせ、ロシア軍の防御準備が少ない所(弱点を形成する地点)を見つけ出した。そして、その地点に戦力を集中して攻撃した。

ロシア軍戦力が、へルソン州正面に転用されてからは、ハルキウ正面の戦力は大きく減少した。

ウクライナ軍は、ロシア軍のその場しのぎの戦力転用の弱点を狙って攻撃したのだ。

(4)攻勢のために戦車部隊を投入

ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領は、反攻できる見込みがない4・5月から、大量の戦車が必要だと執拗に訴えていた。

攻勢のためには、機動力と装甲防護力をもった戦車が大量に必要だからだ。

その成果があり、NATO(北大西洋条約機構)加盟国、とりわけ旧東欧諸国から各種機動車を導入して訓練を終え、現在やっと使えるようになってきた。

(5)事前にハルキウ正面のロシア軍の火砲・弾薬庫を破壊していた

攻勢に出て機動する場合、ロシア軍の大量の火砲の射撃を受ければ大きな損害が出ることが予想された。

そうなれば反攻も失敗する。これらを防ぐために、米軍から得ていたHIMARSなどの遠距離精密誘導弾を使って、事前にロシア軍の火砲や弾薬などの兵站物資を破壊することに努めていた。

3.包囲攻撃を読めなかったロシア軍

ウクライナ軍は8月3日から、イジュームの南部からの攻撃を頻繁に実施した。

このことで、ロシア軍はイジュームの南部からの攻撃を主攻撃(戦力を最も多く投入し、戦いを決する攻撃)、ハルキウ正面からの攻撃を助攻撃(戦力を少なくして、主攻撃の戦いを有利に進める攻撃)として、読んだのだろう。

ロシア軍の防御構想として、情報部長は最も可能性が高い敵の行動は、南部からの攻撃と見積った。

これを受けて、作戦部長は南部からの攻撃に対応する方法を採用し、軍司令が報告を受け決断したものと考えられる。

敵の可能行動は兆候と戦術的妥当性から読むものだが、ロシア軍はウクライナ軍のこれまでの行動(兆候)を重視して判断したのだろう。

この時に、ロシア軍は自軍にとって最もダメージが大きい可能行動、つまり奇襲的な可能行動を取られた場合でも対応できる対策を当然取っておくべきだった。

防御準備の時間は十分にあったわけだから、ロシア軍は包囲攻撃をされても、その攻撃を頓挫させられる計画と準備を行っていて当然なのである。

しかし、結果的にロシア軍はウクライナ軍のたった5日間の包囲攻撃に完全に敗北してしまった。

ロシア軍の作戦戦術判断の甘さが、敗北の最大の原因であろう。

4.ロシア軍防御戦闘の重大な敗因

これだけあっという間にロシア軍が敗北したのには、ほかにも要因があった。

ロシア軍の地域防御部隊が、ウクライナ軍の攻撃正面(主攻撃はハルキウ正面)を見破れず、基礎的な防御戦術、防御準備がお粗末だったことだ。

また、戦えば兵が陣地を死守する覚悟ができていないなどの敗北の要因はいくらでもある。

そのうち、ロシア軍の防御で最も問題だったのは、防御準備ができていなかったことだろう。

特に、側背攻撃への対応準備ができていなかった。防御する場合の必須事項(軍事的常識)をやっていなかったことだ。

以下の基本的な防御行動が全く実施されていない。ロシア軍は、まともな戦い方ができない軍隊になってしまっていた。

その1.陣地の前に、壕や地雷などの障害を必要な量設置していなかった。

防御では、陣地の前には障害を配備し、そこに火砲や対戦車ミサイルの火力を向けて、敵の攻撃を破砕することが求められる。当然実施することだ。

地雷は、ウクライナ軍が占拠したロシア軍の陣地内の弾薬庫に大量に置いてあった。

なぜ、これを陣地の前に埋設していなかったのか。まず、やる気がないこと、兵に地雷を敷設する基本的能力がないためかもしれない。

その2.防御で戦うための陣地を構築していなかった。

敵の攻撃を壕に隠れて射撃できるのが防御の利点だ。その準備がなかった。

火砲の攻撃を防ぐために、兵や兵器が隠れる壕を掘るものだ。

壕を掘る兵力が不足していたのか、構築要領が分からなかったのか、汗水流して壕を掘りたくはなかったのか、指導する将校がいなかったのか、いずれにしても必死で防御する気持ちはなかった。

ウクライナ軍が攻撃してくれば、逃げようと考えていたと考えられる。

その3.陣地の前に火砲の「弾幕射撃」を実施しなかった。

陣地が突破されそうになれば、火砲の弾丸を大量(最大限)に撃ち込むことによって、敵の戦車・装甲車の突進を止めるものだ。

通常発射速度の射撃ではなく、最大発射速度で発射して、敵の攻撃を陣地の前で破砕するのだ。

なぜ、火砲の射撃が十分にできなかったのか。

火砲の数が少なくなってきていて、重点正面以外は火砲が配備されていない、あるいは十分な弾薬がなかった。火砲を運用する砲兵兵士がいないなどだろう。

火砲は、侵攻の開始から70%の損耗率を出しているので、重点以外には火砲の火力を向けられないのが実情なのだろう。

図3 陣地防御と火砲の射撃(イメージ)

出典:同上

図4 砲兵部隊は主攻撃と助攻撃両方に射撃できるよう準備(イメージ)

その4.予備部隊を投入できなかった。

もしも、陣地が敵に突破されたのであれば、予備部隊を投入して突破してきた部隊を攻撃して撃破することを計画する。

最終的に、突破してきたウクライナ軍を撃破するのは予備部隊による逆襲だ。それができなかったのは、陣地に配備する兵力のほか、予備部隊は存在しなかったようだ。

その5.各種方向からの攻撃に対処できる防御計画を作成できなかった。

ロシア軍は今、防御戦闘がまともにできないほど、兵員が足りなくなっているのだ。

また、ロシア軍の優秀な将軍や将校が死亡したのだろう。各種方向からの攻撃に対処できる防御計画をまともに作成する指揮官や作戦・情報幕僚がいない。

連隊や大隊の中に、戦術が分かる指揮官が少なくなってきているからだ。

5.総合的な観点から戦闘不能のロシア軍

対戦車戦闘、砲兵戦闘、防空戦闘、対空戦闘、地上の電子戦、空中の電子戦、自爆無人機による戦闘では、ウクライナ軍が優勢になってきている。

特に、HIMARSなどの長距離誘導ロケット弾が威力を発揮している。

ロシアのサイバー攻撃でも、米国マイクロソフトが協力して、食い止めている。

前回、空中の電子戦で、ウクライナ軍は対レーダーミサイルを発射して、ロシア軍の防空レーダーを破壊するようになるだろうと述べた(https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/71849)。

現実に、ウクライナ軍参謀部の9月19日の報告によれば、戦闘機による20回の攻撃で、ロシア軍の15か所の拠点と4か所の防空システムを破壊したと発表された。

これが、ウクライナ空軍による対レーダーミサイルによる初めての攻撃であると見てよい。

ウクライナ軍は、米欧から、次から次へと新たな兵器を導入し、その結果、ロシア軍の前戦から後方の兵站に至るまで攻撃し破壊している。

ウクライナ軍は今、戦闘のあらゆる空間(ドメイン)で、勝利できるようになってきた。圧倒的な勝利のためには、必要な数を揃えるだけだ。

一方、ロシア軍は能力の高い将校を亡くし、必要な兵器・弾薬が欠如してきている。基本的な防御戦闘でさえもできず、まともに戦えなくなってきている。

今後、戦い方を知らない将校や訓練を受けていない兵が前戦に送られてきても、ウクライナ軍の砲弾の餌食になるだけだ。

良ければ下にあります

を応援クリックよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください