『国民の怒り沸騰、大統領退陣要求デモに沈黙の文在寅 「曺国支持」と「文在寅・曺国弾劾」、韓国社会を襲う深刻な分断』(10/5JBプレス 李正宣)について

10/4希望之声<废除奥巴马“网络中立”案获联邦法庭支持 川普又胜一城=オバマの“ネット中立”を廃する事案の訴訟は連邦裁判所により支持される トランプはもう一つ城を落とした>コロンビア特別区の上訴裁判所は、「2017年に連邦通信委員会(FCC)が、オバマ政権時定めた“ネット中立=Verizon、Comcast等のプロバイダーの扱いを総て対等(流量、収入等)に扱う”規則を廃止し、プロバイダーの競争を促すため、州が独自にインターネットを規制するよう奨励したルールをそのまま維持する」と10月1日に裁定した。 この裁定は、トランプ政権にとって大きな勝利と見なされている。

何でも同じという発想は社会主義そのもの。人類の進歩を止めかねない。オバマ民主党の8年は米国民にとって不幸だったのでは。

連邦通信委員会(FCC)の委員長であるAjit Paiは、“ネットの中立”の廃止に成功(AP

https://www.soundofhope.org/gb/2019/10/04/n3234290.html

10/5阿波羅新聞網<香港抗争、中国债务危机 CNBC:全球经济有5大风险=香港の抵抗 中国の債務危機 CNBC:世界経済には5つの大きなリスクがある>世界経済の成長は減速している。今、目に見えて衰退している国はほとんどないが、経済状況が脆弱であることを表している。 もし混乱が起きれば、それは世界経済に打撃を与える可能性がある。CNBCは、①米国経済の減速②中国の債務危機が爆発③香港がコントロールできなくなる④アルゼンチンの危機が広がる⑤エジプトの状況がコントロールできなくなる、ことを挙げた。

中国がらみが2つも入っています。経済より安全が大事。中共が潰れた方が良い。

https://www.aboluowang.com/2019/1005/1351802.html

10/6阿波羅新聞網<搞坏香港将成民族罪人!朱镕基17年前讲话在中国疯传=香港を悪く扱えば、民族の罪人になる! 朱鎔基の17年前の演説は中国内で遍く流布>2002年11月19日の夕、朱鎔基は、「香港の600万人以上が希望を寄せ、香港の若い世代も希望を寄せるには、中国が輝ける真珠にならなければならない。香港は有望で前途は明るい」と強調した。「香港が悪い仕事をするとは思わない。香港がうまくいかない場合、香港に責任があるだけでなく、我々にも責任がある。香港が祖国に戻ったのに、我々の手で台無しにしてしまえば、我々は民族の罪人にならないか? そんなことはできない! 」

WTO加盟で嘘をついた朱鎔基にしてはまともなことを言っています。しかし、これも嘘かもしれない。今の朱鎔基からの発言は聞こえてこない。

https://www.aboluowang.com/2019/1006/1351978.html

10/6阿波羅新聞網<川普民调不受弹劾影响 原因竟是这个!=トランプの世論調査の支持率は弾劾の影響を受けない>CNBCは、「トランプ米大統領はウクライナ大統領に政敵のバイデンと彼の息子を調査するよう要請した」と報道した。

Hill-HarrisXの世論調査によると、トランプの支持率は今年最高に達し、ウクライナ大統領との「電話ゲート」の問題が起きてからでも、他の主要な世論調査もあまり変わらなかった。

その理由は何か?

この質問をする人は、2016年にトランプが選ばれた理由を知らないのかもしれない。 要するに、トランプは「究極の破壊者」であり、可能な限り破壊者として演技したので勝ったのである。 トランプは、ワシントンの政治態勢を変えるには“drain the swamp”が必要であると述べたが、これは単なる選挙のスローガンではなく、徹底的に政治のやり方を変えようとしている。 トランプに投票した有権者は、彼が今までのくだらない規則を変え、エスタブリッシュメントを無視したから、支持したのである。

覇権を握る米国大統領がどうして外国の指導者にバイデンとヒラリーを調査するように頼めるのか? しかし、人々が「電話ゲート」について本当に怒っているのなら、ヒラリーとバイデンは天性の腐敗人間ではないと彼らが本当に信じなければならない。 彼らはまた、すべての規則、および米国政府の内部組織、特に情報部門を一点も疑うことなく信じなければならない。

しかし、多くのアメリカ人は政府を信用も尊敬もしていないため、ゴミ捨て場で漁る犬としてトランプを受け入れ、悪事を含めすべてを掘り起こそうとする。 これはまさにトランプのブランドである。

コメディアンのデニス・ミラーはFacebookでこれを簡単に説明している:要するに、トランプが少しでも大統領然としていたら、彼は大統領にはなれなかった。

民主党候補とトランプとを比較してどちらが米国民のことを考えているかでしょう。トランプは誰にでも分かりやすくするため、話しかたをわざと変えているそうです。お堅いエリート上がりとは違います。不動産屋出身だからマフイアとも相手して来たでしょうし、頭でっかちのエリートでなく、タフガイです。だから信長のように改革ができます。

https://www.aboluowang.com/2019/1006/1351822.html

10/5ZAKZAK<韓国騒然!反文デモに“300万人”集結 「文氏を大統領の座から引きずり下ろす!」声を上げた退役軍人 識者「文政権の実態がバレ始めた」>

http://www.zakzak.co.jp/soc/news/191005/for1910050001-n1.html

李氏の記事ですが、韓国保守が文の追い落としを図って300万人のデモを成功させたといっても全然喜べません。保守派の大統領だった李明博や朴槿恵が日本に対して何をしたか。ねずみ男の潘基文国連事務総長はその地位を利用して日本に何をしたかです。保守であろうと反日は変わりません。基本『非韓三原則』で行くべきです。通貨スワップは論外、貿易も縮小させ、部品の供給をストップすればよい。WTOは機能しませんから、2国間で解決するしかない。米国は、戦後米国が作り上げた国際組織を壊そうと動いています。皆左翼リベラルに蝕まれているためです。そんなものに国民の税金を投入するのはばかげています。日本も米国とともに新しい国際組織作りを目指して頑張った方が良い。

記事

10月3日、ソウルの光化門広場には文在寅大統領の退陣を求める人々が集まった(写真:YONHAP NEWS/アフロ)

 韓国の建国記念日で祝日だった10月3日。大統領府の鼻の先にある光化門(クァンファムン)で、曺国(チョ・グク)法相と文在寅(ムン・ジェイン)大統領を激しく糾弾する大規模な集会が行われた。光化門からソウル駅までの道路を埋め尽くした今回の人出は、朴槿恵(パク・クネ)前大統領を弾劾に追いやったろうそく集会に匹敵する規模となった。

大統領府に押し寄せる退陣要求デモ

 10月3日、野党の自由韓国党とウリ共和党、そして「文在寅下野のための汎国民闘争本部」の保守3団体は、それぞれ光化門とソウル駅、市庁前で大規模な集会を企画した。集会開始は午後1時の予定だが、その数時間前から光化門一帯は人、人、人で溢れていた。あまりの大群衆に、駅ホームでの事故を懸念したソウル地下鉄公社は、集会地域を通過する5号線の光化門駅に列車を停車させずに通過させるという非常運行を余儀なくされた。ちょうど昼食時間を迎え、光化門一帯の食堂やコンビニの前には集会参加者が長蛇の列をなして、携帯電話とデータ通信が利用者の急増で一時不通になるほどだった。

そしていよいよ午後1時、自由韓国党が主催する集会で壇上に立った黄教安(ファン・ギョアン)党代表との羅卿瑗(ナ・ギョンウォン)院内代表は、予想をはるかに超える人波に鼓舞されたかのように、声を高めて演説を始めた。

「(曺氏は)聴聞会の時からむいてもむいても(疑惑が)出てくるタマネギだと思いましたが、その後も毎日10~15件ずつ新しい(疑惑の)証拠が出ています。そんな人を法相に任命するなんて、(文大統領が)正気だと思いますか?」(黄教案)

「先週、瑞草洞の最高検察庁の前に集まった(曺氏の)支持者は200万だと彼らが言いました。なら、今日、(集まった)私たちは2000万にはなるんでしょうね、皆さん!」(羅卿瑗)

 同じ時刻、自由韓国党集会の裏の教保(キョボ)文庫前に設けられた「文在寅下野のための汎国民闘争本部」の集会現場では、洪準杓(ホン・ジュンピョ)元自由韓国党代表が「文在寅弾劾決定文」を朗読していた。

「<主文>国民の名で文在寅を弾劾する。
 文大統領は、憲法3条の内乱罪(刑法87条)、外患誘致罪(刑法92条)、與敵罪(刑法93条)をそれぞれ犯した。国憲を乱し、ベネズエラ左派独裁を追従した半自由市場政策で民生を破綻させ、陣営中心の左派優先と分割統治で国民分列を犯した・・・」

 ソウル駅で行われたウリ共和党の集会では文在寅大統領の逮捕と朴槿恵前大統領の釈放を要求するスローガンが叫ばれた。

デモ隊が掲げたプラカード「機会は平壌らしく、過程は共産党らしく、結果は金正恩の国らしく」。文在寅氏の就任演説の中の「機会は公正に、過程は公平に、結果は正義に」という言葉を皮肉っている(筆者撮影)

 三者三様の集会だったが、これらの集会に通底するのは、曺国法相と文在寅政権に対する参加者たちの怒りだ。

「やろうと思えば曺国が子にしたのと同じことができるのに・・・」

 自由韓国党の集会に参加するために江南からやって来たという6人の若い保護者らに話を聞いてみた。それぞれの子どもがみんな同じ学校に在学中だというこの父兄たちは、「曺国に対する憤りを堪えられず、参加した」と心情を述べた。

「私たちもやろうと思えば、曺国が自分の娘にやったようなことを我が子にしてやることができる地位にある。しかし、それは子どものためにならないと思って、我が子には自らの努力で大学に行くことを勧めてきた。しかし、曺国を見て、私たちがただ子どもを苦しめているのではないかと後悔している」

彼らは、いわゆる韓国の上流10%の層が住むといわれる江南地域の住民たちで、彼らの子どもらは同じインターナショナルスクールに通っているという。米国の市民権者で、夫が国際弁護士だと明かした女性は、「曺国ほどのスペック(地位や富)は、我が父兄の間ではありふれている」とし、「我々は(曺氏のような真似が)できないのではなく、正しくないことだからあえてやらないのだ」と強調した。

 午後4時過ぎ、各団体が主導した公式集会が終わると、参加者たちは一斉に大統領府に向かって行軍を始めた。行軍に乗り出した市民らの手には「曺国辞任、文在寅退陣」「曺国拘束、文在寅拘束」などのスローガンが書かれたカードと太極旗が握られている。

 行軍中に出会った50代の主婦は、息子が医大に通っていると明かした。

「今、医者たちも大騒ぎになったそうです。あんなにダメな子が医大へ入学できたら、私たちは医者をどうやって信じることができますか。医師の信用を地に落とした曺国の娘の医学専門大学院入学を直ちに取り消さなければなりません」

 大統領府に向かって行進していたデモ隊は、大統領府手前の路地で警察のスクラムに塞がれ、足を止めなければならなかった。この日、動員された警察は90個中隊の6300人にも上った。透明の盾でスクラムを組んだ警官隊の中には、デモ隊を塞ぎながら、カメラを高く掲げる者もいる。スクラムを突破しようとする市民に法的な責任を問うための証拠収集なのだ。この過程で、デモ隊と警察の間でのもみ合いが起き、46人のデモ参加者が警察に連行された。

大統領府近くの路上で警察隊と対峙するデモ隊。デモ隊は深夜まで路上を占拠し、道端で仮眠をとる人もいた(筆者撮影)

 警察に行進を阻まれたデモ参加者らは、その場に座り込んで「文在寅退陣、文在寅弾劾」を声高に叫んだ。韓国メディアによると、警察が作った盾のスクラムは、彼らの声をさらに大きく鳴り響かせる効果があるらしい。デモ隊の叫びは轟音となって辺りに鳴り響いた。2008年、狂牛病への懸念から米国産牛肉の輸入再開に反対する大規模なろうそく集会が発生した際、大統領府の前まで押し寄せたデモ隊の怒りの声は大統領府の中にまで聞こえたという。当時、李明博(イ・ミョンバク)大統領は一晩中鳴り響く民衆の怒りの声を聞きながら裏山に登って「朝露(韓国の有名なデモ曲)」を歌ったと涙ながら振り返ったことがあった。

退陣要求デモ参加者は300万人とも

 ところで、この日、集会に参加した人数はどれほどになったのだろうか。自由韓国党は300万人だと発表したが、警察は公式推定をしなかった。

 一方、TV朝鮮は、警察が使用する「フェルミ技法」(3.3m2の空間に人が座ると6人、立っていると9人で計算する方式)を使い、10~12車線の道路が長さ2.1キロメートルに渡って人々で埋め尽くされたとの観測から、約32万人と推計して見せた。これは2016年12月に当時の朴槿恵大統領の退陣を求めて光化門を埋め尽くしたろうそく集会時に警察が推算した数字と同じだ。ちなみに、当時のろうそく集会の主催側は、参加者を「170万人」と発表しており、警察がわざと人数を少なめに発表していると強く反発した。それから、警察は集会人員の推定値を一切公開しなくなった。

筆者はこの日の集会に参加してみて、2016年のろうそく集会の熱気がもう一度再現されていると実感した。というのも、保守団体の集会ではめったに見られなかった若者層や子連れの家族単位の参加者があちこちで目立っていたからだ。さらにこの日、大学生らは、大学路(テハンノ)で大学連合で独自のろうそく集会を開き、これまた5000人(主催側推算)の学生が参加する盛り上がりを見せた。

「光化門広場で徹底討論する」との発言は

 2017年5月10日、光化門で開かれた大統領就任式で、文在寅大統領は次のように宣言した。

「この日は真の国民統合が始まる日として歴史に記録されるでしょう」

 また、2017年2月に放送局がセットした大統領候補討論会では次のような話もした。

「そのようなことはないだろうが、(デモ隊が)退けと言うなら、私は光化門広場に出て市民たちの前に立ち、徹底討論でもして説得するように努力を傾ける」

「デモの代表団を大統領府に招待し、十分に対話したい」

 しかし、文在寅大統領府は、光化門集会について「特に言うことはない」と、一切沈黙を保っている。

 9月29日に瑞草洞で開かれた「検察改革」の訴える支持者たちの集会について、「予想しなかった多くの人たちが集まった」、「数多くの人たちが声をそろえたことを重く受け止めるべきだ」と言及した時の態度とは明らかに違う。

文在寅氏の支持基盤とされる全羅北道から上京したデモ参加者ら。「従北剔抉」「文在寅退陣」「曺国拘束」などのカードを手にしている(筆者撮影)

 一方、文大統領の支持者たちは戸惑いを隠せないようで、インターネット上では10月5日に開催される「瑞草洞集会」に総動員令が急速に広がっている。そして、祝日の10月9日にはもう一度光化門広場で曺国と文大統領を糾弾する集会が開かれる予定だ。

 毎週のように、政権支持と政権糾弾のデモが代わり番こで繰り返される状況はいつまで続くのだろうか。大統領就任から876日、韓国が真っ二つに分断された現状を、文在寅氏はどう受けとめているのだろう。

良ければ下にあります

を応援クリックよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください