『あのトランプ政権より遅いのはなぜ、決まらない米政府高官ポスト 英国やサウジアラビア、韓国の大使も、米外交弱体化の原因に』(7/15JBプレス 堀田 佳男)について

7/14Gateway Pundit<BREAKING: US House Democrats Launch Investigation into Arizona Senate Audit – Send Letter to Cyber Ninjas Demanding Answer for Advancing the “Big Lie”= <速報:米国下院民主党がアリゾナ上院選挙監査の調査を開始–「大嘘」を進めるためではと、サイバー忍者に書簡を送り、回答を要求する>火曜日、アリゾナ州上院議員リーダーのカレン・ファンは、2020年のマリコパ郡選挙の投票用紙の合計が上院の監査での投票用紙の合計と一致しないと発表した。

火曜日の夜、OANが報道した監査に関する情報は、48時間以内に発表される予定である。

水曜日に、米国下院監視委員会の民主党議員はアリゾナ上院の選挙監査の調査を開始した。

米国下院委員会が州の選挙規則をどのように管轄しているのかは明らかではない。

米国憲法は州議会に選挙を規定し規制する権限を与えている。

下院監視委員会のキャロリン・マロニー委員長(D-NY)は、アリゾナ上院監査への回答を求める書簡をサイバー忍者のCEOに送った。

書簡から:

ローガン様:

我々は、2020年の選挙で、アリゾナ州マリコパ郡で投じられた約210万票の「監査」へのサイバー忍者の参加についての情報を要求するためにこれを書いている。サイバー忍者が選挙関連の監査を実施した経験が明らかに不足していることを考えると、この非常に珍しい取り組みにおけるあなたの会社の役割について懸念している。同社は、投票用紙と投票装置の公正性を損なう、ずさんで安全でない監査に従事し、米国司法省(DOJ)から質問を受けたと報道されている。そして、あなたと監査に資金を提供している他の個人が、2020年11月の大統領選挙で暴かれた不正投票の「大嘘」を進めようとしているという証拠がある。

 

うわー!

下の藤原直哉氏のツイッターを見るとアリゾナ上院は木曜日に公聴会を開くと。連邦政府の邪魔が入らないうちに進めるつもりでしょう。そこで結果をオープンにしてしまえば良い。「不正はなかった」と主張してきた民主党支持者も考え直すのでは。

https://www.thegatewaypundit.com/2021/07/breaking-us-house-democrats-launch-investigation-arizona-senate-audit-send-letter-cyber-ninjas-demanding-answer-pushing-big-lie/

7/14Gateway Pundit<Breaking: Michigan RINO GOP Executive Jason Roe Resigns After Pressure from Grassroots Activists=速報:ミシガン州のRINO 共和党 幹部、ジェイソン・ローが草の根活動家からの圧力を受けて辞任>トランプ共和党員は、5月にミシガン州ランシングにあるミシガン共和党本部で抗議した。彼らは、州共和党事務局長であるジェイソン・ローが共和党グループに対して繰り返し否定的でネバートランプの発言をしたことに腹を立てた。候補者と活動家は、ローを解雇するために新しい党議長の注意を引くことを望んだ。

5月、ローはミシガン州の政治イベントに参加し、トランプの遺産と2020年の不正選挙への申し立てについて、共和党の活動家や候補者と議論を交わした。

ローは保守派に、彼らはトランプを支持する馬鹿であり、不正投票を信じる馬鹿であり、前進する唯一の方法は、ブッシュの盟友でカリフォルニアの穏健派のジェームズローガン(彼は悪名高いアダム・シフに再選を阻まれたが)を含む、過去に多く働いてきた多くの穏健派共和党候補を支持することであると語った。

ミシガン州の共和党員は、2020年の激戦州の選挙を誤って処理し、投票の公正性を保護すべく真剣に取り組まなかった元州党議長のローラコックスを解雇した。不正投票が明るみに出て来ているとき、活動家はデトロイトのTCFセンターに現れて戦うことを余儀なくされ、ミシガン州の共和党はほとんど欠席した。

不正選挙に対する大胆不敵な闘士として前に出て、現在は公職の候補者であるドミニオンの内部告発者のメリッサ・カローネは抗議し、ミシガン共和党に「クリーンハウス」を要求した。

「ジェイソン・ローはミシガンには向いていない」とカローネは言った。

水曜日、ジェイソン・ローは州共和党を辞任した。

Freep.comの報道:

2020年の大統領選挙は盗まれなかったと述べ、ドナルド・トランプ前大統領の敗北を非難した後、草の根の反発に直面したミシガン共和党の指導者は、州共和党の地位を辞任した。

ジェイソン・ローは水曜日に州共和党の事務局長を辞任したことを確認したが、決定の具体的な理由を出すことは断った。

「私は事務局長を辞任した。理由は私とワイザー議長の間にある」と、ミシガン州の共和党のロンワイザー議長に言及して、ローはフリープレスへの声明で述べた。

「我々は素晴らしいチームを作り上げた。彼らが2022年に大成功を収めることを私は知っている。私はできる限り支援することを楽しみにしている」

いい厄介払い。

共和党はRINOとエスタブリッシュメントを駆逐していかないと。阿漕な民主党の対抗勢力となりえない。

https://www.thegatewaypundit.com/2021/07/breaking-michigan-rino-gop-executive-jason-roe-resigns-pressure-grassroots-activists/

7/15阿波羅新聞網<北京下放执法权至乡镇政府 “朝阳大妈”会举报嫌疑人并执法 学者忧引发动乱—北京下放执法权至乡镇政府 学者指犹如把践踏人权法治的权力下放=北京が法執行権を郷鎮政府に委任 「朝陽区のおばさん」は容疑者を通報、法執行できる 学者たちは動乱を引き起こすことを心配している-北京は法執行権を郷鎮政府に委任する 学者は人権と法治の権力を踏みにじって委任することになると心配>最近、中共中央委員会と国務院が共同で文書を出し、大衆への統治システムと統治能力が今後10年間で近代化され、行政の法執行権限を街道や郷鎮政府に委任することを提案した。ある学者は、これが地方公務員と国民の間の衝突を引き起こすのではないかと心配している。

下部組織には能力を持った人材がいないから無茶をするのではという心配。おばさん紅衛兵になるのでは。

https://www.aboluowang.com/2021/0715/1619092.html

7/14阿波羅新聞網<著名作家莫言被踢出中国名作家之列 一段视频揭其原因=有名な作家莫言が中国の名作家のリストから外される ビデオがその理由を明らかにする>大紀元時報によると、最近、中共作家協会、光明日報、その他の公式の権威ある組織や中央メディアが、作家の莫言を「中国100年の作家」のリストから正式に外した。莫言は常に中国社会の闇を彼自身の言葉で暴露してきた。

最近、莫言のビデオがインターネット上で流通し、彼が「中国100年の作家」リストから追い出された原因を答えている。ビデオの中で彼は、「真実を語ることは間違いなく作家の貴重な資質である。作家があえて真実を語らないのなら、作家は嘘をつく必要がある。嘘をつく作家は社会にとって役に立たないだけでなく、大衆にとっても有益ではなく、文学の品格に大きな影響を与えるだろう・・・。私は文学と芸術が賛歌の道具になることは決してなく、文学と芸術は闇を暴露し、社会の闇を明らかにすべきで、そして社会の不公正を明らかにすると思っている。それはまた、人間の魂の暗い側面を明らかにすることを含む」と。

『習近平 父を破滅させた鄧小平への復讐 裏切りと陰謀の中国共産党建党100年秘史』の中で、遠藤誉氏は郭沫若と莫言の名を挙げ、中共に媚び諂うか、自分を安全地帯に置いて大事なことには触れないと、評価していませんでした。個人の自由を認めない中共ですから、上のような話をすればいくらノーベル賞作家と雖も中共が黙っているはずもない。大江健三郎くらいがノーベル賞を貰っているので、ノーベル文学賞も大したことないという思いしかありませんが。

https://twitter.com/i/status/1415111300904931330

https://www.aboluowang.com/2021/0714/1618990.html

https://www.theepochtimes.com/mkt_breakingnews/election-integrity-group-analysis-of-ballot-images-in-georgia-county-shows-provable-fraud_3901787.html

https://www.thegatewaypundit.com/2021/07/whistleblower-leaks-email-revealing-biden-admin-using-us-military-secretly-move-illegal-aliens-around-country-video/

https://twitter.com/i/status/1415024202269302795

何清漣さんがリツイート

Sumerian  @ Sumerian0 21時間

うわー、ビックリ

バイデンがまた認知症になり、真実を語った。「それはもはや誰が投票できるかという問題ではく・・・それは誰が投票を数えるかという問題である」と。

引用ツイート

Jewish Deplorable  @ TrumpJew 2 7月14日

バイデン:「誰が投票するかではなく、誰が投票を数えるかである」

何清漣 @ HeQinglian 9時間

米国民主党の進歩派と主なシンクタンクはバイデンに中国との友好を要求する圧力の下、バイデン・習会談の中で、習近平がはしごを作る協力をしている限り、彼が望むものを手に入れるだろう-すべてではなく、主な方面で。

引用ツイート

秦鵬 @ shijianxingzou 18時間

サウスチャイナモーニングポストは、米国務省No.2のウェンディシャーマンが来週中国を訪問し、習近平とバイデンの会談の準備をする予定であると語った。

習-バイデンサミットは、米国の上級外交官Wendy Shermanの中国訪問で実現に近づくhttps://scmp.com/news/china/diplomacy/article/3141033/xi-biden-summit-moves-closer-senior-us-diplomat-wendy-shermans

何清漣 @ HeQinglian 9時間

南アフリカの暴動は72人に死者が増え、破壊と略奪は無政府状態である。

何千人もの人が略奪行動に関与した。

以前のテレビ映像では、ソウェトでは数十人の男女、さらには子供たちが肉屋の冷凍庫に入り、重い冷凍肉箱を持って出てきた。一部の女性はナイトガウンを着ていた。

https://swissinfo.ch/chi/%E5%8D%97%E9%9D%9E%E6%9A%B4%E5%8A%A8%E5%A2%9E%E8%87%B372%E6%AD%BB–%E6%89%93%E5%8A%AB%E6%8E%A0%E5%A4%BA%E5%AE%9B%E8%8B%A5%E6%97%A0%E6%94%BF%E5%BA%9C%E7%8A%B6%E6%80%81/46784706

これは昨年の自由の灯台の国のBLMの再現である。南アフリカの人々は考えているに違いない:ロールモデルが前にあり、後から続いて起こる。

南アフリカの暴動は72人の死者に増加し、破壊と略奪は無政府状態のようなもの。

(13日のヨハネスブルグからのAFP報道)南アフリカはここ数年で最悪の暴動が起きた。シリル・ラマポーザ大統領は治安維持のため軍隊を派遣したが、各地の商店や倉庫は5日連続で略奪され、この暴動は今まで72人の命を奪った。経済首都のヨハネスブルグと南東部のクワズールナタール州で大規模略奪事件が続いて起こり、危機は政治の場に広がり、南アフリカの主な野党は暴動を扇動したとして過激派を非難した。

swissinfo.ch

何清漣 @ HeQinglian 4時間

米国のワクチン接種を受けた人は半分に届かず、バイデンは、戸別訪問して接種を説得するよう提案したが、反対に遭った。

世論調査会社は、回答者の54%が戸別訪問を支持していると言って助けた(彼らの28%は「強く支持している」、26%は「やや」支持している)。

回答者の39%は、戸別訪問の宣伝活動に反対し、29%は「強く反対している」と述べた。

7%は、意見がないか、わからないと答えた。

引用ツイート

The Hill @ thehill 4時間

新しい世論調査:バイデン政権の「戸別訪問」でのワクチン啓発計画を最も多く支持http://hill.cm/Jm4zdMl

何清漣さんがリツイート

北米保守評論 @ NAConservative9 3時間

「元米連邦検事:不正選挙の調査の告発を拒否したのはビル・バーだった」

http://nacr.info/WordPress/index.php/2021/07/14/former-u-s-attorney-it-was-bill-barr-who-declined-to-investigate-allegations-of-election-fraud/

「バー司法長官は、選挙違反の可能性について公の声明を発表したり、プレスリリースを発表したりしないよう、私に指示した。また、深刻な異議申立を調査のために州司法長官に転送するように指示された。この州司法長官は既に、あなたは勝つことはできないと宣言していた」

William M. McSwainは州の検察官と思っていましたが、連邦検事で、現在ペンシルバニア州知事に立候補しているとのこと。共和党エスタブリッシュメントは民主党と同じで利権追求だけ。草の根共和党員は彼らの悪行をドンドン暴いてほしい。

何清漣 @ HeQinglian 2時間

事情があり、何かを見逃さないように、ツイ友が協力して十分な情報を収集してくれることを願っている。

バイデン政権が発足してから、中国に対してどのような制裁や緩和策がとられたか?口頭ではなく、実際に。

バイデン政権の中国政策を公正に評価しなければならない。

何清漣さんがリツイート

スペインの松の実 @ songguoluna 2時間

#キューバの声を増幅する

これは海外に移ってきたキューバ人の声であるが、どのように慣れるか? !

[キューバで生まれるのはとても面白いことである。あなたが生まれ落ちた瞬間から、あなたは逃げる運命にあるからである。世界中に少数のキューバ人がいる。逃げたキューバ人は、自由になることを望んで、彼らが知っているすべてをあきらめた。 (続く)

堀田氏の記事を読むと、バイデン政権はやはり無能なのではと言う気がします。迅速処理ができない。多分強力な調整役がいないせいだと思います。極左や穏健派の意見の違いをうまくまとめることができないのでは。

記事

バイデン政権で政府高官の任命がかつてなく遅れている

政治任命者1200人のうち81人だけ

米国のジョー・バイデン大統領が2021年1月20日に新政権を発足させてからすでに半年が経とうとしている。政権が交代するたびに首都ワシントンを中心に、連邦政府に勤務する多くの職員が入れ代わる。

連邦職員数は約9000人で、政権交代があっても約5000人は異動しない。だが約4000人は、政権交代のたびに異動する。

考えてみれば当たり前のことで、共和党政権時代にトランプ氏に仕えていた人たちは、民主党のバイデン政権になれば職場を離れる。これまでも政権交代のたびに職員の「大移動」が行われてきた。

4000人の内訳は次のようになっている。

大統領が直接指名できる人たちが約500人。補佐官や報道官など、ホワイトハウスのスタッフが中心だ。

そして日常業務を任されている管理職が約750人。さらに高官の下で仕事をする一般職員が約1500人。

本稿で記したいのが、最後の枠である政治任用者(ポリティカル・アポインティーズ)と呼ばれる約1250人についてである。

彼らは各省の長官や副長官、次官、大使などの要職に就く人たちで、連邦議会上院で承認を受ける必要がある。

バイデン政権でいま、この承認が遅れて問題になっている。というのも、7月中旬になっても1250人中81人しか承認されていないからだ。

遅い上院の承認スピード

政治任用者はまず指名を受けてから上院の関係委員会によって招致され、審議されたのちに上院本会議で票決される。

過半数の賛成票を得てようやく職務に就くが、81人という数字では一般的な判断からすると、政権がまともに機能しないと見られても致し方ない。

連邦政府職員について調査している非営利団体「パートナーシップ・フォー・パブリックサービス」によると、7月11日現在、新たに160人の候補者が上院の承認を待っているが、上院での承認スピードは遅く「滞留した状態」であるという。

というのも上院は現在、定数100人のうち共和党50人、民主党50人(2人は民主党寄り無所属)で拮抗しているためである。

票決が50対50で割れた場合はカマラ・ハリス副大統領が上院にきて1票を加点するのだが、同副大統領のスケジュールを確保するなどの手間があるため、スムーズに進んでいない。

そのほかにも、バイデン氏と側近たちによる新人事の指名が遅れていることもある。

たとえば新政権になるたびに、世界各国に送り出す大使も交代となる。

現時点で、少なくとも64カ国の大使はいまだに候補者さえ挙げられていない。英国やサウジアラビア、韓国といった重要国の新大使もいまだに決まっていない。

国務省が抱える問題はそれだけではない。

米外交にとって致命的

実はドナルド・トランラプ政権時代、国務省は雇用の凍結、予算の削減、さらに職員の空席などに直面したことで、省内からは「外交を満足に行う能力が損なわれる事態」といった声まで聞かれるほど弱体化しているというのだ。

アントニー・ブリンケン国務長官は米雑誌「ザ・ニューヨーカー」で、外交官の離職が国務省に大きなダメージを与えていると、次のように洞見している。

「(米国は)数年だけでなく、何世代にわたっていくつもの罰を受けることになる。国務省がより強固にならなければ、外交によって回避できたかもしれない紛争や戦争に巻き込まれる可能性がある」

そうかといって、慌てて不適任な人材を指名することも避けなければならず、ワシントンではいま改めて人事の重要性が確認されている。

政権内では他の重要なポジションもいまだに決まっていない。コロナ禍にあって、最重要職ともいえる食品医薬品局(FDA)の長官職が好例だ。

もちろん半年もの間、同局トップが不在だと業務が停滞してしまうので、同職を含めて、政治任命者の多くはいま代行者が職務を行っている。

現在、FDA長官の代行を務めているのは、医療品評価研究センター(CDER)の所長だったジャネット・ウッドコック氏という人物である。

だが6月、政権与党である民主党議員が同代行に苦情を申し立てた。ジョー・マンチン上院議員の異議はこうだ。

アルツハイマー型認知症の治療薬の承認をめぐり、専門家から疑問の声が上がっていたにもかかわらず、ウッドコック氏が同薬を認可してしまったというのだ。

それにより、同氏の判断力に疑問符がつけられた。同じ民主党内からこうした批判が出たことに限らず、「代行だから」といった理由が語られるようになっている。

官僚のお目付け役も決まらず

他の政治任命者の遅延も問題になっている。

前出の「パートナーシップ・フォー・パブリックサービス」によると、政府省庁内に置かれている監察総監(インスペクター・ジェネラル)が、少なくとも8省庁で候補者さえ挙がっていないという。

監督総監は連邦政府の省庁に設けられている独立した地位で、職員らによる職権乱用や不正行為、さらに会計監査といった内部調査を統括する。

米政府内では自浄作用が働く部署であると言われている。その重要なポジションであっても、いまだに国務省や国防総省といった主要省庁で空席になっている。

さらに、バイデン氏が当初指名した行政管理予算局(OMB)の責任者ニーラ・タンデン氏が3月に辞退した後、ホワイトハウスはこの重要な役割を担う人物を指名していない。

OMBは予算教書の作成や予算執行など、連邦予算を統括する重要な機関であり、そのトップが不在であることを訝しがる人も多い。

ただ政権交代ごとに、約4000の政府職員をすべて「ニューフェイス」にするまでには多大な時間が必要になる。

過去の政権を眺めても、政権発足年の夏の段階では、多くの空席があった。

バイデン政権の81人は少ないが、バラク・オバマ政権とジョージ・W・ブッシュ政権(43代)でも8月初旬時点で、ようやく300人ほどが決まったに過ぎない。

トランプ政権も人事に手間取り、同時期では約100人が承認されていたにすぎない。

いずれにしても、早期に適材適所の人材が登用されることを望みたい。

良ければ下にあります

を応援クリックよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください