『中国の若者に広がる寝そべり主義と「柔軟就業」の渦 「競争」に疲れた若者たちの新たな選択肢』(7/7JBプレス 加藤 勇樹)について

7/7希望之声<感谢前总统 美内州里昂县拟以“川普”命名一道路=トランプに感謝 ネバダ州リヨン郡(Lyon County)は彼にちなんで道路に彼の名前を付けることを計画している>最近、米国ネバダ州のリヨン郡委員会は、郡の「オールドデイトンバレーロード」(Old Dayton Valley Road)の名前を「トランプ大統領の道」(Pres.Trump Way)に変更することを決議し、トランプ前大統領の米国への貢献に感謝した。

リヨン郡政委員で共和党のケン・グレイは、トランプは優れた指導者であると述べ、「彼は法執行機関を支援し、我々の軍隊を支援し、田舎を支援している」と述べた。独立記念日前に、路の名前を変更する提案が出され、4対1の投票で可決された。

リヨン郡の規則によると、郡政委員が提案を可決した後、それを実施する前に郡計画委員会が可決してから実行できる。そして、郡内でのトランプへの高い支持により、この提案は問題なく承認されることが見込まれる。

グレイは記者から「トランプ大統領」にちなんだ名を道路に付けることは物議を醸すかどうか尋ねられたとき、米国の道路、建物、橋は人の名が付けられ、どんな人にするかは総て物議を醸す可能性があると述べた。

彼はまた、道路が「トランプ大統領」にちなんで名付けられるのは、コミュニティの幅広い市民の選択であると述べた。人々がトランプを選んだので、彼はコミッショナーとしてもちろん強力な支持をする。

報道によると、「オールドデイトンバレーロード」を「トランプ大統領の道」に代えても、民家はないため、住民は住所を変更する必要はない。ただし、道路上にあるデイトンシニアセンター、図書館、高校は住所を変更する必要がある。

ネバダ州リヨン郡は常に「赤い郡」であったと報道されている。 2020年の大統領選挙では、トランプが郡の票の69%を獲得し、民主党のバイデン候補を41ポイント上回った。これは圧倒的な勝利であった。さらに、郡の共和党員も2020年の選挙で完全勝利し、公職に立候補しているすべての民主党員を打ち負かした。しかし、バイデンは最終的にネバダ州をわずかな差で勝ち取った。

ネバダ州全体でバイデンが勝ったのは不正をしたからでしょう。日本も世界も、メデイアの垂れ流すフェイクに踊らされ過ぎです。自国民優先は当たり前。何故外国人を優遇しないといけないのか?

https://www.soundofhope.org/post/523001

7/7阿波羅新聞網<中共一度称在黄海中部军演 禁航警告发布又突撤销 网友揣测=中共はかつて黄海中部で軍事演習するので航行禁止の警告を出したが、突然取り消された。ネチズンは推測する>中国当局は2日連続(5日と6日)で航行警告を発し、今月の9日から13日まで黄海中部で大規模な軍事活動が行われると警告した。予告には「ロケットの残骸の落下」と「重大軍事活動」が含まれている。しかし、「重大軍事活動」の航行警告は6時間も経たずに取り消され、中国のネチズンは訝しみ、多くのネチズンは「わからない」、「どんな状況なの?」と回答した。日本の麻生太郎副首相「米国と一緒に台湾を守る」という発言が関連しているかもしれない。

まあ、どんな理由かは分からないと。

https://www.aboluowang.com/2021/0707/1615891.html

7/7看中国<五角大楼取消和微软100亿美元云合同(图)=ペンタゴンがマイクロソフトとの100億ドルのクラウド契約をキャンセル(写真)>米国国防総省は7/6(火)に、マイクロソフトとの100億ドルのクラウド契約をキャンセルしたと発表した。これは4年前に開始される予定だったプロジェクトであるが、Amazonの法的な問題により進展していない。国防総省は、このプロジェクトは時代遅れであると信じており、今や新しいクラウドプロジェクトを立ち上げようとしており、複数のサプライヤーを採用する可能性があるため、MicrosoftとAmazonも機会を得ることができる。

国防総省報道官は、100億米ドルの「Joint Enterprise Defense Infrastructure」(JEDI)契約の要件は「国防総省のクラウドニーズをもはや満たしていない」と述べた。国防総省はまた、代わりにマイクロソフトとアマゾンとの合同パートナーシップを提案した。国防総省は、これら2社だけがその要件を満たすことができると。

国防総省が立ち上げた新しい「Joint Warfighter Cloud Computing Capability」(JWCC)については、2017 JEDIクラウドプロジェクト以降、Amazon Web Services(AWS)とMicrosoftが国防総省から

もう1つの収益性の高いビジネスを獲得する可能性がある。

アマゾンのAWSは、2019年末に米国連邦クレーム裁判所で米国国防総省を提訴し、JEDIプロジェクトは単一の会社に契約されるという国防総省の裁定に異議を唱え、アマゾンがJEDIプロジェクト契約を失った責任の一部をトランプ大統領に帰した。トランプ大統領は常にアマゾンのジェフベゾス元CEOを公に批判することがよくあった。

裁判所は、2020年にペンタゴンとマイクロソフトのJEDIプロジェクトを無期限停止した。今年初め、裁判所はAWSの政治的干渉の申し立てに反論しないとの判決を下した。これにより、数か月にわたって訴訟が続き、JEDIクラウドの将来に疑問が投げかけられた。

米国国防総省最高情報責任者代理のジョンシャーマン(John Sherman)は、7/6、国防総省が10月中旬に2社のテクノロジー大手であるMicrosoftとAmazon AWSに「Joint Warfighter Cloud Capability」(JWCC)の招待状を発行する予定であると述べ、2社は「直接の勝者(つまりサプライヤー)になる可能性が非常に高いと。ペンタゴンの目標は、2022年4月までにサプライヤーと契約を結び、エンタープライズクラウド機能に対するペンタゴンの「緊急で満たされていないニーズ」を満たすことであると彼は語った。国防総省はまた、他の米国のクラウド巨人に関する市場調査を実施する予定である。

シャーマンは、「他のサプライヤーも我々の要件を満たすことができると判断した場合は、それらも招待する」と述べた。

シャーマンによると、JWCCのクラウド契約は「数十億ドル」になるが、最終的な金額は今年10月に市場調査が完了した後に決定される。国防総省は、2025年にクラウドサプライヤーを対象とした「完全かつオープンな」競争が行われると予想している。クラウド契約は、3年間の基本期間と2つの1年間のオプション期間になる。

同氏は、「この契約期間は、全面な長期計画を立てる際に、新しい事業能力を活用し始めることができるよう、直接授与するのに短くもなく、長くもないと考えている」と述べた。

7/6の記者会見で、シャーマンは、国防総省の将来の共同グローバルコマンド&コントロール作戦戦略と人工知能(AI)およびデータ加速器を含む、部門計画の実現には新しいクラウド機能が必要であることを強調した。これは先月国防副長官のキャサリンヒックスが発表した。事業クラウドは、センサーと射撃手を結びつけるペンタゴンのビジョンのJADC2の要件である。

統合参謀本部のデニス・クラル中将は、今年4月の会議で、次のように述べた。「我々がAIの挑戦に臨むとき、データを合わせたり、共有して、処理を進め、この処理を戦術周辺に落とし込む。クラウドがなければ、これはすべて不可能である」

裁判所が何故アマゾンを勝たせたのか分からない?国防総省も時間がかかるので2社に声をかけると言ったのでは。ジョイントでうまくいくのか?バックアップは必要でしょうけど。

https://www.secretchina.com/news/gb/2021/07/07/977292.html

7/6看中国<“帝国墓地” 北京将深陷阿富汗泥潭吗?(图)=「帝国の墓地」 北京はアフガニスタンの泥沼に深く沈むのだろうか? (写真)>アフガニスタンが「帝国の墓地」と呼ばれるのは不合理ではない。古代ギリシャ人、モンゴル人、ムガル人、イギリス人、ソ連人、そして最近では米国人が、この猛々しい国を征服しようとしたが、彼らの野心と兵士の血が砂に吸われていった。現在、世界に新しく生まれた超大国の中国は、新しい帝国プロジェクトを現地で開始する前に、同じ罠に陥る可能性がある。

以上は、FTがまとめた長い分析レポートの抜粋である。FTは続いて、帝国が撤退するたびに、新しい“shadow game”が始まる。米国がアフガニスタンから撤退するにつれ、中国は西部の国境を心配そうに見つめ、台頭するタリバン(2001年に追放されたイスラム主義運動)と交渉している。

現在、WHは戦争を終わらせると公に述べたのは、北京が挑戦することで資源を使わせるためと言う理由も一部ある。バイデン大統領が撤退を決定したとき、北京がアフガニスタンに巻き込まれるという期待がその役割を果たした可能性がある。

差し迫った問題は、タリバンが米国の撤退によって引き起こされる権力の空白を埋めることができるかどうかだけでなく、中国が-その長期の「不干渉」政策にもかかわらず-アフガニスタンの歴史の章を書こうとする次の超大国になるかどうかである。

タリバンとの会談と新疆ウイグル自治区への懸念・・・昨年の国連安全保障理事会の推定によると、東トルキスタンイスラム運動には3,500人もの戦闘員がおり、その一部は中国と国境を接するアフガニスタンの地域に駐留している。

「一帯一路」構想の安全確保

中共に、インドを含めて西に目を向けさせれば、台湾侵攻にもブレーキがかかるのでは。

https://www.secretchina.com/news/gb/2021/07/06/977237.html

https://www.newsmax.com/us/trump/2021/07/06/id/1027699/

https://www.thegatewaypundit.com/2021/07/identity-ashli-babbitt-killer-confirmed-careless-capitol-police-lieutenant-protected-democrats-pelosi-deep-state-fbi/

左上の黒人警官のMike Byrdが射殺したようです。DC警察官だとしたらワシントンDC市長もグルでは。ペロシは下院に1/6調査委員会を設置すると言うが、Mike Byrdを召喚して証言させよ。

何清漣 @ HeQinglian 22時間

米国のハリウッド映画の今後の配役基準は次のとおりになることを突然思いついた:黒人、女性、LGBT、イスラム教徒が主人公になり、高級・堂々・上等が全部を占める。白人の金持ちにはさまざまな欠点があり、笑いの材料になってしまう-私は以前《Family Economics》テレビシリーズを見たことがある。2つのエピソードの後で番組を見なくなった。米国の現実であるが、見ると気分が悪くなる。

引用ツイート

東方 @ DongFang_USA  7月5日

メディアの報道によると、米国国務長官のブリンケンは本日、米国務省が今日から第三の性、つまり男性と女性以外の第三の性を認めると発表した。申請者は、自己が認めた性別に応じて記入することができ、出生時に決定された性別によって制限される必要はない。ブリンケン国務長官は、これは同性愛を差別しない方向に米国がとった重要な一歩であると述べた。

何清漣 @ HeQinglian 5時間

オバマは2期目に世界的な謝罪の旅に出て、左派はそれを誇りに思っている。バイデンはオバマの跡を追うことを望んでいるが、彼は十分に健康でないことを心配している。彼はオバマ前大統領が見て気分良くなるために、ひざまずくあらゆる機会をつかむ。

ツイッター上で女性左派の気違いがいる。また別の人権派弁護士はひざまずくことが貴族の礼儀という記事を書いた。

バイデンはひざまずき、すぐに貴族になった。

彼はひざまずき、イスラエルの首相は「立ち上がって下さい」と言うだけであった。

引用ツイート

秦鵬 @ shijianxingzou 6時間

恥ずかしくも、バイデンはひざまずくのが習慣になっている。これはイスラエルの大統領と補佐官にひざまずいているところ。

加藤氏の記事で、2021年5月から急速に流行っている「躺平」(タンピン)=「寝そべり主義」。これで習の言う人民の血肉で鋼の長城ができると思う?敵が攻めてきたら皆で寝そべってしまうのでは(笑)。そうしてもらうことが世界平和にも良い。台湾をはじめとして、他国への侵略に人民は「躺平」で抵抗してほしい。

フレキシブルワーカーが増えているというのは企業経営が苦しくなってきているからでは。正規社員は固定費と考え、フレキシブルワーカーは変動費と考えれば、売り上げによってフレキシブルワーカーの数は調整できるでしょう。7/6「宮崎正弘の国際情勢解題」には「二年以内の中国国有企業の社債償還は230兆円、社債デフォルトが連続する環境下、いよいよ破滅が近いのではないのか?」とありました。軍拡を進める中共が、経済で息の根が止まるようになってほしいものです。

記事

「毎朝、定時に出勤する」というのではない働き方を、中国の若者が求め始めている。ビジネス街近くの出勤風景(2019年に広州市内で筆者撮影)

きびしい競争に疲れた中国の若者の間で「寝そべり主義」という言葉が急速に広まった。その背景にあるのは「灵活就业」(柔軟な就業、フレキシブルワーク)だ。多様化している若者の働き方の最新動向を、中国在住の加藤勇樹氏が解説する。(JBpress)

(加藤勇樹:香港企業Find Asia 企業コンサルタント)

急速に広がる「寝そべり主義」

この2カ月間で中国中に急拡大した言葉があります。それが「躺平」(タンピン)です。直訳すると「寝そべり主義」。2021年5月に匿名の若いネットユーザーが投稿したものがきっかけです。

「社会全体の競争は激化しつつあり、結婚や不動産購入に対する周囲や親世代の圧力は厳しくなるだけだ。労働や消費活動をはじめとする社会活動への参加は無意味であり、家庭を持つことや会社内での出世も虚しいだけ。最低限の暮らしを行うことで、この社会への抵抗を示そう」

「寝そべり主義」という言葉から受ける語感に比べ、かなり強烈な内容といえるでしょう。

これまでも「仏系」(足るを知る生活、欲をあまり持たない)という生き方がネットでは語られていました。しかし、これほど多くの人々に急速に知れ渡った「躺平」の拡散スピードは驚異的です。

「躺平」の象徴としてネットなどでよく使用される画像。作成者や出どころは不明

「躺平」の急拡大に対しては、次の図のように痛烈な批判もされています。

「恥じるべき主義である躺平」というタイトルで掲載されたWeb記事(http://www.xinhuanet.com/comments/2021-05/20/c_1127467232.htm

若者の欲望が低下し、消費が落ち込むことで社会全体が停滞する、という悪循環を躺平が招く事態は、中国にとって何としても避けたいことでしょう。

多様化のキーワード「フレキシブルワーク」

躺平がどの程度、人々の実態を表しているのか、具体的な調査はほとんどありません。また、ほとんどがネットコミュニティ内の匿名による書き込みなので、書いてあることが本当なのか、確かめようがありません。

ただ、確実にいえることは、若者の働き方がますます多様化しつつあるということです。そのキーワードが「灵活就业」(柔軟な就業、フレキシブルワーク)です。

「灵活就业」が指すものは広いですが、
・企業との関係が短期的
・働く側が働く時間などを決定できる
という点が基本としてあります。

以前お伝えした記事「中国で急拡大する「職業掛け持ち」の実態とは」(https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/62813)では、「職業掛け持ち」の一つの形態を、「フレキシブル勤務」という呼び名で紹介しました。ホワイトカラーやブルーカラー労働者が、本来の職業だけでなく、本業企業が認める形で、他の職業を掛け持ちする勤務形態です。新型コロナウイルス騒動によって打撃を受けた企業が、従業員の失業を防ぐために取り入れた制度で、宅配(デリバリー)産業などに多くの人材が吸収されました。

代表的なフレキシブルワーカーといえる宅配要員。昼の配達ピークに備え待機しているところ(筆者撮影)

2021年の現在では、継続した雇用関係を持たず単発で短時間の仕事を請け負う「ギグワーカー」、フリーランサー、起業初期に一人で事業を行っている起業家など、多様な労働形態が「灵活就业」、フレキシブルワーカーとして見なされるようになっています。

すでに2億人以上がフレキシブルワーカーに

「中国灵活用工市场研究报告」などの各種報告によると、現在中国国内のフレキシブルワーカーは約2億人に達しています(2.6億人とする数字もある)。李克強首相の記者会見でも同様の数字を報告していました。

全労働人口が約9.2億人の中での2億人ですから、すでにかなりの割合になりつつあると言えます。製造業でもフレキシブルワーカーが増えつつあり、今後製造業全体で30%以上がフレキシブルワーカーに切り替わると予測されています。

また、2021年新卒の大学生のうち、15.8%がフレキシブルワークを選択しているという数字もあります。

製品を掲げ、短期の工員を募集する工場関係者(広州市にて筆者が2019年撮影)

このような動きを受け、中国政府や労働局などの行政組織はフレキシブルワーカーを個人事業主としてみなして、事業者登録を推進しています。

「競争疲れ」の若者を救う可能性も

筆者は、若者に広がる「躺平」(寝そべり主義)を解消する手段の一つを、フレキシブルワークが果たすのではないかと考えています。

「躺平」が急速に広まった要因の一つとしては、長時間労働、自己成長の実感不足、社員同士の過剰な競争など、職場におけるさまざまな抑圧が考えられます。どんな社会や職場にも競争は存在しますが、その競争に疲れた若者たちが増えていることを示しているのかもしれません。フレキシブルワークは、そのような若者の競争疲れを救う可能性があるでしょう。

またフレキシブルワークは、自分自身で労働時間を決められる点が、大きな魅力と映っているようです。

さらに「若者にとっての挑戦機会」としての側面もあります。テンセント傘下の企鹅智库の調査によると、フレキシブルワーカーの34%が将来的な起業を目標にしています。これは通常の社員よりも約1.5倍多い数字です。

フレキシブルワークの注目点の一つは、収入です。理髪師やフィットネスコーチなどの技能職では、通常の社員よりもフレキシブルワーカーの方が高い収入を得られる傾向があるようです。

人々を驚かせたのが、次の例です。2021年5月、中国一の有名大学である清華大学卒業生が派遣家政婦として働いているというニュースが流れました(次の図)。このニュースは3.8億人が読んだといわれ、中国国内で大きく注目を集めました。

清華大学出身であることを示す家政婦のプロフィール(央广网より)

当初は「学歴に対し職種が不釣り合い」「派遣元企業のやらせではないか」という否定的な意見が目立ちました。ところが、後に該当の女性の収入が大卒初任給の約5倍の給与であること、実際の業務が子供の教育や雇用主の秘書業務に及ぶことが判明し、「新しいキャリア」の形であるという認識に変わりつつあります。

従来のエリート層とは異なる社会領域で、高い技能が求められ、それに応じた収入が得られることが、中国社会において生まれつつあるといえるでしょう。

多様なキャリアを認める社会に変化できるか

日本が1990年代から直面した就職氷河期では、採用の減少に伴いフリーターや非正規雇用が増え、収入の伸び悩みと不安定な雇用という負の側面を若者たちが経験することになりました。若者の働き方が多様化しているのは現在の中国も同様です。

躺平を低成長につながる警鐘と見なすのであれば、若者が活躍する機会の提供と、新しい働き方を受け入れる社会全体での価値観作り、の2点が重要になっていくでしょう。2021年の1月から、中国国内ではフレキシブルワーカー全体に適用される社会保険制度の構築が始まっています。あわせて、産後ケアの講師やeスポーツの運営など150以上の新領域の職業カリキュラムの制定が進められています。

躺平が一時の流行と終わるか、引き続き大きな社会問題となるかは、多様なキャリアを認めるという、中国社会の価値観変化にかかっているでしょう。

良ければ下にあります

を応援クリックよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください