『中国の人権侵害は文化の産物?バイデン発言の波紋 抗議と同時に習政権に理解を示したバイデン大統領』(2/24JBプレス 古森義久)について

2/23阿波羅新聞網<鲍威尔回应最高法院关于选举诚信的最新裁决【阿波罗网编译】=パウエルは、選挙の公正性に関する最高裁の最新の判決に回答[アポロネット編集]>シドニー・パウエル弁護士は、テレグラムのページで状況を報告した。

拒絶に異議あり

1.ペンシルベニア州共和党がデグラフェンレイドを訴えた案件。

2.コーマンがペンシルベニア州民主党を訴えた案件。

これらの2つのケースでは、トーマス裁判官は拒絶に反対し、アリト裁判官とゴーサッチ裁判官も反対した。

ロバーツとカバノーとバレットは民主党の拒絶に加わり、名簿の最後に登場した。

トーマス判事が言ったように、「これらの案件は、立法できない役人が選挙規則を作り、次の選挙の前に、このようにした問題を解決する理想的な機会を我々に提供してくれている。このように拒絶することは理解できない」と。

拒絶に異議なし:

3.マイクケリー下院議員がペンシルベニアを訴えた案件。

4.トランプがデグラフェンレイドを訴えた案件。

パウエル弁護士はトーマス判事の異議を投稿した:

トーマス判事は、「これは信頼を築く方法ではない。ゲーム中にルールを変更するのは十分に悪い。そうする権利を持たない役人によってルールが変更されるのはさらに悪い。これらの変更が選挙結果を変えるとなれば、それは、我々の自治が大きく依存している選挙制度に重大な損害を与える可能性がある。州の役人が権力を持っていると言うのなら、それを明確にする必要がある。そうでなければ、破壊的な結果が出る前に今すぐこのやり方を終える必要がある」と述べた。

パウエル弁護士は、「賢明な言葉:トーマス判事は、ペンシルベニア州の選挙案件で最高裁が拒絶したことに同意しない。最高裁の不作為は、より多くの濫用を助長するだけである」と表明した。

カバノーもバレットも期待外れ。

https://www.aboluowang.com/2021/0223/1560637.html

2/24阿波羅新聞網<华日:江泽民怕了 川普1招中共巨额出口时装链断裂 冠军黄晓敏7天绝处逢生=WSJ:江沢民は恐れている トランプの一手は中共の巨額輸出となっている衣装チェーンを断裂さす 金メダルの黄暁敏は7日間で絶望状態から生き還る>

両会の微妙な時期が近いのに、中南海の近くで突然爆発があった・・・2/23中南海近くの北京西城区で爆発が発生した。

下のビデオの説明では爆発物専門家ではないかと。

https://twitter.com/i/status/1364073095124803584

習近平は月探査エンジニアと会う 千億の航空宇宙株は却って珍しく大幅下げ・・・習近平は22日、月探査プロジェクトの嫦娥5号ミッションの参加者の代表を迎えた。不思議なことに、市場価値が1,000億元を超える2社の航発動力と中航沈飛は株式市場で突然-8.39%と-7.93%に急落した。

WSJ:江沢民は怖れる、江志成の資産は海外に移転・・・米国メディアによると、江沢民家は近年、資産を海外に移転し始めた。江沢民の孫である江志成が支配する博裕キャピタルは、2019年からシンガポールに移管された。情報筋によると、江家は江沢民の死後、彼の家族と仲間の資産が当局によって清算されるのではないかと心配していると。

元世界金メダル保持者は絶望状態からどのように生き還ったのか? 7日で奇跡が起きた・・・ワールドカップで11個の金メダルを取った黄暁敏は練習のし過ぎで体がおかしくなり、そのため精神もおかしくなり、絶望で死まで考えたが、隣人の勧めで法輪功に参加したら、みるみるよくなった。

トランプは新疆綿の取引を禁じ、中国の巨額輸出となっている衣装チェーンを断裂さす・・・IKEAとH&Mは、彼らのサプライヤーは新疆からの新しい綿の購入を停止したと述べた。

専門家:バイデンが権力を握り、米国のソフトパワーは名前だけである

在米学者の何清漣は23日、アップルデイリーに寄稿した。今のこの世界では、大国の外交政策の核心は対中政策であり、米国の対中外交も欧米関係に影響を与える重要な要素である。バイデンの発言は最近不安定になっているが、多くの人は自分の希望に合った発言だけを信じたいと思っている。実際、いくつかの重要な政策展開を見ると、その方向性がわかる。

1.中共の戦略的位置付け、つまり敵対的な関係ではなく、現在「最も厳しい競争相手」として位置付けられている。

2.バイデン政権は、華為が信頼できないサプライヤーであると判断したが、ブラックリスト継続の約束を拒否し、中国企業への米国資本の流入を禁止していない。

3.新疆、チベット、香港、台湾における中共の政策への反応。

この最後の点につき、バイデンはすでに態度を明らかにしている。 2/10、バイデンと習近平は2時間話したが、両国は自分のイメージに合った言葉を選び、国民に発表した。

トランプが当初組織を脱退し、同盟国の関係を新たに組みなおそうとしたのは、当時の米国の指導者とは名ばかりで、金を出す兄貴だったから。バイデンは再び世界をリードしたいと考えているが、気前の良い兄貴の名分だったから歓迎されただけで、実質的なリーダーシップを維持することは恐らく容易ではない。結局のところ、米国のソフトパワーは2020年の選挙後は名のみ存在している。

カナダ議会は中共のジェノサイドを認定した。トルドーはどのように投票したか?・・・カナダの5大政党の議員が昨日(22日)「新疆ウイグル人ジェノサイド法」に投票し、266:0の圧倒的な投票数で動議を可決し、カナダ政府に2022年「北京冬季オリンピック」のボイコットを要求した。トルドーとほとんどの閣僚は投票を棄権した。

日本の国会議員も同じように法案を出してみたら。

https://www.aboluowang.com/2021/0224/1560884.html

2/24希望之声<猪瘟疫情再度爆发 中国生猪生产重新受到威胁=豚コレラが再び爆発 中国の豚生産が再び脅かされる>今年の冬は異常に寒く、豚コレラの流行やその他の致死性の豚の病気が再び発生し、中国の豚の生産は再び脅威にさらされている。

ブルームバーグは2/22、コンサルティング会社Bric Agriculture Groupの上級アナリストであるLin Guo faが、中国北部の寒冷地で豚コレラが再び発生し、現地の農家が皇暦辛丑の新年の前により多くの繁殖雌豚を屠殺したと報道した。

Lin Guo faは、この冬は非常に寒く、口蹄疫や豚流行性下痢、他のウイルスの発生もさらに猛威を振るい、「一部の地域、特に山東と河南、河北では、豚の在庫の回復が遅れる可能性がある」と述べた。

ロイターの報道によると、養豚物資供給会社のマネージャーは、冬の豚コレラの流行が東北地方と北方各省で頻繁に発生し、豚流行性下痢(PED)の発生率も前年よりも高かったことを明らかにした。

日本には中国産豚肉は入っていない?中国人相手の店が柏にもありますので。

https://www.soundofhope.org/post/477542

何清漣 @ HeQinglian 9時間

左右から挟撃を受けていたマクロンは、とうとう得るところがあった:

英米、イスラム諸国からの圧力を受けて、反イスラム分離主義法が可決された。

次に、福祉制度を改革する必要がある。彼は黄色いベスト運動での、福祉を望んでいたデモ隊を憎み、「あれもこれもほしい」は通らない、スーツを着て自分でお金を稼ぎ、買いに行けと。首相が攻撃された代価として、退職福祉改革は道半ばにある。

現在、外交路線で、彼は明らかに米国と別れた。

何清漣 @ HeQinglian 9時間

「厳しい現実:中国は世界再編の軸になる」

米国の対中政策は「戦略的忍耐」から「戦略的曖昧さ」に変わった。

G7会合では、多くの国が中国について話すことを避けたが、1つだけ言及した

バイデンは中国の専制政治を「多文化」と見なしている

フランスとドイツは態度を明らかにした:米国をリーダーとは見なさない。

2020年代の国際社会の新たな合従連衡、中国は多くの国に通商の利を以て、所謂「連衡」と為し、米国の合従よりもはるかに優れている。

【視点】厳しい現実:中国が世界再編の軸となる

米国のバイデン政権の中国に対する戦略は曖昧であり、中国は世界再編の軸になりつつある。

sbs.com.au

恐ろしい時代が来る。後世の人はどう歴史書に書き込むか?米国人の愚かさに触れないことはないでしょう。

何清漣 @ HeQinglian 8時間

かつて、反トランプでバイデンを支持する人は二種類いた。

バイデン支持で反中の人、神を信じるが、宗門を間違えている。

バイデン支持でパンダハガーの人、今のところ目標を達成した。米国の対中戦略が曖昧な段階では、米中関係は「厳しい競争関係」と位置づけられていても、“遊び” (工学)の余地が大きい。

なぜこの2種類の人が存在するのか、私は深く研究していないが、存在する。

何清漣さんがリツイート

ビクトリア花 @ VictoriaTC  2月22日

バーンはダートマス大学で中国学を学んだ。 1/14の熱血インタラクティブ番組で、バーンは中国語で、1983年から84年に北京師範大学で学び、古代中国の歴史と哲学、毛沢東思想を学んだと語った。バーンはスタンフォード大学で博士号を取得し、彼の論文は「米国憲法における思想史」である。彼は、カラー革命が米国で起こったと考えている。

極左は検閲を推進 電子商取引の創設者:共産党が今米国を乗っ取っている

米国の電子商取引会社オーバーストックの創設者であるバーンは最近、英国の新唐人テレビ番組「フォーカストーク」のインタビューを受け、米国の左派グループが米国人に検閲を強化し、これはすでに「共産党が米国を乗っ取る」ことを意味し、今米国で起こっていることであると述べた。米国の電子商取引会社オーバーストックの創設者であるバーン:「左翼グループがやろうとしているのは・・・」

ntdtv.com

何清漣さんがリツイート

アポロネットの唯一の公式Twitterアカウント @ aboluowang 3時間

ビル・ゲイツ財団は「反人種差別の数学」(写真)を推進している。米国の学校は現在、漸進的教化の要塞になりつつある。オレゴン州教育局は、中学校の教師に「数学の中の人種差別をなくす」ことを目的とした「新しい数学」カリキュラムを使用するよう促した。この戦略の背後にあるスポンサーは、有名なビル・ゲイツ財団である。 http://dlvr.it/RtL4N7 #ビル・ゲイツ財団#反人種差​​別数学#大紀元

古森氏の記事で、上述の記事にある通り米国を世界のリーダーと認めないというのは、バイデンが不正選挙でその職位を得ただけでなく、中共の人権弾圧にも目を覆うからでしょう。また息子ハンターとのこともあり、中共に強く出られないとしたら、米国の大統領として不適任です。早く辞任したほうが良い。

記事

ウィスコンシン州ミルウォーキーでの対話集会に参加した米国のバイデン大統領(2021年2月16日、写真:ロイター/アフロ)

(古森 義久:産経新聞ワシントン駐在客員特派員、麗澤大学特別教授)

米国のバイデン大統領が中国共産党政権の独裁や弾圧に対して「それぞれの国の文化」と述べて理解を示唆したことが、米国内で激しい反発の波紋を広げている。

中国の習近平国家主席と電話会談をした直後の発言だったこともあり、同大統領が中国に対してトランプ前大統領とはまったく異なる融和の認識を抱いていることの例証とも受け取られている。

人権弾圧は「それぞれの国の文化」?

バイデン大統領は2月16日、ウィスコンシン州ミルウォーキー市で市民との対話集会に出席し、同10日に中国の習近平国家主席と電話で会談した内容などについて語った。CNNテレビが報道した集会での発言は、以下のような内容だった。

「米国としては、中国当局の香港での抑圧、台湾への威迫、ウイグルでの虐殺的な工作などの人権弾圧に抗議をしていくことを習近平主席にも伝えた」

「しかし習近平主席としては、中国は団結して堅固に管理される国家でなければならない。それを正当化するために(人権弾圧など)その種の行動をとるのだろう」

「それぞれの国には文化的に異なる規範があり、それぞれの国の指導者はその文化的な規範に従うことを期待される」

バイデン大統領の以上の発言に、各方面から批判の声が沸き起こった。それらの発言は、中国政府の国内での人権弾圧は「それぞれの国の文化」であり「それぞれの国の異なる規範」に従っている結果であるから仕方がない、という意味にも解釈できるからだ。

普遍的な基準で人権問題は判断すべき(ザ・ヒル)

ワシントンを拠点とする民主党寄りの政治新聞「ザ・ヒル」は2月22日付の社説で「バイデンは中国ならではの人権を認めるのか」という見出しでバイデン大統領のスタンスを批判した。

同社説は「バイデン氏は選挙公約でも中国の人権弾圧を厳しく糾弾すると約束しながら、今回の習近平主席との電話会談では、中国側の弾圧を中国なりの理由があるのだとして認めたのに等しい。中国的な特別な人権の扱いが許されてもよい、という態度だといえる」と論評した。

また「人権問題は全世界の普遍的な基準によって判断されねばならず、『中国ならではの人権』という概念は許されない」とも述べて、バイデン大統領の中国に対する姿勢を非難した。

バイデン氏の息子に言及(ニューヨーク・ポスト)

ニューヨーク州を拠点とする保守系新聞「ニューヨーク・ポスト」も、2月20日付の「中国のウイグルのジェノサイドに対するバイデンの恐ろしい弁解」と題する見出しの社説で、バイデン大統領の中国に関する態度を厳しく批判した。

同社説は「トランプ前政権では大統領以下全員が一致して、中国当局のウイグル人に対する非人道的な扱いは国際規範に反する大量虐殺(ジェノサイド)であると認定していた。だが、バイデン大統領はその中国の非人道的行動を『中国の文化』のせいにして許容しようとしている」と述べ、バイデン氏の対中姿勢を糾弾した。

ニューヨーク・ポストのこの社説は、以下の趣旨も述べていた。

「バイデン大統領はミルウォーキーの市民集会で、彼が以前、習近平氏とともに3万キロもの長距離をともに旅をして互いに親近感を深めるにいたったことを、懐かしそうに回想していた」

「新疆ウイグル自治区からは、ウイグル人収容所内で婦女暴行や殴打事件がさらに増えている情報が流れてくる。しかし、アメリカの新大統領は中国のジェノサイドを事実上認めるような言動をとっている」

「バイデン大統領が中国の人権弾圧を非難すると言明しながら、実際には習近平氏に同調して、ウイグル人の民族浄化を黙認するのは、やはり彼の息子が中国側との疑惑のビジネスを続けているからなのか」

ニューヨーク・ポストは昨年(2020年)10月に、バイデン氏の次男ハンター氏と、中国で腐敗を糾弾された大企業経営者らとのメール交信を不正の物証として最初に報道した。その実績があることから、バイデン氏の息子にあえて言及しているのだろう。

今回の発言を撤回すべき(ワシントン・エグザミナー)

さらにワシントン拠点の保守系政治紙「ワシントン・エグザミナー」も2月18日付の社説で、バイデン大統領の中国に関する発言を批判していた。「習近平が身を屈めて、バイデンを征する」という独特な表現の見出しだった。その趣旨は以下のとおりである。

「いまの中国で起きているようなグロテスクな弾圧を正当化できる文化の規範というのは、この世界には存在しない。バイデン大統領がその正当化を認めるような発言をすることは、米国の道義的なリーダーシップを中国共産党の傲慢さに屈服させることとなる」

「いまの世界で米国は民主主義と法の統治に基づくグローバルな未来を提供している。それ対して中国は封建的な重商主義の未来を広げようとする。そんな時期の米国大統領の中国に屈するような言辞は、他の諸国にも悪影響を与える。バイデン大統領は今回の発言を撤回すべきだ」

*   *   *

バイデン政権は中国にどのような態度をとるのかが注目されていたが、発足してから1カ月以上が過ぎ、どうやらトランプ前政権とは基本的に異なることが、次第に目に見える形で明らかになってきたようである。

良ければ下にあります

を応援クリックよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください