『米中間選挙、トランプ氏からの推薦は追い風か逆風か』(4/28日経ビジネス FT)について

4/27The Gateway Pundit<New Poll Finds Joe Biden Trails Eventual 2024 Republican Nominee By Nine Points>

トランプが出て、不正選挙がなければ、9%の差では収まらないのでは。

Democrats are going to regret making this man president, if they don’t already.

He is a political anchor around their necks.

https://www.thegatewaypundit.com/2022/04/new-poll-finds-joe-biden-trails-eventual-2024-republican-nominee-nine-points/

4/28The Gateway Pundit<The Real Insurrection Was Against Trump – Resurfaced Interview Shows Plans to Prevent Trump’s 2017 Inauguration>

下の3人の悪相。彼らが本当のクーデーター企図者でしょう。

https://www.thegatewaypundit.com/2022/04/real-insurrection-trump-resurfaced-interview-shows-plans-stop-trumps-2017-inauguration/

4/28The Gateway Pundit<Democrats Hemorrhaging Black Voters — Biden Down 20 Points with Blacks Since Inauguration (VIDEO)>

黒人よ、もっと目を開けと言いたい。バーノン・ジョーンズの言い分を聞くべき。

https://www.thegatewaypundit.com/2022/04/democrats-purging-black-voters-biden-20-points-blacks-since-inauguration-video/

4/28The Gateway Pundit<Elon Musk Tweets How He Didn’t Get More Conservative – Libs Got More Radical>

マスクの図解が面白い。

“I didn’t leave the Democrat Party.  The Democrat Party left me.” – Ronald Reagan

https://www.thegatewaypundit.com/2022/04/elon-musk-tweets-didnt-get-conservative-libs-got-radical/

4/29看中国<5月中期选举初选起跑 测试川普影响力(图)=5月の中間選挙予備選が始動 トランプの影響力を測る(写真)>米国の中間選挙予備選は5月に正式に始まる。10以上の州の有権者が投票所に行き、鍵となる6つの州で激しく争われている。一ある米国メディアは、トランプ元大統領の共和党に対する影響を試す時期でもあると考えている。

米国のメディア「ヒル」(The Hill)の記事は、下に挙げる5月の6ケ所の選挙は注目に値すると指摘した。

5月3日のオハイオ共和党上院議員

5月17日のノースカロライナ共和党上院議員

5月17日のペンシルバニア共和党上院議員

5月17日のペンシルバニア民主党上院議員

5月24日のアラバマ共和党上院議員

5月24日のテキサス州司法長官の決選投票

https://www.secretchina.com/news/gb/2022/04/29/1004938.html

4/29希望之声<推特在马斯克旗下巨变 川普社媒CEO:左派受冲击不小=マスクの下でのTwitterの大きな変化 トランプのSNS CEO:左派は多くの打撃を受けた>Twitterの最初の大きな変化は、Elon MuskがTwitterを買収した翌日に起こった。多くの保守派のフォロワー数が急増した;極左は多くのフォロワーを失った。トランプの「Truth Social」のCEOで元カリフォルニア州選出連邦下院議員のDevin Nunesは、4/27(水)に、マスクのこの動きは多くの左派メディアと左派勢力に影響を与えたと述べた。

報道によると、マスクがツイッターを買収した翌日、フロリダ州知事のロン・デサンティスとトランプ前大統領の長男ドナルド・トランプ・ジュニアのファンは、フォロワー数が1日で10万人増加し、以前のファン数は意図的に抑制されていた疑いがある。同時に、元米国大統領バラク・オバマと民主党の極左、アレクサンドリア・オカシオ・コルテス下院議員(AOC)などが多くのファンを失い、あたかも多くのゾンビファンが拭い去られた観がある。

Nunesは、27日のNewsmax TV番組のインタビューで、マスクによるTwitterの440億ドルの買収は、一定の人に影響を与えていると述べた・・・。「フェイクニュースメディア」は、Twitterの今後の変化を予想し、変化が起きていないにもかかわらず、理性を失っている。 「彼らがマスクを止めるために何をしようとしているのかを見るのは興味深い」

トランプの「Truth Social」プラットフォームについて、Nunesは次のように述べた。「我々が今日ここにどうしてたどり着いたのかを覚えていよう、トランプはすべてのプラットフォームからキックオフされたからである;私と同じように、我々の多くは検閲され、発言を禁じられた。 何百万もの米国人がFacebookに投獄されて、多くのプラットフォームも同様に追い出しした。それで我々には選択肢がなく、新会社を設立して、開かれたインターネットを再開し、米国人に再び発言権を与えることとした」

「“Truth Social”は、ブロックごとに徹底的なテストと構築を行ってきたため、破壊することはできない。ビッグテックに対抗するための橋頭堡を構築し、ここまで到達し、成功した。だからこそ、我々はApp Storeで1位になった・・・。テスト中のために許可されなかった人達が、金曜日の夜と土曜日の朝に入って、App Storeで1位になった」

彼はさらに、「Instagram、Facebook、TikTokなどの大手テクノロジー企業間で、激しい競争に直面しているが、我々は大きく異なっている・・・。我々は安全な場所で、家庭に優しい。それは人々が知っている場所であり、あなたが我々に参加する場合、我々はInstagram、TikTok、Facebookのベストプラクティスを取り入れようとし続ける。それが我々の戦略である。これこそが、我々が取り組んでいるテクノロジーである。あなたが並行経済に向かって進むとき、我々はあなたをビッグテックの暴君から保護しなければならない」

https://www.soundofhope.org/post/616213

4/29阿波羅新聞網<了不起的马斯克!驴党政客持续掉粉 脸书受冲击=マスクは大したもの!民主党の政治家はフォロワーを失い続けており、Facebookは攻撃を受けている>今回のマスクの操作は、米国政治の言論マップを本当に変えた!ツイッターチームのパニックにより、投稿削除チームはこの2日どうしたらいいかわからず、ツイッター全体の言論の規模が急に大きくなり、各種繁栄と新規登録が生まれた。バラク・オバマ前大統領は多くのフォロワーを失い、民主党のスター下院議員コルテス(AOC)などの左翼政治家のフォロワー減のスピードはさらにおかしかった。

トランプJrはフォロワーが87,000人/日増えた。

デサンテイスはフォロワーが140,000人/2日増えた。

AOCはフォロワーが36,000人/2日減った。

https://www.aboluowang.com/2022/0429/1741686.html

4/29阿波羅新聞網<谷爱凌要回美了?发文“谢谢中国”网上炸了=谷愛凌(Eileen Gu)は米国に帰るの?投稿「Thank you China」はオンラインで爆発>北京冬季オリンピックで金2個と銀1個を獲得した中国系米国人の谷愛凌は27日、Weiboに「ありがとう中国」と投稿し、多くのネチズンは、彼女は中国を離れ、米国に戻って学業の準備をしていると推測し、彼らの不満を表明した。彼女がなぜ祖国と言う代わりに中国と呼ぶのかについても疑問がある。

https://www.aboluowang.com/2022/0429/1741718.html

4/29阿波羅新聞網<突然,乌克兰要反攻了?=突然、ウクライナは反撃するのか?>ウクライナ大統領府の顧問であるアレストビッチは27日、ウクライナは5月に西側から武器を受け取り始め、6月までに十分な数の装備を蓄積できるようになり、ウクライナ軍は7月までに反撃を開始する能力を持つ。

ウクライナ当局は、ウクライナ軍が7月に反撃を開始できると述べた。

ウクライナ戦争の大転換点:ウクライナは、ロシアの軍事施設を攻撃する権利があると述べた。

戦争だから、相手国の軍事施設攻撃の権利は当然ある。ただ、ロシアがそれを理由に核や生物化学兵器を使うのが心配。

https://www.aboluowang.com/2022/0429/1741664.html

何清漣 @HeQinglian 12h

資源主権は重要性を示している:ロシア・ウクライナ戦争の意図しない結果。

https://sbs.com.au/chinese/mandarin/zh-hans/russia-ukraine-war

多くの国の経済成長率は下向きで、カナダとオーストラリアだけが上向きと発表した。この両国は資源が豊富で、外部市場への依存度が低いためである。

1970年代以降、国の強さと富を測定するための世界標準はGDPの合計で、この方式の重大な欠陥は、国の天然資源を考慮に入れていないことである。資源と市場が外にあるため、EU制裁はEU自体を傷つける。

sbs.com.au

[視点] 資源主権は重要性を示している:ロシア・ウクライナ戦争の意図しない結果。

何清漣 @HeQinglian 12h

あなたの理屈は左翼政治を利用することになる:

なぜ福祉と不適切な政治的補償が不労所得者に人気があるのか?

これらの人達は向上する努力をしないので、自分達は圧迫を受けている(または祖先が圧迫を受けた)弱い集団と主張する必要があり、社会は彼らがいなければ良くなる。

これらの人達の代表的なスローガンは、2020年5月にテレビでBLMグレーターNY地域の責任者によって公に提案された:「我々が必要なものを与えなければ、我々は世界を破壊するだろう」。

引用ツイート

Seadog  @seadognw  22h

鉄鎖女性についてツイ友の分を転載:なぜ多くの女性が長い間繰り返し男にだまされるのか?

男達の要求で、騙すことで満足できるが、普通の人は満足できない。

何清漣 @HeQinglian 9h

28日のCNBCの報道によると、米国商務省は28日、2022年第1四半期の米国の年間GDP成長率は-1.4%であり、 1984年以降の上昇気流にあった米国経済で初のマイナスを記録した。分析によると、2022年の最初の3か月で、オミクロンの新型コロナウイルスの症例数の急増、インフレ率が1980年代初頭以降で最高レベルに急上昇したこと、ロ・ウ紛争など、米国経済の成長に影響を与える多くの要因がある。

何清漣 @HeQinglian 11h

これは、米国の現代貨幣理論である:ドルが世界のハードカレンシーである限り、ドルの発行は無制限であり、インフレは外国に波及し、世界はそれを受け入れる。

オバマがこの理論を最も好む。民主党のルールである。 https://twitter.com/kingbull199/status/1519672901183500288

このアカウント所有者はツイートを表示できるユーザーを制限しているため、このツイートを表示することはできない。

FTの記事では、リベラルな記者が書いて、公平を装っていますが、トランプ嫌いが見て取れます。チャーリー・デント・元ペンシルベニア州選出共和党下院議員はRINOの代表でしょう。彼らが共和党員でありながら民主党の不正選挙を助けたとしか思えない。

2/28ロイター<トランプ氏の支持率トップ、保守派イベントの模擬投票で>

https://jp.reuters.com/article/usa-election-cpac-idJPKBN2KX0C6

によれば、共和党の大統領候補としてトップはトランプの59%、2位がデサンティスで28%でした。左翼メデイアが嫌うほどトランプは国民には嫌われていない。ロシア疑惑もウクライナ疑惑も民主党のでっち上げなのにメデイアは正確な報道をせずに、トランプを悪者にしている。本当の悪はプーチンと習近平ではないか。メデイアは両者とも厳しく糾弾すべき。

記事

今秋の米中間選挙に向けた各州の候補者選びの予備選挙が間もなく本格化する。共和党の各候補は、トランプ前大統領との距離の取り方に悩む。熱心な党員が投票する予備選ではトランプ寄りの姿勢を示すほうが有利だが、それを強く打ち出し過ぎると中間選挙で中道層の支持を得られないというジレンマだ。激戦区ペンシルベニア州の情勢を報告する。

トランプ前米大統領は共和党において依然として強い影響力を持っている(写真:AFP/アフロ)

米共和党主流派の一部から見れば、デビッド・マコーミック氏は上院議員候補として申し分のない経歴の持ち主だ。陸軍士官学校を卒業し、レンジャー部隊の訓練を受け、米プリンストン大学で博士号を取得し、ジョージ・W・ブッシュ(子)政権で数年間仕事をした後、最近はヘッジファンドの世界的大手、米ブリッジウォーター・アソシエーツの最高経営責任者(CEO)を務めていた。

しかし、今年3月、ペンシルベニア州ピッツバーグ近郊の満員の集会場でマコーミック氏が有権者に印象づけようとしていた姿は、その経歴とはまるで違うものだった。前大統領のドナルド・トランプ氏と歩調を合わせて選挙戦を戦う「政治経験豊富」で「地元を大切にする生粋のペンシルベニア人」という姿だ。

この日、ピッツバーグ周辺にトランプ氏の姿はなかった。しかし会場にはトランプ氏の影響が色濃く漂っていた。2020年の大統領選挙の際、トランプ氏が開くどの集会でも必ず聞こえてきたリー・グリーンウッドが歌う愛国的な「ゴッド・ブレス・ザ・USA」がスピーカーから流れていたのだ。ステージ上にはトランプ政権を担った高官たちが並んだ。ホワイトハウス報道官を務めたサラ・ハッカビー・サンダース氏から、トランプ氏の牧師を自称するテレビ伝道師のポーラ・ホワイト氏まで、皆が次々とマコーミック氏支持の理由を有権者に語りかけた。

マコーミック氏がショーン・パーネル氏を「素晴らしい友人」で「大切な助言者」と呼び、感謝の念を表す一幕もあった。パーネル氏は2021年に同じペンシルベニア州で上院議員への立候補を表明し、トランプ氏から推薦を得ていた人物だ。だがその後、妻と子どもに対する虐待が疑われ、選挙戦から撤退した。

同じ頃、この会場からピッツバーグを挟んで60kmほど離れた小さな町、キャノンズバーグでは、別の候補者メメット・オズ氏が独自の選挙運動イベントを開いていた。オズ氏は61歳になる心臓胸部外科医だが、大半の米国人には昼のテレビ番組の司会者「ドクター・オズ」としてなじみの人物だ。

オズ氏もまた、ペンシルベニア州の上院選で共和党候補の指名獲得を目指している。そしてやはりマコーミック氏と同じように、トランプ氏に近い有名人に囲まれていた。トランプ政権でエネルギー長官を務めたリック・ペリー氏や、シェール企業の経営者でトランプ氏への寄付で知られるハロルド・ハム氏などだ。

キャノンズバーグのタウンホールに集まった住民は300人ほど。イベントには、ドクター・オズが長年司会を務めてきたテレビ番組を模したパネル討論や質問コーナーが盛り込まれていた。

オズ氏はかつて、リベラルなハリウッドの典型と見なされた人物だ。だが配られたチラシには、ドクター・オズのテレビ番組に似たロゴと共に「銃を持つ権利を支持」「妊娠中絶反対」「個人の自由を擁護」といった言葉が踊っていた。

ペンシルベニア州の共和党・上院議員候補を決める予備選挙は5月に予定される。今年秋の中間選挙の行方を左右するものになろうとしている。先の大統領選挙では、同州でジョー・バイデン氏がトランプ氏を僅差で抑えて勝利した。現在、上院で民主党は最低限の差で優位を保っているにすぎない。よって、この州で共和党員が誰を候補者に選ぶかは、今後数年間上院を支配する政党を左右する選択になる可能性があるのだ。

予備選でトランプ氏からの支持は不可避

この予備選挙は、トランプ氏が共和党に残している影響力を測る試金石となる。今、全米の候補者が前大統領の支持を得ようと懸命になっているのだ。ペンシルベニア州と隣り合うオハイオ州でも同様の動きがある。トランプ氏は4月15日、『ヒルビリー・エレジー』の著者、J・D・ヴァンス氏を同州の上院議員候補として推薦すると発表して多くの人を驚かせた。ヴァンス氏は、以前はトランプ氏に批判的だったが、最近はポピュリズム(大衆迎合主義)に傾いている。

ペンシルベニア州の共和党予備選挙には多くの候補者がひしめき合っている。その中でマコーミック氏とオズ氏が抜け出ているというのが大方の見方だ。2人は共に、裕福で、選挙に出馬するのは初めてで、そしてトランプ信者に対して自分は間違いなく保守派であると売り込んでいる。

しかし、トランプ氏とその仲間に接近することについて、肯定的に捉える人ばかりではない。トランプ氏とその仲間に対する法的な訴えはまだ続いており、かなりの国民が今なお前大統領に嫌悪感を抱いている現状ではなおさらだ。

ペンシルベニア州選出の元下院議員、チャーリー・デント氏はこう語る。「一部の候補者は自分に正直な選挙運動をしていないように見える。トランプ氏に忠実なふりをしているだけだ。誰も本当は信じてはいない。勝者が変わりやすいスイングステートで、本当に自分とドナルド・トランプ氏を結びつけたいと思うだろうか。皆忘れがちだが、彼は敗れた人間だ。勝てなかったのだ」

しかし、これは必要な戦術だと主張する人もいる。少なくとも、ごく忠実な共和党員だけが票を投じる可能性が高い予備選で、候補者が多数いる場合には、そうせざるを得ないと言うのだ。

マコーミック氏の元同僚は、匿名を条件にこう語った。「今日の共和党内では、前大統領やその支持者たちと方向が異なると見なされたなら候補者に選ばれる可能性はほぼない、という認識が広がっている」

「これは非常に難しい綱渡りだ。候補者は本来、自分の主張をしなければならない。しかし共和党内のトランプ支持派に対して批判的な行動に出たり発言をしたりすると、予備選で敗れる危険性が高まる。これが実情だ」

トランプ氏はこれまで、全米の予備選で100人以上の候補者に推薦のお墨付きを与えてきた。しかし、ペンシルベニア州の上院議員候補については、昨年のパーネル氏への推薦で痛い目に遭ったため、もう口を出さないだろうと予想する向きが多かった。

ところがトランプ氏は4月9日に、オズ氏を支持するという驚くべき発言をして、ペンシルベニア州に衝撃を与えた。この発言で、オズ氏の運動に予備選の大詰めに向けて大きな弾みがついたことは確かだ。

トランプ氏自身もテレビのリアリティー番組から政界に転じた人間だ。「オズ氏はテレビ画面を通じて我々と共に生きてきた。常に人気を集め、尊敬され、賢明だった」とトランプ氏はコメントした。

75歳になるトランプ氏は、自身も24年の大統領選挙への再出馬を公に匂わせている。このコメントをしたのはノースカロライナ州セルマで開いた集会でのこと。同氏はテレビのスター司会者であるオズ氏への賛辞を惜しまず、有名人でファンが多いため、投票で優位に立てるだろうとも示唆した。

「昔から人気があった。そう、18年もテレビに出ているとしたら、それは投票を受けているようなものだ。皆に好かれているということだ」とトランプ氏は語った。

トランプ氏推薦の功罪

トランプ氏が推薦の発言をする前に実施された世論調査によると、ペンシルベニア州の共和党予備選挙の有権者の間では、マコーミック氏がわずかにオズ氏をリードしていた。世論調査データ収集サイトのリアルクリアポリティクスが集計した平均値で見ると、マコーミック氏支持が21.8%、オズ氏支持が17.6%だった。

支持率が彼らに次ぐ候補者は保守派のコメンテーター、キャシー・バーネット氏で10.6%。さらにカーラ・サンズ氏の10%と続く。サンズ氏は共和党の選挙運動に多額の寄付をしてきた人物で、トランプ政権ではデンマーク大使を務め、「保守派が信頼できる唯一の米国第一主義の候補」を自称している。

予備選まで残り1カ月を切ったにもかかわらず、世論調査によると、ペンシルベニア州の共和党有権者の半数がまだ誰に投票するか決めていない。それゆえトランプ氏の推薦は、この激戦をさらにかき乱す可能性が高い。米広告調査会社アドインパクトによると、共和党の有力候補陣営と独立政治団体はこれまでに、合わせて4500万ドル(約58億円)を超える記録的な額を政治広告に注ぎ込んできた。

トランプ氏の推薦が、草の根の共和党員に対するオズ氏の信認を高めると考えてよい理由はある。米フォックス・ニュースが3月に実施した調査によると、ペンシルベニア州の共和党予備選挙で投票に行く可能性の高い人の82%がトランプ氏を「好ましく」思っており、65%が「強く」支持している。

しかし、懐疑的な者も多い。

トランプ氏は多くの推薦を出すことで共和党内の実力者としての立場を固めようとしてきたが、その判断が裏目に出たケースも少なくないと彼らは指摘する。

最近では、アラバマ州のモー・ブルックス下院議員が上院議員候補の指名争いで十分な支持を集めることができず、トランプ氏が推薦を取り消すという出来事があった。やはり重要なスイングステートであるジョージア州では、トランプ氏が支持した知事候補のデビッド・パーデュー氏が、最新の世論調査で、現職のブライアン・ケンプ氏に2桁の大差を付けられている。同州でも5月に予備選挙が実施される。

デント氏は「トランプ氏は人を助ける能力よりも人を傷つける能力にたけている。モー・ブルックス氏やデビッド・パーデュー氏のようにトランプ氏に推薦されたからといって、どんないいことがあったのか?」と疑問を呈する。

トランプ氏がオズ氏を推薦したことについて今月テレビのインタビューで尋ねられたミッチ・マコーネル共和党上院院内総務は、この推薦でペンシルベニア州の予備選の状況が変わるかどうか、答えをためらった。

マコーネル院内総務は数日後、バイデン大統領と民主党が中間選挙を前にして記録的な低支持率に苦慮しているとしても、共和党員が予備選で間違った候補者選びをするとその優位も「台無し」になりかねないと、党内に注意を促した。

「上院で過半数を獲得するために戦う必要のある場所に目を向けると、中間選挙の見通しが拮抗している選挙区がある。幅広い人々に受け入れられないような候補者を指名して勝つことはできない」(マコーネル院内総務)

リベラルだったはずのオズ氏が

オズ氏は、トランプ氏的なイメージを強く与える候補者だ。心臓外科医でコロンビア大学の教授だった同氏は2000年代の前半、「オプラ・ウィンフリー・ショー」のレギュラーゲストとして全米のテレビ画面に初めて登場した。その後09年に自分の名前を冠したレギュラー番組を開始。この番組は、22年初め、上院議員への立候補を表明した後に収録を中止するまで続いた。人気番組ではあったが、医学の専門家からはエセ科学や間違いを広めているとの批判も受けていた。

フォックス・ニュースの司会者ショーン・ハニティ氏や、ホテル業界の大物スティーブ・ウィン氏など、トランプ氏を支持するほかの数人もオズ氏への支援を表明している。

オズ氏は声明の中で「誰もがこの推薦を得たがっていた。デビッド・マコーミック氏は特に熱心だった。彼は中国寄りで、ウォール街の人間でもある」と述べている。オズ氏はこの選挙運動で、ブリッジウォーターの中国への投資についてマコーミック氏を非難し、多くの候補者の中でトランプ氏と立場を同じくする「異端の政治家」であると自身を位置づけている。トランプ氏はオズ氏のこのような選挙活動を評価する発言をした。オズ氏の声明は、その発言を受けてのものだ。

政治家としては素人であるとはいえ、オズ氏がこの4月に規定に従って開示した資産情報によると、同氏の資産は少なくとも1億ドルはある。同氏は既にこの選挙運動に個人の資金から1000万ドルを注ぎ込んだという。マコーミック氏はまだ資産情報を提出していないが、やはり巨額の個人資産を開示するものと思われる。マコーミック氏の妻、ダイナ・パウエル・マコーミック氏は米金融大手ゴールドマン・サックスの幹部で、トランプ政権では米国家安全保障会議(NSC)のメンバーだった。

オズ氏が集会を開いたキャノンズバーグの経済は、石油と天然ガスに大きく依存している。オズ氏はかつて、シェールオイル採掘のフラッキング(水圧破砕法)に批判的で、油田探査が人々の健康に悪影響を及ぼすかもしれないと懸念を表明していた。しかしこの集会では、オズ氏はバイデン政権に、規制を緩和して国内の油田掘削を促進せよと求めていた。

この発言が、オズ氏を批判する者が同氏の一番の弱点と見る要素を浮き彫りにしている。今は「米国を第一に考える保守派」を標榜している候補者が、これまで長年にわたり、自分の番組やほかのメディアで中絶の権利や銃規制など、リベラルな政策を公に擁護してきた点だ。

しかしオズ氏の支持者は、オズ氏が真の保守派としての資格を有していると確信していると言う。トランプ氏も大統領選に出馬した当初は、共和党員としての真正さを疑われたではないかと、前大統領を引き合いに出しさえする。

フォックス・ニュースのハニティ氏はオズ氏への支持を表明した際に、「『彼が保守だとどうして分かるのか』と言う人がいる。そう、ドナルド・トランプ氏についても同じことを尋ねられた。けれど、私が正しかったことは証明されたと思う」と語った。

オズ氏は、他州から来た「落下傘候補」との批判も受けている。同氏はデラウェア州で育ち、成人後の人生の大半をニュージャージー州で過ごし、フロリダ州パームビーチに別荘を所有している。ペンシルベニア州で過ごしたのは、ペンシルベニア大学の医学大学院と経営学大学院ウォートンスクールの在学中だけだ。有権者登録は、20年に同州のブリンアシンに住む義理の家族の住所に移してある。

元エネルギー長官のペリー氏は、キャノンズバーグで地元の有力ビジネスパーソンを集めて開かれた「エネルギー・サミット」の席で、ペンシルべニア州民は両手を広げてオズ氏を迎え入れなければならないと述べ、オズ氏を、米テスラの創業者、イーロン・マスク氏になぞらえた。マスク氏は最近カリフォルニア州からテキサス州に移住した。

ペリー氏は「ドクター・オズはペンシルべニア州を助けるためにここに来ることを選んだ。これは喜ぶべきことだ。彼ほどの才と能力に恵まれた人間が、この州に活力をもたらすために、そしてここを中間選挙の重要州にするためにやって来たのだから。彼にはそれができるのだ」と続けた。

しかし、オズ氏をそこまでは評価しない人々もいる。民主党のエド・レンデル元知事は「事実として言うと、ここはペンシルベニアであって、ニューヨークではない。ここで暮らしているのでなければ出馬するな、というのがペンシルベニア州民の一般的な態度だ」と語った。

トランプ氏との距離で綱渡り

マコーミック氏はペンシルベニア州の中央部で育ち、後に同州ピッツバーグで米マッキンゼー・アンド・カンパニーのコンサルタントとして働いた。その後は地元のソフトウエア会社フリーマーケッツの経営も手がけた。しかし同氏にも、オズ氏と同じように、日和見的なよそ者との非難が向けられている。昨年までトランプ氏を批判しており、コネティカット州にあるブリッジウォーターで何年も働き、ようやく地元に戻ってきたばかりだからだ。

友人や元の同僚の中には、個人的な感想として、マコーミック氏がトランプ的なあり方を是認するというのは「不愉快だ」と語る者もいる。だが、共和党の候補指名を勝ち取り、かつスイングステートの中間選挙で勝利するために、同氏は正しい戦略を取っているという見方ではおおむね一致している。この州では、トランプ支持派だけでなく、フィラデルフィア近郊など郊外の中道層の有権者の支持も集める必要があるからだ。

米投資会社カーライル・グループの元CEO、グレン・ヤンキン氏が手本になると考える者もいる。ヤンキン氏は21年に政治的な綱渡りをしてバージニア州の知事選に勝利した。農村地帯のトランプ支持者と、ワシントン郊外の高学歴の中間層の両方の有権者の支持を獲得したのだ。マコーミック氏はヤンキン氏の選挙スタッフを何人か採用した。ヤンキン氏を手助けした共和党系の政治コンサルティング企業、アクシオム・ストラテジーズとも契約を結んだ。

マコーミック氏は以前からトランプ氏の推薦を得ようと骨を折ってきた。そのためにトランプ氏の元のスタッフたちをまとめて採用し、最近もトランプ氏と会うために同氏の別荘マー・ア・ラゴを訪れている。

しかし現状、マコーミック陣営の人々は、トランプ氏の支持がなくても、マコーミック氏の素晴らしい経歴があれば、そしてオズ氏の側の相対的な弱みを突けば、この元ヘッジファンド経営者が共和党の指名を勝ち取れると力説する。マコーミック陣営の世論調査担当者ジム・マクラフリン氏は、最近自分たちが実施した調査では、共和党予備選挙の有権者の半数ほどはオズ氏に対して否定的な見方をしていたと語った。

ペンシルベニア州で長年共和党の選挙スタッフとして働いてきた人物は、匿名を条件にこう語った。「オズ氏の考えは有権者にあまり受け入れられていない。トランプ氏が魔法の杖(つえ)を振って『この男がいい』と言ったとしても、その魔法が効くのはオズ氏が信頼できる保守派である場合だけだ。オズ氏はそうではない」

さらに別の疑問もある。マコーミック氏とオズ氏のいずれかが共和党候補として11月の中間選挙に進んだとして、彼らの変わり身が功を奏するかどうかだ。民主党もペンシルベニア州で5月に予備選挙を実施する。有力候補は、ポピュリストを自称する同州のジョン・フェターマン副知事と、中道寄りのコナー・ラム下院議員だ。

全米で活動する民主党のある選挙スタッフは次のように指摘する。「マコーミック氏とオズ氏は、共和党内でもトランプ寄りの強硬な保守派としての姿を演出するために巨額の資金を注ぎ込んでいる。それを考えると、どちらが候補者になったとしても、後で態度を変えれば、不誠実で裏表のある、言葉面とは違う人間であるという印象を与えることになるだろう」

20年の大統領選の選挙運動中に、共和党員にトランプ氏に投票しないよう呼びかけるために結成された「共和党説明責任プロジェクト」の政治責任者ガナー・レーマー氏は、たとえ共和党が民主党より有利な状況にあると思われる中間選挙であっても、中道の有権者はトランプ氏にあまりにも近い立場の候補者は支持しにくいだろうと語る。

「今でもトランプ氏に好意的でない共和党員は数多くいる。彼らはそれでも自分を共和党員、または元共和党員だと考えているが、スイングステートの選挙でジョー・バイデン氏を勝たせたのは彼らなのだ。彼らはトランプ氏に近過ぎる候補者を嫌う。22年は共和党が勝つ年になると見られているが、そんな年であっても、やはり候補者の質が問題になるのだ」

Lauren Fedor ©Financial Times, Ltd. 2022 Apr. 18

良ければ下にあります

を応援クリックよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください