『経済フォーラムで「ペレストロイカ」の必要性を語ったロシア中銀総裁の真意 なぜ今経済のペレストロイカなのか、乖離するプーチン氏とナビウリナ総裁』(6/21JBプレス 岩田太郎)について

6/20The Gateway Pundit<Elon Musk Calls The Influence Behind The Democratic Party ‘Next Level Insanity’>

マスクは組合が民主党を裏から動かすと。日本の自治労同様、左翼が政党を動かし、不正選挙までして政権を握ってしまうのは恐ろしい。全米自動車労組はマフィアと手を組んだジミー・ホッファが有名。悪い奴です。

Last week, Elon Musk, the TeslaSpaceX, and Starlink CEO gave an interview where he called out the unions’ “stranglehold” on the Democrat party, calling it “next-level insanity.”

During the hour-long interview, Musk criticized the Democratic Party, their relationship with labor unions, and Tesla’s exclusion from a White House electric vehicles event because the company is not unionized.

Musk took particular issue with the Democratic Party’s strong relationship with union leadership.

https://www.thegatewaypundit.com/2022/06/elon-musk-calls-influence-behind-democratic-party-next-level-insanity/

6/20The Gateway Pundit<Texas Republicans Declare Biden Regime Illegitimate at State Convention in Houston>

不正選挙で選ばれたのだから、非正統、非嫡出の大統領となります。テキサスに続いたほうが良い。バイデンだと中共が台湾侵攻するのではと心配。

https://www.thegatewaypundit.com/2022/06/texas-republicans-declare-biden-regime-illegitimate-state-convention-houston/

6/20The Gateway Pundit<WATCH: Republican Congressional Candidate Vernon Jones Calls Out The History Of Racism Among Democrats>

奴隷解放したのはリンカーン共和党大統領で、負けた南軍将兵がKKKを作った。日本を戦争に引き入れ、米国で収容所に入れたり、原爆投下したのも民主党。日本人も民主党支持の米国主流メデイアの記事ばかり読んでいると、軸がずれます。

https://twitter.com/i/status/1538208480401702913

https://www.thegatewaypundit.com/2022/06/watch-republican-congressional-candidate-vernon-jones-calls-history-racism-among-democrats/

6/20阿波羅新聞網<勒朋漂亮一仗 法国会选举极右席次翻了逾十倍跃居主流地位=ルペンの華麗なる戦い フランス議会選挙で極右の議席は10倍以上になり、主流の地位に躍り出た>フランスの極右派は、日曜日(6/19)の議会選挙で歴史的な成功を収め、国会議員の数は10倍を超え、党は少数党から野党主流派までになり、立場はさらに強化された。

マクロン大統領に対して遍く失望し、生活費の上昇などが民衆の不満となり、マリーヌ・ルペンの方に走らせた。彼女は4月の大統領選挙で投票の42%を獲得し、本日は勝利を追いかけて、彼女の党は議会で89議席を獲得し、2012年の2議席、2017年の8議席から増加した。

先週の世論調査では、国民連合は25-50議席を獲得すると推定された。

https://www.aboluowang.com/2022/0620/1764927.html

6/21阿波羅新聞網<江苏常州骨科停诊惊爆医师集体买春被逮 3段影片疯传!官方终于回应了=江蘇省常州の整形外科が診療停止したのは医師が集団買春した3つの映像が広まったため!当局はついに応答した>中国江蘇省常州市の第一人民病院でビックリするスキャンダルが発生し、最近、整形外科の予約が取れなくなった。集団買春の結果、整形外科医全員が逮捕されたためと指摘された。情報や映像が出回って3日後、常州市当局者はとうとう、そのニュースはデマであると強調して答えたが、医師達が買春したかどうかはまだ確認されていない。

“報喜不報憂”の典型。

https://www.aboluowang.com/2022/0621/1764958.html

6/20阿波羅新聞網<民怨沸腾!上海、辽宁多家银行爆发挤兑;反霸凌!他提台湾杀招,中共意外不敢回嘴;=民衆の不満が沸騰!上海と遼寧で取り付け騒ぎが発生;いじめ対策!彼が台湾の抵抗する手について言及したとき、中共は意外にもあえて反論しなかった;>河南村鎮農村銀行で雷が起こった後も、預金者は資金を引き出すことができず、多くの黒幕が晒された。また、上海や遼寧の多くの銀行で取り付け騒ぎが発生し、民衆の不満が沸騰した。

中国は、パイナップル、バンレイシ、ハタ、タチウオを禁止し、台湾を経済的にいじめ続けている。台湾行政院の鄧振中政務委員は対抗策(台湾から中国へのチップ輸出の40%カット)を提案したが、中共はあえて反論しなかった。

人口ボーナスの終了、都市化人口の減速、中共による固定資産税の導入など、不利な要因が重なって、中国の不動産は低迷している。最近、中国の多くの地域で巨大な「解体補償証」が世の中に再び登場したが、それは本当に中国の住宅市場を救うことができるのか?

大手インターネット企業は採用ニーズを減らし、公務員・大学院入試の競争が激しく、新卒者の就職圧力が高まっているが、集積回路専攻は非常に人気があり、エンジニアがボスよりも高賃金のめずらしい現象が起きている。

https://www.aboluowang.com/2022/0620/1764897.html

6/20阿波羅新聞網<技术低劣!中共造武器不堪使用 巴基斯坦军方头大=技術は低劣! 中共製の武器は使用に堪えず、パキスタン軍はイラつく>The EurAsian Timesの報道:米国セキュリティ専門家であるDi Valerio Fabbriは、パキスタンが2005年に中国から購入して2009年に取得した4隻のF-22Pフリゲート艦に欠陥があり、捜索レーダーと追跡レーダーがハイパワーで伝送中に故障が生じ、ターゲットにロックできなかった。搭載されているIR17センサーにも欠陥があり、廃棄する必要があった。これはある程度ミサイルを無効にし、それによって大事な任務の1つをストップすることができる。

https://www.aboluowang.com/2022/0620/1764882.html

6/20阿波羅新聞網<战斗打响时见分晓!足以颠覆亚太军事格局?美海军敬佩日本军力—日本军事实力是否已足以颠覆亚太军事格局?=戦闘が始まるとわかる!アジア太平洋の軍事情勢をひっくり返すのに十分か?米海軍は日本の軍事力に敬服–日本の軍事力はアジア太平洋地域の軍事情勢を覆すのに十分なのだろうか?>岸田文雄首相の「アジア安全保障会議」(シャングリ・ラ対話)での基調講演に続き、日本がアジアの安全保障問題においてますます重要な役割を果たしているという最近の一連の兆候の中で、日本は今週米国と「太平洋水陸両用リーダー検討会議」を共催した。インド太平洋地域の約20カ国からの水陸両用軍司令官と地域の安定をどのように強化するかについて話し合う。中共は会議から除外されたが、台湾軍の数人の将軍がオブザーバーとして参加するよう招待された。日本の海戦に関する知識は広範かつ深遠であるが、現在のところ、米国の第7艦隊や中共海軍のように表現されていない。彼女は、米海軍は日本の海軍能力を高く評価しており、プロ意識と知識の面で世界で最も優れている海軍の1つであることを明らかにした。

本記事はサーバーエラーになるので削除された可能性あり。理由は不明。

https://www.aboluowang.com/2022/0620/1764784.html

6/20阿波羅新聞網<中共中央欲甩锅问责河南红码维稳—河南红码维稳:中央若想甩锅问责,也并不容易=中共中央委員会は安定を維持するため、河南のレッドコードの説明責任を負わせたい–安定を維持するための河南のレッドコード:中央が責任転嫁して非難したくとも、簡単ではない>河南省の多くの村鎮銀行が2か月間現金引き出しサービスを停止した後、何百人もの外地預金者が河南省の首府である鄭州に続々駆けつけたが、お金を引き出すために銀行のカウンターに行くか、抗議するために集結する前に、彼らは皆健康コードが訳なく赤に変わっていることに気づき、行動するのが困難になった。預金者は、河南省当局が資金のない銀行を密かに助けるために偽の赤いコードを使い、彼らの権利保護を抑制した疑いがあると述べた。論争は数日間激しさを増しており、Weiboで何度か検索され、中国ネチズンの注目を集めている。国民の不満が沸騰し続ける中、中国国営メディアは最近、地方役人が権力を濫用したとして公に非難し、責任を追及した。これに対し、ウオッチャーは「偽の赤いコード」論争が北京のイメージを傷つけたと分析したが、中央は明らかに責任転嫁し、草の根に責任があるとしたがっている。この大規模な取り付け騒ぎも地方金融の信用崩壊につながる可能性がある。

https://www.aboluowang.com/2022/0620/1764769.html

6/20阿波羅新聞網<重磅!“拨乱反正”再现中纪委网站!习近平要拨江泽民之乱?【阿波罗网报道】=重大!「世の中を正常な状態にする」が、中央規律検査委員会のウェブサイトに再び表示される!習近平は江沢民の乱を正したいか? 【アポロネット報道】>アポロネットの秦瑞記者の報道:6/15、中央規律検査委員・国家監察委員会のWebサイトに、≪「2つの確立」の確立過程と決定的な意義≫という記事を再投稿した。その中に、珍しく「世の中を正常な状態にする」いう表現で、強力な政治的信号を発した。さらに、これは間違いなく習近平の承認か黙認がある。

https://www.aboluowang.com/2022/0620/1764757.html

何清漣 @HeQinglian 9h

対抗の論理に向かえば、中国と西側は大デカップリング

https://rfi.my/8W5e.T

記事は少し誇張されている。中国を政治的に西側から切り離すことに加えて、技術自主は切り離しを意味するのではなく(西側をまだ必要)、市場は西側と相互依存しており、どちらの側も当面は離れたくない。

バイデンは自転車に乗って倒れた後、すぐに習に電話して関税を取消すると述べた。これは彼のデカップリングしたくない明らかな証拠である。

中国と米国の違いは、双方が自分たちの空間を拡大する必要があるということである。

rfi.fr

フランスの新聞ダイジェスト–対抗の論理に向かえば、中国と西側は大デカップリング

月曜日(6/20)、フランスの日刊紙はすべて、マクロン大統領が議会で絶対多数を獲得できなかったことと、左翼の中で極左と連立し、極右勢力は虎視眈々と政権を狙っている中で、今後5年間の内に分断されたフランスを統治することから始まった。中国関連の報道で、オピニオンマガジンはニコラの記事を発表した。…

岩田氏の記事で、武闘派のプーチンが下りて、平和・経済優先のナビウリナ女史が大統領になればと思いますが、プーチンが下りても、後を継ぐのはFSBからではないのか?共産主義の残滓であるからして、人民弾圧しか頭に浮かばないでしょう。中共と同じ。北朝鮮も含め、日本の周りは厄介な国ばかり。

記事

サンクトペテルブルク国際経済フォーラムで講演するプーチン大統領(サンクトペテルブルク国際経済フォーラム)

(岩田 太郎:在米ジャーナリスト)

ロシアのプーチン大統領の「対露経済制裁失敗論」が、ますますヒートアップしている。

自身の故郷で6月15日から開催されていたサンクトペテルブルク国際経済フォーラム(SPIEF)で17日に演説したプーチン氏は、「米国とその同盟国が(ロシアのウクライナ侵攻に対して)科した前例のない制裁は狂気であり、無分別で、当初から失敗が運命づけられていた」と断じた上で、次のように主張した。

「われわれが金融市場・銀行システム・貿易システムを安定させたため、制裁の効果はなかった」
「ロシア経済を砕こうとする目的は成功しなかった。彼らは明らかに失敗した」
「ロシアは強くてモダンな国家として新時代を迎える」
「ロシアは乗り切れるが、欧州は自らの制裁の結果、今年4000億ドル(約54兆円)の損失を被る」

一方、「チーム・プーチン」のメンバーたちも意気軒昂だ。ロシア外務省のマリア・ザハロワ報道官は6月15日、「中国はロシアからのエネルギー供給が自国に必要なことを理解しており、自ら自分の足を撃つことはしない。だが、西側諸国は自分の頭を自分で撃っている」と嘲笑した。

マクシム・レシェトニコフ経済発展相も同日、「ロシアのインフレは明らかに予想よりも低水準になる。今年の景気後退は従来想定されていたよりも深刻ではない可能性がある」と指摘している。

事実、ロシアは過去数年間、ウクライナ戦争に向けてゴールドや準備金を積み上げ、対外負債の返済を急ぎ、外国資本への依存を減らす一方、国産品の生産を増強する輸入代替政策を実施してきた。こうした備えが、制裁ショックを弱めているのは確かだ。

さらに、アントン・シルアノフ財務相は6月16日、「ロシア国産品の需要を増やすため、連邦公務員が公用で移動する際には、国営自動車メーカーであるアフトワズが生産する国産車ラーダに乗るべきだ」と踏み込んだ。

チーム・プーチンが熱烈に愛国的・翼賛的で勇ましい言説を唱える一方で、一部の実務家肌のロシア高官やビジネスマンは、冷めた見方を披露しており、注目される。

プーチン氏に真っ向から異議を唱えた形のナビウリナ総裁

自由主義改革派と評されるイェフゲニー・ヤシン元経済発展相を師と仰ぐロシア中央銀行のエリヴィラ・ナビウリナ総裁は、6月16日のSPIEFにおける講演で、「ロシア経済はペレストロイカ(改革)が必要だ。わが国は(構造的に)割引価格で輸出し、割増価格で輸入している。輸出の恩恵を再考し、生産の大部分を国内向けにすべきだ」と語った。

旧ソビエト連邦のミハイル・ゴルバチョフ共産党書記長(のちの大統領)が1980年代中盤に打ち出したペレストロイカは、不効率な国有企業を独立採算の経済主体とするべく、経済管理を根本的に再編する狙いで実施され、生産財の割当て配分を廃止し、商品を自由に取引できる市場の創設を目指した。早い話が、ソ連経済の資本主義化とグローバル化だ。

今、そのペレストロイカを持ち出すということは、戦時下ロシア経済を旧ソ連のような閉鎖的で、過度に統制された非効率なものと認識していることにほかならず、プーチン大統領の「ロシアは強くてモダンな国家」「西側の制裁は失敗した」との認識に真っ向から異議を唱えているに等しい。そのため、筆者はこの発言を読んでのけぞってしまった。

サンクトペテルブルク国際経済フォーラムで経済のペレストロイカ(改革)に言及したナビウリナ・ロシア中央銀行総裁(写真:AP/アフロ)

ナビウリナ総裁は、現在のロシアが旧ソ連と同じとは言っていない。だが、モノ不足によるインフレが高進した旧ソ連に戻らないためという慎重な言い回しを使いながら、講演で旧ソ連を悪い手本として引き合いに出している。

曰く、「ロシアに必要なのは近代化だが、いかに進めるか。旧ソ連に戻らないために、異なる方法で民間のイニシアチブに目を向ける必要がある」
彼女の脳裏に「新ペレストロイカで打倒すべき対象」として存在するのは、青春時代に旧ソ連で蔓延していた官僚主義、事なかれ主義、ヤル気の欠如、需給のミスマッチ、モノ不足、インフレなどの亡霊ではないだろうか。

立ち遅れたロシア国内のイノベーションを促すべく、民間主導の構造改革に重点を置かねばならないということだ。

現実的に見て、それには西側の資本やテクノロジーの導入が不可欠となる。ナビウリナ総裁は戦時下で「通常の技術資源にアクセスできない状況」があると認めながらも、改革継続による国力涵養を訴えた。

ナビウリナ発言の哲学的意義

こうした構造改革の必要性を訴えるのは、ナビウリナ氏だけではない。ロシアの最大手銀行ズベルバンクのゲルマン・グレフ最高経営責任者(元経済発展相)は6月17日のSPIEFで、「ロシアに制裁を加えた国はロシアの輸出の56%、輸入の51%を占める」との試算を示した上で、「これはロシアの国内総生産(GDP)の15%に相当する脅威であり、経済の大部分は火の車だ」との極めて現実的な見解を表明した。

「国産車ラーダに乗れ」などソ連への回帰を思わせる掛け声や、愛国的な勇ましいプーチン節とは、かなりトーンが違う。

グレフCEOはさらに、「もし何もしなければ、ロシア経済を2021年の水準に戻すのに10年程度かかる」として、ナビウリナ中銀総裁と同様、ロシア経済の構造改革を呼びかけたのである。

ナビウリナ総裁の「ペレストロイカは必要」との発言は、表面的には西側の金融・経済制裁でロシア経済が深刻な悪影響を受けたことを奇貨に、従前からの産業構造に抜本的な改革を加えることを呼びかけたものである。

ロシア経済の構造改革の必要性自体は、開戦前から多くの財界人や知識人が主張してきたことだ。プーチン大統領自身も折に触れて論じてきたため、問題はないように思える。

しかし、ナビウリナ氏がその構造改革をペレストロイカと重ね合わせたことには、重大な政治的なメッセージが込められている。

なぜなら、ペレストロイカ本来の哲学的な源泉は、ゴルバチョフ大統領が構想した「欧州共通の家」という国家間の平和的共存の希求であり、旧ソ連と西側諸国の軍事的・政治的境界線を無効化することで、ソ連(ロシア)帝国の否定を意味するものであったからだ。

ゴルバチョフ政権下で外相を務めたエドゥアルド・シェワルナゼ氏が著した回顧録『未来は自由に属する』(邦題『希望』、朝日新聞社刊)、およびロシア・ソ連研究家の中澤孝之氏の論考に、その背景が語られている。

西側陣営との対立放棄と密接に結びついた「ペレストロイカ」

すなわち、コムソモール(共産青年同盟)時代からの盟友で、腹の内を明かし合う間柄であったゴルバチョフ氏(当時は党中央政治局員)とシェワルナゼ氏(旧グルジア共和国第一書記)は、互いに旧ソ連のアフガニスタン侵攻に疑問を抱いていることを確認していた。

現在のロシアによるウクライナ侵攻を彷彿とさせる状況の中、二人は黒海沿岸にあるグルジア(ジョージア)共和国のアブハジアにあるリゾート地のピツンダ公園の森の中を一緒に散歩する間に、「遠大なる構想」を得た。ペレストロイカの萌芽だ。

それは、「ソ連の敵」と規定された西側諸国のイメージを、人々の心から消し去ることであった。

1975年7月の欧州安全保障協力会議で、「すべてのヨーロッパの国が政治的・経済的・軍事的な歴史的分断状態を克服する」ことを希求としたヘルシンキ宣言に基礎を置きながら、旧ソ連国内の改革であるペレストロイカと融合した「欧州共通の家」構想と同根だ。

それは、国家間の関係にイデオロギーや階級闘争概念を持ち込まないという、「政治優位」から「経済優位」へのコペルニクス的な発想の転換であり、市場経済化によってソ連に平和と繁栄をもたらすという思想であった。ソ連型ナショナリズムの否定と言ってもよい。

つまり、ナビウリナ氏が用いた「ペレストロイカ」のコンセプトは、西側陣営との対立の放棄と不可分に結びついている。そのため、現在プーチン大統領が邁進する「西側との対峙」「ソ連(ロシア)帝国の復活」「特別軍事作戦」とは哲学的に真正面から対立する。

青春時代にペレストロイカを体験したインテリのナビウリナ氏が、そうしたペレストロイカの哲学的な文脈を離れて発言したとは考えにくい。

また、同じくペレストロイカを体験したが、その結果としての旧ソ連崩壊による失業の苦難を身に刻んだプーチン大統領が、その含意に気付かぬはずはないだろう。ロシア人ジャーナリストのアレクサンドル・バウノフ氏が指摘するように、「プーチンは、ペレストロイカ2.0につながる改革を怖れている」のだ。

彼のような旧ソ連国家保安委員会(KGB)出身者の多くは、「ペレストロイカは欧米の対ソ破壊工作だった」「ペレストロイカさえなければ、ソ連帝国は崩壊しなかった」「ペレストロイカはあらゆる災いの元だった」という苦い思いを抱き続けている。

今こそ「ナビウリナ大統領」が必要?

翻って、ナビウリナ総裁が過去10年にわたり、チーム・プーチンの一員としてロシアの領土拡大路線を実務的に支えてきた存在であることを忘れてはならない。

それでもなお、国を統率する大統領であるにもかかわらず、目先の戦術的な課題しか見えておらず、ビジョンに欠けるプーチン氏と比較すると、ナビウリナ氏に戦略眼があるのは明白だ。すでに彼女は中央銀行総裁の枠を超えて、経済の司令塔的な役割をも果たしている。

そう考えれば、大統領職に適任なのは、平和を破壊し、ロシアの国力を急速に消耗させているプーチン氏ではなく、何が国益かを明確に認識しているナビウリナ氏ではないかと思える。彼女の政治的手腕は未知数ながら、国全体を世界的な文脈で俯瞰できる能力は高く評価されるべきだろう。

前述のシェワルナゼ元外相は、「すべての国家は共同社会を形作る世界につながり、それがペレストロイカの意味するものである」と強調している。ナビウリナ総裁は現在の状況下で、ロシアの自力更生を唱えながらも、「近代化」という西側の市場経済哲学の肯定と、旧ソ連の轍を踏まないとの誓いを通して、暗にロシアのグローバル社会への復帰の必要性を訴えている。

外交の原則と基本が、対立や闘いであるとのソ連・ロシア型思考を脱却したペレストロイカ哲学を信奉する彼女は、ロシアが世界の中でいかにあるべきかのビジョンを持つ。だからこそ、旧ソ連型ではない自由な経済を希求し、改革を唱え、グローバル経済への目配りも忘れないわけだ。

そうした文脈で見ると、ナビウリナ中銀総裁が6月10日に行った講演で、「輸入に依存する製造業におけるサプライサイドのリスク」「物流チェーンの問題」「インフレ再燃のリスク」「ルーブルの価値の再下落リスク」「スタグフレーションのリスク」に言及したのは、厳しい現実を直視する姿勢を表している。

一方で、おそらくそうした直言姿勢を苦々しく感じながらも、ウクライナ戦争開戦時に辞任しようとする彼女をプーチン大統領が引き留めたのは、正解であった。ナビウリナ総裁が政策金利を引き上げ、輸出企業の貿易収入の大半をルーブルに替えさせて自国通貨を支えたことで、西側の制裁がロシア経済を押しつぶすことを、数カ月単位で遅らせたからである。

だが、ここに来て彼女が「ペレストロイカ」を持ち出したことで、プーチン氏とナビウリナ氏の関係は悪化する可能性がある。もしナビウリナ総裁が更迭されれば、ロシアの対制裁耐久力にも悪影響を及ぼすだろう。また、ロシア中銀の政策は戦局にも深く影響を及ぼすため、ウクライナ侵略戦争の帰結を占う上でも、ナビウリナ中銀総裁から目が離せない。

良ければ下にあります

を応援クリックよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください