『「選挙不正」徹底調査したナヴァロ報告書の説得力 議会に本格的調査を要求、終結しないアメリカ大統領選』(12/23JBプレス 古森義久)について

12/24阿波羅新聞網<川普转发有关大选作弊视频 彭斯呼吁战斗下去=トランプは選挙詐欺のビデオを転送 ペンスは戦い続けるよう呼びかけ>次期大統領の就任まで1か月もないが、トランプはTwitterに選挙詐欺に関する報道と証拠を再投稿し続け、ペンス副大統領は「すべての正当な投票がカウントされ、すべての違法な投票は削除される」まで戦うよう皆に呼びかけた。

トランプは22日、米国民に9000億米ドルを助成する法案は常軌を逸脱した少なさであると議会を批判したビデオの中で、「次の政府は私のかもしれない」と述べた。それから彼は23日に選挙の不正行為についての右派メディアAON(アメリカのNo.1ペイチャンネル)の報道をツイッターに再投稿した。報道のビデオは、ジョージア州フルトン郡の投票所で紫色のドレスを着た女性の集計員が、同じ投票の束を何度もマシンに入れたことを示した。報道はまた、バイデンの得票曲線が突然上昇し、トランプの得票を追い抜いたことを示した。別のトランプの投稿は大文字で書いている:民主党員はスイング州で数十万人分の票の買収をした。彼は前日にペンシルベニアからビッグニュースがあったとツイートした。州には、数えるべきではない違法な投票がたくさんある。彼は「これはフェイク選挙だ」と言った。

https://twitter.com/i/status/1341551177146757121

ペンスは戦い続ける

トランプの多くの補佐官と数人の共和党議員が去った後、マイク・ペンス副大統領は選挙詐欺を諦めず追いかけ戦い続けている。フォックスニュースによると、ペンスにとって、選挙はまだ終わっていない。彼は昨日フロリダ州ウェストパームビーチで開催された「U.S. Turning Point」が主催した「学生行動 Summit」で、「大統領選挙はまだ続いている」と語った。彼はその集会の人々に選挙のために戦い続けるよう呼びかけた。彼は、すべての合法的な投票がカウントされるまで、すべての違法な投票が排除されるまで、我々は戦い続けることを保証すると。ペンスは、米国連邦上院議長として、連邦議会が1月6日に州の選挙人の投票結果を確認するときに、重要な役割を果たす機会があると見られている。

https://www.aboluowang.com/2020/1224/1537379.html

12/24阿波羅新聞網<麦康奈尔和佩罗西 合谋政变夺权川普=マコーネルとペロシはトランプから権力を奪うクーデターを共謀>

トランプ演説:選挙詐欺は決して容認されてはならない

マコーネルは反トランプが明るみに出た、トランプが国防授権法を拒否するのを防ぐために民主党と合意に達した・・・「反乱法」を廃止しようとしたのは(疫病)救済刺激法案ではなく、国防授権法であった。左派メディアの、救済刺激法案で「反乱法」を廃止しようとしているとの報道はフェイクニュースで、国防授権法の内容については言及していない。

NYポストによると、米国上院多数党リーダーのミッチ・マコネルは火曜日に上院で、民主党の指導者チャック・シューマーとトランプ大統領の「国防授権法」の拒否を阻止することで合意に達したと発表した。

マコーネルは、クリスマス後の12/29に臨時会議が開かれる可能性があると述べた。このとき、立法者は大統領の拒否を覆すだろうと。

12/29までに反乱法を発動して逮捕しないとダメなのでは。

マコーネルとペロシは、トランプ大統領が「反乱法」を発動する権力を奪い、クーデターで権力を掌握するため共謀した。

反乱法または暴動法、反暴動法の英語は次のとおり。Insurrection ac。

ペロシとマコーネルのクーデター、上院および下院は、トランプの反乱法を廃止する法案を可決した・・・5,893頁に亙る予算の文書を見るのに、標準の72時間も与えず、上下両院本会議で採決。共和党議員や極左民主党員の反対にもかかわらず。(これは国防授権法と救済法案とを混同している)

ペロシとマコーネルの救済法案の悪魔の詳細:米国人の生死に関係なく、外国へ大バラマキ

トランプは法案の修正を求めた。「多分私の次の政権はそれを必要としている」・・・国防授権法も救済法もトランプは署名していない。

大悪事は良い事に変わることができるか? トランプ大統領へのリマインダー

何清漣 @ HeQinglian  12/23

私は突然、この法案はトランプ大統領に、1/20の正午までに反乱法を使う法的権限が与えられていることを思い出させたと感じた。

謎が解けなかったいくつかの行動、CIA長官の失踪、Solar Windsの襲撃がこの方向を示していることを願っている。

引用 Lucia choo#fight for Trump @ChooLucia 12時間前

なんて恥知らず! マコーネルとペロシが協力してゲームをしている。5,893ページの文書には、「反乱法」を使用するトランプ大統領の権限の廃止が含まれている。twitter.com/ chuckcallesto / …

https://www.aboluowang.com/2020/1224/1537463.html

12/23阿波羅新聞網<现世报!FOX宣布拜登获胜后 失去4成观众 一片恐慌【阿波罗网编译】=現実世界の報道! FOXがバイデンが勝ったと発表してから、聴衆の40%を失い、パニックに陥った[アポロネット編集] >アポロネット李文波記者が編集して報道。《ネット関連専門家》(gatewaypundit.com)は前日の中端(Mediaite) Webサイトからの報道を引用し、Fox Newsの元キャスターであるEric Bollingが述べた。「Fox Newsの視聴率は40%低下し、TV局の人も緊張しているが、状況をどう反転させるかを知らない。

中端のWebサイトは、政治とメディアのニュースに焦点を当てており、ABC Newsのチーフリーガル記者であるDan Abramsによって創設された。

元フォックスニュースのキャスターであるボリングは、現在シンクレアTVのキャスターを務めている。中端のウェブサイトの報道によると、ボリングは12/21(月)にターニングポイントUSAが主催する毎年恒例の学生行動サミットに出席した。会議で、学生活動家のアンドリュー・エスクードはボリングにかなり皮肉な質問をした。「タッカー・カールソン、ジェシー・ワッターズ、ブライアン・キルミード、ショーン・ハニテイ、これらのホストは何故Fox Newsを離れず、NewsmaxやOANNなどの右派メディアに行かないのか?」と。

ボリングは、最近ハニティと話したと最初に述べた。それから彼は、Newsmax のキャスターとは異なり、Fox Newsのキャスターは大きな影響力を持ち、多くの聴衆を持っており、キャスターも多くのお金を稼いでいると説明した。

中端のウェブサイトの報道によると、ボリングは参加者に、NewsmaxやOANNなどの右派メディアが今勃興しているのは、フォックスニュースが特に最初に、バイデンがアリゾナで勝利したことを認め、ジョーバイデンを大統領と呼んでから、NewsmaxやOANNなどの右派メディアの視聴率が上昇したと語った。ボリングはまた、一部のFox Newsキャスターが、これらの保守的なメディアの競合がFox Newsの視聴者を奪うことを懸念していると明らかにした。

ボリングは若い保守派の出席者に次のように語った。「正直に言って、これが今起こっていることである。Fox Newsが、バイデンがアリゾナで勝ったと発表したとき、全世界が激怒した。聴衆が見るのは Fox Newsではない!彼らはチャンネルを変え、NewsMaxを発見した。このようにして、Fox Newsは選挙後に視聴者の約40%を失った。40%!」この話は若い保守派聴衆の拍手喝采を齎した。

ボリングはまた、これらの若者たちに、「この状況に直面して非常に緊張していると言う友人がまだたくさんいる。彼らは現在の状況を見ることができるだけで、状況を反転させる方法を知らない」と語った。

Fox Newsの保守派への裏切りの深刻さを明らかにするために、《ネット関連専門家》の11/30の記事は2020年8月と11月23日のFox Newsの視聴率を比較した。Fox Newsはトランプの忠実な支持者である聴衆の約50%を失ったので、Fox Newsは悲惨な代償を払うことになった!

《ネット関連専門家》には、Fox Newsが流失したビュー数の具体的な数値がリストされている。

Neil Cavutoの番組は今年8月に219.2万回の視聴を集めたが、11月に視聴回数は130万回に減少した。

トークショーの「5人(ザ・ファイブ)」も大きな損失を被り、視聴回数は8月の377.2万回から11月には288.3万回に減少し、88.9万回の視聴を失った。

Bret Baierのショーは、8月の325.6万回から11月の211.7万回まで、約113.9万回の視聴を失った。

Martha MacCallumのパフォーマンスはさらに悪化し、視聴回数の50%を失い、視聴回数は320.1万から161.3万に減少した。

Tucker Carlsonは、8月の571.9万から11月の344.4万まで、227.5万の減少で多くのビューを失った。

輝く星であるSean Hannityも燃え上がっている。彼の視聴回数は683.8万人から283.9万人に減少し、400万人近くが彼の番組を去った。

Laura Ingrahamも、482万から211.4万に、270.6万ビューを失った。

《ネット関連専門家》は、この一連の数字はFox Newsが今正に自殺していることを示していると考えている。

《ネット関連専門家》は、CNNとMSNBCの視聴率は確かに上昇したが、いくつかの例外を除いて、米国の上位3つのケーブルニュース局の評価は、 基本的に変更はない。 2020年8月、最も視聴された時間は午後9時であった。Fox NewsのホストであるHannityが最も多くの視聴者を魅了し、3つの主要なニュースチャンネルを合わせて1079.4万人の視聴者を魅了した。 11月には、3つの主要なニュース局の合計評価は855.6万に低下した。CNNとMicrosoft National Broadcasting Companyの視聴回数は基本的に8月と同じであったが、Fox Newsの評価は8月から大幅に低下した。

《ネット関連専門家》はまた、この問題をより大きな背景から見るように人々に気づかせる。ほとんどの人が知らないかもしれないのは、保守派のラジオ局のラジオリスナーの数がケーブルニュース局の視聴回数よりも数百万多いということである。たとえば、Rush Limbaughのラジオは、毎日少なくとも2,000万人のリスナーを魅了している。すべての保守派のラジオ番組を合計すると、リスナーの総数はCNNのビュー数の少なくとも5倍になる。

《ネット関連専門家》が最後に指摘した重要な問題は、純粋にプロパガンダでしかない主流のケーブルニュース番組に注意を払わないことである。保守派のラジオ番組を聴いてください! National News、NewsMax、Blaze TVの保守派のニュースネットワークを支持する。あなたが知る必要があるのは、あなたは一人で戦っていないということである!

https://www.aboluowang.com/2020/1223/1537343.html

12/24希望之声<《国家档案》:拒争议州选举人票 唯彭斯拥有宪法权=「National File」:ペンスだけが争われている州の選挙人投票を拒否する憲法上の権限を持っている>米国メディア「National File」は12/22(火)に独占報道を公開した。彼らはトランプ政権筋から、ペンス米国副大統領が、トランプ大統領が選挙に勝つことを可能にする、争われている州の選挙人団の投票を拒否する憲法上の権限を持つ唯一の人物であると詳述するWHのメモを入手した。

トランプ政権の情報筋は、トランプ大統領の周囲の人は、米国法と憲法の両方に、ペンスが違法な選挙人投票の認証を拒否することを要求する文が含まれていると判断したことを「National File」に確認した。しかし、ペンス遅くとも12/23(水)までに行動を起こさなければならない。

このWHのメモの起草者は、州の選挙人団の投票を連邦レベルで調査・認証するのはペンスであると考えている。彼は連邦上院の議長であるからである。さらに、ペンスは、争いのある州で選挙人団の投票を拒否するかどうかを決定する権限を持っている唯一の人物である。ただし、法律によれば、ペンスは12月の第4水曜日(今年は12/23)にそうしなければならない。

その後、ペンスは争いのある各州の州務長官に通知し、遅くとも1/6までに合法的な選挙人投票認証書を提出するよう要求する必要がある。

メモには、これはペンスの選択ではないと書かれていた。彼が12/23から1/6の間に法律を遵守するつもりである場合、彼はこれらの州に選挙人投票認証書を訂正するように指示しなければならない。

覚書の起草者はまた「National File」に言ったのは、「争いのある6つの州(ペンシルベニア、アリゾナ、ジョージア、ミシガン、ウィスコンシン、ネバダ)が州議会によって任命されないか、別の選挙を行って選挙人投票認証書を修正しなければ、トランプ大統領が選挙人投票で勝つ。これらの州がペンスの要求を拒否し、失格となった場合、538の選挙人投票はできなくなり、トランプ大統領の選挙人投票数は232で、バイデンの投票数は227で勝つ。

WHの情報筋はまた、このメモは2020年の選挙に最も熱心で、可能な限り透明性を持って勝ちたいと考えている大統領の周囲の人から要求されたと「National File」に語った。彼らはまた、WHだけでなく、政府の多くの機関が2020年の選挙の公正を検証する方法を探していると述べた。

情報筋は、このメモの出現はペンスの役割の明らかな変化を示すかもしれないと説明した。選挙以来、ペンスはトランプ大統領と彼の法務チームと比較して比較的控えめなままであった。

「National File」の分析によると、ペンスだけが選挙詐欺の疑いのある州での選挙人団の投票の認証を拒否することができる。これにより、トランプ大統領の選挙の命運はペンスの肩にかかっており、トランプ大統領や議会リーダーはもはやスポットライトが当たらない。

タイムズオブイスラエルによると、ペンスは1/6に上院と下院の合同会議を主宰した後、2週間イスラエルを訪問する予定である。しかし、メモはペンスの旅行計画を変えるかもしれない。

https://www.soundofhope.org/post/456715

選挙前の調査によると、60%以上の人が選挙のために不安に苦しんでいると。

選挙後の調査はないが、少なくとも10%は増えると思う。

ペンスは信頼できる人物である。1/6の理由で、左派は多くのデマを流した。1つは、彼がトランプの周りのSwampの一員であるということ、もう1つは、彼が副大統領の地位を放棄し、責任を負いたくないということ。 三つ目は、彼はこのことをうまくやれるとは思っていないということ。

なぜ誰も彼の言ってきたことを見ないのか?

共和党は上院多数党リーダーをマコーネルから他の誰か、ルビオでもクルーズでも替えたほうが良いのでは?Swampをきれいにしようとすれば腐敗してきた人間が邪魔をするのは当然。中共はそう思って飼いならしてきたわけですから。勿論腐敗している議員の数は圧倒的に民主党が多いと思います。天が与えたSwampをきれいにするチャンスです。正義が勝つことを祈りたい。

古森氏の記事を読むと今までバラバラに入ってきていた不正選挙の情報を、ナバロがうまく纏めてくれたという感じです。これが多くの米国人の手に届いてほしい、特に民主党支持者にはよく読んでほしいと思っています。日本人も、日本メデイアは米国の左派メデイアの翻訳だけしか報道しませんから、騙されないようにしませんと。

記事

ワシントンで行われた、選挙結果に抗議するトランプ支持者の大規模集会(2020年12月12日、写真:ロイター/アフロ)

(古森 義久:産経新聞ワシントン駐在客員特派員、麗澤大学特別教授)

トランプ政権のピーター・ナヴァロ大統領補佐官が12月17日、今回の大統領選挙で民主党のバイデン候補支持陣営に大規模な不正があったとする詳細な報告書を発表した。

経済学者・公共政策学者のナヴァロ氏はトランプ大統領の指名を受け、国家通商会議(現・通商製造業政策局)のトップに就任した。トランプ政権全体の見解を代表するとも言えるナヴァロ氏の報告書は、きわめて具体的な証拠や証言を多数提示していた。

不正がなければトランプが勝っていた

ナヴァロ氏は17日、記者会見を開き、「徹底した欺瞞 選挙違反の6つの局面」と題する合計36ページの調査報告書を公表した。今回の選挙の勝敗を分けたとされるアリゾナ、ジョージア、ミシガン、ネバダ、ペンシルベニア、ウィスコンシン計6州に焦点を絞り、いずれの州でも選挙運動から投票、開票、集計に至る各プロセスでバイデン氏を有利にする組織的な不正工作があったと断定し、不正の調査を求める内容だった。

ピーター・ナヴァロ大統領補佐官

民主党側はこの種の抗議は「根拠がない」として排除している。だがナヴァロ報告書は、不正の根拠として、不正を直接見聞きした人物の宣誓供述書、公聴会や法廷など公式の場での証言、さらには不正を裏付けるような録画や録音、民間団体や研究機関の調査報告、法律家の証言などを提示した。供述書や証言はすべて実名とともに提示されていた。共和党側、トランプ陣営はこれまでも選挙の不正を糾弾してきたが、ナヴァロ報告書は最も詳細かつ具体的な内容だといえる。

同報告書は、「民主党や、同党を支持する主要メディアの『選挙不正の主張には根拠はない』という主張こそ根拠はなくきわめて無責任だ」と非難する。そのうえで、ミシガン州などの同6州の集計はいずれも僅差であり、不正がなければトランプ大統領が各州の選挙人を獲得して最終的に勝利者となっただろう、という立場を改めて打ち出した。

どんな不正があったのか

ナヴァロ報告書の骨子は以下のとおりである。不正の実例として多数のケースが挙げられているが、その中から代表的な例を紹介する。

【明白な有権者詐称】

大規模な偽造票、買収、死者の投票、無資格者の投票、同一票の重複集計、非居住者の投票などが全6州で行われた。

偽造票としては、ニューヨークから約10万人分の偽造郵便投票書類がトラックに乗せられ、ペンシルベニア州各地の違法、合法の投函所に配られた。その作業を民主党組織から依頼されて実行した運転手が証言した。

ジョージア州アトランタでは、バイデン陣営の一員が不正な投票用紙を自分の所持品から多数取り出して開票分に加える光景が、監視ビデオで撮影されていた。

買収としては、ネバダ州の先住民(インディアン)居留地近くでバイデン陣営の運動員が複数の原住民に対して「バイデン候補に投票すれば100ドル相当のプレゼントをする」と語っている様子が録画されていた。

ペンシルベニア州では、すでに死亡広告が出ていた州民約8000人が同じ名前で投票していたことを、トランプ陣営が確認した。

ミシガン州では、1900年代生まれの州民多数の投票が確認された。

ネバダ州では、半年前に死んだ妻の名の投票用紙を確認した男性が名乗り出た。

ジョージア州では、すでに州外に移転した有権者約2万人の投票が発見された。

ウィスコンシン州では、民主党系の選挙管理役が同じ票を集計機械に複数回インプットする光景が目撃された。

アリゾナ州では、収集されたはずの合計7万5000の不在投票用紙が選挙管理当局に届かず、行方不明となった。

【投票の不正操作】

ネバダ州では、民主党系運動員が投票所で有権登録証のない住民たちを集め、その場で州の運転免許証を暫定発行して投票を可能にした。

ジョージア州では州当局が、郵便投票の本人署名の合致手続きを緩和し、曖昧な署名の郵便投票も有効とした。郵便投票ではバイデン支持が圧倒的に多かった。この署名確認の緩和措置により、ジョージア州の120万票ほどの郵便投票に疑問が投げかけられた。

ペンシルベニア州では、郵便投票で不可欠とされる二重の封筒のうち外側の封筒がなくても有効とされる事例が相次いだ(外部の封筒には投票者の実名や有権証明が記載される)。

ペンシルベニア州などでは、1人の「収穫人」が多数の有権者から郵便投票をほぼ自由に集めた事例が報告された。本来、郵便投票は本人が個別に郵送することが原則だが、多くの州で民主党の要求により、代理人としての「収穫人」が多数の票を集められるようになった。そのプロセスでは、中立の選挙管理当局の監視が行われなかった。

ウィスコンシン州では、郵便投票を投函できる箱が全州で約500カ所に設置されたが、その多くが民主党支持者の多い都市部に集中していた。

ペンシルベニア州では、民主党系とみられる活動家がジープで多数の郵便投票投函箱から勝手に票を取り出して持ち去る光景が録画されていた。

ウィスコンシン州では、郵便投票の消印がなかったり日付が締め切りの後でも無視して有効票とみなすよう上司から指示された郵便局員が、その不正を証言した。

【投票プロセスでの反則】

ジョージア、ペンシルベニア、ミシガンの各州では、投票や開票に立ち会う共和党系の要員たちがある時点で退場を求められる事例が相次いだ。開票所の特定の場所から出ないことを命じられた例も多かった。

ウィスコンシン州では、バイデン陣営が事前投票の拠点として「民主主義公園」という場を投票所のすぐ隣に独自に設けて、投票手続きを支援した。

ジョージア州では、約2000人の無資格者が投票をしたという資料を共和党側が入手して提示した。しかし民主党側が強硬に反発し、州当局は修正措置をとらなかった。

ペンシルベニア州では、記入に不備があり「訂正」を必要とする欠陥票約4500票が、一方的に破棄された。その多くがトランプ票だったとみられる。

政府や議会に調査を要求

ナヴァロ報告書は以上のような指摘のほかにも、【平等保護条項違反】【開票機械の不正】【激戦6州の統計的異常】などの事例を民主党側の不正の実例として列記していた。

ナヴァロ氏は、こうした数々の証拠を基に今回の選挙の正当性を否定し、政府や議会に本格的な調査の開始を訴える。その主張に従うと、トランプ陣営がバイデン氏の大統領就任を2021年1月20日の就任式まで認めないという展望も予想される。

実際の流れがバイデン氏の勝利、そして次期大統領就任へと進むにせよ、トランプ陣営がこうした抗議を突きつけている以上、まだまだ混乱は収まりそうにない。

良ければ下にあります

を応援クリックよろしくお願いします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください