『出馬表明した朴槿恵の妹、朴槿令が語った日韓友好への思いと勇気 金銭トラブルの絶えない朴槿令だが、日韓関係改善のわずかな光か』(1/2JBプレス 立花 志音)について

1/1The Gateway Pundit<Pelosi’s Power Slipping Amid Dem Infighting>

ペロシは悪の代名詞みたいなもの。民主党は議長を降ろさないと。

https://www.thegatewaypundit.com/2022/01/pelosis-power-slipping-amid-dem-infighting/

1/1阿波羅新聞網<瞄准歼20?驻日美军F-15最新秘密武器亮相=殲-20を照準に?駐日米軍のF-15の最新の秘密兵器が発表される>ニュースウェブサイト「The Drive」の2021年12月30日の報道で、日本の嘉手納基地に駐屯している米空軍のF-15C戦闘機が「レギオンポッド」(Legion Pod)を搭載しているのを撮影した。レギオンポッドはパイロットが赤外線探索追尾システム(IRST)を使って標的に照準を合わせ、その目的は恐らく中国の強力な電子戦闘干渉と殲-20戦闘機の脅威に対処することだろう。

台湾侵攻を思いとどまらせるには情報戦も大事。

https://www.aboluowang.com/2022/0101/1690389.html

1/2阿波羅新聞網<中共第3号人物缺席新年茶友会 2大原因=中共第3位の人物が新年茶友会に欠席する 2大原因>栗戦書の不在は、外界の注目を集めた。政治ウオッチャーは、栗戦書は健康に問題がなければ、中共国家主席の習近平に腹を立てていると考えている。栗戦書は習近平の最も信頼できる腹心の一人であり、中共中央弁公室主任として在任中、習近平の訪問にしばしば同行し、習のスケジュール、文書処理、セキュリティ作業に責任を負っていた。

栗戦書の茶会欠席の真の理由は分からない。

https://www.aboluowang.com/2022/0102/1690595.html

1/2阿波羅新聞網<电价上涨扑面而来!中国数个化工大省电费猛涨70%!=電気料金の値上げが打撃に!中国の主な化学産業の電気料金は70%急上昇した!>中国政府は9月(2021年)に全国的な無警告「電力制限」をしてから、当局は電力価格の新たな市場化改革を開始し、20以上の省が石炭火力発電の地方固定価格買取制度を調整した。この元日(2022年)から、山東省や江蘇省など化学産業が大きい省は時間あたりの電気料金の調整を発表した。塗料財経ウェブサイトによると、電気料金は70%上昇している。

出荷価格に転嫁されるでしょう。インフレになるのでは。不動産問題があって、スタグフレーションになる?

https://www.aboluowang.com/2022/0102/1690615.html

1/1阿波羅新聞網<折腾!西安封城10天 政府作秀救灾“接力送菜”= 虐め!西安は10日間都市封鎖、政府は災害救援のために「リレー式食品配送」を演出>中国で最近疫病が再発し、特に陝西省西安で感染が猖獗を極め、西安市政府は23日の深夜12時から市を封鎖し、現在は10日にもなる。それで物資配送が常に大きな問題となり、多くの地元の人が明らかにしたのは、「地元の食材の価格が高騰し、買えなくなり、殆ど断食状態である」と。ブロガーの「西安生放送」はビデオを共有し、政府がどのように各戸に物資を供給したかを明らかにした。それは、なんと防疫要員による「リレー式食品配送」であることが判明した。しかし、中国のネチズンは「これは人的資源の無駄ではないか?機械の歯車と同じでは」、「5G時代から無理して古代に変えるだけである」と。

不動産管理業者と市の役人が結託して、食材の根を吊り上げ、利益を両者で分配する。

https://www.aboluowang.com/2022/0101/1690461.html

何清漣 @ HeQinglian 15時間

私は数年前にマリファナ使用者の人種分布を持っており、白人の数が最も多く、アジア人が最も少ない。人種グループの割合が最も高いのは黒人で、次に白人が続き、アジア人も最も少ない。

でもこの数年は見つからなかった。ツイ友は見つけたらリンクを教えてください。

一部の青い州では、45歳未満の人の半数がマリファナを吸ったことがある。

何清漣 @ HeQinglian 15時間

リツイートし、花を借りて仏に捧げる。 😅

引用ツイート

老灯 @laodeng89 1月1日

私を愛している人

私が愛する人

私を嫌いな人

私が嫌いな人

みなさん、明けましておめでとうございます。

ねえねえ。

立花氏の記事では、中国大陸も朝鮮半島も近代法の概念が理解できない。事後法が当たり前の国で、「法治でなく人治」と言われる。そもそも韓国は民主主義国であっても、小中華と言われ、政治が国民情緒に引っ張られ、決めた約束も守れない国です。歴史を見れば、事大主義で、あちらについたかと思えば、こちらにつきの繰り返しです。中国人同様、信用するのは余りにナイーブというもの。

朴槿令大統領候補はその中でも真面な方と思いますが、彼女が選挙に勝って大統領になっても、日韓融和は国民感情が許さないでしょう。ここまで韓国を甘やかして来た日本にも責任があります。米国が韓国との通貨スワップを昨年末に終了したとのこと。日本は間違っても韓国と通貨スワップしないように。中国の領土になっても驚かないし、その方がお互いにすっきりするのでは。

記事

大統領選に出馬表明した朴槿令氏(写真:YONHAP NEWS/アフロ)

(立花 志音:在韓ライター)

12月24日のクリスマスイブの朝、韓国の朴槿恵前大統領が恩赦で釈放されるというニュースが流れた。想定内ではあったが、さすがに開いた口が塞がらなかった。これは誰が見ても選挙対策だろう。

文政権は、いわゆる徴用工訴訟問題で、日韓基本条約に反した判決を下した韓国の司法判断に対して、「三権分立」を理由に政府は介入できないと主張してきた。ただ、今回の恩赦は介入じゃなければ何だというのか。

朝からモヤモヤが止まらなくて、息子の意見を聞いてみた。

「だいたい大韓民国の法なんて意味ないよね。自分の国の大統領が気に入らないって勝手に降ろして、監獄に入れといて、今さら出てもいいよなんてさ。この国の上の人たちってろくなこと考えてないじゃん。次の大統領候補で信用できる人だって誰もいないし。バトンタッチして文在寅が(監獄に)入ればいいんだよ」

中学最後の試験も終わり、進学校も決まり、卒業までゲーム三昧の息子も安定の辛口である。

読者の皆さんもご存じの通り、朴槿恵前大統領は国民によって弾劾され、失職した。最終的に収賄、公務上秘密漏洩、職権乱用など18件もの罪に問われ、懲役22年の実刑判決が下された。当時はほとんどの国民が大統領を非難し、感情的になってその判決が妥当だとした。それを、こんなに簡単に恩赦の一言でひっくり返すことができてしまうのだ。

この国の大統領の権力の強さに改めて驚嘆する。そして、保守系最大野党「国民の力」の李俊錫代表は、釈放が決まった朴槿恵前大統領に対して、「何らかの形で国民に謝罪の意を表してほしい」と発言した。恩赦とはいえ、罪を償って出てくる人に向かって、また謝罪を要求するのか。

彼はハーバード大学を卒業した秀才で討論にも強いが、司法的なバランスは持ち合わせていないようだ。

全斗煥の功罪を総合的に総括できない韓国

李俊錫代表は26歳だった李明博政権の2011年に、与党の非常対策委員長だった朴槿恵前大統領に抜擢されたことから政治の世界に入った。恩人とまでは言わなくても、自分が政界に入るきっかけを与えてくれた人にこの仕打ちとは、まるで飼い主の手を噛む犬と言っても過言でないだろう。

韓国には、「川に落ちた犬は棒で叩け」ということわざがある。元々は中国の古いことわざ「水に落ちた犬はそれ以上打つな」を中国の小説家、魯迅がもじって言った「水に落ちた犬は打て(打落水狗)」が語源になっているらしい。競争の激しい韓国社会では叩く方の姿が頻繁に見られる。

韓国では政権が変わるたびに、前政権の主要人物を攻撃してきた。韓国の歴代大統領が任期終了後に逮捕されてきた理由の一つでもある。権力を握った者は、その権力をまず初めに復讐と次に権力をより強固な物にするために使う。これは政治の世界だけでなく、ビジネスの世界も同じで、韓国ドラマのあるあるだ。

韓国人は物事や人を評価する時に、良いか悪いか二つに一つ、二択でしか判断ができない。評価するべき功労があったとしても、目立つ不祥事があればたちまち悪人にされてしまう。

歴代の大統領の中では2021年11月に亡くなった全斗煥元大統領がいい例だ。

全元大統領は当時の韓国の経済発展に大きく貢献した。8年弱の在任期間でマイナスだった経済成長率はプラス12.8%になり、44億ドルあった貿易赤字を114億ドルの黒字に転換した。止まらなかったインフレも抑えた。そして、朝鮮戦争以来、長年韓国で続いていた夜間外出禁止令を解除した。それだけ国が安全になったということだろう。

ところが、ほとんどの韓国人の評価は最悪である。

光州事件では民主化要求デモの鎮圧のため軍隊を送り、多くの市民を犠牲にしたこと、犯罪者や学生運動家、労働運動家などを「三清教育隊」と呼ばれる施設で強制労働させたことで、殺人者だと呼ぶ声も実際に聞いた。文政権は全元大統領の葬儀に花輪も送らず、ほとんどの国民はそれを支持した。

客観的に評価すべき点、改善すべき点を総合した総括ができなく、すぐ感情に任せて主観的な判断をする。韓国では、保守政党と「進歩」と呼ばれる革新政党の対立が日本とは比べ物にならないほど激しい。常にお互いを攻撃し、常に足の引っ張り合いだ。今年3月に待ち構えている今回の大統領選挙も例外ではない。

そこで出てきたのは朴槿恵前大統領の妹の僅令氏だ。恩赦が発表された何日か前に、妹の朴槿令氏が大統領選挙に出馬するというニュースが出ていた。

「姉が大統領なのに、日韓友好に役立てずごめんなさい」と言った朴槿令

出馬表明の記者会見では、「今の政界と大統領候補者たちは、北核危機と国民統合の根本的解決法には気を払わず、権力獲得しか考えていない」と話し、「大韓民国において南南を統合する(保守と革新の対立の解消)ことで南北統一を成し遂げる」と表明した。

現在の韓国の問題点を、ここまで的確に指摘した大統領候補は初めて見る。本来の大統領選挙とはこのような公約が飛び交い、論議すべきであろう。

僅令氏は以前から反日色が過度に強い韓国社会を堂々と批判し、慰安婦問題に対しては、「私たちが慰安婦の方々をきちんと面倒を見ることができず、頻繁に日本を非難するニュースが出ていることに対して申し訳なく思っている」などと発言し、日本との和解点を模索する勇気ある女性だ。

僅令氏は過去に2回の詐欺罪で起訴され、2015年に罰金刑と2018年には懲役1年6カ月、執行猶予2年の判決を受けている。どうやら金銭トラブルが絶えないようだ。ただ、そのような話なら与党「共に民主党」の李在明候補の甥は殺人事件を起こしているし、本人も飲酒運転で検挙されている。

韓国の大統領選挙に醜聞が絶えないのは今に始まったことではない。スキャンダルや国内政策はさておき、日韓関係だけを考えると、朴僅令候補にわずかな光が差し込んで見えるのではないか。

実は筆者は2014年の朴政権当時、僅令氏にお会いしたことがある。子供交通安全協会総裁に選出されたこともある僅令氏は子供の教育にも熱心で、様々な慈善事業をしていた。その時はある社会事業団体主催の講演会で、国際結婚をした外国人のためにも席があると聞き、まだ1歳前の次男を抱っこしながら参加した。

講演が終わり記念撮影をした後、子供を抱いている筆者が目についたのか、声をかけられた。筆者が日本人だと知った僅令氏は、外国での子育てを慰労する言葉をかけ、「姉が大統領なのに、日韓友好に役に立てなくてごめんなさいね」と言った。政治家ではない僅令氏だからこそ言えた言葉だろう。しかしその言葉に筆者の心は少なからず動かされた。

大統領選挙への出馬表明が遅すぎた感は否めないし、健闘したとしても保守の票を割るだけだという考えもできる。しかし、中学生に信用できる候補者がひとりもいないと言われてしまう大統領選挙がただ続くよりは、ずっといいのではないか。

今年3月9日に実施される第20代大韓民国大統領選挙まで、残り3カ月を切った。果たして結果はどうなるのであろうか。

良ければ下にあります

を応援クリックよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください