『COP26に向けて加速する「脱炭素覇権」を巡る米欧中の暗闘 地政学としての気候変動(1)気候変動サミットで交錯した思惑』(5/3JBプレス 大久保 明日奈)について

5/4阿波羅新聞網<哈佛名誉教授:不保护朱利安尼 下一个是我们=ハーバード大学名誉教授:ジュリアーニを守らなければ、次は我々である>ダーショウィッツ名誉教授は、5/2(日)のWABC770AMのTV「The Cats Rou​​ndtable」で、元NY市長のルディ・ジュリアーニの弁護をすることに同意したと述べた。ドナルド・トランプ大統領の個人弁護士が遭遇したことは人を「非常に不安」にさせる。

彼は、「これはまったく憲法に合わない。だから、ルディが私に電話したとき、私はもちろん助けたいと言った。私は憲法に賛成する」と主張した。

ダーショウィッツはさらに、「政府が捜索令状を使ったのは、彼らはここで重大な間違いを犯したと思う。彼らはルディ・ジュリアーニに多くの法的論拠を与え、彼が訴訟に勝つことができる論拠と思う。そして私は思う。これはルデイ(に関連する)だけでなく、みんなに関係してくる」と述べた。

ダーショウィッツは次のように強調した。「ルディのプライバシーが保護されなければ、彼のクライアントのプライバシーが保護されなければ、我々全員が次にそのことになる・・・.明らかに、彼らは彼に言わずにクラウド(ストレージ)内やその他の資料や情報を探した。政府は市民をこのように扱うべきではない」と語った。

民主党のFBIは遵法精神がないらしい。

https://www.aboluowang.com/2021/0504/1588499.html

5/3阿波羅新聞網<重磅:亚利桑那民主党州务卿 把偏见组织民主党人偷偷带入马县审计【阿波罗网编译】=重大:アリゾナ州民主党州務長官 監査しているマルコパ郡に偏見を持った組織の民主党員を密かに入れ込む[アポロネット編集]>「ゲートウェイパンデイット」の5/2の報道によると、過去数日間、民主主義保護グループ(The Protect Democracy Group)の「選挙コンサルタント」とブレナンセンター(The Brennan Center)の弁護士を、民主党州務長官事務室がマルコパ郡の監査にこっそり入れた。

アリゾナ州の共和党指導者ケリー・ウォード(Kelli Ward)の説明では、裁判所を通じて2者間合意を推進し、アリゾナ州務長官(SoS)の民主党員であるケイティ・ホッブズに3人の代表者を監査会場に入れる機会が与えられた。 現在、監査を監督する少なくとも2人のオブザーバーは州務長官事務所からではなく、1人は民主主義保護組織の「選挙コンサルタント」であり、もう1人はブレナンセンターの弁護士であることがわかった。両者とも FBIに書簡を送り、監査を「監督する」ワシントンの団体である。

ウォードは、このアプローチがアリゾナ州の選挙を監視および管理する主権を損ない、地方選挙監査への関連する連邦組織の関与は危険な前例を生み出すことを強調した。

民主党は不正に関しては何でもありです。

https://www.aboluowang.com/2021/0503/1588395.html

5/3希望之声<基辛格:美国应与中对话 但需要守住价值观=キッシンジャー:米国は中国と対話すべき 但し価値観を守る必要がある>元米国務長官で外交家のヘンリー・キッシンジャーは最近、「米中関係は国際的に非常に大きな影響を与え、両国は対話を維持し、可能な限り平和的な手段を通じて両者の違いを解決しなければならないが、その過程では米国は必ず自分の価値観を守らなければならない」と述べた。

キッシンジャーは、4/30(金)にシンクタンクの「マケイン研究所」が主催する毎年恒例の上級集会「セドナフォーラム」で上記の発言をした。キッシンジャーは、「我々は中国とのコミュニケーションを維持しなければならない・・・しかし、我々は常に我々の原則を強調しなければならず、戦術的な配慮のためだけにこれらの原則を犠牲にしてはならない」と考えている。

キッシンジャーは、「現在、中国(中共)は明らかに中央集権的な政治システムを実施しており、強制的な政治が戻ってきている。“これは我々が認識している正しい政治システムと相容れず、米国人の信念から遠ざかっている”」と指摘した。

キッシンジャーは、「中国(中共)とどのように向き合うかが、米国と世界が直面する最も厄介な問題で、最大の課題であり、世界の平和と安定に関係している。この問題が解決されなければ、世界は米中間の新たな冷戦に陥る可能性がある」と述べた。

報道によると、キッシンジャー(97)は米中関係において重要な役割を果たしており、1971年に大統領特使として2回中国を訪問し、その後米中外交関係樹立の基礎を築いた。中共政府から「旧友」として知られる彼は、多くの中共指導者と付き合いがある。多くのウオッチャーは、キッシンジャーは北京との良好な関係を築くことを楽しむ「パンダハガー」の代表的人物の一人であると考えている。近年、米中関係の急転直下の回復の中で、彼は依然として仲介者の役割を演じており、米国とその同盟国が中国(中共)との新しい世界秩序について理解することを望んでいる。しかし、彼の最近の発言のいくつかから判断すると、このベテラン外交官はまた、今日の中国(中共)の役割を再検討している。

フリーアジアは、習近平が政権を握った後、対外的には軍事的拡大と外部へのサイバー攻撃を続け、国内では人権状況をさらに悪化させ、より専制主義的になったと国際社会は遍く考えていると指摘した。トランプ政権時代、中共が世界にもたらす脅威に気づき、米国の対中強硬姿勢が徐々に両党のコンセンサスになっている。バイデンが就任した後でも、大きな変化は起こっていない。

先週、米国初の中国(中共)への対応を定めた党横断法案である2021年戦略競争法(Strategic Competition Act of 2021)が上院外交委員会で高い得票で可決された。この法案は、インド太平洋地域における中共の軍事的脅威に対応して必要な軍事投資を優先し、地域内の同盟国を団結させ、台湾とのパートナーシップと米国および台湾当局者との交流を強化し、地域のリーダーシップを再構築し、共同で中国に対抗することを求めている。

アラスカでの米中会談で、ブリンケン国務長官は、新疆ウイグル自治区、香港、台湾に対する中国(中共)の行動、米国に対するサイバー攻撃、同盟国に対する経済的脅迫を非難した。彼は、これが国際ルールに基づく世界秩序を脅かしていると指摘した。

ブリンケンはまた、中国の人権弁護士である滕彪や他の多くの世界的な人権擁護家と会談した際、米国は常に自由、平等、民主主義、そのために働く人々を支援し、人権問題を米国の外交政策で重要な位置に置き続けると述べた。

国際人権団体フリーダムハウスが最近発表した「2021年世界自由調査報告」によると、中国は再び9点(100点満点)の「不自由な」国として認定され、中央アフリカとリビア等の国と同じく最後から数えられる列に表示される。

キッシンジャーが中国に対する最大の間違いを犯した張本人でしょう。それともロス家かロックフェラー家の意向?

https://www.soundofhope.org/post/501164

5/3阿波羅新聞網<习近平权利难保?英前外交官:政权更迭势在必行=習近平の権利を保証するのは難しい?元英国外交官:政権交代が必ずある>2018年3月、中共は国家主席の任期制限を廃止する憲法改正案を可決し、習近平が無期限に統治する道を開いた。しかし、英国駐華外交官を2回務めたロジャー・ガーサイドは、中共の政権交代は可能であるだけでなく、不可欠であると述べた。

ガーサイドは1958年以来、中国情勢の進展を追跡してきた。彼は毎日数時間を中国の問題の研究に費やしている。 「私が学んだことすべてから、中国の政権交代が可能であるだけでなく、必ずあると私に信じさせる」と彼は言った。

彼は「復活:毛沢東以後の中国」(Coming Alive:China After Mao)と「中国の政変:大躍進から自由へ」(China Coup:The Great Leap to Freedom)の著者である。

4/30、ガーサイドはカナダのThe Globe and Mailに寄稿し、中共政権に関する長年の研究に基づいて、中共政権の改革に関する独自の見方を発表した。

記事の中で、彼の最大の貢献は本を書いて、中共政権の本質を明らかにすることであると考えていると述べた。彼がこれをしたとき、共産党政権が専制政治ではなく全体主義であったというますます多くの証拠を見た。歴史家のロバート・コンクエストは、全体主義国家の定義を、権力の及ぶ範囲は公的・私的生活を問わず、あらゆる分野で制限されず、この権力を可能な限り拡大しようとするとした。

ガーサイドは、中国の憲法は共産党を法よりも優先しており、共産党の権力に対する制限を認めていないと述べた。

中共は、経済自由化が政治変革をもたらすことを懸念している

中国のエリートは習近平路線に強く反対している

中共は根深い問題を解決することはできない・・・国進民退によるモラルハザード。腐敗問題。

中共における政権交代の2つの可能な方法・・・①クーデター②第20回党全国大会で習の書記長再任阻止。

米国とその同盟国が中国の体制変更を促進するための条件をどのように作り出すか・・・中国経済の持続的成長は、基軸通貨の準備金、国際銀行システム、資本市場、最大の科学技術開発センターにアクセスし続けることができるかどうかに大きく依存している。これを利用すべき。

米国が中国に金融制裁を発動できるかどうかに、世界覇権の行方がかかっている。

https://www.aboluowang.com/2021/0503/1588128.html

5/3阿波羅新聞網<太危险!北京西站数万人大滞留 民怨炸锅 原因竟然是…=危険すぎる!北京西駅で何万人もの人々が立ち往生し、人々は不平を言う 理由は何と・・・>

中国大陸の今年の労働節は史上最も混雑していると言われている。休日初日には主な景勝地が混雑しただけでなく、北京西駅には何万人もの乗客が立ち往生し、不満を言い、中国大陸の公式メディアでさえ、鉄道部門の不適切な緊急管理を直接指摘した。北京西駅は昨日謝罪し、5/1は強風のため、定州東站と保定東站の間の北京-広州高速鉄道に異物がぶら下がったために、列車が遅れたと説明した。

遅れた原因が何であれ、こんなに混雑しているのであれば、疫病再爆発は間違いないでしょう。習が疫病を抑え込んだと言ったから、下はキチンと知らせることもできない。日本も完全に外国人の入国を止めるべき。オリパラはPCRとワクチン接種を条件にして選手も含めて入国させれば。

https://www.aboluowang.com/2021/0503/1588242.html

5/3阿波羅新聞網<中共驻美记者“至少一部分,只能说是特务,不是记者”  =米国駐在の中共記者は「少なくとも一部はスパイとしか言えず、記者とは言えない」>5/3は世界報道自由の日であるが、73か国でニュースが「完全にブロックまたは大幅に妨害」され、59か国で「制限」されている。アントニー・ブリンケン国務長官が4/28に報道の自由の問題について外国メディアの記者とオンラインでフリートーキングの円卓会議を開いたとき、彼は北京が国営のメディア会社とプラットフォームを通じて海外で噂を広めていると直接名指した。米国の中国学者ペリーリンクはまた、「駐米の中共の公式メディア記者の多くは実際には記者ではなく、スパイである」と述べた。

分かっているのだから、中共中国人の入国は止めるべき。当然日本も。

https://www.aboluowang.com/2021/0503/1588274.html

何清漣さんがリツイート

Bob Fu 傅希秋 @ BobFu4China 6時間

「テキサス州オースティンで共産主義者になるのは簡単」because この偉大な州は、州民を守る依然として危機に瀕している憲法修正第1条が有効である。テキサス州の州都オースティンに米国のアンティファ、左禍の紅衛兵、中共党旗を持った者、民主党内の共産主義/社会主義過激派はメーデー時に合流した。

2021年オースティンで共産主義者になるのは簡単である。

5/2のローレン・コメル・モリスによるテキサス州オースティンの編集記事。5/1パトリオット・メディアによる写真とビデオ。マルクス主義者連合が毎年恒例の国際労働者のための日に歩道に押し寄せた・・・

laurencomelemorris.com

何清漣 @ HeQinglian 1時間

唯知りたいだけ。この2人のうちどちらがより左か?

引用ツイート

アポロの唯一の公式Twitterアカウント @ aboluowang 1時間

マイクロソフトの共同創設者のビルゲイツとメリンダは、27年間の婚姻関係の終了を発表した(写真):ビルゲイツとメリンダゲイツは、27年間の結婚の終了を意味する離婚を発表した。 http://dlvr.it/RyzMVl #Bill Gates #Divorce #Melinda

何清漣さんがリツイート

北米保守評論 @ NAConservative9 1時間

「大手ハイテク寡占の打破を求める:商業または政府の権力の集中は、建国の父達によって設計された普遍的な規律に危機をもたらす」

米国建国の父の言う政治経済を回復する時が来た。 独占を打破する新時代、大手ハイテク企業や米国を企業寡占に変える「覚醒した資本」の集中を打破するためのアジェンダが必要である。

http://nacr.info/WordPress/index。

大久保氏の記事を読んで、脱炭素でバイデンと中共は早くから手を結ぶように動いていたのではと疑ってしまいます。ドミニオンのデータが中共にも流れていたという話もあるくらいですから、民主党と中共は早くから大統領選の結果を知って動いていたのではという気がします。

中共がパリ協定について米国が復帰するのを「不登校の生徒が学校に戻ってきたようなもの」と揶揄するのは如何なものか。そこまで言うなら国連組織の分担金を米国並みに払ってから言えよと言いたい。世界経済2位で発展途上国扱いはないでしょう。

この脱炭素の動きも、結局米国の覇権を覆すには従来通りのやり方ではできないと欧州と中共が考えたからなのでは。まず、米国の経済力を脱炭素で弱くさせ、その結果、当然の如く軍事に金が回らなくなります。米国民主党はどこまで分かっているのやら。

記事

バイデン首相が主催した気候変動サミットのオンライン会議。40の国・地域の首脳などが参加した(写真:ロイター/アフロ)

今や、気候変動対策は外交のトップアジェンダだ。4月22日、23日開催の気候変動サミットで、菅首相は「2030年の温室効果ガス46%削減」の目標を打ち出した。気候変動対策を最重要視するバイデン政権に応えたものとされる。動向が注目された日米首脳会談でも、バイデン大統領は「日米が野心的な気候変動対策の牽引役となる」と意欲を示した。

気候変動対策が「コスト」とされ、外交での優先度も低いアジェンダであったのは昔の話だ。新冷戦が叫ばれて久しい米中が協調できるアジェンダとして見る向きもある。だが、実態はそう単純ではない。気候変動対策の巧拙は、今や国の産業競争力や安全保障に直結する。それを理解する米中は主導権を狙う。また、気候変動対策で米中に先行する欧州の存在も忘れてはならない。バイデン政権が主導し、40カ国・地域の首脳が参加した気候変動サミットでは、脱炭素化を巡る米中欧の思惑が交錯した。

気候変動サミットで見えたバイデンの焦りと本気

バイデン大統領は、就任初日に米国は地球温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」に復帰した。地球温暖化に対し否定的な立場だったトランプ前政権の4年間で、アメリカの気候変動対策は他国に大幅に遅れた。国際協調が求められる気候変動対策でリーダーシップを取ることは、自国第一主義のトランプ前政権で失った威信を回復するためには避けられない。就任100日を迎える前にサミットを開催したことも、バイデン大統領が脱炭素化を重視する表れだ。

気候変動サミットで、バイデン政権は、温室効果ガスを「2030年までに2005年比50%削減」とする目標を発表した。オバマ政権が掲げた「2025年までに2005年比26~28%削減」の目標を大幅に上回る。バイデン大統領は、「気候変動はどの国も1国では解決できない。我々はこの課題に対処するため、速やかに行動しなければならない」と述べ、各国へ行動を求めた。多国間協調を求めるバイデン政権と、自国第一主義を標榜したトランプ前政権との違いは鮮明だ。アメリカに応じる形で、日本、カナダ、ブラジルなどは温暖化対策の強化を表明した。

バイデン政権が踏み込んだ目標を掲げるのは、トランプ前政権との差別化に加え、中国の脅威を感じているからだ。3月、環境負荷の少ない産業構造へ変わることを目指して、2兆ドル(約220兆円)規模のインフラ整備計画を公表した。再生可能エネルギーの拡大や、電気自動車(EV)の普及を通じて、国内の雇用を創出するとも語った。再エネやEVで競争力を高める中国を意識した政策だ。空白の4年間の遅れを取り戻し、中国を牽制しながら脱炭素化で世界をリードする。バイデン大統領の野心が透けて見える。

気候変動サミットのバイデン首相。手前はケリー特使(写真:ロイター/アフロ)

アメリカは気候変動対策の「不登校の生徒」

サミットでの動向が注目された中国は、既存の目標を据え置きとした。アメリカは、中国にも目標の引き上げを求めたかったが、肩透かしをくらった形だ。据え置きされた目標自体にも、中国の地政学的な思惑がある。

習近平国家主席は昨年9月の国連総会で、「二酸化炭素の排出量を2030年までに減少に転じさせ、2060年までに実質ゼロにする」と表明し、世界を驚かせた。世界のCO2排出量28%を占める最大の排出国である中国の突然の脱炭素化表明には、したたかさが見えた。国連での発表の前後には、EUとの対話や米大統領選が予定されていたのである。

気候変動対策で先行する欧州に秋波を送り、トランプ政権下でのアメリカの出遅れを際立たせ、気候変動を地政学的な手段とする周到さだ。また、サミット直前の4月16日、習近平国家主席はドイツのメルケル首相、フランスのマクロン大統領と気候変動に関する協議も行っている。ここでも、中国は欧州との緊密な連携を強調した。

では、気候変動サミットでは中国はどのようなメッセージを発したのか。

習近平国家主席は「中国は、アメリカが気候変動に対する多国間での協調の枠組みに戻ってきたことを歓迎する」とスピーチをした。また、脱炭素化の具体策として、石炭に依存したエネルギーシステムの改善と「グリーン開発」に取り組み、2026年から2030年の石炭消費量を、2021年から2025年の水準から段階的に削減する方針を明らかにした。

気候変動サミットに参加した習近平国家主席(写真:新華社/アフロ)

一見するとアメリカに対する歩み寄りの姿勢に見える。しかし、実のところは「パリ協定から脱退したアメリカの出戻りを中国は歓迎する。ただし、気候変動対策の主導権はあくまでも中国にある」というメッセージとされる。

その証拠に、4月16日の会見で、趙立堅報道官は「中国はパリ協定の妥結に多大な貢献をした。中国の新たな目標は気温上昇を0.2℃から0.3℃抑えるもので、気候変動に対する中国の努力と野心の現れだ」と自信をにじませた。加えて、「アメリカが気候変動対策の場に戻ってきたのは栄光の復帰ではない。不登校の生徒が学校に戻ってきたようなものだ」と辛らつな発言もしている。

また、気候変動対策は単体で成り立つものでなく、昨今の米中の火種である新疆ウイグル自治区や香港の自治権の問題とも複雑に絡み合う。

王毅外相は、「アメリカが中国の内政に干渉しなければ、米中両国は気候変動対策においてより緊密な連携ができる」と、外交問題評議会のオンライン会議で牽制した。外交問題評議会は、外交・世界情勢を研究する非営利の会員制組織であり、アメリカの対外政策に著しい影響力を持つとされる。そこで王毅外相が発言した影響は大きい。

欧州の野心を固めたサミット前日の14時間協議

気候変動サミットとその周辺での米中の動向を分析すると、両国の今後の連携は一筋縄ではいかないことが分かる。このような米中の駆け引きの陰に隠れてしまったが、虎視眈々と対策を進めているのが欧州だ。

気候変動サミットの前日、14時間の協議を経て、欧州委員会は「2050年のカーボンニュートラル化」の目標を法制化した。米中を始めとする大国は、NDC(各国が決定する温室効果ガス削減への貢献)を国連気候変動枠組条約(UNFCCC)事務局に提出するに留まるが、法制化までしたのは欧州が初である。

また、「2030年までに1990年比55%削減」の目標を積み増し、「2030年までに57%削減」とすることにも合意した。気候変動サミットで他国をリードするために、直前まで交渉が続いた。

欧州の決意は、2019年に出された気候変動対策の政策パッケージ「欧州グリーンディール」にも表れている。

欧州グリーンディールは、従来型の気候変動対策ではなく、欧州ワイドの成長戦略だ。再生可能エネルギーや水素技術の活用やサーキュラーエコノミーの実装など、新しい産業を活性化させるための施策が盛り込まれている。

特筆すべきは、「EUタクソノミー」や「国境炭素調整メカニズム」など、グリーンな成長のための資金のコントロールまで計画されていることだ。トランプ前政権で後れを取った出戻りのアメリカでも、世界最大の二酸化炭素排出国の中国でもなく、脱炭素化による成長で「緑の地政学」を制したい欧州の覚悟といえる。

COP26に向けて加速する米中欧の覇権争い

気候変動サミットでは米中欧の思惑が交錯し、脱炭素化を巡る主導権争いの激化を予感させた。次のマイルストーンは、2020年11月にグラスゴーで開催される国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)だ。

気候変動サミットでは、各国から2030年削減目標の引き上げが提示されたが、パリ協定の1.5℃目標実現のために更なるコミットメントが求められている。また、2030年目標の達成のための現実的な筋道も欠かせない。COP26では、これらの協議が焦点となる。

COP26の開催までに、米中欧の脱炭素化対策とそれを巡る駆け引きは激化するだろう。人権問題や安全保障などの重要なアジェンダが、気候変動対策への協調との取引材料とされる可能性もある。中国対欧米という単純な対立構造ではなく、日々変わる情勢によってそのパワーバランスが変わることもあり得る。昨年から習近平が欧州に秋波を送っていることがその表れだ。これは日本にとっても対岸の火事ではない。

「2030年の温室効果ガス46%削減」達成には、抜本的な産業構造の転換が欠かせない。米中欧の脱炭素の覇権争いを傍観して場当たり的に対応するのでは遅い。「緑の地政学」の動向を先読みしながら、脱炭素化への筋道を示すことが日本には求められている。

良ければ下にあります

を応援クリックよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください