『プーチンにどう接する? コロナ後初外遊で習近平が臨む「厄介な会談」 あえて党大会直前に外遊することの意味とは』(9/15JBプレス 福島香織)について

9/15The Gateway Pundit<Whistleblower Reveals FBI Labeled Veteran-Led Organization as Domestic Terrorist Group>

退役軍人をテロリスト扱いしたのでは国家への忠誠が揺らぐのでは。

A whistleblower revealed the FBI labeled a veteran-led organization as a domestic terrorist group.

Ranking member on the House Judiciary Committee Rep. Jim Jordan (OH) in a letter to FBI Director Wray said a whistleblower came forward and revealed a ‘woke’ analyst labeled American Contingency, a veteran-led group, a “domestic violent extremism” organization.

https://www.thegatewaypundit.com/2022/09/whistleblower-reveals-fbi-labeled-veteran-led-organization-domestic-terrorist-group/

9/15The Gateway Pundit<Delaware Judge Rules Vote-by-Mail Violates State’s Constitution, Cannot be Used in November Election>

本人確認できない郵便投票は民主主義の土台を揺るがす。

A Delaware judge on Wednesday ruled vote-by-mail violates the state’s constitution and cannot be used in the November election.

The judge also upheld Delaware’s new same-day registration law, AP reported.

https://www.thegatewaypundit.com/2022/09/delaware-judge-rules-vote-mail-violates-states-constitution-cannot-used-november-election/

9/15The Gateway Pundit<“Their Virtue Signaling is a Fraud” – Gov. Ron DeSantis Attacks Liberal Elites After Sending Illegal Aliens to Martha’s Vineyard>

マサチューセッツ州のマーサズ・ヴィニヤードはオバマの住まいがあるところ。民主党指導者たちは、自分たちが危険な目に遭わなければ不法移民の危険性が分からない。

Florida Governor Ron DeSantis (R) on Wednesday sent two planes of illegal aliens mostly Venezuelan and Colombian adults and children to Martha’s Vineyard, as reported by The Gateway Pundit.

The illegal aliens will now live near Barack Obama’s estate.

“States like Massachusetts, New York, and California will better facilitate the care of these individuals who they have invited into our country’ by incentivizing illegal immigration through their designation as ‘sanctuary states’ and support for the Biden Administration’s open border policies,” she said.

https://www.thegatewaypundit.com/2022/09/virtue-signaling-fraud-gov-ron-desantis-attacks-liberal-elites-sending-illegal-aliens-marthas-vineyard/

9/15The Gateway Pundit<Kamala Harris Ignores Reporter Asking For Comment on the Illegals Dumped on Her Lawn (VIDEO)>

カマラハリスはバイデンから国境担当を言い渡されたはずなのに。

Border Czar Kamala Harris had no comment when asked about the illegal aliens dumped on her lawn Thursday morning.

On Thursday morning two busloads of over 100 illegal aliens were dropped off at Border Czar Kamala Harris’s residence in Washington DC.

Since Kamala won’t visit the border, the border was brought to her doorstep.

Texas Governor Greg Abbott sent the illegals to Kamala Harris’s front lawn after she absurdly claimed the border is secure.

https://twitter.com/i/status/1570379158210969601

https://www.thegatewaypundit.com/2022/09/kamala-harris-ignores-reporter-asking-comment-illegals-dumped-lawn-video/

普通の人は(民主党支持であっても)、治安が悪くなる不法移民は入れたくない。

9/16阿波羅新聞網<习普会谴责美国并挺“一中” 学者:中俄将确定“新型同盟”=プーチン・習会談で米国を非難し、「1つの中国」を支持する:学者:中国とロシアは「新型同盟」を決める>中国の習近平国家主席とロシアのプーチン大統領がウズベキスタンのサマルカンドで首脳会談を行った。双方の会談では、主に台湾とウクライナの問題が取り上げられ、それぞれが相手の支持を求め、米国を非難するだけでなく、「一つの中国」政策への支持を表明した。学者たちは、双方が新型同盟を決定することが可能であると考えている。

新型同盟というのは、ウクライナ戦争でのプーチンの敗北からの救済であり、中共の「一帯一路」政策を支持するということ。

https://www.aboluowang.com/2022/0916/1803493.html

9/16阿波羅新聞網<一些英国议员反对邀请中共政府参加女王葬礼=一部の英国会議員は、女王の葬礼に中共政府を招待することに反対>中共によって制裁を受けている英国国会議員のグループは、中共政府が女王エリザベス 2 世の葬礼に招待されたことに懸念を表明する書簡を英国政府当局者に送った。保守党のティム・ロートン議員は木曜日(9/15)、新疆ウイグル自治区西部での人権侵害とウイグル族への虐待を理由に、中共政府への招待を撤回すべきだとBBCに語った。

気持ちは分かりますが・・・。

https://www.aboluowang.com/2022/0916/1803491.html

9/16阿波羅新聞網<关键时刻普习相会 事关俩人政治命运?=大事な時に、プーチン・習会談、両者の政治的運命に関係?>9 / 15、中国の習近平国家主席は、ウズベキスタンで開催された SCO 首脳会議でロシアのプーチン大統領と会談し、広く注目を集めた。この会談は双方にとって何を意味するのか?習近平とプーチン、どちらがよりお互いを必要としているのか?

楊建利は、もしロシアが戦争で敗北した場合、中共は戦後に調停者として行動し、その目的はプーチン政権を守ることになると考えている:「子細に計算すれば見て取れるが、弱体化したロシアは残り、西側に問題を引き起こすには十分で、中共にとって最善の利益となる」と述べ、戦争の状況が進展するにつれて、中共が調停者として行動する機会が生まれつつあると述べた。

https://www.aboluowang.com/2022/0916/1803459.html

9/16阿波羅新聞網<澳洲,要重拳打击中国富豪移民,政策要巨变=オーストラリア、中国の裕福な移民を取り締まるために、政策を大きく変える>このビザにより、多くの中国人はたいした審査もなくオーストラリアに入国するためのビザを購入することができる!この投資移民は、ファンドマネージャーと仲介者にのみ利益をもたらし、オーストラリアの経済活動には何の影響も与えない。この計画は、中国の富裕層に永住権を付与することを認めており、これらの富裕層の富の源泉は疑わしいものであり、オーストラリアに来て(マネロン?)便宜を与えている。オニールは、ビザは現在、オーストラリアの移民システムを促進していないと考えている。

富豪の中国人は賄賂で成り上がったと思って間違いない。

https://www.aboluowang.com/2022/0916/1803442.html

9/16阿波羅新聞網<普丁不停手 欧盟陷天大危机 悲剧状况曝:政局恐爆动=プーチンは止まらない、EUは大きな危機に瀕している、悲劇的な状況が暴露されている:政局は爆発する可能性がある>CNBC と Business Insiderの報道 によると、S&P Global の副会長でエネルギー専門家の Dan Yerginは、利上げが株式市場に影響を与えるのと同様に、連邦準備制度理事会がインフレを抑制するために引き上げたベンチマーク金利が石油市場に浸透していると述べた。現段階の需要の悪化が続くと、状況はさらに複雑になる。

https://www.aboluowang.com/2022/0916/1803408.html

9/15阿波羅新聞網<中俄无上限友谊要触顶?白宫对普习会表态=中露の上限のない友情はピークに達しようとしているか?WHはプーチン習会談に立場を表明>中国の習近平国家主席とロシアのプーチン大統領が木曜日(9/15)に会談したことは、国際的な注目を集めた。いわゆる「国際社会の追放者が抱き合って暖をとっている」状況で、中国とロシアの「上限のない」協力関係は天井に達しているのだろうか?

https://www.aboluowang.com/2022/0915/1803351.html

9/15阿波羅新聞網<普丁会见习近平!谈话内容曝光—普丁会见习近平!谴责美国“在台挑衅行为” 谈话内容曝光=プーチン大統領は習近平と会談!会話の内容が暴露される–プーチンは習近平に会う! 「台湾における米国の挑発行為」を糾弾、会話内容は暴露される>中国の習近平国家主席は今日、サマルカンドでロシアのプーチン大統領と会談した。ロシアのメディアの報道によると、プーチン大統領は、ロシアは「ウクライナ危機に対する中国のバランスの取れた立場を大切にしている」と述べ、「台湾における米国の挑発的な行動」を非難した。報道によると、習近平は、プーチン大統領との間で疫病の影響を克服し、「実りある戦略的コミュニケーション」を維持するよう何度か電話したと述べた。 「世界・時代・歴史の変化」に直面して、中国はロシアと協力して「大国の責任を反映し、主導的な役割を果たし」、激動の世界に「安定と前向きなエネルギーを注入する」ことを望んでいると。

https://www.aboluowang.com/2022/0915/1803302.html

何清漣 @HeQinglian  9h

習近平は言った:プーチンと強権姿勢で世界を駆け巡ることを望む https://rfi.my/8k6e.T

タイトルは元の話ではなく、元の話は次の通り:【AFP によると、習近平は上海協力機構 (SCO) サミットで次のように述べた:“中国はロシアと協力し、大国の責任を負い、主導的な役割を果たし、この混沌とし​​た世界に安定と前向きなエネルギーを注入したいと考えている” 】

具体的にどう対処するかというと、メデイアには出てこないと思われる。謎解きは終わった。

rfi.fr

習近平は言った:プーチンと強権姿勢で世界を駆け巡ることを望む

中国の習近平国家主席は木曜日、ウズベキスタンでロシアのカウンターパートのプーチンに対し、中国は大国として隣国ロシアと共に世界を駆け巡ると約束した。

何清漣 @HeQinglian  10h

焦るな。 WHOテドロスは、疫病が終わりに近づいていると発表した。予想される時点は、米国の中間選挙とゼレンスキーの反撃で新たな情勢が作られる直後であり、10 月下旬までに欧州諸国は冬に向けて真剣に準備しなければならない。米国は同盟国のスケジュール表についても考えなければならない。

その時、世界に疫病はなく、中国だけに疫病があり、中国の対外交流は不利になる。

引用ツイート

蔡慎坤 @cskun1989  13h

北京師範大学の肖川教授は学部生と大学院生に2つの質問をし、正直に答えるように求めた。1つはロシア・ウクライナ戦争のどちらを支持するか、もう1つは「ダイナミックゼロコロナ」を支持するか「ウイルスとの共存」を支持するかで、圧倒的多数の学生がロシアを支持し、「ダイナミックゼロコロナ」」を支持した。彼は「中国の教育は一体どのような人を育てるのか」をずっと答えようとしてきたが、学生が基本的な答えを出した。北京師範大学の学生の認知もこの程度であり、他の大学も推して知るべしで、これは中国教育の悲哀である!

何清漣 @HeQinglian  9h

今でも分かっていない人がいると思うが、この疫病は世界中(主に欧米、中国)で非常に政治化され、この数年を無駄にした。

何清漣 @HeQinglian  8h

観劇するときに、観客が違えば、情景も違う。

北京の京劇や上海の崑劇を見るとき、観客はほとんどが愛好家で、歌が最高潮に達したときに、喝采を入れる。

延安では、毛沢東と革命家が一緒に“白毛女”を見て、感極まったところで、観衆は叫び、一部の人は舞台に駆けのぼり、黄世仁を演じた俳優を殴り、毛沢東は興奮して立ち上がった。革命を起こさないでいられるか?

何清漣がリツイート

北米保守評論 🇺🇸🇨🇦 @NAConservative9  11h

民主党の各層の議員と官員が、警察への資金提供停止について、言ってきたことのまとめ。

民主党員が警察への資金提供を停止したのは、一部の人々の与太ばなしではなく、民主党全体であり、あらゆる層の政治家が、警察への資金提供を停止し、犯罪者を放任することを、彼らの政治理念としての主な綱領の 1 つとしている。中間選挙の前に言い方を変えるとすれば、それはただの選挙用の装飾に過ぎない…。

何清漣 @HeQinglian  2h

《Foreign Policy》:プーチン大統領は、ウクライナでの敗北に怒っている新しい反対派ができた。この広範な野党は、プーチンが戦争をエスカレートさせ、より破壊的な武器を使い、ウクライナをより無慈悲に攻撃することを望んでいる。

https://foreignpolicy.com/2022/09/12/russia-ukraine-war-defeat-opposition-putin-stab-in-the-back-conspiracy-theory-far-right/

読後感:西側諸国は、この戦争を通じてプーチン政権を終わらせることを望んでいた。彼らは己を知らず(エネルギー面での弱さ)、相手(ロシアの国情)も知らないようで、目的と行動が正反対である。

foreignpolicy.com

プーチン大統領は新たな野党を得た—それはウクライナでの敗北に激怒している

右翼のナショナリストは、ロシアの惨めな敗北を説明するために、危険な「後ろから刺す」という神話を広めている。

何清漣 @HeQinglian  2h

プーチン・習会談と米欧の国会が相次いで新台湾政策法案を可決したという2つの出来事が同時に起こったことを考えると、この戦争は米欧のコントロールを超えた方向へと発展している。結果は、普通の人が見たくない結果になる。

何清漣 @HeQinglian  3h

ブルームバーグ:ドイツは現在、国内エネルギー市場の崩壊を避けるために、国内の天然ガス会社 3 社、Uniper、VNG、Securing Energy for Europe (旧 Gazprom Germanía) の国有化を検討している。

コメント:グレートリセットは大きな政府を強調し、政府が経済をコントロールすることで、中共による民間資本の没収よりもはるかに穏やかであり、達成は容易である。それは民間企業を水火の中から救うことであり、まず危機を醸成し、次に危機から救うことである。

引用ツイート

Javier Blas @JavierBlas 7h

速報:ドイツは現在、国内のエネルギー市場の崩壊を回避するために、国内最大の天然ガス会社 3 社 (Uniper、VNG、Securing Energy for Europe (旧 Gazprom Germanía)) の国有化を検討している。 | #EnergyCrisis

https://bloomberg.com/news/articles/2022-09-15/germany-working-on-historic-takeover-of-three-gas-companies?leadSource=uverify%20wall

何清蓮 @HeQinglian 20m

長い間の平和のために、多くの人は戦争状態が何を意味するのかを知らない。

国が開戦宣言後は、軍による輸送の一元管理(前線向け徴用)、食糧や日用消費財の一元管理、民間人が勝手に購入できなくすること、ぜいたく品の生産の制限、 国内の工場は軍に奉仕し、軍需を生産し、人口登録が行われ、戦時訓練のために予備役が呼び戻される準備をする。

何清蓮 @HeQinglian 17m

中国が戦争状態を宣言した場合、上記に加えて、台湾の再統一に反対するすべての言論は、戦争状態を弱体化させる理由で罰せられる。すべての人は、年齢適合する自分以外の人が軍事訓練を受けて戦争に行くことを望んでいる、–これはゼロコロナで核酸検査を受けさすよりもはるかに困難である。

もちろん、欧州は戦争状態になって、当然このようにしている。ワクチン接種証明書すら受け入れできない欧州の金持ちのお嬢様は、我慢できるか?

何清蓮 @HeQinglian 7m

敵に協力する罪もある。敵に有利な発言をしたとみなされる人は誰でも逮捕される。

何清蓮 @HeQinglian 1h

さすがドイツ、二度の世界大戦の火付け役。

引用ツイート

綾波 @dinglili7 14h

EUのフォン・デア・ライエン委員長:「プーチンへの宣戦布告、ロシアへの宣戦布告」を提案する。

9/15日経朝刊<富士山会合ヤングフォーラム 日中関係ビジネスパーソン意識調査 対中関係、再構築求める>「アンケート回答者3000人は中国在住でないことに留意のこと」と調査者の一人である川島真東大教授。

福島氏の記事で、上述の記事と比較しても、中共がロ・ウの調停者になるのか、プーチンと一連托生の関係になるのかは分かりません。でも、負けそうなプーチンに肩入れする中国人はいないと思います。ロシアが弱るのを待って、奪われた領土奪回を長期的に図るのでは。

記事

2022年2月に北京五輪の開催にあわせて会談した中国の習近平国家主席とロシアのプーチン大統領(2022年2月4日、写真:ロイター/アフロ)

(福島 香織:ジャーナリスト)

2020年1月暮れに新型コロナ肺炎がアウトブレイク(感染拡大)して以来、香港を除いてかたくなに海外に出て行かず、引きこもり生活を続けてきた中国の習近平国家主席が、およそ2年8カ月ぶりについに外遊に出た。

行先は中央アジア、カザフスタンとウズベキスタン。9月14日、まずカザフスタンを訪問し、トカエフ大統領と会談を行い、続いてウズベキスタンのサマルカンドで開かれる上海協力機構(SCO)サミットに15、16日に出席する。このサミットはロシアのプーチン大統領も出席する予定で、おそらくロシアによるウクライナ侵略戦争後、初めての中ロ首脳対面会談が開かれる見通しだ。

国内外のチャイナウォッチャーたちが注目するのは、習近平が第20回党大会直前に外遊することの意味だ。

習近平は8月の北戴河会議が終わったのちにサウジアラビアを訪問する予定が一部で報じられ、サウジアラビア側は「2017年5月のトランプ米大統領訪問以来、最も盛大な歓迎行事」を準備していたにもかかわらず、結局実現しなかった。これは党大会前に習近平が中国を離れるのが困難なほど、党内権力闘争が激しいからだろうとみられていた。

ならば、今回、習近平が外遊に踏み切ったということは、権力闘争が一段落つき、習近平が総書記の3期目連任が固まり、目下の政治情勢に自信を持っているということの裏付けなのだろうか。それとも党内の権力闘争よりも、中国共産党として習近平がわざわざ自分で行かねばならない重要な問題が、国外にあるということなのか。その辺について、考えてみたい。

ボロボロの「一帯一路」に党内でも批判の声

今回の外遊の見どころは2つある。1つは「一帯一路」だ。

外交部の毛寧報道官は9月13日の定例記者会見で次のように説明した。

「今回の歴訪は中国にとって、中国共産党の第20回党大会を前に行う重要な元首外交活動である」

「SCOサミットで、習主席は各国首脳と共に、SCOの枠組みでの包括的協力や重大な国際・地域問題について踏み込んで意見交換し、協力の新たな共通認識を形成し、協力の新たな章を記す」

「カザフスタンとウズベキスタンは中国にとって友好的な隣国、包括的な戦略的パートナーであり、『一帯一路』の重要な沿線国でもある。中国と両国は国交樹立後の30年間、常に、相互尊重、善隣友好、同舟相救う、互恵・ウィンウィンの原則に従い、相互関係が新たな成果を挙げ新たな段階へ上るよう、絶えず後押しをしてきた。習主席による両国への国賓としての訪問は、中国・カザフスタン関係、中国・ウズベキスタン関係が新たな発展段階に入ることを意味する」

この外交部の解説から想像するに、習近平は国家戦略として党規約にまで書き込み推進してきた「一帯一路」の立て直しを1つの目標としている。

実は「一帯一路」は、経済構想的にも政治戦略的にもボロボロで、党内でも批判的な声が上がっている。中国経済の減速、世界経済の減速による資金不足に加え、新型コロナや地域の政変、紛争などによって、プロジェクトそのものが「爛尾楼」(未完成で野ざらしにされた建築物の意味)化しているだけでなく、一帯一路が沿線国を債務の罠に落とし入れてきたやり方や、華僑マフィアによる人身売買や詐欺、マネーロンダリングの温床となっていたことなどが暴露され、そのイメージは地に落ちてしまった。習近平としては、このまま「一帯一路失敗」の印象を放置しておくわけにはいかないので、中央アジアで改めてテコ入れする必要がある、というわけだ。

一帯一路と「グローバル発展イニシアチブ」

では習近平はどのように一帯一路の印象悪化を食い止め、テコ入れを図るのか。

9月12日に米国のシンクタンク「CSIS」(戦略国際問題研究所)が主催したシンポジウムで話題になったのが、昨年(2021年)の国連総会一般弁論で習近平が打ち出した「グローバル発展イニシアチブ」だ。シンポジウムでは、習近平はこのグローバル発展イニシアチブを使って一帯一路の失敗印象を薄めようとするのではないか、という見方が出ていた。

アジア基金会国際発展協力高級主任のアンテア・ムラカラ氏が、グローバル発展イニシアチブと一帯一路は目的がよく似通っており、同じ名目で、中国が世界各地の発展計画に参与し連携させることができる、と指摘。ただ、一帯一路は経済成長とインフラ建設に重点を置いているのに対し、グローバル発展イニシアチブは発展とソフトパワーに重点を置いている。また、一帯一路は中国政府が全権を掌握しているが、グローバル発展イニシアチブは民間機関も参与する余地があるのが違いだという。

シンポジウムでは、この一帯一路、グローバル発展イニシアチブを議題に取り上げ、グローバル発展イニシアチブの国連ブランドを使って、評判が地に落ちた一帯一路の代わりに、海外に安定したプロジェクト建設環境を整備し、中国が新たに地政学的な影響力を持てるように仕切り直すつもりではないか、などといった見方も出ていた。

グローバル発展イニシアチブでは一帯一路の失敗の教訓を汲み、小さく精緻なプロジェクトを推進していくだろう。その成功によって「中国が一帯一路沿線国を債務の罠にはめた」という批判をうまくかわすことができれば、一帯一路の失敗という印象は緩和できるかもしれない。

だが一帯一路もグローバル発展イニシアチブも、狙いが習近平の「中華民族の偉大なる復興」のための地政学的影響力拡大の野望であることには変わりない。だから、一帯一路仕切り直しは、中央アジアおよびロシアというエネルギー国から始めたい、ということになる。

「プーチンを切る」という選択肢

外遊のもう1つの見どころは、習近平とプーチンの会談の行方だ。

この数日、ウクライナ軍が6000平方キロに及ぶ領土奪還とロシア軍撤退のニュースが大きく報じられた。ウクライナのゼレンスキー大統領はクリミア半島の奪還まで言い出している。これが成功するしないにかかわらず、プーチンの敗北は決定的に見える。そのようなプーチンと習近平が対面して何を話すのか。

2人は今年2月4日の北京五輪開幕日に会談して以来、初めて直接対面する。この2月の首脳会談の時に出した共同声明では、中ロ協力について「上限もタブーもない」と言い、一部でこれは準同盟関係宣言ではないか、という見方も出た。だが、後から聞いた周辺情報を総合すると、プーチンにあまりに肩入れした習近平の対ロ外交姿勢について党内では強い反発があり、それがロシアのウクライナ侵攻後、さらに強くなり、結局、習近平の対ロ外交は失敗と言われ、その責任を取る形で習近平お気に入りのロシア通外交官で将来の外交部長(外相)と目されていた外務次官の楽玉成が更迭されることになった。

今、プーチンの敗北が誰の目にもはっきりしてきた段階で、習近平としてはロシアとの関係を改めて自らの責任で仕切り直さなければならない。

おそらく習近平としてはプーチンを見捨てたくない。もしプーチン政権が倒れれば、親欧米政権が代わりにできて、ロシアが西側陣営とともに中国包囲網に加わることになりかねない。それは中国としても避けたいだろう。

だが、すでに改革開放路線維持を掲げる李克強ら共産党の反習近平勢力は、米国との関係改善を望んでいるだろうし、少なくとも米国の対ロ制裁に中国が巻き込まれることは絶対に避けたいはずだ。ならば、かつて中国の著名国際学者、胡偉が主張したように「プーチンを切る」必要が出てくる。

この難しい判断を、結局、習近平が責任をもってやらざるを得なくなったのが、おそらくは今回の外遊の最大の見どころだろう。

事前にプーチンと会談した習近平の腹心

習近平外遊直前の9月7~9日には、習近平の腹心の栗戦書(全人代常務委員長、序列3位)がロシア極東のウラジオストックで開催された東方経済フォーラムに出席し、プーチンと会談している。

栗戦書は2020年の新型コロナアウトブレイク以降、最初に外遊した政治局常務委員となった。なぜ李克強でもなく、汪洋でもなく、韓正でもなく栗戦書かというと、プーチン対応は習近平の事案であり、他に誰も肩代わりできない、ということなのだ。栗戦書は腹心として、習近平の本音をプーチンに事前に伝える役目であろう。

ロシアメディアによると栗戦書はプーチンに対し、「ロシアのウクライナ進撃を支持し、必要な支援を提供したい」と語ったとか。ほぼ同じタイミングで9月12日、外交担当政治局員の楊潔篪が北京でデニソフ・ロシア大使と会見している。

その上で習近平がサマルカンドでプーチンと会う。

おそらくはプーチンは、追い詰められ屈辱で意気消沈しているか、あるいは怒り心頭かのどちらかだろう。ひょっとすると、敗北の原因を中国のロシアに対する軍事、経済支援が足りなかったからだと思って、その怒りを習近平にぶつけてくるかもしれない。

習近平としては、それをなだめつつ、今後、中国としてロシアをどのように支援していくかについて言質を取られることになろう。

栗戦書が実際にロシアメディアの報じるように発言したのなら、習近平はプーチンと本当に一連托生すると腹を括ったのかもしれない。とすると、習近平の今回の外遊は、その中身によっては、国内で展開される権力闘争以上に習近平の権力基盤に大きな影響があろう。

つまり、党内にすでに存在する“2つの司令部”、習近平派(劣化版毛沢東)vs.李克強派(劣化版鄧小平)の対立に、それぞれロシアと米国という外交要因がリンクし、一見、習近平連任で決着がついて迎えると見られる党大会の大きな変数になるかもしれない。

外遊に出る習近平の心境は?

多くのチャイナウォッチャーは、習近平が権力闘争で優勢に立ち、連任が決まり、その状況に自信をもっているからこそ、ようやく外遊に出られたのだ、と考えている。だが、ニューヨーク在住の華人評論家、陳破空は「習近平はむしろ絶望的な気分で外遊に出ざるを得ない状況だったのではないか」と言う。

つまり、2月以降の親ロ外交の責任を負う形でプーチンと対面し、プーチンの負け戦に最後まで支持を表明し、一連托生となるしか習近平には選択肢がなく、それはプーチンが失脚したときに習近平も失脚する可能性をはらんでいるという意味で。

もちろん、習近平が外交の天才であれば、ウクライナとロシアの間に立って和平交渉を主導するなどウルトラCの解決法でプーチンの面子を守りつつ中国の利益も守るという方法も考えられるのだが、習近平にそこまでの手腕があるならば、これほどの外交失策を積み重ねてはいまい。党大会まで50日あまり。まだ見通しは霧に包まれている。

良ければ下にあります

を応援クリックよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください