『承認前のモデルナ・ワクチンを輸入した菅政権の見切り発車 結論ありきのワクチン輸入に漂うコロナ対策の後手後手』(5/1JBプレス 小川博司)について

5/2阿波羅新聞網<最新:亚利桑那州法证审计桌20张加到46张!进程加速 川普要求关注【阿波罗网编译】=アリゾナの選挙の法的監査のテーブルは20卓から46卓に!進行は加速されている トランプは注目を要求 [アポロネット編集]>

監査を担当した元アリゾナ州務長官のケン・ベネット(Ken Bennett)

アポロネット李文波の編集:「Gateway Pundit」の4/30の報道によると、木曜日に第四シフトの監査人が軍事記念体育館を離れ、体育館のカウントテーブルの数を2倍にし、監査の進行を早めると報道した。トランプ大統領は、米国人にアリゾナでの投票監査に注目するよう促した。民主党は監査を阻止するために100人以上の弁護士を派遣した。

分かることは、黄色いシャツを着たスタッフ5人が1テーブルに付いたのが、今は11人に増えた。スタッフは各カラーゾーンにテーブルを追加している。マリコパ郡から監査センターに210万票が送られた。

監査を担当した元アリゾナ州務長官のケン・ベネットは、「Gateway Pundit」の記者に、一夜にして監査テーブルの数を20テーブルから46テーブルに増やしたと語った。下請け業者も新しいカウント要員を募集している。今後1〜2日で、3交代制を実施するのに十分な人員が確保され、監査件数が2倍になることを期待している。

ベネットは、「現在、郵送された投票用紙にシワがないか、塗潰しの楕円形が手描きであるかを調べている。毎日の投票結果は発表されない。すべての結果は最終報告に出す」と。

ベネットは「Gateway Pundit」に次のように語った。「5/15に体育館は、フェニックスリーグ高校地区の18の高校に5日間の卒業式会場を提供する必要がある。その時点で、監査は別の場所に移されるか、票を数えているスタッフに4〜5日間休ませるか。卒業式が終わったら、すぐに戻って監査を続けることができる」と述べた。

5/15までに終わらなければ、民主党やアンテイファ、BLMの襲撃に備えておかないと。

https://www.aboluowang.com/2021/0502/1587726.html

5/2阿波羅新聞網<蓬佩奥:没有证据表明拜登政府”准备好真正对抗中国”【阿波罗网编译】=ポンペオ:バイデン政権が「真に中国と対峙する準備ができている」という証拠はない[アポロネット編集]>アポロネット李文波の編集:「ブライトバート・ニュース」は4/30、フォックス・ビジネス・ネットワークの「Mornings with Maria」番組で、マイク・ポンペオ前国務長官が、バイデン政権が「真に中国と対峙する準備ができている」という証拠はないと警告したと報じた。

ポンペオは、「議会でバイデンの演説を聞けば、人々は気分が良くなるだろうが、これは空約束である可能性が高いことは誰もが知っている。現政権が本当に戦う準備ができているという証拠が記録にないからだ。バイデンが中共は競争相手だと言ったとき、我々は英国と競争し、ベルギーとも競争し、世界中の友人や同盟国と競争するとも言った」と述べた。

ポンペオは、「中共は米国人労働者に宣戦布告した。それは何年も前に宣戦布告した。トランプ大統領は中共に対して行動を起こした最初の指導者だった。トランプ政権は中共と戦うために全力を尽くした。中共は米国人の仕事を奪いたいと思い、中共は知財を盗んだ。中共は米国でスパイ活動を行い、さらには米国の研究機関の上級職員の間でスパイ活動を行った。これは中共が衝突をもたらし、我々は巨大な米国経済の強さを利用する必要があり、あらゆる面で中共に立ち向かう」とも。

中共との取引で利益を得ている連中(ハンターはまだ中国会社BHR Partnersの10%の株を持っている)が本当に戦えるはずがない。

https://www.aboluowang.com/2021/0501/1587724.html

5/1阿波羅新聞網<佩洛西的多数席位在崩溃:高级副手宣布不再寻求连任【阿波罗网编译】=ペロシの下院の議席の過半数が崩壊しつつある:上級補佐官は、自分はもはや再任を求めないことを発表 [アポロネット編集]>「ブライトバートニュース」は4/30、民主党下院選対委員会(DCCC)の前議長であり、下院議長のナンシーペロシの上級補佐官であるシェリブストス(Cheri Bustos)が「10年この職に就いているので、この任期を終えた後、再任は求めない」とその日発表したと報じた。これは、彼女が再任しないことを発表した最新の民主党員で、彼女の引退は、ペロシと下院の民主党員にとって大きな打撃であり、下院の民主党のわずかな半数越えの崩壊につながる。

共和党は来年の中間選挙では逆転してほしい。

https://www.aboluowang.com/2021/0501/1587680.html

5/1阿波羅新聞網<民主党参议员曼钦粉碎该党选举联邦化梦想:我不打算参与其中【阿波罗网编译】=民主党マンチン上院議員は、選挙の連邦化という党の夢を打ち砕く:私はそれに参加するつもりはない[アポロネッ編集]>「ブライトバート・ニュース」は4/30、民主党上院議員のジョー・マンチン(Joe Manchin)が同日、選挙の連邦化に関する下院法案について、選挙の公正性は必要であり、「支持することはできない」と述べたと報じた。 800ページのH.R.1人民法案は、3/3に下院を党派路線で可決し、マンチンは非常に不満であった。彼は4/27、「現在の緊張した状態で、どうして党派路線に従って、米国選挙投票法案の改革を許すことができるだろうか?これは上程されると絶対に信じているが、私は関与しない」と述べた。

これでこの法案は過半数で通そうと思っても無理になるか?共和党はフィリバスターで阻止するつもりでしょうけど。民主党にもまともな人はいる。

https://www.aboluowang.com/2021/0501/1587692.html

5/1阿波羅新聞網<拍疫情照 北京画家许那等11人被抓 律师谴中共=疫病の写真を撮る 北京の画家許那等11人が(法輪功信者として)逮捕される 弁護士は中共を非難>10数年前、彼女は冷たい刑務所内で夫と死別した。 10年以上経ち、彼女は母親を亡くし、再び投獄され、家には80歳の父親だけが残された。彼女は53歳になる許那で、北京で有名な画家であり、北京の有名な民謡歌手の于宙の妻であった。

悪の権化中共。左翼を信奉する人はよく見るがよい。

https://www.aboluowang.com/2021/0501/1587704.html

5/1希望之声<变种病毒进中国恰逢五一假期 景点被挤爆你怕了吗=変異ウイルスが労働節中に侵入 景勝地での混雑をあなたは恐れるか>今日は労働節の初日で、多くの中国人が旅行し、全国の多くの景勝地は人でにぎわっている。その中で、北京の天安門広場の近くだけでも少なくとも10万人が集まった。多くの人が感じたのは悪い印象で、北京に行ったことを後悔していると率直に言った。インドの変異ウイルスが中国に広がっているこの微妙な時期に、大勢の人が集まれば、再び疫病を爆発させるのではないかと心配していることもある。

大陸メディアの報道を総合すると、北京の天安門広場は、5/1の早朝、国旗掲揚式典を見る人で賑わっていた。午前3時に、公安、武装警察、消防、保安検査から3,400人以上が現場に配備され、各入口に防疫管理ステーションが設置され、人々を案内した。ツアーガイドは大陸メディアのインタビューで、観光客の数は昨年を大幅に上回ったとのことで、現場には10万人いたと推定されると述べた。「流行後、今年は爆発が起きると見込むべきと思う」

ある観光客は、旅行の体験が悪いと率直に言って、北京に行ったことを後悔した。

万里の長城も最も人気のある景勝地の1つであるが、その日は多くの人が訪れたため、万里の長城の八達嶺景勝地は人流の多さに、観光客に対して赤い警告信号を発した。この景勝地では休日の最初の3日間で、オンラインでチケットを購入した観光客の数は48,750人に達し、防疫管理のための観光客の上限に達した。景勝地区は、過度の混雑による事故を防ぐために、第1レベルの緊急対応を開始する。

浙江省杭州市の西湖景勝地も人流のピークを迎え、公安職員はドローンを使って断橋などの人気の景勝地を空中パトロールした。労働節も映画の興行収入を押し上げた。データによると、5/1の正午12時の時点で、「労働節放映期間」の映画の興行収入は2億元を超えた。

交通運輸部の最新の予測によると、中国の総旅客数は2億6500万人に達するとのことである。中国の人口14億人に基づくと、労働節に17人に1人が旅行することになる。 2019年のこのデータは1億6000万人で、前年比で65.625%増となった。

インドの変異ウイルスが現在中国に入ってきているため、労働節中の大量の外出は国民の懸念を呼び起こした。あるネチズンはSNSに次のようにコメントした。「西安でみると、すし詰めになっており、多くの人がマスクを着用していない。今思うのは、後が恐ろしい」、「海外に行かないなら、万里の長城に行っても、全く登らず、下りるときの混雑を恐れる。現在、新型コロナワクチンを接種したのは2億人だけで、再度の爆発を本当に恐れている」

4/29、疾病予防管理センターの主任疫学者である呉尊友は、中共国務院の記者会見で、中国の一部の都市でインドの変異株が検出されたと警告した。

呉尊友によると、疫病流行以来、ウイルスの突然変異がずっと起こっており、流行が収まらない限り、ウイルスは変異していくので、防疫措置の実施が最も重要で、変異株の流行を食い止められれば、新しい変異を防ぐことができる。

また、「労働節」で防疫作業が新たな困難に直面する可能性があると警告し、現時点では「防疫措置の実施が最も重要である」と述べた。しかし、彼は中国のどの都市にインドの変異株が出たかを明らかにしなかった。

4/28、浙江衛生健康委員会の公式ウェブサイトは、浙江で11の新しい確定症例が出て、前にインドネシアから移された1人の無症状感染者を除いて、他の10の症例はすべてインドからであった。同日、中共重慶市は、1人の病例はインドで働いた経歴があると発表したが、その人のウイルス変異体の種類は説明されなかった。

中共だから敵国インドのせいにしている部分もあると思われます。まあ、自分たちが蒔いた種で、因果応報になるのでは。

https://www.soundofhope.org/post/500891

何清漣 @ HeQinglian 9時間

このドラマの興味深い点は、中国は1980年に富豪には文化がないと嘲笑したのと同工異曲である。 2番目の子供は金融業界の億万長者であるが、大学入試にも合格していなかった。この種の経歴では、米国の金融業界に入ることはずっと不可能であった。

このドラマの筋書きが進むにつれて、金持ちの悪い面を描きすぎないように。

しかし、左翼の苦悩もこのドラマに示されている。お金を求め、楽しんで、他人のお金を取り、筋がとおっているので意気盛であるが、同時に、自尊心の低下に苦しんでいる。

引用ツイート

何清漣 @ HeQinglian  4月30日

米国のドラマ「家庭経済学」をお勧めする

3人兄弟の家族で、長子は作家で、コーネル大学を卒業した。2人目は金融の奇才で、社会階級の上位1%にいる。3人目の妹は教育ソーシャルワーカーで、黒人女性との同性婚で2人の黒人の娘がいる。

長子と3番目は金持ちへの軽蔑と歪んだ嫉妬と欲望は米国社会関係の縮図である。

それは、フランス人の「虹色の家庭」を自嘲した作品「義父と義母は本当になりにくい」と見なすことができる。

何清漣 @ HeQinglian 3時間

「社会正義」が追求する目標は何か?それは本当に公平と正義を実現できるか?社会正義は聖書の正義と同じか?これは、誰もが、特にクリスチャンは「社会正義」に従う前に考えなければならない問題である。聖書の「社会正義」と聖書の中の「正義」(音声付き)http://nacr.info/WordPress/index.php/2021/05/01/the-differences-between-social-justice-and-the-justice –in-the-bible /

小川氏の記事では、ワクチン接種の遅れもさることながら、外国人の日本入国を認めているのであればザルのような水際対策ではないか?上述の記事のように、インド変異株を中国人も恐れているというのに。この労働節で、当然中国人にも伝染していくと見るべきです。昨年11、12月の外国人入国は5万人を越えています。国民に我慢を押し付けて、こういうことをしているのでは。

4/25しんぶん国民<外国人の日本上陸は、まだ止まらない。 令和2年、約522万人の入国!>

https://www.kokuminto.jp/archives/8331

4/28情報速報ドットコム<欧州連合「5230万回分のワクチンを日本に出荷済みです」 河野太郎大臣「数字が違うので、確認して」>

https://johosokuhou.com/2021/04/28/46649/

4/28情報速報ドットコム<消えたワクチン約5000万回分、EUは5230万回分を輸出と報道!日本国内の接種完了は300万人以下>

https://johosokuhou.com/2021/04/28/46627/

このニュースについて政府は何の説明もしていないし、メデイアも報道していない。ガセ?でも彼のツイッターにもハッキリ出ている。日本側で保管に失敗したとの噂もあるが。

小川氏の言う、ワクチンを選択可能にするという議論には反対です。接種会場が混乱するし、現場で接種する人も分けては接種できないでしょう。病院別にワクチンを指定し、接種を受ける人が選ぶのであれば可能でしょうが。

緊急事態に国内治験しないとダメというのでは疫病が蔓延してしまうのでは。外国で承認されたものは、緊急事態として承認するようにしたら良いと思う。もっと早くワクチンが確保できたのでは。

勿論、小生はモデルナでもファイザーでも接種するつもり。ただ中ロのワクチンであれば絶対に接種しません。

記事

日本政府は承認前のモデルナワクチンを輸入した(写真:AP/アフロ)

4月30日のNHKのお昼のニュースで、関西国際空港に米製薬会社モデルナのワクチンが到着したという報道があった。日本政府はモデルナと、9月までに5000万回分、人数にして2500万人分のワクチンを供給するという契約を結んでいる。ニュースでは、モデルナのワクチンはまだ日本で承認を得ていないこと、審査を迅速化する特別申請が認められていること、承認が取れ次第、東京と大阪で接種を開始すること──の3点が報じられていた。

菅首相は4月16日の訪米時に、ファイザーのアルバート・ブーラ最高経営責任者(CEO)と話し、前倒しで同社製のワクチンを供給してもらう約束を取り付けたと胸を張った。しかし、ファイザーに務める筆者の友人に聞いた話では、製造体制も配給体制も今のところ2カ月前に決めた予定は変わっていないという。

一体、日本政府内では何が起こっているのだろうか。

上述のNHKニュースからわかったことは、日本政府はファイザーだけでなく、モデルナのワクチンをあわせて日本人全員への接種をカバーしようとしている点だ。これは菅首相の訪米時の発言とは異なる。

日本政府にはもともとモデルナ製のワクチンを輸入する計画があり、首脳会談ではファイザー製の供給を急いでもらうことを話題にしただけということかもしれない。モデルナは、3月5日の時点でワクチンの承認申請をしているが、ファイザー製を埋め合わせるために審査を急いでいるとの印象は拭えない。

コロナ対応のために申請と審査を迅速化する必要性はある。ただ、承認前にワクチンを輸入するというのはいかがなものか。審査が通らなければ、送り返すのだろうか。仮に何か問題があったとしても、審査官が「No」と言うことはもはやできない。既に審査がほぼ終わっているというのであれば、結果を公表してから輸入すればいいだけだ。

ワクチンを選べるようにすべき

ニューヨーク・タイムズを見ると、モデルナのワクチンには94%の有効性があるとされ、ファイザーのワクチンの有効性とほぼ同じだ。ただ、検査数は417人で半数以上は75歳かそれ以上とのこと。有効性に関する結果を素直に受け入れるかどうかはワクチンを受ける人次第だが、米国ではファイザー派とモデルナ派にわかれており、筆者の友人の周囲ではモデルナ派はあまりいない。

安全性については、ジョンソン&ジョンソンのワクチンにストップがかかったばかり。ファイザー製やモデルナ製のワクチンで同様のことは起きる可能性はある。

今回のモデルナ製ワクチンの輸入には問題がある(写真:AP/アフロ)

米国の例から言えることは、ワクチンを受ける側がワクチンを選べるようにしないと混乱が起きるという点だ。通常以上に副反応のリスクが高いと言われる製品である以上、念には念を入れるべきだ。日本は先進国の中でワクチン接種が遅れているが、その遅れを逆手に取ればいい。

日本国民は不満の声を上げないので日本政府のやりたい放題になりつつある。ただ、承認前のワクチンの輸入を始めるというのはさすがにやり過ぎに感じる。仮に、問題が起きた時の説明と責任の取り方は明確にすべきだ。内閣総辞職、ワクチン担当の河野大臣と田村厚生労働大臣は議員辞職し、二度と出馬しない──ということでもいいかもしれない。極端に聞こえるかもしれないが、それほどの問題だと考えている。野党が何も言わないことを考えると、国会の機能自体が麻痺している。

ファイザー製を希望する人は、モデルナに「No」と言える勇気を持つべきだ。

良ければ下にあります

を応援クリックよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください