『继强制汉语教学后 中共再废内蒙古历史教材=中国語教育の強制が続いている中で、中共は内モンゴルの歴史教科書を廃止する』(1/18希望之声)について

1/18阿波羅新聞網<罗斯柴尔德集团董事长本杰明去世=ロスチャイルドグループの会長、ベンジャミンの死>世界で最も裕福なファミリーの子孫であるベンジャミンデロスチャイルド(Benjamin de Rothschild)は、金曜日(1/15)にスイスのプレグニーにある自宅で亡くなった。 享年57歳で心臓発作を起こしたため。

https://www.aboluowang.com/2021/0118/1546849.html

1/18阿波羅新聞網<白宫整理川普私物竟发现「川普之鎚」 引起众人热议=WHでトランプの私物を整理中、「トランプのハンマー」を見つけ、熱い議論を引き起こす>米国は現在、大統領の権力移行が行われ、現在の米国大統領トランプの任期は間もなく満了となる。そのため、WHのスタッフは最近トランプの私物の整理を手伝っている。英国のメディアロイターがWHの外で撮った次のシーンは熱い議論を引き起こした。スタッフが巨大な「トランプのハンマー」を持っていたことが判明した。このハンマーの外観は、マーベル映画アベンジャーズ マイティ・ソーが使った武器と非常に良く似ていた。しかしそれは大きく「TRUMP」と刻まれている。

https://www.aboluowang.com/2021/0118/1546835.html

1/18阿波羅新聞網<涉债券欺诈 奥巴马与与小布什前精神顾问判监六年=債券詐欺に関与オバマとブッシュジュニアの元精神的アドバイザーは6年の実刑>テキサスの大きな教会の牧師であり、米国大統領オバマとブッシュジュニアの元精神的アドバイザーは、投資家から数百万ドルをだまし取ったとして6年の刑を宣告された。

AP通信は、水曜日にルイジアナ州シュリーブポートでKirbyjon H.Caldwell(67歳)が有罪判決を受けたと報じた。彼と共同被告であるGregory A.Smithは2018年に起訴され、2020年3月に電信為替詐欺を犯した罪で有罪を認めた。

https://www.aboluowang.com/2021/0118/1546892.html

1/18阿波羅新聞網<“比疫情吓人的是物价”陆网民哭诉菜价疯涨=「疫病流行よりも恐ろしいのは物価」 大陸のネチズンは野菜の価格が急騰したと泣き叫ぶ>「野菜市場を歩いていると、物価が疫病流行よりも恐ろしいことがわかった!」。大陸のネチズンは最近Weibo上でため息をついた。 確かに、寒さの影響、猛威を振るう疫病流行と多くの地域での都市封鎖、輸送コストの上昇、伝統の春節時の物資の貯蔵等さまざまな要因で、大陸全体の野菜の値段が暴騰し、1日1回、さらには半日1回値段が変わる。 多くの人が高くて買えないことを嘆く。

 

https://www.aboluowang.com/2021/0118/1546845.html

昨日ブログで取り上げた我那覇女史の件です。

動画の映像は、今はもう見れないので、ハーバード大卒業生でトランプ支持者に対し大学側が卒業取消しているのかどうか確認できませんでした。Twitterの検閲は酷すぎ。ポリコレと一緒で左翼も病膏肓に入った感じ。異論を許さない全体主義者たち。

 

記事

中共は、昨年秋から内モンゴルで中国語教育を強化し、大規模な市民抗議活動が起きてから、漢族化のペースを加速させた。最新のニュースは、当局が段階を上げ、モンゴルの歴史に関する小中の教科書の「イデオロギー審査」を命じたことである。一部の教科書は既に禁止された。

大紀元は最近、内モンゴル教育省が出版社に発した文書を入手した。この文書は、2020年の秋に、国家教科書委員会の指示に従って、内モンゴル地区の小中学校の教科書と補助教材について「イデオロギー特別調査」を実施した。「内モンゴルの歴史と文化」、「蒙古族の歴史」、「フルンボイルの歴史と文化」、「河套の歴史と文化」、「ホルチンの歴史と文化」などの教科書を審査した。

文書によると、上記の教材は「共同意識が十分ではなく」、個人の「国民的アイデンティティ」と「国民的意識」などの問題を意図的に強調している。そのため当局は、今年の春学期から「内モンゴルの歴史と文化」「蒙古族の歴史」「河套の歴史と文化」などの教科書の使用をやめ、秋学期から「フルンボイルの歴史と文化」、「ホルチンの歴史と文化」は使用を停止される。

文書の署名日は2021年1月8日である。

昨年7月と8月以来、当局は、内モンゴルの小中学校に、いわゆるバイリンガル教育改革を実施し、全国統一編集の教科書を国語、歴史、政治の教科で使用し、中国語で教え、モンゴル語をコアのカリキュラムから除くことを要求している。

これは、地元で大規模な抗議と国際的な注目が起きた。しかし、当局は漢族化のペースを落とさず、昨年末にモンゴルの小学校ではモンゴル語の​​教育を3年生から終了し、「全中国語」の教育課程に変更するよう命じ、2021年からモンゴル内陸部のあらゆる文化関係の職場と学校の党委員会の書記は漢人にするよう義務付けた。内モンゴルTVのモンゴル語チャンネルは中共党史などの番組も増やす。

大紀元が公開したこの文書はさらに、中共がモンゴル人の歴史を記録した本や教科書を徹底的に調査排除し、モンゴル人の独特の民族文化をあらゆる方面からから一掃したことを示している。

以前ドイツに住んでいた南モンゴル議会の席海明議長は、Radio Free Asiaに、中共は明らかにモンゴル民族に対する文化根絶政策を実施するつもりと指摘し、「これは非常に野蛮な民族同化政策である」と。さらに、当局は現在していることを隠しもせず、これまで以上に直接的に踏み込んできている:「彼らは同化政策と民族文化の消滅を狙い、これは人類文明に対する挑戦と踏みつけである。我々モンゴル人は最後まで抵抗する。国際社会が注意を払い、この21世紀に起ころうとしている一民族の古い文化が失われようとしているのを座視しないでほしい」と。

良ければ下にあります

を応援クリックよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください